FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「アニメの3期」と言われても、それまでの内容を覚えていますか?

 いやー、夏アニメも面白いですね!
 毎シーズン毎シーズン、自分の好みに合った「すっげえ面白いアニメ」が新作として放送されているのって、ものすごい奇跡だと思いますよ。



 しかし、夏アニメを楽しんでいるところに、10月から始まる秋アニメの情報もバシバシと飛び込んできていて……「絶対に観なければならない」クラスの話題作だらけで、今から「1週間の時間配分をどうやりくりしよう……」ってなカンジに戦々恐々としています。

 今年の冬アニメもヤバかったですけどね。それを言うと、去年の春アニメもヤバかった。
 アニメ業界の人達は、生き急ぎすぎじゃありませんか!?


 さて、今日はそんな秋アニメの中から自分が「どうするかなー」と悩んでいる作品についてです。


 『とある魔術の禁書目録』の3期です!
 原作は2004年に1巻が発売された鎌池和馬先生のライトノベルで、現在も刊行は続いていて……えーっと、44巻も出ているそうです。2008~2009年にアニメ1期が放送され、2010~2011年にアニメ2期が放送され、2013年には劇場版アニメも公開されました。

 登場するサブキャラクターを主人公にしたスピンオフ漫画、『とある科学の超電磁砲』と『とある科学の一方通行』も人気で、『とある科学の超電磁砲』も2009~2010年と2013年にアニメ化されました。



 私は『禁書目録』は原作は読んでいなくて、アニメは1期・2期・劇場版と観ているので当然「3期も観るかー」というつもりだったのですが―――内容をもう何も覚えていません。

 元々「原作を超スピードで駆け抜けているので、原作未読者にはよく分からないアニメ」という評判の作品で、恐ろしいほどたくさんの登場人物が出ていて、色んな勢力があって、コイツとコイツはつながっていてコイツはこの勢力のように見えてこっちの勢力のスパイみたいなこともあったようななかったような……なので、正直「3期」を観てもサッパリ分からないんじゃないかと不安なのです。

 だってさ、アニメの2期をやったのって2011年ですよ!
 東日本大震災の時期だったこともあって、終盤あまり身が入らずに観ていたのも覚えていない要因なのかなと思うのですが……同じ2011年の冬アニメは『まどか☆マギカ』とかだし、2011年の春アニメでも『花咲くいろは』とかですよ!
 7年半って、小学5年生が高校を卒業するくらいの年月ですよ。クラスメイトの名前ですら忘れてしまっていることでしょう。観ていたアニメの内容を忘れていてもおかしくないと思うんですよ。別に私がボケ老人だとかそういうことではなく!!



 今放送中の『進撃の巨人』3期も、楽しく観てはいるんですけど……
 こちらは第1期が2013年で、第2期が2017年に放送されました。流石に第2期の放送は「つい最近」なので、おおざっぱには覚えているんですけど……第1期の内容はほとんど覚えていないので、「このキャラは新キャラなのか?それとも以前から出ていたキャラなのか?」が分からないという(笑)。

 うっかりTwitterに「この新キャラ可愛いな!」なんて呟こうものなら、「そのキャラは1期の頃から出ていましたよ。」「そんなことも分からないでアニメの感想とかつぶやかないでほしい」「検索した際にアナタの感想が出てくるのが不快」「早く死んでほしい」とか言われかねない!Twitterコワイ!



 漫画の新刊が発売されても、前の巻の内容を覚えていないので1巻から読み返すという記事に通じる話なんですが、これはきっと現在の私が週7本とかアニメを観ているからで、今観ているアニメの内容を記憶するために前観ていたアニメの内容を忘れるようになっているからだと思われて……

 例えば、「春アニメ」は何を観ていたか―――すら、ちょっと曖昧ですからね(笑)。
 いや、時間をかければ自分が観ていた作品くらいは思い出せますし、主人公の名前くらいは覚えているのですが、サブキャラの名前がもう分からない!「杉元」と「アシリパさん」は分かるけど、あと全員の名前が分からない!「兵藤」とかいたっけ?(なんか出てそうな名前をテキトーに考えた)



 なので、私……「分割2クール」とか「2期モノ」とか苦手なんですよ。
 前の話を覚えていられないので。

 オリジナルアニメが好きで、応援しているのは「前知識がいらずに、その1作品で完結するから」なのですが―――オリジナルアニメでも人気が出ると劇場版が作られたり、最近では人気が出る前から「続きが観たかったらみんな円盤買ってね!」と中途半端なところでストーリーが終わったりする作品もあったりして。

 それはまぁビジネスだから仕方がないとしても、劇場版を作られても前の内容を覚えていないから「テレビ版を全話見直したら劇場版を観よう」として、テレビ版をもう1回見る時間が作れなくてそのままいつまで経っても観られていない劇場版アニメもありますし!!



 ということで、『禁書目録』3期の前に1~2期をdアニメストアとかで観返そうかなと思っていたのですが、10月から始まっちゃうということでもう間に合いそうにありません。なんせ1期が24話、2期が24話ありますからね……夏アニメも週7本観て、てんやわんやだというのに、48話も観る時間をどうやって確保できるというのだろうか。

 秋アニメがものすごいラインナップだということを考えると、3期は最初からリアルタイムで観るのは諦めて、来年以降の時間に余裕があるときに見放題サイトで1期・2期・3期と全部一気に観れば……うーん、これは絶対に「いつまで経っても時間がなくて観ない」フラグだな(笑)。



 みなさんはどうでしょう?
 『禁書目録』に限らず、アニメの「2期」「3期」ってどう受け止められているもんなんでしょうか?







ゴールデンカムイ ラバーキーホルダーコレクション BOX商品 1BOX=10個入り、全10種類ゴールデンカムイ ラバーキーホルダーコレクション BOX商品 1BOX=10個入り、全10種類

empty 2018-07-13
売り上げランキング : 92175

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実際に視聴して自分が面白かった2018年の夏アニメ(第3週)

 そろそろみなさん、「どれを視聴するのか」が固まってきたんじゃないか思われる3週目です!私はまだ固まっていません!今季も面白い作品が多すぎます!!


 新アニメが始まる前に「面白そうな作品」を紹介するだけではなかなか興味を持ってもらえない!ということで、新アニメが始まる前に「すべての作品」を紹介して、みんなで注目作品を語り合う配信もやって、その中から自分が選んで観た作品の中で「実際に面白かった作品」を毎週紹介していきます。

 特徴は……
 「ストーリーのネタバレは書かない」ということと。
 「この記事で初めて興味を持った作品も追いかけられるように、ネット配信をしているサイトを記載する」ということです。

 「ネタバレ度は30くらい」のつもりで書くので、それも知りたくないという人は冒頭に「どの作品が面白かったから感想を書く」と記すんでそこだけ読んで引き返してください。

 今回紹介するのは『はねバド!』第3話『天狼 Sirius the Jaeger』第2話『プラネット・ウィズ』第2話、の3作品です。


◇ 『はねバド!』第3話紹介
 <公式サイト

 3週連続の紹介で、すっかり今季の推しアニメです。
 しかし、こればっかりはしょうがないです。今週はこの作品を紹介しないワケにはいきません!

hanebado3-1.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第3話より引用>

hanebado3-2.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第3話より引用>

hanebado3-3.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第3話より引用>

 第3話はエレナ視点の話なのです!
 しかも、幼少期からの「ずっと綾乃のことを見てきたエレナ」の話です。

 つまり……幼馴染百合っ!
 これは推さないワケにはいかないでしょうがっ!!!


 ……

 ………

 マジメな話をしますと、この作品は「あるキャラクター」を描く際に、「そのキャラクター本人」の感情を描くだけではなくて「そのキャラクターを見ているキャラクター」の視点からも描く作品です。
 例えば、第2話は「荒垣なぎさ」の話でしたが「荒垣なぎさ」のモノローグだけで話を進めるのではなく、「海老名悠」の視点からも話を進めてきました。「才能」か「努力」か―――「悠」と「なぎさ」ではちがうところと、「悠」と「なぎさ」に共通するところを描くことで、お話が「荒垣なぎさ」だけの話ではなく「みんな」の話になったんですね。

 「なぎさ」と「悠」とその他のキャラクターの視点から描かれたことで多角的になって、視聴者にも「あぁ……自分も、こういう岐路に立ったことがあった」と思わせる話になったんです。


 それと同じように、第3話は「藤沢エレナ」の話でありながら、「羽咲綾乃」の話なんです。
 「エレナ」と「綾乃」ではちがうところと、「エレナ」と「綾乃」に共通するところとは何なのか―――「百合」かどうかは置いといて、同性の幼馴染の描き方としてこれ以上ないものを見せてもらったし、視聴者にとっても「登場人物の誰か」には感情移入できる話になったんじゃないかと思います。私は「綾乃」よりも「エレナ」の方に感情移入して観ていました。


hanebado3-4.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第3話より引用>

 ロリエレナ、すげえ可愛かったし!


【今からでも第3話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
AbemaTV
 (7/17 24時30分~)
GyaO!
 (7/17~?)

<有料会員は全話見放題>
Hulu
 (7/17 24時~?)
Amazonプライムビデオ
 (7/17 24時~?)
dTV
 (7/18 12時~)
dアニメストア
 (7/18 12時~)
FOD
 (7/18 12時~)




◇ 『天狼 Sirius the Jaeger』第2話紹介
 <公式サイト

 P.A.WORKSの新作オリジナルアニメ『天狼』、第1話は「絵はむっちゃキレイだけど、ストーリーは普通でキャラクターはあんまり魅力的じゃないかなぁ」という手応えだったのですが、第2話はむちゃくちゃ面白かったです!1話切りしなくて良かった!

sirius2-1.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第2話より引用>

 というのも、第2話から幼女が出てきたからです!



 ……

 ………

 マジメな話をしますと、この作品のメインキャラクター5人は“最初から関係が出来上がっている”状態で第1話が始まっています。全員初めましてな視聴者を置いてけぼりにして、顔馴染みなキャラクター達だけで視聴者には分からない話をバンバンやってしまっていたんですね。「視聴者視点のキャラ」が不在のまま始まっていたというか、涼子お嬢様あたりがその役割にあたっておかしくなかったのにユーリィに拒絶されてしまってたし。

 しかし、第2話に出てきたこの幼女のことは流石のユーリィも拒絶できなかったし、幼女は幼女で「どうして?どうして?」と空気を読まないでどんどん質問してくるからユーリィの生い立ちとかフィリップがどうしてユーリィに冷たく当たるのかとかが見えてきました。彼女が「視聴者視点のキャラ」として機能してくれたおかげで、第1話では「魅力的じゃない」と思ったキャラクターの内面が見えて、魅力的に思えてきたんですね。

 これぞ『YOUJO理論』か!
 何でもかんでもアルファベットにすればイイってものではない。


 思えば、同じようにP.A.WORKS制作でNetflix独占配信だった『クロムクロ』も、得体の知れない主人公だけど幼女が懐いているから悪い人ではないみたいな序盤でしたし……世界に向けて展開していく作品には幼女は欠かせないとP.A.は考えているのかも知れませんね!



sirius2-2.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第2話より引用>

 P.A.作品にはどれもそういう傾向がありますけど、この作品も「キャラクターが多い」!
 特にこの作品は、メインは「狩人」と「ヴァンパイア」の戦いですけど、そのどちらにも属さない「日本人」が色んな勢力に分かれて登場するので見分けが付きません。まぁ、海外からやってきた主人公達からすれば「日本人みんな同じ顔に見えるよー」ってことなのかも知れませんが。


sirius2-4.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第2話より引用>

 例えば、第2話に出てきたこの「多田」という男―――
 月刊実録犯罪という雑誌の記者だそうで、「マスコミ」サイドのキャラクターなのですが……


sirius2-5.jpg
sirius2-6.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第1話より引用>

 第1話に登場した伊庭少佐という「陸軍」サイドのキャラクターにそっくりで見分けがつかないよと思っていたら、公式サイトによると同じ人だとか。


 同じ人かよっ!
 どうりで見分けがつかないワケだ。


 つまり、伊庭という男は「陸軍」サイドでありながら「マスコミ」サイドの力も持っていて、主人公達「V海運」を疑っているということですね。「V海運」は内務省や警察とコネクションがあって、「アルマ商会」は軍とつながりがあるという話が第2話にありました。メインは「狩人」と「ヴァンパイア」の戦いですけど、日本人の中でも勢力争いが起こっているというのがこの作品の特徴なんですね。

 「和」と「洋」が折衷する曖昧な時代に、何が敵で何が味方なのかも曖昧な戦いが行われているというか。


sirius2-3.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第2話より引用>

 んで、第1話で「視聴者視点のキャラ」になるかと思ったらならなかった涼子お嬢様は、日本人だけどさあ今後どう動かしてくるのかなというのが今後の楽しみです。

 キャラが把握できないと何が何やらでしたが、キャラの勢力図が見えてくるとちょっとした群像劇っぽいところもあって俄然面白くなりました。アクション描写もすさまじいですし、オリジナルアニメとして応援していきたいです。


【今からでも第2話が観られる配信サイト(仮)】
<有料会員は全話見放題>
Netflix
 (7/20~)

 日本でのインターネット配信はNetflix独占です。




◇ 『プラネット・ウィズ』第2話紹介
 <公式サイト

 「虎井がやられたようだな……」
 「だが、ヤツは我ら7人の中で最弱」

plawith2-1.jpg
<画像は『プラネット・ウィズ』第2話より引用>

 「虎井さん、測定値は7人中トップです」
 「なんじゃ……最強が最初にやられたってことかい」


 四天王テンプレネタに笑った。

 しかし、いきなり最強キャラがやられてしまう辺り、敵であるはずの「グランドパラディン」側が主人公側っぽい立ち回りなんですよね。謎の敵に1人1人撃破されていく様は『鉄腕アトム』の「地上最大のロボット」っぽいですし、この『プラネット・ウィズ』という作品はそれをアトム側ではなくプルートゥ側を主人公にして描いているというか。


plawith2-2.jpg
<画像は『プラネット・ウィズ』第2話より引用>

 ということで、主人公:黒井宗矢が「グランドパラディン」の7人を撃破しようとするのと同時に、「グランドパラディン」側も自分達を襲っている敵(黒井宗矢)を捜すという展開に。そして、「グランドパラディン」側の人達は基本的にいいひと達で、この虎井さんなんかは特に「これぞ正義の味方!」という好青年なんですよね。

 宗矢くんが、自分が戦っている人達がこんないいひと達なことに気付いていく……という展開になるのか。こんないいひと達でも、宗矢くんは許せない復讐の対象なのか。両陣営が並行して描かれるからこその面白さが出てきそうです。


plawith2-3.jpg
<画像は『プラネット・ウィズ』第2話より引用>

 そして、この2人が百合っぽい……
 しかも、幼馴染同士で、CV.が大和田仁美さん……!

 何だ、この既視感は……!


【今からでも第2話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話2日無料>
ニコニコ動画
 (第1話は多分しばらく無料、第2話以降は金曜正午~土曜夜まで無料)

<有料会員は全話見放題>
Amazonプライムビデオ
 (7/20 12時~)
dアニメストア
 (7/20 12時~)
バンダイチャンネル
 (7/20 12時~)
Hulu
 (7/20 12時~)
 他

 ニコニコの無料配信、「日曜夜まで」だと思ったら「土曜夜まで」ですって。
 すっげせわしない!この記事を読み終わったらすぐに観に行くんだ!


 以上で「実際に視聴して自分が面白かった2018年の夏アニメ」の記事を終わります。
 今季も面白い作品が多くて、どれを視聴していくのか悩みますね……自分の場合、今季は「ずっと観続けてきた作品」の3期が2作品、前季から引き続きの2クール目が2作品あって、視聴スケジュールが大変です。来週までには何を残すのか決めなくては。

 ではでは。お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。


ふたりの羽根(アニメ盤) TVアニメ『はねバド! 』OPテーマふたりの羽根(アニメ盤) TVアニメ『はねバド! 』OPテーマ
水野良樹 YURiKA

東宝 2018-08-15
売り上げランキング : 7919

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

岸田教団&THE 明星ロケッツ/「シリウス」(アーティスト盤/2枚組)岸田教団&THE 明星ロケッツ/「シリウス」(アーティスト盤/2枚組)
岸田教団&THE 明星ロケッツ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2018-08-22
売り上げランキング : 1103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TVアニメ『プラネット・ウィズ』OP主題歌 (通常盤) (特典なし)TVアニメ『プラネット・ウィズ』OP主題歌 (通常盤) (特典なし)
Minami

バンダイナムコアーツ 2018-07-25
売り上げランキング : 1469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実際に視聴して自分が面白かった2018年の夏アニメ(第2週)

 暑い。
 夏アニメも始まったばかりだというのにこの暑さとは、8月はどんなことになってしまうのでしょうか。むしろ夏アニメが夏を暑くしているのか……?


 新アニメが始まる前に「面白そうな作品」を紹介するだけではなかなか興味を持ってもらえない!ということで、新アニメが始まる前に「すべての作品」を紹介して、みんなで注目作品を語り合う配信もやって、その中から自分が選んで観た作品の中で「実際に面白かった作品」を毎週紹介していきます。

 特徴は……
 「ストーリーのネタバレは書かない」ということと。
 「この記事で初めて興味を持った作品も追いかけられるように、ネット配信をしているサイトを記載する」ということです。

 「ネタバレ度は30くらい」のつもりで書くので、それも知りたくないという人は冒頭に「どの作品が面白かったから感想を書く」と記すんでそこだけ読んで引き返してください。

 今回紹介するのは『プラネット・ウィズ』第1話『ハッピーシュガーライフ』第1話『はねバド!』第2話の3作品です。



◇ 『プラネット・ウィズ』第1話紹介
 <公式サイト

plawith1-1.jpg
<画像は『プラネット・ウィズ』第1話より引用>

 なんか……やべーやつ始まったぞ!!

 漫画家:水上悟志さんが原作・シリーズ構成・脚本原案・キャラクター原案・メカデザイン・コミカライズを担当されるオリジナルアニメで、冒頭から最後までずっと「なんだこれ!」「なんだこれ!」と驚きながら観ていました。



 第1話の冒頭は炎につつまれている街、空中に浮かぶ異様な物体(敵?)、それに向かっていく男(仲間?)と、それを見ているしかない主人公……といったカンジに、視聴者が「え?え?どういうこと??」と戸惑う始まりとなっています。

plawith1-2.jpg
<画像は『プラネット・ウィズ』第1話より引用>

 と思ったら夢オチ。
 何年か前に「主人公が目覚めて始まる第1話」について記事を書いたことがありますが、この演出には大きく分けて二つの効果があります。

 一つには「夢に今後の伏線を貼ることができる」
 これから起こる「未来の予知」なのか、既に起こった「過去の出来事」なのか、いずれにせよ視聴者はここで見せられた情報の意味が気になって先を観るしかなくなるという効果が出るのです。

 もう一つには「主人公や世界観の設定を見せることができる」です。
 朝起きるところから描くだけで「どんな部屋で寝ているのか」「どんな格好で寝ているのか」「家族にはどんな人がいるのか」「起きた後にどこに向かうのか」を自然に描くことができます。

 夢の内容は「炎につつまれた街」だったのに、目覚めれば「平和な朝」なことから―――なるほど、こんな風に何の変哲もない平穏な日常を送っている主人公が、事件に巻き込まれていって最終的にああいう「炎につつまれた街」で戦う展開になっていくのか、とか。もしくは、前世か何かでああいう「炎につつまれた街」で戦った記憶が奥底に眠っていて、こんな風に何の変哲もない平穏な日常を送っている主人公がそれを思い出して再び戦いに向かうみたいな展開になるのかな、とか考えていたら。



plawith1-3.jpg
<画像は『プラネット・ウィズ』第1話より引用>

 なんだこの家族構成は。
 ちっとも「何の変哲もない平穏な日常を送っている主人公」じゃないじゃないか!



 ……と、こんなカンジにこの作品の第1話。
 「ということは、この作品はこういう話なのかな」→ 「全然ちがうじゃねえか!」→ 「どういうこと!?どういうこと!?」と、こちらの予想をどんどんどんどん裏切って、真相をなかなか説明してもらえずに謎をどんどん引っ張っていく話になっていました。
 漫画家さんが脚本原案までやっているからなのか、この構成は「漫画の新連載の第1話っぽい」なと思いました。漫画って、特に人気が確立される前は「最後まで読んでもらえるとは思うな」「次のページをめくってもらえる工夫をしろ」と言われるものですからね。それをそのままアニメに持ち込むとこうなるのか――――という第1話でした。


 それゆえに、漠然とボーっと見ていると「なんか、よく分かんねえアニメだなぁ」となりそうで、実際にTwitterのタイムラインを見たらそういう感想の人もいたんですけど。私は、これくらい一生懸命観れば観るほど味が出てくるアニメは応援していきたいです!


【今からでも第1話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話2日無料>
ニコニコ動画
 (第1話は多分しばらく無料、第2話以降は金曜正午~日曜夜まで無料)

<有料会員は全話見放題>
Amazonプライムビデオ
 (7/13 12時~)
dアニメストア
 (7/13 12時~)
バンダイチャンネル
 (7/13 12時~)
Hulu
 (7/13 12時~)
 他

 第1話は見放題サイトで無料会員でも観られるみたい……?
 テレビ放送は最速で日曜夜ですが、ネット配信は翌金曜日の正午から一斉解禁みたいですね。最新話無料はニコニコ動画の「2日間無料」だけみたいなんで、無料で観たい人はスケジュールに気をつけてください。このフットワークの重さ、融通の効かなさ具合はちょっと気になるところです。




◇ 『ハッピーシュガーライフ』第1話紹介
 <公式サイト

hsl1-1.jpg
<画像はアニメ版『ハッピーシュガーライフ』第1話より引用>

 わーい、みんな大好き「おねロリ」だよーー。


 おねロリ(おねろり)とは……(百合ナビ【百合ゆり大百科】より引用)
・年上のお姉さんと年下の少女(ロリ)の組合せを指す百合ジャンルである。
・美人のお姉さんと可愛らしい幼女という組み合わせは、非常に癒し要素の強い組み合わせとなるのだが、シリアス路線となると同性愛+年齢差という二重苦により割と面倒事が多かったりする。


 以上です。
 この作品を100%楽しみたいのなら、「ネタバレ度30」と言わずに「ネタバレ度0」で観るのがベストだと思います。私は全作品紹介の記事を書く際に大体どういう話かは知ってしまっていたのですが、全く知らずに第1話を観た人の感想を読んだら「俺も予備知識ゼロで観たかったぜ……」と後悔しましたからね。


 ということで、「そうか!とりあえず第1話を観てこよう!」と思ってくださった人は、BS-TBSでは土曜深夜放送で、ネット配信ではAmazonプライムビデオで既に配信されているのでそちらをどうぞ!ここから先の記事は、読まなくて良いです!

 「まぁ、そうは言ってもどんな話か分かんなかったら観る気にならないし」という天邪鬼な人や、「おねロリとか百合とか全然興味ないし」という人にはもうちょっと説明しないとならんと思うので……「ネタバレ度30くらい」のギリギリを狙って書こうと思います。



hsl1-2.jpg
<画像はアニメ版『ハッピーシュガーライフ』第1話より引用>

 この作品、「百合」であり「おねロリ」ではありますが……その2人の関係性だけを描いて終わるワケではありません。というか、その2人の関係性だけを言うと、最初からこの2人は両想いでラブラブなので話が特に進展しませんからね。

 ということで、この物語は「その幸せな時間を維持するためのストーリー」となっています。
 しおちゃんとの生活を続けるために、しおちゃんと一緒にいられる時間を削ってバイトを掛け持ちする日々―――つまり「百合」以外の部分で大半のお話が起こるんですね。そういう意味では「百合」がそこまで好きじゃない人でも問題なく楽しめるんじゃないかと思います。


hsl1-3.jpg
<画像はアニメ版『ハッピーシュガーライフ』第1話より引用>


hsl1-4.jpg
<画像はアニメ版『ハッピーシュガーライフ』第1話より引用>

 そして、ところかしこに感じられる「歪み」。
 例えば、この「映らないテレビをペシペシ叩く」シーンとかすごく意味深ですよね。幼稚園児くらいだったらこういうことをするコがいてもおかしくないでしょうが、わざわざこんなものを描くのは……というね。

 こういう「歪み」が気になる人には、是非オススメです!


【今からでも第1話が観られる配信サイト(仮)】
<有料会員は全話見放題>
Amazonプライムビデオ
 (配信中~)

 ネット配信はAmazonプライムビデオ独占配信だそうです。
 情報をまとめる私にとっては楽で助かります!が、視聴者としては選択肢が少ないのがアレですかねぇ。



◇ 『はねバド!』第2話紹介
 <公式サイト

 1週目から推していた青春バドミントンアニメ『はねバド!』、2週目も面白かったです!
 バドミントンを辞めていた主人公と、その主人公に負けてからずっと主人公に勝つことを目標に努力し続けてきたキャプテンが、「部に入るかどうか」を賭けて勝負する!という第2話だと思ったら……

hanebado2-1.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第2話より引用>

 その勝負はアバンで終わりました(笑)



 でも、この作品……「主人公」とその周りで起こっている物語だけを描く作品じゃないんですよね。「才能」か「努力」かという構図は何も主人公とキャプテンの2人だけの話ではなく、この作品に出てくるすべてのキャラに言えることです。第1話に出てきた男子テニス部の人達ですら、この構図に当てはめられていましたからね。


hanebado2-2.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第2話より引用>

 試合形式の練習で、敗れて悔しがり地面を叩く葉山先輩。
 そして、その後に立ち上がり、コートを去るところまでしっかりロングで描いておいて―――


hanebado2-3.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第2話より引用>

 それを隣のコートから見ていた悠にカメラが映ります。
 ついさっき軽口を叩いていた2人をこう使いますか!というシーンでした。

 葉山先輩も悠も、公式サイトのキャラクター紹介には名前も載っていないキャラクターなんですが。そういうキャラにもしっかり物語があって、何なら第2話は主人公である羽咲綾乃の出番そっちのけで、悠視点でストーリーが描かれると言っても過言ではありません。


 バドミントンのシーンのアクションばかりが注目されそうなこの作品ですけど、このコンビニ前の日常描写もすさまじいです。4人のキャラが会話に合わせて細かく動く上に、ガラスに反射している部分もある!

 でも、公式が「2話の要」と言っている上に「2話のサブタイトルにもなっている」ように、こここそが第2話を象徴するシーンなんですよね。主人公はいない、悠ですらサブキャラクターの一人だし、更に喋っている先輩3人は「部を辞めた人達」でしかありません。でも、そういう人達にも物語はあるし、そういう人達の視点だからこそ主人公やキャプテンの物語にも感情移入ができるというものなのです!


【今からでも第1話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
AbemaTV
 (7/10 24時30分~)
GyaO!
 (7/10~?)

<有料会員は全話見放題>
Hulu
 (7/10 24時~?)
Amazonプライムビデオ
 (7/10 24時~?)
dTV
 (7/11 12時~)
dアニメストア
 (7/11 12時~)
FOD
 (7/11 12時~)

 「最新話無料」でのみ観ようとするならば、第1話はしばらく無料みたいですが、第2話の無料期間はあとちょっとで終わってしまいます。今ならまだ無料で追いかけられるので是非!


 2週目に入ると流石にラインナップが増えて盛りだくさんになる一方、テレビ放送は裏被りも増えてくるので「どれを観るのか」の取捨選択もしなければならなくなってきます(ウチのレコーダーは裏番組同時録画ができないので……)。んで、「こっちよりこっちだー!」と選んだ方がイマイチだったりすると、「やっぱりあっちにしておけば良かったー!」となったりして。

 そう考えるとネット配信って本当にありがたいですよねぇ。
 ネット配信をテレビ画面で観やすくするために「Fire TV Stick」を買うか悩んでいる最近です。ただ、そうするとコンセントの数が足りないんですよねぇ。平成も終わるこの時代、そろそろ人類をコンセントの数から解放してくれる画期的な発明でも現れないものかしら。

プラネット・ウィズ Blu-ray BOX 特装限定版 第1巻プラネット・ウィズ Blu-ray BOX 特装限定版 第1巻

バンダイナムコアーツ 2018-11-22
売り上げランキング : 538

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハッピーシュガーライフVol.1 [Blu-ray] (スペシャルイベント昼の部 優先先行受付申込み券付)ハッピーシュガーライフVol.1 [Blu-ray] (スペシャルイベント昼の部 優先先行受付申込み券付)

バップ 2018-09-19
売り上げランキング : 4153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「はねバド! 」 Vol.1 Blu-ray (初回生産限定版)「はねバド! 」 Vol.1 Blu-ray (初回生産限定版)

東宝 2018-09-19
売り上げランキング : 803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実際に視聴して自分が面白かった2018年の夏アニメ(第1週)

 毎日サッカー観てたら、いつの間にか夏になってる!

 そんなこんなで、夏アニメも始まってしまいました。
 新アニメが始まる前に「面白そうな作品」を紹介するだけではなかなか興味を持ってもらえない!ということで、新アニメが始まる前に「すべての作品」を紹介して、みんなで注目作品を語り合う配信もやって、その中から自分が選んで観た作品の中で「実際に面白かった作品」を毎週紹介していきます。

 特徴は……
 「ストーリーのネタバレは書かない」ということと。
 「この記事で初めて興味を持った作品も追いかけられるように、ネット配信をしているサイトを記載する」ということです。

 「ネタバレ度は30くらい」のつもりで書くので、それも知りたくないという人は冒頭に「どの作品が面白かったから感想を書く」と記すんでそこだけ読んで引き返してください。

 今回紹介するのは『はねバド!』第1話『はるかなレシーブ』第1話の2作品です。



◇ 『はねバド!』第1話感想
 <公式サイト

 今季の私の視聴作品は「7月2週目から」というものが多くて、「7月1週目から」の作品はあまり多くなかったのですが……その中でトップバッターとして度肝を抜いてくれたのがこちらの作品になります!青春バドミントンアニメです!この作品の何がイイって……


hanebado1.jpg
<画像は『はねバド!』第1話より引用>

 主人公が可愛い!
 ちょっと小柄で、胸も控えめで、真面目そうで、清潔感があって、このくらいの長さの髪を一つにまとめているのも私は結構なタイプだったりします。


hanebado2.jpg
<画像は『はねバド!』第1話より引用>

 「女のコが可愛い」としか言っていないと、またなんか色々と言われそうなのでもうちょっと他のことも言っておくと……

 主人公の声も可愛いですよね!
 主演を務める大和田仁美さんは、『SHIROBAKO』の今井みどり役や『アリスと蔵六』の紗名役で有名ですが、すっごい可愛い美少女声なのにちょっとイラっとするカンジというか闇を抱えているカンジなのがこの羽咲綾乃ちゃん役にピッタリだと思うんですよ。ただただ可愛いだけじゃなくて……?闇を抱えている……?


hanebado3.jpg
<画像は『はねバド!』第1話より引用>

 闇………?


 ということでこの作品の第1話、「青春の光と闇」を徹底的に描いていて、「光が当たっているシーン」「光が当たらないシーン」がとことん対比されているのです。あんまり書くとネタバレになっちゃうので具体例は挙げませんけど、これから第1話を観るって人や、もう1回第1話を観返そうって人は、“どこに光が当たっているのか”に注目していただけたら面白く観られると思います!



 また、スクショでは説明できないバドミントンのシーンの動きもすごいです。
 夏アニメを紹介する生配信で「PVのアクションシーンが凄すぎてアレが1クール持つのか心配になる」というコメントがありましたが、まさに。単に人間の動きがすごいというだけでなく、“球技最速”とも言われるバドミントンのスピードと、そこからの減速を、上手くアニメーションで表現しているんですよね。


 青春モノとしても、スポーツモノとしてもなかなかに期待大です!


【今からでも第1話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
AbemaTV
 (7/3 24時30分~)
GyaO!
 (7/3~?)

<最新話3日無料>
ニコニコ動画
 (3日って! 第1話は多分しばらく無料)

<有料会員は全話見放題>
Hulu
 (7/3 24時~?)
Amazonプライムビデオ
 (7/3 24時~?)
dTV
 (7/4 12時~)
dアニメストア
 (7/4 12時~)
FOD
 (7/4 12時~)

 テレビ放送は日曜夜が最速で、ネット配信は火曜夜か水曜昼が多いみたいです。「?」が付いているのは各サイトに記述がないので確認が取れなかったところです。
 ニコ動の3日限定はアレなんですが、最新話期間限定無料も有料会員見放題もいろんなサイトでカバーしていて、ネット配信でも見やすい作品ですね。プライムビデオを抑えているのはオススメしやすい。




◇ 『はるかなレシーブ』第1話感想
 <公式サイト

 2つ連続「女のコ主人公のスポ根もの」だーーーー!
 しかも、どちらもネット競技で「似たようなものじゃない?」と思ってしまう人もいるかも知れません。確かに同ジャンルの作品ですが、それぞれにちがう特徴と魅力を持っていて上手いこと差別化されていると思うんですね。


harukana1.jpg
<画像は『はるかなレシーブ』第1話より引用>

 この作品の私が思う見所は……
 主人公の相方が可愛い!

 ちょっと小柄で、胸も控えめで、真面目そうで、清潔感があって、このくらいの長さの髪のコがスポーツをする時なんかに一つにまとめるのも私は大好きです。
 引っ込み思案のコが活発なコに引っ張られてあたふたするのも可愛いし、自分の好きなものを語るときだけ満面の笑みになるのも可愛いし、闇を抱えているカンジもイイですよね!


harukana2.jpg
<画像は『はるかなレシーブ』第1話より引用>

 闇………?


 ということで、この作品も「青春の光と闇」を描いている作品だと思うのですが……私は別にこの記事で自分の嗜好を暴露してハァハァしたいワケじゃなくて、『はねバド!』では主人公が担っている役割を『はるかなレシーブ』では相方に担わせているってのを見せたかったんですね。

 バドミントンとちがってビーチバレーは一人で出来る競技ではありません。
 『はるかなレシーブ』第1話は冒頭から「個人競技ではない」「一人では出来ない」とこの競技の特性を繰り返し語らせています。ビーチバレーをしたかったら相方が必要で、その相方との関係が重要なんだと見せているのです。だから、(『はねバド!』とはちがって)こちらの主人公は底抜けに明るくて、そんな主人公に相方が引っ張られるという構造にしているのでしょう。


harukana3.jpg
<画像は『はるかなレシーブ』第1話より引用>

 ということで、同じような題材のスポ根アニメですが、こちらは比較的ライトに明るく楽しめそうで、百合要素にも期待できそうです。


【今からでも第1話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
AbemaTV
 (7/6 23時~)
ニコニコ
 (7/12 24時~)
・GyaO!
 (7/12 24時~)

<有料会員は全話見放題>
dアニメストア
 (7/6 23時~)
・Amazonプライムビデオ
 (7/13以降)
・Hulu
 (7/13以降)
・バンダイチャンネル
 (7/13 12時~)

 ネット配信はAbemaTVとdアニメストアが最速で、地上波のテレビ放送よりも早いです。最近こういう作品も増えてきましたね。他のサイトはそれより1週間遅れですが、逆に言えば後からでも追いやすいとも言えますね。



 1週目に紹介するのはこの2本でした!
 全作品紹介記事を書く際にほとんどの作品のPVは観ちゃっているので、「序盤の展開は大体分かってしまう」せいかなかなかテンションを上げづらいのは考えものだなーと思いました。まぁ、2週目から始まる作品もありますし、第2話・第3話と続いていけばPVでやっていないところにもたどり着くでしょうからそちらに期待です。


「はねバド! 」 Vol.1 Blu-ray (初回生産限定版)「はねバド! 」 Vol.1 Blu-ray (初回生産限定版)

東宝 2018-09-19
売り上げランキング : 1762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

はるかなレシーブ Vol.1 [Blu-ray]はるかなレシーブ Vol.1 [Blu-ray]

KADOKAWA メディアファクトリー 2018-09-26
売り上げランキング : 1057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメ版『こみっくがーるず』各話感想メモまとめ(1話~最終話)

 もう夏アニメも始まっていますけど、3ヶ月に1回「その季で一番気に入っていた作品」の一本だけに絞って書いているアニメ感想まとめの春アニメ編です!

 「歴史的大豊作」だった冬アニメに比べると、どうしても春アニメは地味かなーと思って観始めたのですが、結果的にはこちらも大豊作でした。その中から何を選ぶのか今季も悩んだのですが、「自分の中で忘れたくない一本」と考えるならやっぱりこれかなーと、2季連続できらら作品になっちゃいましたが『こみっくがーるず』を選びました!



<ルール>
・1話から最終話までの感想ツイートを貼り付け
・“最終話まで観終わっている”現在の自分のコメントを補足
・なので、基本的に最終話までのネタバレを含みます
・「まとめ」という記事タイトルですけど、まとめるのは「私の感想」だけです。「みんなの感想」をまとめるのが目的の記事ではありません
・私はまだ原作を読んでいないので、コメント欄などに原作のネタバレを書き込むのはやめてください
・思うがままに書いた感想なので、ところどころに間違いがあったりするでしょうが優しく許して下さいな


 今回の記事も長くなることが予測されるので格納しました。
 続きは「続きを読む」を押してもらえれば表示されます。ではでは。

≫ 「続きを読む」

| アニメ雑記 | 17:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【告知】6月30日(土曜日)20時頃~夏から始まるアニメの見所や注目作をみんなで語ろう配信を行います!

【お知らせ】6月30日(土曜日)20時頃~YouTube Liveで、夏から始まるアニメの見所や注目作をみんなで語ろう配信を行います!


配信ページはたぶんココ

 この記事を振り返りながら、記事には書ききらなかった夏アニメの見所や注目作を語っていく配信をします!
 私以外の「みんなの注目作」も知りたくて募集したのですが、今のところ1つも来てないので、とりあえず私が思う見所や注目作を語っていきます。これが定番化していって、色んな人の意見が聞けたり、一緒に語ってくれる仲間が出来たりしたらイイんですけどねぇ。


 毎月の月末に書いている活動報告は、この配信が終わったら公開します。

≫ 「続きを読む」

| アニメ雑記 | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年の夏アニメ全作品を三行ずつで紹介していきます!

 この時期が来ましたよー!
 夏から始まるアニメ全作品をババっと紹介していく記事です!6月15日現在、リストアップされたのは39作品でした!春アニメの時の59作品より20作品も少ない!やったーーーーー!楽だーーーーー!

 ストーリーの続きから始まる「2期モノ」「3期モノ」は省いているのと、本編を知っていることが前提じゃないかなぁと思われる「スピンオフもの」も省きました。具体的に言うと『バキ』『中間管理録トネガワ』『BanG Dream! ガルパ☆ピコ』あたりです。
 「久々のシリーズを復活させるリブートもの」や「長期シリーズを仕切り直すリスタートもの」は今回も入れてあります。こちらは『深夜!天才バカボン』や『ゾイドワイルド』です。もう基準がどこにあるのか、私にもよく分かりません。


・見所を紹介する文章は、全作品「三行ずつ」にします
・放送日のリストは、リンクを貼っておくのでそちらを見てください
・PVのスクショを載せているので、PVを観たい人はリンク先に飛んでください
・上から7番目までは「以前の7作品紹介する記事」と同じように選んでいます
・イメージが伝わるように原作本の画像を載せていたのを、以前はキンドル本と紙の本の両方の画像を載せていましたが、それを片方のみにします(キンドル本があればキンドル本を優先)




◇ 『プラネット・ウィズ』
 <公式サイト男女女男男放送情報
・39作品の1枠目に選んだのは、漫画家:水上悟志さんによるロボットアニメです!
・漫画家がネームやキャラクター原案まで担当するオリジナルアニメって増えてきましたね
ネームをそのまま載せたティザーPVがムチャクチャ格好良かったので期待しています!

プラネット・ウィズ
TVアニメ『プラネット・ウィズ』番宣CMより引用>



◇ 『BANANA FISH』
 <公式サイト男男男男男放送情報
BANANA FISH 復刻版BOX vol.1 (特品) BANANA FISH 復刻版BOX vol.2 (特品 (vol.2)) BANANA FISH 復刻版BOX vol.3 (特品 (vol.3)) BANANA FISH 復刻版BOX vol.4 (特品 (vol.4))
・1985年~1994年に連載された吉田秋生さんの名作漫画が初のテレビアニメ化です
・ニューヨークを舞台に、二人の少年が“バナナフィッシュ”の謎を追うというストーリー
・原作からの変更点が原作ファンは気になるそうですが、私は原作未読なんで楽しみ!

BANANA FISH
TVアニメ「BANANA FISH」第2弾PVより引用>



◇ 『殺戮の天使』
 <公式サイト女男男男女放送情報
・元々はニコニコゲームマガジンで連載されていたフリーのサイコホラーADVゲーム
・そこから火がついてコミカライズ、ノベライズ、スマホやゲーム機にも展開されてるという
・記憶を失った少女が殺人鬼ばかりのビルの中から脱出を目指すストーリーです

殺戮の天使
TVアニメーション「殺戮の天使」PV第2弾より引用>



◇ 『はるかなレシーブ』
 <公式サイト女女女女女放送情報
はるかなレシーブ 1巻 (まんがタイムKRコミックス) はるかなレシーブ 2巻 (まんがタイムKRコミックス) はるかなレシーブ 3巻 (まんがタイムKRコミックス) はるかなレシーブ 4巻 (まんがタイムKRコミックス) はるかなレシーブ 5巻 (まんがタイムKRコミックス)
・来季のきらら枠は、ストーリー誌フォワードからこちら!ビーチバレー漫画です
・沖縄が舞台で、水着のおにゃのこがいっぱいだーー!と思いきや結構なスポ根みたい
・でも、ビーチバレーは2人1組なんで、百合的な方向にも期待したいですよね、きららだし

はるかなレシーブ
『はるかなレシーブ』第2弾PVより引用>



◇ 『天狼 Sirius the Jaeger』
 <公式サイト男男女男男放送情報
・P.A.WORKSのオリジナルアニメ枠、監督は『CANAAN』『花咲くいろは』の安藤真裕さん
・昭和初期の東京を舞台に、吸血鬼と狩人の戦いを描くダークファンタジーみたいですね
・キャラ原案が元カプコンの西村キヌさんだからか、良い意味でP.A.らしくない雰囲気です

天狼 Sirius the Jaeger
TVアニメ『天狼 Sirius the Jaeger』本PV-Main Trailer-より引用>



◇ 『ハイスコアガール』
 <公式サイト男女女男男放送情報
ハイスコアガール CONTINUE 1巻 ハイスコアガールCONTINUE (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ハイスコアガール CONTINUE 2巻 ハイスコアガールCONTINUE (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ハイスコアガール CONTINUE 3巻 ハイスコアガールCONTINUE (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ハイスコアガール CONTINUE 4巻 ハイスコアガールCONTINUE (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ハイスコアガール CONTINUE 5巻 ハイスコアガールCONTINUE (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ハイスコアガール 6巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ハイスコアガール 7巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ハイスコアガール 8巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER)
・一時は頓挫されたアニメ化計画が、各ゲーム会社の協力を得て戻ってきました!
・主に格闘ゲームが熱かった1990年代序盤のゲーセンを舞台にした青春モノです
・私はゲーセンには思い入れがないんですけど、ゲーム画面とアニメの融合は気になる

ハイスコアガール
TVアニメ『ハイスコアガール』ティザーPVより引用>



◇ 『少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト』
 <公式サイト女女女女女放送情報
・旧7枠目に選んだのはこちら!アニメとミュージカルがリンクしたメディアミックス作品です
・アイドルのラブライブ、バンドのバンドリのように、声優さんにミュージカルをやらせる作品
・私はこういう「女のコ達の青春モノ」に弱いので。PV見る限り作画も安定していそうですし

少女☆歌劇 レヴュースタァライト
TVアニメ「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」特報映像(30秒Ver.)より引用>




◆ 『ハッピーシュガーライフ』
 <公式サイト女女男男女放送情報
ハッピーシュガーライフ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) ハッピーシュガーライフ 2巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) ハッピーシュガーライフ 3巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) ハッピーシュガーライフ 4巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) ハッピーシュガーライフ 5巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) ハッピーシュガーライフ 6巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) ハッピーシュガーライフ 7巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) ハッピーシュガーライフ 8巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)
・愛のためなら監禁も脅迫も殺人も厭わない!ヤンデレ少女による純愛サイコホラー!
・これ、名前は前からよく見かけていたんですけど、「おねロリ」の百合だったんですね
・どうにでも話を転がせられる設定で、これはムチャクチャ面白そう!百合だし!!

ハッピーシュガーライフ
TVアニメ『ハッピーシュガーライフ』PV第2弾より引用>



◆ 『アンゴルモア元寇合戦記』
 <公式サイト男女男男男放送情報
アンゴルモア 元寇合戦記(1) (角川コミックス・エース) アンゴルモア 元寇合戦記(2) (角川コミックス・エース) アンゴルモア 元寇合戦記(3) (角川コミックス・エース) アンゴルモア 元寇合戦記(4) (角川コミックス・エース) アンゴルモア 元寇合戦記(5) (角川コミックス・エース) アンゴルモア 元寇合戦記(6) (角川コミックス・エース) アンゴルモア 元寇合戦記(7) (角川コミックス・エース) アンゴルモア 元寇合戦記(8) (角川コミックス・エース) アンゴルモア 元寇合戦記(9) (角川コミックス・エース)
・1274年の元寇を描いた歴史大河ロマンです。「元寇って何?」って人はいませんよね
・罪人として対馬に送られてきた主人公達が、圧倒的不利な戦いに挑む!
・ついこないだ元寇を舞台にしたゲームが話題になったのだけど、流行っているのだろうか

アンゴルモア元寇合戦記
「アンゴルモア元寇合戦記」PV第2弾より引用>



◆ 『はねバド!』
 <公式サイト女女女女女放送情報
はねバド!(1) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(2) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(3) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(4) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(5) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(6) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(7) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(8) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(9) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(10) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(11) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(12) (アフタヌーンコミックス)
・高校女子のバドミントンを描いた青春スポーツ漫画がアニメ化です!
・原作は絵柄が「萌え系→ハードなスポ根」へと変わっていくのが話題になりましたね
・PVを観るとアニメは結構な萌え系の絵だと思うんですけど、変わっていくのかな……

はねバド!
アニメ「はねバド!」 PV第2弾より引用>



◆ 『ちおちゃんの通学路』
 <公式サイト女女女女男放送情報
ちおちゃんの通学路 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) ちおちゃんの通学路 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ) ちおちゃんの通学路 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ) ちおちゃんの通学路 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ) ちおちゃんの通学路 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ) ちおちゃんの通学路 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ) ちおちゃんの通学路 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ) ちおちゃんの通学路 8 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
・エクストリーム通学路!登下校の間だけを舞台にしたシチュエーションコメディです
・通学路で起こる様々な困難を、ゲーム経験を活かして主人公が切り抜けていくのが特徴
・しかし、何なんだこのPVは(笑)。ある意味で、この作品のネタが詰め込まれると言えるが

ちおちゃんの通学路
【ちおちゃんの通学路】(TVアニメPV AnimeExpoバージョン)より引用>



◆ 『つくもがみ貸します』
 <公式サイト男女男男男放送情報
つくもがみ貸します (角川文庫) つくもがみ、遊ぼうよ (角川文庫)
・江戸時代を舞台に、日用品や美術品など何でも貸す「出雲屋」を描いた作品
・しかし、この貸し出した商品は「つくもがみ」と化していて、その先で色んな話を聞いてくる
・そうした話を元に色んな騒動を解決していくというファンタジー時代劇みたいですね

つくもがみ貸します
TVアニメ『つくもがみ貸します』PV第1弾より引用>



◆ 『邪神ちゃんドロップキック』
 <公式サイト女女女女女放送情報
邪神ちゃんドロップキック(1) (メテオCOMICS) 邪神ちゃんドロップキック(2) (メテオCOMICS) 邪神ちゃんドロップキック(3) (メテオCOMICS) 邪神ちゃんドロップキック(4) (メテオCOMICS) 邪神ちゃんドロップキック(5) (メテオCOMICS) 邪神ちゃんドロップキック(6) (メテオCOMICS) 邪神ちゃんドロップキック(7) (メテオCOMICS) 邪神ちゃんドロップキック(8) (メテオCOMICS) 邪神ちゃんドロップキック(9) (メテオCOMICS) 邪神ちゃんドロップキック(10) (メテオCOMICS)
・人間界に召喚された悪魔「邪神ちゃん」と、彼女を召喚した女子大生の同居コメディです
・設定だけだと『メイドラゴン』っぽく思えるかもだけど、こっちはもっとハチャメチャ系
・殺るか殺られるかみたいなカンジで、百合の要素はあんまりないのかな。でも、面白そう

邪神ちゃんドロップキック
TVアニメ「邪神ちゃんドロップキック」PV第1弾より引用>



◆ 『はたらく細胞』
 <公式サイト女男男女女放送情報
はたらく細胞(1) (シリウスコミックス) はたらく細胞(2) (シリウスコミックス) はたらく細胞(3)【電子限定おまけ付き】 (シリウスコミックス) はたらく細胞(4)【電子限定イラスト付き】 (シリウスコミックス) はたらく細胞(5) (シリウスコミックス)
・来季のアニプレックス土曜24時枠はこちら!体内細胞の擬人化モノ!
・赤血球・白血球・血小板などが擬人化され、病原菌は怪人・モンスター化しているという
・誰もが身近で、なのに忘れがちな題材を、分かりやすく描いてくれるのはイイですよね

はたらく細胞
【公式】テレビアニメ『はたらく細胞』PVより引用>



○ 『ぐらんぶる』
 <公式サイト男男男男女放送情報
ぐらんぶる(1) (アフタヌーンコミックス) ぐらんぶる(2) (アフタヌーンコミックス) ぐらんぶる(3) (アフタヌーンコミックス) ぐらんぶる(4) (アフタヌーンコミックス) ぐらんぶる(5) (アフタヌーンコミックス) ぐらんぶる(6) (アフタヌーンコミックス) ぐらんぶる(7) (アフタヌーンコミックス) ぐらんぶる(8) (アフタヌーンコミックス) ぐらんぶる(9) (アフタヌーンコミックス) ぐらんぶる(10) (アフタヌーンコミックス)
・大学のダイビングサークルを舞台にした青春モノ。名前の由来は『グラン・ブルー』よね
・男が多い飲みサークルのハチャメチャを描きつつ、可愛い女の子も出てくるカンジか
・内田真礼&雄馬の姉弟が同居している役なのね、よりによってこの作品で……(笑)

ぐらんぶる
TVアニメ「ぐらんぶる」PV第2弾より引用>



○ 『音楽少女』
 <公式サイト女女女女女放送情報
ON STAGE LIFE
・2013年から始まっているスタジオディーンとキングレコードによるキャラソン企画
・経緯はともかく、話は「売れないアイドルユニット」が……というスタンダードなものみたい
・『ラブライブ!』の後追い企画でしょうけど、ディーンにこの手の作品は荷が重いような……

音楽少女
TVアニメ「音楽少女」PVより引用>



○ 『ISLAND(アイランド)』
 <公式サイト女女女男女放送情報
ISLAND - PS4
・原作はフロントウィングから発売されたPCゲーム(非18禁)で、Vita版やPS4版も
・不思議な因習の残る「浦島」に、記憶喪失の主人公が流れ着くスタートみたい
・あらすじを見るとSF要素というか、タイムリープものっぽい……?

ISLAND(アイランド)
TVアニメ『ISLAND(アイランド)』PVより引用>



○ 『Phantom in the Twilight』
 <公式サイト女男男男男放送情報
・中国のモバイルゲーム配信会社が企画・原作をしている日本のオリジナルアニメです
・大学留学のためにロンドンにやってきた少女が、カフェの男達に助けられるという始まり
・男達はみな吸血鬼などの人ならざるモノなので、バトル要素もあるみたい

Phantom in the Twilight
Phantom in the Twilight PV第1弾より引用>




○ 『七星のスバル』
 <公式サイト男女女男女放送情報
七星のスバル (ガガガ文庫) 七星のスバル2 (ガガガ文庫) 七星のスバル3 (ガガガ文庫) 七星のスバル4 (ガガガ文庫) 七星のスバル5 (ガガガ文庫) 七星のスバル6 (ガガガ文庫)
・小学生の頃にMMORPGでパーティを組んでいた幼馴染たちが、高校生になって再会
・そこには何故か小学生の頃に死んでしまったはずの彼女がいて……これ、『あの花』だ!
・しかし、オンラインゲームと青春群像劇の組み合わせはなかなか面白そうなチョイス

七星のスバル
7月アニメ『七星のスバル』新番組予告30秒より引用>



○ 『あそびあそばせ』
 <公式サイト女女女男女放送情報
あそびあそばせ 1 (ジェッツコミックス) あそびあそばせ 2 (ヤングアニマルコミックス) あそびあそばせ 3 (ヤングアニマルコミックス) あそびあそばせ 4 (ヤングアニマルコミックス) あそびあそばせ 5 (ヤングアニマルコミックス)
・3人の女子中学生が「遊び」を研究がてらキャッキャウフフするアニメ……ではない!
・可愛らしい絵柄は罠だ!実際には容赦なく顔面が崩れるシュール系のギャグ漫画です
・好みは分かれるだろうけど、アイディア溢れる新進気鋭のギャグ作家というのは確か

あそびあそばせ
TVアニメ「あそびあそばせ」第1弾PVより引用>



○ 『深夜!天才バカボン』
 <公式サイト男男女男男放送情報
・赤塚先生の名作『天才バカボン』がオリジナルストーリーで初の深夜アニメに!
・深夜だから、これまで出来なかった原作に近い過激なテイストに挑戦していくらしい
・流行りのリブートものだけど、流石に『おそ松さん』みたいな売れ方はしないかなぁ(笑)

深夜!天才バカボン
TVアニメ「深夜!天才バカボン」第1弾PVより引用>



★ 『スペースバグ』
 <公式サイト男男男男男、放送情報は公式サイト参照>
・アメリカのCGアニメの輸入かな?と思いきや、日韓共同制作のフルCGオリジナルアニメ
・キャラデザがマーベルやピクサー作品にも関わってる人達なので、それっぽいのかな
・お話は宇宙ステーションに置いてけぼりになった虫達が地球への帰還を目指すという

スペースバグ
オリジナルTVアニメーション「スペースバグ」予告編より引用>



★ 『ゆらぎ荘の幽奈さん』
 <公式サイト男女女女女放送情報
ゆらぎ荘の幽奈さん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆらぎ荘の幽奈さん 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆらぎ荘の幽奈さん 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆらぎ荘の幽奈さん 4 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆらぎ荘の幽奈さん 5 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆらぎ荘の幽奈さん 6 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆらぎ荘の幽奈さん 7 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆらぎ荘の幽奈さん 8 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆらぎ荘の幽奈さん 9 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆらぎ荘の幽奈さん 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)
・原作は少年ジャンプのお色気ハーレム漫画、一時期ネットで論争にもなった作品です
・いわくつきの温泉宿に下宿することになったら、そこには女子高生地縛霊が!
・そして、なんか他にも変な女性住人ばかりが!というラッキースケベ的なものみたい

ゆらぎ荘の幽奈さん
「ゆらぎ荘の幽奈さん」第2弾PVより引用>



★ 『夢王国と眠れる100人の王子様』
 <公式サイト女男男男男放送情報
・原作は女性向けスマホ用ゲームで、『パズドラ』の乙女ゲー版みたいなカンジかな
・突然「夢世界」に召喚され“姫”と呼ばれた主人公が、王子様達を目覚めさせていく話
・タイトル通りゲームにはたくさんの王子様が出るのだけど、アニメにも100人出るのか?

夢王国と眠れる100人の王子様
TVアニメ「夢王国と眠れる100人の王子様」ティザーPVより引用>



☆ 『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』
 <公式サイト男女女女女放送情報
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 (講談社ラノベ文庫) 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術2 (講談社ラノベ文庫) 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術3 (講談社ラノベ文庫) 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術4 (講談社ラノベ文庫) 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術5 カバーイラストコレクション付き (講談社ラノベ文庫) 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術6 カバーイラストコレクション付き (講談社ラノベ文庫) 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術7 (講談社ラノベ文庫) 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術8 (講談社ラノベ文庫) 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術9 (講談社ラノベ文庫) 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術10 (講談社ラノベ文庫)
・来季の「異世界」転移もの。MMORPGでの「魔王」の姿のまま召喚されてしまうという話
・本来なら自分にかかる召喚獣用の奴隷化魔術が<反射>して女のコ達に……
・元々コミュ障の主人公が「魔王」のロールプレイで乗り切るあたりは結構面白そう

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 PV 我が名はディアヴロ篇より引用>



★ 『悪偶 -天才人形-』
 <公式サイト、女女男男男、放送情報は公式サイト参照>
・原作は中国のWEB漫画で、中国では9.5億ビューの大人気作品らしいです
・天才が凡人とちがって持つと言われる「悪偶(あぐう)」という人形をめぐる話
・偽りの才能と、それを剥ぎ取る「救済者」という対立構図で展開をしていくみたい

悪偶 -天才人形-
TVアニメ『悪偶 -天才人形-』18年7月放送開始予定!PV第一弾より引用>



★ 『すのはら荘の管理人さん』
 <公式サイト女男女女女放送情報
すのはら荘の管理人さん: 1 (4コマKINGSぱれっとコミックス) すのはら荘の管理人さん: 2 (4コマKINGSぱれっとコミックス) すのはら荘の管理人さん: 3 (4コマKINGSぱれっとコミックス)
・「おねショタ」ですよ、みなさん!可愛い男の子と、年上お姉さん達とのラブコメです!
・男らしくなりたいと上京して入寮した先は、大人っぽい管理人さんと女子の先輩ばかり!
・「おねショタ」のお姉さんポジって爆乳なのが定番なのだろうか……と、遠い目をする

すのはら荘の管理人さん
TVアニメ『すのはら荘の管理人さん』本編PV第2弾より引用>



★ 『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
 <公式サイト男男男男女放送情報
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 4 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 5 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 6 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 7 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 8 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 9 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 10 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 11 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 12 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 13 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 14 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 15 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 16 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 17 (ジャンプコミックスDIGITAL) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)
・原作は2004年~2008年に少年ジャンプで連載されていたダーク・ファンタジーです
・人間の法律では裁けない死霊や悪霊をあの世に送る“魔法律”を執行する者達の話
・放送はBSスカパー(1ヶ月遅れでアニマックス)のみなんですよね。視聴ハードル高い…

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
【特報】ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 2018年夏アニメ化決定!より引用>




☆ 『京都寺町三条のホームズ』
 <公式サイト女男男男男放送情報
京都寺町三条のホームズ : 1 (双葉文庫) 京都寺町三条のホームズ : 2 真贋事件簿 (双葉文庫) 京都寺町三条のホームズ : 3 浮世に秘めた想い (双葉文庫) 京都寺町三条のホームズ : 4 ミステリアスなお茶会 (双葉文庫) 京都寺町三条のホームズ : 5 シャーロキアンの宴と春の嵐 (双葉文庫) 京都寺町三条のホームズ : 6 新緑のサスペンス (双葉文庫) 京都寺町三条のホームズ : 6.5 ホームズと歩く京都 (双葉文庫) 京都寺町三条のホームズ : 7 贋作師と声なき依頼 (双葉文庫) 京都寺町三条のホームズ : 8 見習い鑑定士の奮闘 (双葉文庫)
・原作は京都の骨董品店を舞台にした“日常の謎”系のミステリー小説です
・女子高生のヒロインが「ホームズ」という異名を持つ鑑定士に出会い、そこで働くという
・原作の絵柄はそうでもないんですけど、アニメの絵柄は女性向けっぽいアレンジですね

京都寺町三条のホームズ
TVアニメ「京都寺町三条のホームズ」第二弾PVより引用>




☆ 『ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王』
 <公式サイト男男男女男放送情報
・原作は10年続いているスクエニのトレーディングカードアーケードゲーム
・アニメ版は『IV』とプロローグが同一で、2030年の東京が舞台になっているみたい
・原作のゲームは様々な神話・民話のキャラを「使い魔」として戦わせる設定だとか

※ PVはまだないみたいです



☆ 『ゾイドワイルド』
 <公式サイト男男女男男放送情報
ZOIDS ゾイドワイルド ZW01 ワイルドライガー ZOIDS ゾイドワイルド ZW02 ギルラプタ― ZOIDS ゾイドワイルド ZW06 ガブリゲーター
・1980年代から展開されていたトミーの玩具シリーズ、12年ぶりのアニメ化です!
・過去作との関連はなく、今回はシリーズで初めて地球を舞台にしているそう
・『ゾイド』シリーズ全然知らないので、「ゾイドって人間出てくるの?」と驚いてしまった

ゾイドワイルド
アニメ『ゾイドワイルド』PV第1弾より引用>



☆ 『千銃士』
 <公式サイト男男男男男放送情報
・原作はマーベラスとLINEによるスマホ向けゲームで、『刀剣乱舞』の銃版みたいなカンジ
・アメリカ独立戦争などで使われた古銃をモチーフにした擬人化モノで、敵は現代銃
・しかし、古銃とはまたマニアックな……元ネタが何一つ分からない……

千銃士
TVアニメ『千銃士』プロモーションビデオより引用>



★ 『百錬の覇王と聖約の戦乙女』
 <公式サイト男女女女女放送情報
百錬の覇王と聖約の戦乙女 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女2 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女3 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女4 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女5 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女6 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女7 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女8 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女9 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女10 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女11 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女12 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女13 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女14 (HJ文庫) 百錬の覇王と聖約の戦乙女15 (HJ文庫)
・来季の「異世界」転移モノその2。小説家になろう出身のようで、そうではない!?
・現代から異世界に転移した少年が、現代の知識を活かして成り上がる!ド定番だ!
・PV見ると、スマホを持っていって戦術をネット検索していますね。現代の知識、とは

百錬の覇王と聖約の戦乙女
TVアニメ「百錬の覇王と聖約の戦乙女」PV第2弾より引用>



☆ 『Back Street Girls-ゴクドルズ-』
 <公式サイト男?男?男?女?女?放送情報
Back Street Girls(1) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(2) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(3) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(4) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(5) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(6) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(7) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(8) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(9) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(10) (ヤングマガジンコミックス) Back Street Girls(11) (ヤングマガジンコミックス)
・元ヤ☆ザが不始末の落とし前で、性転換&全身整形を受けてアイドルになる話
・「アイドルものって流行ってるもんね」+「極道ものって便利だよね」→??????
・面白さの肝は「こんなに可愛いのに中身はヤ☆ザ」というコメディ部分だと思う

Back Street Girls -ゴクドルズ-
「Back Street Girls -ゴクドルズ-」PV  アイドルver.より引用>




☆ 『あるゾンビ少女の災難』
 <公式サイト女女男女女、デジタル配信のみ>
あるゾンビ少女の災難I 「あるゾンビ少女」シリーズ (角川スニーカー文庫) あるゾンビ少女の災難 II (角川スニーカー文庫) あるゾンビ少女の入学I 「あるゾンビ少女」シリーズ (角川スニーカー文庫) あるゾンビ少女の入学II 「あるゾンビ少女」シリーズ (角川スニーカー文庫)
・原作は最初は一般文芸だったのが、2012年の映画化に合わせてライトノベル版が出た
・けど、今回のアニメは全然絵柄ちげええええ!アニメはホラー要素を押し出してるみたい
・大学生達とゾンビの死闘を描く。断面描写なんかもあるから地上波放送ないのかな

あるゾンビ少女の災難
『あるゾンビ少女の災難』予告編より引用>



■ 『オコジョとヤマネ』
 <公式サイト、??、放送日程はまだ発表されていません>
・いたちを愛するイラストレーターのたかむらすずなさんの作品からアニメ化決定!
・『うさぎのマシュー』や『ケッケロケー』などのエムツージーピー案件ですね
・放送日程がまだ分からないのだけど、キャラは可愛いですね。5分アニメかな

※ PVはまだないみたい



■ 『じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~』
 <公式サイト女女女男放送情報
[まとめ買い] 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
・来季のComicFesta枠。大人向けの完全版はこのサイトでしか観られません!
・原作は思いっきり男性向けエロ漫画みたい。このサイト、女性向けだけじゃないのか…
・なんとVR版もあります!メイキング映像は無料なので必見ですよ!

じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~
TVアニメ「じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~」公式ティザーPVより引用>



 以上、最終的には37本でした。
 2本減ったのはリストに入れていたものが、「既にネット配信などがされている作品の地上波放送版」だったからです。もし漏れがあったり、リンクミスがあったりしましたらコメント欄にて教えてください。


 ちなみに私が「とりあえず第1話だけでも観てみよう」とした作品は、3期モノとしてリストに加えなかった『進撃の巨人』『ヤマノススメ』も含めて放送開始順に……

・『はねバド!』
・『ヤマノススメ サードシーズン』
・『BANANA FISH』
・『殺戮の天使』
・『はるかなレシーブ』

・『はたらく細胞』
・『プラネット・ウィズ』
・『邪神ちゃんドロップキック』
・『アンゴルモア元寇合戦記』
・『天狼 Sirius the Jaeger』

・『少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト』
・『ハイスコアガール』
・『ハッピーシュガーライフ』
・『進撃の巨人』Season3


 14作品です。
 春アニメから継続して視聴するアニメが2本あるから、足して16作品で、春アニメの時と同じ数ですね。多いわっ!

 全作品をリストアップして思ったんですけど、TOKYO MXのアニメも25時以降に放送されるものも結構多くなっていて、そうするとテレ東とかTBSの深夜枠とぶつかっちゃうんですね。
 ウチのレコーダーは裏番組録画ができないので、「とりあえず第1話だけでも観てみよう」というリストには入れたんですが、『ハッピーシュガーライフ』は『はるかなレシーブ』の真裏に来るので観られないかも……イザとなったら秋にプライム会員になって、Amazonプライムビデオで観るかなぁ。



 さて、ここで大事なお知らせ。
 「新アニメが始まる」のを盛り上げたくてこういう記事を書き続けて5年が経ちましたが、イマイチどうも盛り上げられているカンジがしません。そこで、新しい試みとして……夏アニメが始まる直前の6月30日(土曜日)の夜に、夏アニメの見所とかみんなの注目作を語り合う雑談配信をYouTube Liveでやろうと考えています!

 今年から全作品を紹介するようになった代わりに、三行しか紹介文を書けなくなってしまったために「言い足りない」ことがたくさんありますし。
 去年までは「みなさんからのオススメ作品」をコメントで紹介してもらって、第1話だけでも観てみるということをやっていたのが、出来なくなってしまったというのもあるので……例えば、「やまなしさんは全然推していないけど私はこの作品に注目しています!」とか「やまなしさんの紹介だとちっとも魅力が伝わらないよ!その作品の見所はここだ!」みたいなのがあれば、この記事のコメント欄で推し作品のプレゼンテーションをしていただければそれを生配信中に紹介していこうと思います。
 そうすると、去年までとはちがって「私以外の視聴者」の人にも布教できるとも言えますし。

 著作権の問題でブロックされかねませんから、生配信の中でPVを流したりはしません。というか、37作品あるから「1作品2分」くらいのペースじゃないと終わらないんですよね。PVを流す余裕は時間的にもないという。


 ゲーム実況以外で生配信をしたことはほとんどないので、どれくらいの人が見に来てくれるか不明ですけど……少しでも、夏から始まる新アニメを盛り上げていけたらイイなと思います!

| アニメ雑記 | 17:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT