FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

WEB拍手メッセージへの返信(7月15日~7月21日分)

 「E3はコアゲームを発表する場所ではなかった」と宮本氏発言。(情報元:WY2K帳さん)

 うーん?
 宮本さんは「ライトユーザーのための商品ばかりを発表したからコアユーザーから批判を受けている」と認識しているんですかね?もちろんそれも否定できないんですけど、むしろ僕が見た限りでは、“ライトユーザー向けの商品”が「こんなんでライトユーザーが満足するのか?」というものだったことに対する批判の方が大きかった気がするんですけど……



 典型的な不安要素はこの記事。
 「Wii Music」、「Wii Sports Resort」など新作を体験

 GAMEWATCHさんの誌遊レポートなんですが……
 Wiiモーションプラスを使った『Wii Sports Resort』の「ディスクドック」「ソードプレイ」は、競技の前に「Wiiリモコンを画面に向けてAボタンを押すという操作」が必要らしい。『Wii Sports Resort』のゲームを起動した時ではなく、各競技を始めるごとにですよ(ひょっとしたら一投、一試合ごとかも)。
 言われてみれば……E3のブリーフィングで実演した際、ポインターを押す動作に気付かない場面がありましたもんね。

 つまりはWiiリモコンの“最初の姿勢”を統一させることによって、そこからの誤差で動きを検出するということなんでしょうけど……どう考えても面倒臭いでしょコレ。
 『Wii Fit』で「腕立て」をする前にもバランスWiiボードの上に直立しなきゃならない&その割に、トレーナーは容赦なく腕立てを開始するって仕様も非常に面倒臭かったですけど。あれはまだ面倒臭い種目が限られていましたからね。



 百歩譲って『Wii Sports Resort』はイイですよ。
 『Wii Sports』の続編、というよりは『はじめてのWii』のWiiモーションプラス版みたいな位置づけなんでしょうから。ミニゲームの最初にポインターを向けることにはさほど抵抗がないかも知れません。でも、もし『ドラゴンクエストソード2』のようなゲームが出た場合……モンスターと遭遇する度にこの操作をするんですか?



 加えて言うと……上のGAMEWATCHさんの記事内で触れられている『Wii Music』のレポート。
 「Wiiモーションプラスを使わずに、どうやってあのドラムを叩いているんだろう?」と僕はブリーフィングを見て疑問に思っていたのですが、何のことはありません。「ドラムセットのどこを叩くかは、どのボタンを押しながら振るかで決まる」んですって。

 全然直感的じゃない(=ボタン操作が苦手な人にはプレイ出来ない)上に、じゃーWiiモーションプラスに対応して発売すれば良いじゃんと思ってしまいます。これまではWiiリモコンの性能に限定性があったから目をつぶっていた部分が、Wiiモーションプラスのせいで「出来るくせにやらない」だけという印象になってしまいました。
 もちろんWiiモーションプラスの話が上がる前から『Wii Music』を作っていたのでしょうから仕方がないのかも知れませんが、ならばワザワザE3で発表して自ら『Wii Music』の価値を下げるべきではなかったと思うのです。

 あのプレゼンを観た人なら、『Wii Sports Resort』からの流れで『Wii Music』のドラムも「自分が叩いたところが自然に叩かれるんだろうな」と勘違いしますよ。
 来年春発売のWiiモーションプラスをこの時点でお披露目したのは、Xbox360陣営を意識してのことでしょう。でも、その結果として年末の目玉ソフトである『Wii Music』の価値を貶めてどうするんだって話です。



 一方、こっちは良いニュース。
 どうぶつの森wiiで採用されるWiiSpeakに早速対応したwiiサードタイトルが発表。
 (情報元:WY2K帳さん)

 「Wiiでもスゲーグラフィック作るよ!」で話題になった『The Conduit』。
 16人同時対戦のFPSでボイスチャットに対応するみたい?このソフトで出来るのなら『モンハン3』にも期待したいところですし、『スマブラ』『マリオカート』で出来なかったことに不満を覚える人も出てくるような(笑)。

 日本では発売するかどうか微妙なタイトルですが(発売されてもEAの『メダルオブオナーヒーローズ2』のようにオンライン機能が削除される可能性も……)、既にサードがWiiスピーク対応ソフトを作っているというのは大きいですね。対応ソフトが増えれば、約30ドルという値段も割安に感じるようになるかもしれませんし。
 9月に発売しちゃうから対応することは100%ないんでしょうけど、『ボンバーマン』みたいなシンプルなゲームほどオンライン対戦+Wiiスピーク対応+Wiiのユーザー層にかなりマッチすると思うんですけどねー。



 未来ではなく現在の話。
 「スピルバーグがプロデュースしたパズルゲーム!」という謎すぎる触れ込みだった『ブーム ブロックス』がなかなかの評判みたいです。価格が安いので発売前から気になっていて、公式サイト(Flashと映像の読み込みが多い公式サイトだ…)でPV見た時は「う……ん?」とピンと来なかったんですけど。「PV見てピンと来た人は買って損はない!」という声を多々見かけました。じゃ、僕には合わないということか(笑)。

 売上げ的にはかなり厳しい状態らしく、感想を書いているブログとかは見かけないんですよねー。掲示板で見かけた感想では(書いている人がどういう好みか分からないので)イマイチ判断に悩むところです。Amazonで実売3000円ちょっとかー、冒険してもイイんだけどなー。10日後には『どき魔女2』が届くんだよなぁ。

B0015RFI72ブーム ブロックス

エレクトロニック・アーツ 2008-07-17
売り上げランキング : 57

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 というワケで、先週分のWEB拍手返信です。↓

≫ 「続きを読む」

| WEB拍手返信 | 18:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |