FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ニンテンドーDSのWi-Fi対応ソフトのWi-Fi接続率は、ほとんどが2割台

 あまり話題になっていませんが、個人的に重要な情報だと思ったインタビュー記事。

 社長が訊く『大合奏!バンドブラザーズDX』発売後 篇


 このインタビュー記事自体は『バンブラDX』の発売後のエピソードを中心に語られているんですが……最後に岩田社長がサラッとこんなことを仰っていました。

<以下、引用>
 インターネットにつなぐことで起こる可能性をご存じないままのお客さんの数をできるだけ少なくしたいですよね。
 Wi-Fi対応のDSソフトのWi-Fi接続率は、なかなか3割を超えないんです。
 でも『バンブラDX』に限っては6割を超えているのですが、それでもWi-Fiで楽曲をダウンロードできることをご存知でないお客様がいらっしゃることが、非常にもったいないと感じているんです。

</ここまで>


 「なかなか3割を超えない」=「ほとんどが2割台に留まっている」ということですよね?
 これってかなりの衝撃情報じゃなかろうかと思いました。

 もちろん「Wi-Fi対応ソフト」と言ってもピンキリで、『バンブラDX』のように「Wi-Fiに繋いでナンボ」というソフトから、一人用のRPGなのに取って付けたようなWi-Fi機能があるだけのソフトもありますし―――平均値が低くなってしまうのは当然なのですが。
 ここでの岩田社長の発言を読む限り、1本辺りの接続率がなかなか3割を超えないということですよね。


 喩えば『クイズマジックアカデミーDS』なんかは、元々がネットワーク対応のアーケードゲームから始まったシリーズなこともあり、「オンラインによる対人戦&常に新しい問題をダウンロード」が前提のゲームデザインになっているのですけど……当然のことながら、このゲームを買ったけどWi-Fiへの接続方法や接続すると出来ることを知らない人も沢山いるんですよね。
 ネット上のブログなり掲示板なりに書き込んでいる人は比較的そうしたことに詳しいと思うのですが、それでも接続方法が分からないという書き込みもありますし、インターネットに疎い人はもっと“分からない”比率が高いんじゃないかと思うのです。

 『バンブラDX』の「6割を超えている」という文言もポジティブに解釈すれば「それだけWi-Fiで出来ることに魅力があるんだ!」と思えるのですが、ネガティブに解釈すれば「それだけオフラインで出来ることが少ないんだ」とも言えるワケで―――
 僕の友達に、『バンブラDX』を買ったのだけど自宅にインターネットが繋がっていない&自分で作曲も出来ないので「曲が全然少ないんだよ!」と嘆いている人がいました。



 まぁ、2割台から6割台までの接続率があるということは、プレイヤー側も柔軟な遊び方をしているとも捉えられるのかも知れませんが。理想論を言わせてもらえば10割を目指したいところですよね。



 というのも……
 やはりゲームを作る立場を想像してみれば、「Wi-Fi接続率が2割台」なのと「Wi-Fi接続率が10割近い」のとでは作れるゲームが全然違うものになってしまうと思うのです。
 それはもちろん“自宅ではWi-Fi環境があるけれど外で遊ぶ場合はWi-Fi環境がない”というケースもあるから仕方ないんですけど、前述の『クイズマジックアカデミーDS』なんかも「一人でもじっくり楽しめるアカデミーモードを搭載!」を謳い文句にされていましたものね。

 このゲームに関して言えば、アカデミーモードでも(普段の授業は)Wi-Fi対戦が可能なんですけど……
 「Wi-Fi接続率が2割台」という状況でゲームを作るのならば、オンラインはオマケ要素で、メインはあくまでオフラインに作るしかないんじゃないかと思ったのです。



 かと言って、「オンライン環境があることを前提」で作られているWiiウェアのソフトもまだまだ盛り上がっているとは言い切れませんし(『ロックマン9』で状況は変わるかもですが…)―――
 オンラインを最大の長所にしていたXbox360が日本では売上げ苦戦&逆に一人用RPGを投入後に上向きになっていったことや、DSやWiiのソフトもWi-Fi対応というだけでは売上げが上がらない傾向があるワケで。

 そもそも日本人は「ゲームをインターネットに繋ぐ」ことに魅力を感じていないのかも知れませんね。“魅力を感じていない”どころか“抵抗がある”とか“敷居が高い”くらいに言い換えてもイイのかも。
 「PSPを持ち寄ってみんなで遊ぼう」で『モンハン』や『ファンタシースターポータブル』がヒットしたことはその裏返しとも言えるワケで―――そうなるとオンライン対応を前面に押し出すであろうWii版『モンハン3』やDS版『ファンタシースターZERO』は思ったほど伸びず、「ほら!任天堂ハードではゲームらしいゲームが売れないんだ!」と鬼の首を獲ったかのように騒がれるんだろうなぁと今から悲観しているという(笑)。


 でも、マジメな話。
 「次世代機の鍵はネットワークにある!」とXbox360、PS3、Wiiがそれぞれオンライン必須の機能を装備していった結果、国内市場ではDSやPSPといった携帯ハードの普及台数に全く及んでいないというのもこの辺の背景があると思うんですけどね。


B001FSKK06ファンタシースター ZERO

セガ 2008-12-25
売り上げランキング : 68

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:07 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |