FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「考え方は人それぞれ」はゴールではなくてスタート地点

 「Aという意見」があって、「Bという意見」があるとします。
 その両者を対決させてどちらが正しいのかを決めるのではなく、両者を対比させることで互いの良さを上手く組み込んで「Cという意見」を作り上げるのが議論だと僕は思っています。

 Aが8割:Bが2割とか、Aが4割:Bが6割といった比率はそれぞれの意見をぶつけ合って見つけていくものですし。実際には2つの意見ではなくて無数の意見を組み込んでいかなきゃならないんですけどね。





 ↑ 以上、今日の結論。
 「誤読を避けるためには一番言いたいことを最初に書くべきなのでは?」という指摘を受け、挑戦してみました。やってみたら想像以上に楽ですね。書きたいことは全部書き終わったので、ここから先のスペースは俺の自由だ!!


 2009年のWii予想とか、書いて良いかな?

 ダメか。そりゃそうだ。結論と関係ないしね。残念。


B0002YNR5EMG 1/100 フリーダムガンダム

バンダイ 2004-07-25
売り上げランキング : 1110

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「僕、ヲタクの友達って出来たことないんですよ。」

 唐突に始めてみる本文。
 友達の数とかそういう話はさておき、僕は今までの人生でヲタクな友達と出会ったことがありません。ヲタク的な活動は常にソロ活動で、自分がヲタクであることもなるべく言わないようにしてきました。隠している理由は簡単で、非ヲタにヲタクな話題をしても盛り上がらないからです。

 僕は車に興味がありません。だから車の話を振られても困る。
 同じように、美少女アニメに興味がない人に『舞-HiME』の魅力を語っても相手は困るだろうと。



 ただ、漫画はヲタク/非ヲタクの境界線が曖昧だったんですよ。
 僕ら世代はちょうど小学校高学年の頃にジャンプ黄金期でして、『ドラゴンボール』とか『スラムダンク』の話は共通の話題として認識されていて、そのおかげなのか漫画の話題は非ヲタであってもある程度のところまでなら興味を持ってくれるものでした。


 んで、そんな非ヲタな友達達からすると自分は「漫画に詳しいヤツ」だったんですよ。ネットの中で見ると全然ですけどね。
 非ヲタな友達から「何かオススメの漫画ある?」と聞かれて、その人が好きになりそうな漫画を考えるのが非常に楽しかったですし、僕自身オススメの漫画を考えることで得たものは沢山あったなぁと思うのです。


 喩えば、今僕が一番好きな漫画が島本和彦氏の『アオイホノオ』だったとします。
 僕は凄い好き。あだち充の『ナイン』を読んで主人公が「こんなに面白いのに人気がないなんて。俺だけはあだち充を認めてやろう!」と思うシーンとか、もう言葉に出来ないくらい大好きです。

 でも、全ての人が『アオイホノオ』を好きにはならないだろうとも思うのです。
 そこで「俺がこんなに大好きな『アオイホノオ』」を「コイツにはオススメ出来ない」のは何故か?といったようなことを常日頃考えてきました。オススメした結果「面白かったよ!」と言われれば「なるほど、ここまではOKなのか」と思い、反応が悪ければ「ダメか……」と参考にしていく。


 そうやっていく内に、その漫画の魅力がどういうものなのかが見えてくるし、その漫画に対しての「面白い」「……イマイチ」といった反応を見てその人となりを見ることが出来ました。「あー、色んな人間が世の中にいるんだ、面白いもんだなぁ」と。



 「ヲタクな自分にとって、友達が全員非ヲタクだったのは掛け替えのない財産だったのかも」
 最近はそう思うようになりました。
 僕はずっと「ヲタクな友達がいない」ことに劣等感と孤独を感じていましたけれど……趣味が近い人というのはインターネットで探せば出会うことが出来ますし、現にこれまで多くの人出会ってきました。逆に趣味が遠い人というのは率先して出会う機会がありませんし、喩えば同じ地域、同じ学校、同じ集団の中にたまたま入っただけという繋がりで友達になることが出来たというのは幸せなことだったのかなぁ……と。


 漫画やアニメやゲームが好きで好きでたまらない自分だけれど、そこに引っ張られ過ぎずに、漫画やアニメやゲームがそんなに好きじゃない人の視点を考えられるようになったのは(考えなきゃいけないという意識を常に持てるようになったのは)、これまで出会ってきた全ての非ヲタクな友人達のおかげだろうなぁと思いました。

 今、本当に熱を込めて文章を書いているときに「友人」と変換しようとしたら1発目が「遊人」でした。やだもうこんな自分。




 「人の好みはそれぞれだから、と言ってしまえばそれまでですけどね」
 昔、とあるサイトで読んだ言葉でした。「違うよ!“それまで”ではないんだよ!“そこから始まる”んだよ!」と書き込むべきか半日悩んだけど、それを上手く伝える自信がなくて辞めました。

 「人の好みはそれぞれ」―――
 もう、これは疑いようもない事実です。思考も嗜好も志向も、百人いれば百通りあるなんてことはわざわざ語るべきことでもありません。「Aという意見」も「Bという意見」も大事。でも、それはそこがゴール地点だということではなく、そこから「Cという意見」を作り出すスタート地点に立っただけの話です。



 自分と違う意見は、自分の意見を昇華させる可能性を秘めている―――
 非ヲタクな友達から沢山のものを学んだ自分としてはそう思うのです。


 ……と書くと、自分と同じ意見の人とか、「同感です!」というコメントを否定しかねないんですけど。
 でも僕は完全な「同感です!」なんて存在しないと思うのですよ。結論は近いかも知れないけど、そこに至るまでの過程はそれぞれ違っていて、そこから沢山のものを学べます。同じように『どき魔女2』が大好きな人であっても、何周もやりこむ人もいれば、1周だけ遊んで「最高だった!」と満足する僕もいる、みたいなことです。



 んでまぁ、だからこそ僕は「自分とは違う意見を蔑ろにする」行為だけは許せないのですが……それはまた別の話ですし、許せないことを「許せない!」と思い続けるのも何か違うのかもなぁと最近は思ったりもします。わかんね。日々悩んで生きるのが人生なり。

 2秒前の僕は「Aという意見」だけど、今の僕は「Bという意見」で、2秒後の僕は「Cという意見」になればイイなぁと思っております。


4091512682アオイホノオ 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
島本 和彦

小学館 2008-02-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『街へいこうよ どうぶつの森』Wi-Fi通信プレイ・レポート

 リアルタイム更新をしようかなと思っていたのですが、蓋を開けてみたら盛り上がりすぎてそれどころじゃありませんでした。Wiiスピークをお互いに使うのは初めて(自分一人で使ったことはある)&4人同時通信も初めてということで、物凄く新鮮な体験をさせて頂きました。皆様、本当にありがとうございましたー。



 果物いっぱい
 7時40分頃、門開放。
 魚を釣ったり、貝殻を拾ったり、星座を作ったり、どうぶつの家に押しかけて眠ったりして時間を潰しました。


 8時30分頃、『WY2K帳』のetenrakさん(エツさん)来訪。「え?30分経っているのに誰も来ていなかったんですか?」と本気で心配されました。う……うん。でも、チャットとかも「○時から開始します」と言っても1時間後とかに来る人も多いですし、と強がってみせる。


 パイク!
 そんなことを話しながら、エツさんと釣り対決をしたり。
 「通信中はレアな魚が釣れる」という話を聞いたことがあるのですが、エツさんが釣った魚はウグイ…だったかニゴイだったかでした。ホストがパイク釣っている場合じゃないよ!


 初Wiiスピーク同士の会話、僕にとっては人生初めてのボイスチャットでした。
 回線の問題もあるんでしょうが、若干ラグというか“遅れ”みたいなものは感じたかなー。『どうぶつの森』のまったり感では気にならないレベルですが、これをそのまま『マリオカート』とかで使うとすると「え?リアクション遅くない?」ということになるかと思いました。
 あと、ちょっと「相手のテレビから出ている自分の声が相手のWiiスピークに反応している」のか、自分の声が聴こえてビックリしたり(笑)。自分の声って聴く機会がないから、「何このニセモノ!」と思ってしまいますよね。


 とは言え、タイピングせずに会話が出来るというのは非常に快適。
 特に『どうぶつの森』の文字チャットだと文字数が短くて履歴が残らないので、長文会話がしにくい印象があって、それはそれで味があるのだけど……無駄な会話も気軽に出来るボイスチャットというのはそれだけで楽しいなと思いました。


 勇者一行
 8時50分頃、あめのひ村のくもさんと、なごやん村のさきち☆さんが来訪。
 これで初の4人同時通信となりました。くもさんもWiiスピークを購入されたそうで、これで3人がWiiスピーク、さきち☆さんだけがソフトウェアキーボードとなったのですが……これはこれで味があるというか、ボイスチャットの中に文字チャットが入ると際立つものだなーと思いました。


 そして、一同は仕立て屋に向かうのでした。
 オンラインプレイ自体ほとんど経験のない自分にとっては、4人がそれぞれ自分の意志で歩いて仕立て屋に向かう絵面だけで感動してしまいました。写真撮ったら、くもさんの顔が台詞に被っていましたけど。



 服屋が繁盛して僕ァ嬉しいよ
 ねんがんの「あかいすいせい」を手に入れたぞ!
 その瞬間をカメラに収めようとしたら、くもさん目を瞑っていました(笑)。


 赤い彗星は三倍!(に増える)
 外に出たら、同じように「あかいすいせい」を着たララミーに出くわしました。
 よってたかって住民に質問責め。これでララミーは3人のことを覚えて「○○村の××さんって△△ですよね!」みたいな話をするようになります。


 さぁ、これから授業を始めます
 やまなし宅に着いた一同。
 このアングルだとエツさんが見切れてしまうのですよね。


 生徒からやり直します
 なので、僕も授業を受ける側に回ることにしました。


 男子トイレver.2.0
 2階のトイレで連れション。
 女のコキャラが2人いたような気がするけど……気にしてはならない!


 Wii Musicで『かんなぎ』
 地下が何故か麦畑。時間が前後していることも気にしてはなりません。
 楽器はAボタンを押すと村メロを演奏してくれるので、複数人で楽器を合奏することも出来るんじゃないかと思ったのですが……村メロをネットで見つけた『かんなぎ』オープニングに変えていて、これのテンポが(原曲に比べて)恐ろしく遅いので、合奏が出来ているかどうかもよく分からず(笑)。


 目指せ!釣りマスター!
 その後、外で釣り勝負をしたり。


 ブシドーブレード
 アミでチャンバラ対決をしたり。
 この後、写真を保存している間に3人がかりでタコ殴りにされていました(笑)。


 喫茶店でダベる
 4人でマスターの店に押しかける。まさに観光客です。
 ちなみに、他の人がコーヒーを飲むアクションは見られないみたいです。ちょっと残念。そしてまたしてもエツさんが見切れてしまうという(笑)。時計が降りてくるのが早いんだ!


 二卵性双生児
 やまなしは美容院に通いまくった結果、女のコの髪型にすることが出来るようになりました。
 んで、その髪を見せてみると、くもさんの色違いであることが判明したのです。双子の姉弟(兄妹?)みたい。


 流石に天文台に4人押しかけるのは……
 天文台で星座を見ると、持ち帰れる星座を一つ選べるみたいです。
 「ひ」座とか「べん」座とかが他の村で確認できたのはそういうことか!ちなみに今日の待ち時間は暇だったので、「T」座「h」座「e」座の3つを作りました。呆れられるようなことを本気でやるのがやまなしクオリティ。


 ハイ、チーズ!
 くもさんの提案で、最後に4人で記念撮影してお別れをすることに。
 楽しい思い出になりました!皆さんどうもです!


 祭りの後
 3人が帰ってポツンと一人“祭りの後”の気分を感じていたら、掲示板に小鳥がチュンチュン止まっていました……眺めてみると、なんとさきちさんがいつの間にか掲示板にメッセージを!何とまぁ粋なことを!うーん…やっぱり、人と接するのって心が温まりますね。





 初めての4人同時通信でしたが、想像を遥かに超える楽しさでした!
 特に『どうぶつの森』の場合、自分だけの家、自分だけの村、自分だけの服といったものを築き上げられるので、それを他人と共有できるというコトがまず非常に楽しいんですよね。
 「バッカでー」と笑ってもらえることを期待した男子便所を笑ってもらうだけで楽しい―――根っこの部分では、格闘ゲームなどの対戦ツールで「上手くなって色んな人に勝ちたい」と思うのと大差はないのかと思いました。

 もちろんコミュニケーションツールとしての楽しさもあって、釣り勝負やアミでの殴りあい(笑)といった同時的な楽しみもだけでなく、服を持ち帰れたり星座を持ち帰れたり果物やアイテムを交換出来たりといった“後に繋がる楽しさ”があるのも嬉しい要素ですね。この辺は『ポケモン』の交換システムなんかの影響もあるのでしょうが、『街森』の場合はさらにお出掛けした後に「WiiConnect24」で繋がることで新しい出来事が起こるという。
 ホントにまぁ、噛めば噛むほど味が出てくるゲームですよ。だからこそ、たぬきち商店の閉店時間が悔やまれるのですが……と、いつまでもグチグチ言い続けます。



 それと、今回くもさんに教えてもらったのですが―――
 通信中は「通信が途切れた際の強制終了」を避けるため、“いったんセーブ”機能が使えるみたいです。こういう心配りは流石ですよね。それがなんで閉店時間が10時なんだか……と、また愚痴を繰り返すのもアレか。


※ 12月31日追記:
 今回のレポートを、くもさんさきち☆さんも書かれていましたー。僕が撮り逃した写真もあって、こそっと保存して街森フォルダに入れておきました。トイレを3人で眺めている写真と、僕がタコ殴りにされている写真は必見です(笑)。写真を見比べてみるのも面白いですね。


【フレンド登録のお誘い】
どびん村・レイ(Wiiスピークあり)
 0602-9794-8681
 果物は洋ナシ・オレンジ(モモ栽培中!)

 引き続きフレンド登録募集です。フレンドの定員って何人までなんでしょう?
 次回の門開放は、大体1月の12~14日辺りにしようかなと考えています。詳しい日時はまたブログの左上の方に書きたいと思います。今回が日曜の夜だったので、次は平日の夜にしようか、それだと本気で人来ないんじゃないか、それなら祝日にするべきか、などなど悩んでいます。


 ではでは、それまでに「PROデザイン」を2~3コ作れたらイイなぁと思っています。


B001IBHTHC街へいこうよ どうぶつの森(「Wii スピーク」同梱)

任天堂 2008-11-20
売り上げランキング : 67

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲームプレイ日記 | 00:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |