やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気になるゲーム

 SCE久夛良木会長、プレイステーション4, 5, 6は構想済み

 スターウォーズみたいだ。
 まぁ、PS6とかはどうでもイイとして、「現行PS3はいわゆる「最低動作条件」でしかない」の辺りは流石。もちろん現実問題として、PS3をその内にバージョンアップさせていかなきゃならないというのは分かるんですが…発売直前に「1年後にはニューモデルを出す」というクタタン発言といい、普通は誤魔化すところをそのまま喋っちゃうんだよなぁ。ホントに売る気あるのかと思ってしまいます。

 スペックよりもとにかく振動を……


 3Dゲームがマトモに操作出来ないくせに、ちょっとずつWii版『機動戦士ガンダム MS戦線0079』が気になってきました(公式サイト)。公式サイトには動画も1本だけありますね。
 だって、バーニィ出てくるらしいですぜ?『0080』大好きな身としては、ザクで特攻したいじゃないですか。FPSだけど、『ゼルダ』よりも使うボタン少ないっぽいし、ガンダムゲームなら狭い足場をジャンプで進むこともなさそうだし、自分にも出来るんじゃないかと甘い期待をしていて。


 ガンダム熱自体はとっくの昔に冷めちゃっているんだけど…Wiiリモコンを駆使するゲームが無性に遊びたい気分なんで、ゲームとして気になっています。
 しかしまぁ、この『ガンダム』と『どきどき魔女神判』のどちらを買うか悩んでいる人間は僕くらいかもなぁ(笑)

機動戦士ガンダム MS戦線0079機動戦士ガンダム MS戦線0079

バンダイ 2007-07-26
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



どきどき魔女神判! 特典 お守り型携帯クリーナー「どき魔女、まほの開運お守り!」付きどきどき魔女神判! 特典 お守り型携帯クリーナー「どき魔女、まほの開運お守り!」付き

SNKプレイモア 2007-07-05
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 『ヘルスパック(仮)』はどうやら秋っぽくて、『スマブラ』は年末だろうからやるゲームもないし……あ、『エムブレム』が2本あった。凄く面白いゲームなんだけど、WiiでGCのゲームを遊ぶのってちょっと面倒なんだよなぁ。リモコンで動かせなくなるし…

 どっちにしろ、今はゲームする暇もなくネームをやらんといけないのですけどね。約半年ぶりのネームなので、描いては消して描いては消してでちっとも進まない……

| ゲーム雑記 | 20:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WEB拍手メッセージへの返信(4月23日~4月30日分)

 『どきどき魔女神判』特典付きがAmazonで予約開始!!

 しかも、Amazonゲームランキングで現在1位…5月はビッグタイトルがないとは言え、何つーか。かんつーか。この国もまだまだ捨てたもんじゃねえなぁ。僕は未だに迷い中…これを遊ぶとなると、同じADVの『逆転裁判』は買いにくくなるし…


 『もじぴったんDS』は100問目をクリア~。これでもまだ4分の1に達していないのだから凄いな。100問目の「もやし」の問題はどうしても得点に届かなくて、ワードサーチを使ってみた。「○○もやし」なんて知らんかったよ…
 金の王冠は70ちょっとくらいなので、“このペースならば”秘密ステージも登場してくるんですが…これから中級・上級と難しくなるんだろうし、そう簡単にはいきそうにもないですね。


 というワケで、先週分のWEB拍手返信です。↓
 

≫ 「続きを読む」

| WEB拍手返信 | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無線LANってそんなに普及してんのか

 僕が日参している『逆転裁判合同ブログ1号店』のKay会長が、Xbox360を買ってから無線LANが付いていないことに気付かれたらしい。何か…このエピソードって、据置機の現状を端的に表しているような。

 同じように、Wii買ってから有線LANが付いていないことを知った人とか。PS3買ってから振動がないことを知った人とかいるんでしょうね。何万円もする機械なのに、「出来ること」ばかりが取り上げられ、「出来ないこと」はなかなか見えてこないというか…
 そりゃ広告として当然なんでしょうけど、「自分のしたいこと」を「自分の環境で」するためには「何が必要なのか」を教えてくれる場所が欲しいよなぁ。


 個人的なことを言うと…僕の家のネット回線は僕の部屋にしか通っていないんで、有線LANのみのゲーム機を手に入れても、僕の部屋の14インチのテレビデオ(しかもスピーカーが時々ぶっ壊れる)でしか遊べません。
 だから、結果的にWiiが有線LANのみではなく無線LANのみを選んでくれたおかげで居間に置けたのだし、もし有線LANのみが選ばれていたら居間に置いて家族で『Wii Sports』を遊ぶこともなかったと思います(そもそも『Wii Sports』を買わなかっただろうし)。どっちも付いているというのがベストでしょうけど、コストとスペースを考えればベターな判断だったかなぁというのが僕の結論でした。

 もちろんコレは「何を狙うか」であって、Xbox360が無線LANのみだったらバカ売れして、どこの家庭でも『GEARS of WAR』や『アイマス』を遊んだだろうなんてアホなことを言うつもりはありませんが―――
 Xbox360は無線LANが標準で付かないと、僕の中での選択肢には入れにくいという極めて局地的な話です。もしくはオプションの価格を下げてくれないかなぁ…8000円オーバーって、下手したらゲームソフト2本買える値段じゃん。


 で、昨日の岩田さんの動画の話に戻るんですが…
 それを考えるとWiiの40%がネットに接続されて、75%が居間に置かれているという実績は凄いなと。後者はクラブニンテンドーのアンケですから、“任天堂ファン依り”の数値ではあるんだけど…

 40%は日本国内の数値ではないと思いますが、もしこのまま国内に当てはまるとしたら―――200万台売れている内の、80万台がネットに接続されているということですか。うーん…流石にそれは「ホント?」と疑いたくなる数値のような。
 AOSSとかあるから無線LANへのハードルは有線より低くなっているというのは確かだと思うんですが、一般の認知度ではまだまだ「無線LANは難しい」じゃないかなー。


 それはともかく。そう考えると、80万人がターゲットとなるバーチャルコンソールの立場ってムチャクチャ重要なんじゃないですか。その割には、5月にスーファミソフト配信0だもんなぁ。
 某掲示板で言われていたことなんですが、そもそもスーファミ時代は任天堂のソフトが多くなかったとか。スクウェア全盛期…と言い切っちゃうと現在のファンに怒られそうですが、当時のスクウェアは間違いなく凄くて、そうした力にスーファミは支えられてましたもんね。スクウェアを始めとするサードメーカーのソフトが積極的に配信されないと、スーファミソフトは厳しいのかも。

 個人的には版権ソフトなんかも「懐かしい」代表格だと思うんだけど、それはやっぱり厳しいのかなぁ。『SLAM DUNK』のゲームとか、今だからこそ遊びたいです。
 あと、Jリーグ初期のサッカーゲームとか。おぉっ!この選手がここにいる!と感動したい。どこに頼めば実現するんだろうな、こういうソフト。しかも需要はほとんどないだろうし(笑)。あれ…でも、『フォーメーションサッカー』は実名じゃなかったっけ。ヨシキタ!


 ……
 ヒューマン、倒産してたよorz
 『ファイアープロレスリング』はスパイクから出ているので、『フォーメーションサッカー』も是非。無理かー。

| ゲーム雑記 | 23:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

任天堂決算説明会の動画が出たよー

 『ひぐらし』アニメ、第二期決定!!
 7月より全24話、残る『解答編』二つに加えてTVアニメオリジナルの話の全三編になるみたいですね。秋からのスタートかと思っていたのだけど、夏が舞台の話なんだから当然っちゃ当然か。

 しかし…そう考えると、作中季節とも原作ゲームとも二つのアニメとも上手く絡められなかったPS2版のゲームの発売時期ってどうなんだろうって思っちゃいますね。まだPS2市場は元気なんだから、アニメ2期目と一緒で今年の夏で良かったんじゃ…



 という枕は置いておいて。
 2007年3月期の任天堂決算説明会の動画(約40分)が配信されました。もちろん喋っているのは岩田社長ですよ。去年もこの動画を観ながら、ティッシュやらマグカップやらのデッサンをやっていた記憶があるぞ(笑)

 こんなん長くて観れへんわーという方は、ITmediaの記事でどうぞ。こちらでは動画に載っていない質疑応答の様子もありますね。『マリオギャラクシー』などの発売時期、Wiiチャンネルには課金だけでなく広告収入などを検討しているとの話、『Second Life』には興味がないという話(笑)、相変わらず『お料理ナビ』で料理を続けているという話などなど…ここでは流石に載せてないんでしょうが、SCE会長を退任したクタたんをヘッドハンティングしないかという質問も出たとか。誰だよ、そんな質問したの(笑)
 一番の驚きは、任天堂自社で現在DS79タイトル、Wii45タイトルを開発しているということですかね。


 さて…動画の内容はというと。
 個人的に一番ビックリしたのは―――Wiiのネット接続率は約40%という情報。この数値は任天堂自身しか知らないから疑いようもないんですけど、僕の予想した7~8%とは随分ズレている(笑)。
 もちろん発表された接続率は世界統計で、僕の予想は日本国内オンリーだったんですが…それにしても「ホントかよ」という気分です。海外だと無線LAN普及率が半端なかったりするの?

 あとは…クラブニンテンドーの情報によると、Wiiの75%はリビングに置かれているとか。だからこそ一人用のゲームは遊びにくいんですけど、これを利用して広がる遊びもありますからね。個人的には歓迎したい数字です。


 しかし…“Touch!Generations”のゲームは長く売れるというのは、単にハードがなかなか行き渡らないからであって。ハードが行き渡ってしまうと、流石にその神通力も切れちゃうんじゃないかと不安があります。
 昨年末の『Wii Sports』『はじめてのWii』を除くと、“Touch!Generations”は苦戦傾向にありますしね。『マジック大全』、『もっとえいご漬け』、『世界のアソビ大全』、んでWiiの『やわらかあたま塾』……比較的成功した『ピクロス』や『もじぴったん』は他のハードで既に実績のあるソフトをDS向けに仕立てたソフトなので、「DSでしか遊べない!」という今までの魅力からは若干ズレている気がしますし(もちろんDS独自の操作が魅力ではあるんですが)。

 『ヘルスパック(仮)』か『Wii Music』か、“Touch!Generations”の次の手に注目したいと思います。

| ゲーム雑記 | 02:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月決戦に向けて

 5月のバーチャルコンソールタイトルが更新されました。
 スーファミソフトがないと、随分と寂しい気がしますね…僕がメガドラ&PCエンジンのタイトルを知らないからかなぁ。ファミコンタイトルも4本で寂しい感じが。
 ただ…『マリオ2』が配信されるとなると、『マリオ3』もその内に配信されるのかも知れんという期待が出てきました。個人的には、スーファミ版『マリオコレクション』が配信されたら4作合わせた価格(2000円?)でもダウンロードするんだけどなぁ。



 SCEの象徴だった久夛良木さんが会長を退任されるそうです。
 ここ数年は特にネタになる発言が多い方で、2ちゃんやゲーム系のサイトさんなんかでは話題を振りまいてくれる人物ではありましたが……別にPS3がどうのというワケではなく、少なくとも年末まではPS3ソフトも予定通りの路線で進むんだと思います(というよりも、今更路線変更なんか出来ないでしょうよ…)

 夏に『ぼく夏』と『みんゴル』が出ますし、秋には『Home』が始まるし、来年になれば『メタルギア』やら『グランツーリスモ』やら『FF』やらとソフトが揃う(多分…)はずですし。言うほどPS3は終わってないと思うんですけどね。
 それらのソフトを僕が遊びたいかは置いておいて、これらの技術の先にあるものには興味があります。



 それはそうと、『どきどき魔女神判』の発売日が7月5日に決まったそうです(公式サイト)。よしコレで6月に出るDS『ゼルダ』は完全スルー決定だ(笑)

 マジメな話、僕はこういう絵にエロスを感じられない人間なので「ウヒョー!」ってほどに食いついているワケじゃなくて、購入するかは五分なんですが。何つーかさ、こう“男の心意気”を応援してあげたいじゃないですか。エロゲーというよりはバカゲーという感じになりそうですし。


 DSのソフトも無条件に売れる時代ではなくなり、特に“Touch!Generations”は総じて苦戦中です。まだ状況は分かりませんが、Wiiの『やわらかあたま塾』もDS版の焼き直し感が強くて、売上げは厳しいんじゃないかと予想しています。そう考えると『脳トレ』のWii版も出ないでしょうし、出ちゃうとちょっとヤバいと思いますよ

 そんな中、“Touch!Generations”の巻き返しの手として注目されているのが『ヘルスパック(仮)』と『Wii Music』でしょう。前者は宮本さんが直々に関わっているソフトだそうで、後者はWiiの発表会でも再三登場してきたWiiの象徴のようなソフトです。テニスと比べると手軽さはないかも知れませんが、「ゲーム人口の拡大」を狙う任天堂の節目となるソフトとなるんじゃないかと思っています。

 ……で、『Wii Spors』が年末年始直前の12月、『やわらかあたま塾』がゴールデンウィーク直前の4月に出たということを考えると、どちらかがお盆直前の7月後半辺りで出てくる可能性は高いんじゃないかなぁ。


 7月にWiiとPS3の目玉ソフトが揃うことを考えると、重要な一ヶ月になりそう。なのに、僕は『どきどき魔女神判』を買うのかと自問自答しているワケです(笑)

| ゲーム雑記 | 18:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『コードギアス 反逆のルルーシュ』20話感想

第20話「キュウシュウ戦役」

「甘えるな!
 自らが動かない限り、そんな“いつか”は絶対に来ない!!」


コードギアス 反逆のルルーシュ volume 05
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 05谷口悟朗 福山潤 櫻井孝宏

バンダイビジュアル 2007-05-25
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04 コードギアス 反逆のルルーシュ 3 コードギアス 反逆のルルーシュ 2 コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 コードギアス 反逆のルルーシュ 1

≫ 「続きを読む」

| コードギアス | 16:26 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終わりまで辿り着かないゲームは…

 バーチャルコンソールでDLした『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』は積むことにします。ラス前の面で20回くらいゲームオーバーになったので、ここらが限界っぽいですから。「あぁ~2Dアクションやりてえなぁ」という気分の時に触ることはあるかも知れませんけど、多分そんな気分じゃクリアできないだろうしね。


 マジメな話…“ゲームのやめ時”って重要なテーマだと思うんですよ。
 ちょっと前に、日本の文化がどうのこうのを考えている偉い人が「アニメやコミックは感動できるが、ゲームでは感動できない」みたいなことを仰られていましたけど―――まぁ、「感動」という言葉の定義が非常に狭い人なんだなということは置いとくと。“物語から受ける感動”の一点に絞れば、確かにゲームは厳しいと思います。


 アニメ映画は2時間で終わります。多くの人は、最初から最後まで一気に観ることでしょう。60回に分けて2分ずつ毎日ちょこちょこ観る人なんて…いないとは言いませんけど、少ないと思います。
  TVアニメは何ヶ月もかけて視聴させるものですが、基本的には30分ごとの区切りですし。漫画も1話ごとだったり、1巻ごとに区切りが分かりやすいです。

 ゲームは「長い」ことが商品価値として認められてきたメディアです。「コレ1本で半年は遊べるよ!」というコピーは、買い手にとっては出費を抑えてくれて、作り手にとっては中古に流れるのを抑えてくれて、マスコミにとっては資本の分だけ広告を投入してくれる商売相手になってくれます。
 半年かけてクリアしたという達成感は確かに大きいのですが、“物語から受ける感動”とすると―――半年の間に挫折する人も多いと思います。物語の最後までいけないんじゃ、そりゃ感動するのが難しいと言われても仕方ないですよね。(それを言うとTVアニメとかも十分厳しいはずなんですけど、この方はTVアニメには言及していないので…)


 ゲームの歴史を顧みるとそんな単純な話ではないんですけど、そこに反発するようにDSの“エンディングのないゲーム”が次々と大ヒットしていったというのが近年の傾向で。
 更にその神通力が解け始め、『もっとえいご漬け』『世界のアソビ大全』なんかは(買った人の好評と比較しても)売上げは苦戦をしています。猫も杓子も“エンディングのないゲーム”な状況から、市場はようやく多様化して正常化していくんじゃないかと思うワケで―――


 だから、ゲームをどこでやめたってイイじゃないかと思うのですよ。
 えぇ。自分が挫折したことを正当化するためだけの文章ですよ(笑)。『ゴエモン』と『応援団』はクリアできず、Wii版『ゼルダ』は楽しくなくて積みました。恥じることじゃないじゃないか。


 あ・・・でも、よく考えてみればこの『ゴエモン』ってパスワード式のゲームなんだから、最終面のパスワードをネットで探して最終面だけクリアすれば良いんじゃないかと思ってみたりした。えぇ、最低ですよ。僕は。

| ゲーム雑記 | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「1ヶ月に漫画の単行本を何冊くらい買ってる?」結果発表

 投票と呼べば良いのか、アンケートと呼べば良いのか、未だに図りかねているまま第1回の結果発表です。
 第1回の質問は「1ヶ月に漫画の単行本を何冊くらい買ってる?」でした。


 結果発表の前に、次の質問の発表をチラッと。
 「セ・リーグではどの球団が好き?」です。
 ホントもう、こんなこと訊いて何の役に立つんだという質問ですね。でも、流石に「プロ野球自体に興味がない」に80票くらい入ったら、もう二度と野球の話はしないと思います(笑)


 ではでは。「1ヶ月に漫画の単行本を何冊くらい買ってる?」の結果はこちら~↓

≫ 「続きを読む」

| 投票 | 14:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DS『ドラゴンクエストIX』はコマンドバトルに

 ネタ元は『Re:戯言』さん。
 今日は『みんゴル5』のオンラインモードの詳細や、7月にWii版『ガンダム』発売などのビッグニュースがネットに飛び交っていますが…その中でも衝撃的だったのは、『ドラゴンクエスト9』の路線変更です。


 昨年末の発表では「プラットフォームがDS」「オンラインで協力プレイ」に加え、「戦闘がアクション」という情報が出てきてファンからの不安が囁かれていましたが…結局のところ、従来の『ドラクエ』シリーズのようなコマンド方式に落ち着いたみたいですね。
 僕はオンラインゲームは全くやったことがないので、どちらが主流なのかもどちらが相応しいのかもよく分からないんですけど。『ドラゴンクエスト』というタイトルを付けるのだから、コマンドバトルの方がしっくり来ると思います。

 戦闘までの流れは年末に出た『DQMJ』のようなシンボルエンカウントっぽいけど、オンライン協力プレイの場合はどうなるんでしょうね。顔のカスタマイズは…鳥山絵って、あまり“自分に近い顔”に向かないと思うのだけど。装備のカスタマイズは楽しそう。



 個人的には『ドラクエ』シリーズにはほとんど愛着がないので完全スルーかなと考えていましたが、友達間でDSが完全に普及しきっている状態ですから「一緒にドラクエやろうぜー」と言われたら買っちゃうかも。
 後は値段かなあ…MMOとは違うとは言え、オンラインでしっかりと協力冒険できちゃう場合はかなりのコストがかかりそうな。ソフトの価格に圧し掛かるのか、DSでは異例の別料金になるのか、虎の子のアイテム課金になるのか!

 伝説の武器が(リアルな)金次第で買えるんじゃ…という、『GTHD』発表時にみんなが予想した最悪の展開だったらどうしましょう。「あぶない水着」くらいだったらアイテム課金でもイイと思うけどさ(そもそもDSでどうやって課金させるんだという疑問もあるけど)

| ゲーム雑記 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脈略もない話題を繋げるなと何度言ったら…

 罰ゲーム漫画のキャラデザはほぼ終了…明日からネームに入れそうです。
 となると、公開は早くて6月初旬くらいになるかなぁ。それ以外にやらなきゃいけないことが溜まっているので、そう簡単にはいかないかなぁ。全身に力が入らないまま1ヶ月が過ぎようとしているよ…しょぼん。

 んでもって、同時並行で現在はWEB拍手絵を準備中。
 今の梨奈ちゃんコスプレ絵はサイズがやたらデカくて表示に時間がかかるので、次のは一回り小さいものにしようと思っています。前回・前々回同様に、基本的には変更前に1枚ずつ日記で公開しますんで…死んだおじいちゃんに「WEB拍手だけは押すな!」とキツク言われていた方も安心して下さい。



 『もじぴったんDS』は、どうやら「制限時間のあるどきどきパズル」と「制限時間のないこつこつパズル」の二種類があるみたいですね。どきどきパズルの方も制限時間なしに出来るんですが、それだと金の王冠が手に入らないという。
 個人的には思考型ゲームは制限時間がない方が好きなので、こつこつパズルに入ってから中毒率が上がっちゃっています。おかげで『エムブレム』が…

 でも、マジメな話。制限時間に追われてすぐに積んだという人の話も聞いたので、入門問題→こつこつパズル初級→どきどきパズル初級という順番にした方が良かったんじゃないですかね。明らかにどきどきパズルの方が難易度高いもの。


 開幕から首位を独走を続けていた西武だけど、去年と同じ時期に失速し始めたみたいです…涌井も打たれたかー。去年は「それでも松坂がいる!」と安心できたんだけどね。
 まぁ、それを言うと小笠原を獲られた日ハムの方が悲惨なことになっているので、贅沢な不満なんでしょうけど。ホント…小笠原…


 そういや、ちょっと前に電柱の形状から地区を判別できる電柱マニアの方の話を書きましたけど…セーラー服の襟とかも、形状によって大まかな地域が分かるという話を聞きました。マジかい。
 となると、「この制服が東京にあるワケがない!」とか「このセーラーとこのセーラーの学校が傍にあるのはリアリティに欠けている!」とツッコまれることもあるということですか。

 そんなことを気にし始めると、もう何も描けなくなってしまう気がするな。

| ひび雑記 | 20:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西尾維新『ヒトクイマジカル』読了

 「猜疑心が強いですねー。師匠、いいですか?
 昔からよく言うでしょう。信じる者は儲かるです」

 「それは漢字の覚え方だ」


ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹
ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹西尾 維新 take

講談社 2003-07
売り上げランキング : 12496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄
サイコロジカル〈上〉兎吊木垓輔の戯言殺し
ネコソギラジカル (上) 十三階段
クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子
ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種


 というワケで、買ったまま読んでいなかった『ヒトクイマジカル』を読みました。
 昔からの常連さんには繰り返しになってしまいますが、僕が維新の作品に対して“買ったまま読んでいなかった”と言っているのは最上級の賛辞であって。大袈裟に言えば「戯言シリーズを読み終わったら、もう人生でやりたいことがなくなっちゃうから大事に読もう」という意味です。

 図書館で借りた本を読み終わって、新しい本を借りる余裕が時間的にも移動的にも荷物的にもなかったので、『ヒトクイマジカル』を移動時間に読んでしまいました。積んである他の本ではなく戯言シリーズを手に取ったということは、自分では気付かなかったけど相当ダメージ喰らっていたのかも知れんね。もう『ネコソギラジカル』しか残ってないや…


 ということで、ややネタバレ含む簡易感想はこちら↓

≫ 「続きを読む」

| ひび雑記 | 13:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ゲームらしいゲーム」という言葉も分からなくはない…

 毎度話題に取り上げさせてもらっている野安ゆきお氏のブログにて、「ゲームらしいゲーム」という記事が数回に分けてアップされていました()。暫く静観しようと思っていたのですが、書きたいことも出てきたのでちょっと僕の意見を。

 「ゲームらしいゲーム」という言葉自体があやふやで各人の考えがあるはずなのに、どうにも大手ゲーム雑誌で特集されるような「豪華で」「長時間楽しめる」「(基本的には)1人プレイで楽しめる」ものに偏っているんじゃないか―――ということを、野安さんは仰られているんだと思います。その辺は同感。

 でも、じゃあどうすれば良いのかという話になっちゃうと僕には分からない。ゲーム雑誌が攻略本を売ることで何とか成り立っている現状で、攻略本が不必要な“Touch!Generations”のゲームの特集ばかりをしろよというのは暴論だと思います。攻略本系ではない読み物として面白いゲーム雑誌は生まれた数だけ廃刊してしまうのが、出版業界の現実ですからね(まぁ…昔からそうだったような気もするけど)。


 ちょっと思い出した言葉―――
 「「読んで得する漫画」は人気があるようだ。
 ビジネスがわかる、料理がわかる、経済がわかる、博打がわかる等々。
 娯楽的要素はもちろん、うんちくや情報をも気楽に得ることができるのが喜ばれるのだろう。
 ここで言っておかねばなるまい。
 この漫画は「得」しません。
 ただの娯楽です。」(井上雄彦『バガボンド』3巻帯より)


 この文章を最初に読んだ時、僕は高校生だったので「イノタケかっけー!「得」に媚びなくても、「娯楽」だけで勝負できる漫画家はやっぱ偉いよ!」と思ったのですが―――今考えると、そういう単純な二元論(「娯楽」=格好良い、「得する漫画」=媚びている)の言葉じゃなかったんだと分かりますよ。
 むしろ、自分には自分の描けるものを描くしかない―――『スラムダンク』は間違いなく日本中にバスケットのルールを知らしめた。でも、バスケだってあくまで娯楽であって、「得」はしない。それで良いじゃんか―――という自嘲にも似た自信なのだとオッサンになった今なら思います。


 ゲームを作る側の人間も、遊ぶ側の人間も、価値観が変わっていくことが怖いのは当然だと思います。
 いわゆる『脳トレ』系のソフトが「娯楽」としてではなく知育としての「得」ばかり注目されてしまう流れの中で、「娯楽」に人生賭けて頑張ってきた人達が複雑な気分になるのでしょう。

 「ジャンルがどうの」とか
 「飽きやすいがどう」とか
 「製作費がどう」とか
 「最新技術がどう」とか―――コロモしかないエビフライを食べさせられているように、ガチガチに理論武装して心が見えにくくなっていないかい。ただ単純に、ただ単に

 「「得する」って「娯楽」よりもエライのかよっ!!」と叫んだ方が伝わると思いますよ。


 もちろんコレも単純な二元論ではなく、任天堂の岩田社長に言わせると『脳トレ』はもちろん『お天気チャンネル』や『お料理ナビ』も「娯楽」であって、決して「得する」だけのソフトとして作ってるつもりじゃないんでしょうけどね。それは、コレらのCMを見るとよく分かります。

 そして、ココから先はまさに「娯楽とは何だ?」という文化論の話になっていくので難しいですね。正答を出す必要はないけど、あまりに事象から離れすぎているので議論すること自体の価値が見えにくいというか…


 この文脈で、『みんなで投票チャンネル』のCMや体験映像が追加されたというお話。

 前回の体験映像で「結果発表見るとこもやらなきゃ意味ないじゃん」と思っていたんですが、ちゃんとその後に結果発表見るとこも配信してきましたね。なるほど、こういう作戦だったのか。どうでもいいけど、女のコ二人組の関係が気になります。ほら、微妙に敬語だったりするのが(笑)

 CMも、前回のCMで話題にしていた「たいやきをどちらから食べる」の結果発表を最後に付けたり、ワールドアンケートで90万人が投票していることをアナウンスしたり。なかなか上手いCMですねー。
 あと、おじいちゃんとお孫さんが一緒に考えるという画も幼女が可愛いな、ハァハァ「親子孫三世代が一緒に楽しめる」という意味で感慨深いですね。


 そういう意味で、最近の僕のゲーム絡みの「娯楽」と言えばWii.comTouch-DSの体験映像やCMを見ることです。なんだかんだ、人が笑っているところというのは見ていて楽しいんだなぁ。

| ゲーム雑記 | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ちのしあ』キャラ詳細紹介ページ――椿

 キャラ紹介-椿へ


 『ちのしあわせ家族』キャラ詳細紹介ページ、六番手は椿


 13人中6番目まで来ました!この辺りからググッとイラストが少なくなっていますよ!(笑)

 そう言えば、今日の昼の伊集院ラジオで誰のか分からない写真(のテレカ)を持ち主に返すという企画をやっていて、電柱マニアの人が電柱に付いている装備から地域を特定するなんてスゴイことをやっていて度肝を抜かれたんですが……
 これってよくよく考えれば、背景に電柱を描く際に「ここのコマの電柱は近所でデジカメで撮ってきたのを参考に描いた」「こっちのコマの電柱はネットでイメージ検索したのを資料に描いた」なんてことをしたら、電柱マニアの方からすれば「この電柱とこの電柱が近所にあるなんてありえない!!」とツッコミを入れられるってことですよね。

 車とかバイクとか銃とかのディティールも、ネットではよく叩かれる素材になりますけど…そういうとこまでリアリティにこだわっていかなきゃならないというのなら、絶望的な気分になっちゃいますわ。というか、芥川の『戯作三昧』じゃないけど「叩かれない」作品だからって面白いのかよって思うしね。


 えぇ…まぁ…椿には1ミリも関係ない話だな。



※ ホームページ閉鎖に伴い、ホームページに書いていた「キャラ紹介のページ」をこちらに移転することにしました。続きは↓をどうぞ。

≫ 「続きを読む」

| ちのしあわせ家族 | 21:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここ最近のゲーム進行具合

 IT mediaのゲームニュースのトップページにはアンケートが置かれていて、4月22日現在は「いま一番稼働しているゲーム機は?」という質問なんですが……

 (今日現在)Xbox 360が36%でダントツトップなの。

 ネットでゲームニュースをマメにチェックしている様な人ではXbox360の支持者も多いだろうし、「ちょっと遊べる」DSとかと違ってXbox360は没頭率が高いもんなーと思わなくもなく…ない(笑)
 流石にここまでダントツだと、組織票とか祭り系の票でしょうね。でも、そういうのがなくてもXbox360はDSやPS2といい勝負をするんじゃないかという気もするので、マトモな結果も見てみたかったのですけどね~。

 ちなみに、現在の2位はPS3。これはどう考えてもネタだろ(笑)


 『スーパーペーパーマリオ』は何気に評判高いみたいですね。
 アクションというよりは横スクロールのアクションアドベンチャーという感じらしいので、射撃のない『洞窟物語』のようなものなのかな。それはそれで楽しそうですね。王道2Dアクションとしての『マリオ』と思って買った人が戸惑わないかは心配ですけど…


 任天堂のWiiの手駒は、今週発売の『やわらかあたま塾』の後は6月のドンキーのレースものまでないんですよね。『ペーパーマリオ』に息長く頑張ってもらわないとマズいと思うんですが、この期間にWiiチャンネルに動きがあるという布石な気もするので…個人的には様子見を続けています。


 そうそう。All Aboutに「Wiiをネットに接続する」という記事が書かれていました。このガイドの方は以前からWiiの記事を書いていた方なんですけど、今までネットに繋げていなかったのか…
 ガイドの方も仰ってますけど、AOSSの機能があるルーターは恐ろしいほど簡単に設定が済みますよ。
 そして、ルーターを買う際には店員さんにちゃんと質問するのが吉です。「これはWiiで使えますか?」とか「自宅の回線は○○なんですけど」と恥ずかしがらずに言うべきです(ルーターの方にも「ゲーム機に使える!」という謳い文句があるくらいなんですし)。



 『エムブレム(蒼炎の軌跡)』は1週1面ペースでチマチマ遊んでいます。何度も書いてますけど、電源入れるまでは長いけど、入れたら切れない中毒性があります。現在、16章をクリアしました。

 しかし…ちょっとクラスチェンジ絡みで予想外のことが起きてしまったので、モチベーションは微妙な感じ。ネタバレ封じていた僕が悪いのかも知れませんが、チュートリアルにも説明書にも書かれていないことっぽいので「そりゃねーだろ」な気分です。


 『ゴエモン』は多分…積むっぽい。
 あと一回やってみてダメだったら「ゲーム紹介」書いて終わりにしようかな。

 『ピクロス』は地味に進んでいます。マリオ・ワリオともにレベル10まで来ました。そして…20×25の升目が登場して度肝を抜かれました。20×20が最終だと思っていたので。
 升目が大きくなったばかりは難しくはないのですが、レベル11以降はコレで更に難しくなるのだろうか。だからと言って、投げたくなるような難易度ではなく、プレイヤーの成長に上手く合わせている難易度上昇なのが流石なんですけど。


 『もじぴったん』は鬼。この中毒性はスゴイです。
 「あと1問」「あと1問」と時間を湯水のごとく消費してしまいます。現在クリアは60前後で、金の王冠ゲットが35くらいかなぁ。ペース的には隠し面がギリギリ出てきませんね。

 ただ、何度もやってハイスコアを狙うより、1回のクリアで金の王冠を狙う方が僕には合っているっぽいので。隠し面は気にしないようにしようと思います。


 ニンテンドーDSで『脳トレ』もビックリな定価:2100円というソフトが発売されます。その名も『アルキメDS』という人を小ばかにしたようなセンスで(誉め言葉です)、スタッフは5人で3ヶ月間の“仕事の合間を縫って”作ったそうです。
 多分、パッケージソフトの定価としては限界ギリギリなんじゃないですかね。こちらもお金のかかってなさそうな公式サイトはこちら

 どんなゲームなんだろうなーと思っていたら、Nintendo iNSIDEさんで体験してきたというプレビューが書かれていました(1ページ目2ページ目

 見た感じ、DSのピクトチャットとか『もっと脳トレ』のお絵描き対決を商品に仕立ててきたようなソフトですかね。1人では遊べないという理由も納得。もっと言えば、この手の遊びは2人でも微妙で、3人は必要、出来れば4人は欲しいところ。
 ですが、逆に言えば4台のDSが揃うのが珍しくないくらいDSの普及率は凄まじいものがありますし、4人分の娯楽と考えれば2100円は高くないという気もします……かね?(笑)

| ゲームプレイ日記 | 19:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PS3ハジマッ…テイルノカ?

 ハード販売台数ではPS2とデッドヒートを繰り広げているという夢の次世代機PS3ですが、ここ数日PS3関連で気になるニュースが上がってきていますね。

 まずはシステムアップデートによって、PS2用ソフトの振動機能が動くようになったそうです。とは言え、PS3のコントローラには振動付いていないし、PS3じゃPS2のコントローラが使えないじゃんと思ったのですが、『わぱのつれづれ日記』さんの記事を読むとPC用コンバータをUSBに刺せば使えるらしいとか。

 PC用コンバータって・・・僕もフリゲ用に一つ買っておいたんでした。つまり、今までネックだった「PS2のソフトを遊ぶためにPS3を買っても振動しない」が解決されたことになるってこと?これは大きな前進じゃないですか!!(まぁ、今更PS2のソフトを遊びたいのかという疑問は置いておいて)

 もちろんPS3でPS2コントローラが動くことは公式には発表されていませんし、公式に動作確認されたワケじゃないので―――買ってみたけど動かなかったとか、次のアップデートで動かなくなったとかの可能性もあるんで。一日でも早くSCEには“振動機能付きのPS3コントローラ”と“PS2のコントローラをPS3で使うコンバータ”を公式に発売してもらいたいです。


 問題は…(少なくとも初期モデルは)振動機能付きコントローラを同梱できなかったことで、PS3ソフトに振動を使いづらいということなんですよね。結果論になっちゃうけど、PS3は発売を1年遅らせても良かったんじゃないかなぁ…

 僕は「振動がない」という理由一点で、バーチャルコンソールの『マリオ64』も『スターフォックス64』もダウンロードしていない人間なので。どんなに面白いと言われても、現状のままPS3ソフトに振動がなければ魅力を感じませんね。


 そう言えば、PS3絡みで―――「SCEの広報がPS3の値下げ検討を否定しなかった」という報道もありましたね。現行の5~6万円が5千円値下げをしたところで4万5千~5万5千円ですから、さほど爆発的に売れるとは思えないんですが……(20GBには無線LAN付いていないしなぁ)

 もしPS3が値下げをしたなら、WiiはともかくXbox360も値下げをしてくると思われますから……いよいよ選択肢として現実的になってきたかなぁ。遊びたいソフト2本買って遊ぶのに3万円で収まれば相当魅力なんだけどなぁ…



 こっちはPS3にとって朗報なのかどうなのか微妙なニュース。
 「ファイナルファンタジーXIIIは現状で発表されている3本だけではない」(ネタ元:ゲーマーホリックさん)

 『FF13』と冠の付いた作品はPS3で2作、携帯電話用に1作の発売が発表されていますが……この他にも発売が検討されているようです。このニュアンスだとマルチということではなく、同じ世界観の別の作品ということですかね。全てのFF13を遊ぶためには、一体どれだけの支出がかかるんだ…

 個人的には……ただ“売れているから”という理由だけでDS用を出すとか、北米向けにXbox360用を出すとかではなくて。PS3と連動できるPSP版を出すのなら、複数タイトルも面白いと思うんですよ。
 何だかんだPSPも国内500万台売れていて、ヒット作もポツポツと出てきていますからね。PSPの層とFFに魅力を感じる層は、少なくともDSやXbox360の国内層よりは近いと思いますし。


 据置機と携帯機の役割がごっちゃになっている現在だからこそ、その二つをリンクさせたソフトが作れたら面白いと思うんですけどねぇ。
 PS3用の『FF13』を二つ買うという人よりも、PS3とPSPで一本ずつ買うという人の方が多いでしょうし、PSPだけ遊んでいた人がPS3に興味を持つ可能性だって高いと思います(もちろんゲームが面白かったらの話ですけど)。

 さぁ、どうなる。この『13』次第でFFブランドの価値も決まっちゃうと思うのだけど。

| ゲーム雑記 | 13:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この3ヶ月間で学んだこと.3

 今日はキャラデザについて。
 キャラデザインについては、僕は漫画を描き始める前からある程度の理論を持っていて―――簡単に言うと、キャラというのは一人で成り立つものではなくて全体の中で如何にバランスを取っていくのかということです。
 幾らメガネっこが好きだからといって、全ての登場人物にメガネをかけさせると個性が出ませんものね。これは巨乳とか貧乳とかにも言えますし、髪型とかにも言えますね。まぁ…「ヒロイン全員ポニーテール!!」みたいな漫画を描きたいなら別ですけど。


 なので、僕は漫画を描き始める前にキャラデザを決めておくんですが…それでも実際に描き始めてみないと気付かないこともあるんですよ。
 「あれ?この背景には黒髪が映えないぞ」とか。
 「このキャラとこのキャラが喋っていると画面が白いぞ」とか。
 「このコは正面からの顔が可愛いのに横顔ばっかだな」とか。
 「こっちは巨乳キャラなのに横からのアングルがない!」とか(笑)

 キャラデザには自信があるのに、ネームがそれを活かせていないことに後から気付くことも多くて。特に今回は“読みきり作品”を描いていたワケで、この1話の中でしかキャラ達を活かすことが出来ないんだと痛感したのです。
 典型的な例を挙げれば、キャラデザに自信のあったロリ巨乳巫女が2コマしか出番がなかった…とか。逆に言うと、2コマしか出番のないキャラにそこまで気合入れてデザインするのは労力のムダッ!なんですよね。


 次に描く漫画は『ちのしあ』番外編ということで、幸いにも時間もありますし(待って下さる方々には申し訳ないのですが)この辺のことを考えつつキャラデザインを再構築してみようかなと思っています。
 具体的に言うと、キャラデザにかける準備の時間を増やしてコンテ→キャラデザ→ネーム→下描き開始という手順で行こうと思っているのが一つ(キャラデザまでは既に8割方終わっているんだけど)。

 もう一つは…
 番外編イズ設定画
(クリックで拡大)
 
 こんな風にキャラデザの段階で色んなことを決めておこうということですね。
 ・正面・横・後ろ・斜めからのアングルと、顔アップ
 ・実際にペン・ベタ・トーンを入れてみた状態
 ・色んな表情

 ネームを切る際にコレらを意識してみれば何か変わるんじゃないかと思ってやってみるので…何も変わらなかったら次からはやらない、面倒臭いから(笑)
 あと…観てもらえれば分かるんでしょうが、色んなカメラアングルで活きるように今までのキャラのデザインも少しずつイジってみるつもりです。あと、コイツなんかはどうもパクリ臭かったワケですから(わー)。まだまだ凝り固めるんじゃなくて、試行錯誤する段階だと思うので御理解頂けたらと思います。

 というワケで今日の結論。当たり前だけど……
 キャラのために漫画があるんじゃなくて、
 漫画のためにキャラがあるんだよね。

| 漫画作成 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Wiiにネット対応ゲームが出ないワケを考える

 Touch-DSのソフトを見ると、今のDSのソフトって想像以上にネット対応になっているんですね。半分とは言わないけど、全体の3分の1くらいはネットに繋がるようになっているんじゃないですかね。
 その用途も様々で、スタンダードに対戦に使うものから、新しい問題を配信したり、自分の作ったステージを友達に配信したり、『献立全集』のように家族に「どっちの料理が良い?」とメールで聞けたり。今の技術ってスゴイんだなーとつくづく思います。


 にも関わらず、Wiiのネット対応ゲームはほとんどありません。
 Wi-Fi対戦が可能なのは『ポケモンバトルレボリューション』だけで、後は『エレビッツ』がWii Connect24でステージ交換が出来るだけだそうです。日本国内で発売されたWiiソフトは(4月18日現在)40本弱ですから、全体の5%くらいの割合なんですよね。

 DSだってWi-Fi開始までは時間がかかったのだけど、既にDSや他社のゲーム機で体験している人からすると「ペースが遅すぎる!」と思うのも無理はないですよね。

 でも、それってパッケージソフトだけの場合ですよね。

 Wiiに内蔵されているチャンネル、及び(現在は)無料で配信されているWiiチャンネルの内―――ショッピングチャンネルやインターネットチャンネルは言うまでもなく、お天気チャンネル・ニュースチャンネル・みんなで投票チャンネルはネットありきのチャンネルですし、Miiが交流する似顔絵チャンネルや伝言板から写真が送れる写真チャンネルもまたネット対応のソフトと言えますよね。
 これらを加えると……ネット対応のソフトの割合は20%付近まで跳ね上がります。他機種に比べると低いように思えるかも知れませんが、“リビングの中心に置かれるゲーム機”を目指してこの数字は高いんじゃないかと僕は思います。

 技術的なことは僕にはよく分かりませんが、ソフトをネット対応にするには設備投資が必要ですよね。Wiiのチャンネルは全世界でWiiを持っている人全員が使う可能性があるのだから、それなりのサーバーがなくてはなりません。インフラを整えている最中では優先順位を決めなくてはならず、現在は「パッケージソフト」よりも「Wiiチャンネル」の方に比重が置かれているということなのではないかと思うのです。


 そう言えば、宮本さんが「Miiでコンテストを行うチャンネルを作っている」と講演で仰っていましたね。単に僕の浅はかな推測だと思って欲しいんですけど、それは“無料で”“ネットを使って”“誰にでも操作できる”チャンネルになるんじゃないかと思っています。
 凄く当たり前のことを書いているようですけど、これって重要なことだと思うのですよ。Wiiの真のキラーソフトはコレになるんじゃないかとすら……いや、ちょっと間違えた。Wiiをネットに接続させる真のキラーソフトはコレになるんじゃないか。

 だってね、新しいWiiチャンネルを作ったとしますよ。これはショッピングチャンネルでダウンロードする必要がありますよね。そうなると、そのチャンネルを遊ぶ人は原則として100%の人間がネットに接続して遊んでいるということになりますよね(もちろんダウンロード後に回線を外すケースもあるんだけど、ここでは忘れよう!)。
 だから、Wiiチャンネルは最初からネット対応ありきどころか“ネットに繋がらないと動かない”くらいのものを作れるんですよ。


 で、翻ってパッケージソフトの場合。
 そんなことはありえませんが、仮定としてネット対戦可能な『スマブラ』が明日発売されたとしますよ。ソフト不足のWiiですからゲーマー層中心に売れると思いますし、広告展開次第では「マリオやピカチュウが殴りあうゲーム(笑)」として『スマブラ』の存在を知らなかった人達にも売れると思います。内容次第では口コミでどんどん広まって、爆発的に売れて、あーやっぱりWiiは面白いなぁと思われるかも知れません。

 で?
 多分そこまでなんですよ。『スマブラ』のネット対戦を楽しむ人は、Wiiを買った人のネット接続率(5~10%?)とさほど変わらないんじゃないかと思うのですよ。だって、ネットに繋げなくても『スマブラ』は面白いのでしょうし、そうしたゲームじゃないとパッケージソフトとしてはWiiでは売れません。


 任天堂はソフト会社である前に、ハード会社としてWiiというハードを売らなくてはなりませんし、Wiiをネットに接続させなくてはなりません。“価格のバリエーション”として、(パッケージソフトでは不可能なjくらい)安価なダウンロードソフトも売り出せるように整備したいと岩田社長も仰っていましたしね。僕もその方向性には賛成です。
 そのために“ネット対応のパッケージソフトを買う層”よりも先に、“Wiiを持っている人全員”に「ネットに繋げるとこんなことが出来るんだよ」とWiiチャンネルでアピールしているんじゃないでしょうか。

 それが最適解だとは僕は思わないんですが(Wiiチャンネルの容量でできることで万人にアピール出来るの?と思う)、それも一つの方法なんだろうなと納得はできます。


 ま、ともかく。次のWiiチャンネルが出てくるのを待ちましょう。
 個人的には「Miiを使うチャンネル」よりも、「DSと連動させられるチャンネル」の方が需要があるんじゃないかと思っているんですけどねー。DS体験版チャンネルはいつになったら……

| ゲーム雑記 | 13:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメ話とも言えない話つらつら…

 まだ僕は4話分ほど観られていないのでネタバレシャットアウト中の『コードギアス』なんですが、BIGLOBEストリームでドラマCDの1話分が5時間限定で配信されていたので聴きました。

B000NVTHZUコードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 1

ビクターエンタテインメント 2007-04-25
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 聴けたのは12.55話。話数から分かるように、本編では描かれなかったスキマを使ってコメディをやるというCDドラマでは定番のパターンですね。
 『舞乙』ドラマCDの時は全話吉野さんが脚本を書いていてスゲーなと思わせられたのですが、流石に『コードギアス』で大河内さん&吉野さんが全部書くというのはムリだったっぽい。それでも、(よくあるネタとは言え)テンポの良い演出と演技で楽しませてもらいました。まぁ…何ていうか、やっぱり僕は折笠さんの声が好きなんだなー。シャーリー可愛いよ、シャーリー。


 ちょっと前の話題なんですが、高橋美佳子嬢のネットラジオの300回記念公録で神谷浩史さんゲストの回をようやく聴きました。
 去年の夏に神谷さんが交通事故に合ってどうなるか分からない状況で『ハチクロ2』の最終回は収録されたらしく(もちろん竹本くん役には代役が立てられた)、その頃の高橋さんのラジオで『ハチクロ2』最終回の感想なんかが話された時も彼女が言葉を選んでいたのが印象的でした。

 最終回のアフレコが終わった後、誰も帰らずスタッフ&キャスト全員で千羽鶴を折ったという話は涙モノ…笑い話には決してならないだろうけど、元気そうな神谷さんの声を聴けてとりあえずは安心しました。事故前から変わらない、更なる活躍をご期待しています。


 あと、何気にネットラジオ300回のみったんも今更ながらにスゴイよなぁ。
 いや、丁度昨日の伊集院ラジオで「今日で600回目」と仰っていて、「何だ半分じゃん」と思うかも知れませんけど、(TBSの)伊集院ラジオって確か僕が中学生くらいからやっているんだよなぁ。もちろん当時はみったんも中学生だったんだから、それ考えると半分って立派にスゴイですよ。いつまでも続くことを願っております。

| アニメ雑記 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

物欲を刺激するTouch-DSの体験映像

 インターネットのおかげで、作画中に「あ、あれの資料がない」となっても焦ることが少なくて済んでいるのですが…検索エンジンの特性上、名称が分からないものはなかなか探せなくて困っています。
 B'zの稲葉さんが履いてそうなピチピチの短パンは、アレ、何て名前なんでしょう? ホットパンツかなーと思って検索してみたら、ホットパンツとは女性用の短パンのことだそうで。知らんかった。


 今日こそは『コードギアス』の続きを観て感想を書くぞと思っていたのですが、つい「10分だけ…」と『もじぴったん』を始めたら1時間が経過していて時間切れ。
 5月の『舞乙』OVA3巻までは『コードギアス』の感想を終わらせて楽になっておきたいんだけどなぁ。今はアニメを観る気力が湧かないんですよね…30分もテレビを観ていられない。1時間『もじぴったん』やってたくせにな。


 というワケで、引き続き『もじぴったん』中毒中。
B000MQUYI0ことばのパズル もじぴったんDS

ナムコ 2007-03-15
売り上げランキング : 53

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 発売直後に色んなサイトさんで読んだ感想の通り、「ステージクリアだけならそれほど苦労はしない」が「金の王冠がもらえるスコア到達は相当頭を使わなきゃならない」というカンジですね。
 僕は元来ハイスコアに興味のない人間なんですが、金の王冠を200コ集めないと最後の秘密ステージは遊べないみたいなので、クリア優先で「これならもうちょっと頑張れば金の王冠まで届きそう」というステージだけハイスコア狙いで遊んでいます。現在は「金の王冠もらえたステージ/クリアしたステージ」は2/3ってところか。

 ちなみに母親は「時間制限なし」で遊んでいるので、コチラはハイスコアが残らず、金の王冠ももらえないんですが―――急かされるのがイヤだという人にとっては、「420コあるステージの内の30コ(多分)が遊べないだけ」ですから気にするほどのことじゃなさそうですね。

 「スコアを狙う」人も、「ゆったり遊びたい」人も両方楽しめるのはありがたい。
 あとは、セーブデータが人数分作れれば文句なかったんだけどなぁ…


 「WiiのインターネットチャンネルじゃTouch-DSの体験映像が観られない!」とぼやいていたんですが、コメント欄で指摘されて、昨晩観てみたらフツーに観られました。ありゃ…?

 僕は日常的にパソコンを付けているのでそれほど利便性は感じませんが、家族がTVCMで興味を持ったソフトの体験映像を手軽に見せられるというのは大きいですね。
 パソコンと違ってデータダウンロード中に何も出来ないから待ち時間が退屈だったりするんですが…それを考慮してなのか、最近のソフト(『アソビ大全』など)の体験映像なんかはダウンロードしながら再生が始まるようにしてあるみたい。観てたら『アソビ大全』欲しくなってきたじゃねーか!

B000NOFWQUWi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全

任天堂 2007-04-19
売り上げランキング : 61

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 Wiiチャンネルの一つとして、「DSやWiiの新作ソフトのムービーを配信してくれるチャンネル」を切望している人は僕含めて大勢いると思うんですが。インターネットチャンネルで観られるんなら、それでも良いかなという気もしますね。

 それはともかく、Touch-DSの体験映像が面白い。
 『献立全集』とか『もっとえいご漬け』とか、全然興味のなかったソフトの体験映像を観て欲しくなっちゃったり。『もっとえいご漬け』は売れてないみたいなんですが、買った人の評判はかなりイイんですよねー。

| ゲームプレイ日記 | 17:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WEB拍手メッセージへの返信(4月9日~4月15日分)

 唐突だけど、←サイドバーにて投票を始めました。
 「今後の創作活動の参考にしたい」とか「このサイトの未来を投票によって決める」といったことは全くなく、ただ単に僕が「ふーん」って思いたいがだけのアンケートを取ってみるのも面白いかなぁと思ったので。気楽に投票してくださるとありがたいですー。

 何か今、“効率が悪く”て“時間の無駄”で“意味のないこと”をやりたい衝動に駆られ中。タメになる本を読んだり、映画を観たり、世界や社会で起こっている様々なことを議論して自分が高尚な人間だと思ったり、意味があったり勉強になっちゃったりすることはしたくないモードなのです。ザ・ダメ人間とは僕のことだ。


 投票自体も気負うことなく、「俺は3冊だからどの選択肢でもねーぞ!」という人は何となく体感で選んでくれればイイんじゃないかと思います。投票数もむしろネタで楽しむカンカクで。

 というワケで、先週分のWEB拍手返信です。↓

≫ 「続きを読む」

| WEB拍手返信 | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友達間のDS普及率が100%を超えたよ(2台買ったヤツがいる)

 Wii200万台突破・任天堂効果で06年度国内ゲーム機市場は84%増

 PS3の不振を取り上げる際に、どこのマスコミもファミ通の浜村さんの意見を載せるのはネタなんじゃないかと思うここ最近。なんか、PS3以上に浜村さんが可哀想に思えてきました。

 それはそうと―――「任天堂のせいで(俺らが大好きだった)ガッツリ遊ぶゲームが少なくなった」と言う人がいるけど、84%増というデータが示す通り“Touch!Generations”のゲームはパイを食い尽くすんじゃなくてパイを広げただけなんだよなぁ…
 そりゃスクエニとかが実用ソフトを作ると「そんなのよりもRPGを!」と思う人がいるのは当然だけど、それはソフトメーカーの事情だし。どうも、「俺の好きじゃないもの(『脳トレ』とか)が売れるのは許せない!」と言ってるだけに聞こえてしまいます。


 人生を楽しめるかどうかは、「自分が好きじゃないもの」「自分が興味ないもの」をどう受け入れるのかだと思っている自分としては―――勿体ない考えをしてるなーと思っちゃう。


 昨日は久々に友達に会ってきたんだけど、ソイツの周りで『どうぶつの森』が流行っているらしく、ソイツも現在プレイ中だということで色んなことを聞いてきました。
 我が家は母も僕も『どうぶつの森』を楽しんでいましたが、自分達以外に『どうぶつの森』をやっている人を知らなかったので、情報がほとんど入ってこなかったんですよ。ネットで調べるのはネタバレになるからイヤだというプライドもあるし(笑)

 まーね。ネットで調べるのはアウトで、友達に訊くのはアリなのかとは自分でも思うんだけど。


 ……で、どうやら村の店を最大まで大きくするためには1つのカートリッジでどんなに頑張ってもムリで、DSワイヤレス通信かWi-Fi通信で自分の村に友達を招待しなければならないそうなんです。
 そっかー。言われてみれば、『ポケモン』だって1つのカートリッジでは全部のポケモンが揃わないようになってますものね。任天堂イズムというか任天堂商法というか。2ヶ月間せっせと買い物をして「ちっとも店が大きくならないよー」と嘆いていた母が不憫だ!


 というワケで、2台のDSと2本の『どうぶつの森』で友達とワイヤレス通信をしてくることに。
 やっていることは『もっと脳トレ』のお絵描き対戦と同じような原理なんでしょうけど(あちらはダウンロード対戦)、自分たちの村に友達のキャラがやってきて暴れまくるというのは衝撃的な絵でした。今の技術ってスゴイんだにゃー。


 某所にも書きましたけど、DS版『もじぴったん』を買っちゃいました。
 面白さはWEB体験版を遊んだ時に書いたまんまだから詳しくは書きませんけど、1つのデータで母親も楽しんでいるみたいです。僕はハイスコアに興味のない人間なので、「制限時間のあり/なし」の切り替え以外は面倒なことは起きていないですね。

 あまり理解されないかも知れませんけど、僕の中で『もじぴったん』も『ピクロス』も『ファイアーエムブレム』も同じ部分を満たすゲームなんですよ。理詰めでマスを全部埋めていくとか、片付け欲求というか、ある意味で究極の支配欲求というか。同じパズルゲームでも、連鎖のために余計なものを積み上げなくてはならない『ぷよぷよ』にはそれほどハマれなかったのも、散らかすことへの恐怖感からか。
 もっと言えば、2Dの『ゼルダ』も“ゲーム内に置かれている全ての要素を組み合わせて解いていく”という意味では一緒だったんだけど―――3Dになってハマれなくなったのは、何てことはない、僕の中で『ピクロス』が3Dになったような感覚だってことか。ことか?


 ちなみに、達成までに膨大な時間がかかるという点を除けば…漫画描くのも同じような感覚です。


 で、『もじぴったん』を買ったから『逆転裁判』に興味なくなった―――というワケではなくて。むしろ、この二つは食い合わないと思うんですよね。ソフトのケースを置く場所がないというくらいで。

 1プレイにかかる時間(セーブできる時間ではなく、ある程度達成感を覚えられる区切りまで遊ぶ時間)を考えれば、『もじぴったん』は『ピクロス』とか『どうぶつの森』と食い合い、『逆転裁判』は『エムブレム』とか『スターフォックス64』とかDS版『ゼルダ』と食い合うんですよ。


 『エムブレム』はなかなか電源を付ける時間が確保できないんですが、凄く好きなゲームだから今後も続けるつもりだし、続編(『暁の女神』)も既に買っちゃっているから辞めるワケにはいきません(笑)
 『エムブレム』と並行してゲームをするのなら、“ゲームをしたいけど居間のテレビが使えない”時に遊べるDSのゲームの方が良いかな~と思うし。『スターフォックス64』は振動なさそうなのが大きなマイナスで、DS『ゼルダ』は6月発売だから、『逆転裁判』買っちゃっても良いかなーと思っていて。

 新作『4』からやるのも手かなと思って様子見してたんですが、カイ氏伝さんのエントリーを読む限りは1or2→3→4と遊ぶのがイイらしいので、素直にDS版の『1』から遊ぶことにしようかな。

 あとは、現在プレイ中の『ゴエモン』をどうするか次第だ…
 ラス前ステージのボスに3連続落とされてゲームオーバーになってからテンション落ちまくりなんだけど、せめて最終面まで到達してから積みたいんだが。

| ゲームプレイ日記 | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芥川を 読む

 3ヶ月間というか…去年の後半くらいからとにかく時間との戦いで机に向かう生活が続いていたため、そこからの反動で普段手に取らないようなものに手を出したくなる欲求が出てきています。

 そんな状況なので「文学でも読むかー」と図書館に行って、芥川龍之介を借りてきました。
 芥川は高校の教科書でチラッと読んで以来。

4316800280羅生門・鼻・芋粥ほか
芥川 龍之介

教育出版 2003-07
売り上げランキング : 439281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 あれ?こんなんだったっけ…高校の時に読んだ『羅生門』とは文章が違うような。
 あの当時はとにかく「分かりにくい」言葉だと思ったのですが、そこから10年で僕が成長したとかそういう話じゃなく、言い回し自体が記憶にないというか。ボルヴィックのつもりで飲んだらエビアンだった、みたいな。出版元によって文章が微妙に違っていたり、これがあらすじ本だったりしたのだろうか(でも、他のは普通っぽいんだよなぁ…)


 とは言え、読んだことのない作品はやはり面白かったです。
 個人的に気に入ったのは『戯作三昧』と『地獄変』の二つ。そんなに興味ある人もいないでしょうから、続きの感想はクリック↓で。
 ネタバレは極力しないように、読んだことのない人に興味持ってもらえたらと思って書きます。

≫ 「続きを読む」

| ひび雑記 | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

15禁という壁

 うあーん…岸がノックアウトされたー。
 松坂が去った後のライオンズを支えるのはこのピッチャーだと思うんだけど、流石にルーキーにそこまで背負わせるのは酷か。西口の年齢を考えると、涌井に13~4勝くらいしてもらえないとトップはキツイなぁ…



 Wiiバーチャルコンソール『スターフォックス64』の配信が4月17日に!

 早い!早いよ!スレッガーさん!!という気分。
 まだ『ゴエモン』クリアしてないし、『逆転裁判』とどっちにするか迷っているのだけど……このタイミングでの配信ということは振動機能には対応しないので間違いなさそうだし、このソフトが対応しないということはバーチャルコンソールの64ソフトは今後も振動に対応しないんでしょうね。

 振動好きな僕としてはガッカリだけど、今後も絶対に対応しないというのなら割り切って遊ぶ気も起きてはくるかなー。一番ショックなのは遊び終わった後に、「振動対応版」みたいのに更新されるというケース。そこまではしてこないんじゃないかと思っているんですが…


 しかし、そうなると今後もクラコンの振動パックは出さないのかな。
 Wiiリモコン+ヌンチャクでも、クラコンでも操作出来るゲームというのは今後も出て欲しいのだけど―――クラコンに振動がないのなら個人的には魅力が減ってしまいます。スマブラとかどうなるんだろう。


 『どきどき魔女裁判(仮)』改め、『どきどき魔女神判!』の公式サイトが本格スタート!
 注目のCEROはCで15歳以上推奨となったみたいですね。まぁ…CEROの制限がここまで話題になるゲームもスゴイよな、暴力表現は皆無で、100%エロに対する審査だし。その潔さはソンケーに値します、マジで。

 公式サイトを見る限り、絵柄が肌に合えばフツーに楽しめそうですね。
 僕は……ちょっと苦手かも。こういう絵は可愛すぎて、エロ方向に持っていかれると心にブレーキがかかっちゃうというか。



 それはそうと…今、僕が準備している罰ゲームは年齢制限どうしようかなぁ。
 調べてみたところ、18禁ほどでは絶対にない。「15禁」か「12禁」か「全年齢対象」のどれかだと思うんだけど…正直これくらいで年齢制限付けていったら、このブログの文章だってよっぽど不健全だよなぁ。でも、文章と漫画じゃ手軽さが違うし…

 実際、12歳はもちろん15歳未満の人がどれだけウチは観ているんだよとは思いつつ、明日からドカンとアクセス数が上がる可能性もなくはないワケで(笑)。『どきどき魔女神判!』がCERO審査で注目浴びているみたいに、むしろプラスに働く可能性もなくは…ねーよ。


 個人的な手応えとしては、「チャンピオンだったらむしろフツー」レベル。
 でも、「自分が描いた漫画として家族や知り合いには読ませたくない」レベル。むしろコレは自意識の問題という気がするな。

| ひび雑記 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ちのしあ』キャラ詳細紹介ページ――大全

 キャラ紹介-大全へ


 『ちのしあわせ家族』キャラ詳細紹介ページ、五番手は大全


 2ヶ月以上ぶりにキャラ紹介ページを更新…その割には華のないキャラでゴメンな。
 あ…何気に、かつてWEB拍手用に描いた水着絵は(実際に拍手ボタン押す以外は)ここが初公開ですね。次の拍手絵もそろそろ描き始めたいのだけど、W杯漫画を受けての壁紙もそろそろ描かなきゃ…どっちを優先すべきか。



※ ホームページ閉鎖に伴い、ホームページに書いていた「キャラ紹介のページ」をこちらに移転することにしました。続きは↓をどうぞ。

≫ 「続きを読む」

| ちのしあわせ家族 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Wii『インターネットチャンネル』正式版公開

 本日、Wiiの『インターネットチャンネル』の正式版が公開されました。
 いつもの通り、長い本体更新の後にショッピングチャンネルからダウンロード…やたら容量を食うなぁ。クリアしたバーチャルコンソールのソフトは削除しても構わないんだけど(再ダウンロード出来るし)、64ソフトの配信が増えてきたらSDカード買った方が良さそうかも。


 で、使い勝手。
 当たり前ですが、お試し版とは比べ物にならないほど使いやすいです。説明書やリモコン操作がスタート画面に出るので母にも薦められそうですし、設定が自由に変えられるのも嬉しいですね。
 喩えば、多段階ズームでページを見ていて「なんか見にくいなあ…」とスタート画面に戻って設定を一発ズームに直すと、さっきまで見ていたページに戻してくれるという親切さ。

 検索がスタート画面&ツールバーから選べるのも、ツールバーが自由に隠せるのもイイです。
 お気に入りも整理できるようになりました…が、WiiチャンネルのようにA+Bボタンで自由に配置を替えられるワケではなく。「整理」アイコンを押した後に、ページを選んで、「並び替え」を選んで、場所を決めて―――と、やたら面倒くさいのがちょっとマイナスかな。

 あと、すげー根本だけどテレビで文字媒体を読むのはやっぱり見辛い。
 だからと言って、母親にTouch-DS.jpの体験映像を見せてあげようと思ったら、それは動かず……TVCMは見れるのに体験映像は見られないのかぁ。Wii.comの方は流石に体験映像も全部動くみたいだけど。
 ※ 4月16日追記:コメント欄で指摘を受けてみて今日観てみたら、12日には観られなかった体験映像も観れました。どういうことなのかは分からないのですが、結果としては手軽に体験映像を家族に見せられるようになって嬉しいです。新しい映像ほど読み込みに時間がかからないように考慮されているっぽい?


 すごく良く作ってあると思うし、テレビで観るインターネットブラウザでここまで出来れば十分だとは思うんですが。じゃあ、これで両親がインターネットを使うようになるとか、そういうワケではなさそう。あくまでPCの補佐的な意味しかないかなぁ…『脳トレ』や『Wii Sports』の神通力のせいで、ちょっと過度な期待をしすぎちゃったか。

| ゲームプレイ日記 | 13:19 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Xbox360、普通に一番充実してる据置機だよなぁ

 N-Stylesさんによると、『闘え!応援団2』の収録楽曲の一部がファミ通.comにて発表されているとのこと。

 うーん…前作が『リンダリンダ』『ガッツだぜ!』みたいな定番曲を多く揃えていたのに比べると、今作は最近の曲が多くてジジイの僕にはよく分からないですね。聴いてみると「あー、この曲はこういうタイトルだったのか」と思うのかも知れませんが―――
 まぁ、もちろんこの手のゲームは「大好きな曲がいっぱい」よりも、「あまり知らんかったけどイイ曲だなー」くらいの方がイイのですけど。僕はダウンロードプレイがどの程度遊べるか次第かなぁ…『1』が面白かった分、満足しちゃって続編をやる気にならないというか。


 次に気になったのは、振動カートリッジ対応という点。
 振動大好きな僕は『ピクロスDS』を買うか悩んだ際に「ピクロスのためだけに振動カートリッジ買うのもなぁ」と、結局スーファミ版をバーチャルコンソールで買ったのですが―――

 この調子で振動カートリッジ対応ソフトが増えていくのなら、さっさと振動カートリッジ購入しておこうかな。任天堂オンライン販売のみというのが大きなネックなんだけどなぁ…Amazonとかでも売ってくれれば、他の商品と合わせて送料0円に出来るのに。



 Xbox360ソフト『トラスティベル』のコアシステムパックが6月14日に同時発売!

 鳥山明のキャラデザがあまり肌に合わない自分にとっては、『ブルードラゴン』よりも魅力的なセットです。
 オープン価格なので実売がどれくらいなのかは分かりませんが、『ブルードラゴン』のコアシステムは“D端子ケーブルを後から買う予定のない人”にとってはHDDを買い足しても通常版よりも得だという話を読んだことがありますし。

 公式サイト(激重いです)でムービー観てみたら、ヒロインは平野綾なのか。
 ショパンはまんまパピヨン(笑)。
 なかなか面白そうなんだけど、ターゲット層とXbox360の層が微妙にズレていそうなので―――後は話題性かなぁ。『アイマス』遊んでいる層と『ブルードラゴン』をクリアしてRPGに飢えている層に上手くアピールできれば。

| ゲーム雑記 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マ、マジでどうする…?

 ゲームジャーナリスト:橘寛基さんのブログより、「スクエニよ!お前もか…」が面白かったです。
 特に「実は任天堂はソフトメーカーとしてトップシェアを、1998年以来キープし続けている。」というのは、あー言われてみればと目の鱗。何てたって、ポケモンの破壊力を始めとする携帯ゲーム機の市場を拡大し続けてきたワケですしねぇ(ポケモンは任天堂と別会社とする見方もあるけど)

 んで、その前の97年に1位を獲ったソフトメーカーが『FF7』の頃のスクウェアという話が続くのだけど―――それ以前の96年までも任天堂の天下だったということなのかな(何せ96年はポケモンフィーバーがあったのだし)。
 任天堂は自社開発以外にもインテリジェントシステムズとかHAL研究所とか、今はXbox360陣営に行っちゃったけどスーファミ時代はレア社とか、すげー開発会社とも組んでたワケですしね。そりゃ殿様気分にもなってしっぺ返しを喰らうよなぁ……

 しかし、こういう話を読むと、つくづく映画版『ファイナルファンタジー』が存在しなければと思わずにはいられませんよね。



 予定されていた任天堂の展示説明会について、日参しているブログさんでレポートされているのでご紹介―――
 任天堂関連新作情報忍之閻魔帳さん)
 DS燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2 発売日決定ほかRambling Manさん)


 Wiiに関しては「正直この手玉では…」というか、『マリオパーティ』も『マリオストライカーズ』も発表されてないことを考えれば「結局情報は出てこなかった」というとこなのかも知れませんね。『たるジェットレース』はGC版で発売予定だったヤツですっけ…

 しかしまぁ反面、DS勢は鬼というか―――ここのところゲーマー層がDSからPSP陣営に流れているタイミングで、ゲーマー向けキラーソフトがいよいよ出てきたというカンジです。

 まずは『応援団2』が5月17日に決定。個人的には楽曲次第かな。
 そして―――DS版『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』が6月23日に決定!!青沼さんがどっかで「意外と早くお見せできると思いますよ」と言っていたので、年末か秋かと思っていましたが…6月かよ。


 Wii版『ゼルダ』は20時間くらいかけて脱落しましたが、その理由が「セーブ後の再開ポイントの分かりにくさ」と「3Dゲームだから」というものであって、GBA版の『ふしぎのぼうし』は文句なく楽しめましたし―――携帯機の『ゼルダ』なら自分でも遊べるんじゃないかと思うのですが。
 確かGC版『風のタクト』の流れとかで、別に2Dというワケじゃないんですよね。タッチペンを駆使する『ゼルダ』ということで、これまでの感覚とは違っているんだろうしなぁ…どうしようマジで。これが年末発売ならば「『スマブラ』があるから」とあっさり諦められただろうに。


 あ…あと、何気に。
 『山川出版社監修 詳説世界史DS』が気になる(笑)


 そうそう。『ゴエモン』は、ようやくゆき姫に会えましたよ。
 「あ、ゆき姫だ!」と見つけた2秒後には、僕がまっ逆さまに落ちていきましたが…当たり判定が厳しい上に、ダメージ食らうと一定時間行動不能になるので落下して死亡するのがほとんど。もうムリっぽ。

| ゲーム雑記 | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームの「進み」と「成長」

 現在、数年ぶりかに“夜に寝て”“朝に起きる”という真っ当な生活リズムになっています。実際に作画作業するにはこの時間帯だとあまり捗らないんで最終的には“朝に寝て”“昼に起きる”に戻したいんですけど、3月末まで“夕方に寝て”“夜に起きる”状態が続いていたため、現在は毎日ちょっとずつ調整中…

 この生活リズムだと、居間のテレビで長時間ゲームが出来ないのが悩みどころ。僕の起きている時間は親も居間にいますからね。20~30分ならともかく、1~2時間テレビは占拠しにくいんですよねー。


 とは言え、カイ氏伝さんが『蒼炎の軌跡(GC版『ファイアーエムブレム』)』を猛追中らしいので、触発されて僕も本格的に再開しました。
 電源入れるまでに1ハードル、進撃するまでに1ハードル、即行でネフェニーたんが殺されてリセットで1ハードルでしたが……最初の3~4ターンを凌ぎきると、僕の中の『エムブレム』熱がふつふつと再び湧き上がってきました。

 やばい…!面白いぞ…!!この勢いで一気に15章をクリアしました。
 これはまた睡眠時間を削って体を酷使しながら、ネフェニーたんの太ももとかマーシャのおっぱいとかワユの絶対領域とかにハァハァする日々が続きそうです。ホント俺、インテリジェントシステムズから刺されても仕方ないな。

B0002OVBLQファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡

任天堂 2005-04-20
売り上げランキング : 2004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 でも、氏の仰る通りに、現在ゲームファンが置かれている状況を考えると「1ミスで1章丸ごとやり直し」というゲームは厳しいんじゃないかと思いますね。
 Wii版『暁の女神』は(エムブレムファンの間での)Wiiの普及率や、続編だったというマイナス要因があったからこそ売上げが苦戦しているのでしょうが、それがなかったとしても厳しいのは変わりなかったんじゃないかなぁ。


 どんなにゲーム好きでもゲームだけのためには生きられませんから、生活の中でゲームが出来る時間は限られていると思います。それが1日10分の人もいれば、1日30分の人も、1日1時間の人も、1日2時間の人もいるでしょう。
 どの場合であっても、電源を入れた時から切るまでの間に「進歩」がなければ、次に電源を入れるモチベーションは上がらないと思うのです。言葉を言い換えると、「達成感」か「満足」か。あぁ…今日やった分は無意味だったんだと思ってしまうと、次が億劫になってしまうんですよ。

 RPGの場合はダンジョンをどれだけ進んだとか、ストーリーが進んだとか。レベルがどれだけ上がって、どれだけの技を覚えたとか。
 アクションゲームの場合はどれだけ面が進んだとか、自分が上手くなっていることを自覚できるとか(『スーパーマリオ』なんかはスタートは常に1-1でしたが自身の成長が感じられるゲームでした)。
 昔のゲームであれば「ハイスコア」もありましたし、隠し要素を探す楽しみもありましたよね。もちろん何も考えずにテトリスを4列消すだけで楽しいというのも立派な「達成感」だと思います。

 ゲームを遊ぶたびに、何かが「進んで」「達成されて」欲しいんですよ。
 その点で“Touch!Generations”のゲームはしたたかというか、よく考えてあると思います。
 『脳トレ』は最初に脳年齢を突きつけておいて、徐々に若返らせていこうと仕込んでいるだけでなく、毎日ハンコを貯めていったり、各トレーニングにはベスト3の記録と折れ線グラフが残ります。
 『Wii Sports』も各種目に熟練度があって折れ線グラフで表示されますね。欲を言えば、ボウリングのスコアとかも記録して欲しかったですけど―――ウチの親父は黙々とテニスの熟練度を上げて2300くらいまで上がってました。アホか(笑)

 『どうぶつの森』だって徐々に借金を返していくという目的がありますし(もちろん返さなくても良いのだけど)、博物館や図鑑を増やしていく楽しみもありますよね。


 そう考えると、FFのセーブポイントって分かりやすい目安でよく出来ているんですよね。セーブポイントからセーブポイントに進んだだけで、自分がちゃんとゲームをクリアに向けて進められているということが分かりやすい。


 もちろん『エムブレム』でリセットを押して1時間がムダになったようでも、プレイヤーの経験というか「次は○○に気をつけよう」と成長しているんだと思うのですけどね。
 でも、そう思うからこそ僕は『エムブレム』が大好きなのだけど、友達とかに「だからオマエ頑張れ」とは言えないよなぁ……それでも、『エムブレム』に『スパロボ』みたいな毎ターンセーブができるゲームにはなって欲しくないのだけど。うーん。

| ゲーム雑記 | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漫画紹介:星里もちる『ルナハイツ』全4巻

 「やっぱり勝ってほしい!好きな人だから!!」

 この漫画が連載されていた2004年頃はやたら漫画雑誌を読み漁っていたので、この作品もスペリオールでほとんど読んでいたと思っていたのだけど―――今になってコミックス一気読みしてみると、結構読み逃した回も多くて驚いたというか。そうだ、この漫画は最終回を読めていなかったんだと思い出しました。3年越しに読んだ最終回に、ムチャクチャ感動。

ルナハイツ 2 (2)
ルナハイツ 2 (2)星里 もちる

小学館 2004-02-28
売り上げランキング : 111770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ルナハイツ 3 (3)
ルナハイツ 1 (1)
ルナハイツ 4 (4)
怪獣の家 2 (2)
気になるヨメさん 1 (1)

 星里もちる先生と言えば、漫画界屈指のラブコメ描き。
 代表作とも言える『りびんぐゲーム』最終巻での、主人公とヒロインが一歩ずつ階段を昇るシーンに象徴されるように…漫画という媒体を使っての“心の機微の描写”が非常に上手いのです。
 この『ルナハイツ』でも様々な演出で楽しませてもらいました。ど迫力なシーンがあるワケでもない、次から次へと刺激的な事件が起こるワケでもない。でも、それでもこの方の漫画は「もう1話先」「もう1ページ先」と続きを読みたくなって、あっという間に全巻読破してしまうという魅力があるんだと思います。

 それとやはり、星里作品のキャラって「愛せる」んだよなぁ…
 この『ルナハイツ』も、“独身男の家が突然に会社の女子寮になってしまう”という…言ってしまえば巻き込まれ型ハーレム状態なのに、主人公の南條さんが超が付くほどの堅物なので、むしろ南條さんの無茶に女のコ達が振り回されていくのが面白いです。
 そういう状況ですから、しっかりと女性陣同士の友情が描かれているのがイイんですよ。僕は『武装錬金』で言えばカズキより剛太に感情移入してしまう人間なので、最終巻の屋上で泣くシーンはヤバかった。この涙を描くかどうかで全然違うんだよなぁ……


 全部で4冊と手頃ですし、今ならば古本屋でも簡単に入手できるでしょうし、機会があれば是非読んでもらいたい大好きな作品です。

| 漫画紹介 | 14:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WEB拍手メッセージへの返信(4月2日~4月8日分)

 久々に古本屋にいたので、買いかけの漫画を物色―――集めていたワケじゃないんですが『よつばと!』1巻の初版があったので、何年越しかに購入しました。
 こうやって“古本屋で初版見つける→買う”を続けても、最新刊にはいつまでも追いつかないんですよね……最新刊が出たら発売日に買って読まずに取っておいた方が良いのかもなぁ。でも、手元に置いておいたら読んじゃうだろうしなぁ。


 初版については昔書いた時にも「なんでそんなことにこだわるのか分からん」みたいなツッコミも方々で受けましたけど、そんなん各人にとっての価値とか優先順位とかが色々あるのは当然じゃないですかとマジツッコミ返し。おっぱいが好きな人も、太ももが好きな人も、わきの下が好きな人も、くるぶしが好きな人も、それぞれ存在するのだからフェチ道というのは深いんじゃないですか。

 ……ってなカンジに茶化して書くから、いつまで経ってもウチは女性人気が上がらんのだよね(笑)


 というワケで、先週分のWEB拍手返信です。↓

≫ 「続きを読む」

| WEB拍手返信 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT