やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

≫ EDIT

【告知】8月19日(土曜日)20時頃~ニコ生で『Newスーパーマリオブラザーズ』の実況プレイを開始します

【お知らせ】8月19日(土曜日)20時頃~22時頃の間、ニコニコ生放送で『Newスーパーマリオブラザーズ』の実況プレイを開始します

 1枠目
 2枠目

 ニコ生でアンケートを取れるコミュニティレベルに達していないので、事前にアンケートを取っておいて生配信中にピッタリ集計が終わるタイミングにしておきました。Twitterのアカウントを持っていない人はゴメンナサイ。


 クッパを倒すだけなら、もうあと「WORLD6」と「WORLD8」をクリアするだけなんで19日にでも終わりに出来ちゃうと思うんですけど……どうせなら「ダッシュ&壁キックなしで、他のルートはどれだけ行けるのか」を試してみるべきか悩んだので、アンケートを取ることにしました。

 それはそうと音ズレ問題なんですけど……
 どうもニコ生の「新配信」が問題だったっぽい?次も一応「新配信」でやるつもりですが、音ズレが起こったら2枠目から旧配信に戻してプレイするかも。



<ルール>
・「ダッシュ」は使わない
・「物を持って運ぶ」のも、「ダッシュ」と同様の操作なので使わない
・「ファイアーボール」は“速くなることでミスする可能性が高くなる”ワケではないのでOK
・ついでに、「壁キック」もアクションゲームが苦手な人には難しいと思うので使わない



【現在、登録されている効果音コマンド】
・888888
・あはははははは!
・えい
・えー
・おおおおおお
・おめでとうございます
・お金が足りないよ
・がんばりましょう
・すごいすごい
・ドラゴン
・ひらめいた
・ファンファーレ
・ブザー
・ブブー
・ブラボー
・ホイッスル
・黄色い声
・歓声
・残念でした
・心臓
・誰か助けて
・爆発
・万歳


 ニコニコ生放送中にこれらの文字をコメントで打つと特殊効果音が鳴ります。効果音は無料効果音で遊ぼう!さんや効果音ラボさんで配布されているものを使わせてもらっています。



 この記事は「『Newスーパーマリオブラザーズ』配信の告知用の記事」です。
 生配信の告知や、動画のログの格納などに、使いまわす予定です。

New スーパーマリオブラザーズ [WiiUで遊べるニンテンドーDSソフト][オンラインコード]New スーパーマリオブラザーズ [WiiUで遊べるニンテンドーDSソフト][オンラインコード]

任天堂 2015-04-03
売り上げランキング : 22093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓ログは格納しています

≫ 「続きを読む」

| ゲーム実況 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだバーチャルコンソールに出ていない任天堂ソフトまとめ(2017年・夏)

 バーチャルコンソールとは、任天堂が行っていた「昔のゲームソフトを最新機種でダウンロード購入して遊べるようにするよ」というサービスでした。
 しかし、この記事に書いたように、2006年のサービス開始から10年が経過して、ダウンロード販売ではない形の『ニンテンドークラシックミニ』が大ヒットしましたし、バーチャルコンソールもダウンロード販売ではない様々な方法を検討している第二段階に入りました。

 また、任天堂は昨今「任天堂IPに触れる人を増やす」ことを大事にしていて、『ニンテンドークラシックミニ』はまさに「任天堂のゲーム機を持っていない人にも任天堂IPに触れる機会を作る」商品ですし、バーチャルコンソールは「まだそのシリーズに触れたことのない人への入口」になれるサービスです。例えば3DSで『Hey!ピクミン』という新作が発売するちょっと前に、Wii Uで『ピクミン』『ピクミン2』がダウンロード販売開始されたりしますしね。


 ならばこのタイミングで今一度、「どのソフトがバーチャルコンソールで出ていて、どのソフトがまだバーチャルコンソールで出ていないのか」をまとめておこうと思いました。前回書いたのは2013年の9月なので、4年間で変わったところを見るのも面白そうですしね。



 2017年7月6日時点で発表されているリストです。
 それ以降に発表されたソフトを後から追加していくつもりはありません。
 人力でまとめているリストなんで、抜けがあった場合はコメント欄などで知らせてくださるとありがたいです。

 3DSかWii Uで配信済orクラシックミニに収録されるソフトは「★」、Wiiでのみ配信済のソフトは「○」、その作品は配信されていないけど移植やリメイク作品が配信済のソフトは「△」、まだどの機種でも配信されていないのは「×」と分類しました。
 配信済の機種は、Wiiが「W」、3DSが「3」、new3DS専用は「n」、Wii Uが「U」、ニンテンドークラシックミニに収録される作品は「ク」と記しておきます。リンクはそれぞれの公式ホームページです。


【ファミリーコンピュータ】
★ ドンキーコング…W3U
★ ドンキーコングJr.…W3U
× ポパイ※版権モノ
★ 五目ならべ 連珠…WU
× 麻雀
★ マリオブラザーズ…W3U
× ポパイの英語遊び ※版権モノ
★ ベースボール…WU
★ ドンキーコングJrの算数遊び…WU
★ テニス…WU
★ ピンボール…WU
★ ワイルドガンマン…U ※光線銃専用
★ ダックハント…U ※光線銃専用
★ ゴルフ…U
★ ホーガンズアレイ…U ※光線銃専用
× ファミリーベーシック
★ ドンキーコング3…W3U
★ デビルワールド…W3U
× 4人打ち麻雀
× F1レース

★ アーバンチャンピオン…W、3DSには3DクラシックスU
△ クルクルランド ※ディスクシステム版が配信されている
★ エキサイトバイク…W、3DSには3DクラシックスU
★ バルーンファイト…W3U
★ アイスクライマー…W3U
× ファミリーベーシックV3
★ サッカー…WU
★ レッキングクルー…W3U
× スパルタンX ※映画を題材にしている
× ブロックセット ※ロボット専用
× ジャイロセット ※ロボット専用

★ スーパーマリオブラザーズ…W3U
★ マッハライダー…W3U
★ ゼルダの伝説…W3U
※ WiiはGC版、3DSはROMカセット版、Wii Uはディスクシステム版を再現している
★ 謎の村雨城…W3U
★ スーパーマリオブラザーズ2…W3U
★ バレーボール…WU
★ メトロイド…W3U
× プロレス
★ 光神話 パルテナの鏡…W、3DSには3DクラシックスU
★ リンクの冒険…W3U
× ゴルフJAPANコース ※青ディスク
★ スマッシュピンポン…WU
× ゴルフUSコース ※青ディスク
× 夢工場ドキドキパニック ※メディアミックス商品、『マリオUSA』と同内容

★ ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島…W3U
× ファミコングランプリ F1レース ※青ディスク
△ マイクタイソン・パンチアウト!!
※ マイクタイソンが出ないバージョンが配信済(W3U

× 中山美穂のトキメキハイスクール ※タレントもの ※青ディスク
× 銀河の三人 ※元はエニックスのPCゲーム『地球戦士ライーザ』

★ アイスホッケー…WU
× ファミコングランプリII 3Dホットラリー ※青ディスク
★ ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者…W3U
★ ファミコンウォーズ…W3U
★ スーパーマリオブラザーズ3…W3U
× アイスクライマー(ディスクシステム版)※ アーケード版に準拠
× 帰ってきたマリオブラザーズ ※ゲーム内に広告が入っている

★ VS.エキサイトバイク…U
★ ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女…W3
★ MOTHER…U
× ふぁみこんむかし話 遊遊記
★ ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣…W3U
× ナイトムーブ
★ Dr.マリオ…U
× バックギャモン
× 新4人打ちマージャン 役満天国
× タイムツイスト 歴史のかたすみで…

★ マリオオープンゴルフ…W3U
★ ヨッシーのたまご…W3U
★ ファイアーエムブレム外伝…W3U
★ クルクルランド(ディスクシステム版)…W3U
★ スーパーマリオUSA…W3U
× ヨッシーのクッキー…W(※ 配信終了しています)
★ 星のカービィ 夢の泉の物語…W、3DSには3DクラシックスU
★ ジョイメカファイト…W3U
× テトリスフラッシュ
★ ワリオの森…W3U


 この4年間の変化と言えば、何といっても『ダックハント』『ワイルドガンマン』『ホーガンズアレイ』といった光線銃専用のソフトがWiiリモコンの操作に対応して配信されたことです。近年レトロフリークなどの互換機が人気で「互換機があればバーチャルコンソールなんて要らなくね?」みたいに言う人まで出てきたのですが、レトロフリークであっても現在では遊ぶ環境を用意するのが難しい光線銃専用のソフトを気軽に遊べるようにして配信してくれたのは驚きでした。

 それまでは「周辺機器が必要だったソフトはバーチャルコンソールには出ないだろう」と思っていましたからね。よーし、次はロボット専用ゲームを配信しよう!


 この4年の間に『MOTHER』も配信されましたし、後は待望されているソフトは『遊遊記』『タイムツイスト 歴史のかたすみで…』辺りですかね。『タイムツイスト』は特に「知る人ぞ知る名作」と言われているので、配信を期待したいところです。



【ゲームボーイ】
★ アレイウェイ…3
★ スーパーマリオランド…3
★ ベースボール…3
× 役満 ※任天堂は麻雀ソフトをVCには出していないので
★ テニス…3
× テトリス…3(※ 現在は配信終了しています)
★ ゴルフ…3
× ソーラーストライカー
★ クイックス…3
★ ドクターマリオ…3
★ 海戦ゲーム レーダーミッション…3
× F1レース ※版権モノ
× ゲームボーイウォーズ

△ ヨッシーのたまご ※ファミコン版が3DSでも配信済
★ メトロイドII RETURN OF SAMUS…3
★ 星のカービィ…3
× X(エックス)
★ カエルの為に鐘は鳴る…3
★ スーパーマリオランド2 6つの金貨…3
× ヨッシーのクッキー
△ ゼルダの伝説 夢をみる島 ※ゲームボーイカラー版が出ているので
★ カービィのピンボール…3
★ スーパーマリオランド3 ワリオランド…3
× テトリスフラッシュ
★ ドンキーコング…3
★ マリオのピクロス…3
★ 星のカービィ2…3
★ スーパードンキーコングGB…3
★ カービィのブロックボール…3
★ ポケットモンスター 赤…3
★ ポケットモンスター 緑…3
★ モグラ〜ニャ…3
★ ポケットモンスター 青…3
★ ピクロス2…3
★ ヨッシーのパネポン…3
★ ドンキーコングランド…3
★ カービィのきらきらきっず…3
★ ゲームボーイギャラリー…3
★ ゲームボーイギャラリー2…3
× ポケットカメラ ※今更出ないんじゃないかなぁ
★ ポケットモンスター ピカチュウ…3
× テトリスDX
★ ワリオランド2 盗まれた財宝…3
★ ゼルダの伝説 夢をみる島DX…3
★ ポケモンカードGB…3
× ゲームボーイギャラリー3 ※スマブラ・ポケモン 両方買うとプレゼント! キャンペーンで配布された
× ポケモンピンボール

★ マリオゴルフGB…3
☆ ポケットモンスター 金 ※9/22配信予定
☆ ポケットモンスター 銀 ※9/22配信予定
★ ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング…3
★ トレード&バトル カードヒーロー…3
★ ワリオランド3 不思議なオルゴール…3
★ バルーンファイトGB…3
× コロコロカービィ ※動きセンサー搭載ソフト
× とっとこハム太郎 ともだち大作戦でちゅ ※版権モノ
× ポケモンでパネポン
× 怪人ゾナー 版権モノ
★ マリオテニスGB…3
× モンスタータクティクス
× ポケットモンスター クリスタルバージョン
△ ドンキーコング2001 ※スーパーファミコン版の移植作
★ ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 ~時空の章~…3
★ ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 ~大地の章~…3
× とっとこハム太郎2 ハムちゃんず大集合でちゅ ※版権モノ
× モバイルゴルフ ※モバイルアダプタGB対応

★ Kid Icarus: Of Myths and Monsters…3 ※日本では未発売のソフト
× スーパーマリオブラザーズデラックス ※日本では書き換え専用のソフト ※ニンテンドーネットワークID 登録感謝キャンペーンで配布された


 この4年間の間での話題と言えば、何といっても『ポケットモンスター』シリーズのバーチャルコンソール配信が開始されたことです。4年前には「出ないでしょう」なんて言っていたのですが、「任天堂IPに触れる人を増やす施策」としてソフトが内蔵された2DSも発売されましたし、クラシックミニに似た展開だったと言えます。

 その他では主なソフトは軒並み配信済だと思うのですが、『テトリス』や『ヨッシーのクッキー』といった旧BPS案件は権利の問題で配信終了になったり配信できなかったりが目立ちますね。『テトリス』はまぁ、現在でもやろうと思えば色んな機種で出来るんですが、『ヨッシーのクッキー』は現行機種では遊べないので配信終了の心配がないクラシックミニなどで収録して欲しいところです。
 



【バーチャルボーイ】
× ギャラクティックピンボール
× テレロボクサー
× マリオズテニス
× マリオクラッシュ
× バーチャルボーイワリオランド アワゾンの秘宝



 一応リストにしておきました……(笑)
 私はバーチャルボーイが世に出来たときから「立体視」が出来なかったので差が分からないんですけど、バーチャルボーイのソフトって3DSだと再現できないもんなんですかね?3DSのバーチャルコンソールで出てくるのかなと思っていましたが、流石にもう可能性は低そうですね。

 『マリオクラッシュ』や『ワリオランド』は言うまでもなく現役の「任天堂IP」のソフトと言えるので、「シリーズ全作やっているのにコレだけやったことがない!」みたいな人もいそうですし、配信されたら配信されたで喜ぶ人も多そうですが……私は視力の問題で「立体視」が出来ないのでどっちでもイイです(笑)。



【スーパーファミコン】
★ スーパーマリオワールド…WnU、ク
★ F-ZERO…WnU、ク
★ パイロットウイングス…WnU
○ シムシティ…W
★ ゼルダの伝説 神々のトライフォース…WnU、ク
× マリオペイント ※マウス専用
★ スーパーマリオカート…WnU、ク
☆ スターフォックス…ク ※スーパーFXチップ使用
× スーパースコープ6 ※スーパースコープ専用
× スペースバズーカ ※スーパースコープ専用
× ヨッシーのクッキー
× ヨッシーのロードハンティング ※スーパースコープ専用
× スーパーマリオコレクション ※Wiiディスク版が出ている
× マリオとワリオ ※マウス専用

★ ファイアーエムブレム 紋章の謎…WnU、ク
★ スーパーメトロイド…WnU、ク
× ワイルドトラックス ※スーパーFXチップ使用
★ MOTHER2 ギーグの逆襲…nU
★ カービィボウル…WnU
★ スーパードンキーコング…Wn、ク
☆ スーパーマリオ ヨッシーアイランド…ク ※スーパーFXチップ使用
★ マリオのスーパーピクロス…WnU
★ パネルでポン…WnU、ク
★ スーパードンキーコング2 ディディー&ディクシー…WnU
★ スーパーマリオRPG…WU、ク
★ 星のカービィ スーパーデラックス…WU、ク
★ ファイアーエムブレム 聖戦の系譜…WnU
★ マーヴェラス~もう一つの宝島~…U
★ スーパードンキーコング3 謎のクレミス島…Wn
× 糸井重里のバス釣りNo.1 ※版権モノ?
★ 星のカービィ3…WU
★ 平成 新・鬼ヶ島…W()、U(
★ レッキングクルー'98…U
★ カービィのきらきらきっず…WnU
★ スーパーパンチアウト…WnU
★ ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女…WU
★ スーパーファミコンウォーズ…WnU
× ドクターマリオ
× Zooっと麻雀!

★ すってはっくん…WU
× ダービースタリオン98 ※版権モノ?
× POWERロードランナー
× POWER倉庫番
× ピクロスNP Vol.1
× ピクロスNP Vol.2

★ ファミコン文庫 はじまりの森…WU
× ピクロスNP Vol.3
★ ファイアーエムブレム トラキア776…WnU
× ピクロスNP Vol.4
× ピクロスNP Vol.5
× ピクロスNP Vol.6
× ピクロスNP Vol.7
× ピクロスNP Vol.8

★ メタルスレイダーグローリー ディレクターズカット…U

☆ スターフォックス2…ク ※ 未発売ソフト、スーパーFX2チップ使用


 スーパーファミコン用のトピックスと言えば、何といっても『ヨッシーアイランド』『スターフォックス』『スターフォックス2』といった「これまでバーチャルコンソール化が絶望的だと思われていたソフト」がニンテンドークラシックミニに収録されるということです。こう見ると『ワイルドトラックス』が可哀想だ!(笑)

 その他では、『MOTHER2』や『マーヴェラス』、『メタルスレイダーグローリー』なども既にバーチャルコンソール化されていて、バーチャルコンソール化が切望されるソフトももうあまりなさそうですね。
 ファミコンで『ダックハント』なんかが配信されたのだから、スーパースコープ用のソフトやマウス専用のソフトも配信されたら嬉しいんですけど……流石にそれは難しいかな。ファミコンの光線銃は海外では本体同梱されたりで、日本での認識以上に有名だって話なんですよね(だから、『スマブラ』にも参戦している)。

 個人的には、サテラビューを持っていなかったんで、インターネットを使ってサテラビューのソフトの復刻配信なんかをやってくれたら嬉しいんですけど……スーパースコープやマウス以上に難しそう(笑)。「ファミコン探偵倶楽部」シリーズ、サテラビューの3作目だけやっていないんですよねぇ……



【NINTENDO64】
★ スーパーマリオ64…WU
× パイロットウイングス64
★ ウェーブレース64…WU
★ マリオカート64…WU
× ブラストドーザー ※レア社開発、コントローラパック前提?
★ スターフォックス64…WU
× スター・ウォーズ 帝国の影 ※版権モノ
× ゴールデンアイ 007 ※版権モノ、レア社開発
× ディディーコングレーシング ※レア社開発

★ ヨッシーストーリー…WU
★ テン・エイティ スノーボーディング…WU
★ F-ZERO X…WU
× ポケモンスタジアム ※ゲームボーイとの連動作品
★ ゼルダの伝説 時のオカリナ…WU
× マリオのふぉとぴー
× バンジョーとカズーイの大冒険 ※レア社開発
× ピカチュウげんきでちゅう ※マイク必須
× F-1 World Grand Prix ※版権モノ
× マリオパーティ

○ ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ…W
★ ポケモンスナップ…WU
× ポケモンスタジアム2 ※ゲームボーイとの連動作品
★ マリオゴルフ64…WU
★ オウガバトル64…WU
× スター・ウォーズ エピソード1 レーサー ※版権モノ
× スター・ウォーズ 出撃!ローグ中隊 ※版権モノ
× スターツインズ ※レア社開発
× カスタムロボ

★ ドンキーコング64…U
× 巨人のドシン1 ※64DDソフト
× マリオアーティスト ペイントスタジオ ※64DDソフト

★ マリオパーティ2…WU
× シムシティー64 ※64DDソフト
× ランドネットディスク ※64DDソフト
× マリオアーティスト タレントスタジオ ※64DDソフト

★ 星のカービィ64…WU
× 糸井重里のバス釣りNo.1 決定版! ※版権モノ?
★ ゼルダの伝説 ムジュラの仮面…WU
× 巨人のドシン 解放戦線チビッコチッコ大集合 ※64DDソフト
★ エキサイトバイク64…U
× マリオアーティスト コミュニケーションキット ※64DDソフト
★ マリオテニス64…WU
★ マリオストーリー…WU
× マリオアーティスト ポリゴンスタジオ ※64DDソフト
× 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!
× パーフェクトダーク ※レア社開発

★ カスタムロボV2…WU
★ 罪と罰 ~地球の継承者~…WU
× バンジョーとカズーイの大冒険2 ※レア社開発
× マリオパーティ3
× ポケモンスタジアム金銀 ※ゲームボーイとの連動作品
× ミッキーのレーシングチャレンジUSA ※版権モノ
× どうぶつの森



 権利関係の問題で、『ドンキーコング』シリーズ以外のレア社開発のソフトはバーチャルコンソール化されていません。『バンジョーとカズーイ』なんかは期待している人も多そうですが、Xbox360でリメイク作品が出ていますので……

 『カスタムロボ』や『マリオパーティ』なんかはシリーズの中で一作だけ選んで配信しているみたいなのですが、意外なのが『パイロットウィングス64』がまだ配信されていないことです。バーチャルコンソールなどの展開ではスーファミ版はかなり優遇されていると思うのに、64版は何故か一度もバーチャルコンソール化されていないんですね。一応、当時の全世界規模ではミリオンセラータイトルなのに。何か権利的な問題でもあるのかしら。

 その他では、チュンソフト開発の『シレン2』は期待している人が多そうですね。
 『シレン』は1作目もWii Uのバーチャルコンソールでは配信されておらず、「まるごとバックアップ」のある機種には配信しないのかなと思うのですけど……どういう形にしろバーチャルコンソールで復活して欲しいタイトルですねぇ。「任天堂IP」とは言えませんけど、クラシックミニなどで「初めて触れる」ことでシリーズが復活できるかも知れませんし。




【ゲームボーイアドバンス】
 ※ 「ア」はニンテンドー3DS アンバサダー・プログラムで配布されたソフトです。

★ F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE…ア、U
★ くるくるくるりん…U
★ スーパーマリオアドバンス…U
★ ナポレオン…U
× タクティクスオウガ外伝 The Knight of Lodis ※今版権持っているのスクエニだろうけど
★ マリオカートアドバンス…ア、U
★ 黄金の太陽 開かれし封印…U
★ ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝…ア、U
× どこでも対局 役満アドバンス ※任天堂は麻雀ソフトをVCには出していないので
★ マジカルバケーション…U
★ スーパーマリオアドバンス2…U
★ トマトアドベンチャー…U
× どーもくんの不思議てれび ※版権モノ
× コロコロパズル ハッピィパネッチュ! ※動きセンサー搭載ソフト
★ ファイアーエムブレム 封印の剣…U
× とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ ※版権モノ
★ 黄金の太陽 失われし時代…U
× さくらももこのウキウキカーニバル ※これは版権モノか?
× カスタムロボGX
× ミッキーとミニーのマジカルクエスト ※版権モノ

★ 伝説のスタフィー…U
★ スーパーマリオアドバンス3…ア、U
★ 星のカービィ 夢の泉デラックス…U
× ポケットモンスター サファイア
× ポケットモンスター ルビー

★ くるりんパラダイス…U
★ メトロイドフュージョン…ア、U
△ ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣
※『神トラ』はスーファミの移植で、『4つの剣』はDSiウェアで出ていた

★ メイド イン ワリオ…ア、U
★ ファイアーエムブレム 烈火の剣…U
× とっとこハム太郎4 にじいろ大行進でちゅ ※版権モノ
△ MOTHER1+2 ※ファミコン版とスーファミ版の移植
★ スーパーマリオアドバンス4…U
★ ポケモンピンボール ルビー&サファイア…U
★ 伝説のスタフィー2…U
× オリエンタルブルー 青の天外 ※『天外魔境』シリーズの外伝
★ マリオ&ルイージRPG…U
★ F-ZERO ファルコン伝説…U
△ スーパードンキーコング ※スーパーファミコン版の移植
× ポケットモンスター ファイアレッド
× ポケットモンスター リーフグリーン

★ 星のカービィ 鏡の大迷宮…ア、U
★ マリオゴルフ GBAツアー…U
★ メトロイド ゼロミッション…U
★ マリオvs.ドンキーコング…ア、U
× スーパードンキーコング2 ※レア社開発
× とっとこハム太郎 ハムハムスポーツ ※版権モノ

★ 伝説のスタフィー3…U
★ スーパーマリオボール…U
× ポケットモンスター エメラルド
★ ファイアーエムブレム 聖魔の光石…ア、
× まわるメイド イン ワリオ ※回転センサー搭載ソフト
★ F-ZERO CLIMAX…U
★ ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし…ア、U
★ ゲームボーイウォーズアドバンス1+2…U
× ヨッシーの万有引力 ※傾きセンサー搭載ソフト
★ マリオパーティ アドバンス…U
★ 千年家族…U
× ザ・タワーSP
★ ぶらぶらドンキー…
× のののパズルちゃいリアン
△ ドクターマリオ&パネルでポン ※他機種でも出ているので……
★ マリオテニスアドバンス…U
★ スクリューブレイカー 轟振どりるれろ…U
★ 通勤ヒトフデ…U
★ ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊…U
△ スーパードンキーコング3 ※スーパーファミコン版のリメイク
× アイシールド21 DEVILBATS DEVILDAYS ※版権モノ
★ MOTHER3…U
× サッカーチーム育成シミュレーション カルチョビット
× bit Generations DIAL HEX
× bit Generations dotstream
× bit Generations BOUNDISH
× bit Generations ORBITAL
× bit Generations COLORIS
× bit Generations Soundvoyager
× bit Generations DIGIDRIVE
× リズム天国


★ ゲームボーイギャラリー4…U ※日本では未発売のソフト


 『リズム天国』や『カルチョビット』はやはりバーチャルコンソール化は難しいんですかね。

 『ポケモン』シリーズ以外は実は結構バーチャルコンソール化されているゲームボーイアドバンス用ソフトなのですが、ゲームボーイの『コロコロカービィ』を含めた「動きセンサー搭載ソフト」「回転センサー搭載ソフト」「傾きセンサー搭載ソフト」は現在のジャイロセンサーに対応して復活してくれないかなぁと思っています。光線銃シリーズがWiiリモコンで復活したんだから、これだって可能性がないワケではないと思うんですけどねぇ。

 そう言えば、先日の株主総会で「アンバサで配ったゲームボーイアドバンスのソフトは販売しないのか?」という質問がありましたが、アンバサのソフトはすべてWii Uで配信されていますね。




【ゲームキューブ】
× ウェーブレース ブルーストーム
× ルイージマンション

△ ピクミン ※ Wiiリメイク版がWii Uダウンロード版で配信
× 大乱闘スマッシュブラザーズDX
× どうぶつの森+
× 動物番長
× 巨人のドシン
× NBAコートサイド2002
× スーパーマリオサンシャイン
× ミッキーマウスの不思議な鏡
× スターフォックスアドベンチャー
× エターナルダークネス ~招かれた13人~
× マリオパーティ4
× ゼルダの伝説 風のタクト ※Wii Uでリメイク作品が発売
× ニンテンドーパズルコレクション
× メトロイドプライム ※Wiiでリメイク作品が発売
× GiFTPiA
× どうぶつの森e+
× カービィのエアライド
× F-ZERO GX
× ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル
× マリオゴルフ ファミリーツアー
× あつまれ!!メイドインワリオ
× マリオカート ダブルダッシュ!!
× マリオパーティ5
× ドンキーコンガ
× テン・エイティ シルバーストーム
× カスタムロボ バトルレボリューション
× ゼルダの伝説 4つの剣+

△ ピクミン2 ※ Wiiリメイク版がWii Uダウンロード版で配信
× ワリオワールド
× ドンキーコンガ2 ヒットソングパレード
× ペーパーマリオRPG
× くるりんスカッシュ!
× マリオテニスGC ※ Wiiでリメイク作品が発売
× マリオパーティ6

△ ドンキーコングジャングルビート ※ Wiiリメイク版がWii Uダウンロード版で配信
× スターフォックス アサルト
× ドンキーコンガ3 食べ放題!春もぎたて50曲
× ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
× メトロイドプライム2 ダークエコーズ ※ Wiiでリメイク作品が発売
× ちびロボ! ※Wiiでリメイク作品が発売
× Dance Dance Revolution with MARIO
× スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール
× 突撃!!ファミコンウォーズ
× マリオパーティ7
× 伝説のクイズ王決定戦
× スーパーマリオストライカーズ
× バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子
× 大玉
× ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス ※Wii Uでリメイク作品が発売



 Nintendo Switchがまだ「NX(仮)」と呼ばれていた頃、「ゲームキューブソフトのバーチャルコンソールが始まるのでは?」という予想がチラホラ聞こえていました。実際にはゲームキューブソフトのバーチャルコンソールどころかバーチャルコンソールそのものが始まっていないという……
 ゲームキューブはシェア争いという観点で見ると負けハードと言わざるを得ないのですが、「任天堂IP」としての位置づけを見ると『マリオ』も『スターフォックス』も『F-ZERO』も『どうぶつの森』も『カービィ』も『ドンキー』も『ワリオ』も『ファイアーエムブレム』もいたハードなんですよね。『ピクミン』『メトロイド』『ゼルダ』はリメイクなどでWii Uでも遊べますが、その他のシリーズもリメイクなどで復活させて欲しいとは思っちゃいますよね。

 『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』なんかは特に、Wiiの『暁の女神』とセットでどうにかして蘇らせて欲しいソフトではあります。アイクは『スマブラ』にも出てるし、『ファイアーエムブレムヒーローズ』にも出てくるシリーズですし。




【ニンテンドーDS】
★ さわるメイド イン ワリオ…U
★ スーパーマリオ64DS…U
× 大合奏!バンドブラザーズ
× 直感ヒトフデ
× ポケモンダッシュ

★ キャッチ!タッチ!ヨッシー!…U
× アナザーコード 2つの記憶
★ タッチ!カービィ…U
× 役満DS
× エレクトロプランクトン
× nintendogs 柴&フレンズ
× nintendogs ダックス&フレンズ
× nintendogs チワワ&フレンズ

★ 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング…U
× DS楽引辞典
★ ファミコンウォーズDS…U
★ やわらかあたま塾…U
× 押忍!闘え!応援団
× ジャンプスーパースターズ ※版権モノ
× スーパープリンセスピーチ
× ポケモントローゼ
× だれでもアソビ大全
× 大人のDSゴルフ
★ ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊…U
★ おいでよ どうぶつの森…U
× とっとこハム太郎 ナゾナゾQ 雲の上の?城 ※版権モノ
★ マリオカートDS…U
× 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング
★ マリオ&ルイージRPG2…U
× メトロイドプライム ピンボール
× 英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
× アイシールド21 MAX DEVILPOWER! ※版権モノ
× 瞬感パズループ

★ ポケモンレンジャー…U
× 漢字そのまま DS楽引辞典(任天堂)
× 伝説のスタフィー4(任天堂)
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ1 タイ
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ2 中国
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ3 韓国
× テトリスDS
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ4 アメリカ
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ5 ドイツ
× まわしてつなげる タッチパニック

★ New スーパーマリオブラザーズ…U
★ メトロイドプライム ハンターズ…U
× マジカルバケーション 5つの星がならぶとき
× プロジェクトハッカー 覚醒
× しゃべる!DSお料理ナビ
× ニンテンドーDSブラウザー(ニンテンドーDS用)
× ニンテンドーDSブラウザー(ニンテンドーDS Lite専用)

★ マリオバスケ 3on3…U
★ スターフォックス コマンド…U
× 超操縦メカ MG
× もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド
× Wi-Fi対応 役満DS
× ポケットモンスター ダイヤモンド
× ポケットモンスター パール
× 激闘! カスタムロボ
× 監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS

★ 星のカービィ 参上! ドロッチェ団…U
× マジック大全
× ジャンプアルティメットスターズ ※版権モノ
× 健康応援レシピ1000 DS献立全集
× タッチで楽しむ百人一首 DS時雨殿

★ 怪盗ワリオ・ザ・セブン…U
× ウィッシュルーム 天使の記憶
× ピクロスDS
× ジェットインパルス

★ ヨッシーアイランドDS…U
× 英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け
★ マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!…U
× Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全
× パネルでポンDS
× 燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2
× くりきん ナノアイランドストーリー
× 見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング
× 数陣タイセン

★ ゼルダの伝説 夢幻の砂時計…U
× 咲かせて!ちびロボ!
× がんばる私の家計ダイアリー
× スライドアドベンチャー マグキッド ※スライドコントローラ専用
× フェイスニングで表情豊かに印象アップ 大人のDS顔トレーニング ※フェイスニングスキャン専用

★ ドンキーコング ジャングルクライマー…U
× シータ
× ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊
× ポケモン不思議のダンジョン 闇の探検隊
× ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-
× タシテン たして10にする物語
× DS文学全集

★ マリオパーティDS…U
× 高速カードバトル カードヒーロー
× マリオ&ソニック AT 北京オリンピック
× ソーマブリンガー
× DS美文字トレーニング

★ ポケモンレンジャー バトナージ…U
× ぼくらはカセキホリダー
× ヘラクレスの栄光 魂の証明
× 大合奏!バンドブラザーズDX
× 伝説のスタフィー たいけつ!ダイール海賊団
× リズム天国ゴールド

★ ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣…U
× ポケットモンスター プラチナ
★ わがままファッション ガールズモード…U
× 歩いてわかる 生活リズムDS
× 星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
× 世界のごはん しゃべる!DS お料理ナビ
× DS占い生活
× マリオ&ルイージRPG3!!!

★ 立体ピクロス…U
★ ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊…U
× メイドイン俺
× トモダチコレクション
× おかえり!ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!
× いろづきチンクルの恋のバルーントリップ
× 日本経済新聞社監修 知らないままでは損をする「モノやお金のしくみ」DS
× ポケットモンスター ソウルシルバー
× ポケットモンスター ハートゴールド
× マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック

★ ゼルダの伝説 大地の汽笛…U
× ラストウィンドウ 真夜中の約束
× 大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション

★ ポケモンレンジャー 光の軌跡…U
× 絵心教室DS
× ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~
× ポケットモンスター ブラック
× ポケットモンスター ホワイト
× 黄金の太陽 漆黒なる夜明け
× スーパーカセキホリダー
× マリオvs.ドンキーコング 突撃!ミニランド
× えいごで旅する リトル・チャロ ※版権モノ
× バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS ※ニンテンドー ワイヤレスキーボード専用

★ あつめて!カービィ…U
× ポケモン+ノブナガの野望
× ポケットモンスター ブラック2
× ポケットモンスター ホワイト2


× ゲーム&ウオッチコレクション ※クラブニンテンドー特典
× ゲーム&ウオッチコレクション2 ※クラブニンテンドー特典
× チンクルのバルーンファイトDS ※クラブニンテンドー特典
× 絶叫戦士サケブレイン ※クラブニンテンドー特典



 ひょっとしたら、この記事を読んでいる人の中にも「ニンテンドーDSのソフトってバーチャルコンソールになっているの!?」と驚いた人もいるかも知れません。ほとんど話題になっているのを見かけませんし、私ですら「メトロイドプライム ハンターズとかスターフォックス コマンドとか、いつの間にバーチャルコンソールになっていたんだ!」と驚きました。

 んで、傾向として「どんなソフトがバーチャルコンソール化されているのか」を見ると、当時あれだけ隆盛を誇った“Touch!Generations”のソフトはほとんど選ばれていないのは言うまでもありませんが、「現役任天堂IPのソフト」がほとんどなのが分かってもらえるんじゃないでしょうか。
 マリオ、ゼルダ、ワリオ、カービィ、ヨッシー、ドンキー、どうぶつの森、メトロイド、スターフォックス、ファイアーエムブレム、ちょっとだけポケモン……ファミコンウォーズはちょっと微妙ですけど、どれも新作が作られたり作られそうだったりなソフトですよね。逆に、ゲームボーイアドバンス版はバーチャルコンソール化されている『スタフィー』なんかは選ばれていませんし、『チンクル』や『カスタムロボ』も選ばれていません。

 そう考えると、選ばれている『ガールズモード』は新作が仕込まれているのか?


 個人的には、そういう有名シリーズよりも単発で終わってしまったような作品こそバーチャルコンソールで再販売することで注目させてほしいんですけどね。『ソーマブリンガー』とか、『数陣タイセン』とか、『プロジェクトハッカー 覚醒』とか。CiNGのアドベンチャー3作なんかも、配信は難しいんですかねぇ。




【ニンテンドーDSiウェア】
× ニンテンドーDSiブラウザー
× うごくメモ帳
× 鳥とマメ
× 紙ヒコーキ
× ちょっとマジック大全 3つのシャッフルゲーム
× ちょっとマジック大全 ファニーフェイス
× ちょっとマジック大全 恐ろしい数字
× Art Styleシリーズ: AQUARIO
× Art Styleシリーズ: DECODE

△ ちょっとDr.MARIO ※ 色んな機種で出ていると言えば出ている…
× うつすメイド イン ワリオ
× ちょっとアソビ大全 おてがるトランプ
× 東北大学加齢医学研究所川島隆太教授監修 ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 文系編
× 東北大学加齢医学研究所川島隆太教授監修 ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 理系編
× ニンテンドーDSi時計 フォトスタンドタイプ
× ソリティアDSi 任天堂
× ほぼ日路線図 2009
× Art Styleシリーズ: PiCOPiCT
× Styleシリーズ: SOMNIUM
× ちょっとパネルでポン
× ちょっと数陣タイセン
× ちょっとアソビ大全 じっくりトランプ
× ニンテンドーDSi電卓 ファミコンマリオタイプ
× ニンテンドーDSi電卓 どうぶつの森タイプ
× Art Styleシリーズ: nalaku 任天堂
× Art Styleシリーズ: HACOLIFE
× ちょっとアソビ大全 おなじみテーブル
× ちょっとDS文学全集 世界の文学20
× 井出洋介の健康麻将DSi
× ニンテンドーDSi時計 ファミコンマリオタイプ
× ニンテンドーDSi時計 どうぶつの森タイプ
× ちょっとマジック大全 スキ・キライ発見器
× がんばる私のおさいふ応援団
× 囲んで消して ワクグミの時間
× くるくるアクション くるパチ6
× フォトスタンド付き バンブラDXラジオ
× ちょっとマジック大全 デート占い
× あつめる笑顔帳
× いつでもプリクラ☆キラデコプレミアム
× 東北大学加齢医学研究所川島隆太教授監修 ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 数独編
× どこでも Wiiの間
× ちょっとマジック大全 念写カメラ
× パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.1
× ポケットるるぶ東京
× ポケットるるぶ京都
× リズムで鍛える 新しいえいご漬け やさしい会話編
× できすぎチンクルパック
× リズムで鍛える 新しいえいご漬け ネイティブ会話編
× パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.2
× エレクトロプランクトン トレーピー
× エレクトロプランクトン ハネンボン
× エレクトロプランクトン ナノカープ
× エレクトロプランクトン ツリガネムシ
× ゲーム&ウオッチ ボール
× ゲーム&ウオッチ フラッグマン
× ゲーム&ウオッチ バーミン
× ゲーム&ウオッチ ジャッジ
× エレクトロプランクトン レックレック
× エレクトロプランクトン ヒカリノワ
× ゲーム&ウオッチ ヘルメット
× ゲーム&ウオッチ シェフ
× パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.3
× ポケットるるぶ北海道
× ポケットるるぶ沖縄
× カードヒーロー スピードバトルカスタム
× エレクトロプランクトン ルミナリアン
× エレクトロプランクトン タイヨウチョウ
× ゲーム&ウオッチ ドンキーコングJR.
× ゲーム&ウオッチ マリオズセメントファクトリー
× ゲーム&ウオッチ マンホール
× エレクトロプランクトン マリンスノー
× エレクトロプランクトン ボルボイス
× ニンテンドーDSiメトロノーム
× ニンテンドーDSi楽器チューナー
× あぁ無情 刹那
× 懸賞付 パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.4
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ1 すっきり小顔コース
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ2 ステキな笑顔コース
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ3 若々しい顔コース
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ4 目と口の健康コース
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ5 顔のリフレッシュコース
× あそべる絵本 マインド テン
× 懸賞付 パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.5
× 睡眠記録 めざまし時計
× カメラもつかえる 日英仏独西伊まとめて単語翻訳辞典
× マリオvs.ドンキーコング ミニミニ再行進!
× ポケットるるぶ大阪 任天堂 123ブロック
× ポケットるるぶ横浜鎌倉
× 懸賞付 パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.6
× Art Styleシリーズ: DIGIDRIVE
× パネル連結 3分ロケット
× わりと本格的 絵心教室 前期
× わりと本格的 絵心教室 後期
× 明鏡国語楽引辞典 任天堂
× あと何日? かぞえる ニンテンドーDSiカレンダー
× 回転イラストパズル ぐるぐるロジック
× かっぱ道
× 写真で格闘!フォトファイターX
× ポケットるるぶ神戸
× ポケットるるぶ名古屋
× ジーニアスパーソナル 英和楽引辞典
× ジーニアスパーソナル 和英楽引辞典
× リフレクトミサイル
× 燃やすパズル フレイムテイル
× ほぼ日路線図 2010 全国7エリア+新幹線マップ
× スターシップディフェンダー
× ポケットるるぶ箱根伊豆
× ポケットるるぶ信州
× 立体かくし絵 アッタコレダ
× 書いて覚える 英単語帳
× 書いて覚える 写真単語帳
× DSココロぬりえ
× ほぼ日の健康手帳
× つくってうたう さるバンド
× X-RETURNS
× カメラであそぶ 顔グライダー
× タッチで覚える百人一首 ちょっとDSi時雨殿
× スカイジャンパー ソル
× じぶんでつくる ニンテンドーDS ガイド
× ニンテンドー3DSへの引っ越し
× ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション

× 任天童子 ※クラブニンテンドー特典
× ファミコンウォーズDS 失われた光 ※クラブニンテンドー特典



 地獄のような時間だったぜ……(リストアップの手間という意味で)

 今このラインナップを見返すと「任天堂どうしたの?」と思われるかも知れませんが、ニンテンドーDSiの発売は2008年11月、iPhoneの日本上陸が2008年7月だということを踏まえると理由も分かってもらえるんじゃないでしょうか。

 ニンテンドーDSは当時世界中で大ヒットしている商品でしたから、普及台数から言えばスマホよりも上だったんですね。
 そのブランド力を活かして「スマホで出来ることはウチでも出来ますよ」と、実用的なアプリを次々と出していったのです。2017年の今そのラインナップを見ると「こんなのスマホでやればイイじゃん」と思われるかも知れませんが、2008年の段階ではまだ「スマホではなくDSiが天下を獲る未来」も十分にありえたんです。

 まぁ、そういう実用アプリを今バーチャルコンソールで出されても困りますが(笑)。
 実用アプリではないゲームに注目するとニンテンドーDSiウェアは数百円で遊べる傑作ぞろいの市場だったので、どうにかして次世代に引き継いでもらいたいなーと思っています。


【Wii】
※ 正確にはバーチャルコンソールではなく、Wii UのWii互換機能を使ったダウンロード販売なだけでバーチャルコンソールの機能は使えません。

× Wii Sports
★ おどるメイド イン ワリオ…U
× ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス ※Wii Uでリメイク作品が発売
× はじめてのWii
× ポケモンバトルレボリューション
× エキサイト トラック
× ファイアーエムブレム 暁の女神
× アイシールド21 フィールド最強の戦士たち ※ 版権モノ

★ スーパーペーパーマリオ…U
× Wiiでやわらかあたま塾
× ドンキーコング たるジェットレース
× マリオパーティ8
× FOREVER BLUE

★ マリオストライカーズ チャージド…U
★ スーパーマリオギャラクシー…U
× マリオ&ソニック AT 北京オリンピック
× Wii Fit
× 大乱闘スマッシュブラザーズX
× みんなの常識力テレビ
× メトロイドプライム3 コラプション
× マリオカートWii
× リンクのボウガントレーニング
× 突撃!!ファミコンウォーズVS

★ スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール…U
★ ワリオランドシェイク…U
× 零 月蝕の仮面
× キャプテン★レインボー
× DISASTER DAY OF CRISIS
× Wii Music
× 街へいこうよ どうぶつの森

★ Wiiであそぶ ドンキーコングジャングルビート…U
★ Wiiであそぶ ピクミン…U
× Wiiであそぶ マリオテニスGC
× アナザーコード: R 記憶の扉
× Wiiであそぶ メトロイドプライム

★ Wiiであそぶ ピクミン2…U
× タクトオブマジック
× Wiiであそぶ ちびロボ!
× Wiiであそぶ メトロイドプライム2 ダークエコーズ
× Wii Sports Resort

★ パンチアウト!!…U
× FOREVER BLUE 海の呼び声
× Wii Fit Plus

★ 罪と罰 宇宙の後継者…U
× マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック
★ New スーパーマリオブラザーズ Wii…U
★ ポケパークWii ~ピカチュウの大冒険~…U
× NHK紅白クイズ合戦
★ 斬撃のREGINLEIV…U
× 安藤ケンサク
★ スーパーマリオギャラクシー2…U
★ ゼノブレイド…U
× Wii Party
★ メトロイド アザーエム…U
★ 毛糸のカービィ…U
× スーパーマリオコレクション スペシャルパック
× たたいて弾む スーパースマッシュボール・プラス

★ MARIO SPORTS MIX…U
★ ドンキーコング リターンズ…U
× ラストストーリー
★ パンドラの塔 君のもとへ帰るまで…U
× ゴールデンアイ 007
× Wiiリモコンプラス バラエティパック

★ みんなのリズム天国…U
× ディズニー エピックミッキー ~ミッキーマウスと魔法の筆~
× JUST DANCE Wii

★ 星のカービィ Wii…U
× ポケパーク2 ~Beyond the World~
★ ゼルダの伝説 スカイウォードソード…U
× マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック
★ キキトリック…U
× マリオパーティ9
★ 零 眞紅の蝶…U
× 星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
× JUST DANCE Wii 2


★ エキサイト猛マシン…U


 Wii Uの「Wii互換機能」を使って遊ぶダウンロード版ですから、厳密にはバーチャルコンソールではありません。最近唐突に配信が始まったことで「Wii UじゃなくてNintendoSwitchで出せよ!」と言う人もいたんですけど、Wii Uは「Wii互換機能」があるから比較的簡単に出せるのに対して、NintendoSwitchだとリモコン操作からジョイコン操作に変える調整など“リメイク”が必要なんで同じようにはいかないと思います。

 こちらもラインナップを見てもらえれば分かりやすいですが、「現役任天堂IPのソフト」が中心ですね。『マリオカートWii』や『リンクのボウガントレーニング』が入っていないのは、コントローラに装着するタイプの周辺機器とセットで販売していたからですかね。
 残っている「現役任天堂IPのソフト」と言えば、『メトロイドプライム』シリーズは恐らく3DS版『メトロイド』の発売時期に合わせて展開されるのだと思いますし……『ポケパーク2』もその内に出そう。『Wiiであそぶ マリオテニスGC』も来そうかな、Wiiであそぶ マリオテニスGC(Wii Uダウンロード版)。『ファイアーエムブレム 暁の女神』はストーリーがつながっている前作が配信されていないからどうなるか……

 個人的には、『DISASTER DAY OF CRISIS』がニンテンドークリエイターズプログラム対象なので、配信されたら是非実況プレイで挑戦してみたいのですけど……配信されませんかねぇ。
 あと、『Wiiリモコンプラス バラエティパック』のゲームは複数のデベロッパーが競作という形で参加しているミニゲーム集なので当時気になっていたのだけど、もうリモコン買わなくてイイやという時期だからスルーしたんでした。安価にダウンロード販売してくれないかなぁ。



【Wiiウェア】
× Dr.MARIO & 細菌撲滅
× みんなのポケモン牧場
× みんなでパズループ
× 役満Wii 井出洋介の健康麻将
× 通信対局 早指将棋三段
× 通信対局 囲碁道場2700問
× 通信対局 ワールドチェス
× カタチのゲーム まるぼうしかく
× あそべる絵本 とびだスゴロク!
× きみとぼくと立体。

△ グーの惑星 ※フライハイワークスからNintendoSwitch版が発売されている
× あそぶメイドイン俺
× Art Style CUBELEO
× Art Style ORBITAL
× Art Style DIALHEX
× 乱戦!ポケモンスクランブル
× ポケモン不思議のダンジョン すすめ!炎の冒険団
× ポケモン不思議のダンジョン いくぞ!嵐の冒険団
× ポケモン不思議のダンジョン めざせ!光の冒険団
× ロックンロールクライマー
× 530エコシューター
× エキサイトバイク ワールドレース
× アクアリビング ~テレビでながめる魚たち~
× 盆栽バーバー
× ラインアタックヒーローズ
× すりぬけアナトウス
× ペンギン生活
× Art Styleシリーズ:Lightstream
× Art Styleシリーズ:PENTA TENTACLES

× Wiiでウルトラハンド ※クラブニンテンドー特典



 実用アプリも同じカテゴリで基本的に有料で販売していたDSiウェアとちがい、Wiiの場合は「実用ソフトはWiiチャンネル」「ゲームはWiiウェア」とカテゴリーを分けてくれていたので助かりました。Wiiチャンネルは……リスト化しなくてもイイですよね?再配信される可能性は限りなくゼロに近いですし。

 Wiiウェアが始まる前、どうしてこういうサービスを始めるのかの理由を当時の社長の岩田さんは「アイディア勝負の完全新作ソフト」が売れる土壌を作りたい―――と語っていました。なので、Wiiウェアって(ポケモンを除けば)任天堂IPのソフトが『Dr.マリオ』と『エキサイトバイク』くらいしか出ていないんですね。後はインターネット対戦対応のテーブルゲームか、完全新作ソフトか。

 Wiiが成し得なかった“革命”~その1.アイディア勝負のWiiウェア

 そういう理由でラインナップを見ても地味に見えるかも知れませんが、『きみとぼくと立体。』とか『あそべる絵本 とびだスゴロク!』とか、Nintendo Switchの「おすそ分けプレイ」に対応したら化けそうなソフトも結構あるんですよね。


ニンテンドープリペイド番号 5000円 [オンラインコード]ニンテンドープリペイド番号 5000円 [オンラインコード]

任天堂 2015-04-17
売り上げランキング : 42

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 リストは以上です。
 3DSやWii Uのソフトのリストはまだ作らなくてもイイですよね……?もうクッタクタなんで、これ以上続けたら死んでしまいます。


 次にリストを作るかも知れない4年後に向けたポイントを書いておくと……

・Nintendo Switchでバーチャルコンソールは始まらないのか?
・ニンテンドークラシックミニは第何弾まで出るのか?
・3DSの後継機(Nintendo Switchとは別のやつ)は出ているのか?
・Wii&Wii Uのダウンロード販売はまだ続いているのか?


 Wii Uもゲームキューブ同様シェア争いという視点で言えば「負けハード」なのは間違いないんですけど、Wii互換機能でWiiソフトはもちろんWii用バーチャルコンソールで販売されていたソフトが買って遊べるし、当然のことながらWii UソフトもWii U用バーチャルコンソールで販売されていたソフトも買って遊べるし……ソフトの数はむっちゃ多いんですよね。

 ただし、「ダウンロード販売のサービスが続いている限りは」って話ですが……
 Nintendo Switchでバーチャルコンソールが始まらない上に、WiiやWii Uのラインナップをそのまま持ってこられることもなさそうなことを考えると、なるべく長くWii&Wii Uのダウンロード販売のサービスが続いてほしいなぁと思います。これはPSのゲームアーカイブスもそうなんですけどね。「昔のゲームをいつでも買って遊べるサービス」が終わってしまったら、一つの文化が終わってしまうくらいの損失だと思うんですよ。


 あとは、ニンテンドークラシックミニがどうなっているのか。
 第1弾のファミコンが大ヒットして、第2弾のスーファミも反響は大きかったけれど、第3弾で素直に64に行くのか、もしくはまたファミコンを再販するのか(収録ソフトを変えた第3弾というのもありそう)、はたまたゲームボーイに行くのか、いっそのことゲーム&ウォッチに、いやいやアーケード時代の任天堂のソフトを集めるとか、もういっそのこと花札を売ろう!


任天堂 花札 都の花 黒任天堂 花札 都の花 黒

任天堂
売り上げランキング : 2039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:54 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニンテンドークラシックミニから読み取るバーチャルコンソールの今後

 任天堂は昨年の11月に発売した『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』(現在は一旦生産終了しています)に引き続いて、今年の10月に『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』を発売すると発表しました。

 ファミコンに続いて、スーパーファミコンが小さくなって再登場!

 この記事では『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』を「ミニファミコン」、『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』を「ミニスーファミ」と略させていただきます。ミニスーファミの収録作品は以下の21本です。

・『スーパーマリオワールド』
・『スーパーマリオカート』
・『スーパーマリオRPG』
・『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』
・『スーパーメトロイド』
・『星のカービィ スーパーデラックス』
・『スーパードンキーコング』
・『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』
・『F-ZERO』
・『スターフォックス』
・『スターフォックス2』
・『ファイアーエムブレム 紋章の謎』
・『パネルでポン』
・『ファイナルファンタジーVI』
・『聖剣伝説2』
・『超魔界村』
・『スーパーストリートファイターII』
・『ロックマンX』
・『魂斗羅スピリッツ』
・『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』
・『スーパーフォーメーションサッカー』


 ちなみに海外版だと『ファイアーエムブレム 紋章の謎』『パネルでポン』『スーパーストリートファイターII』『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』『スーパーフォーメーションサッカー』が収録されておらず、代わりに『カービィボウル』『MOTHER2 ギーグの逆襲』『スーパーパンチアウト!!』『ストリートファイターIIターボ』『悪魔城ドラキュラ』が収録されています。

 日本でしか発売されていない(海外向けにローカライズされていない)『紋章の謎』や、日本ではそんなにだけど海外では人気な『パンチアウト』などは分かるのだけど、それ以外は「なんであっちのが収録されていないんだ!」と揉めそうなラインナップですね。『ストII』のバージョンが違うのは何故なんでしょう?日本でのみキャミィの尻が人気だとか?



 さて、私は昨年の10月にこんな記事を書いていました。

 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が出た場合のラインナップを予想する!

 ミニファミコンが発表された段階で、スーパーファミコン版が出たらこんなカンジかなと予想した記事を書いていました。結論から言うとその予想はあまり当たっていなかったのですが、「外した部分」にこそ任天堂の狙いが見えるものなので、今日の記事はその「答え合わせ」と「そこから見える今後の予想」を語ろうと思います。



◇ ミニファミコンとミニスーファミの、戦略的な違い

 私の予想が当たらなかった根本的な理由なのですが……
 私は ミニファミコンと同じように「30タイトル」が収録されると想定してラインナップを選んでいました。ですが、実際のミニスーファミに収録されている作品は「21作品」です。作品数が違うのだから、当然ピタリと的中するワケがありませんよね。


 しかし、その「外した部分」にこそ鍵があるもので……
  ミニファミコンは30タイトル収録で、定価が5980円(税別)だったんですね。
 一方のミニスーファミは21タイトル収録で、定価が7980円(税別)です。


 収録タイトル数は減って、定価は上がっているのです。

 もちろんバーチャルコンソールで発売されているソフトであっても、ファミコンのソフトは大体500円でスーファミのソフトは大体800~900円ですから、スーファミのソフトの方が単価が高いのはおかしくはないのですが。
 ミニファミコンの1タイトルあたりの価格を計算してみると、5980/30=199.33333円。
 ミニスーファミの1タイトルあたりの価格を計算してみると、7980/21=380円。

 1タイトルあたりの価格が倍近くになっているのです。


 「何だよ、それじゃー今回はあまり売れないんじゃない?」と思われるかも知れませんが、逆に言えば「1タイトルあたりの価格を倍近くにしても売れる商品にする」ラインナップにしてきたとも言えます。それが“バーチャルコンソールでは販売していないソフト”達です。

 ミニファミコンの30タイトルは全て「Wiiや3DSやWii Uのバーチャルコンソールで配信済」のソフトでした。定番ソフトほど既にバーチャルコンソールに出ているものですし、恐らくですが移植にもそれほど手間がかからなかったんじゃないかと思います。
 だから、私はミニスーファミの収録タイトルも「バーチャルコンソールで配信済」のソフトばかりになるだろうと予想していたのですが……実際には『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』『スターフォックス』『スターフォックス2』『スーパーフォーメーションサッカー』という“バーチャルコンソールでは販売していないソフト”が収録されるそうです。

 その内、『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』『スターフォックス』『スターフォックス2』はROMカセットに特殊チップを搭載していた関係で、ダウンロード販売のバーチャルコンソールでは今まで出せなかったのですが、今回はその問題を解決させての収録になったそうです(ファミ通のインタビューによると特殊チップをそのまま搭載しているワケではないそうです。)
 しかも、『スターフォックス2』は当時スーパーファミコンでは発売されなかった幻のソフトです(※1)。「完成していたんかい!」というのもビックリなのですが、それを移植するというのは「既にバーチャルコンソールで出ているソフトの移植」よりも手間がかかりそうですから、定価も上がってしまいます。

(※1:詳しくは、3DS版『スターフォックス64 3D』の社長が訊くをお読みください。ちなみにここで宮本さんに「え?スターフォックス2知らんの?」と言われている天野さんが、後にディレクターとして『Splatoon』を作る人です)



 つまりですね。
 ミニファミコンは「安価なファンアイテム」として企画されたと思うんですね。宮本さんのインタビューを読むと、「フランスの開発会社からの企画」「最初は「こんなもの、いまさらやるの?」という感じからはじまった」「ファンアイテムとして、ゲーム機の形をそのまま再現することになった」「任天堂のゲーム機を持っていない人にも任天堂IPに触れてもらう戦略に合致した」といったカンジに商品化されたことが分かります。
 しかし、それが予想外の大ヒットになって、恐らく任天堂の中の人達も「いまさらこんなに売れるのか!」と驚いたことだと思います。需要に供給が追い付かないまま、生産終了になってしまいましたからね。この生産終了は「一旦」ということなのでいつかは再開するのかも知れませんが。

 それと比較するとミニスーファミは、「ある程度売れることを見越して」計画されていると思います。単なるファンアイテムでは収まらないようにバーチャルコンソールで配信されていないソフトも収録して、その分だけ定価も上がってしまうけれど、ミニファミコンの時よりも台数を揃えて発売日を迎えるということがファミ通のインタビューでも語られています。
 今回は任天堂にとって「利益が計算できる商品」「任天堂IPにとって重要な商品」として位置づけられて計画されているんじゃないかと思います。



◇ 重要なのは「任天堂IPに触れてもらうこと」

 それでは、昨年10月に私が予想した30タイトルの答え合わせをしようと思います。

【やまなしのTHE YOSOUした30本】
1.『スーパーマリオワールド』
→ ◎
2.『スーパーマリオカート』
→ ◎
3.『マリオのスーパーピクロス』
→ × 勝負に行って外しました
4.『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』
→ ◎
5.『スーパーメトロイド』
→ ◎
6.『星のカービィ スーパーデラックス』
→ ◎
7.『カービィボウル』
→ ○ 海外版に収録
8.『スーパードンキーコング』
→ ◎
9.『F-ZERO』
→ ◎
10.『ファイアーエムブレム 紋章の謎』
→ ◎
11.『MOTHER2 ギーグの逆襲』
→ ○ 海外版に収録
12.『パネルでポン』
→ ◎
13.『パイロットウィングス』
→ ×
14.『ファイナルファンタジーV』
→ △ FFシリーズで選ばれたのは『VI』でした
15.『聖剣伝説2』
→ ◎
16.『タクティクス・オウガ』
→ ×
17.『ダライアスツイン』
→ × シューティングゲーム枠はありませんでした
18.『かまいたちの夜』
→ × アドベンチャーゲーム枠はありませんでした
19.『真・女神転生』
→ ×
20.『超魔界村』
→ ◎
21.『ファイナルファイト2』
→ × カプコン枠の残りの1つは『ロックマンX』でした
22.『ストリートファイターII ターボ』
→ ○ 海外版に収録、日本版は『スーパーストII』でした
23.『悪魔城ドラキュラ』
→ ○ 海外版に収録
24.『魂斗羅スピリッツ』
→ ◎
25.『がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス』
→ △ ゴエモンシリーズで選ばれたのは『1』でした
26.『重装機兵ヴァルケン』
→ ×
27.『スーパーワギャンランド』
→ × バンナム作品は1つも収録されませんでしたね
28.『学校であった怖い話』
→ × アドベンチャーゲーム枠はありませんでした
29.『SUPER 信長の野望・全国版』
→ × シミュレーションゲーム枠はありませんでした
30.『くにおくんのドッジボールだよ全員集合!』
→ × スポーツゲーム枠は『スーパーフォーメーションサッカー』でした

 収録作品21作品の内、ピタリ的中したのは12作品、3作品が「シリーズの別作品」、予想できなかったのはバーチャルコンソールで配信されていない『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』『スターフォックス』『スターフォックス2』『スーパーフォーメーションサッカー』の4本と、『マリオRPG』と『ロックマンX』です。
 『超魔界村』か『ロックマンX』で悩んで『超魔界村』を選んだのですが、まさか両方入るとは……

 海外版に収録される5作品は、『パンチアウト』を除く4作品をピタリ的中。


 「バーチャルコンソールで配信されているソフトばかりが収録される」という予想は外しましたが、「任天堂IPを使ったソフトが多い」という予想は当たっていたと思います。マリオ、ゼルダ、カービィ、メトロイド、ドンキー、ファイアーエムブレム、F-ZERO、海外版にはMOTHER、パンチアウト……これらは全て『スマブラ』に参戦しているIPですし、予想外だったヨッシーやスターフォックスも『スマブラ』に参戦しているIPです。ストIIもそうですね(笑)。ロックマンは微妙だ……『X』も出てると言えば、出てるけど。

 「2人同時プレイ可能なソフトは重宝される」という予想も、サードメーカーのソフトはそういうソフトが選ばれている傾向がありました。日本版のサードメーカー作品8つの内、6作品が2人プレイが可能なゲームですから(『FFVI』を2人プレイ可能と言い切るのはアレですけど)。



 ミニファミコンにしろミニスーファミにしろ、この手の商品を買う動機づけは「昔遊んだ懐かしのあのゲームをもう一度遊びたい」だと思うんですが、「ついでにやったことのないソフトでも有名シリーズだからやってみよう」と初めて触れるきっかけにもなると思うんですね。
 『ブレスオブザワイルド』で初めてゼルダ遊んだけど、ミニスーファミ買ったきっかけに『神々のトライフォース』も遊んでみようかなとか。逆に、ミニスーファミで初めて『ヨッシーアイランド』を遊んだ人が、NintendoSwitchで出る『ヨッシー』最新作に興味を持つみたいなこともあるかも知れません。



 ちなみに、ミニスーファミに収録される任天堂ソフトのシリーズ最新作をチェックするとこんなカンジになります。

・マリオ
→ NintendoSwitchで10月に『スーパーマリオオデッセイ』が発売予定
・マリオカート
→ NintendoSwitchで5月に『マリオカート8DX』が発売
・マリオRPG
※ 直接的なシリーズというワケではないけれど
→ ニンテンドー3DSで秋に『マリオ&ルイージRPG1 DX』が発売予定
・ゼルダの伝説
→ NintendoSwitchで3月に『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』が発売
・メトロイド
→ ニンテンドー3DSで9月に『メトロイド サムスリターンズ』が発売予定
→ NintendoSwitchで『メトロイドプライム4』が発売予定
・星のカービィ
→ ニンテンドー3DSのDLソフトで7月に『カービィのすいこみ大作戦』が発売
→ Nintendo Switchで来年新作が発売予定
・ドンキーコング
→ Wii Uで2014年に『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が発売
※ 『マリオオデッセイ』にドンキーシリーズのキャラを彷彿とさせるネタが仕込まれているっぽい
・ヨッシー
→ Nintendo Switchで来年新作が発売予定
・F-ZERO
→ ゲームボーイアドバンスで2004年に『F-ZERO CLIMAX』が発売
・スターフォックス
→ Wii Uで2016年に『スターフォックス ゼロ』が発売
・ファイアーエムブレム
→ スマートデバイス用アプリで2月に『ファイアーエムブレムヒーローズ』が配信開始
→ Nintendo Switch/New3DSで9月に『ファイアーエムブレム無双』が発売予定
→ Nintendo Switchで来年新作が発売予定
・パネルでポン
→ ニンテンドーDSで2007年に『パネルでポンDS』が発売(機能限定のDSi版も配信)


 『F-ZERO』と『パネルでポン』を除けば、どれも現役のIPだと言えます。
 (海外版に収録されている『カービィボウル』『パンチアウト』『MOTHER』もしばらく新作の出ていないシリーズではありますが)


 過去作の利用は、「IPに触れてもらう」きっかけとしてはそれほどコストをかけずに出来る策です。
 最近Wii Uのダウンロード版でWiiのソフトが配信開始されて「なんで今更このタイミングで!?」と言われていましたが、ラインナップを見れば『ワリオ』『ドンキー』『ピクミン』『ピクミン2』と「現役IPの過去作」であることが分かります。『キキトリック』は知らん。この流れなら『メトロイド』も新作発売のタイミングで配信開始されると思われます。

 Wii Uのダウンロード版でWiiのソフト配信は、初期は『レギンレイヴ』や『罪と罰』『パンドラの塔』といった「売上的には成功しなかったゲーマー向けソフト」に陽の目を浴びせようというラインナップに思えましたが、後期は「人気IPを使ったソフト」がほとんどですからね。『FOREVER BLUE 海の呼び声』とか『DISASTER DAY OF CRISIS』とかも配信して欲しかったですけどね。


 特に『ピクミン』『ピクミン2』の配信は3DSで『Hey! ピクミン』が発売されるタイミングでの配信でしょうし、「ポイントの使い道がない!」と言われ続けているマイニンテンドーでも2014年に販売開始された『ピクミン ショートムービー』が比較的少ないポイント数で引き換えられるようになりました3DS版Wii U版)。
 先日の任天堂の株主総会・質疑応答でも、宮本さんがこの『ピクミン ショートムービー』を始めとして『スターフォックス』や『ヨッシー』のムービーに言及する場面があって(A7)、任天堂が意識している分野だと思うんですね。


 ミニスーファミのラインナップも、Wii Uのダウンロード版でのWiiのソフト配信も、マイニンテンドーでムービーを引き換えられるようになったのも、一貫して「過去作を利用して任天堂IPに触れる人を増やす」という戦略です。
 ということは……と、ようやく今日の本題である「バーチャルコンソールの今後」についてです。



◇ 「バーチャルコンソールの今後」はどうなる?

 ファミコンやスーファミなどの過去のゲーム機のソフトが最新機でダウンロード購入して遊べる「バーチャルコンソール」は、Wii、3DS、Wii Uと続いてきましたが……Nintendo Switchでは始まっていません。いつになったら始まるんだとやきもきして、私は「Nintendo Switchのバーチャルコンソールはいつ始まるのか」なんて記事を書いちゃったくらいなのですが。

 先ほども紹介した、任天堂の株主総会の質疑応答で見過ごせない話が出てきました。


<以下、引用>
Q9 「ニンテンドー3DS で、ゲームボーイアドバンス用ソフトのバーチャルコンソールが過去に配信されていたが、それらを一般販売することは考えていないのか。」

A9 上席執行役員 大和聡:
「ゲームボーイアドバンス用ソフトに限らず、バーチャルコンソールについては、当社でさまざまな活用方法を考えています。
(国内で 10 月に発売予定である)「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」もバーチャルコンソールの一種と考えていますし、これまでネットワークを使ってさまざまなプラットフォームで展開してきたソフトも同様です。
これらをパッケージやダウンロードカードで販売することも可能ですが、将来そのような商品を発売する場合にはビジネスモデルとして成立するか、十分な需要が存在するのかなど、そういう点の調査も含めた検討を進めて発売を決定していくべきものだと考えています。」

</ここまで>
※ 改行や強調など、一部引用者が手を加えました


 なんと!ミニスーファミもバーチャルコンソールだったのです!

 ここで気になるのは「ビジネスモデル」や「需要」についての言及があること。どうも今までの「1本ずつダウンロード販売」という形のバーチャルコンソールではあまり利益になっていないのかなぁという気がするんですね。
 ミニファミコン発売の際、私は「バーチャルコンソールで持ってるゲームが多いから買わなくてイイや」とスルーしたのですが、実際には大ヒットしましたし。ミニスーファミ発表の際、「『マリオRPG』懐かしい!買おう!」みたいな声を目にして、「WiiでもWii Uでもバーチャルコンソールで出ているのに……」と思いましたし。

 「1本ずつダウンロード販売」という形のバーチャルコンソールは10年以上続いてきましたが、まだまだそうしたサービスがあることを知らない人がいる&知っていても利用しない人がいる―――という象徴が、ミニファミコンやミニスーファミの反響なのかなと思うのです。

 これまで「1本ずつダウンロード販売」という形で道楽のように続いてきたバーチャルコンソールですが、任天堂が事業計画の中心として考えている「任天堂IPに触れる人を増やす」という戦略を考えると、これまでのように「知っている人だけが知っている」サービスに留まっていてはもったいないと考えて当然だと思うんですね。




 引用した部分で大和さんは「バーチャルコンソールをパッケージソフトとして展開する」ことに触れていますが、ゲームボーイアドバンスのファミコンミニを始めとして任天堂は過去に幾度かこうした商品を展開してきました。Wiiの時は『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』を発売して、収録作品は全てバーチャルコンソールで配信済のソフトに追加要素を加えたソフトでしたが20万本以上のヒットになっています。

 ソフトによっては「1本ずつダウンロード販売」するよりも、「まとめてパッケージソフトとして発売する」方が売れてしまうんじゃないかと思うのです。


 他社の商品で言えば、Wiiの『ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III』は40万本以上のヒットになりました。ファミコンとスーファミで発売したドラクエのロト三部作を5本収録した作品で、『ドラクエ』シリーズは権利料の関係でバーチャルコンソールに配信できないと言われていたのですが(※2)、500円のダウンロード販売は出来なくても5本セットにして4400円のパッケージソフトなら販売できたんですね。セットにしたパッケージ売りなら権利料も問題なくなるという。

(※2:『ドラクエ』シリーズはスマホでも販売されていますが、例えばスーファミ版がベースの『III』が1200円など全体的にバーチャルコンソールより価格が高めに設定されています。『I』だけは安いけど)

 商業的に成功したワケではありませんが、ファミコン・スーファミ時代のジャンプ作品のゲームを集めた3DSソフト『バンダイナムコゲームス PRESENTS Jレジェンド列伝』というソフトもありました。収録作品が9作品+1作品で、その内の5本が『ドラゴンボール』なら『ドラゴンボール列伝』という形で売れば良かったんじゃと思わなくもないですけど。

 版権もののソフトの場合、最新作に「過去作」を特典として付けて売るみたいな方法もありますよね。『ロストヒーローズ2』に『ヒーロー戦記』が付いてくるとか。これも権利料の問題で500円のダウンロード販売は出来ないのを、パッケージソフトにすれば大丈夫だったという例なのかなと。


 ミニスーファミに『ヨッシーアイランド』や『スターフォックス』や『スターフォックス2』が収録されるのも、これに似た話なんじゃないのかなと思うのです。こちらは権利料というよりも技術的な話ですが、800円のダウンロード販売はムリだったけど、7980円で本体ごと売るのならスーファミ用の特殊チップの再現も出来たからセットで売っちゃおうという。

 任天堂の公式発表では「バーチャルコンソールとは別」ということですが、Nintendo Switchのオンラインサービスを利用するために有料会員になった人だけが遊べる『クラシックゲームセレクション(仮称)』もコレに近いのかなと思います。
 オンライン対戦およびオンライン協力プレイを可能にしたら面白そうなソフトだけを集めて、それを有料会員の特典にする―――それを1本500円ずつのダウンロード販売にするより、セットにして特典にした方が触れる人が増えるだろうと。私としてはサードメーカーのソフトもチョイスして欲しかったですけど、「過去作を利用して任天堂IPに触れる人を増やす」という戦略を考えると任天堂IPのソフトが中心になるのかなと思いますね。




 これまで通りの「1本ずつダウンロード販売」という方法が完全になくなるかは分かりませんし、他の方法と併用する可能性は十分に高いと思うのですが……バーチャルコンソールも10年経って、従来通りの「1本ずつダウンロード販売」だけではない、次のビジネスモデルを模索する第二段階に入ったのかなと思います。

 それがミニファミコンだったりミニスーファミだったり、『クラシックゲームセレクション(仮称)』だったり、『ポケモン』みたいな大型タイトルだったらダウンロードカードも販売してTVCMもやってと大々的に取り上げることもあるでしょうが、とにかくこれまで通りの「1本ずつダウンロード販売」では届けられなかった人に届けるような展開をこれからはしていくことと思われます。


 バーチャルコンソールは「ドマイナーなソフトも同じ価格で1本ずつ売っている」ことに魅力があったと思うんで、「1本ずつダウンロード販売」の路線もなくしてほしくはないんですけどね。

 個人的には、オンライン対応した『クラシックゲームセレクション(仮称)』よりも、Nintendo Switchでおすそ分けプレイに向いた「2人対戦プレイ」「2人協力プレイ」可能なソフトだけを集めたソフトを「(アナログスティックではない)十字キーが使えるジョイコン」とセットで売って欲しいなぁと思います。収録作品は、『マリオブラザーズ』『バルーンファイト』『アイスクライマー』『ドクターマリオ』『マリオオープンゴルフ』『ダウンタウン熱血行進曲』『スーパーマリオカート』『星のカービィ スーパーデラックス』『カービィボウル』『スーパーストリートファイターII』『スーパーフォーメーションサッカー』……ミニファミコンやミニスーファミと被っちゃいますね(笑)。


大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

任天堂 2014-12-06
売り上げランキング : 233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:48 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲーム下手ながら実況プレイで『リンクの冒険』をクリアしました!【跡地】

4月8日~6月17日の間に、ニコニコ生放送でゲーム実況プレイを行い、『リンクの冒険』を最初から最後までプレイしました!



【現在、登録されている効果音コマンド】
・888888
・あはははははは!
・えい
・えー
・おおおおおお
・おめでとうございます
・お金が足りないよ
・がんばりましょう
・すごいすごい
・ドラゴン
・ひらめいた
・ファンファーレ
・ブザー
・ブブー
・ブラボー
・ホイッスル
・黄色い声
・歓声
・残念でした
・心臓
・誰か助けて
・爆発
・万歳


 ニコニコ生放送中にこれらの文字をコメントで打つと特殊効果音が鳴ります。効果音は無料効果音で遊ぼう!さんや効果音ラボさんで配布されているものを使わせてもらっています。


リンクの冒険 [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]リンクの冒険 [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

任天堂 2014-10-30
売り上げランキング : 33192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この記事は「『リンクの冒険』の告知用の記事」でした。
 生放送の告知や、ログ置き場など、この記事を使いまわしていくつもりです。

 ↓ログは格納してあります。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム実況 | 20:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Nintendo Switchのバーチャルコンソールはいつ始まるのか

 『リンクの冒険』のゲーム実況中にコメントで質問されたのだけど、アクションが苛酷な状況で断片的にしか答えられなかったのでここで整理して語ろうと思います。


 「Nintendo Switchのバーチャルコンソールはいつ始まると思います?」

 これがコメントでいただいた質問です。
 「バーチャルコンソール」のことを知らない人がこのブログを読んでいるだろうかとは思うものの、一応説明しますと……「バーチャルコンソール」とは任天堂がWii・3DS・Wii Uで展開していた「ファミコンやスーファミなど昔のゲーム機のソフトをダウンロード購入して遊べるサービス」のことです。全部のゲームソフトが販売されているワケではなく、「今週はこれとこれ!」「来週はこれ!」とちょっとずつ追加されていくカンジですね。

 「Wiiで販売されているバーチャルコンソールのソフト」
 「3DSで販売されているバーチャルコンソールのソフト」
 「Wii Uで販売されているバーチャルコンソールのソフト」

 この3つはバラバラで、かつ基本的には別ソフト扱いなので、Wiiで一度買ったソフトだから3DSでも(新たに買わなくても)遊べるということはありません。
 ただし、「Wiiで販売されているバーチャルコンソールのソフト」でかつ「Wii Uで販売されているバーチャルコンソールのソフト」ならば、Wiiで購入した記録をWii Uに引っ越して「Wii U用の同じソフト」を優待価格で買うことは出来ました



 ここまでがNintendo Switch発売前の状況です。
 3月に発売された任天堂の新型ゲーム機Nintendo Switchですが、現在までにバーチャルコンソールのサービスは始まっていません。自分も含めてWii以降のバーチャルコンソールをたくさん買っていた人間は、「これをNintendo Switchに引き継げるのだろうか?」「また買い直しになるのだろうか?」「また『マリオブラザーズ』とかから1本ずつ配信するのだろうか?」と心配していたと思うのですが、それ以前にバーチャルコンソールが始まらないというオチでした(笑)。


 しかし、未来永劫ずっとこのままNintendo Switchでバーチャルコンソールが始まらないというワケではなく、色んなインタビューでバーチャルコンソールのことは語られているんですね。


【Nintendo Switchカウントダウン特集】世界でいちばん人を巻き込める、いちばんゲーム漬けになれるゲーム機。任天堂のふたりのキーマンに訊く開発秘話(2/3)
ファミ通.comさん)

<以下、引用>
――楽しみにしています。今後、本体のアップデートで、現在発表されている以外の機能が追加されることはあるのでしょうか?

高橋「もちろん、あります。我々が考えているロードマップもありますし、ユーザーさんの声を受けて入れるものもあるかもしれない。そこは、これまでのハードと同じと思っていただければ。」

――アップデートと言えば、バーチャルコンソールの展開も気になりますが……。

高橋「現時点ではまだ確定していないことも多いので、また決まり次第、お話ししたいと思います。もちろん、いろいろ考えていますのでお待ちください。」

</ここまで>
※ 引用者が一部手を加えました


任天堂は今,何を“Switch”しようとしているのか。取締役常務執行役員の高橋伸也氏と,Nintendo Switch総合プロデューサーの小泉歓晃氏に聞く4Gamer.netさん)

<以下、引用>
4Gamer「パッケージで買うか,ダウンロード版を買うかも,プレイヤーが選択できるようにしている,ということでもありますね。
 そういえば,ニンテンドーeショップには対応するんですよね?」

小泉氏「ニンテンドーeショップはNintendo Switchの発売日にアップデートをします。そこでNintendo Switchからのダウンロード購入にも対応させていただきます。」

4Gamer「バーチャルコンソールのタイトルも購入できますか?」

小泉氏「そこについてはまだお伝えできる状態ではないんですが,さまざまなことを“Switch”しようと考えています。

4Gamer「廃止するというわけではないですよね?」

小泉氏「あれだけの資産がありますからね。それをNintendo Switchではどのようにお届けするべきか,現在も検討中です。

4Gamer「これまで,バーチャルコンソールの同一タイトルを異なる機種で遊ぶには,その都度買い直さなければいけないケースもありました。このあたりは改善されるんでしょうか?」

小泉氏「そういったご要望もきちんと届いていますので,そこも含めてさまざまなことを検討しています。」

4Gamer「それでは,バーチャルコンソールという言い方が正しいのか分かりませんが,Wii世代,Wii U世代のゲームをNintendo Switchで遊べるようになる可能性はありますか?」

小泉氏「例えば「マリオカート8 デラックス」のような形はあり得るでしょうね。ただ,WiiもWii Uもそのハード固有の機能がありますから,単純にエミュレートするというわけにはいきません。ちゃんと新しいものとしてお伝えできる形になるのであれば,可能性はあると思います。
 バーチャルコンソール含め,ここでさまざまなものを“Switch”しますので,その伝え方が決まるタイミングまで,もう少しお待ちください。」

</ここまで>
※ 引用者が一部手を加えました

 これらのインタビューはNintendo Switchが発売される前に取られたものでしょうが、その時点でまだ正式決定しておらず、任天堂の中でも「今まさに話し合っている」というカンジでした。
 逆に考えると、その段階でもバーチャルコンソールをどうするかが確定していないということは、Wiiや3DSやWii Uとはちがう方式でバーチャルコンソールを展開することを模索しているように思えるんですね。「同じように展開しよう」と最初から決まっていれば、そんなに話し合うこともなさそうですし。バーチャルコンソールについて訊かれて「さまざまなことを“Switch”しようと考えています。」と答えているというのも、「今までにはない方式を検討している」ように読み取れますしね。




 Nintendo Switch向けオンラインサービス

 任天堂はNintendo Switch向けのオンラインサービスを、2017年秋から正式スタート&そのタイミングで有料化すると発表していました。オンライン対戦やオンライン協力プレイをするためには有料会員になる必要があります。しかし、今までは無料で出来ていた「オンライン対戦やオンライン協力プレイ」を有料にするワケですから、有料会員だけの新たな特典も提供されることになります。

 それが、「スマートフォンで友だちと待ち合わせやボイスチャット」だったり。
 「友だちとオンラインプレイできるようになった懐かしのソフトを月替わりで遊べる」だったりするのです。



 ファミコンやスーファミなどのソフトを、有料会員のみオンライン対応にして1か月好きなだけ遊び放題―――というこのサービスが「バーチャルコンソール」と呼ばれるのかは分かりませんが、今までの「バーチャルコンソール」と被るサービスなのは間違いないですよね。

 例えば、今までの「バーチャルコンソール」は『スーパーマリオブラザーズ』を1本514円で販売していました。
 この新たな「1か月好きなだけ遊び放題サービス」は、指定されたソフトに入っていれば『スーパーマリオブラザーズ』だろうが『レッキングクルー』だろうが『アーバンチャンピオン』だろうが、月額の有料会員費だけで遊べてしまうのです、たぶん。

 これでは「バーチャルコンソール」でたくさんソフトを買っている人ほど、「お得感」のない有料会員サービスになってしまうでしょう。なので、私は「バーチャルコンソール」で過去のソフトを販売する前に、「1か月好きなだけ遊び放題サービス」が始まるんじゃないのか―――言い換えれば、Nintendo Switchのバーチャルコンソールは、この「1か月好きなだけ遊び放題サービス」の後に始まるんじゃないかと「ザ・YOSOU」するのです。


 任天堂アメリカのレジー社長は1月のインタビューでこう言っています。

 Nintendo’s Boss Promises the Switch Won’t Have the NES Classic’s Supply IssuesWIREDさん)

<以下、引用>
―――Nintendo’s online service for Switch will charge a monthly fee and one of the incentives is one free classic game “per month.” Does that mean you lose access to that game after a month?

Reggie Fils-Aime「Correct. It means that essentially you’ve got access to that game for a period of time, and then after the month there’s a new selection. You’ll have the opportunity to buy it, but [after] that month we’ve moved on to another game.

I think it would be helpful maybe to step back. Because I think it’s important there’s an understanding of the bigger vision. The bigger vision is that we are going to provide an overall online service, subscription-based, that not only will capture the multiplayer opportunity, but also the voice chat capability that we’re going to provide through a global app. We think that that’s just as important as access to Virtual Console content.」

</ここまで>
※ 引用者が一部手を加えました

 「1か月好きなだけ遊び放題サービス」で指定されるソフトは毎月変わるのだけど、変わってしまったら「先月まで遊び放題だったソフトを買う」という選択肢も考えているみたいです。



 これまでに出てきた情報を統合していくと……
 私はこんなカンジに「ザ・YOSOU」しています。

・2017年秋 Nintendo Switch向けオンライン有料サービスがスタート
 1か月ごとに昔のゲームが4~5本遊び放題になる
 (例、スーパーマリオブラザーズ、ゼルダの伝説、テニス、ぷよぷよ、PC原人)

→ 翌月また遊び放題のソフトが切り替わる
 (例、アイスクライマー、リンクの冒険、ファイアーエムブレム 紋章の謎、ソニック・ザ・ヘッジホッグ、ボンバーマン'94)
→ 先月遊び放題だったソフトは、以降「購入」することも可能になる
 (例、スーパーマリオブラザーズ、ゼルダの伝説、テニス、ぷよぷよ、PC原人)



 ソフトはテキトーなのを見繕っただけです。
 サードメーカーのソフトや、任天堂機以外のソフトを入れたのは願望です。
 流石に「月1本ずつ」ではなくて「月4~5本ずつ」ペースになってくれると思うのですが、いずれにせよ「遊び放題」でなくなったソフトが「購入できる」ソフトになり、この「購入できる」ソフトが今でいうバーチャルコンソールのようなサービスになるんじゃないかと私はYOSOUします(名称もバーチャルコンソールから別のものに変わるかも)。

 つまり、「Q.Nintendo Switchのバーチャルコンソールはいつ始まるのか」と言うと……「Nintendo Switch向けオンライン有料サービスがスタートした翌月」というのが私のYOSOUなのです。

 だから……今年の11月、12月、来年の1月あたり?



 こういう方向性のYOSOUとなると、「今まで買っていたバーチャルコンソールのソフト」も(優待価格になるかも知れないけど)買い直しになりそうで、その代わりに「遊び放題」対象でなくなったソフトもオンラインプレイが出来るようになる―――けど、その分「毎月追加されるソフト」の数は限定的になるってカンジですかね。

amiibo ドンキーコング (スーパーマリオシリーズ)amiibo ドンキーコング (スーパーマリオシリーズ)

任天堂 2016-10-20
売り上げランキング : 4206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◇ 余談
 ただ、「オンラインプレイが出来るようになる」と言っても一人用のゲームにはオンラインプレイが出来る恩恵はありませんし、あともう一つ大きな問題としておすそ分けプレイをしたくても「コントローラのボタン数」が足りないんですね。

joikon.jpg

 ジョイコンを分割する「おすそ分けプレイ」の場合、使えるボタンは「アナログスティック」「ABXYに該当する4ボタン」「LRに該当する2ボタン」「スタートボタンに該当する+か-ボタン」です。
 ホームボタンと撮影ボタンはゲームには使えないと思うので除外して考えます。RボタンとZRボタン(もしくはLボタンとZLボタン)も横持ちで持ってもらえれば分かりますが、任意に押すのは難しく「ついウッカリ」握りこんだ時に押してしまいそうな配置なので考えないことにしました。


 では、バーチャルコンソールで再現しようとする過去のゲーム機のボタン数はというと…
 ファミコンは、1コンが「十字キー」「Aボタン・Bボタン」「スタートボタン・セレクトボタン」、2コンが「十字キー」「Aボタン・Bボタン」「マイク」です。
 「十字キー」が「アナログスティック」になるのは仕方ないですし、「スタートボタン・セレクトボタン」は「Lボタン・Rボタン」で代用するとして、「マイク」はどうするか……これも「+ボタン」とかで代用しますか。Nintendo Switchにはマイクがないんでしゃあない。ファミコンはまだマシですね。

 スーファミは、1コンも2コンも一緒です。「十字キー」「Aボタン・Bボタン・Yボタン・Xボタン」「Lボタン・Rボタン」「スタートボタン・セレクトボタン」です。
 そうなんです。ジョイコンって片方だとスーファミのコントローラよりボタンが一つ少ないんです。「セレクトボタン」がないんです。そんなに使わないボタンのように思えるかも知れませんが、『スーパーマリオワールド』のステージから抜ける操作などが出来なくなりますし。セレクトボタンは色んなゲームの裏技にも使われています。

 NINTENDO64は、「3Dスティック」「十字キー」「Aボタン・Bボタン」「Cボタンユニット4つ」「Lボタン・Rボタン・Zボタン」「スタートボタン」……言うまでもなく全然足りませんね(笑)。まぁ、ジョイコンをおすそ分けプレイせずに一人で左右を使えば足りるのは足りるのですが、Nintendo Switch最大の魅力である「ジョイコンを分割してどこでもおすそ分けプレイ」が64のバーチャルコンソールでは出来ないのは残念。

 ゲームキューブは、噂レベルで「Nintendo Switchでゲームキューブのバーチャルコンソールが始まるのでは?」という声もあるのですが、コントローラが「コントロールスティック」「十字キー」「Aボタン・Bボタン・Yボタン・Xボタン」「Cスティック」「Lボタン・Rボタン・Zボタン」「」「スタートボタン」と、こちらもおすそ分けプレイでは全然足りず、じゃあ一人で左右のジョイコンを使えば大丈夫かというと「ゲームキューブのLボタン・Rボタンはアナログ入力」なのでジョイコンじゃ操作に対応できないんですね。


 4Gamerさんのインタビューに「WiiやWii UのソフトはNintendo Switchで遊べる可能性はありますか?」という質問があって、小泉さんは「WiiもWii Uもそのハード固有の機能がありますから,単純にエミュレートするというわけにはいきません。」と答えていました。Nintendo SwitchではWiiリモコンは動きませんし、Wii Uゲームパッドも動きません。しかし、それはWiiやWii Uだけでなく、ゲームキューブや64やスーファミにだって言えることなのです。



 この問題をどうするのか。
 Wiiの時は「バーチャルコンソールのソフトが遊べるクラシックコントローラ」を別売で発売していましたし、Wii Uの時は『スマブラ』のためだけにゲームキューブのコントローラを繋げられる端子を別売りで発売していましたし。それ用のコントローラを発売するか、過去のコントローラをNintendo Switchに接続させるのか。

 もしくは、ソフト側で「ジョイコンのボタン数でも遊べる」ように調整するのか。


 「どうして任天堂はさっさとNintendo Switchのバーチャルコンソールを始めないんだよ」と言うのは簡単なんですけど、実は結構ややこしい問題を抱えていると思うんですね。
 個人的には、バーチャルコンソールこそおすそ分けプレイで遊びたいと思うので、何とかして「ジョイコン横持ち」で遊べるようにしてほしいなぁと思います。だってほら、専用のコントローラを幾つも持ち歩くのなんてかさばるじゃないですか……あの小ささこそがNintendo Switchの武器なワケですし。

Joy-Con (L) ネオンレッド/ (R) ネオンブルーJoy-Con (L) ネオンレッド/ (R) ネオンブルー

任天堂 2017-03-03
売り上げランキング : 19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:57 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲーム下手ながら実況プレイで『サイレントデバッガーズ』をクリアしました!【跡地】

1月7日~2月18日の間に、ニコニコ生放送でゲーム実況プレイを行い、『サイレントデバッガーズ』を最初から最後までプレイしました!





【現在、登録されている効果音コマンド】
・888888
・あはははははは!
・えい
・えー
・おおおおおお
・おめでとうございます
・お金が足りないよ
・がんばりましょう
・すごいすごい
・ドラゴン
・ひらめいた
・ファンファーレ
・ブザー
・ブブー
・ブラボー
・ホイッスル
・黄色い声
・歓声
・残念でした
・心臓
・誰か助けて
・爆発
・万歳


 ニコニコ生放送中にこれらの文字をコメントで打つと特殊効果音が鳴ります。効果音は無料効果音で遊ぼう!さんや効果音ラボさんで配布されているものを使わせてもらっています。

 この記事は「『サイレントデバッガーズ』の告知用の記事」でした。
 次のソフトからはまた別の記事を用意するつもりです。

↓ ログは「続きを読む」で。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム実況 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全貌が見えないからこその『ロマンシング サ・ガ』の魅力

 7月からゲーム実況で挑戦していた『ロマンシング サ・ガ』をようやくクリアしました!
 子どものころに中古で買ってセーブがマトモに出来なくて泣く泣く諦めた苦いトラウマをようやく捨てることができましたよ!

 ゲーム下手ながら実況プレイで『ロマンシング サ・ガ』をクリアしました!【跡地】


 『ゼルダ』、『スペランカー』、一つ飛ばして『ロマサガ』……と順調に挑戦してきたソフトをクリアしているので、「やまなし、全然ゲーム下手じゃないじゃん!」と思っている人もいるかも知れません。しかし、『スペランカー』はともかく、『ゼルダ』や『ロマサガ』はニコ生やニコ動にもらったコメントでのアドバイスがなければ間違いなくクリア出来なかったです。この勝利は、私一人の勝利ではない!生放送や動画を観てくれたみんなで勝ち取った勝利なのだ!

 ということで……
 次に挑戦するのは、あまり「アドバイスしてもらえないソフト」にしようかなと思います。いや、「アドバイスしないで」ってことじゃないんですけど。『ゼルダ』とか『スペランカー』とか『ロマサガ』みたいな超メジャーソフトとちがって、私も視聴者も「みんな初見」みたいなゲームだと暗中模索感が出て別の面白さになるかなーと。



 話を『ロマサガ』に戻します。
 ここからはゲームのネタバレ話にもなるので、今後『ロマサガ1』をプレイするつもりの人は読まない方がイイかも。

 『ロマサガ』って、あの時代においては珍しかったシステムをたくさん採用しているにも関わらず、そのほとんどが「特にゲーム内では説明されない」ので。それまでのRPGと同じ感覚でプレイすると「なんでこんな難易度高いんだ?」と思ってしまうところも多いんですよね。典型的なのは、以前にも書いた「逃げる」多用すると敵だけが強くなって詰むというアレ。


 またバグだったり削られた要素だったりが多いため、説明書に書いてあることも平気で間違っていたりもします。例えば、キャラクターのパラメータの一つである「愛」は「回復魔法を使った時の回復量が高くなる」、「魅力」は「回復魔法を使ってもらった時の回復量が高くなる」と説明書には書いてありましたし、Wiiのバーチャルコンソール公式サイトにもしっかりと明記されているのですが。実際には、バグにより「戦闘中に回復魔法を使うと必ず全回復する」という仕様になっています。「愛」も「魅力」も、ほぼ意味のないステータスでやんの!

 その上、どうも「戦闘中に回復魔法を使う」と、「弱点属性を突いた攻撃のダメージが1になる(ごくまれに即死)」という新たなバグが発動するため、例えばゾンビは炎が弱点だから炎で攻撃しようとしても全く効かない(1ダメージ)ということが頻繁に起こるのです。
 実況プレイをしていた私も序盤はこれですげー苦戦したのですが、コメントでこのことを教えてもらってからはバグを逆手に取った戦い方をするようになって、終盤のあの神展開につながるという。あれはホント、自分のゲームプレイ史においてもトップクラスに感動した戦いでしたよ……


 ストーリーというか、世界設定も、作中で説明されないことも多く……
 自分が一番驚いたのは、オープニングでも大々的に取り上げられている「かつてサル―インを封印させた10種類のディスティニーストーン」です。アクアマリン、アメジスト、オブシダン、オパール、トパーズ、ルビー、ムーンストーン、ブラックダイヤ、ダイヤモンド、エメラルドの10種類で……『ドラクエ2』の紋章とか、『ゼルダ』のトライフォースのかけらのように、ところどころにヒントが出てくるので全部そろえるのがゲームの目標かと思って私はプレイしていたのですが。

 どんなに頑張っても、ブラックダイヤ、ダイヤモンド、エメラルドの3種類は絶対に入手できないという仕様になっている上に。
 本来ならどれも装備すると強力な効果を得られるはずだったのが、プログラムのミスでその効果が現れないのでオパール、トパーズ、ルビー、ムーンストーンの4つは装備しても無駄だとか(笑)。

 絶対に入手できない3種類の内の1つエメラルドは「持っている敵」の本拠地まで乗り込むイベントまであるのに、そのイベントは必ず逃げられて、エメラルドは入手できないという……「何でもかんでも主人公達の思い通りにはいかない」というのは、ある意味リアルだとは思いますが。



 あと、敵の三兄弟の内……デスとサル―インは出てきたのだけど、シェラハは出てこなかったよねーと実況プレイ最終日に私が呟いたところ。「実はもう会っているんですよ」というコメントをもらって「????」と思ったのですが、クリア後にいろんなサイトを見て納得。
 実はあの人物がシェラハだったのだけど、開発が間に合わなくてイベントが入れられず、ただ立っているだけ。後にワンダースワンカラーやPS2でリメイクされた際にイベントが追加されて、ようやくシェラハの物語が補完されたとか。すごい話だ……





 実況プレイでコアな『ロマサガ』ファンの方々とこういう話をしながらプレイしていた私は、ゲーム内では明かされない設定やバグのことも教えてもらいながらのプレイで非常に楽しかったのですが……自分一人でプレイしていたら「なんだこのワケの分からないゲームは」と投げ出していたかもなぁと思うのです。
 炎が弱点っぽい敵に炎で攻撃すると1ダメージとか、意味不明ですし!


 しかし、一方で……
 コアな『ロマサガ』ファンの方々も発売当初からすべてを理解していたワケではなくて、攻略本が出て、インターネットが普及して、ワンダースワンカラー版やPS2版のリメイクが出て……年月を経て明らかになったことや、共有された情報も多かったらしいんですね。

 2016年に『ロマサガ』をプレイした私は「既に情報が出尽くした」状態で遊んだワケですが、1992年に『ロマサガ』をプレイしてファンになった方々は「システムもストーリーも謎だらけ」で「それが作中で説明されているかも分からない」状態で遊んでいたのですから、底知れないゲームのように思えていたんじゃないかなぁと思うのです。
 んで、それが年月を経て徐々に明らかになったり、情報が共有されたりして、全貌が見えてきた……世界地図のない時代に自分達で海を渡って世界地図が完成されていく過程を見てきたみたいなワクワク感が、リアルタイムのファンにはあったんじゃないかと思います。



 リアルタイムで遊んだ方々の座談会で、当時の雰囲気がすごくよく分かる記事を見つけました。

『ロマサガ』の魅力はクセの強さ? 伝説のRPGを振り返る【サガ25周年記念連載】

<以下、引用>
まさん:だからこそ当時は、憶測が1人歩きして都市伝説みたいになっていた部分もありました。愛が高いとサルーインが弱くなるとか。あと、アルベルトを主人公にすると、最初のイベントで姉のディアナと別れた後は二度と再会できないじゃないですか。でも、周りには「オレは再会できた!」なんていう人がいて……必死に試していました。

Rusty:言われてみると、「デステニィストーンを全部集めた」とか「デステニィストーンの所持数に応じてサルーインが弱体化する」とか、都市伝説的なデマが横行していた思い出があるかも。

</ここまで>

 『スペースインベーダー』の頃から「口コミで広がる裏技や隠し要素」が大ヒットゲームには欠かせませんでしたが、同時に「真偽の分からないデマ」もインターネットが普及する前は多かったですよねぇ。
 『ゼビウス』のバキュラが256発で撃破出来るとか、『ドラクエ』や『FF』でストーリー上必ず死んでしまうキャラが「こうすると死なない」とか、高橋名人はボタンにバネを仕掛けていたので逮捕されたとか(笑)。


 『ロマサガ』の場合は「フリーシナリオRPG」なため、「一本道のRPG」以上に「ここでこうなってしまったのは自分のプレイが悪かっただけで本当はああなったんじゃないのか?」と思うところが多くて、デマが流れやすいゲームだったのかなぁと思います。私だって、まさか魔の島まで乗り込んだのにエメラルドが「絶対に手に入らない」なんて思わなかったですもの。

 全貌が見えないからこそ、「実はこうなんじゃないのか?」と何周も何周もプレイして隠された要素を探す感覚……インターネットがない時代に『ロマサガ』をリアルタイムにプレイした人が、コアなファンになっていったのはこういうところが魅力だったのかもなぁとちょっと思います。
 インターネットが普及して大抵のことは明らかになっていて、プレイ中にコメントで情報をもらいながらプレイした私にはそのワクワク感は味わえませんものね。リアルタイムに遊んだ人だけの特権というか。



 今の時代はインターネットで情報が共有されて、「デマがデマだとバレるのも早い」ため、こういうゲームは生まれにくいのかも……と思いつつ。『クニットアンダーグラウンド』とか『ナゾのミニゲーム』とか、インターネットで攻略情報が共有されることを前提に、隠し要素が自力じゃ見つけようがなかったり、敢えて説明しないことでみんなで考察する余地を残したゲームなんかもあって。

 そうした「みんなでワイワイ喋りながら徐々に全貌を明らかにしていく楽しさ」はリアルタイムに遊ばなければ味わえないものですから、積みゲーを積み上げて崩すの繰り返しばかりじゃなくて、ちゃんと新作ゲームもリアルタイムに遊ばなければなーなんて思いました。


公式16連射ブック 高橋名人のゲームは1日1時間 (ファミ通ブックス)公式16連射ブック 高橋名人のゲームは1日1時間 (ファミ通ブックス)
高橋名人

エンターブレイン 2009-08-18
売り上げランキング : 245226

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT