FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

零から始まる青春物語・羽海野チカ『3月のライオン』1巻感想

 「泣いても仕方ないからあきらめて
 悲しいから考えないようにして
 頭から追い出して、追い出して、追い出して…――でも、本当にそれでよかったんだろうか…」


 『ハチミツとクローバー』の羽海野チカ先生が、青年誌(ヤングアニマル)に舞台を移して描いている最新作がようやくコミックス化されました。

 『ハチクロ』のアニメ版は毎週毎週楽しみに観ていましたが、結局原作の漫画はノータッチだった僕。次回作はコミックスから追いかけたいなと漠然と思っていましたし、去年の夏に高橋美佳子嬢のネットラジオに羽海野先生がゲスト出演されていた際の話にも惹かれていましたし、僕は女性作家が描く青年漫画が大好きですし、コミックス化をとても楽しみにしていました。


 いつもの通り事前情報を全く入れていなかったので、読んでビックリしました。
 れい(零)という主人公の少年が、川向こうに住む三姉妹とイチャイチャするお話でした。

 これは!俺が読まずして誰が読む漫画なんだ!

45921451193月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ

白泉社 2008-02-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 主人公・桐山零が「何もない」と言われる回想シーンから物語は始まります。

 ですが、その印象的なスタートとは裏腹に……三姉妹や猫とイチャイチャしたり、17歳にしてかなりの月収な天才棋士だったり、やたら陽気なライバルがいたり。「すごく楽しそうな人生じゃないか」と思っていました。


 絵の密度、次から次へと出てくる登場人物にその人間関係、読者を置いてけぼりにして語られる主人公の感情……よく言えば「スミズミまで詰め込まれている」、悪く言えば「ゴチャゴチャしていて疲れる」―――
 ところどころに使われるデフォルメ絵や、定規を使わないフリーハンドの背景の暖かみ(どこに定規を使って、どこに使わないかというのは結構勉強になりますね)などで絶妙に緩和されてはいましたが。第一印象は正直、「取っ付きにくい」と思いました。

 しかし、一度その壁を超えると凄まじい世界が見えてくるもので。
 徐々に見えてくる人間関係、主人公が「何もない」と言われていた背景、想像の余地を残す程度に与えられる謎と伏線、画面いっぱいを存分に使い切る絵の美しさと言葉選びの美しさ。そして、『ハチクロ』同様にダイレクトにこちらの心を鷲づかみにしてくる力強さ。



 「零」は「何も起こっていない」ところからスタートしているという意味ではなく、「何もかもを失った」ところからのスタートという意味。全てを手にしているようで、何も手にしていない―――恋と未来に悩んだ『ハチクロ』の主人公達と違い、零くんは恋すらどこかに置いてきて悩む権利すら奪われてしまったかのよう。


 空っぽの零くんが、三姉妹を始めとする様々なキャラと触れ合うことで成長していく物語なんでしょう。
 将棋の棋士を主人公とした話ということで「えー」と思う人も(特に『ハチクロ』が好きだった人の中には)いるとは思いますが、棋士としての成長を描いていくのではなく、主人公の心の成長物語を描く舞台がたまたま将棋界という程度なのだと思います。

 空っぽだから描けるものがある。
 空っぽだから伝わるものがある。


 題材は全然違うし、そもそも雑誌が青年誌になりましたし、巻末漫画で羽海野先生も「前の漫画とは随分違う」と仰っていました。
 でも、僕は『ハチクロ』で竹本君が一人追い求めたあの旅と同じものを『3月のライオン』に感じましたし、これはやっぱり羽海野先生の漫画なんだなーと『ハチクロ』の原作を読んでいない僕でも思いました。



 漫画はここまで出来る―――
 漫画はここまで描ける―――

 色んなものが詰め込まれた珠玉の一作。こういう漫画が存在してくれることは非常に嬉しいし、励みにもなるのですが、正直焦りもします。今後一切「漫画だからしょうがないよ」なんて言い訳が出来ませんもの。



【オマケ】
 せっかくなので、1巻時点で「謎」として残っている伏線を整理しておこうと思います。
 1巻のネタバレになるので「続きを読む」か「記事URL」で。ヤングアニマルの方は読んでいないので、そちらのネタバレをこちらに送ってきたりはしないで下さいね。

≫ 「続きを読む」

| 漫画読み雑記 | 18:36 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |