FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『ファイアーエムブレム 暁の女神』TVCMについて

 Wii.comにて、Wii版『ファイアーエムブレム 暁の女神』のプロモーションムービー&TVCMが公開されています。紹介しといてなんだけど、観なきゃ良かったと思っています(笑)


 プロモはネタバレになるだろうから最初から観ていないんですが、「こっちは大丈夫だろう」と思って観たTVCMですらオールムービーシーンでネタバレまくりでした。
 というのも、僕は現在前作(『蒼炎の軌跡』)をプレイ中ですから・・・『蒼炎の軌跡』に出ているキャラが『暁の女神』のムービーに出ているということは、『蒼炎の軌跡』のストーリーではそのキャラは死なないということですからね。うぅ・・・しまったなぁ。


 もちろん、コレは僕が“現在『蒼炎の軌跡』プレイ中”という特殊な状況だからこそなので、CM作った側からすると「そんなこと言われても・・・」な気分なのも分かるんですけどね。
 『蒼炎の軌跡』に出ていたキャラも(ある程度)『暁の女神』に出てくるみたいですが、主人公が変更になっているので「前作をやっていないと楽しめないストーリー」というワケではないと思います。“続編と主人公交替について”は一つ語れそうな話題なので、『暁の女神』プレイ時にでも語るかもかも。



 それはともかく・・・『ブルードラゴン』のCMが大量投下された時も思ったんですが、ゲームのCMでムービーシーンだけ流すのって僕は好きじゃないです。
 ムービーだけ見てもどんなゲームか分からないし、ムービーはあくまでゲームの補助でしかないと僕は思っているし、ムービーだけ垂れ流されるとネタバレにもなるし。「テレビドラマは次回予告だけ観れば話は分かる」と豪語してる僕ですから、これで素直にストーリーが楽しめなくなっちゃったとショックです。あのシーン、ゲーム中で何も知らずに見たら震えたんだろうになー、と思っちゃいます。


 ネタバレに関しては僕が過剰反応してるだけだと自分でも分かりますけど(バラエティ番組で冒頭に“面白いとこの”ダイジェストが流れる御時世だしなぁ)―――

 本来、CMの意味って“興味のない人に「自分にも関係ある商品だ」と思わせる”ことじゃないですか。特にWiiを買っている人の大半は、豪華なムービー見せられても「自分には関係ない」と思うだけですよ。
 でも、その中にはファミコンやスーファミで『ファイアーエムブレム』をやったことのある人も少なからず存在しているのだから、そういう人達に「ファイアーエムブレムって今でもあんまり変わってないんだな。俺でも出来そう」と思わせることの方が意味あるんじゃない?


 ということで、第2弾のCMでは「ステータス画面」とか「敵の移動範囲をマス目で測るトコ」とか「インターミッションでの持ち物整理」とか「チュートリアルの画面」とかを使えば良いと思います。地味極まりねぇ。

| ゲーム雑記 | 20:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『Wii Sports』の次の手に期待したい

 最近は『エムブレム』ばかりで他のゲームを全くやっていなかったのですが、某所の掲示板でチラッと話題を読んだので『Wii Sports』のボクシングを久々に再開しました。
 ボクシングは対戦相手がずっとエリーザになってしまい「あー、飽きてきたかも」と放置していたんですが、どうやらエリーザの次の敵がチャンピオンとのことで、ここまで来たんだからやってみるかーとチャンピオンへの挑戦を始めました。

 何度かエリーザを倒してチャンピオン登場。
 明らかに今までの敵とは違う動きをするチャンピオン・・・表現力に乏しい僕の文章で説明するのは難しいのだけど、よく漫画で見かける“パンチが速すぎて幾つもの拳が見える”現象に近いくらい、パンチが速いのです。人間の動きじゃないです、コンピューターですから。

 2回ほど瞬殺されて、その度にエリーザに対戦相手が戻るんですが・・・チャンピオンに比べればエリーザなど恐れるに値せずということで瞬殺して、チャンピオンと三度対峙。三回目のチャレンジでようやく倒せました。
 というのも・・・パンチを連打してくるということは、それに当たらなければカウンターのチャンスも多いということで、一気に敵の体力を奪うことが出来るんですよ。こちらも喰らうと致命傷なんですが、連続して喰らわないようにフットワークに気をつけてアウトボクシングに徹すれば決して勝てない相手じゃないですね。

 しかし、このゲーム・・・TKOってないんだな。
 第1ラウンドで、チャンピオンが4回ダウン、僕が2回ダウンという壮絶な戦いの末に僕が勝ちました。ちょっと油断しただけでダウンしてしまうというハイレベルな試合で、これはこれで楽しいです。




 それはそうと・・・『脳トレ』『常識力DS』『Wii Sports』と任天堂の策略にピタリとハマってきたウチの母が、とうとう『どうぶつの森』を始めました。僕が友達にもらって、そのまま放置していたDS版です。

 流石に『脳トレ』や『常識力DS』に飽きてきたということで、新しいゲームを遊びたくなったみたいで・・・説明書を嬉々として読んでいました。
 もちろん母にとって初RPG、初RPGが『どうぶつの森』って敷居高くない?とは思いつつ、本人がやりたがっているから良いかーと僕のデータを消してあげました。僕のデータ・・・多分ゴキブリだらけだろうから、いっそのこと最初からやった方が良いだろうと。ということで、サイトに公開していたWi-Fiコードも撤去しました。


 どの程度ハマるかは分かりませんけど・・・“ゲームらしくないゲーム”から、徐々に“ゲームらしいゲーム”を遊ぶようになっていったら凄いですよ。『Wii Sports』は誰もが遊べるゲームだけど、その次はなかなか難しいですからね。
 思えば、DS・Wiiともに両親に遊ばせたいゲームって暫くは出ないんですよ。別にそういうゲームばかりになって欲しいワケじゃないですが、この空白期間にゲーム離れされるのは勿体ないですからね。『どうぶつの森』が良い暇潰しになってくれることを願います。


 僕自身は『エムブレム』2本+バーチャルコンソールだけで、『スマブラ』発売(今年の11~12月だと予想)まで楽しめそうですが―――家族と一緒に遊べるゲームというと、やっぱり『ヘルスパック』になるのかなぁ。このご時世にダイエットゲームは危険な気もするんだよなー。

| ゲームプレイ日記 | 07:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GC版『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』簡易レビュー

 僕が日参しているゲームライター野安ゆきお氏のブログにて、ライトユーザーのためのWii版『ゼルダ』紹介文が書かれています。ふむふむ、なるほど。大まかには納得する内容なんですが、その中の一文だけちょっと気になりました―――

 「(謎解きは)歴代の『ゼルダ』の中では、もっとも難易度が低いです。」

 えっ、マジで?
 まぁ・・・謎解きに限定すれば、僕が電源を付ける度に溶岩に10回落ちていたり、4匹いる敵を3匹と間違えて30回くらいゲームオーバー喰らったりしてたのは関係ないと思いますが。僕のところに寄せられる意見は、「今回は難易度が高い」とか「初心者向けと思って買ったのに・・・」というものが多かったんですが―――うーむ。

 この辺、3Dゲームへの慣れの差なのかなぁ・・・
 あ、やったことのない人に言っておくと、リモコン振るのはほとんど関係ないと思いますよ。馬上戦を除けば、僕はほとんどジャンプ斬り(Z注目+Aボタン)ばっかだったので禄に振ってませんでしたし(笑)



 さて、『ゼルダ』は積んでも『エムブレム』には激ハマリ中な僕。
 忙しいから数日間封印していたのに、つい「30分だけ・・・」と電源を入れてしまい、気付けば1時間が経ってしまっているというドジっこっぷりを発揮しています。

 まだ13面をクリアしたとこなんですが、ここらでシステム面中心に大まかな感想でもまとめてみようと思います。自分メモのつもりでもありますし、Wii版『暁の女神』を買うか迷っている人への参考にでもなれば―――と。ちゃんとした感想はクリア後に書くつもりですけど、どう足掻いても『暁の女神』発売日までには間に合いそうにないので(でも、もう予約しちゃっている)。
 Wii版はなるべくネタバレしないように僕は一切情報を断っているんですが、基本的には似たようなシステムだと思います。その辺は自分で調べて下さい(笑)

 参考までに・・・僕は『外伝』はクリアしたけどそこまで好きじゃなく、『紋章の謎』は死ねるほど好きで、『聖戦の系譜』は序盤で積んで、『トラキア』はシステムは好きだったけど難易度高すぎで2面で友達に返した―――というエムブレム経歴です。

ファイアーエムブレム 暁の女神 ファイアーエムブレム 暁の女神
Nintendo Wii (2007/02/22)
任天堂

この商品の詳細を見る

 以下、クリックで続きへ。

≫ 「続きを読む」

| ゲームプレイ日記 | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |