やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

≫ EDIT

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(39話~最終話)

 ……

 ………率直な今の私の気持ちを書きますと、「この記事、書きたくねえ……」です。この作品の感想、誉めても貶して先には地獄しか待っていないことが分かっているので全力で逃げ出したいです。
 なんでこんな「アニメの感想をまとめる記事」なんてものを始めてしまったのか!3年前の自分にDメールを送って辞めさせたい!

 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(1話~13話)
 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(14話~25話)
 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(26話~38話)


<ルール>
・39話から最終話までの感想ツイートを貼り付け
・“最終話まで観終わっている”現在の自分のコメントを補足
・なので、基本的に最終話までのネタバレを含みます
・「まとめ」という記事タイトルですけど、まとめるのは「私の感想」だけです。「みんなの感想」をまとめるのが目的の記事ではありません
・思うがままに書いた感想なので、ところどころに間違いがあったりするでしょうが優しく許して下さいな

 今回の記事も長くなることが予測されるので格納しました。
 続きは「続きを読む」を押してもらえれば表示されます。ではでは。

≫ 「続きを読む」

| アニメ雑記 | 17:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(26話~38話)

 1クール目も2クール目も「感想メモまとめ」の記事を書いていたので、3クール目も書きますよ!4クール目もきっと書きます!ブログが続いていれば!

 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(1話~13話)
 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(14話~25話)


<ルール>
・26話から38話までの感想ツイートを貼り付け
・“38話まで観終わっている”現在の自分のコメントを補足
・なので、基本的に38話までのネタバレを含みます
・「まとめ」という記事タイトルですけど、まとめるのは「私の感想」だけです。「みんなの感想」をまとめるのが目的の記事ではありません
・思うがままに書いた感想なので、ところどころに間違いがあったりするでしょうが優しく許して下さいな

 今回の記事も長くなることが予測されるので格納しました。
 続きは「続きを読む」を押してもらえれば表示されます。ではでは。

≫ 「続きを読む」

| アニメ雑記 | 17:50 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(14話~25話)

 もう春アニメが始まっていますが、アニメ感想メモまとめです!
 1クール目を既にまとめてしまっているので、2クール目もやらなければならないという義務感でまとめているのですが、ということは……(以下略)。

 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(1話~13話)

 詳しくはネタバレになってしまうので後で書きますが、非常に書きづらいんですよ、この作品の感想って……

<ルール>
・14話から25話までの感想ツイートを貼り付け
・“25話まで観終っている”現在の自分のコメントを補足
・なので、基本的に25話までのネタバレを含みます
・「まとめ」という記事タイトルですけど、まとめるのは「私の感想」だけです。「みんなの感想」をまとめるのが目的の記事ではありません
・思うがままに書いた感想なので、ところどころに間違いがあったりするでしょうが優しく許して下さいな

 今回の記事も長くなることが予測されるので格納しました。
 続きは「続きを読む」を押してもらえれば表示されます。ではでは。

≫ 「続きを読む」

| アニメ雑記 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』各話感想メモまとめ(1話~13話)

 14話が放送される前に書き終わらねばなりません!冬アニメ感想まとめです!
 これまでは視聴しているアニメ作品は全て「ツイートをまとめる」ということをやっていたのですが、ツイセーブに自分のTwitterの呟きは全部記録するようにしたので、感想を読みたければ作品名で検索すれば読んでもらえるようになったんですね。

 なので、「ツイートをまとめる記事」の役割はもうほぼ必要なくなったとも言えるのですが、プッシュしている作品は「今現在の自分のコメントを捕捉として載せる」目的で今後も毎季2~3作品くらいのペースでやろうかなと思っています。

<ルール>
・1話から13話までの感想ツイートを貼り付け
・“13話まで観終っている”現在の自分のコメントを補足
・なので、基本的に13話までのネタバレを含みます
・「まとめ」という記事タイトルですけど、まとめるのは「私の感想」だけです。「みんなの感想」をまとめるのが目的の記事ではありません
・思うがままに書いた感想なので、ところどころに間違いがあったりするでしょうが優しく許して下さいな

 今回の記事も長くなることが予測されるので格納しました。
 続きは「続きを読む」を押してもらえれば表示されます。ではでは。

≫ 「続きを読む」

| アニメ雑記 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の魅力は「分かりやすさ」だ!

 10月から始まった新ガンダム『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』がとても面白いです。
 自分の大好きな長井監督が手がけるガンダム作品ということで、始まる前は「もしつまらなかったらどうしよう……」「日本中のアニメファンから叩きまくられる内容だったらどうしよう……」と不安だったのですが。Twitterの自分のタイムラインを見る限り、普段アニメを観ないような人も楽しんでいる人が多いみたいで安心しました。何目線なんでしょう、私は。


 ただ、この作品をブログで話題にするのは難しいなーと思っていたんですね。
 「面白い!」以外に特に言うことがないのです。強いて言えば、「超面白い!」くらい。

 歴代ガンダム作品の中でも、今回の『鉄血のオルフェンズ』ってトップクラスに「分かりやすい」作品だと思うんですね。お話が分かりやすいというだけでなく、面白さが分かりやすい―――わざわざブログに記事を書いて「こういう見方をすると面白くなるんですよ」みたいなことを言わなくても、面白さが伝わっている作品だと思うのです。




 しかし、この『鉄血のオルフェンズ』は来週の週末に1話~6話を48時間限定で無料配信するそうです。ということは、このタイミングでブログで話題に出せば、興味を持ってもらえて「今まで観ていなかった人」も観始めるかも知れませんよね。なので、今日は「今まで観ていなかった人」にも興味を持ってもらえるように、『鉄血のオルフェンズ』の「分かりやすさ」を語っていこうと思います。

 ネタバレはなるべく避けますが、これから観始める人が理解しやすいように「こういう構造の話だよ」という話はします。「ガンダムって何か難しそうだし……」という人にこそ読んで欲しい!


 ちなみに、今回の48時間限定の無料配信とは別の話で。
 ガンダムファンクラブというサイトならば誰でも「最新話1週間無料」で視聴できます。PCからでも利用可能。
 更に、自分は試していませんが、月額600円の有料会員になれば今までの話も全話見放題です。この有料会員は「7日間無料キャンペーン」もやっているそうです。

 更に更に、バンダイチャンネルの有料会員も全話見放題、dアニメストアの有料会員も全話見放題です。ただし、こちらはガンダムファンクラブに比べて1週間遅れの配信みたいですね。

 期間限定配信は1~6話だけなので、それ以降はどうしたらイイんだ!という人はこれらのサービスを利用するのも手ですね。

(関連記事:初心者のための“アニメ見放題”講座(バンダイチャンネル編)
(関連記事:初心者のための“アニメ見放題”講座(dアニメストア編)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2015-12-24
売り上げランキング : 77

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

分かりやすさ1:キャラクターデザインが分かりやすい
 ガンダムシリーズは「宇宙」を舞台にした「戦争」を題材に描くことが多いので、どの作品もとにかくキャラクターが多いです。『鉄血のオルフェンズ』もまだ序盤だというのに、結構な数のキャラクターが登場しています。ストーリーが進めば更にキャラクターは増えていくでしょう。

 なので、『鉄血のオルフェンズ』はキャラクターデザインが分かりやすくなっていて、「キャラクターの見た目」と「中身」と「役割」が一致しやすいようになっています。

 端的に言ってしまうと……「悪そうな顔をしたキャラは、ちゃんと悪人」みたいなことです。
 コーラルにしても、1番組の隊長にしても、トドにしても、見た目からして“嫌なやつ”っぽいキャラは実際に“嫌なやつ”でした。
 逆に、オッサンはオッサンでも渋くてカッコよいオッサンな見た目のおやっさん(ナディ・雪之丞・カッサパ)クランク二尉は、作中でも人望の厚い人格者なキャラクターでした。

 あくまで今のところは……ですけど、『鉄血のオルフェンズ』には「見た目は悪そうだけど実はイイ人」とか「善人そうだけど実は極悪人」みたいな人がいないんですね。悪く言えば「キャラクターデザインが記号的すぎる」のかも知れませんし、多くの作品は敢えてそうならないように心がけているものだと思いますが、私はこれだけ膨大な数のキャラクターが出てくるガンダムシリーズならば正しい方針だと思います。


 これは「オッサン」だけでなくて、メインキャラとなる若者達もそうで……
 太っちょで温和そうな見た目のビスケットは、実際に温和なキャラだし。
 ガチムチで難しい顔をしている昭弘は、イメージ通り口数が少ないし。
 金髪くせっ毛のユージンは、見た目どおりの神経質な性格で。
 逆に、背が高くて短髪のシノは、細かいことを気にしない大雑把な性格です。

 主人公の三日月からしてキャラクターデザインは「表情が分かりにくいミステリアスな目」をしていて、実際に奥底が知れないような不思議なキャラになっていますし。リーダー格のオルガは、長身・色黒・銀髪と“他のキャラとは違う”特徴的なキャラクターデザインになっています。


 Wヒロインの対比も分かりやすい。
 クーデリアは、長身・金髪ロングヘアー・巨乳という見た目からしての「お嬢様」で。
 アトラは、ちびっこくて子どもっぽい体型の「幼馴染」ポジションですもんね。

 他のキャラも……
 頭の良さそうな金髪イケメンのマクギリスは、しっかり相手を分析してから攻撃してくるという「頭の良さそうな」戦い方をしてくるし。
 快活で性的アピールの強いラフタは、その性格通りに機動性で翻弄してくる戦い方をしてくるし。
 如何にも仕事の出来そうな眼鏡女子のフミタンは、眼鏡女子っぽく機械に精通していて通信士として活躍しているし。
 白スーツでいかにもな伊達男名瀬は、ハーレム艦を作っているほどだし。



 「キャラクターデザインの見た目」から受け取る第一印象と、実際の彼ら・彼女らの「性格」「能力」「ポジション」がほとんどズレていないことで、たくさんいるキャラクターがごっちゃにならずに把握できるのかなぁと思います。第1話~第2話辺りは「キャラ多くて大丈夫か?」と思って観ていたのですが、今ではすっかり各キャラを個体認識できるようになりました。


 あと、キャラの名前についても……
 三日月・オーガス昭弘・アルトランドナディ・雪之丞・カッサパ名瀬・タービン……といったカンジに、「漢字」の入ったキャラクターが何人か出てくるのですが、みんな「黒髪」なんですよね。

 「日本人っぽい名前」と「黒髪という見た目」がシンクロしやすいようにしているのかな―――という話を書こうと思っていたのですが、クーデリア・藍那・バーンスタイン桜・プレッツェルにも漢字が入っていました(笑)。
 アインとかは黒髪だけど漢字入っていませんし、よーし今の話は忘れてくれー。


 でも、主人公の名前が「三日月」というのは日本人にとって個別認識しやすい名前ですし、ヒロインの「クーデリア」という名前も五文字の呼び名で他とごっちゃにならない名前というのも分かりやすいですね。呼び名が五文字のキャラは、あとは「ビスケット」「マクギリス」「デクスター」「おやっさん」くらい(笑)。



分かりやすさ2:キャラクター配置が分かりやすい
 これも「今現在は」という括弧付きの話ではあるんですが……
 『鉄血のオルフェンズ』にはたくさんのキャラクターが登場しますが、勢力図ということを考えるとそれほど分かりにくくはありません。分類すると、「同じ艦の仲間」と「それ以外」です。


 思い返せば、最初の『機動戦士ガンダム』だってそうです。たくさんのキャラクターがいて、複雑な話に思えるかも知れませんが、基本的には「ホワイトベース」と「それを追いかけるジオン軍」の話なんです。複雑なのは、その「ジオン軍」の中に様々な思惑があって「○○派」「××派」みたいな派閥争いとかがあることなんですけど、そういうのを気にしなければ「仲間」と「敵」で分かりやすく分類される話なんです。
 これは『ガンダム』の次の『イデオン』を観ても思ったことなんですけど、当時はまだビデオデッキがそれほど普及していませんでしたから「1話から通して全話を観る」人ばかりではなく、「途中から観始めても何となく分かる」シンプルな構造になっていたんですね。

 時代が進むとビデオデッキも普及するし、レンタルビデオなんかも出てくるし、最近ではネット配信なんかで1話から通して観ることも出来るようになったため―――後のガンダムシリーズも、「たくさんの勢力が出てきてどれがどれと戦っているのか分からなくなる」とか「単独行動しているキャラがたくさんいるのでどのキャラが今何をしているのか分からなくなる」ことが多くなっていって、その複雑さこそがガンダムシリーズの人気でもあるので別に悪いとは言いませんが。


 『鉄血のオルフェンズ』は今のところ、仲間はみんな一緒に行動していて、敵はそれを妨害するギャラルホルンという分かりやすい構造なので―――ぶっちゃけた話、例えば次の日曜日に放送される第9話から観始めても割とすんなり理解できるんじゃないのかなーと私は思っています。
 ちなみに、これは完全にネタバレ情報なのでネタバレが嫌な人はリンク先を開かないで欲しいのですが、『鉄血のオルフェンズ』は毎週公式サイトの「World」というページで各キャラクターの最新の相関図を発表しています。例えば、誰かキャラが死んだとしたら、相関図の中で「コイツは死にました」とわざわざ載せる凝りようなのです。そのためうっかりリンク先を開くと、これから第1話から観始めようとしている人にとっては「コイツ死ぬんかい!」とネタバレになってしまうのでご注意を。

 これから第1話から観始める人は、放送開始前の相関図と、第1話放送後の相関図をどうぞ。

 元々「キャラの配置」がごっちゃになりづらい“分かりやすい”作品だと思うのですが、こうして毎週毎週手間をかけて「今こうなっていますよー」と教えてくれるので「ガンダムってたくさんキャラが出てきて難しそう……」と敬遠している人も問題なく楽しめる作品だと思います。



分かりやすさ3:目的が分かりやすい
 これは序盤のネタバレと言えば、ネタバレなので……何も知らずに観たい人は読み飛ばしてください。




 この作品の主人公達は、「クーデリアを火星から地球に送り届ける」という目的で行動しています。“スタート地点”と“ゴール地点”がハッキリしているストーリーなんですね。先ほどリンクを貼った公式サイトの「World」というページの一番下には、今現在の三日月達がどれだけ地球に近づけたのかという画像が載っているほどです。

 それこそ最初の『機動戦士ガンダム』もそうでしたよね。あの話は、サイド7というコロニーから地球のジャブローまで「ホワイトベース」が何とか逃げまくるという話です。
 『宇宙戦艦ヤマト』もそうです。地球からイスカンダル星まで「ヤマト」が向かうという話です。


 目的がハッキリしていることでストーリーを引っ張ってくれる力になるし、視聴者にも「今は全体の中のどの辺まで進んだ」ことが分かるというものです。まぁ、「ジャブローってどこだ」「イスカンダルってどのくらい離れているんだ」という問題はありますが。
 例えばこれが「戦争に勝つ」という目的のストーリーだとすると、「戦争ってどうすれば終わるのか」が誰にも分からないし、「今は全体の中のどの辺まで進んだ」のかが分かりづらかったりします。もちろんだからこそ「終わりが見えない戦争の悲惨さ」のようなものも描けるのですけど、「どこに向かっているか分からない話」はどうしたって付いてこられる人が絞られてしまいますからね。

 この「目的がストーリーを引っ張るんだ」という話、それだけに絞って記事を書いた方が面白そうなので、また今度書くかも知れません。



 それと……これは今回の記事の「分かりやすさ」という話からは外れるかも知れませんが、『鉄血のオルフェンズ』におけるクーデリアは「ラグビーのボール」のような存在だと思うんですね。つまり、今は味方がガッツリ保持しているけど、敵が必死になって奪いにくる存在。

 主人公達はクーデリアを抱えて地球まで逃げ切りたい。
 コーラル率いる火星支部はクーデリアを殺したい。
 マクギリスら監査局の連中はクーデリアを捕獲したい。


 それぞれの思惑は細かくあって、一人一人のキャラの狙いは違っていたりするのだけど(アインなんかはクーデリアはどうでも良くてガンダムへの復讐のために動くのだろうし)、この作品はクーデリアを巡る攻防なんだと見ると構造が分かりやすいんじゃないかなと思います。

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 1/144スケール 色分け済みプラモデルHG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 1/144スケール 色分け済みプラモデル

バンダイ 2015-10-03
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【とても分かりやすい三行まとめ】
・キャラクターが見た目通りなのが分かりやすい
・「同じ艦に乗っている」のが味方だから、分かりやすい
・“スタート”と“ゴール”がハッキリしているから分かりやすい



 もちろんこれらは「今現在は」という話なので、ここから先にこれらを裏切るような予想外の展開が来ることもありえるでしょう。そうすると、この作品の魅力だった「分かりやすさ」は損なわれてしまうかも知れません。逆に言うと、だからこそ「今ならまだ“これから観始める人”でも大丈夫だよ」と言いたいのです。

 とりあえず来週の週末に48時間限定で第1~6話を無料配信してくれるということなので、第1~6話だけでもどうぞ。それで肌に合わなかったらそこで観るのを辞めればイイだけなんで。
 ちなみに私の好きなキャラクターは、クッキーとクラッカというロリ双子姉妹です!

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 百里 1/144スケール 色分け済みプラモデルHG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 百里 1/144スケール 色分け済みプラモデル

バンダイ 2015-11-14
売り上げランキング : 78

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』各話感想メモまとめ(14話~最終話)

 4月ですが、まだ冬アニメの感想メモまとめが終わっていません!
 春アニメが始まると恐ろしいスピードで冬アニメのことが忘れられていくので、それまでに感想まとめを書き上げなければ……ということで、後半戦行きます!


 アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』各話感想メモまとめ(1話~13話)

<ルール>
・14話から最終話までの感想ツイートを貼り付け
・“最終話まで観終っている”現在の自分のコメントを補足
・なので、基本的に最終話までのネタバレを含みます
・「まとめ」という記事タイトルですけど、まとめるのは「私の感想」だけです。「みんなの感想」をまとめるのが目的の記事ではありません
・思うがままに書いた感想なので、ところどころに間違いがあったりするでしょうが優しく許して下さいな


 今回の記事も長くなることが予測されるので格納しました。
 続きは「続きを読む」を押してもらえれば表示されます。ではでは。

≫ 「続きを読む」

| アニメ雑記 | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『Zガンダム』のラストがどういう意味だったのか、ようやく分かった

※ この記事はテレビアニメ版『機動戦士ガンダム』全43話テレビアニメ版『機動戦士Ζガンダム』全50話劇場アニメ版『機動戦士Ζガンダム』三部作のネタバレを含みます。閲覧にはご注意下さい。


 現在の自分はブログにレポート記事を書くために、dアニメストアの「見放題」サービスでアニメを観まくっているのですが……『機動戦士Ζガンダム』の劇場版三作品を観終えたので、今日はその話を書こうと思います。先にスタンスを書いておきます。私は「すげえ面白い!」と思いました。テレビ版の『Zガンダム』が好きでなかった自分が、劇場版を観て初めて「Zガンダムってこういう話だったんだ!」とも思いました。


 ガンダムシリーズを全く知らない人も、このブログを読んでいると思うので説明します。
 『機動戦士ガンダム』は1979年~1980年に放送されたテレビアニメで、本放送の時は色々あって打ち切りとなってしまいましたが、再放送やプラモデルの発売が爆発的な人気を生み、社会現象化して1981年と1982年には総集編の映画が三本公開されました。

 『機動戦士Ζガンダム』は、その人気を引き継ぐ形で企画されたガンダムシリーズ第2弾のテレビアニメで1985年~1986年に放送されました。以後、ガンダムシリーズは『ガンダムZZ』『逆襲のシャア』『F91』……と続いて現在でもまだ新作が続く長寿シリーズとなったのです。

 劇場版の『機動戦士Ζガンダム』は、その20周年に合わせて企画された総集編映画で、2005年~2006年に三部作という形で公開されました。基本的には総集編なのだけど新作カットも多く、自分の感覚では“リメイク”と言ってイイくらいに作り直されたものだと思いました。



 私個人の好き嫌いの話をしますと……
 最初の『機動戦士ガンダム』はとても大好きです。通して5~6回観ていると思いますが、未だに新しい発見がありますし、それでいて「構造が分かりやすい」ところが自分の好きなところです。
 『機動戦士ガンダム』をものすごく噛み砕いて説明すると、たまたまホワイトベースという戦艦に乗り込んだ素人集団が、次々とやってくるジオン軍の追っ手と戦いながら成長していく話だと思うんです。バックボーンには深い設定があったりもするのですが、基本的には「追いかけっこ」と「少年少女の成長物語」だと私は思っています。


 それに比較して、『機動戦士Ζガンダム』はあまり好きではありませんでした。
 好きになれなかった理由を今回改めて考えてみると「何をやっている話なのかが分からなかった」からなのかなと思いました。“難解”というと私の読解力の問題ですが、そもそも“何も考えずに作っている話なんじゃないのか?”と私はずっと思っていたんですね。

 分かりづらいというのは、敵・味方がハッキリしないエゥーゴ・ティターンズ・アクシズの三つ巴の勢力だというのもあるのですが……
 私が思うに、『ガンダム』のホワイトベースの乗組員は素人集団だったために成長物語になったけど、『Zガンダム』のアーガマの乗組員は(カミーユ達一部のキャラ以外は)元々の軍人だというのが大きいと思うのです。ブライトやクワトロ大尉は言うまでもなく、エマさんもレコアさんも元々軍人で、カミーユの方が「プロの軍人の中に入った素人」という特殊なケースなのです。

 じゃあ、そうした歴戦の勇者達に囲まれたカミーユが一人成長していく話なのか―――と思って『Zガンダム』を観ちゃうと、よく分からない話になってしまうのです。
 カミーユって最初から無茶苦茶強いし、序盤からジャブロー攻略みたいな大掛かりな作戦に参加しているし、成長の余地があまりないキャラだと思うのです。人間性の成長としては、攻撃的だった性格がアムロやフォウとの出会いによって丸くなっていったところはあるのですが、それ以降のカミーユは「言うことを聞かないカツ」とか「思い通りにいかないサラ」とか「もうワケが分からないロザミィ」とかに苦しめられて報われることがないし。
 最終話のラストシーンまで行くと、結局カミーユは精神が崩壊してしまうワケで……「戦って戦って成長した先にあるものがコレかよ」というのが私の『Zガンダム』の感想でした。


 なので、『Zガンダム』の劇場版が公開されても10年間観ていませんでした。
 『Zガンダム』が元々好きじゃない、テレビアニメの総集編映画が好きじゃない、の二倍掛けで全然興味がなかったのですが……タイミング良くdアニメストアの「見放題」に入っていた(※1)ので、じゃあ話のネタにもなるだろうし観てみようかなーと視聴したのです。

(※1:3月31日までです。バンダイチャンネルの「見放題」も同様)


 そしたら、すげえ面白いの。

 元からテレビ版の『Zガンダム』が好きな人は正反対な感想を持つかも知れませんが……
 テレビ版の『Zガンダム』が好きではなかった自分にとっては、割と有名なシーンでも無駄なシーンは容赦なくカットして、逆にさり気なく追加されたシーンも多くて、とても分かりやすく再構成されていて。『Zガンダム』という作品が何を描いていた作品だったのかが、ようやく分かった気がしました。


 この記事を読んでから「じゃあ劇場版『Z』も観てみようかな」と思ってくださる人もいると信じていますから、決定的なネタバレは書きませんが……テレビ版からものすごく変わってしまったシーンも劇場版にはあって、当時それが宣伝として結構言われていたように覚えているのですが。
 私個人の解釈だと、確かに「起こっている出来事は違う」けど、「そのシーンが意味しているもの」はテレビ版の頃と一緒でそれを分かりやすくしただけかなと思っています。『エヴァンゲリヲン』の旧テレビ版と新劇場版が、「起こっている出来事が全然違う」けど「描かれているものには通じるものがある」リメイクなのと同じようなカンジかなと。



 『Zガンダム』って、『ガンダム』と裏表のような話だと思うんです。

 カミーユ・ビダンは、「アムロ・レイの再来だ」「アムロ・レイの再来だ」と言われていたけどアムロ・レイとは違う最後を迎えます。つまり、アムロになれなかった主人公がカミーユで、『ガンダム』になれなかったのが『Zガンダム』だったのだと思うのです。劇場版によって分かりやすくなったから私は今回初めて分かったのですが、元々そういうストーリーだったことに私が気付いていなかっただけじゃないかなと思います。


機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [Blu-ray]機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2012-05-24
売り上げランキング : 35625

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ アムロ・レイになれなかったカミーユ・ビダン
 ということで、『Zガンダム』のラストを説明するには『ガンダム』のラストから説明するのがイイのかなと思います。

 『機動戦士ガンダム』という物語は、たまたま住んでいたコロニーがジオン軍に攻撃されたアムロ・レイがガンダムに乗り、ホワイトベースの面々と共にジオン軍に追われながら逃げ続ける話です。
 故郷を失ったアムロは逃げ続ける旅の中で母に再会しますが、ジオン軍との殺し合いを続けている自分と母とはもう住む世界が違うのだとアムロは母の元を去ります。また、その後に宇宙に上がったアムロは父とも再会しますが、父はもう「尊敬できる父」ではなくなっていました。

(関連記事:アムロ・レイは誰を殺すのか
(関連記事:アムロが父との再会で見たもの

 「帰るべき故郷」も「帰るべき家庭」も失ったアムロは戦い続けるしかないのですが、戦場で出会った「帰るべき場所」になってくれたかも知れないララァ・スンのことも殺してしまいます。ずっと傍にいて見守ってくれていたフラウ・ボゥも、自分ではなくハヤトを選んだのだと知り、最終決戦ア・バオア・クーではガンダムも破壊され、ホワイトベースも沈みます。

 正真正銘全てを失ったアムロは「死」を受け入れますが、最後の最後にララァの声を聞いたアムロは、ホワイトベースのみんなを導き、自分も生き残ろうとします。「ごめんよ、まだ僕には帰れる所があるんだ。」と。


 『機動戦士ガンダム』という物語は、戦争によって「故郷」も「家族」も「愛する人」も奪われた登場人物達に「それでも生きていいんだ」と希望を与えるストーリーだったのです。

(関連記事:帰る場所を探すストーリー。 『機動戦士ガンダム』全話を視聴し直して



 さて、では『機動戦士Zガンダム』はというと……
 『機動戦士ガンダム』の第1話と『機動戦士Zガンダム』の第1~2話は意図的に似せて作られていると思うのですが、似せて作られているからこそ決定的に違うことが分かります。
 『ガンダム』のアムロは住んでいるコロニーがジオン軍によって攻撃されたことで「帰るべき故郷」を失い、自分も生き残るためにガンダムに乗って戦うしかなくなるのですが。『Zガンダム』のカミーユは戦争とか関係なく、ティターンズの人をぶん殴ってしまったから帰れなくなって、エゥーゴの潜入による混乱に乗じてガンダムMk-IIを強奪、コロニーに潜入した側のエゥーゴに付いて逃げていくのです。

 戦争によって故郷を失ったアムロと、自分のせいで故郷に帰れなくなったカミーユ―――実はこの二人の始まり方は正反対なんです。

 しかし、初めて乗り込んだガンダム(Mk-II)を乗りこなしたことで「アムロ・レイの再来だ」「アムロ・レイの再来だ」ともてはやされて、(自分がティターンズぶん殴ってガンダム強奪したせいだけど)帰る場所も失ったのでなし崩し的に戦争に参加していくのです。



 『キャプテン』で言えば、アムロは最初は大した実力もなくて周囲からもなかなか認められなかったけど、努力が実って急激な成長を遂げたことで周囲の信頼も得てカリスマ化していく谷口タイプで。
 カミーユは最初からとてつもない才能を見せていたことで、扱いにくい性格でありながら即戦力で試合に投入されて、徐々に周囲をかき乱すこともなくなっていくイガラシタイプってところかなと思います。


 アムロが戦争の中で全てを失っていったように、カミーユもまた戦争の中で様々なものを失っていきます。(自分がティターンズぶん殴ってガンダム強奪したせいだけど)故郷にはもう帰れず、両親も死んでしまい、旅の果てで出会い惹かれあったフォウ・ムラサメも死んでしまいます。

 そして、アムロとは決定的に違うことに……アムロには、まだ最後の最後に「ホワイトベースで一緒に戦ったみんな」が残っていて、「まだ僕には帰れる所があるんだ」の台詞に繋がるのですが。
 カミーユの場合、共に戦った仲間も次々と死んでいってしまうのです。アポリーが死に、カツが死に、ヘンケン艦長らラーディッシュの乗組員は全滅し、レコアさんが死に、エマさんが死に、クワトロ大尉も生死不明―――アムロには残っていた「帰れる場所」がカミーユには残っていなかったのです。


 カミーユとシロッコの最後の対決で、カミーユは死んでしまった人達の想いを乗せてシロッコに特攻をかけて見事に倒します。しかし、勝ったカミーユに何が残るのか。故郷もない、両親は死んだ、愛したフォウも死んだ、共に戦った仲間のほとんどが死んだ。
 精神崩壊というラストは、初めて観た時は子どもながらにショックでしたが……「精神が崩壊した」ことはあまり重要ではないのかなと、『ガンダム』のラストから繋げて観ると思うのです。


 大人達に「アムロ・レイの再来だ」「アムロ・レイの再来だ」ともてはやされて戦場に送り込まれたカミーユ・ビダンは、『ガンダム』最終話で全てを失ったと思っていたアムロに最後に残った「帰れる場所」すら残っていない、正真正銘「戦争によって全てを失ってしまった主人公」だったんじゃないのか――――

 それはつまり、カミーユ・ビダンはアムロ・レイになれなかったということなんじゃないのか―――



 ここまで読んでくださった人の中で、『Zガンダム』のラストを知っている人は「え?」と思われていることでしょう。敢えてここまで私は一切触れないように書いてきましたからね。それは、「カミーユはアムロになれずに全てを失ってしまった主人公だった」ということを先に書いておきたかったからです。


 しかし、

 全てを失ったカミーユの横に、最後にはファ・ユイリィが残った―――

 これこそが『Zガンダム』という作品が描いていた「希望」だったのだと思います。


機動戦士ZガンダムⅡ -恋人たち-  [Blu-ray]機動戦士ZガンダムⅡ -恋人たち-  [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2012-05-24
売り上げランキング : 41916

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ フラウ・ボゥにはならなかったファ・ユイリィ
 劇場版を観て改めて思いましたけど、『Zガンダム』という作品にはかなりの数の女性キャラクターが登場します。そして、その女性キャラクターの陰には男性キャラクターが配置されています。

 一番印象に残るのは、「女性を道具のように扱う男性キャラクター」と「男性に道具のように扱われる女性キャラクター」です。これは恋人関係に限らず。
 フォウ・ムラサメを操っていたのはベン・ウッダーでしたし、ロザミア・バダムに指示を出していたのはブラン・ブルタークで後にゲーツ・キャパになります。サラ・ザビアロフは言うまでもなくパプテマス・シロッコの道具でしたし、レコア・ロンドだってクワトロ・バジーナに利用されるだけの立場なのを嫌がってエゥーゴを抜けてしまいます。そこで向かう先がパプテマス・シロッコで、「結局そこでも利用されてるだけでは……」というのは言ってはならない。


 もちろん『Zガンダム』に登場する全ての女性キャラクターが男性に道具のように扱われているワケではなくて、「男性を鼓舞する女性キャラクター」もたくさん登場します。
 アムロ・レイを復活させたベルトーチカ・イルマは作中でもそう公言していましたよね。フラウ・ボゥはアムロを復活させられなかったけど、ベルトーチカ・イルマには出来たというのは象徴的。ジェリド・メサが幾度も立ち上がりカミーユに向かってきた背景には、ライラ・ミラ・ライラやマウアー・ファラオの存在があったからですし。ちょっと変則的な形ですけど、エマ・シーンへの想いがヘンケン・ベッケナーを駆り立てていたところもあると思います。


 ファ・ユイリィは、そういうキャラではないんですね。
 ファはカミーユを鼓舞しないし、カミーユはファのために戦うワケではありません。もちろんカミーユがファを道具のように利用することもありません。


 この辺、『ガンダム』におけるフラウ・ボゥとは対照的だなと思うのです。
 フラウ・ボゥは、戦いたがらなかったアムロを戦場に追い立てたこともあるし、逃げ出したアムロを追いかけてきたこともありました。結果的にそれがアムロを成長させてしまい、自分とは遠い存在になってしまったと思ったフラウ・ボゥはアムロの横から身を引くのですが。

 ファ・ユイリィはどうかと言うと……
 ファ・ユイリィは自分がパイロットとなって、カミーユの横に並ぼうとするのです。

 同じような「口うるさい幼馴染」ポジションで、同じように「母性の強いキャラ」として置かれていたファ・ユイリィですが、フラウ・ボゥとは対照的な行動を取っているのです。
 私はこれまで『Zガンダム』におけるファ・ユイリィの存在があまり好きではありませんでした。ファがパイロットになるってどんだけ人材不足なんだよというか。元から訓練を受けていたワケではない、カミーユのように特別な才能があるワケでもない、カツはまだ「前作のキャラが成長してパイロットになるのって燃えるじゃん」という理由で百万歩譲って認めるとしても、ファがモビルスーツに乗って戦う理由って何だろうとずっと思っていました。


 でも、フラウ・ボゥと対比して考えるとすごくよく分かるのです。
 「アムロ・レイの横にはいられなくなってしまったフラウ・ボゥ」に対して、「カミーユ・ビダンの横にいようとしたファ・ユイリィ」は“フラウ・ボゥのifの姿”だったと言えると思うのです。アムロをおだてて、叱咤して、母親のように接するのではなく、フラウがアムロとともに戦う道を進んでいたなら……ああいうラストにはならなかったというのがファだと思うのです。

 そして、ファのような立ち回りをする女性キャラは、『Zガンダム』の中では他に登場しません。強いて言うならマウアーは近いかも知れないけど、マウアーはジェリドを支えようとしていたのでファとはちょっと違うかなと。
 ファは離れてしまったカミーユに追いつこうとパイロットになって、カミーユの横に並ぼうとします。カミーユに利用される女にも、カミーユを支えるだけの女にもならず、カミーユと対等の立場で共に歩める女になろうとするのです。


 その結果、
 「戦争によって全てを失ってしまったカミーユ」の横に、ファは残れたのです。

 カミーユ・ビダンはアムロ・レイにはなれなかった。
 しかし、ファ・ユイリィはフラウ・ボゥに出来なかったことをやろうとした。


 劇場版は特にこの構造が分かりやすくなるように、カミーユとファのカットの直後に「アムロとフラウのカット」が入るんですね。別々のルートを進んだファとフラウが対比されて見えるように。



 様々な男女の姿が描かれて、ほとんどの女性キャラが死んでいったこの作品のラストにおいて、「男と共に肩を並べて歩めるように自立しようとした女」だけが残った―――というのは象徴的だなと思います。
 実はファ・ユイリィ以外にも戦場で生き残った女性キャラはいて、ハマーン・カーンもまた「シャア・アズナブルと共に肩を並べて歩めるように自立しようとした女性キャラ」と言えるかも知れません。「共に肩を並べて歩める」どころか「百倍速で追い抜いちゃった」くらいの関係性になってましたけど(笑)



 『Zガンダム』という作品を、私はずっと『ガンダム』のような作品として受け取ってしまって、だからこそ楽しめなかったのだと思います。劇場版で分かりやすくなったように、『Zガンダム』は『ガンダム』とは全く違うことをやろうとした作品だったと思うのです。
 「アムロ・レイの再来だ」「アムロ・レイの再来だ」ともてはやされたカミーユ・ビダンがアムロ・レイにはなれなかったように、『Zガンダム』は「『ガンダム』の続編だ」「『ガンダム』の続編だ」ともてはやされながら『ガンダム』のようにはなれなかった人達を描いていた作品だったのかなと。似通っているシーンやキャラ配置は、むしろその二つの差異が分かりやすくなるために描かれていたんじゃないかなと。


 それが分かって、今回劇場版を観てみて本当に良かったです。
 テレビ版から20周年で作られた劇場版を10年後に観て、今更ですけど(笑)。

 『Zガンダム』という作品がどういうものだったのか、ようやく分かった気がしました。


 よし!次は『ガンダムZZ』の総集編映画を作りましょう!
 今の技術でエルピー・プルのお風呂シーンを作り直すのだ!

 でも、アレも再構成することで化ける作品だとは思うんですけどね。来年が30周年ですし。


機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-  [Blu-ray]機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-  [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2012-05-24
売り上げランキング : 46100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:48 | comments:37 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT