FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

3年遅く、15年早かった魂の一作!『メタルスレイダーグローリー』紹介

『メタルスレイダーグローリー』
 ファミリーコンピュータ用/アドベンチャー
 HAL研究所
 1991.8.30発売
 スーファミリメイク版公式サイト
 Wiiバーチャルコンソール用
 2007.12.18配信開始/600ポイント
 公式サイト

 ※ このレビューはWiiバーチャルコンソールにてリメイクされたものをプレイして書かれたものなので、オリジナルのファミコン版とは内容が異なっている可能性があります。
B000KFA8R0Wii ポイント プリペイドカード 1000

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 481

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
→ ファーストインプレションの記事はこちら



 あなたは4年前、何をしていましたか?

 2008年2月現在からの4年前=2004年の2~4月頃のニュースと言えば、長島監督が脳梗塞で倒れたり、コンビニやスーパーで消費税が内税表示になったりしたことがあるそうで。イラク戦争の余波で延期になっていたアテネ五輪のサッカーアジア予選が行われたのもこの頃。2004年の大河ドラマは『新撰組!』、『世界の中心で愛をさけぶ』や『ハウルの動く城』の映画も2004年だとか。
 ゲーム業界のニュースで言えば……PS2の『ドラクエ8』がこの年のベストセールス作品で、この時期をピークに「大作ゲーム」から「非大作ゲーム」への流れが始まります。この年の12月にニンテンドーDSとPSPが発売。PC版の『CLANNAD』もこの時期ですか。

 4年という時間は世の中をあっという間に変えてしまいます。コンピューター関連は特に。
 総制作期間4年と言われれば、物凄い大作のように聞こえますが……この作品の構想が練られていたのが1986年、制作開始が87年。87年は『新・鬼ヶ島』や『さんまの名探偵』などが発売されたアドベンチャーゲームブームの頃ですが、この年に『ドラクエ2』や初代『FF』などが発売されRPGブームが始まり、88年の『ドラクエ3』で決定的になる時期です。
 制作開始から4年、このゲームが発売された91年になるとアドベンチャーブームなど影も形も残っていませんでした。ファミコン市場はまだまだ頑張っていましたが、前年のスーファミの登場によって、「ハイスペック路線はスーファミへ」という時代。“ファミコンにしては大容量”のこの作品は、すっかり時代遅れになってしまっていたんですよね。

 コンピューターの進化だけでなくて、SFアニメも4年経ってしまえば様変わりして「古臭く」見えてしまうのもあったでしょう。もし、発売があと3年早ければ……そう思わずにはいられません。



 ですが、そこから15年以上が経った今見てみると“イイ塩梅の味”が見えてくるのです。
 知る人ぞ知ると言われ、一時期3万円近く付いていたプレミア価格のソフトが600円で遊べるというのも大きな魅力。時代には乗り切れなかったこの作品が、時代を飛び越えるWiiのバーチャルコンソールで甦る―――当時を知っている人も、当時を知らない人も、色々なことを考えさせてくれる一本だと思うのです。

↓ 以下、感想はクリックで。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム紹介 | 19:08 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |