FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

漫画の打ち切られ方―――作品としての理想、雑誌としての理想

 ネタも時間もないので、今日はいつもにも増して軽い雑文です。


 この9月、僕が5年間毎日(月~木)聴いていた『バツラジ』というラジオ番組(TBSラジオ)が終了します。しかも打ち切り。
 聴取率の数字は分かりませんけど、宮川さんの番組は「数字は良くてもスポンサー(CM)が付かない」とプロデューサーがネタにしているくらいなので、人気とはまた別の問題があったのかもなーと思いました。もちろん聴取率の話題が減っていたので、数字も落ちていたんでしょうけどね。


 さてさて……
 番組終了1ヶ月前から「終わる」ことを告知できている状況なので、現在のこの番組は「どうせ終わる番組なんだから」と結構なぶっちゃけ話が繰り広げられています。その中でも特に興味深かったのが……


 「打ち切りが決まっている番組のスペシャルウィーク(聴取率調査週間)ってどうなの?」
 「数字取りすぎても、10月からの新番組が比較されて可哀想だよね
 「よし、じゃあ“ほどほど”の数字を目指しますか」



などなどの発言。面白おかしく「上からの発言」風に濁していますが、確かに言われてみると「終わる番組の聴取率を調べてどうするんだ」とは思いますし、ここで頑張ることが「あんなに面白かったバツラジを終わらせた割に、新番組はイマイチだな」と繋がりかねない危ういバランスになっていることに気付きます。


 「10月にPSPの新型を出します!」と発表されたら、今の時点で店頭にあるPSPはどうなっちゃうの?みたいな……(むしろ新型が出る前後に、現在の型は値下げして売るしかなくなるから狙い目かも……)こういうことってどんな分野にもあることなのかなーと思ったりもしました。




 ちょっと思い出したことが……
 まだ僕がジャンプ感想をやっていた数年前、普段は礼儀正しい応援メールを下さっていた人が一度だけ「○○(=その人が大好きだった作品)が打ち切られて、××(=その人が好きではなかった作品)みたいな漫画が生き残っているのが許せない」という感情むき出しのメールを下さったことがありました。

 その行為自体はその人にメールを返信して落ち着いたんですけど……

 その際に、ちょっと思ったんですよ。
 その打ち切られた作品を描いていた作家さんは「面白いものを」と最善を尽くしただけなのに、結果としてその媒体(=この場合は少年ジャンプ)に対して負の感情を持たれることがある……と。


 打ち切りが決まってから最終回までに何話与えられるのかには諸説ありますし、状況によって違うと思うんですけど―――ほとんどの作家さんは、その与えられた話数で「少しでもイイ結末を」「ファンを悲しませないように」と精一杯のまとめをすることと思います。
 打ち切りだったとしても「良い結末だった」と思ってもらえれば、ファンも次の作品を期待してくれるでしょうし、次の仕事にも繋がりますからね。何より、作品にとっては打ち切られたかどうかなど関係なく、単行本として形に残り続けるワケですし。


 しかし、雑誌とすれば「あんな作品は打ち切って当然だ」「よくぞ打ち切ってくれた」と言われるような終わり方をしてくれた方が、次の週からの新連載にとってプラスになるのかもなーとふと思ったんですよ。

 いやまぁ、実際にそれを狙った人なんていないんでしょうけど……
 「○○が打ち切られてから、その雑誌を読むのやめたよ」という人が無数にいることを考えると、“理想の打ち切り”って作品にとってのソレと雑誌にとってのソレが違うのかも知れないと思ったのです。

 何を主体に見るかで、何に価値が出るのかも変わる……という話。


4088727525武士沢レシーブ 1 (1) (ジャンプコミックス)
うすた 京介

集英社 1999-08-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 18:28 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |