やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

≫ EDIT

「一度観ただけでは理解できない」はアニメDVDの販売促進に繋がるのか?

 先週、アニメ『電脳コイル』が最終回を迎えました。

 アニメの中盤辺りは「専門用語の多さ」と「その専門用語が「誰も本当の意味は知らない」と謎のまま進むこと」により、相当テンションが下がってしまい視聴が億劫になったところもあったのですが……
 ところどころの演出はそりゃ目を見張るものがありましたし、ヤサコとイサコの友情物語として見ると最後はキレイにまとまっていて楽しかったです。群像劇フェチの僕の正直な気持ちとしては、「あのキャラもあのキャラも、イイトコなしで終わっちゃったな……」と言いたいことはありますけどね。



 『電脳コイル』は、今週土曜から同じ時間で第1話から再放送だそうです。
 専門用語が多くて「1回観ただけじゃ理解できない!」という意見も多そうですし、嬉しい人も多いんじゃないですかね?終盤明らかになった用語の意味を踏まえた上で、第1話から観返すのも面白そうですしね。


 そう言えば、『電脳コイル』でちょっと思い出したことがありました……
 最初の数話には登場しない“オバチャン”というキャラが、実は第1話の時点でチラッと映っていることをコメント欄にて指摘してもらったことがありまして。
 人によっては「そんな誰も気付かないところに伏線を仕込むなんて芸が細かい!」と思うのかも知れませんが、僕みたいに根性が捻くれすぎて折れてしまっている人間は「2周観ないと分からないようなシーンを入れるなんて、DVDを売りたいんだろうな」と思ってしまいました。人間の器の大きさが垣間見えますね。


 別にこれは『電脳コイル』に限った話ではなくて、多くのアニメで行われていることだったりします。(僕は2周目を観たアニメが少ないので思いつく事例も少ないのですが……)
 『舞-乙HiME』のアニメ版の2周目を観た際に、序盤のプールの回にて既に「アリカとニナの出生の秘密」がキッチリと描かれていたのを知った時にも同じようなことを思いました。「コレ、1周目じゃ絶対イミ分からないシーンだよなぁ」と。実際、1周目をオンタイムで観ていた時には、1週間後にはすっかり忘れていましたしね。

 こっちは真っ当に「今後の伏線だな」と受け取った人もいましたが、『コードギアス』の「研究所をナリタに移せ」も1周目観た時はチンプンカンプンでした。
 ただでさえアニメの序盤は覚えなきゃいけないこと(キャラの顔と名前、関係、専門用語……などなど)が多いので、序盤数話の伏線なんて頭に入らないんですよ。1話を繰り返し何回も観るような人はまた違うのかも知れませんが……



 で、こういう「一度観ただけでは理解できない」描写を何故入れてくるのか?
 僕はそれを「DVDの販売促進のためだろうな」と思っていました。だって、「一度で十分、二度は観るな」(by『スナッチ』)という作品だったら、テレビで観て満足しちゃってDVDを買おうなんて思わないじゃないですか。

 でも、ちょっと自分の身に置き換えてみると……疑問が出てきました。
 「一度観ただけでは理解できない」アニメと、「一度観ただけで凄く面白くて大満足!」のアニメ―――どっちのDVDを買うかと問われたら、果たして理解できなかった方を選ぶのかと。


B000WP2EA2電脳コイル 第4巻 限定版
折笠富美子.桑島法子.矢島晶子.朴ろ美.小島幸子.斉藤梨絵.鈴木れい子.野田順子.小林由美子.梅田貴公美 磯光雄

バンダイビジュアル 2007-12-21
売り上げランキング : 247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 既に終了してしまったアニメを、もう1周見返したい場合―――

・再放送を観る
・放送時に録画しておいたものを観る
・バンダイチャンネル等のネット配信サービスを使う
・ビデオ・DVDのレンタル
・ビデオ・DVDを買う

 動画共有サイト等の違法コピーに関しては、僕は立場上認めるワケにはいきませんし、観たこともなければどういうものかも知らないので省きます。ここに対してツッコミを受けても、返答しかねますので御了承下さいな。


 パッと思いつくのは、上記の5つ。
 「再放送」は、よほど人気の作品でもない限りしてもらえないですよね。CSやGyaoなどで放送してもらうのを待つにしても、タイミングや人気や、恐らくは権利関係なんかで、都合よく自分が観たい作品が放送されるとは限りません。

 「録画しておいたものを観る」は環境次第で、“どの程度の番組を録画するのか”が分かれそう。僕みたいに未だにVHSしか録画機器がない人間は、アナログがどうこう以前に場所を取るのでほとんど録画しませんね。HDDレコーダーとか買えばまた違うのでしょうが……先立つものがなくてねぇ。

 「ネット配信サービス」は…あんまり詳しくないのですが、権利関係次第?
 個人的には『舞-HiME』のアニメ版はコレで全話視聴したのでありがたいサービスですし、全話パックなんかがある作品はかなりリーズナブルな値段で視聴できると思うのですが。PCの環境なんかもありますし、快適に観れるか心配で使ったことがない人も多そう。ちなみに僕が『舞-HiME』観た時は、相当カクカクしてました(汗)。

 「レンタル」は、近所のラインナップ次第ですね。
 ウチの近所のレンタル屋には『舞-HiME』はなかったけど『かみちゅ!』は全巻揃ってました。その線引きが分からん。『ガンダム』系は多くのレンタル屋に揃っているので、後から追いかける立場としてはありがたいですね。(CSでの再放送も多いけど)

 最近、「アニメのDVDはセルよりレンタルの方が収入源になっている」というのをどっかでチラッと読んだ気がするのですが……レンタルはモロに違法コピーの被害を受ける業種なので、恐ろしいペースで潰れまくっているという話も聞きます。それが本当なら、「DVDを売ってナンボ」というアニメのビジネスモデルもいつまで続けられるのかという気がしますね。


 で、最後に「DVD購入」
 一番確実ですし、一番手っ取り早い。ですが、かかるお金も一番高い。

 上の4つの手段を取れるか取れないかは人それぞれケースバイケースだと思いますが、いずれにせよそうした網を越えて“DVDを買おう”と思える作品ってよほどの愛着がないとムリじゃないですかね?

 僕もアニメのDVDは何本も持っていますけど、それはやはりその時その時に自分にとって大きな影響を与えた作品だったり、励ましてくれた作品だったりに限定されています。
 だってさー、そのアニメDVDが最終巻まで出る前に、また新しいアニメが山ほど始まるんですよ?それでも放送が終わったアニメにお金を払い続けられるのって、やっぱりよほどの愛着がないとムリだと思うんですよ。

 何を基準にして“愛着が湧くのか”はそれこそ人それぞれでしょうが……「何だかよく分からない」に愛着を持てる人ってそれほど多くないと思いますし、そこにお金を払える人がどれだけいるんでしょう。



 もちろん……
 『舞-乙HiME』だって『コードギアス』だって、「一周観ただけで面白い」からこそDVDが売れたんだと思います。『電脳コイル』だって決して「一周観ただけじゃ面白くない」作品ではなかったと思います。

 重要なのは比率なんでしょう。
 喩えば『舞-乙HiME』の面白さを「一度観ただけで分かる楽しさ:二度観ないと分からない楽しさ」に10分割するとしたら、せいぜい「8:2」くらいだと思います。

 これがもし、「3:7」とか「2:8」とかだったらDVDを売るのが難しいんじゃないかというのが僕の考え。そもそも、そういう状況で最後まで観てくれる視聴者自体が貴重でしょうしね。

 逆に言ってしまうと、DVD販売に頼ったビジネスモデルをしている限り、これくらいの比率のアニメは大赤字になっちゃうんじゃないでしょうか。赤字になるからそうした作品はその内に減ってしまい。分かりやすい面白さ+2周目を観るとちょっと発見がある……みたいな作品ばかりになる。
 という未来予測をしてみたけど、推測に推測を重ねて飛躍させただけなのであんまり真に受けないで下さいな。


 正確なデータがあるワケじゃないのですが、「電脳コイル 売上げ」でググってみたところ『電脳コイル』のDVD売上げはイマイチらしいです。
 もちろん売れない理由はこれだけじゃないでしょうし、僕は業界の人間ではないのでどういうお金の動きがなされているかは知りませんし興味もありませんが……『電脳コイル』の一周目を観た人の内の何割が、今週土曜からの再放送で二周目を観るのかは気になります。


 話は更に脱線&飛躍しますが……NHKが民放化されて視聴率最優先になったなら、『電脳コイル』はまた違った形で放送されていたかも知れませんね。再放送なんてもってのほか。
 それがイイことか悪いことなのか、僕には分かりませんが……


B000X1IAIK電脳コイル デンスケ(M)

ハートランド 2007-11-25
売り上げランキング : 104

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 20:51 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先週の『電脳コイル』と『シムシティ』の想い出

 一挙放送をビデオに録画しておいてチマチマ追いかけていた『電脳コイル』の放送に、ようやく追いつきました。ネット上で起こっていた祭り・議論・考察などはネタバレ防止のためにこれまでは読まないようにしていたのですが、これで同時期に楽しめるってもんだぜ!


 と、思いながら観た土曜日の『電脳コイル』12話「ダイチ、発毛ス」。
 なるべくネタバレにならないように論点と絡まない部分は端折りますけど、「ビデオに録画しててまだ観てない!」とか「DVD化されるのを待っているからネタバレすんな!」という御方は、今日はブラウザを閉じてもらってまた明日会いましょう(笑)


 どんな内容だったのかというと……
 前半部分の下らなさも大好きなんですけど、後半部分の下らなさが最高だったので簡単に説明します。本筋だけ書き出しても面白さが伝わるとは思わないんですけど……

 ・体にくっ付いて寄生するタイプの無数のイリーガル(電脳生物?)が発見される
 → この電脳生物は強い感染力を持っていて、街中の人々に寄生してしまう。主人公達にももちろん寄生してしまう
 → この電脳生物に対するワクチンを開発中に翻訳機が発明され、実はこの電脳生物が人間の体上に文明を築いていることが分かる
 → 主人公ヤサコは翻訳機を通じて、電脳生物達にメッセージを送れることに気付く
 → ヤサコは自分の声によって事故を防いだことから、電脳生物達を導く楽しさにハマってしまう
 → 電脳生物達はヤサコの声を天の導きとして頼るようになる
 → 電脳生物に寄生された子ども達の間で、メッセージによって戦争を起こさないようにして文明を発展させることが流行る
 → どこまで文明は発展するんだろうと思った矢先に、ヤサコの体上の電脳生物達が核戦争を始めてしまう
 → ヤサコが「戦争をやめて」とメッセージを送っても、ヤサコを否定する哲学者や、「戦わなければ自分たちが滅ぼされてしまう」と言う電脳生物が現れる
 → 「争うのが不毛だと仰るのなら、ヤサコ様達は争ったりケンカをしたりはしないんですか」
 → 戦争の末に築き上げた文明を失った電脳生物達は、争いのない場所を目指して旅立っていく……


 敢えて僕は「下らない」という言葉でこの話を紹介したのですが、『電脳コイル』の懐の深さはこういうところだよなーと思っています。
 この話、「下らない」と思う人も、「下らないと見せかけて深く考えさせる」と思う人も、「下らないと見せかけて深く考えさせるように見せかけてやっぱり下らない」と思う人も、「下らないと見せかけて深く考えさせるように見せかけてやっぱり下らないんだけど、どこか深く考えさせる」と思う人もいると思うんですよ。

 それは年齢だったり、それまでの経験だったり、思想だったり。
 視聴者の数だけ受け止め方があって、視聴者の数だけ「『電脳コイル』という作品の価値」が違う―――


 実は、『名探偵西園寺万五郎がアニメを斬る!』さんが書かれた「らき☆すたの閉じた笑いと電脳コイルの開かれた笑い」という記事を読んで、僕はこの記事を書こうと思い当たったんですけど……
 『電脳コイル』って“知っているから面白い”と“知らなくても面白い”も、“下らない”と“深く考えさせる”も意図的に共存させているアニメのように思えます。


 喩えば先週の内容で言えば、「どっかの哲学者が「ヤサコは死んだ!」って言ってきて…」という台詞があるんですけど―――これはもちろんニーチェの「神は死んだ」のパロディをすることで、現実の僕らの歴史と電脳生物の文明をシンクロさせる狙いなんでしょうが。
 ニーチェのその言葉は知っているけど意味まではよく知らない僕とか、哲学を本格的に学んでいる人とか、ニーチェ自体を知らない人(作中のヤサコ達もコレに該当する)とかでは、受け取り方が違うはずなんですよね。でも、それでも良いじゃないかと作られている。

 作り手の狙いの100%全部を、視聴者に押し付けたりはしない。

 だからこそ、ネット上で『電脳コイル』の議論や考察や解釈が生まれてきて、それが実に心地良いんだと思います。やれ「正解は○○だ!」、やれ「その考え方は間違っている」という解答探しではなく、「キミはどう思った?」と話し合える作品………こういう楽しみ方ができる作品が、もっと増えてくれないかと願います。


 だから別に僕は、女子小学生のナマ足目当てに視聴しているワケではないのですよ。


B000RO8P4M電脳コイル (1) 限定版
折笠富美子.桑島法子.矢島晶子.朴ろ美(「ろ」は「王」に「路」と書きます).小島幸子 磯光雄

バンダイビジュアル 2007-09-25
売り上げランキング : 187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さて、ここからは先週の『電脳コイル』で僕が思ったこと。

 「今回の電脳コイルを見て思い浮かんだ作品って何?」という議論って面白いですね。
 僕自身は未プレイですけど、(高校時代に友達からこういうゲームがあるんだと教えてもらった)『シヴィライゼーション』が最初に思い浮かび。
 主人公達が交代交代に翻訳機でメッセージを送っている様を見て、小学校時代に友達の家で4~5人でプレイしたスーファミ版『シムシティ』を思い出しました。

 当時はスーファミ発売直後、スーファミ本体を持っている人はそう多くなかったんですよ。値段が(当時の小学生にしては)高かったというのもあるし、本体の生産量自体も今より少なかったんじゃないかな。町のゲーム屋に入荷されただけで「今○○でスーファミ売っているらしいぞ!」とニュースになったくらいだし(笑)。スーファミ本体を買ったのもその友達宅の兄貴と父親なことが多かったから、そうした家族がいない日に集まって「スーファミ凄ぇえ!」と興奮したんだっけ。
 当時は小4とかだから、資金を増やす裏技を使ってみんなであーだこーだ言いながら適当な街を作ったっけなぁと感慨深く思いました。

 そして、発展し過ぎた街に飽きてしまい、自分達で災害を起こして街を破壊したりして(笑)………暴君ってこういうことなのかと、今振り返ると考えてしまいますね。


 多分、僕が先週の『電脳コイル』の中に観たものは『シヴィライゼーション』とか『シムシティ』と言ったゲームソフトそのものではなく、そうしたゲームをプレイして“神になったような気分だった”僕らの小学生時代だったのかも。
 もちろんモニターの中のゲーム画面と電脳生物は違うものなんですが(そう言えば電脳生物は生き物か?という議論はさり気なく前半部分に入っていましたね)……街を破壊してゲラゲラ笑っていた僕らに比べて、発展する人々の文明を本気で喜び、戦争に涙し、争いを止めようとしたヤサコ達は何て純粋なんだと思います。


 「ゲームは教育に良くない」と言われる。
 「ゲームと現実の区別が付かない子どもが育ってしまう」と言われる。

 そうした意見も僕は上手く否定できません。『シムシティ』で街を破壊し、『マリオブラザーズ』で相棒を罠にハメて殺し、『ゼルダ』で罪もないニワトリをイジめて喜んできた自分の子ども時代を思い出せば……そりゃ碌な大人になれなかったしなぁとグゥの音も出ません。

 でも、電脳生物達が起こした戦争に本気で涙していた『電脳コイル』の子ども達を見ると、「ゲームが必ずしも教育に良くない」とは思えませんし、「現実と同じようにゲームからも学習する」子どももいるんだと思います。


 その純粋さが、腐りきったまま大人になってしまった自分には眩しく見えるんだ。

B000I7XFA2シムシティDS

エレクトロニック・アーツ 2007-02-22
売り上げランキング : 158

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 20:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |