やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2009年3月のまとめ

 FC2ブログの予約投稿機能が正常に作動していないんですけど、ウチだけ?
 管理画面では「公開」状態になっているから安心していたら、実際にブログを開いてみると投稿されていないとか……周りでは別に騒がれていないので、ウチだけなのだろうか。あー、不便だ。



 『学園は今日もサッカー日和』は4月末か、5月上旬くらいに公開しようと思います。
 いやね。ぶっちゃけた話をすると、自分としては「この作品の何がダメだったのか」を血を吐くぐらい考えたし言われたし心に突き刺さったし、それを踏まえて意識改革した結果が今描いている作品ですから……正直、『サッカー日和』は公開したくないなぁ…という気持ちが強かったです。メリットとデメリットを比べれば、遙かにデメリットの方が大きいですからね……


 ただまぁ……何だ。
 自分が死ぬ気でこの作品を描いたのは確かですし、そこで得るものはムチャクチャ沢山ありましたし、自分自身もこの作品・このキャラ達に救われた部分もありましたし―――誰に愛されなくてもいいから、この作品を世に出すことが自分の使命なのかなぁと公開することを決めました。


 画像スキャンして、角度直して、サイズ調整して、ゴミ取って、台詞入れて、ページ作って、リンク入れて―――と、やんなきゃいけない膨大な作業があるから4月末か5月上旬くらいになると思いますけど。あー、そうか。今回は見開き使ったから、ページ構成どうしよう……
 それと、このブログのTOPは3ヶ月ごとに交替していましたけど、新しい絵を描く時間も体力もないので4~6月はこのままで行きます。マジで、7月まで生きていられるかな自分……


ブレスオブファイアII 使命の子ブレスオブファイアII 使命の子

カプコン 2001-12-21
売り上げランキング : 6476

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「2009年3月のまとめ」は私事・創作活動の報告などが大半なので、今月も読みたい人だけ「続きを読む」か「記事URL」をクリックして下さいな。

≫ 「続きを読む」

| ひび雑記 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そういや、どうしてWiiでRPGって出ないんでしょうね?

 Wiiユーザーでありながら、周囲にWiiを持っている友達がいなかった僕ですが……
 友達グループの中の一人に、「先輩がビンゴでWii本体を当てたけどその人は要らないと言うから安く売ってもらった」というヤツが現れました。やった!お仲間が出来た!
 というワケで、チンポ(『珍道中!ポールの大冒険』の略)を送ったり、「428買えよ!そしてクリアしたら俺に貸してよ!」と圧力をかけたりしています。


 やっぱり「同じハードを持っている友達がいる」というのは楽しいですね。
 サターンユーザーだった頃は、周りみんながプレステの話をしていて寂しかったっけ……(遠い目)



 さて、それはともかく。
 その友達に「Wiiってまだ全然ソフト出てないよね」と言われたので、遊びたいソフトは山ほどあるのに時間もお金もないから我慢している身としてはグーパンチを鼻面に叩き込んで友情を終焉させようかと思ったのですが―――ソイツの身に立って考えてみれば、ソイツが言うことも分からなくはないと思ってやめました。


 ソイツは「好きなゲームのジャンル」がRPGなんですよ。
 いわゆる『ドラクエ』タイプなコマンド入力式の和製RPGが好きなんです。「最近ゲーム何やってんの?」と聞けば『ドラクエ』か『ポケモン』の名前を出すヤツなんです。
 しかも、「RPGにアクション要素入れるのとかマジクソゲーだよ」とか言うヤツなんです。『FF』のアクティムタイムバトルですら「反射神経がないから俺には出来ない」と言うヤツなんです(反射神経が必要か、アレ?)。

 Wiiに限らず「○○ってまだ全然ソフト出てないよね」と言われるケースって、ほとんどの場合「○○って(俺の求めているソフトが)まだ全然出てないよね」なんですよね。そして、その“俺の求めているソフト”が何かを言わないから、鼻面にグーパンチとかしなきゃならなくなるのです。



 確かにWiiには「RPG」はほとんど出ていません。
 特に、彼が好む「(アクション要素のない)コマンド式RPG」と言うと……
 『シレン』や『チョコボ』はローグタイプの特殊なRPGですし、『エムブレム』や『ゼルダ』はRPGとはちょっと違うし、『テイルズ』はやったことないからよく分からないんですけどアクション要素があるんですよね?(それ以前に続編モノだしなぁ……)

 『オプーナ』って、戦闘にアクション要素ないっけ。これだけ話題にされるゲームなのに、どういうゲームなのかイマイチ知りません……まぁでも、自分がやったこともないのに「オプーナ超オススメだよ!」と勧めるのも不自然か(笑)。




 僕自身はRPGよりもアクションの方が好きなんで、ソイツの趣味とは違うんですけど……
 「RPGが出ないからWiiは買わない」という意見は他にも結構いるんじゃないかなーと思いました。少なくともHDだSDだという理由でWiiを買わないという人よりは多いんじゃないかなぁ……



 でも、どうしてWiiでRPGって出ないんでしょうね?
 RPGの定義にも依りますけど、本体発売から2年が経過して『オプーナ』1本というのはちょっと異常なんじゃないかと―――「出して売れない」ならともかく、「出てもいない」んですよ。いやまぁ、『オプーナ』は売れなかったけどさ。

 メーカーがWiiでRPGを出さないということは、メーカーは「WiiでRPGは売れない」と判断しているということでしょうから、その理由が何なのかをちょっと想像してみました。



仮説1)WiiのグラフィックじゃRPGを出しても売れない
 でも、DSではRPGバンバン出ていますよね。
 もちろん携帯機と据置機では状況は違いますけど、必ずしもRPGにおいてグラフィックが最重要ではないことの証明とも言えるんじゃないかと……


仮説2)WiiリモコンはRPGに不向き?
 PS2の○△□×L1L2R1R2といったボタン8つ使うアクションゲームをWiiで出そうとすれば「Wiiリモコンじゃボタン少ないんだよ!」と言われても仕方ないと思うんですけど、RPGは「決定」「キャンセル」「メニュー」くらいしかボタン使わないじゃん……Wiiリモコン横持ちで十分に対応出来るジャンルだと思うんですけどねー。

 むしろ、Wiiリモコン縦持ちに対応してくれたら、左手でRPGを遊びながら右手で鼻毛抜いたり出来て便利だと思います。

(関連記事:Wiiリモコンの「片手で操作出来る」メリットへの過小評価


仮説3)Wiiでは一人用のゲームが売れない
 これは大いなる誤解です。
 300万本以上売れている『Wii Fit』って一人用のゲームですもんね。

 『Wii Fit』を買った人がRPGを買うかという疑問はあるのでそれは例外とすると―――
 Wiiで最も売れたサードメーカーのソフトは『ドラゴンクエストソード』という一人用のゲームです。任天堂製のゲームでも『どうぶつの森』や『ゼルダの伝説』など一人用のゲームはありますし、必ずしも「一人用のゲームが売れない」市場ではありません。「家族向けゲームが売れ過ぎた」だけです。


仮説4)そもそもコマンド式RPG自体が絶滅寸前?
 この記事、やまなしの友達基準で「アクション要素のないコマンド式RPGは出ないのか?」を考えていますけど……今のRPGでアクション要素を含まないものは少なくて、その少ない“純粋なコマンド式RPG”はDSに流れちゃっている状況なのかも。

 海外ではコマンド式RPGが売れなくなっている傾向が強いですから、海外市場にチャレンジしようとすればアクション要素の部分を多くするとかの傾向があるのかも……この辺、最近のRPGを知らないのでよく分かりませんけど、少なくともファミコン・スーファミ時代のように『ドラクエ』の亜流RPGがワンサカ出てくるような時代ではもうないんですよね。


仮説5)先駆者がいない
 『Wii Sports』が売れたんだから『Wii Sports』みたいなゲーム作ろうぜ、と『ファミリースキー』や『ファミリートレーナー』がヒットしたようなことで。そのジャンルが売れる下地を作られるのを待っている向きはあるのかも。『モンハン』以後、PSPには協力&対戦アクションゲームが増えたみたいな話で。

 任天堂は64時代からこの“RPG”部門をどう注力するのかに四苦八苦していて、64時代は『シレン2』『オウガバトル64』とか、GC時代は『バテン・カイトス2』とか、GBAでは『黄金の太陽』とか、DSでは『ASH』とか―――セカンドパーティと協力してRPGが売れる市場を形成しようとしているんですけど、少なくとも据置機では「RPGが売れる市場」にはなっていないと思います。

 喩えば、DSにRPGが集中するようになったのは、スクエニの『FF』『ドラクエ』が100万本を超えたことがキッカケでしょうし。Wiiでも、それ以外のハードでも、「このハードはRPGが売れる市場なんだ」と思わせられる結果を出せたらRPGは出てくるんじゃないかと思います。
 今考えれば、Xbox360に和製RPGが集中したのもマイクロソフトが『ブルードラゴン』を本気で売りにかかったからこそでしょうしね。


 『ドラクエ10』……に期待をするのは幾らなんでも気が早いでしょうから、スクエニが他の『ドラクエ』タイトルをWiiで展開してくれるか、『FF』シリーズのバーチャルコンソール参戦+『FF4ジ・アフター』によって各社がレトロRPGをダウンロードソフトで展開という流れになるかを期待するのが現実的?


 あとはやっぱり虎の子の「松野氏の新作」か―――
 ちょっとコメント欄で質問されたので書いておきますと、松野泰己さんがWii用ソフトを作っているという噂は2006年9月のWii Previewで「Wii用のソフトウェアが出せたらと幾つか企画を考えています」と仰った映像が流れたことに端を発し。
 任天堂がモノリスソフトを買収したことと、前述のように任天堂はRPGを作れる人材を切望していることもあり。ちょうどそのタイミングで松野さんがモノリスソフトとRPGを作っているという噂が流れた(N-Wii.netさんに詳しい記事があります)ということがありました。
 『マッドワールド』のシナリオとは別の仕事だろうと考えているのは、『マッドワールド』への関わり方があくまで「シナリオサポート」でしかなかったからです。


 まぁ……自分で書いていても「あくまで噂だよね(笑)」と思うんですが。
 『きみとぼくと立体。』で飯野賢治氏が復活をしたり、相変わらず桜井さんをどうにかして自陣営に留めて置こうとしたりというのを見ると。現在フリーの松野さんを任天堂が放っておくワケがないとも思いまして。でも、放っておいてなくとも、「頑張ったけど完成しませんでした」というケースもありますからねぇ(笑)。

 64・GC時代の結果を考えれば、新作RPGを松野氏が作っていたとしてもそれが任天堂の思惑通りに「RPGが売れる市場」を築けるかは微妙だと思いますし。そもそも、やまなしの友人が望んでいる「ドラクエみたいなRPG」ではないと思うんですけど(笑)―――

 Wiiに足りない風を彼が呼び寄せてくれるんじゃないかと、首を長くして待っているのです。


ベイグラントストーリー PS one Booksベイグラントストーリー PS one Books

スクウェア 2002-02-21
売り上げランキング : 10159

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 しまった、松野氏について語りすぎた……
 この記事を書いている間にGDCがあったワケなんですが、途中で「ひょっとして松野氏の新作が発表されたらどうしよう?」と思ったりしました。結果的にはGDCでは発表されませんでしたが、もし発表するのなら6月のE3で間違いないでしょうね。ここで音沙汰がなかったら、可能性は相当低くなるんじゃないかと……


 さて。話を戻して―――
 僕自身は別にWiiにRPGを切望しているワケでもないですし、Wiiに限らず据置ゲーム機でRPGが百万本単位で売れる時代ではもうないと思っています(『ドラクエ』『FF』本編は除く)。海外市場は据置ゲーム機の方が元気だと言っても、今度は「海外市場では和製RPGは売れない」という問題が圧し掛かってきますからね。

 ビジネスということで考えれば、「WiiでRPGを出すのなら、他のソフトを出した方が良いんじゃね?」「RPGを出すのなら、DSかPSPの方が売れるんじゃね?」とサードメーカーが思うのも当然ですよね。サードメーカーはソフトの売上げが全てなのですから。
 任天堂自らが出すソフトの場合は“新しい層にWiiを触ってもらう”という意味が出るから、「売れなくても出す」必然性も高まるので……やはり松野氏の新作に期待を(以下ループ)



 逆に考えると、今WiiでRPGを出すと「コレしかない需要」があるとも言えるのかも。
 「せっかくWii持っているんだから、WiiでRPG出るならやってみようかな」みたいな。それで『フラジール』は華麗にスッ転んだ気もするんですけど(笑)、と、とりあえず『アークライズファンタジア』に期待をしておきます。


B001GNBW8Yアークライズ ファンタジア 特典 アート・ライト・シンフォニー付き

マーベラスエンターテイメント 2009-06-04
売り上げランキング : 59

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 20:33 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『帯ギュ』が好きだった人にこそ読んで欲しい『とめはねっ!』1~4巻紹介

 「河合先生、次はハーレム漫画を描いてくれないかなぁ…」というのが、前作『モンキーターン』終了後に自分が率直に思ったことでした。
 河合先生は柔道漫画『帯をギュッとね!』や競艇漫画『モンキーターン』といった“(漫画としては)マイナーなスポーツ”を描いてきた作家さんですが、彼の漫画が面白いのは「マイナースポーツだから」という理由だけではなくて、作品世界を説得力を持って読者に伝える力があったからだと思うのです。


 河合先生の作品って、読んでいて「キャラが生きている」ことを感じられるんですよ。
 柔道にしても競艇にしても、それらのスポーツに詳しくなくとも、キャラが一つ一つの出来事に悩み考えている姿を見ることで読者がリアリティを感じることが出来て―――現実には存在しないはずのキャラが、この世のどこかで生きているかのように錯覚出来る説得力があるのです。


 だから、河合先生には是非、説得力のあるハーレム漫画を描いて欲しいなぁと漠然と思っていました。河合先生の描く女のコは可愛いだけじゃなくて、一癖も二癖もあってキャラが立っていますし!ハーレム漫画向きだろう、と!



 そして、その願いが叶って現われたるがこの『とめはねっ!』―――
 河合先生が描く念願のハーレム漫画なのです!!


409151197Xとめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
河合 克敏

小学館 2007-05-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 という紹介だと、色んな人に怒られそうなので補足します(笑)。

 『とめはねっ!』は書道漫画です。
 僕の通った中学・高校には書道部がなかったのですが、世間的には書道部は女子ばっかりらしいです。なのでこの漫画でも登場人物の大半は女のコで、その中に主人公の男のコが入部するという経緯であって。別に、ある日突然冴えない主人公がモテモテになりました的な話ではありません。あれ?この説明だとハーレム漫画全般を批判しているようにも思えるな……でも、僕はハーレム漫画が大好きですし、ハーレム漫画を描ける日を夢見て漫画描いています!


 『帯ギュ』の時から時代が経っているから女子のスカート丈が短くなっていますし、青年誌だからかチラチラと下着が見えたりというサービスもあるのですが……それを言ったら『帯ギュ』だって、ブルマ+柔道着みたいなフェチ全開漫画だったしね!

 その辺は、「いつもと変わらない河合克敏作品」というカンジ。爽やかな作風の中に潜まれたフェティシズムを、読者が目を光らせて探すようなエロスです。1巻で望月さんが椅子から落ちた時の太ももがエロイと僕は思います。



 実際読んでみると、真っ当な熱血部活漫画なんですよね。
 その世界を知らない人間からすると「書道ってひたすら一人で字を書き続けるんでしょ?」と思うかも知れないんですが、そこにも人間ドラマがあるし、色々と悩むし、「アイツより上手い字を書きたい」という意識が生まれる―――
 そうしたキャラの感情を“競争”やら“イベント”やらと絡めて描けるのは、やっぱりスポーツ漫画の長期連載を2本大成功させた河合克敏というベテランだからこその味なんだろうなぁと思います。


 あとはまぁ、男キャラも女キャラも“立っている”キャラばかりなのは流石。
 それでいてゴチャゴチャせずに分かりやすく読みやすいのだから、お手本のような構成力ですよ。4巻の終盤辺り、ヤングサンデーの休刊→スピリッツに移転ということがあってちょっと駆け足な展開になってしまった感があるのですが。それまでの展開は早すぎず遅すぎずな絶妙の展開でしたからね。今後の展開も楽しみです。



 ということで、題材も掲載誌も変わったけれど、河合先生の描く世界の心地よさは『帯ギュ』の頃から変わらないと思うのです。『帯ギュ』が好きだったけれどその後の河合先生の作品は読んでいないという人にこそ、この変わらない職人芸を読んでもらいたいと思ってこの記事を書きました。

 あと、個人的には望月さんの制服+スニーカーがツボです。


4091512399とめはねっ! 鈴里高校書道部 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)
河合 克敏

小学館 2007-10-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4091513174とめはねっ! 3 (3) (ヤングサンデーコミックス)
河合 克敏

小学館 2008-04-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4091514049とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)
河合 克敏

小学館 2008-11-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画紹介 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SDカードメニューとか、『FF』のVC配信とか、語ることが多すぎる3月26日

 熱心にゲームの情報を集めている人でもない限りその存在を知りもしないでしょうが、現在アメリカ・サンフランシスコでGDCというイベントが行われています。GDCはGame Developers Conferenceの略で、ゲーム開発者のためのカンファレンスなので一般消費者にはあまり関係がないのですが―――日本人開発者も講演する人がいるので注目が集まっていました。


 その中の一人が、任天堂の岩田社長。
 「ゲーム開発者のためのカンファレンス」なので東京ゲームショーやE3のような「なんと!あの作品が発表されました!」的なニュースは出てこないと思っていましたが、その講演に合わせてなかなかに面白い情報が出てきた1日でした。



● Wii本体更新、SDカードメニューが登場
 公式サイト
 N-Stylesさんが分かりやすい解説をされているのでどうぞ


 なんのこっちゃ?と思っている人に説明をしますと……
 Wiiは本体内にフラッシュメモリを持っていて、ソフトのセーブデータやダウンロードソフトをそこに保存する仕組みになっているのです。しかし、ダウンロードソフト(バーチャルコンソールやWiiウェア、Wiiチャンネル)が沢山配信されるとフラッシュメモリ内に収まりきらない人が増えてしまいました。
 そうしたデータはSDカードに退避できるのですが、Wii本体→SDカード、SDカード→Wii本体にデータを移動させるのにはかなりの時間がかかってしまうので、沢山ダウンロードソフトを購入している人ほど不満を抱くという現象が起こっていました。


 で、今回の更新で―――
・SDカードに退避させてあるダウンロードソフトを、Wii本体に移動させることなく起動できるようになった
・ダウンロードソフトの購入時に、「Wii本体」に保存するか「SDカード」に保存するかを選べるようになった

 の2つの機能が追加されたことで、これらの不満が解消されたというニュースなのです!
 実際にSDカードメニューを使ってみると、SDカードメニューを開いた時の読み込み、ソフトを選んだ時の起動時間(Wii本体内の空き容量に一時コピーしているそうな)は数秒単位でかかるという印象を受けました。

 それでも、これまでかかっていた時間に比べれば遙かに速いですけどね。
 定期的に起動するWiiチャンネルや攻略中のソフトはWii本体内に入れておいて、たまに遊びたくなるソフトや友達が遊びに来た時用のソフトはSDカードに移しておくというのが無難な使い方かなーと思います。自分は空き容量が200くらいしかなかったのですが、片っ端から移動させたので1000くらいまで回復しました。


※ 注意点
・セーブデータはWii本体内に入れておく必要があります
・Wii本体に空き容量300が必要
・SDカード内のソフトはWiiConnect24は作動しません(『お天気チャンネル』などは注意)
・32GBまでのSDHCカードに対応するようになったそうなんですが、一部のソフト(『デジカメプリントチャンネル』や『街へいこうよ どうぶつの森』)では反応しなかったという情報あり



B00126JT9OTranscend SDカード 133倍速 2GB TS2GSD133

トランセンド・ジャパン
売り上げランキング : 677

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

● 「Wiiネット接続できる人ができない人を手助けして500Wiiポイントを両方がもらえるキャンペーン」開始
 公式サイト

 これは岩田社長の講演内で語られたワケではなく、本体更新後のショッピングチャンネルで出来るようになったみたい。500ポイントでどれだけ人が動かされるかに注目したいです。



● Wiiウェアや周辺機器は、サード中心に機会を作っている
 これはN-Wii.netさんの記事に掲載された岩田社長の御言葉。
 つい先日「任天堂は周辺機器出すけど対応ソフトを出さないよねー」という記事を書いたばかりの自分にとっては、「ナルホド!」と思わされる発言でした。

 これは特に「ゲーム開発者に向けた発言」だからなのでしょうが、比較的安価な開発費で勝負が出来るダウンロードソフト(Wiiウェア)や、様々な周辺機器によって様々な入力装置が用意されていることによってアイディア勝負のソフトが作りやすいですよということなのかなと。

 現に、この文脈で語られている『Rock and Roll Climber』というロッククライミングのゲームは、バランスWiiボード対応のWiiウェアらしいですからね。アイディア勝負にも程があるだろう、ロッククライミングって。



● 『ファイナルファンタジー』シリーズがバーチャルコンソールにて5月から配信開始
● 『FFIV ジ・アフター -月の帰還-』がWiiウェアに移植
● Wiiウェア『FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES: My Life as a Darklord』

 GAMEWatchさんの記事

 スクエニのターン!
 僕はずっと「ドラクエやFFがバーチャルコンソールで配信される可能性はない。メーカーにとってメリットはないのだから」と言い続けてきたので、申し訳ありませんでした!とまずは平謝りです。

 でも確かに、携帯電話で展開されていた『ジ・アフター』(『FF4』のその後を描く作品)をWiiウェアで展開するのなら、『FF4』をバーチャルコンソールで配信した方がイイだろうし、それならば1作目から配信した方が話題にもなるんですよね。

 これで「ドラクエもFFもないなんてバーチャルコンソールには碌なソフトがない」と叩いていた人達も満足するってことですよね!ワーイ!良かった良かった!!


 にしても……新作たる『My Life as a Darklord』の「プレーヤーは魔王の娘となり、魔物たちの住む塔にモンスターや罠を配置して、塔に攻め込んでくる冒険者を撃退する「世界征服RPG」となっている。」って………まぁ、この手の作品は最近の流行ではあるんですけどさ。



● 「バーチャルコンソールアーケード」
 GAMEWatchさんの記事

 本日、電撃的に6タイトルが配信開始。今後配信予定のタイトルも20以上が公開されています。
 家庭用に移植された版が出ているソフトも多いのだけれど、僕より年代が上なゲーセン世代は「アーケード版そのものに価値があるんだ!」と感涙している人が多いみたいですね。当時は完璧に移植するなんて夢のまた夢な時代だったそうですし。

 そういうものなのか―――と思って、『みんなのニンテンドーチャンネル』でラインナップ映像眺めていたら、『スペースハリアー』の映像に度肝抜かれました。こ、これ85年のゲームなんですよね……85年と言えば『スーパーマリオ』の時代。その頃に、これだけ滑らかな擬似3Dを再現していたのかよ。

 ちなみに「バーチャルコンソール版では、Wiiの「ヌンチャク・スタイル」に対応し、オリジナルに近い直感的な操作感でプレイできるという」そうな。こういう心遣いはイイですね。



● Wiiウェア『きみとぼくと立体。』『あそべる絵本 とびだスゴロク!』配信開始
 Wii.comのWiiウェアページ

 これはGDCとは無関係っぽいんですが、SDカードメニューによるダウンロードソフトの拡充という文脈では外せない話題だったので。
 突如発表されたこの2本のソフト、『とびだスゴロク』は『人生ゲーム』があまりにアレだったので任天堂自らボードゲームを出したのでしょうが(嘘)、注目はもう1本。

 絶対SIMPLE主義さんによると、『きみとぼくと立体。』は飯野賢治さんのソフトだとか。
 若い人に「誰それ?」とか言われても何て答えればイイか分からないからググレ!実を言うと、自分も彼のソフトやったことないんですよねー。サターンユーザーだったからチャンスは幾らでもあったのですが、迷った挙句に他のソフトを買ったことが何度か……

 これを機に、任天堂が『Wiiであそぶ風のリグレット』とか出してくれませんかね。よりによって一番権利関係がややこしそうではあるけれど。



● DS用『ゼルダの伝説 Spirit Tracks』発表
 パッケージソフトの発表はこれくらいだったみたいですね。
 これまでの情報が「SDカードメニュー」と「ダウンロードソフトの可能性」をアピールすることで、開発者達に広く門戸を開く意味があったのに対し……この『ゼルダ』の発表は違和感を覚える部分もあるのですが……

 「DSはまだまだ終わっていないよ」という意味なのかなーと思いました。
 僕は何となく「次の『ゼルダ』はWiiかな」と考えていて、DSで『ゼルダ』や『マリオ』は作っていないと思っていたんですよ。だからこそ、(『ドラクエ9』を除けば)DSにはもうキラーソフトが残っていないよねと言ってきたのですが。
 そんなことを考えているかも知れないサードメーカーに対して、まだまだ任天堂はDSを盛り上げていくんだぞと見せるためにこの『ゼルダ』を出してきたのかなと。


 『ニンテンドーチャンネル』でムービーが閲覧出来ますが、『夢幻の砂時計』から流用している部分もあるからWii版よりも開発が早かったというのもありそうですけどね。Wiiの『ゼルダ』はイチから作らなきゃならない分、もうちょっと時間がかかるのか……


B000FJ8DB4ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

任天堂 2007-06-23
売り上げランキング : 546

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【発表されなかったこと】
● パッケージソフトの情報は『ゼルダ』1本
 ……「ゲーム開発者のためのイベント」ですからね。E3に期待!
● Wiiモーションプラスの情報も出てこなかった
 ……これは意外。「周辺機器でアイディア重視のソフトを」の文脈で登場させてもおかしくなかったことを見ると、何かトラブルがあったのかも。
● 周辺機器対応ソフトももっと発表して欲しかった
 ……ロッククライミングソフト1本だけだと、インパクトは弱いですよね。
● Wiiチャンネルは?
 ……日本だとそろそろ『Wiiの間』『出前』『からだチェック』が始まるでしょうし、ここで発表する必要もなかったのだと思います。
● 松野氏の新作は?
 ……E3に期待だよ!!
WiiキューブとかWiiリラックスとかの噂は何だったの?
 ……もう周辺機器増やさないでくれ。



 ここ最近明るいニュースのなかったWiiですけど、SDカードメニューやバーチャルコンソールの充実など「今後に向けて」嬉しい情報が沢山出てきた1日となりました。特にSDカードメニューは、常に頭を抱えていた容量問題の解決ということで久々に「任天堂グッジョブ!」と叫びました。

 みんながワクワクするような大作ソフトが発表されたワケでは決してありませんけど、こうやって少しずつ不満が取り除かれていくことが信頼を築いていくのだと思います。次はE3ですかね。E3ではみんながワクワクするようなソフトが発表されることを期待しています。

| ゲーム雑記 | 19:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スポーツ漫画の「最終目標」と「リアリティ」について

 WBCは日本が優勝で2連覇達成!やった!!
 最後の最後で決勝打を打ったのがイチローという辺り、良くも悪くもこの大会はイチローのために存在していたんじゃないかと思わされるフィナーレでした。スゴイ。感動しました。



 さて―――
 結果として優勝した今だから言えますけど、この大会が始まるまで僕は「今回のWBCってどこまで行ったら日本は合格なんだろうな」と思っていました。監督・選手のコメントやCMなんかを見る限り「優勝以外は眼中にない」というカンジでしたけど―――

 前回大会で優勝できたのは、ハッキリ言って“運が良かった”のは間違いないですし。大リーガーが参加しなかったとは言え北京五輪では惨敗でしたし。事前情報だと「今回は大リーガーが沢山出るからアメリカ・ドミニカ・ベネズエラはムチャクチャ強い」みたいに言っている専門家もいましたし。


 僕はこっそりと「優勝なんてムリだろうなぁ……」「ベスト8は余裕だろうからベスト4に進んだら万々歳くらいなのかなぁ…」なんて考えていました。悲観主義者でゴメンなさい。フタを開けてみたら、日本が堂々たる優勝でした。
 大会のルールとかモチベーションなんかの条件が日本優位に働いたとは言え、野球の国際大会において日本チームが優勝するのは何ら不思議ではない時代なんでしょうね。





 で、ここからが本題です。
 スポーツ漫画におけるフィナーレとは、「最高の舞台」で「最高の相手」と戦って「最終目標」をつかみ取るというのが一つの雛形になっていると思います。少年漫画の場合は特に。
 喩えば高校野球の漫画で言えば、夏の甲子園で優勝するとか、甲子園出場の切符を掴むとか―――その作品ごとの「最終目標」があります。
 実際に万年1回戦負けの弱小チームが1~2年で甲子園出場や甲子園優勝なんて成績をあげられるケースは少ないと思うのですが、それを漫画で描いたからと言って「リアリティがない」とは言われないものです。どっちかというと「夢を諦めない勇気を与えてくれる漫画だ」と称されるんじゃないかと(もちろん中身にも依りますけどね)。



 では、喩えばサッカー漫画で日本代表がW杯優勝するフィナーレを描いたとしたら……
 多分、「日本がW杯で優勝するなんてありえない」「リアリティがない」「この作者はサッカーを知らないのか」みたいにボロクソに叩かれちゃうんじゃないかと思うんですよ。あ、実際にそういう漫画があったならゴメンなさい。具体的な作品を思い浮かべて書いているワケじゃないですから。

 「万年1回戦負けだった弱小野球部が甲子園に出場する」のも、「サッカー日本代表がW杯で優勝する」のも、実際に起こりうる可能性はそんなに差がないような気がするんですけど……フィクションとして描いた時に許される度合いには大きな差があると思うのです。



 サッカー漫画って、今の時代どこに「最終目標」を設定すればイイか非常に難しいですよね。
 「W杯優勝」だと日本代表にはリアリティがないけれど、「W杯出場」だとさほどドラマチックにも思われなくなってしまっていて。「Jリーグ優勝」だとか「高校選手権優勝」だとかを最終目標にしても、「海外にはもっと強いチームがある」とか「サッカーの場合は高校生でもプロの選手として活躍するケースがある」とか、どうにも「最高の舞台」にならないような気がしてしまうというか。いやまぁ、Jリーグや高校選手権で優勝するなんて物凄いことなんですけどね。



 同じようことはプロ野球漫画にも言えて……今日の日本のWBC優勝は物凄くめでたいし感動したのですけど、現実の野球がこんなにドラマチックだったら、野球漫画で日本代表がWBC優勝を目指す物語を描いても「え?今更…」という印象がありますし。
 プロ野球のリーグ優勝を最終目標にする野球漫画を描いても、「WBCの優勝に比べれば…」と冷めてしまう人がいるかも知れませんし。


 スポーツ漫画って、常に「実際のスポーツ」と比較される分だけ難しいんだなぁと改めて思いました。


4088725700ROOKIES (1) (ジャンプ・コミックス)
森田 まさのり

集英社 1998-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 18:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Wiiスピークは要らない子なん?

 昔を振り返れば、ファミコンやスーパーファミコンの頃からそうだった気もするんですが……
 任天堂はWiiソフトに合わせてたくさん周辺機器を出す一方で、そうした周辺機器対応の後続ソフトはなかなか出しません。ザッパーは『ボウガントレーニング』のみ、ハンドルは『マリオカートWii』のみ、バランスWiiボードは『Wii Fit』と『Wii Music』のみ。後はサードメーカーからポツポツと対応ソフトが出ているくらいです。


 「宝の持ち腐れ」というか、何というか。
 バランスWiiボードなんかは、『マリオパーティ』とか『メイドインワリオ』で対応してみると面白いと思うんですけどねー。周辺機器持っていない人への配慮なのか、そしたら何のための周辺機器なのか。



 しかし、そんな中でも別格に「宝の持ち腐れ」感が強いのがWiiスピークだと思います。

 1年くらい前には「Wiiにはボイスチャットがないからダメなんだ」的な意見がポツポツ出てきていて、僕も「Wiiにボイスチャットが付く日を大胆予想(妄想)!」なんて記事を書きました。『どうぶつの森』に合わせてボイスチャットが出来るようになるんじゃないの?という未来を予想したのですが……

 実際にE3でWiiスピークが発表されたら、今度は「いい年こいて声出すのとか恥ずかしい」「普通にキーボードで十分」「高ぇ」と否定意見ばかりが出てきました。値段については僕も同意だけど、「ボイスチャットないからダメだ」とWiiを叩いていた人はどこに行ったのだと(笑)。


 さて……で、Wiiスピーク―――正直あんまり普及しなかったんじゃないかなと思います。
 僕は勝手に「自称コアゲーマー達はボイスチャットを熱望しているんじゃないかな」と思っていたのですが、そうした人達はWiiスピークに強い抵抗感を覚えたらしくWiiスピーク同梱版を買った人の率は低かったですし。「テレビのスピーカーから相手の声が聴こえる」仕様を批判している人もいました。ヘッドホン使えばイイじゃんと思いましたけどね。


 でね、逆に面白いなと思ったのは……普段あまりゲームをやらない人というか、女性は比較的Wiiスピークに抵抗ないみたいなんですよ。これは『どうぶつの森』というゲームだからということもあるのかも知れませんけど、男性よりも女性の方がボイスチャット率が高いのだとしたら非常に面白いと思う一方で、Wiiスピークの今後を考えると不安を感じる部分も大きいです。



 喩えば、日本では発売するか分かりませんが海外では期待を集めているFPS『The Conduit』はWiiスピーク対応になるという話なんですけど―――『街へいこうよ どうぶつの森』とFPS『The Conduit』じゃターゲット層は正反対ですよね。
 「『街森』のためにWiiスピーク買ったけど最近使っていないなぁ……あ、今度出る『The Conduit』でも使えるんだ。よし!買おう!」と言う人は、いないとは言いませんがそんなに多くもないだろうよと。

 これは『ウイイレ』や『モンハン』も一緒。
 現在「発売予定」とされているWiiのネットワーク対応タイトルとしてこの2作品には注目しているのですが、現時点ではWiiスピーク対応とは発表されていませんし(対応しない可能性が高いですし)、もし発表されたとしても現時点でのWiiスピーク普及率・普及層を考えると売上げに貢献するとも思えないんですよね。



 良いのか、コレで。
 普通だったらWiiスピーク対応ソフトを『街森』1本で発売するんじゃなくて、「コレとコレとコレにも対応しますよ。お得ですよ」と売り出さなきゃならんと思うのですが―――ご存知の通り、任天堂自身Wiiソフトを『街森』以降はGCソフトのリメイクと『アナザーコード』しか出していませんからね。

 ソフトそのものを出せていないのに、Wiiスピーク対応ソフトを出すなんて、トンチじゃないんだからと。



 任天堂はネットワーク関連の動きが鈍いというのはもう揺るがない事実で……
 『うごくメモ帳』をはてなと協業すると発表した際、岩田社長は「凄く魅力的なソフトだけどネットワーク事業部のスケジュールは既に埋まっているので、世に出せるのは2009年末になるだろうと思った」と仰っていましたからね。結局はてなの力を借りることで1年前倒しの2008年末に出せたのですけど、裏を返せば任天堂単体ではネットワーク対応ソフトを頻繁に出すことは出来ないという証明にもなったワケで。

 「Wiiスピーク対応ソフトをもっと出して欲しい!」なんて、夢のまた夢というものか。



<3行でまとめます>
・そもそも任天堂がWiiソフトを出せていない
・任天堂のネットワーク事業部のスケジュールはパンパン
・Wiiスピーク対応ソフトを期待するだけムダなのか?


 「任天堂なんかに頼ってられない!こういう時こそサードメーカーに期待だ!」と言いたいところなのですが、WiiまとめWikiのソフト発売予定表を見てみると……(更新されてなさ加減もさることながら)これから発売が予定されているサードのソフトってそんなに多くないんですよね。
 今後E3や東京ゲームショウで発表されるとしても、サードは既に「Wiiって儲からないな」と撤退しつつあるのかも……寂しいものがありますね。サードソフトがバシバシ売れている海外市場が羨ましいですね。


 「長いスパンで考えれば、その内出てくるはず」とも思うのですが……
 Wiiスピークが発表された時のネット上での反応を見る限り、日本ではボイスチャットがそれほど望まれていないとも思えますし―――
 「あんまり普及しなかった」「主に普及した層は女性中心?」「そもそもユーザーにボイスチャットは望まれていない」のだとしたら、対応ソフトも増えないのかもなーと悲観主義者の自分は落ち込んだりしています。


 いやまぁ、極めて個人的な事情を話すと今僕はゲームをやる時間がないので、それほど怒りを感じているワケでもないんですけど。「安くないお金を払って買ったのになぁ……」と思っている人は少なくないんじゃないかと思うのですよ。

 気付けば、我が家にはWiiリモコン3本、ヌンチャク2つ、クラコン2つにスーファミクラコン1つ、バランスWiiボードにWiiスピークと周辺機器だらけ。あとGCコンも1つありますし、人によってはハンドルやザッパーを複数持っているなんてケースも多いでしょう。

 周辺機器たくさんあるけど禄に対応ソフトが出ないまま次世代ハードが出て、その次世代ハードではその周辺機器がまったく使えない―――というパターンは嫌なので、こうした周辺機器対応ソフトには1本でも増えて欲しいです。
 以前にもチラッと書きましたが、パーティーゲームが強いWiiでは“音声入力”の遊びも面白いことが出来ると思いますし、ボイスチャット以外の用途だって面白いと思うんですけどねー。



B001IBHTHC街へいこうよ どうぶつの森(「Wii スピーク」同梱)

任天堂 2008-11-20
売り上げランキング : 62

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 つか、Wiiスピーク同梱の『街森』値下げ率が半端ねぇ(笑)。
 3月22日夕方時点で3863円―――Wiiスピーク単体で3148円なので、実質715円で『街森』が買えるということじゃないか!(?)Wiiスピーク対応ソフトが今後もバシバシ出てくるなら、これは結構なお買い得と言えるんですけどねぇ………


 時間がなくて最近はオークションくらいしか『街森』を起動していなかったんですが、せっかくWiiスピークあるし、通信だけでも再開しようかなーと考えたりしています。あぁ、でもそれをするからには新しいPROデザインを作らなきゃ、せっかく来てもらうのに申し訳ない……とかウダウダ考えてしまう辺りがやまなし。


B001R33PCONO NEGATIVE, NO LIFE.
POARO

アトミックモンキー 2009-02-27
売り上げランキング : 304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 20:43 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

考察:「巨乳と貧乳、どっちが好き?」と訊かれて「美乳」って答えるヤツは何だ

 「大きいつづら」か「小さいつづら」のどちらか一つしか選べないルールなのに、「あの……別のつづらを用意して下さい」と言うのはルール違反だろうよと思うのです。
 「大きいおっぱい」か「小さいおっぱい」かを選ばなきゃいけないルールで、「大きさはともかくキレイなおっぱいが良い」と答えるのはルール違反だろうよと思うのです。


 「大きいおっぱい」が好きな人もいれば、「小さいおっぱい」が好きな人もいる―――
 その前提で「アナタは(どちらかと言えば)どっち?」と訊いているのに、「美しいおっぱい」と答えられても何も言われていないのと一緒です。「大」か「小」かの問いに「美」「醜」で答えるのはワケが分からない上に、じゃーオマエ世の中には「醜いおっぱいが好き」と言う人がいるとでも思っているのかよと言いたくなります。



 ということで、今日は美乳の話。
 しかしです。よくよく考えてみると、「美乳」という言葉は不思議な言葉ですよね。

 喩えば……「美巨乳」という言葉はよく聞きますけど、「美貧乳」という言葉は滅多に聞きません。
 試しにGoogle先生で検索してみますと、「美巨乳」は「約 8,730,000件」がヒットしたのに対して、「美貧乳」は「約 958,000件」しかヒットしませんでした。9~10倍の開きが存在するのです。


 これは何故か?
 「巨乳」には「美しい巨乳」と「美しくない巨乳」の2種類があるけれど、「貧乳」には「美しい貧乳」1種類しか存在しないために、「美巨乳」という言葉はあるけど「美貧乳」という言葉はない―――と、貧乳好きの自分は考えたのだけど、まぁ多分こんな理由ではないですよね(笑)。



 そもそも「美乳」という言葉には、「ある程度大きさのあるおっぱいで、なおかつ形が整っているもの」というニュアンスが暗に込められているような気がしますよね。
 僕なんかが「この貧乳は美しい!美乳だ!」と言っても、それは一般的な「美乳」の定義には当てはまらないんじゃないかと思います。

 試しに「美乳の定義」でササッと検索してみたところ、様々な定義・解釈が語られていたのですが……「男性はみな美乳好きで貧乳には見向きもしないのでしょうか」みたいな相談が出てきました。少なくともこの相談主の中には「貧乳は貧乳である時点で美乳にはならない」という認識があるみたいです。
 ここまで顕著なものではなくとも、似たようなことを思っている人は多いと思いますし。貧乳を美しいと思う僕ですら、「美乳」という言葉からはC~Eカップくらいの胸を想像します。



 ということは、「巨乳と貧乳、どっちが好き?」と訊かれて「美乳」と答える人は、暗に「貧乳はねーよw」という意味を込めているということ??でも、「美乳」=「巨乳」でもなくて、「美乳」というのは「小さくもなくて大きすぎもしないサイズ」という気がするし。うーん……


 「美」って難しいですよね。
 ゲーム関連の記事で「「緻密なグラフィック=美麗なグラフィック」への違和感」を書いた時にも思ったんですけど……何に「美」を感じるのかは人それぞれなのに、「美」という言葉を使った途端に「みんなそう思っているはず」みたいな空気が流れてしまうというか。


 「美人女優」と言われても、自分には全然美人に見えなかったり。
 「実写みたいなグラフィックのゲーム」を「美麗なゲーム」と言われることに抵抗があったり。
 「貧乳である時点で美しくない」と言われているかのような「美乳」という言葉への違和感だったり。


 「何を美しいと思うか」すら、隣の人と足並みを揃えなきゃいけない窮屈さを感じてしまうのです。
 とりあえず……何だ。個人的には美乳より美尻が好きです。


4061482580舌切雀 (新・講談社の絵本)
鴨下 晁湖

講談社 2001-07
売り上げランキング : 48485

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 17:44 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

(お知らせ)頂いたコメントへの返信を辞めさせてもらいます

 お知らせエントリ。
 これまでも気まぐれで返信しなかったことが多々あるんで告知するほどのことでもないかなーとも思うのですが……今まで8~9割のコメントに返信していたのを突如全く返信しなくなると「自分だけ無視されているんじゃないか」と誤解される人が出てくるかも知れないので、しっかり記事にして残しておきます。


 今日を最後に、コメント欄に頂いたコメントへの返信を辞めさせてもらいます。
 勝手で申し訳ありません。


 理由は、シンプルに「時間がない」というもの。
 現在ホントにホントに時間がなくて、ブログにかけられる時間も睡眠時間や作業時間を削って何とか1日1時間を捻出している状況なのですが……そんな状況で書いた記事にコメントを頂けることは心から嬉しい反面、返信をしているとその“1日1時間”が削られてしまい、新しい記事が書けない状況が続いていました。

 そういう状況ですから、新しい記事やコメントへの返信に十分な時間をかけられず。時間がない中でササッと書いたものですから、自分自身納得がいかなかったり、やっぱりそうしたものは評判が悪かったり手厳しい御意見を頂いたりしました。


 なので、「コメントへの返信」を辞めさせてもらうことで“1日1時間”を「新しい記事を書く」ことだけに充てて、その結果ちゃんとした記事が書けるようになれば…と今回の決断をしました。
 もちろん「時間がないならさっさとブログ閉鎖しろよボケエ」という御意見もあるでしょうし、そこまでいかなくても「コメント欄の廃止」という選択も考えたんですけど……なるべく変化の少ない「ブログは辞めない」「コメント欄は残す」「でも、自分はそこに返信しない」を選ぶことにしました。


 ですから、もちろん今後もコメント欄への書き込みは御自由にどうぞ。
 バシバシ書き込んで下さった方が自分も嬉しいです。

 ただ、僕から返信することはないので、質問とか議論を吹っかけられても基本的には反応しないことを御了承下さい。面白い話題だったら、また別の記事で取り上げたりするかもですが。何様だ、自分。

 ではでは、そういうことで。

| ひび雑記 | 19:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

据置ゲーム機のメリットって何なんだろう?

 2週間ほど前に「DSを遊ぶのに相応しいのは外?それとも自宅?」という記事を書き、閲覧者の方々に「DSをどこで遊んでいる?」というアンケートを募りました。ご回答下さった皆さま、本当にありがとうございます。

 2週間前に「期限は2週間」というアンケートを取ったから既に締め切られていると思いきや、どうやら今日までアンケートは受け付けているみたいですね。計算をミスりました(笑)。でも今日はこの話です。


 この記事を書いている3月16日朝の時点では、こういう結果となりました。

【DSをどこで遊んでいる(使っている)?】
・自宅のみ(21票/53.8%)
・外でも自宅でも(17票/43.6%)
・外のみ(1票/2.6%)


 もちろんこういうタイトルの記事に集まって下さった人達のご意見なので、DSユーザー全体にそのまんま反映されるワケではありませんが……過半数の人が「DSを遊ぶのは自宅でのみ」と仰っているのは、想像以上の結果でした。
 「家で遊ばせたいのならWiiで出せよ!」という伊集院さんのような御意見もあるでしょうが、DSを自宅でのみ遊ぶという人が過半数ということは、家で遊ぶ用のDSソフトが出るのも理に適っているのかもなーと思いました。


 つーか、そう考えると「据置機でゲームを出すメリット」って何?
 マジメな話……どこの陣営の信者とかアンチとか、ライトゲーマー/コアゲーマーとか、言葉遊びをしている場合じゃないと思うんですけど。「据置機でゲームを遊びたい人」が急激に減っていることを、ゲーム業界全体で考えなきゃならないんじゃないかと本気で不安になります。

 最近のWiiのソフト不足に対する批判の中に、「他陣営がヒット作を連発しているのに任天堂はもう終わったよな」みたいな意見がありましたけど―――ゲハ的な煽りという目的ではなく、現実問題『メタルギアソリッド4』も『龍が如く3』も『バイオハザード5』も国内では50~60万代の売上げに落ち着きそうです。これでイイの?大丈夫なの?
 これはもちろんWiiも一緒。任天堂が掲げる「ユーザー層拡大商品」を除くと、一人用のゲームは大体この辺りに上限があります。『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』はもうちょい下のライン、『スーパーマリオギャラクシー』はもうちょい上のラインですかね。多分、今Wii用『ゼルダ』の新作出してもこのラインでしょうし、個人的には『モンハン3』もこの辺りに留まるんじゃないかと予想しています。


 現在の日本で、「一人用のゲーム」を据置機で出そうとすると……ハーフミリオン越えが何とか、ミリオン到達は厳しいというのが数値的な事実だと思うんですよ。もちろん重要なのはゲーム内容ですけど、どんなに面白いソフトであっても上限がその辺りで今後もゲーム業界大丈夫なんですかね?
 これには色んな要因があると思いますし、それを語り始めると「誰が悪い」みたいな不毛な犯人探しになりそうなので割愛しますけど―――正直、どこの陣営とかライトとかコアとか言っている場合じゃないんじゃないですかね。


 国内では据置機全滅。
 主要ソフトメーカーは海外市場を狙ったソフトで勝負→国内ではますますゲーム離れ、という悪循環が始まりそうで(始まっていそうで?)、それでイイの?と思うんですけど。



【据置ゲーム機のデメリット】
・テレビが必要
・テレビを占拠する
・配線やら置く場所やらが必要
・ソフトの開発費が高い
・なので(?)、ソフトの発売サイクルも長い


 もっと時間かければ思いつきそうですが……とりあえずこんなもんで。
 「テレビが必要」というのは当たり前だけど、なかなかに厄介な問題ですね。多分。今自宅で携帯ゲーム機を遊んでいる人の中には、「テレビを見ながらゲームもプレイしている」って人も多いと思うんですよ。据置ゲーム機の場合は、基本的にはそれは出来ないですよね(Wモニターみたいな機能も今ではありそうですが)。

 後はまぁ、テレビの解像度の話とか、Wiiの場合は部屋のスペースの話とかもありますね。
 外部入力の端子の数が決まっているので、PS2を遊ぶためにはWiiのケーブル抜かなきゃならないみたいな意見も聞いたことがあります。いやまぁ何か専用の機器とか使えば上手く出来るのかも知れませんが、一般論としてね。
 本体の電源入れるとポンと起動してくれる携帯ゲーム機の方が、複数ハードを同時期に遊ぶ人には向いているとも言えるのかも。



【据置ゲーム機のメリット】
・テレビの画面でプレイできる
・処理能力が携帯ゲーム機よりも高い(色んなゲームが作れる)
・コントローラの形状を自由に出来る
・一つの画面を複数人で共有できる
・インターネットへの常時接続を前提としたゲームが可能


 一つ目はデメリットと背中合わせではあるんですが……大画面だから面白いゲームというのは据置ゲーム機のメリットは大きいですよね。二つ目も同じような感じで。
 三つ目のコントローラは「Wiiリモコン」に適した『メトロイドプライム3』みたいな例は言うまでもなく、グリップの問題とかボタン配置の問題なんかもありますよね。以前友達に「PSPでウイイレ買ったんだけど(PS2と違って)グリップないから操作しにくい」と言われ、「PSPにPSコントローラみたいなグリップ付けるアタッチメントあったと思うよ」と答えたら、「携帯しにくくなるじゃねーか」と言われたことが(笑)。

 四つ目はジャンルに依るかー。
 喩えば『マリオカート』や『モンハン3』みたいな画面分割してのプレイって、携帯ゲーム機でそれぞれのモニターに映した方がイイという意見もあると思うんです。ただ、『ウイイレ』とか『スマブラ』とか一つの画面内で収まるゲームの場合は、ギャラリーも共有できるという意味で強みはあるかも。

 「後ろから見ていても楽しいゲーム」とかは、据置機でのメリットは大きいかもですね。
 ……で、ここで忘れちゃいけないなのは、だからといって「ストーリーメインのゲーム」はその例に当てはまらないということ。映画のDVDを借りてきたから一緒に観ようぜ、と言うのと、新しいRPG買ってきたから一緒にやろうぜ、と言うのとでは別物です。拘束時間とかプレイしている人としていない人の差がハッキリしているというか。

 携帯ゲーム機でアドベンチャーゲームが好調だったのは競合相手が文庫本とかコミックスといった紙媒体だったからで、据置ゲーム機でアドベンチャーゲームを売ろうとすると映画のDVDやテレビドラマ・テレビアニメなんかとガチで競合しなきゃならなくなるんじゃないかと……


 ということで、各社インターネットによる独自機能を掲げて今世代の据置ゲーム機は売り出されているワケですが、それが日本のユーザーにはイマイチ響いていないというか。「別にネット対戦とかしたくないし…」「金がかかるのはイヤだ」と、ネガティブな印象を持っている人は今でも多いんじゃないかと。


B000IUCWKIメトロイドプライム3 コラプション

任天堂 2008-03-06
売り上げランキング : 436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『メトロイドプライム3』、安いな!
 まぁ……それはさておき。


 『街へいこうよ どうぶつの森』が出た時、世間での評判と自分の感想にギャップがあって凄く驚いたんですよ。
 僕はDS版はあまりハマれずWii版にはそれなりにハマったんですけど……それは「服のディティール」とか「靴を変えられるようになった」とか「一部屋に置ける家具の数」とか「ボイスチャット可能」だとか、据置機だからこそ可能になった新要素が気に入ったからです。
 でも、それは全ての人に届いたワケじゃなくて、「DS版と変わらない手抜き商品」みたいなことを言う人もいました。DS版にはなかった要素に惹かれた自分からすると「全然違うじゃん!」と思うんですけど、「変わらない」と思う人も沢山いたワケです。

 自分はまだまだ据置ゲーム機の方に愛着がありますし、「据置機だからこそ可能なもの」には頑張ってもらいたいです。それはPS3のグラフィックとか、Xbox360のネットワークとか、Wiiリモコンによる新しいゲーム感覚とか、これから先出てくる“ゲームの未来”に期待している部分なんですが……


 多分、そこにはもう期待していない人が沢山いるんだろうなぁと思うのです。
 「グラフィックが良いからって何万円もかけられないよ」「お金払ってまで他人と繋がりたくないよ」「新しい操作方法なんて面倒くさいよ」と思う人が沢山いる中で、そうした人達に据置ゲーム機を売っていくのってどうしたらイイんでしょうね?


B001C3L0YO龍が如く3

セガ 2009-02-26
売り上げランキング : 23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:01 | comments:19 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

『バクマン。』の石沢って実はスゴイヤツなんじゃないだろうか?

 この記事は『バクマン。』コミックス2巻までのネタバレを含みます。
 僕はコミックスでしか読んでいないので、2巻までに収録されていない17話以降のネタバレは絶対にしないで下さい。



 以上、前置き終了。
 面白い漫画には色々と語りたくなるもので、コミックス1巻が出た時点で石沢について何か書いておこうかと悩んだのですが……2巻にも石沢は出てきたので、2巻を読むまで待って良かったというところです。

 『バクマン。』は中学3年生の男子2人(サイコーとシュージン)がマンガ家を目指す話で。
 僕が気になったこの“石沢”というキャラは、2人と同学年で「マンガ家を目指している」と言われているのだけど―――「マンガ描いてますをアピールして注目されたいだけ」「キモイ女の子のカットしか描かない」「ワンパターンの絵しか描けないのに偉そうにプロの批判をしている」と、2人には散々言われているというキャラでした。


 これ、陰口だよね。
 いやまぁ、中学生男子なんだから陰口くらいは言うだろうけど、これって「あんなヤツより俺達の方がスゴイ」と強がっているだけじゃんと1巻を読んだ時には思いました。


 「ワンパターンの絵しか描けないのに偉そうにプロの批判をしている」という台詞は「自分では何も出来ないくせに偉そうに批評ばっかしやがって」という意味だと思うのですが、それを言ったらサイコーもシュージンもこの時点ではマンガを描いていないのだから似たようなものだと思いますし。
 クラスの女子に頼まれて女の子のカットを描いて「かわいー」と言われているのも、需要に応えているだけであって、シュージンが審査員受けを狙って読書感想文を書いていたのと変わらないと思うんですよ。



 あ、一応言っておきますけど、「だから『バクマン。』はダメだ」と言いたいワケじゃないですよ。
 意図されたものかはともかく、創作活動を始める際に無根拠に「俺達はスゴイはず」と必死に思い込もうとしたり、自分達よりダメな人を見て「アイツよりは俺は頑張っている」「俺達のやっていることは間違っていない」と安心を探す心理状況がやけにリアルに描かれているなーと感心したという話です。

 少年漫画だからサイコーやシュージンが美少年で石沢がブ男として描かれていますけど、青年誌だったらサイコーやシュージンがブ男で石沢が美少年に描かれていた方が受けるかもなとか思いました。石沢の顔が美形だったら、多分読み手の印象は変わるでしょうしね。


4088746228バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
小畑 健

集英社 2009-01-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 そんなことを考えていたら、2巻にも石沢は登場しました。僕の想像を上回る最低発言をしたことで「あーやっぱサイコーやシュージンが言っていたことも分かるな(笑)」と思った一方で、石沢の一連の発言はちょっとスゴイなと感心してしまいました。


 手塚賞の入賞にまでギリギリで届かず落胆していた二人に追い討ちをかけに登場するのですが……仮にも手塚賞の最終候補まで残った二人に、サイコーに対しては「下手な奴」、シュージンに対しては「俺と組めよ」ですよ。この自信は一体どこからやってくるのか?と思ってしまいます。


 絵を全く描いたことがない人間ならともかく、カット程度でも絵を描く人からすると「上手い・下手」は分かるもので―――サイコーの絵はジャンプに1カットしか載っていなかったから判断できなかったとしても、自分が上手いだなんてよく思えるよなーと感心しました。
 サイコーは「ワンパターンの絵しか描けない」と石沢を批判しましたけど、そんなことは恐らく石沢本人が一番分かっていることだと思うのですよ。ワンパターンの絵しか描かないということは、自分にとって一番上手く描けるのはこのパターンだと分かっているということですからね。逆に言えば、自分には何が描けないのかを知っているということ。

 その状態で、「マンガ描いたことないけど真城(サイコー)よりは全然上手いよ」と言えちゃうんですよ。その自信の1%でもイイから僕に分けてくれませんかと思いますよ。



 『バクマン。』の中で、川口たろうが語る「天才じゃないマンガ家に必要な三大条件」として「うぬぼれ」「努力」「運」の3つが挙げられていました。「運」はどうしようもないとして、石沢って「努力」していないだけで「うぬぼれ」は物凄く持っているワケですから―――「努力」し始めたら物凄いマンガ家になるんじゃないのかと思ったりもします。

 シュージンに殴られたことで心を入れ替えた石沢が、壮絶な努力をして数年後に漫画界にやって来て、サイコーやシュージンと再会を果たす………という熱い展開を期待するにしては、ルックスに華がなさすぎるか(笑)。


4088746449バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)
大場 つぐみ

集英社 2009-03-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 17:59 | comments:18 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Wiiがソフト不足になること、私には分かっていました

 子どもの頃に読んだ『少年アシベ』という漫画で、「何でも知っているクイズ王」がどんなに難しい問題を出されても「知ってる」と答えるというネタがありました。今日の記事はそんなカンジで、僕が今更「前から分かっていましたよ」と言っても「口だけなら誰でも言えるだろうか!」と怒られるんだろうなーというお話です。



 任天堂のWiiへのソフト供給に対する不満(情報元:WY2K帳さん)

 僕自身は今ゲームをする時間もお金もないので不満はないのですけど、客観的に見れば「ソフト不足」なのは間違いないですし、こういう不満が噴出するのも当然だとは思います。信者とかアンチとか関係なく、「遊びたいソフトが出ない!」「もっとしっかりしろ!」という意見は“期待”の裏返しだと思うので、バシバシ言うべきだと思います。そういう意味では、この記事には心より賛同するのですが……


 ちょっと自分とは認識が違うな、と思ったところがあるので書いておこうかなと。
 この記事では「最近の任天堂のWiiソフトはGCリメイク(Wiiであそぶシリーズ)ばかりだ」→「自分はGC版をプレイしていたのでリメイクには興味がない」→「自分にとってはソフトが出ていないのと一緒だ」という不満を主張をされていて、それもまた一つの意見なのだと思いますが。

 僕は順序が逆だと思っています。
 「やべー、もう発売できるソフトがねーぞ!どーする?」→「GCリメイクを順番に出してお茶でも濁そうぜ!」
 こんなカンジ。


 
 そもそもGC時代のソフトをWiiリモコンに合わせてリメイクするというアイディアは、宮本さんがWii本体発売前の2006年夏の時点で仰っています(ニンドリインタビューより)。本来ならば、もっと早い段階で始まってもおかしくはなかったんですよね。カプコンから『バイオ4』リメイクとかも出ていましたし。


 しかし、実際にはやる必要がなかった。
 Wii本体発売の2006年12月から、『マリオカートWii』発売の2008年4月までのソフトラインナップは“異常”なほどでした。
 kentworldさんは「謎だらけ」と仰っていましたが、GCで開発されていた『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のWii版を発売することはWii成功のために弾を1つ増やすという意味合いがありましたし、どんな手を使ってでも本体発売から1年~1年半で爆発的な普及をさせるラインナップが必要だったんですよね。任天堂はGC時代に3番手という“挑戦者”の立場だったのですから。

 そのためには、使える手は全て使った。
 CM攻勢で認知度を高め、GCで予定されていたソフトをWiiで出したり、DSでヒットしたソフトをWiiで出したり、桜井さんを脅迫して『スマブラX』を作らせたり(笑)。ありとあらゆる手段を使ってソフトを揃え、その結果として世界市場で大成功を収めたワケです。


 ただ……1年半の間にシリーズソフトを使いきった反動で、その後はソフトがなくなってしまうというオチがつくんですけどね。ドジっこー!
 そもそも任天堂はそれほど大きい会社ではないので自社開発だけではソフトが揃えられませんし、開発会社との連携をしようとも携帯機(DS)ほど迅速には動けませんよね(『ポケモン』がないというのも地味に大きい)。

 なので、僕は「『スマブラ』と『マリオカート』が出たらその後はどうするんだろう?」とずっと前から心配していました。ハイ、出ました。「前から分かっていました」宣言ね。


 そういう意味では、「1年半でソフトを出しきって普及させる」「その後はサードメーカーに任せる」というのが理想的な流れだったのでしょうが……少なくとも国内ではサードメーカーのソフトはヒットしておらず、サードメーカーもWiiにソフトを投入しにくくなっているという悪循環。
 『モンハン』『ドラクエ』に期待したいところですが、『モンハン』ユーザーにはWiiリモコンに抵抗を抱いている人も多いのでクラシックコントローラPROなんてものを出すとか―――まぁ、任天堂も苦しいよねという印象です。

 なので……去年秋の任天堂カンファレンスで「Wiiであそぶセレクション」が発表された時、「いよいよWiiのソフトも発売出来る弾がなくなったのか」と思ったというのが本音でして。だからって別に任天堂を擁護するつもりはないんですけど、今更叩く気も起きないなーというのが今の気分です。


 そもそも「パッケージソフト」も「Wiiチャンネル」も「Wiiウェア」も頑張っていないと文句を言われ、DSソフトやDSiウェアもやんなきゃならないのだからたまったもんじゃないよなーと同情する部分もあります。とりあえず僕は今春から始まるWiiチャンネル『Wiiの間チャンネル』『出前チャンネル』『Wii Fit からだチェックチャンネル』に期待しています。

 自社開発の「パッケージソフト」はE3まで情報が出てこないんじゃないかな。
 『マリオ』や『ゼルダ』なのか、それとも新しいタチジェネなのかはさておき。もしE3でも出てこなかったら、流石に僕でも「任天堂の中の人は何をしているんだ?」と思います(笑)。


B000VSW7NO朧村正 特典 特大 屏風型絵巻付き

マーベラスエンターテイメント 2009-04-09
売り上げランキング : 30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ここからはちょっと蛇足。
 この手の話になった時、よく「任天堂はもっとサードメーカーのソフトをプッシュすべき」「任天堂のCM枠でサードのソフトを宣伝したらどうか」という意見を見かけます。言いたいことは分かりますし、自分もそう思うこともあるのですが……この意見、ちょっと常套句になりすぎているというか、果たして本当にそれって効果があるのか?という疑念があります。



 今の任天堂ハードのソフトって、「CMが効果的なソフト」と「CMが効果的ではないソフト」に分かれていると思うのです。『リズム天国ゴールド』や『マリオ&ルイージRPG!!!3』は前者だけど、任天堂ソフトであっても『零』や『ディザスター』は後者で売上げは苦戦しました(ハードメーカーからすれば、幅広いソフトを揃えることに意味があるんですけどね)。

 そう考えると、『Wii Fit』や『ピクミン』のCM枠に、『デッドライジング』や『フラジール』のCMをねじこんだところでそれほど売上げが伸びるとは思えないのです。
 いやまぁ、何が起こるかはやってみなきゃ分かりませんけどさ。何つーか「任天堂のCM枠でサードのソフトを宣伝したらどうか」という案は、「面白いソフトを作って面白いよとたくさんCMすれば売れるはず!」みたいな理想論の話に思えてしまうというか……「そのソフト、誰に売りたいの?」という論点が抜けている気がするのです。

 ……とは言いつつ。『428』なんかはCMを効果的に使えばもっと売れたかもなーと思うのですが(笑)。



 任天堂ソフトかサードのソフトかという問題ではなく、今の状況で任天堂ハードが解消しなきゃならない問題は「CMが効果的ではないソフトをどうやって売ればイイのか?」ではないですかねー。
 『モンハン3』はCMと価格次第でどうにかなるでしょうけど、喩えば『ゼルダ』の新作を今出したとしても苦戦すると思うのですよ。その問題こそ、無視していると手痛いしっぺ返しを喰らうんじゃないでしょうか。


B001MV7AQS428 ~封鎖された渋谷で~(特典無し)

セガ 2008-12-04
売り上げランキング : 688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スポーツ経験者はそのスポーツの漫画を読みます?

 随分前の話ですが、中学の頃の同級生に会った際に「好きな漫画は?」みたいな話になって。元バスケ部だった人に「『スラムダンク』は面白かったよねー」と言ったら、「おめーバスケ部でもないのに『スラムダンク』好きとか言うなよ」と言われてショックだったことがありました。


 まぁ、それは酔った勢いだとか、ソイツ自身の問題だとか、単に僕が嫌われているだけだとか……特殊な事例だと思うのですが。僕のショックはさておき、スポーツ経験者(進行形でスポーツをしている人も含む)はそのスポーツの漫画を好んで読んでいる印象があります。
 ウチの兄貴は陸上部だったので陸上漫画を読み漁っていましたし、野球部の友達は野球漫画を集めていたし、サッカー部の友達はサッカー漫画が大好きでした。柔道部の部室に『帯をギュッとね』のコミックスが置かれていたなんてことを、某シロクマさんも仰ってましたっけ。


 確かに、そのスポーツをしているということはそのスポーツが好きなワケですから、そのスポーツを題材にした作品に興味が湧くのも分からなくはないですし。本屋さんに置かれている無数の漫画の中からどれを買うか選ぶ際に、少しでも自分の興味があるものを選ぶのも当然だろうと思うのですが―――


 あまりに自分に近しい題材って、読んでいてキツくなりませんかね?
 喩えば、漫画描きの自分からすると『バクマン。』は「面白いんだけど辛い気持ちになる」というのが正直な感想です。「自信がなくなる」とか「こんな上手くいくワケねー」とか「やけにリアルな結果だな」とか「俺も結婚を約束してくれる美少女がいれば……」とか、自分との差異の一つ一つに傷つけられてしまうのです。

 『NHKにようこそ!』のアニメを観ている時も思いました。
 自分と似ている境遇であっても、「佐藤くんと違って俺には岬ちゃんがいない」という一点でやりきれない気持ちになってしまうというか……つまりは美少女さえいればいいのか自分。



 バスケを全くやったことがない自分は『スラムダンク』の桜木花道の成長を「頑張れー、頑張れー」と思えるのだけど、バスケを一生懸命やっている人の中には「こんなに都合よくはいかない」とか「恵まれた体格しやがって」といったように読みながら僻んでしまう人も出てこないのかと思ったりするのです。
 「そんな歪んだ性格なのはオマエだけだ」と思うかも知れませんけど……僕は自分に限らず人間はそういう弱い部分も持っていると思いますし、色んな人間がいるからこそ世の中は面白いと思っているので。


 「そのスポーツは大好きだけど、そのスポーツの漫画は嫌い」って人がいても不思議じゃないと思うのですが―――あんまりそういう話は聞かないんですよねぇ。スポーツ経験者はそのスポーツの漫画が好きというケースが多いです。みんな「漫画は漫画」と割り切れるものなのか。
 それだと「現実に近い」スポーツ漫画よりも「ハチャメチャな」スポーツ漫画の方が人気になりそうなものだけど、実際にはそういうワケでもないですよね。不思議。


4990412621スラムダンク『あれから10日後-』完全版
井上 雄彦

フラワー 2009-04-10
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 17:59 | comments:32 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

『ドラクエ』以前のRPG:『ゼルダの伝説』紹介

『ゼルダの伝説』
 ファミリーコンピュータ ディスクシステム用/アクションRPG
 任天堂
 1986.2.21発売
 Wiiバーチャルコンソール用
 2006.12.2配信開始/500円
 公式サイト

ファミコンミニ ゼルダの伝説1ファミコンミニ ゼルダの伝説1

任天堂 2004-02-14
売り上げランキング : 3480

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 初めに断っておきますと、我が家にファミコン本体がやってきたのは既に『ドラゴンクエスト3』が出ていた頃なので、僕はこのゲームをリアルタイムには知りません。『ゼルダの伝説』シリーズを初めて遊んだのはスーパーファミコン版で、このディスクシステム版(初代)は今回バーチャルコンソールでプレイするまで触れたことすらありませんでした。

 なので、今回の記事はいつもにも増して「昔はこうだったんじゃないか」という推測を含むことを御了承下さい。


 初めに書いたように僕にとっての初ゼルダはスーファミ版の『神々のトライフォース』でして、謎解きもアクションも絶妙なバランスで計算されたあのソフトは芸術だとすら思っていたのですが。ゲームボーイアドバンスにリメイクされた『神々のトライフォース』のレビューに「何処に行っていいか分かりづらい。不親切なゲーム」と書いている人がいてショックを受けたことがありました。
 あの絶妙すぎる難易度で「不親切」だと言われるのか、と。確かにそれ以降のゼルダは「ヒント」をくれるキャラ・場所などが充実して詰まりにくくなってはいるのだけど……『神トラ』を不親切だなんて言うなんて、どんだけヌルイゲームライフを送ってきてんだよとか憤慨していました。


 ゴメンなさい。
 そんな僕でも、この初代『ゼルダの伝説』は「何処に行っていいか分からなかった」です。

 オマエはどんだけヌルイゲームライフを送ってきたんだよと言われようとも、このゲームから感じる「何をしていいか分からない」感覚は否定出来ません。最初にもらえるのは剣だけで、その後は完全にフリーダム。入るべきダンジョンがどこにあるのか分からず、彷徨っている間にザコ敵に瞬殺される日々が続きました。

 象徴的な話を一つすると―――『神トラ』以降のゼルダは、爆弾で壊せる壁には“ヒビ”や“亀裂”が入っているのが基本です。じゃないと、どこに爆弾を置いてイイか分かりませんからね。でも、この初代『ゼルダ』にはそんな生易しいヒントはありません。
 勘で爆弾を置いて壊れるか試すしかない―――もちろん爆弾には個数制限があって、以降の作品よりも爆弾は手に入りにくい印象まであります。


 なんじゃこりゃー!どうやってクリアすればイイんだよー!と途方に暮れました。
 しかしコレ、恐らく当時のゲーム業界ではこれがスタンダードだったんじゃないかと思ったのですよ。もちろん僕は当時を知らないのですが、時系列を考えれば何となく思うところがあるのです。この3ヵ月後に『ドラゴンクエスト』が発売され、日本のゲーム業界は一変する―――それ以前の作品だからこそ、なのではないかと。


↓ 以下、感想はクリックで。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム紹介 | 17:59 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やれることは全部やっておきたい。後悔したくないから

 表情の練習中

 表情のバリエーションを増やすため、読んだ漫画の印象に残った表情を自分のキャラで描いてみる練習をしています。この手の練習は「影響を受けすぎてしまうのではないか」とこれまで避けてきたんですが、この期に及んでキレイ事は言ってられない。盗める技術は盗まなくては、と開き直れるようになりました。


 まーね。キレイ事を言い続けていた自分の気持ちも分かります。「他人の漫画を見て練習するよりかは、実際の人間を見て練習すべきだ」的な。
 でも、実際の人間をそれぞれの作家さんがどう解釈して絵に落とし込んでいるかを知ることも相当な勉強になると思うのです。「自分の絵を描き続ける」のとも、「他人の絵を模写する」のとも違う、「他人の絵を見ながら自分の絵を描く」にはそれだけ得られるものがあるというか。



 うぬぼれは大事だけど、プライドは要らない―――
 悩んで悩んで苦しんで、とりあえず自分が辿り着いた現在の境地はここ。自分は出来るはず、でもそのためにはどんな手だって使ってやるぜという覚悟を持てるようになりました。背景作画のためにロケハンしたり、ネームの段階で近しい人に読んでもらって分かりにくい部分を指摘してもらったり。
 今になれば、どうしてこれまで避けてきたんだろうと思うのですが。言うは易し行なうは難しっつーか。ゴミみたいなプライドが邪魔して出来なかったことが沢山あったなーと、一つ一つ潰しているところです。


 あっと……パクリはまた別ね。
 上の表情の練習だって一歩間違えればパクリともなりかねないので、あくまで練習で使うだけというか、如何に自分の技術の中に落としこめるかという話というか。いや……うん…正直、何が正解かはよく分からんです。影響を受ける=パクリだとすれば、全てのコンテンツはパクリになってしまう気がするのだけど。うーむ。



 色々と悩むことが多いですけど、そんなカンジで前を向いています。
 今週末辺りから作画作業に入れたらイイのだけど、まだ練習&テストしなければならないことが多くて果たしてどうなることやら。背景作画のためにロケハンしたいのだけど、謀ったかのように雨が降り続けているからなぁ……神様はいつまで僕に試練を与え続けるのか。


4837302955新背景カタログカラー版〈4〉学校編 公立高校・私立高校・ミッション系女学院
マール社編集部

マール社 2008-10
売り上げランキング : 4489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画作成 | 18:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DSを遊ぶのに相応しいのは外?それとも自宅?

 数週間前の伊集院ラジオで、DSの『マリオ&ルイージRPG3!!!』を電車内で楽しく遊んでいたら「マイクに向かって思いっきり息を吹きかけろ!」という場面が出てきて困ったという話を伊集院さんがしていました。「ああいう仕掛けをやりたいのなら、(家で遊ぶ)Wiiで出せばいいじゃんか!」というのが伊集院さんの御意見。


 「Wiiにマイクは付いていませんよ」というツッコミはさておき。
 言わんとすることは非常によく分かります。僕は外にDSを持ち歩かないのですが、自分の部屋で『どき魔女2』をやっている際に、「俺を罵ってくれ!」などの変態発言をマイクに向かって叫ばなきゃならなくて隣の部屋で寝ている両親に聞こえるよなーと困ったことがありました。(結局、部屋を移動して叫んだ)



 そう考えると、DSというのは不思議なゲーム機ですよね。
 携帯ゲーム機ではあるのですが、タッチペンやマイクなどの入力装置は“持ち歩いて外で遊ぶ”には不向きなはず。「マイク」はもちろん、「タッチペン」だって揺れる電車内などでは正確な操作が出来ません。正確なタッチを要さなくても、タッチペンでグルグル回すような操作は人前では恥ずかしくて出来ないと言う人は多いでしょう。

 携帯ゲーム機でありながら、遊ぶ場所・遊ぶシチュエーションを限定しているのがDSというか。大ブームのきっかけとなった『脳トレ』だって、しっかりとした姿勢・状態でプレイされることを想定されたゲームでしたものね(マイクが使える環境かは訊いてくれるけど)。

 携帯ゲーム機は、携帯“も出来る”ゲーム機であって。
 「テレビがなくても遊べる」「部屋の何処ででも遊べる」「寝っころがってでも遊べる」など、自分の家で遊ぶ場合でも得られるメリットは大きくて。
 だから、DSを自宅でのみ遊んでいるという人は多いだろうし、そういう人をターゲットに考えて『マリオ&ルイージRPG3!!!』のようなゲームが作られるのも不思議ではないんですよ。伊集院さんの言わんとすることは分からなくはないですけど、それは「家でゲームを遊ぶ」環境が整っている伊集院さんだからこその発言であって。みんながみんなそうではないというか。



 「このソフトは自宅で遊ぶことを想定しています」
 「このソフトは電車内でも快適に遊べるように考えました」
 「『どき魔女』を遊んでいるところを他人に見られると犯罪者扱いされますよ」


とか、パッケージにでも書いてくれるとありがたいんですけどね。この話は「HDゲーム機とHDモニター」の時に散々議論して平行線のまま終わったんですけど。やっぱり僕は、ゲーム内容以前のところで、「作り手が想定しているプレイ環境」と「遊び手のプレイ環境」がズレてしまうことは悲劇だと思うのです。これはセーブポイントの頻度とかもそうか。


 いやでも待てよ。
 『マリオ&ルイージRPG3!!!』は思いっきしTVCMで「タッチペン」とか「マイク」を使っていた気もしますね。あのCMを流しても、「マイクを使うなんて聞いてねえよ!」と言われるのはちょっと可哀想だとも思うか………CM観ていない人にとっては「そんなん知らん!」という話ですが。

 「自宅で遊ばれることを想定しているDSソフト」が確実に存在する一方で、DSiのカメラ機能なんかは思いっきり「DSを外に持ち歩いてもらう」機能ですし。このゲーム機はどこで使うものかという認識が、ユーザーの間でもメーカーの間でもズレているのかもと思いました。



 ということで、久々に「投票フォーム」を設置してみます。
 DS(もちろんDS LiteやDSiも含みます)を主にどこでプレイしているのかをお聞かせ下さい―――「プレイ」の定義はお任せします。「主に」の範囲もお任せします。「前はDSやっていたけど今はやっていない」という人も、当時のことで宜しいのでお聞かせ下さいな。


 アンケートは終了しました。ご協力下さった皆様、ありがとうございました。
 結果はこちらで発表しています。


B001HN6G34マリオ&ルイージRPG3!!!

任天堂 2009-02-11
売り上げランキング : 14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |