やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

≫ EDIT

シリーズファンだからこそ、『どき魔女ぷらす』に思うことを書いておく

 “応援”というのは、必ずしも“全てを肯定すること”ではないと思います。
 納得がいかないことがあったのならば、それを素直に書いておくことも大切だと思うのです。


 SNKプレイモア:「どき魔女ぷらす」 異色アドベンチャー第3作、7月30日発売

 去年の東京ゲームショウで「シリーズ継続」が発表されていた『どき魔女』の新作は、『2』のシステムで『1』のストーリーに新要素・新キャラクターを加えてリメイク(松下P曰く、リ・エンビジョニング)するという作品だったそうです。発売は7月末。今回は限定版の発売はなく、初回特典が付くそうな(装着率は100%じゃないそうだからショップに確認が必要)。



 『どき魔女ぷらす』を楽しみにしているファンも多いでしょうから、あくまでも“僕の意見”であることを踏まえて欲しいのですが―――僕は買いません。お金がないというのもありますけど、お金があっても買わなかったと思います。

 これは、僕という人間が「好きな漫画がアニメ化されても絶対に観ない」に代表されるように「同じ話を二度観るくらいならその時間を使って違う作品を観たい」人間であることが一つと。愛着のあるものに手を加えられることへの抵抗を覚える人間だから―――すなわち、「俺が大好きだった『どき魔女』に余計なものを加えんじゃねえ」という想いからです。


 もちろん世の中には色んな人がいますし(だからこそ世界は面白い)。
 「好きな漫画のアニメ化を楽しみに出来る人」も物凄く沢山いることだと思います。同様に、この『どき魔女ぷらす』も楽しみにしている人が少なからずいるのだと思っています。そもそも「ストーリーはどうでもいいから魔女神判がしたいんだ!」という人だっているでしょうしね。
 そこに水を注したいワケじゃないです。シリーズ継続を願う自分も、沢山売れて欲しいと身勝手に思っています。



 ただなぁ~。
 「売上げ」ということを考えてもコレはどうなんでしょうね。

 2年前に発売されたソフトを同機種でリメイクですよ。
 確かに新要素には魅力的なものがなくはないですし、『1』の時も『2』の時も「期待しないで遊んでみたら面白かった」から今回もそうなのかも知れませんが。「手に取ってもらわなければどうしようもない」ゲームというメディアでこれはどうなんだろうと。


B0026RH684どき魔女ぷらす 特典 ひみつの設定資料集付き

SNKプレイモア 2009-07-30
売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 何故「リメイク」なのか
 『どきどき魔女神判』というゲームは「名前は知っているけど遊んだことはない」という人も多いでしょうから、一応解説をしますと―――

・各話ごとに、“魔女容疑者”がいる
→ そのコをひたすらストーカーする
→ 容疑が固まったら、力技で弱らせる(魔女バトル)
→ 弱って動けなくなった体をすみずみまで調べて“魔女の印”を探す(魔女神判)


 改めて文字にすると酷いゲームですね(笑)。
 こういうルールがある以上、魔女神判をする相手は新キャラでないとならないんですよ。だって「魔女かどうかを調べる」という名目があるから変態行為“魔女の印”探しが許されているワケで、既に魔女かどうかが判明しているキャラ相手に魔女神判はできないのです。


 なので、『どき魔女1』→『どき魔女2』はヒロイン8人全員が総入れ替えになりました。
 そして、『どき魔女2』は『どき魔女1』ほどに売れませんでした―――『どき魔女2』が売れなかった原因を「ヒロインを総入れ替えしたからだ」と会社が考えても不思議はないですよね。ギャルゲーでヒロインを入れ替えるということはそれだけリスクがデカく、前作のファンを新作購入に導くことが難しくなるのですから。




 そう考えると―――売上げ実績のある『どき魔女1』のキャラを軸に、もう1作品作ろうという方向性は分からなくはないです。
 どうせならパラレルワールドと割り切って、“同じキャラ”で“違うストーリー”を描けば良かったのになぁとは思いますけど(『舞-HiME』→『舞-乙HiME』みたいなカンジで)。今の段階では、まだどの程度“『どき魔女1』のまんま”なのかが分かっていませんから保留事項です。



 でもさぁ……『どき魔女1』が売れた理由って、そういうことか?と思うのですよ。
 キャラが支持されたとか、ストーリーが支持されたとかよりも、“DSでえっちなゲームを出してやるぞ!”というチャレンジ精神が買われたんじゃないかと僕は思うのです。“とりあえず作った”感の強かった当時の公式HPも、得体の知れない悪ノリを感じてワクワク出来たのです。

 僕は、ゲームとしては『どき魔女1』よりも『どき魔女2』の方が好きですけど。
 『どき魔女2』の発売の頃には、『1』の時のように話題にはならず―――それは決してキャラがどうこうとかストーリーがどうこうというよりは、ただ単に「2度目だったから」じゃないかと思うのです。



 『どき魔女ぷらす』は「3度目」。
 しかも、「1度目」のリメイク(再構成)―――

 「シリーズ継続」は嬉しいけれど、この方法で売上げがV字回復するかなぁ……
 『どき魔女』という名前はネット上では『オプーナ』並に有名なんだから(多分…)、そのキャラを使って他ジャンルのソフトを作るとかじゃダメだったんですかねぇ。禄に予算もかけられないというのなら、ダウンロードソフトという手もあるし……


 マジメな話。
 僕は「シューティングゲームになってしまった格闘ゲーム」が羨ましかったですもの。あぁ、こっちにはお金かけて新作を作ってもらえるんだ、と。そりゃ片や看板作品、片や数万本レベルの新参作品ですけどさ。




 まぁ、何だろ……
 『どき魔女ぷらす』の第1報が流れた時、色んなサイトで「また出すのかよ、それでもファンは買うからイイ商売なんだろうね」みたいに言われてて悔しかったのですよ。オマエは『どき魔女2』の売上げを知っているのか、と。限定版がどれだけ値下がりしていたのか知っているのか、と。つか、今でも62%オフで売っているのかよAmazon。どれだけ入荷していたんだ。

 人気商売ですからね、人気がないソフトは続編も出ないし、『どき魔女』よりももっと悲惨なソフトは山ほどあると思います。リメイクとは言え新作が出るのだから喜ばしいことなんでしょうけど……この方法で果たしてみんなが幸せになれるのかなぁ。


(関連記事:エロ萌えに隠された青春物語『どきどき魔女神判!』紹介
(関連記事:前作ファンを幸せにする続編、『どきどき魔女神判2(DUO)』紹介


B0016GM49Cどきどき魔女神判!2(Duo)(初回限定版:「魔女チェック(スキミング防止)カード」同梱)

SNKプレイモア 2008-07-31
売り上げランキング : 3070

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「キャラの呼び方」にも意味があるのだ

【どきどき魔女神判】
・ルル「シモベ」
・まほ「アクジさん」
・マリア「アクジ」
・れんげ「あーたん」
・あやめ「キミ」
・ゆーま「西村さん」
・メリー「アクジ様」
・イブ先生「西村君」
・ノエル「西村アクジ」


 確かこんなカンジだったはず。
 ものの見事に全ヒロイン(一人男が混じっている気もするけど)、主人公の呼び方が違うんですよ。この法則は続編の『どきどき魔女神判2』でもほぼ適用されていて(くれはと烈火は「西村君」と被っていた気がしますが……)、ギャルゲーにおいて“主人公をどう呼ぶのか”はヒロインを表現する大事な要素になっているんだなーと感心したのです。


 ということで今日は「キャラの名前」にもバランスが必要なのだ」の続き。
 そのキャラが他のキャラをどう呼んでいるのか&どう呼ばれているのかが“キャラ立ち”に影響を与えるという話です。


 まぁ、このブログを読んでいる人は全員『どきどき魔女神判』を買って遊んだはずだよねっ!
 と開き直れるほど売れたゲームでもありませんし、恐らくこのブログを読んでいる人の大多数は『どき魔女』をプレイしたことがないでしょうし。もうちょっとメジャーなギャルゲーの例を出せればイイのですが、僕はほとんどギャルゲーをやらない人間なので「みんなが知っているギャルゲー」を僕が知らないのですよ。



【CLANNAD】
・渚「岡崎さん」
・杏「朋也」
・ことみ「朋也くん」
・智代「岡崎」
・風子「岡崎さん」


 ということで、僕はアニメ版しか知らんのですが持ってきました。
 多分、初期設定はこれであっていますよね?椋は「岡崎くん」だったか「岡崎さん」だったか……こないだアニメ版の『アフター』を観ていたら「岡崎くん」と呼んでいたので、「岡崎くん」だったのかな。ちょっと自信なし。


 重要なのは“呼び方が違う”ことではなく、“呼び方がキャラの個性を表現している”という点。
 渚は「岡崎さん」という呼び方で気弱さや大人しさを表現し、杏は「朋也」という呼び方で馴れ馴れしさや親しさを表現している―――といった様に。ギャルゲーのヒロインの主人公を呼ぶ“呼び名”がバラバラなのは、様々なヒロインがいることの表れとともに、主人公と複数のヒロインが様々な関係で繋がっていることの表れなんでしょう。

 逆に言うと、「ヒロインが全員ツンデレ」の場合とかはどうなるんでしょうね?
 「ヒロインが全員妹」の場合は、その“呼び名”で個性を表現していましたっけ。僕はどっちも観たことはないのですが。


B0016GM49Cどきどき魔女神判!2(Duo)(初回限定版:「魔女チェック(スキミング防止)カード」同梱)

SNKプレイモア 2008-07-31
売り上げランキング : 91

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 つーか、『どき魔女2』の限定版はまだ値下がりしているのか!
 50%オフくらいの時に僕は「幾らなんでも底値だろう」と書いていたのですが、信じてその時に買った人には申し訳ないです(10月24日現在67%オフ)。もちろん僕は予約して発売日に買いましたよ!ねんどろいどは部屋の一番目立つとこに飾ってますよ!



 閑話休題。
 最初にギャルゲーの話題を持ってきたのは、ギャルゲーの構造は「ヒロインと主人公」の関係性を重視しているので分かりやすいと思ったから。ギャルゲーを作るにしても、漫画を描くにしても、当然ながら「ヒロインと主人公」の関係性だけで物語は作れませんよね。ハーレム作品であっても、「ヒロイン同士」の関係性は重要なのです。

 上の例で言っても、『どき魔女』のあやめは他のキャラを苗字で呼ぶとか、『CLANNAD』の渚は“男はさん付け”“女はちゃん付け”で呼ぶとか―――他のキャラをどう呼ぶのかに個性が付けられています。
 これはまぁ、計算でやっているというよりは、キャラクターを考えた際に自然と出てくるものなんでしょうね(ゲームやアニメの場合はシナリオも分業にすることが多いでしょうから設定とかも作ってありそうですが)。


 喩えば、『スラムダンク』で言えば……

・桜木「ルカワ」
・桜木「ゴリ」
・桜木「ミッチー」
(・桜木「リョーちん」)

・宮城「流川」
・宮城「ダンナ」
・宮城「三井サン」
(・宮城「花道」)

 同じキャラを呼んでいるのに、“呼ぶ側のキャラ”によって呼び方が違うという。
 ここまで分かりやすい例は多くはありませんが(桜木はほとんどのキャラを本名で呼ばないし)、井上雄彦先生の漫画はそう言えば“キャラの呼び方”を細かく設定している気がしますね。野宮→戸川の「ビンス」とか、おつう→武蔵の「武しゃん」とか。

 この例を見れば分かりやすいように、三井寿のことを「ミッチー」と呼ぶのは、“呼ばれる”三井の個性ではなく“呼ぶ”桜木の個性を表しているというのが注目点ですね。そして、これに法則性というか一貫性を持たせると随分とキャラが立ってくるという。「全キャラ苗字で呼ぶ」とか「全員をさん付けで呼ぶ」とかも良い例ですね。桜木の「本名を覚えない」というのもそうか。



 しかしまぁ、この方法が必ずしも正解ということでもなく―――
 あまりにみんながみんな色んな呼び方をしてしまうと、そのキャラの名前を覚えなくなってしまうという可能性もあって。喩えば、もし赤木が「ゴリ」「ダンナ」「キャプテン」としか呼ばれていなかったとしたら、読者は本名が分からなくなってしまうというか。

 なので、敢えて“呼び方”を統一している漫画もあるんですよね。
 『おおきく振りかぶって』を初めて読んだ時は“野球部男子全員が苗字で呼び合う”のに驚きました。フツーこの年代の男が集まれば、下の名前で呼ばれるヤツとかアダナで呼ばれるヤツとかが出てくると思うんですけど(現に他の学校は“呼び方”で上下関係を表していたりする)―――“呼び方”をイジることによって読者がキャラの名前を識別出来なくなるのを避けたのかなぁと思いました。




 結局のところ、“何を優先するのか”によって最適な方法も変わるという話ですね。
 くん付けとか、さん付けとか、苗字で呼んでるのか名前で呼んでるのかとか―――読んでいる側・観ている側・プレイしている側からするとさほど気にする必要もないのですけど、作っている側はそういうところにも気を使っているもんなんだよという話でした。


4063145255おおきく振りかぶって Vol.11 (11) (アフタヌーンKC)
ひぐち アサ

講談社 2008-10-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画作成 | 18:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WEB拍手メッセージへの返信(9月8日~9月14日分)

 投稿用漫画は1/6のペン入れが終了。親の仇であるかのように必死に消しゴムかけて下描きの線を消していたら、肩痛めました。
 いつもは消しゴムかけた直後、ペンの線だけになった状態を見て「白いなぁ……」とショックを受けていたのですが―――今回は半端ない線数になっているので全く白さを感じずに逆にビビりました。いっそのことベタもトーンもなくても良くね?と思ったほどです(まさかの登場人物全員金髪)。



Amazonでゲームソフトを予約注文した場合、いつ届くのかを検証する。
 ※神奈川県在住のケース。
・『クイズマジックアカデミーDS』の発売日は9月12日
・Amazonからの「発送しました」メールが届いたのは、9月12日午前1時(!)
・予想外に早い発送メールに「これは12日の間に届いちゃうんじゃないの?」とワクテカ
・届きませんでした
・結局、届いたのは13日の午後1時頃でした

仮説>発送メールから実際に商品が届くまでの時間に差がある
○ 『DS文学全集』『マリオギャラクシー』『Wii Fit』『どき魔女2』→夕方に発送メール、商品は翌日午前中に届いた
○ 『スマブラX』『クイズマジックアカデミーDS』→発送メールから36時間以上後に届いた
○ 『パンヤ2』→覚えてない

 何か、話によると……
 Amazonでゲームソフト1本とかCD1枚とかで注文すると、メール便によるお届けになるので発送メールから実際に届くまでの時間がかかっちゃうんですってね。なので、多くの人は「メール便対策」として欲しい商品+漫画1冊みたいな組み合わせで注文して、届くのが早いペリカン便を狙うんだとか。

 なるほど。
 大型の箱でメール便に収まりきらなかった『Wii Fit』『どき魔女2』(限定版)が翌日午前中に届いていたのは、そういうことか。


考察余地>発送メールが発売日前日に来る商品と発売日当日に来る商品がある
○ 『マリオギャラクシー』『Wii Fit』→発売日前日に発送メール、発売日当日に届いた
○ 『パンヤ2』→覚えてない
○ その他→発売日当日に発送メール、発売日翌日に届いた
 ※ 『クイズマジックアカデミーDS』のように発売日当日の午前1時なんてケースはあまりない

 発売日当日に届いた2ソフトは任天堂の主力商品だから優先されたというワケではなく、『スマブラX』は発売日翌日の夕方に届きました。世間で「品切れになるかも」と話題な時だったので焦ったのを覚えています。
 『Wii Fit』は発送メールが数日前に届くなど、商品が大型だったために特殊な配送状況だったと思われます。そう考えると『マリオギャラクシー』こそが特殊なケースだったのですかね。

 実を言うと『DS文学全集』より前に買ったソフトは、大抵発売日前日に発送メール→発売日当日に届くというケースだったので。最近は届くのが遅くなっている印象があります。


 でもまぁ……「届かNILE!」と『どき魔女2』でネタにされているくらいなので、「発売日当日には届かない」という共通認識がAmazonにはあるみたいなんですけどね。個人的には「発売日にどうしても遊びたい!」と思う人間ではないので構わないのですが、ファーストインプレッションの記事が遅れがちになってしまうのはもどかしかったり。
 とりあえず次に予約注文するソフトは漫画1冊を足して検証してみようかなと思います。『キミの勇者』はもう予約しちゃっているので、次のソフトは『フラジール』かなぁ……


B001F50UZOクイズマジックアカデミーDS(通常版)

コナミデジタルエンタテインメント 2008-09-12
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 現在のところ、『クイズマジックアカデミーDS』のジャンル別正答率は……
 スポーツ>ノンジャンル>芸能>アニメ&ゲーム>雑学>学問

 アニメは昔のアニメの問題とかは全然分かりませんし、ゲームは知識が偏っている(PCゲーム&アーケードはやらないし、ゲームをやらなかった時期も長い)ので正答率があまり伸びませんね。スポーツも格闘技はさっぱり。学問は、触れんでくれ……


 というワケで、先週分のWEB拍手返信です。↓

≫ 「続きを読む」

| WEB拍手返信 | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近気になったゲームの話題

 今日は、単独記事で書こうとしたけどどうにも上手くまとまらなかったゲーム話を幾つか。


 NDS『くまたんち』のドットアニメーションが凄まじい(情報元:まさかてさん)

 か、かわええええ!!
 部屋を和室に模様替えするとちゃんと布団で寝れるっぽいのがイイですね。こういう(大きなおにいさん方にも受けそうな)女児向けゲームはDSの強みじゃなかろうか。
 リアルに欲しいけれど、9月に『クイズマジックアカデミー』、10月に『キミの勇者』を購入予定の身なので泣く泣くスルーします。こういうゲームがそこそこ(ビジネスとして次に繋がるくらい)売れてくれるとイイんですけどねー。


 いや、しかし。
 僕はずっとゲームは「据置機>携帯機」だと思っていて、DS本体を買ったのもWiiと連動させられるという目的だけだったんですが……今欲しいソフトを並べてみると、WiiよりもDSの方が沢山出てきているんですよ。Wiiだとどうしても起動時間がネックになりますからねー。

 DSに自分が欲しいソフトが集まるのって、単に売れているゲーム機だからというよりも、自分がゲームに求めている「手軽さ」だとか「大作よりもアイディア主義」が“DSの方向性”に合致していたということなのかと思います。
 ゲーム機を買う理由の大半は「ソフト」目的だと思うのですが、そのゲーム機に欲しいソフトが出てくるかどうかは「ゲーム機(ハード)の方向性」が「自分がゲームに求めるもの」と合致しているかどうかなのかも知れないなーと思いました。たまたま僕の場合、それがDSと合致していたというだけの話で。


B001BP3RD0くまたんち 特典 くま本付き

ディンプル 2008-09-25
売り上げランキング : 49

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『どきどき魔女神判』のWEBラジオは9月11日配信分で最終回だとか。

 もちろんこの番組の目的は『どき魔女2』の販売促進だったのでしょうから、『どき魔女2』が発売になった後はその役目を終えるだけですし……3月に始まって9月に終わるというのは丁度イイ区切りだとは思うのですが。
 この番組が終わっちゃうと、もう園田さんの声(ルルの声ではなく園田さんの声)が聴けなくなっちゃうんだーと寂しく思っています。ホント、素晴らしいキャラだったのになぁ。番組内で友達が出来たことを嬉々として語ってんだぜ?しかも、写真見たら結構な美人さんなの。またどこかでラジオをやってくれる機会はないですかねー。



 そんな『どき魔女2』……8月26日朝の時点ではAmazonのバーゲンコーナーで45%オフに。
 まぁ、ギャルゲー初回限定版の類はAmazonでバーゲンコーナーに行きやすいものなんですけどね。バーゲン脱出=在庫切れということだろうから、興味ある人は今のうちにチェックしておくべし!!


 僕自身は『どき魔女』が大好きだし、次なる展開をしてくれたら追いかけていくつもりですけど……「容疑者が魔女かどうかを調べる」アドベンチャーゲームである以上、新作の度にヒロイン全員一新しなきゃならないので、『どきどき魔女神判3』という展開は望めないのでしょうね。

 しかし、『どき魔女』が最初に発表された2年前のゲームショウの記事を読んでみると、SNKプレイモアが立ち上げる新規ブランドとして『どき魔女』や『キミの勇者』の名前が登場しているんですよ。
 確かに……熱心なファンでなければ「SNKと言えば格闘ゲーム」というイメージしかなかった会社なので、格闘ゲームブーム終焉で苦境に立たされて新規ブランドを開拓しようとしていたんじゃないかと推測できます。

 そう考えると……『どき魔女』発売直後から『どき魔女2』のプロジェクトがスタートしたことや、『どき魔女』のモバイル版が始まったこととか(公式サイト)、シリーズのブランド力を高めようとしているとポジティブに見ることも出来るんですよね。ということは、今後の展開にも期待できる??


 シンプルに第3弾という形にならなくても……この世界観、このキャラクター達が大好きな自分としては、どうにかしてシリーズが続いて欲しいなぁと思います。


B0016GM49Cどきどき魔女神判!2(Duo)(初回限定版:「魔女チェック(スキミング防止)カード」同梱)

SNKプレイモア 2008-07-31
売り上げランキング : 116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『ゲームの裏話』さんの記事によると、お盆の時期をはさんでDS版『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』は消化率ほぼ100%で品切れ状態になっていたとか。この時点で既に17万本くらいの販売数なのかな?

 2005年『蒼炎の軌跡』(15万本)、2007年『暁の女神』(10万本)と……数字を落としていたシリーズだけに、DSによる新展開で息を吹き返したという見方も出来ますね。もちろん『蒼炎の軌跡』は“負けハード”だったゲームキューブのソフトですし、Wiiで発売された『暁の女神』はその続編ですし、2000万台以上の普及を見せるDSでの本数と単純比較は出来ないんでしょうけど。

 そう考えると……次の目標はゲームボーイアドバンスで出た3本。
 2002年『封印の剣』(34万本)、2003年『烈火の剣』(26万本)、2004年『聖魔の光石』(23万本)のラインですかね?すっかりSRPGは携帯機向けゲームになったんだなぁ……と、『蒼炎の軌跡』を「起動するのが億劫」という理由で詰んだ僕が言ってみる。

 ※ 数字は『マルガの湖畔』さんを参考にさせていただきました


 「初代のリメイクだから売れた」のか、「新作じゃないから買わなかった人がいた」のか。
 「キャラデザが変わったから売れた」のか、「キャラデザが変わったから買わなかった人がいた」のか―――プラスマイナスがどういう比率なのか気になるところです。


B00108LVVIファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣

任天堂 2008-08-07
売り上げランキング : 29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 以前にもチラッと書きましたけど、任天堂信者の僕が最近はサードメーカーのソフトばかりチェックしています。
 ちょうど今年末の任天堂ラインナップに魅力を感じなかったというのもあるんですけど(『どうぶつの森』は母が買うでしょうが)………続編ソフトを連続して買わない性質の自分からしてみると、『ゼルダ』や『マリオ』や『スマブラ』が出たとしても「次はスルーでいいかな」という気分なんですよ。


 ということで、去年・一昨年とさほど興味がなかった“任天堂は参加していない”東京ゲームショウなどのイベントが気になるところ。開催される10月は忙しいだろうから行きませんけど(笑)、購入を迷っているソフトの評判はチェックしてみようと思います。
 その前に、N-Wii.netさんによると8月30日のキャラホビで『FRAGILE』がプレイアブル出展だとか。発売は冬予定だからプレイアブルの評判を聞いて調整するということなのかな?


 そう言えば……任天堂は一昨年9月に『Wii Sports』を中心としたイベントを、去年10月に『Wii Fit』を中心としたイベントをプレス向けに行っていましたが。今年の『Wii Music』は10月16日発売なんですよね……ということは、今年は9月にイベントがあったりするんでしょうか?
 いや、でも『Wii Music』の受注はとっくに始まっているんでしょうし……今年はイベントやらないのか、『Wii Music』の他に年末用の隠し玉があるのか。期待しすぎてガッカリしたE3の例もあるので、あんまり期待していないんですけどね(笑)。


B000IUAT4OWii Music

任天堂 2008-10-16
売り上げランキング : 118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前作ファンを幸せにする続編、『どきどき魔女神判2(DUO)』紹介

『どきどき魔女神判2(DUO)』
 ニンテンドーDS用/アドベンチャー
 SNKプレイモア
 2008.7.31発売
 公式サイト

 当ブログで書いたファーストインプレッション
 当ブログで書いたクリア後インプレッション(ネタバレあり)
B0016GM49Cどきどき魔女神判!2(Duo)(初回限定版:「魔女チェック(スキミング防止)カード」同梱)

SNKプレイモア 2008-07-31
売り上げランキング : 235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 多分、きっかけはスーパーファミコンの『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』だったと思います。
 前作である『ファイアーエムブレム 紋章の謎』を好きすぎた僕は、当時ゲームをやっていなかった時期なのに、続編である『聖戦の系譜』の発売を聞きつけワクテカしながら発売日に購入しました。そして、前作から変わりまくったシステムに馴染めず序盤でやめてしまったのです。

 以後、僕は「大好きなゲームの続編は買わない」主義を貫くことになりました。
 まぁ……『スパロボF』→『スパロボF完結編』みたいな例外もあるんですけど(笑)、あれだけ好きだ好きだと言っている『ウイニングイレブン』シリーズも実はワールド版とJリーグ版を1コずつしか買ったことがありませんし、『スマブラ』や『マリオ』の続編が出たとしても恐らく僕は買うことはないでしょう。

 どうしたって大好きだった前作と比較して、変わったことに失望してしまうのだから―――



 なので、正直この『どきどき魔女神判2』も不安の方が大きかったです。前作が大好きだった分、その感動は超えられないだろう……と。
 ですが、実を言うと前作は抽選で当たってタダで頂いたものだったので、仮に今作が失望に値するものであっても、スタッフの方々などなどへの感謝の意を込めて限定版を自分のお金で買わなきゃいけないなと思い予約をしていました。


 そして、遊んでみて驚いたのです―――「何にも変わっていない」と。
 細かい進化は物凄く念入りに行われているのに、受ける印象は「前作のまま」だという安心感。初めて味わった“これは前作ファンのためのゲームなんだ”という感覚。それは時として「新規ユーザーを切り捨てている」とも言えるんですけど、これまで「大好きなゲームの続編はガッカリするから買わない」と思ってきた僕が、初めて「出会えて良かった」と思えた続編でした。


 縁って不思議なものですよ。
 前作は抽選で当たっていなければ僕はプレイしていなかったでしょう。そして、前作が抽選によってタダで頂いたものでなければ、今作を「大好きなゲームの続編はガッカリするし……」と買っていなかったかも知れないのです。


 イブ先生の台詞じゃないですけど、「それが運命」ってことなのかもですね。
 前作を楽しんだ人は迷うことなく、買っておきましょう―――この作品はきっと、アナタのように“前作を好きだった人”のために作られたものだから。


↓ 以下、感想はクリックで。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム紹介 | 14:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森崎君の守備はいつからザルになったのか?

 連日『どき魔女2』の話。

 森崎
 「今のゲートキーパーは守護天使のモリサキですもの。
 あの男の守りはザルそのもの。「なんども通られてたまるか」と口ばかり達者ですの。」



 シリアスなシーンだったのに、いきなり森崎君の話題とな!
 まぁ、パロネタ満載の『どき魔女』なので分からんでもないですけど、どマイナーなパロネタが多いこの作品においては有名作品の話題が出たなぁと驚きました……ちなみに“ゲートキーパー”とは闇撫の樹のことでも企業戦士のことでもなく、人間界と天使界を繋ぐ門がどうのこうのという話だったと思われ(本編にほとんど関係ない話しだし、あんまり覚えていない……)。


 “森崎君”を知らない人のために解説しますと……
 80年代を代表する少年ジャンプのサッカー漫画『キャプテン翼』に登場するゴールキーパーで、作中最強クラスのゴールキーパー若林君の控え(代理?)的なポジションにいるキャラクターです。
 僕の子ども時代に遊びでサッカーをやっていた場合、キーパーの上手な子は「まるで若林みたいだ」と言われ、キーパーの下手な子は「森崎じゃないんだから」と言われるくらい知名度がありました。ダメなゴールキーパーの代表格、みたいなカンジでしたね。「森崎をキーパーにするなら柱の方がマシだ」みたいな。酷ぇ。


 とは言え、僕は当時『キャプテン翼』を読んだことがなかったのですよ。
 この話をすると長くなるのですが……『キャプテン翼』のコミックスは兄貴が集めていたので、兄のものには弟は触れてならないという家庭内ルールがあった僕は『キャプテン翼』をしっかり読んだのは20歳を過ぎてからでした(続編はジャンプ本誌でチラホラ読んでましたけど)。

 つまり―――作品を読んだことがなかった人でも知っているくらいの有名キャラだったんですよね。
 というか、当時はまだJリーグ前ですから、実在のサッカー選手なんかほとんど知らなかったというのも大きいんですけど。




 で―――ここからが本題。
 僕は20歳過ぎてから『キャプテン翼』の無印バージョンを初めて全巻一気読みしたんですけど、別に森崎君ってヘボキーパーじゃないじゃんと驚きました。
 もちろん若林君には遠く及びませんが……一応、森崎君メインの回とかもあったりで、報われないけど一生懸命でそれなりに格好良いヤツだったのでした。『スラムダンク』で言えば、小暮さん……というのは流石に言いすぎか。

 こういう風に(原作を読んだことのない)子ども達の間でネタにされることで、必要以上に歪められることってあるんだなぁと思いました。これは石崎君の自殺点とかもそうか。今見ると、そんなに責められるプレイじゃないんですよね。


 なので、『どき魔女2』で森崎君が「ザルそのもの」とまで言われているのに違和感を覚え……Wikipedia先生に尋ねてみました。

 キャプテン翼の登場人物(Wikipedia)

 やはり……というか、何というか。
 「なんども通られてたまるか」の元ネタとなっているであろう「そうなんどもぬかれてたまるか~!」は原作には登場せず、ファミコン版のゲームにしかない台詞なんですってね。
 ゲームとしての性質上、森崎君は若林君、若島津君に次ぐゴールキーパーとして最低の能力しか与えられず、結果として子ども達は「最弱ゴールキーパー=森崎」という酷い印象を持ったのでしょう。

 『キャプテン翼』はファミコン版が有名すぎて、サイクロンは原作に出てこないことを知らない人が多いんじゃないか―――とは、以前にチラッと書いたことがありますけど。森崎君のヘボキーパー設定も、ソレに近いものがあるのかも知れませんね。

(参考:「“ドラえもんに出てくるセワシ君”って誰ですか?」の意味



 実を言うと……こういうのってファミコン時代に限った話じゃなく。
 初代プレステ時代の『ウイニングイレブン』とかでも、やたら「スピード」能力値が高かったババンギダという選手が実際のプレイは観たことがない『ウイイレ』ファンの間でも有名になったとか。
 ティジャニ・ババンギダ(Wikipedia)

 『スーパーロボット大戦』とか『Gジェネレーション』でのみガンダムを知っている人は、原作には出てこない設定上だけのメカとかキャラとかが普通に出てくると思っていたりとか……(『Zガンダム』にZII出ないの!?と驚かれたことがあります)



 原作よりも記憶に残るゲーム版の設定っていっぱいあるんですよね。
 それはまぁ……好意的に解釈すれば、「森崎君が有名キャラになったのはファミコン版のおかげ」とも言えて。メディアミックスの幸せなカタチなのかもとも思うのです。
 いやまぁ……『どき魔女2』でもネタになっていたように、「そんな設定は原作にないのですよ!」とゲーム版とアニメ版のファン同士がケンカする原因になったりもするのですが(笑)、それもまた「色んな人がいて面白いね!」と楽しむくらいの余裕を持ちたいですね。


B000068HBYキャプテン翼

テクモ 1988-04-28
売り上げランキング : 10074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 18:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『どきどき魔女神判2(DUO)』クリア後インプレッション

 つい先ほど、1周目をクリアしました。
 1周目に満足しきっているので、2周目はしばらく経ってから、前作から通してプレイしようかな。


 さて、「ギャルゲーは常に孤独エンドで終わる」ジンクスのやまなしは今回はどうだったのか!
 ネタバレありで、「続きを読む」にて結果発表!クリア直後の率直な感想も書いておきます(ゲーム紹介は別の記事で書きます)。ではでは。

B0016GM49Cどきどき魔女神判!2(Duo)(初回限定版:「魔女チェック(スキミング防止)カード」同梱)

SNKプレイモア 2008-07-31
売り上げランキング : 343

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≫ 「続きを読む」

| 1stインプレッション | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT