FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ネタがないのが丸分かりな今日の更新

 関東は物凄い雷雨でした。雷怖い、雷怖い。
 前に雷が落ちて電化製品を全部ダメにした友達の話を聞いたので、あれくらいの雷雨になると片っ端からコンセントを引っこ抜くことにしています。液晶テレビがぶっ壊れたら10万、PC壊れたら5~6万、コンポが壊れたら3万、Wiiが壊れたら2万5千円の損害になってしまいますからね。

 +Wiiが壊れたらゲームのセーブデータも、沢山作ったMiiもなくなってしまいます。
 MiiのデータもまとめてSDカードに移しておけると良いんですけどね。


 DSクリーナー


 今日はDSのクリーナーを買ったので、その感想を書こうかななんて考えていたのですが……当たり前だけど、コレを使ったからと言って劇的に何かが変わるワケでもないですし。壊れないために使うものなのだから、別段面白い感想もないよなーとネタ詰まり。

 アレだ。ネタと一緒にホコリが詰まる前に、クリーナーを買ってDSをキレイにしようぜ!とか、そんなとこ。『どきどき魔女神判』をやっていると、親父ギャグが増えてくるよね。

B000JKZE66ニンテンドーDSシリーズ専用 クリーナーセット

任天堂 2006-11-23
売り上げランキング : 2312

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 しかし、このクリーナー……DSの端子を掃除できる公式グッズのくせに、売上げランキングは低いし、カスタマーレビューも0件。端子を掃除していないとソフト読み込まなくなったりする原因にもなるんで、重宝すると思うんですけどねー。


 もじぴったん
(↑クリックで拡大)

 良いのか『もじぴったん』。
 これのおかげでステージクリアできたけどさ(「○○い」を幾つ作れという面だった)


 Touch-DSに3つのソフトのCMがアップされていました。

 まず、『ドンキーコング ジャングルクライマー』のCM
 このCMを考えた人はバカか天才のどちらかでしょうね。凄く面白いCMだけど、売上げに繋がるかは知らん!そんな開き直り感が凄いです。どんなゲームかよく分からないですしね。
 ちなみに公式サイトはこちら。任天堂アクションの中では、『ドンキー』は風変わり操作の役割なんでしょうか。


 次いで、『スライドアドベンチャー マグキッド』のCM
 これもまた何が何だか分からないCMのような……個人的には“人が遊んでいる姿”を見せた方が、「凄くイヤな人」も「凄く興味が出る人も」いて面白いと思うんですが………

 拡張コントローラのアイディアは面白いと思うんだけど、価格が携帯ソフトにしては高いのがネックだよなぁ。


 3番目。『大人のDS顔トレーニング』のCM
 最初のCMラインナップはどうかと思ったのですけど、『眼力』同様に後から追加された「トレーニング1」「トレーニング2」が本命のCMみたいですね。
 どういうソフトなのか凄くよく表していると思う……けど、『眼力』のようなミニゲーム的な楽しみもないと、人を選ぶソフトになるだろうとは思いますね(欲していない人が買っちゃうよりかは健全だと思うんですけどね)。

 男性は鏡で自分の顔を見ることにすら抵抗ある人も多いだろうし、女性も流石にコレを電車の中では出来ないだろうし……売上げとしてはどうかと思うんですが、『スライドアドベンチャー』と同じ日に拡張アイテム同梱のソフトが発売されるというのは面白いですね。方向性が見事に正反対だし。


 丁度DSクリーナーに「GBAスロット用のクリーナー」も付いてきたので思ったのですが、GBAスロットを使っていない人も多いんじゃないかと思います。我が家の場合も『ふしぎのぼうし』クリア後は全く使っていませんでしたし。
 でも、使っていないGBAスロットを活用させることも、非ゲーマーにとっては「おぉっ!この部分はこう使うのか!」と驚きと喜びをもたらせると思うんですよ。

 『もじぴったんDS』にGBA版ソフトを入れるとステージが増える(GBA版のステージをDS版のシステムで遊べる)、とか。更にこういうソフトが増えないかなぁと思っています。

B000REZQBCスライドアドベンチャー マグキッド

任天堂 2007-08-02
売り上げランキング : 369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アジアカップに奇跡は起こらなかった

 実を言うと、ちょっとホッとしてしまった。

 「1年前に負けたオーストラリアに勝ったー!日本チョー強くなった!」ってな流れでアジアカップ優勝なんかしてしまったら、3年前と同じようにな勘違いに陥りかねないなぁと……日本代表に勝って欲しい反面、勝ってしまったらマズいような恐怖心もありました。
 もちろん3年前のアジアカップ優勝も、その後のW杯予選も、「運」とか「実力以上の奇跡」でしかなかったとは言いません。「意地」とか「経験」とか「集中力」が相手より勝っていたからこそ、終了間際のゴールだったりしたんでしょう。そして、今大会はそれすらもなかっただけ―――


 大会のレギュレーションでオーストラリアには勝ったとは言え、PK戦での勝利。しかも、PK戦に持ち込もうとしたオーストラリアの企み通り、PKに持ち込まれての辛勝でですよ。それで「1年前より強くなった」なんて思ってはいけません。

 アジアの気候に慣れなかった初出場のオーストラリアを除けば、日本がアジアで4番目というのは極めて妥当な結果だったのかなぁと思いました。上の3チームがどこかは別にしてね。
 守備陣は(深刻な得点力不足に苦しんでいた)韓国以外には全試合失点を喫し、攻撃陣は初戦のカタール戦からずっと“守りを固めた相手を崩せず”の敗退になりました。オーストラリア戦は(高原のナイス切り替えしはあったものの)相手のクリアミスでしたし、サウジアラビア戦はセットプレイの2点。実力が均衡した相手からは、今大会“相手を崩した”得点は1点もありませんでした。


 別に堅守速攻型のチームに戻せというワケではなく、ボールを持てる選手の多い日本がポゼッションサッカーを目指すのは悪くはないと思いますが……ボールを支配しているだけでは勝てないということを学ばせてもらったという意味でも、今大会の4位という結果は妥当だったのかなぁと。
 それは……ドリブラーがいればとか、クロスの精度が高ければとか、選手交代が微妙だったとか、そういうレベルではなく。日本のサッカーにまだ「ボールを支配した状態で相手の守備を崩す」文化が弱いのかもと思いました。ガンバの遠藤とフロンターレの憲剛という、Jリーグの中で攻撃力の高い2チームの主軸がいてコレなのだから、サッカーってホント難しいですね。


 1年間で変われるようならば、世界中のサッカー強豪国がいつまでも強豪国でいられるのは何故なんだと。監督と、スターティングメンバーの11人を変えただけで勝てるほど甘いもんじゃないんだと。
 Jリーグとの日程の兼ね合いも、マスコミの報道の仕方も、スター至上主義・視聴率至上主義の中継も、いつもの通りの精神論な実況&解説も、1年前から何にも変わってないもんね。

 高校野球の地方大会の中継を観ていると、地方局のアマチュアレベルの大会の番組とは言え、実況とかカメラワークとかのレベルの高さに驚きます。何十年と積み上げてきた高校野球の中継の文化がしっかりあったからこそ―――そりゃ、日本がWBCに優勝するのも不思議じゃないよなぁと思いました。
 プロ野球の中継は置いといて(笑)、こうした高校野球の中継を見た子どもが甲子園を目指して野球を始め、プロになって日本代表になる……その繰り返しなんですよね。だから、日本代表ででも「1点を奪う野球」が出来たワケで。


 サッカーはどうよ?
 中継している側が「視聴率を稼いでくれるコンテンツ」としか思っていないのなら、何十年かかったってそれ相応のレベルだろうし、ドイツW杯で起きたようなことは今後も繰り返されると思うぜ。


 正味な話……今大会で「勝つ」だけなら、何とかなったとは思います。
 相手が一人減った試合では、アンカー鈴木啓太を下げて攻撃のオプションを1つ増やすだけで状況は変わっていたと思います。そのために阿部勇樹をDFラインに入れておいたのでしょうから、阿部をアンカーに置いて4バック→3バックにすると。

 でも……それをやっても、次には繋がらないんですよね。
 恐らくはオシムは現行戦力で工夫して相手を崩すことを考えて欲しかったんだと思います。それをピッチ上の選手が出来なかっただけで……それならば、最終戦は水野とか伊野波とか若手主体のスタメンにしろよって思うから、僕は別にオシムの選択肢が正しかったとは思いませんけどね。


 とりあえず、次はU-17のW杯か。
 この世代は小学生低学年の頃に、97年W杯アジア予選突破、98年W杯初出場&中田ヒデのペルージャ移籍を観てきた世代です。W杯で戦うこと、海外に移籍して世界と戦うことが、サッカーを始めた頃から現実的な目標としてあった世代です。

 うーむ……この世代がプロに入ってA代表に入るって頃には、日本のサッカー文化も変わっているとイイんですけどね。

| サッカー観戦 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |