やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2010年6月のまとめ

 ひとまず原稿が終わったので、息抜きがてらDSiウェアを3本購入しました。
 『わりと本格的 絵心教室(前期)』『写真で格闘!フォトファイターX』『甘口!大籠城』の3本です。

 『フォトファイター』は時間をしっかり取れる時にやりたいのでまだ未開封で。
 『絵心教室』と『大籠城』を同時並行に始めました。まだ始めたばっかりですけどどっちも面白い。


 『絵心』は特に「絵を描き慣れていない人」の気持ちがよく分かっているなーと感心します。
 ちょっとしたアドバイスで自分の絵が見違えるように良くなって、「絵を描くのって楽しいんだ」と気付かせてくれるというか。ハードルを物凄く下げた上で物凄く高く跳べているように思わせてくれるというのは、タチジェネの本領発揮ですよね。



 つーことで、無謀にも『絵心教室』で描いた自分の絵を公開する場所を作りました。
 まだ序盤だからアレなんですけど、ここからきっとすげー絵を描けるようになるんだよ!その過程をここに記録していくんだよ!きっと!!


 そうそう。『絵心教室』はパッケージ版も出ています。
 機能はパッケージ版の方が増えていますがSDカードへの転送が出来ないのが唯一のネックだそうで、自分はDSiウェア版を買いました。その辺、過去に書いた記事を参考にしていただけると幸いです。

(関連記事:期待の『絵心教室DS』、DSiウェア版とパッケージ版の違いをまとめてみた


絵心教室DS絵心教室DS

任天堂 2010-06-19
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「2010年6月のまとめ」は私事・創作活動の報告などが大半なので、今月も読みたい人だけ「続きを読む」か「記事URL」をクリックして下さいな。

≫ 「続きを読む」

| ひび雑記 | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況報告 2010夏

 持ち込みしてきました。

 今回は本当に死力を尽くして「やりきった!」こともあり、ようやく自分の根本的なウィークポイントが見えました。指摘されて始めて、今まで思い通りにいかなかった原因が分かったというか。分かったからと言って解決というワケでもないんですけど、全力を尽くして初めて見える景色ってあるんだなって思いました。



 日本代表のサッカーもそうですよね。
 アテネ五輪、ドイツW杯、北京五輪の惨敗があってこそ、今回開き直って「勝つためのサッカー」が出来ているワケですからね。負けを否定しちゃいけない、そこから如何に這い上がってくるか―――毎回言ってるような気もしますけども(笑)。



 さてと、次だ。
 今作の終わりは次回作の始まり。ローギアではあるものの今日から早速準備をしようと思います。

 んで、そうそう。
 書籍をめぐる環境もここ数年で劇的に変わっていくだろうこともありますし、自分自身「そろそろかな」と思う気持ちもありますし次に描く作品は「お金を払ってもらえる」漫画を目指そうと思っています。具体的に何かを決めているというよりは、漠然と考えていることが実現できるのかなーってレベルの話なんですが……そういう意識で描かないと、描けるものも描けなくなるだろうって思いましたので。


 「お金を払ってもらえる漫画」って何じゃら?
 お前ごときが何様?

 ……と、思われるかも知れませんが、そういう人にこそ「あーなるほど。これならば納得だ」と言われるようなものを描かなきゃって思います。今、自分で自分のハードル超上げてる。目標は世界のベスト4だ!!





 裏を返すと、今まで描いてきたものは「お金を払ってもらえる漫画」とは思っていないということなんですけど。別に手を抜いていたワケじゃないし(むしろ何度かアッチの世界を覗きみたくらいしんどかった)、その違いはなかなか説明しづらいんですけど……

 まぁ、観てもらうのが一番なので。
 前作(昨年の終盤に描いていたヤツ)は7月中のアップを目指そうと思います。

 部屋のどこかに原稿コピーがあるはずなので、まずそれを探さなきゃ!!



 あ……ということで、ブログは7月から通常更新に戻すつもりです。
 ここ数ヶ月、更新頻度が落ちていて申し訳ございませんでした。

| ひび雑記 | 21:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魔法が解ける瞬間

 先週月曜日の回だったと思うんですけど……
 伊集院さんのラジオ(@TBSラジオ)で話されていた「AKB48の総選挙とそれを支えるファン」についての伊集院さんの考えが、すごく興味深く、すごくズッシリと響く話でした。自分はAKB48を全く知りませんし、総選挙の仕組みとかもよく分からないのですが……これは何にでも当てはまる話だな、と思ったのです。


 グッズを全て買おう・集めようとするファンの心理が、どんどん“後に退けない”カンジになっていくとともに。ふとした瞬間「あれ。もう俺ついていけないな」と思ってしまって、ソレまで集めていたグッズと浪費した時間とお金がすごくムダに思えてしまうことってあると思う―――

 伊集院さんの経験では、子どもの頃クラスで牛乳瓶のフタを集めるのが流行っていて、牛乳瓶のフタにはお金以上の価値があってみんなで競い合って集めていたのだけど。ある日友達が大量の牛乳瓶のフタを持ってきて、それが実はミルクスタンド(?)に大量に廃棄されていたゴミだと知った時に―――つい昨日までお金以上の価値があった牛乳瓶のフタが、単なる“不衛生なもの”という認識に変わってしまった。




 こんなカンジの話。うろ覚えで申し訳ないです。
 こういう経験は恐らくどの世代の誰もがしたことがあると思うんです。

 メンコとか、ビックリマンとか、カードダスとか、それこそ自分の世代はファミコンの『ドラクエ』を買うために行列を作ったりしていましたし。“不衛生なもの”とまでは言いませんけど、ある日突然「あれ?何で俺はこんなことに一生懸命になっていたんだろう」と魔法が解ける瞬間が来るじゃないですか。




 伊集院さんのラジオでは、今の話をされる前にこういう話もされていて。

 AKB48のやり口(というか秋元康氏のやり口)に文句を言ってしまうと、芸能って何だって話になってしまう。AKB48を支えているファンに「何でそんなことに一生懸命になってるの?」と言っちゃうと、じゃー伊集院のラジオに面白いネタを考えて投稿している人に「何でそんなことしているの?」みたいな話になっちゃう。


 こんなカンジの話。


 ファンというのは、ある意味で“魔法がかかっている”状態なんだと思うのです。
 他の人から見れば、もしくは未来の自分から見れば、「そんなものに何の価値があるの?」と思うものに価値を見出していて。娯楽というのは、そういう人に支えられて成り立っているものなんだと思います。AKB48も伊集院ラジオもサッカー日本代表も、本質としては変わらないんだと思います。ファンの人数や“楽しむために必要なお金と時間”が違うくらいで。


 そして、そういうファンであっても、ふとしたことで魔法が解けてしまう―――




 こっから超規模の小さい話になりますけど――
 自分のような人間でも何年もインターネットという場所に何かを書いているので、読んで下さった人から「応援しています!」と言ってもらえることがあります。でも、経験として「書きたいことを書いて下さい!」「いつまでも応援していますよ!」と言う人ほど、ある日突然バタッと来なくなるものなんです。

 これは自分に当てはめて考えれば納得の話なんですけど……
 例えば何年間も続いている漫画があって、大好きだから毎巻買って楽しく読んでいると、ふと「あれ?何年か前より確実にテンション落ちているよな俺」と思ってしまうことがあります。今も好きだけど、昔はもっと好きだった。その温度差に気付いてしまうと途端に、自分の中の優先度が下がってしまう―――

 今ではほとんど(スポーツとアニメ以外)テレビを観ない自分ですけど、中学生くらいの時はテレビが大好きだったんですよ。でも、ふとした瞬間「昔に比べて楽しめなくなったな」とか「他にもっと楽しいものがあるよな」と気付いてしまい、「もうテレビ観るのもイイかな」と思ってしまったんです――


 “成長”とか“大人になる”とかとはちょっと違う、“興味のチャンネルが切り替わる”というか。
 


 まー、「テレビを観ない」話はあんまり賛同されないでしょうけど……
 大好きだったものが、大好きだったからこそ「あれ、そんなにもう好きじゃないのかもな」と思う瞬間って誰もが経験していると思うんです。好きなバンドに興味がなくなっちゃうとか、毎号買っていた漫画雑誌を買うのが面倒くさくなるとか、今持ってるゲーム機でもうソフト出ないからゲーム卒業だとか。




 んで、伊集院さんの話を聴いて、その後にウダウダと自分なりに色々考えた過程がここまでの流れなんですけど……何が言いたいかって言うと、これは自戒というイミも込めて。



 作り手としてコンテンツを作って「人を楽しませよう」とするからには、受け手の人がなるべく気持ちよく“魔法がかかっている状態"になれるように心がけなきゃな―――と。漫画なんかは特に思うんですけど、無からウソの世界を作り出す所業なんだから、読んでくれる人がそのウソを気持ちよく信じてもらえるように力を注がなきゃなって思うのです。


 そう考えれば……この果てしなく遠いトーン坂だって、苦にならないじゃないか……!
 多分………



 なんで……こんなに、葉っぱ多い……の……


男坂(上) (集英社文庫―コミック版)男坂(上) (集英社文庫―コミック版)
車田 正美

集英社 2000-12-12
売り上げランキング : 445835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
男坂(下) (集英社文庫―コミック版)男坂(下) (集英社文庫―コミック版)
車田 正美

集英社 2000-12-12
売り上げランキング : 452475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画作成 | 18:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

答え合わせ:桜井政博さんの新作は3DS用ソフト『パルテナの鏡』でした!

 ニンテンドー3DS、発表されましたねー。
 立体視の映像はPCや従来のテレビでは体験出来ないので、E3のプレゼンテーションではほとんど映像を見せず、WEBにはスクリーンショットだけが公開され、現地で体験した人が「これは実機で体験しないと凄さが分からない!PCでスクリーンショットやムービーを見ても意味がない!」と興奮気味にレポートして……


 日本にいる人は、「うわぁ…生殺し状態……」と悶々としているんじゃないかと思います(笑)。

 自分は以前にも書いたように立体視が出来ないので今のところはそこまで興奮しているワケでもないんですけど、立体視以外の機能も気になるところがありますし、PSP2が発表されなかったし、ひょっとしたら発売直後に普通に買っているかも知れません(笑)。

 この辺は今後の情報次第ですねー。
 「すれちがい通信」のバージョン2的な機能が気になるわー。




 さてさて、今日の本題。
 桜井政博さん率いるプロジェクトソラの新作ゲームは、ニンテンドー3DS用ソフト『新・光神話 パルテナの鏡』でした。

 『パルテナの鏡』というのは1986年にディスクシステム用に発売されたソフトで(バーチャルコンソールでも配信されています)、桜井さんの前作『大乱闘スマッシュブラザーズX』にも参戦している作品ですね。


 以前、桜井さんの新作を予想するという記事を書いた身としては……
 「Wiiのソフトじゃないのかよ!」「完全新作ソフトじゃないのかよ!」「アクションゲームかよ!」と、自分の予想が外れまくったことにズコーッとしたのですが―――

(関連記事:桜井政博さんの新作ゲームを予想(妄想)する!


 ところがどっこい。
 後に、「社長が訊く」の特別動画を観て考えが変わりました。実は当たっているところも結構あったのです。この3DS版『パルテナの鏡』は、アクションゲームというより、FPS・TPSを意識した3Dアクションシューティングだそうです。


<以下、セルフ引用>
 でもやっぱり「FPS」とか「MMO」とか、あの辺のラインが匂う気はするんだよなぁ……日本ではマニア向けの商品になってしまったジャンルというか。
 「FPS」なんかは、桜井さんがガチで“初心者向け”に作ると面白くなりそうな気はするんですよ。格闘ゲームを『スマブラ』という競技にしてしまった人なので、よりライトに、よりスポーツ色を強めにして、「FPS」への心理的ハードルを打破してくれそうな気はするんですが……それでもやっぱり日本市場では厳しいのかなぁ。
</ここまで>


 スポーツ色の方向とは違いますけど、FPSのような3Dアクションシューティングを明らかに意識した発言がありましたし、「誰にでも楽しめる操作」「古くからのファンもスマブラXで初めて知った人もいるピットというキャラクター」で新しいスタンダードを作ろうということなんだと思います。



 どうせだから……文字に起こしておきます。
 以下、「社長が訊く」の動画より抜粋させていただきます。気になる方は是非元の動画をご覧下さいな。


【以下、桜井さんの発言を引用】
・「(今までのDSと違い3Dに強い新機種になるということで)そこで3Dゲームを作ることを考えたのですけど、その3Dゲームをせっかく作るのであれば、なるべく“スタンダードにして新しいもの”を目指したいなと私は思いました」
・「これから3Dのゲームを作るのであれば、カメラとキャラクター2つを同時に動かすことは必須になりますので、そういうところを上手くまとめたものを作りたかったということです」
※ 岩田さんの補足「だから、カメラを動かし、狙いを付け、自分も移動し、そしてダイナミックに遊ぶという部分についての新しいスタンダードを作ってみたいということが一つのポイントだったんですかね」
・「今回のゲームというのは、アナログのスティックがあって、Lトリガーで発射をして、タッチペンを使う。その3つに全体的に操作を絞ることで、なるべく簡単に簡単に出来るようにということは目指しています」
・「(このゲームというのは)ものすごくマニアックなジャンルなのに誰にでも遊べることを目指している、であるとか、非常に矛盾した課題というのを幾つか抱えながら進行しているプロジェクトです。」
・「FPSのゲーマーとかは「あれ?なんでココこうなっているんだろう?」と思えるところもあるかも知れませんね。ですが、これは例えばかつて格闘ゲームがあった時代に『スマブラ』が出来たように、それぞれ意図があってそうしているというところが多いです。」
・「あまり敵を狙わないでも済んでしまったりとか」
・「そういうところで、何とか初心者と上級者の共存を今回も狙っていますので、お楽しみにして下さい」





 自分が予想していた「完全新作」ではなく「パルテナの鏡というシリーズソフト」だったというのも、後から考えれば納得ですよね。任天堂キャラオール出演だった『スマッシュブラザーズ』も、最初は『対戦格闘ゲーム竜王』だったワケで。

 桜井さんの作りたい“新しいゲーム”は「遊びの枠組」であって、「キャラクター」とか「世界観」は“既にあるもの”を使うということに抵抗はないんじゃないかと思うのです。「社長が訊く」の動画を見ても、桜井さんの方から「しばらく作られていない任天堂のシリーズソフトはどうでしょうか?」「何でも作りますよ」と提案したみたいですし。


 うーむ……ちょっと自分の読みが甘かったな。


大乱闘スマッシュブラザーズX大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂 2008-01-31
売り上げランキング : 178

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 3DSの不安要素
 自分はDSの「3Dアクションシューティング」のゲームを遊んだことがないんですけど、実は結構「DSでFPSってのも悪くないんじゃない?」と評価されていたりするんですよね。もちろんグラフィックの問題があるので「それなりに」ということなんでしょうけど、スペックを言い始めるとキリがない世界ですからねー。


 で……桜井さんは「(今までのDSの3Dアクションシューティングは)タッチペンをマウスのように使うゲームが多かった」と動画内で仰っていますよね。実はコレ……3DSの一つの肝になるんじゃないかと思うんです。3DSの場合はタッチペンをマウスのように使うことは出来ませんよね。


 立体表現される画面は上画面、タッチペンが使える画面は下画面、と分かれているので。

 E3から挙がってくるレポートによると、『nintendogs+cats』は「上画面に立体視で犬が表現」「下画面にはその犬のシルエットが出るのでそれをタッチする」という仕様になっているそうです。でも、それが許されるのは素早いタッチ操作が必要でないゲームだけで、「3Dアクションシューティング」のようなゲームだと厳しいですよね。


 DSの成功の一要素に「画面に直接触って操作が出来る」分かりやすさがあったと思います。
 『どうぶつの森』や『ゼルダ』ではタッチした場所にキャラが歩いたり、『レイトン教授』のようなアドベンチャーゲームでは画面をひたすらタッチして探索したり。
 3DSの二画面の場合、そこは棲み分けなければならなくなるんですよね。「全ての画面を立体視にしようとすると、DSが持っていた“分かりやすさ”が失われてしまう」



 まー、今の内から「不安要素」みたいに言っちゃうのもどれだけネガティブなんだって思うのですが。
 逆に言うと、桜井さんがやろうとしている「タッチペンをマウスのように使うのではないやり方」というのは3DSのスタンダードになるのかもと思ったりします。それを確認したいという意味でも『パルテナの鏡』やりたいなー。立体視出来なくても問題なく遊べるのかどうかが気になるところ……



 また……Wiiの時も最初は『ゼルダ』や『スマブラ』が注目されていて、『Wii Sports』や『はじめてのWii』がああいうパッケージ(複数のゲームを1本のソフトにまとめて販売する手法)で販売されるというのは、Wii本体発売2~3ヶ月前の「Wii Preview」で初めて発表されたんだったと記憶しています。

 なので、3DSもこの段階ではシリーズソフトばかりが注目されていますけど、本当のキラータイトル――DSにおける『脳トレ』とかWiiにおける『Wii Sports』にあたるソフトも、こっそり作っているんじゃないかって予想しています。というか、そうであってくれ。

 マジメな話……「立体写真が撮れる」というのは相当なインパクトなワケで。
 これを活かしたソフトが出てくるかどうか……


桜井政博のゲームについて思うこと Think about the Video Games桜井政博のゲームについて思うこと Think about the Video Games
桜井 政博

エンターブレイン 2005-03-31
売り上げランキング : 6006

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『けいおん!!』アニメ2期から入った人に向けて、1期楽曲の解説

※ この記事はアニメ版1期『けいおん!』全14話及び、2期『けいおん!!』の9話「期末試験!」までのネタバレを含みます。閲覧にはご注意下さい。


 またしても『けいおん!!』話!!E3の話は次回だ!
 今回の記事は、2期9話「期末試験!」までのネタバレを含みます。


 1期の頃の曲って、2期のライブシーンでは描かれませんよね。
 前奏だけとか、終わった後とか、鼻歌とかでは使われているのですが……「ガッツリ歌う曲」としては使われていません。今後もライブシーンは“2期からの新曲”が中心になると思われます。


 というのも……
 例えば、TBSで放送された9話「期末試験!」の提供クレジットを見ると「ポニーキャニオン」と「京都アニメーション」の2社だけという。製作と制作。その他にもCMが入っているんですが(『ゼノブレイド』とか)、アレは番組についているスポンサーではなく放送局についているスポットCMなんですよね。

 『けいおん!!』アニメにとっての成功とは「ポニーキャニオン」の商品――ブルーレイ&DVDや、CDを売ることなんです。これは『けいおん!!』に限った話ではなくアニメは“商品を売るコンテンツ”ですし(子ども向けアニメだったら玩具とかソーセージとか)、どんなに評判が良いアニメでも商品が売れなかったら“成功”とは言えませんし、ビジネスとして成功しなければ2期などの展開は出来ないんです。

 ブルーレイ&DVDについては、まぁそのまんまなので割愛しまして。
 なので、アニメはレコード会社からCDを沢山出すワケですね。オープニング、エンディング、サウンドトラックにキャラクターソング。出すところはドラマCDやラジオCDなんかも出しますよね。これらの収益で成り立っているビジネスなのです。


 んで、『けいおん』の話――
 『けいおん!』1期というのは、4~8月まで絶え間なくCDを出しました。4月にオープニング&エンディング、5月「ふわふわ時間」、6月は唯と澪のキャラソン、7月にミニアルバム「放課後ティータイム」、8月に律・ムギ・梓のキャラソン。そのどれもがヒットしたという。

 その中でも「ふわふわ時間」「放課後ティータイム」の2商品は、「作中で登場するオリジナル楽曲をCD化して発売する」という手法で成功しまして。




 ようやく話が戻ります。
 ということで、既にCD化されている1期の楽曲は2期では使いづらいんですよね。

 今『ふわふわ時間』の演奏シーンを超絶クオリティで描いたとしても、1期からのファンは既にCDを持っているので売ることが出来ない――ならば、2期からの新曲を出した方が、CDは売れるし、ファンも嬉しいし、両者が幸せですよね。
 そうは言っても、1期の曲を全く使わないワケにはいかないのでアレンジするなどで何処かで出してくるかもですが……まぁ、その辺は後々の展開を待つとして。



 こんな理由で、2期から入った視聴者は1期の曲を知らないワケです。
 「この唯達が口に出しているふわふわタイムって何だろう?」とか「この曲は何?1期からの曲?」と、分からない人も多いんじゃないかと思い、9話までに登場した楽曲を解説していこうかなと思います。どの曲がどのCDに入っているとかも。

 ◆…既に1期でCD化されている曲
 ▲…2期からの新曲(?)でCD化がされているor発表されている曲
 □…現時点ではまだCD化が発表されていない曲


【第2期】

● 第1話「高3!」
◆ 冒頭、唯が一人でギターを弾いている曲
「わたしの恋はホッチキス」(ミニアルバム「放課後ティータイム」収録)

・ですよね?
・2期の開幕がこの曲というのは、歌詞を深読みすると面白いです。

▲ 始業式でみんなが歌っていた曲
「桜が丘女子高等学校校歌」(「ぴゅあぴゅあはーと」のB面に収録)

・2期からの新曲。
・CDに収録されているのは「ロックバージョン」で、5人全員で交替に歌っているそうです。

◆ 新入生歓迎会で唯達が演奏していた曲
「ふわふわ時間」(ミニアルバム「放課後ティータイム」収録)

・並びを見るに、恐らく唯がメインボーカル。
・ちなみにこの新歓ライブで演奏された曲は「わたしの恋はホッチキス」「ふでペン~ボールペン~」「いちごパフェが止まらない」「ふわふわ時間」の4曲。「いちごパフェ~」だけは新曲で、2期9話時点ではまだお披露目されていません。

● 第3話「ドラマー!」
◆ 「演奏中にみんなでコミュニケーションを」と唯がジャガジャガジャッジャッ歌い出した曲
「ふわふわ時間」(ミニアルバム「放課後ティータイム」収録)

・ジャガジャガジャッジャッジャガジャッジャガジャッ

□ 律がキーボードを触ったことでムギが思いついた新曲
→ 「ハニースウィートティータイム」

・ライブシーンとしてはまだお披露目されていない曲。
・普通に考えれば、ストーリーの重要な箇所で使われると思うんですけど……
・「ムギちゃん弾き語り」というのはキーワードになるのかな。

● 第5話「お留守番!」
□ 休日の学校に来た梓達がセッションした曲
→ 「むすんでひらいて」

・童謡
・流石にコレはCD化されないですかねー。
・2期はキャラソン出すのかな。3人ボーカルとかで出してくれたら面白そう。

● 第6話「梅雨!」
▲ 休日、唯と憂が二人で歌っていた曲
「あめふり」(アニメ2期「オリジナルサウンドトラック」に収録)

・童謡
・1期の頃から切望していた唯憂姉妹デュオがこんな形で!
・7月21日発売のオリジナルサウンドトラックに収録されるそうです。

● 第7話「お茶会!」
◆ 卒業する曽我部会長に送ったライブで演奏した曲
「ふわふわ時間」(シングルCD「ふわふわ時間」収録)

・並びを見るに、恐らく澪がメインボーカルだと思われます。
・アニメだと梓がいない時期の話に変えられていたんだけど、澪ボーカルの「ふわふわ時間」はギター1本のバージョンだからなのかな?

▲ ファンクラブとのお茶会で演奏した曲
「ぴゅあぴゅあはーと」(シングルCD「ぴゅあぴゅあはーと」収録)

・2期からの新曲。
・1期で言う「ふわふわ時間」にあたる位置の曲で、歌詞としても「続編!」ってカンジですよね。
・今回はファンクラブの話だったので澪がメインボーカルだったけど、唯メインボーカルのバージョンもやるのかな?CDオリジナルという可能性もあるか。

● 第8話「進路!」
▲ 冒頭、幼稚園児の唯が歌っていた曲
「うさぎとかめ」(アニメ2期「オリジナルサウンドトラック」に収録)

・童謡
・こちらも7月21日発売のオリジナルサウンドトラックに収録されるそうです。
・まさかコレもCDに収録するとは……

● 第9話「期末試験!」
◆ ジョギング前の唯がうたっていた鼻歌
「ふわふわ時間」(ミニアルバム「放課後ティータイム」収録)

・「キミを見てると~」の部分。

◆ 唯と梓が川原で演歌バージョンを練習していた曲
「ふわふわ時間」(ミニアルバム「放課後ティータイム」収録)

・「ふわふわタ~イム」の部分。

◆ 演芸大会で「ゆいあず」が演奏した曲
「ふでペン~ボールペン~」(ミニアルバム「放課後ティータイム」収録)

・こういうのは何バージョンと言うんだろう。
・元々ロック調の曲をスローテンポにアレンジ。これは“別バージョンとして”CD化されるかな?




 とりあえず9話までの時点では、こんなカンジです。
 “9話まで”で漏れがあったら指摘して下さると助かります。



 商魂たくましくアフィリエイトも貼ってみる。
 カッコ書きで書いているのはメインボーカル。

【第1期】
TVアニメ「けいおん!」劇中歌::ふわふわ時間
TVアニメ「けいおん!」劇中歌::ふわふわ時間
・「ふわふわ時間」(澪)
・「翼をください」(唯・澪・律・ムギ?)

TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」
TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」
【1枚目/2枚組】
・「カレーのちライス」(唯)
・「わたしの恋はホッチキス」(唯&澪)
・「ふでペン~ボールペン~」(唯)
・「ふわふわ時間」(唯)

【2枚目/2枚組】
・「カレーのちライス」(唯)
・「わたしの恋はホッチキス」(澪→唯)
・「ふでペン~ボールペン~」(澪)
・「ふわふわ時間」(唯)
※ 律っちゃんの「ワン・ツー・ワンツースリーフォー!」という掛け声も収録されています(笑)


【第2期】
ぴゅあぴゅあはーと
ぴゅあぴゅあはーと
・「ぴゅあぴゅあはーと」(澪)
・「桜が丘女子高等学校校歌」(唯・澪・律・ムギ・梓)

(仮)K-ON!! ORIGINAL SOUND TRACK
(仮)K-ON!! ORIGINAL SOUND TRACK
<7月21日発売予定・全19曲収録予定だそうな>
・「あめふり」(唯&憂)
・「うさぎとかめ」(幼稚園児の唯)


 実は僕、この中ではミニアルバムしか持っていないんです。あの……唯派なので……
 なので、持っていないCDの情報が間違っていたらゴメンなさい。

 「ぴゅあぴゅあはーと」は曲として好きなので、唯バージョンが出なかったら澪バージョンを買おうかな。サウンドトラックはどうするべ……



● 1期がTBSオンデマンドで有料配信中。
 そう言えば……PC向けサービスで『けいおん!』1期が有料配信されているという話を以前にも書きましたが、iPhone/iPad向けの配信や、Wiiの間での配信も始まりました。


 基本的には1話210円なんですけど、Wiiの間だと200円(200ポイント)でした。
 Wiiの場合、端数の処理が厄介だからなのかな……

 全12話+番外編(13話)の配信で、ブルーレイ&DVDオリジナルの番外編(14話)は配信されていません。「TBSオンデマンド」はあくまで「TBSで放送されたコンテンツ」ってことなのかも知れませんね。


 「別に1期を観ていなくても、2期からでも楽しめると思うよ」と言ってきた僕ですし、実際に2期を観ていてもそういう感想なんですけど。「2期が面白いから1期も観てみようかな」という人が出てきても当然のことですし、そういう人には「1期も面白いぜっ!」とオススメしておきます。


ニンテンドーポイントプリペイドカード 3000ニンテンドーポイントプリペイドカード 3000

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 341

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニンテンドー3DS(仮称)の「あんまり注目されてなさそうな」仕様に注目しています

 来週はいよいよE3ですね。
 恐らくは、任天堂の新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS(仮称)」がお披露目されるでしょうから、その直前ということで「どんなスペックになるのか」「どんなソフトが出てくるのか」「裸眼で3Dってどんなカンジなのか」と話題になっていることと思われます。


 予め、言っておきます。
 自分はしばらくニンテンドー3DS(仮称)は買わないと思います。


 何度か書いていますけど、自分は子どもの頃の怪我で右目の視神経を損傷しているため3Dが見られないんですよ。なので、少なくとも「3Dならではのゲーム」がドカドカッと出てくる発売間もない頃には買わないつもりです。競争率も高そうですしね。

 この話を以前友達にしたら「これからは映画もテレビもゲームも全部3Dになるだろうに大変だね」と言われたんですけど、僕は別にそうは思わないんですよ。テレビが出てきてもラジオはなくなっていませんし、今までどおりのコンテンツはそれはそれで生き残ると思うんですよ。

 ゲームも「3Dならではのゲーム」だけじゃなくて、3Dブームが落ち着けば「今まで通りのゲーム」は出てくるだろうし、3DS(仮称)の購入検討はそれからでもイイかなーって思っています。もちろん、他ハードとの兼ね合いで次は別陣営のハードを買うかもですけどね。




 ということで、自分が3DS(仮称)に注目している部分は、他の人が注目しているところと違うでしょうし。今回のE3はそれはそれとして楽しみにしています。ちょうど先々月にDSiLLを購入したばかりで、「DSシリーズへの不満点」「3DS(仮称)ではこうして欲しいなぁ」と思うところも見えた頃ですし。




1.動画撮影は出来るか?
 DSiカメラでは動画の撮影が出来ないんですよね。
 我が家には既に動画撮影も出来るデジカメがあるので不満でも何でもなかったのですが、「え?動画は撮れないの?」と思った人もいるんじゃないかと思います。これはDSiのスペックというよりは、保存領域の問題なのかも知れませんが。

 個人的には、Wiiの『写真チャンネル』でそのまま再生できるフォーマットで動画が撮れると嬉しいです。我が家のデジカメで撮った動画はそのまま再生出来ないので、PC経由で変換しようと思っても上手くいかず、面倒くせえやー!と投げ出してしまいました。


 それと……DSiウェアに触れて思うのは、カメラ機能とゲームって想像以上に相性が良いものなんだなってことです。『ちょっと脳トレ』のようにセーブデータ管理に自分の顔を使うとか、撮影したものを動かす『フォトファイター』とか、カメラに映ったものとの誤差で傾きを検出する『かたむく+アクション』とか、カメラに映った動きを入力装置にする『うつすメイドインワリオ』とか。

 最後のはXbox360のナタルやPS3のムーブ(と前身のアイトーイ)などの超劣化版なんですけど、この使い方を除けば、携帯機の方がカメラはいろんな使い方が出来ると思うんです。被写体を自分で選べるワケですし。


 現時点では「で?それでゲームが面白くなるの?」としか思えませんが、静止画だけでなく動画が撮れることで実現出来る(予想もしない)ゲームもあるでしょうし。とりあえず動画撮影が可能かに、地味に注目しています。



 ……けど、
 インパクトとしては「2Dの動画が撮れる」よりも「3Dの写真が撮れる」方が大きいでしょうねぇ(笑)。ゲームしとても色々活用出来るでしょうし。しかし、コスト的にそんなことが出来るかはよく分からないのでゴニョゴニョっと濁しておきます。



2.携帯機版『みんなのニンテンドーチャンネル』の可能性
 3Dのゲームってプロモーションが難しそうですよね。
 例えば、Wiiの『ニンテンドーチャンネル』で3Dゲームの紹介映像を流しても、多くの家庭のテレビは3Dを出力出来ないでしょうし、3DS(仮称)のソフトはどうやってアピールしていくんだろうって思うのです。バーチャルボーイと同じ壁にぶち当たりそうです。


 ということで、3DS(仮称)内で3DS(仮称)のソフトを宣伝するチャンネルが出来るのではないかと予想しますし。3DSをネットに繋いで直接体験版をダウンロード出来るようにもなるんじゃないかと予想しています。現状DSの、Wiiを起動して『ニンテンドーチャンネル』から「DSソフトの体験版をダウンロード」する、というややこしい手順を踏まなくても済むように。

 あと、出来れば……
 繰り返しになりますけど、Wiiの「ショッピングチャンネル」「ニンテンドーチャンネル」「インターネットチャンネル」がそれぞれ分かれているみたいな仕様は避けて欲しいなぁと思います。でないとダウンロード専売ソフトなんていつまでも盛り上がらないと思うのですよ。



3.タッチパネルの仕様はどうなる?
 3DS(仮称)はDS&DSiのソフトが動くということで、タッチパネルがなくなることはないでしょう。
 さて、そのタッチパネルは「現状より良くなる」のか?それとも「現状のまま」なのか?

 伊集院さんのラジオを聴いてて知ったことなんですけど、iPadは「11本」までのマルチタッチを認識するそうですね。DSはご存知の通り「1本」です。画面のサイズが違うから「11本」の必要はないと思いますけど、タッチパネルが「1本」しか認識しないのか「2本」認識するのかでは出来ることが全く変わってくるでしょう。


 それと、個人的に気になっているのが「筆圧感知」。
 ちょうど『絵心教室』が出るので「筆圧で筆のカンジが表現された方がイイんじゃないの?」とも思ったのだけど、お絵描きソフト以外にはそれほど必要のない機能ですし、『美文字トレーニング』のように専用筆ペンを出すというのも手ですし。こっちはあまり可能性ないかな。



4.DSiウェアは引き継げるのか??
 これは注目している人も多いかも。
 任天堂ハードであるWiiの「バーチャルコンソール&Wiiウェア」とDSiの「DSiウェア」は、本体に紐付けされるので、同じ本体ならば何度でもダウンロード出来るのだけど、他の本体とは共有出来ない仕様になっています。つまり、新色のDSiLLが出たからと言って買っても、今持っているDSiのDSiウェアのソフトは移せないんです。


 これに関して批判の声があるのも分かるんですけど、自分としては「しょうがないんじゃない?」というのが率直な気持ちです。WiiやDSiを複数台買うって人は全体の中の少数でしょうし、そもそもWiiウェアやDSiウェアの売り上げが苦戦している状態なのですから、そこの対策は優先順位が低いんだろうなぁとは思っていました。


 ですが、新型機が出る場合は別です。
 DSiから3DS(仮称)に乗り換えようって人はかつてないほど多いでしょうし、3DS(仮称)は「ニンテンドーDSiを含むニンテンドーDSシリーズ用ソフトもお楽しみいただける互換機能も有しております」とのことなのでDSiウェアもプレイ可能なのでしょう。
 「互換はあるけど、また新たにDSiウェアを買ってね」ということだったらDSiウェアを沢山買っていた人は怒るでしょうし、DSiウェアには『睡眠記録 めざまし時計』のように生活に根ざしたソフトもありますし。ソフトの移行だけでなく、セーブデータの移行も出来なければ、「しばらくDSiでイイや」という人が出てきてしまうと思うのです。


 「複数の機種でソフトを共有」する必要はなくて、コピーワンスみたいに「移したら消える」で構わないと思うんですけど……さて、どうするか。ダウンロードソフトを応援したい自分にとっては気になるところです。


DS美文字トレーニングDS美文字トレーニング

任天堂 2008-03-13
売り上げランキング : 266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 もちろんメインの仕様も気になるところではあるんですけどね。
 通信周りをどうするのか、アナログスティックを付けるのか、傾きセンサーは、画面サイズはどうなのか、価格は、発売時期は、同時発売ソフトは、携帯機版バーチャルコンソールは始まらないのか――気になることは沢山です。

 アナログスティックを付けるのは構わないのだけど、十字キーの使いにくい配置だけは勘弁して欲しいなぁと、アナログスティックを使えない友達が多い自分は思った次第。



 「任天堂メディアブリーフィング」は15日の深夜?16日の深夜?
 特設ページの英文を読むと、あっちの15日午前9時だからこっちの15日の深夜(明けて16日の早朝?)ということでイイのかな?あれ……なんか脳がこんがらがってきた。


 火曜(15日)の深夜だと『けいおん!!』とバッティングしてTwitterにいられないからイヤだなあと思いつつ、Twitterは重すぎて表示されないかも知れないから別にイイかと思ってしまう自分もいます。どっちにしろ楽しみにしています。任天堂は毎年「プレゼンがへたくそすぎる」と言われるけど今年はどうでしょうねー。

| ゲーム雑記 | 17:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『けいおん!』の唯が黒タイツを履いている理由を考える

※ この記事はアニメ版1期『けいおん!』全14話及び、2期『けいおん!!』の6話「梅雨!」までのネタバレと、原作コミックス3巻までのネタバレを含みます。閲覧にはご注意下さい。


 今回の記事は、2期6話「梅雨!」までのネタバレを含みます。


 すごく…二度手間な気がする……けど、まあイイか。
 前の記事で「唯の黒タイツ」についてチラッと触れたこともあって、コメント欄やTwitterで、『けいおん』をアニメ2期から観始めた人や『けいおん』を観たことがない人から「どうして唯だけ黒タイツを履いているんですか?」という質問を頂きました。教えてgooか、俺は。


 アニメを1期から観ている自分としては「唯=黒タイツ」のイメージが1年前からあるから別に不思議とも何とも思っていなかったのですが……なるほど確かに、2期1話のクラス替え発表のシーンなんか見ると、沢山の女生徒の姿が描かれているのにも関わらず黒タイツを履いているのは唯だけという。これは「何か理由があるの?」と思ってしまうかもですね。



 唯が黒タイツを履いているのは、憂がクンカクンカするためです。

 ウソです。
 軽い冗談です。憂はそんなことをするコではありません。少なくともアニメ版では。
 原作漫画版ではしててもおかしくないと思うけどな!

(関連記事:唯憂姉妹なら、ぶっちゃけ口移しくらい余裕だよね!




 まー、一番の理由は“主人公特権のキャラクターデザイン”でしょう。
 『スラムダンク』の桜木花道の髪が赤い理由、とかと一緒なんだと思います。

 桜木の髪が赤い理由についても、連載中に様々な憶測・考察がなされましたが本編では最後まで明かされませんでした。「桜木花道の髪が赤い」のではなく、「髪が赤いのが桜木花道」なんですよ。キャラクターデザインの基本として、主人公に目立つ特徴をつけるみたいな話なんだと思います。



けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

 2期ブルーレイのジャケ絵が公開されている!ちゃんと表示されているかな?
 ということで、ちょっと絵が小さいんですけど……↑の絵と、↓の1期1巻&5巻&7巻の絵を見ると分かるように、『けいおん』アニメのキャラって靴下の色も決まっているんですよ。

けいおん! 1 (初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん! 1 (初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん! 5 (初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん! 5 (初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん! 7 (初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん! 7 (初回限定生産) [Blu-ray]

・唯……黒タイツ+上履きは青 ※ 夏場(梅雨明け後)は、黒ソックスになります
・澪……黒ソックス+上履きは青
・律……白ソックス+上履きは青
・ムギ……白ソックス+上履きは青 ※ 他のキャラに比べて若干脚が太い&色も白い
・梓……黒ソックス+上履きは赤 ※ 他のキャラに比べて若干脚が細い


 靴下の長さは状況によって違う気がします。
 要は脚だけの描写で誰だか分かるようにデザインされているという。
 もちろん、「脚の描写にこだわって」という意図もあるんでしょうけどね。黒タイツフェチやぷよももフェチとかのニーズに応えるために!ムギちゃんのムチムチした太ももはエロイすなぁ。

 これは別に脚だけの話ではなく、律っちゃんだけ制服の着こなしがだらしないとか、唯の部屋着に変な文字が描かれているとか、後ろ髪の長さ&色だけでキャラが識別できるようになっているとか、それぞれのキャラにイメージカラーが設定されているとか……“キャラクター”に特徴を付けていった結果として、唯の黒タイツなんだと思います。





 ちなみに、原作初期の唯は黒タイツを履いていません。

 けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)
けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)

 ほら、素足。
 表紙を1枚めくった後のカラー絵は黒タイツを履いているんですけど(笑)、本編ではしばらく黒タイツを履いていません。そもそも原作は4コマ漫画なので、脚が映るシーンがあまりないというのもありますし、脚でそこまで個性を表現する必要もなかったのかもですね。

 唯が本編で最初に黒タイツを履いたのは、恐らく1年目の初詣の回。
 ただ、これは私服なので……制服+黒タイツだと、2年目の文化祭の回だと思われます。2巻87ページ。ただ、86ページでは素足だし、後夜祭のシーンでも素足なんですよね……風邪をひいた唯のために、誰かが履かせたのか?

 とすると、唯の黒タイツは防寒のためと言えるのかも知れません(笑)。

 んで、この回以降(アニメの時間軸で言えば1期13話以降)、唯は黒タイツを履き続けることになります。ちょうどアニメ制作が始まったかどうかの頃でしょう。どちらが先かは分かりませんが、なので、アニメの唯は1期1話から黒タイツを履いているという。




○ 何故、唯は黒タイツを貫き通すのか?
 と、いう結論で締めくくるのも夢がない話なので……
 キャラクターデザイン上の理由だけでなく、キャラクターである唯が毎日黒タイツを履き続けている理由を考えようかなと思います。


 「スカートめくれても平気だし。転んでも……」

 これは2期6話で、スカートの下にジャージを着ていてさわちゃんに怒られた時の唯の言い訳。
 自分は結構これが唯の本音なんじゃないかなって思うのです。


 だってほら、唯ってしょっちゅう転んでいるし。
 その迂闊さを自分で自覚していうからこそ、パンチラガード的な意味もあって黒タイツを履いているのかなと思うのです。


 しかしコレは意見が分かれそうなところ。
 黒タイツ好きの人からすれば、黒タイツ越しのパンチラだって「パンチラ」として「1点は1点」なんじゃないかなと思うんですよ。自分も「むしろお宝感が増すな」と思います。もしパンチラガード的な意味を込めて黒タイツを履いているのなら、唯!それはむしろ逆効果だぞ!逆にエロイ!

 とは言ったものの、「パンツそのまま見える」よりかは「黒タイツ越しに見える」方がダメージは少ないと思う女子もいるとは思いますし、黒タイツ好きではない男性からは「唯は黒タイツなんか履いて勿体ない!」という声もありますし。

 何を持ってエロと思うか、が人それぞれ違うから難しいところですよね。
 「エロく見られたくないからコレで防ごう」から逆にフェティシズムが生まれる、みたいな話。


けいおん! 平沢唯 文化祭Ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)けいおん! 平沢唯 文化祭Ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

ムービック 2010-09-25
売り上げランキング : 108

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:55 | comments:19 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

期待の『絵心教室DS』、DSiウェア版とパッケージ版の違いをまとめてみた

 DSが発売されてから5年半が経過して……
 初めての値下げ発表オイラがDSiLLを買った1ヵ月後ってどうゆうことなんだ。

 今から考えると「予想できなかった」自分にも責任があるとは言え……やるせないなぁ。
 まぁ、Amazonで買った際に定価より若干値引きされていたので、そこまでの金額差でもないんですけどね。でもやるせないなぁ。



 さて!DSシリーズの値下げと、DSiLLの新色登場は6月19日。
 この6月19日に合わせて発売されるDS用ソフトは、『逆転裁判』シリーズを手がけた巧舟氏による『ゴーストトリック』と、『絵心教室DS』の2本です。今日は『絵心教室DS』についてのお話。



 このソフトは、ダウンロード専用ソフトDSiウェアで発売されていた『わりと本格的 絵心教室(前期)』『わりと本格的 絵心教室(後期)』のパッケージソフト版です。
 多分、今世代の任天堂ソフトで初めて「ダウンロード専用ソフト」→「パッケージソフト」へと移植されるソフトですよね(昔を辿ればニンテンドウパワー→ROMカセットとかあったけど)。


 自分は「原稿が終わって時間ができたら『わりと本格的 絵心教室(前期)』をやろうっと」と考えていたので、ダウンロード購入前にパッケージ版の発表を知ってラッキーと思いつつ、「果たしてどっちを買ったらイイのかな?」とちょっと調べてみることにしました。


 公式サイト参照
 こういうのは“既にDSiウェア版をやっている人”がまとめた方がイイのかもですが……まぁ、自分のように「どっちにするか迷っている」身の方がフラットに考えられるという見方も出来ますし、そんなこんなで簡単にまとめてみました。



○ パッケージ版は、初代DS&DS Liteでもプレイできる
 当たり前なことですけど、DSi&DSiLLを持っていない人はDSiウェア版は購入できません。最初からパッケージ版しか選択肢はありませんよね。
 ただ、この手のソフトは“画面が大きい”に越したことがありませんし、カメラ機能がない初代DS&DS Liteだと「DSiカメラで撮った写真をモチーフに絵を描く」ことが出来ません。パッケージ版も、どちらかというとDSiLL向けのソフトなんですよね。DSiLLの新色と同時発売というのもそういう意図があるんでしょう。


○ DSiウェア版の方が安い
 パッケージ版は定価2800円。
 DSiウェア版は、前期が800円・後期が800円で合計1600円です。

 レッスン数は(前期・後期両方買えば)変わらず。
 パッケージ版はミニレッスンが増え、モチーフ用の写真が50枚入っていて、フレームの数が倍、作成途中の絵のセーブ数が増えています。要はこれらの追加要素に魅力を感じられるか、ということですかね。特に「モチーフ用の写真」は「自分で撮影したものを描きたい」人と「用意されたものの方がイイ」って人が分かれると思いますしね。


 あ、あと……「定価で買った場合」なので、実際にはパッケージ版は値下げされると思います。
 どの程度値下げされるかは、どの程度出荷されて、どの程度売れるのか次第ですけど。


○ DSiウェア版はSDカードに保存できる
 何気に大きいのがコレ。
 パッケージ版の方がありとあらゆる面でボリュームアップされているのですが、唯一パッケージ版で出来ないのがコレみたいなんです。

 DSiウェア版は描いた絵を「DSiカメラで撮った写真」なんかと同じように本体の保存領域にセーブ出来、DSiカメラの機能でそれらの画像ファイルをSDカードに移すことが出来るそうで……
 『街へいこうよ どうぶつの森』でプレイしている様子をブログにアップすることが流行ったように、SDカードに保存できれば「こんな絵を描いたよ!」とブログにアップできますし、それがモチベーションになると思うんです。


 パッケージ版は保存可能枚数が80枚と多いんですが、それを他の機器に移す方法がないそうで……これは自分的には非常に痛いし、自分はこの一点でDSiウェア版を買うことに決めました。
 ただ、「別に自分の絵を公開とかしたくないし……」って人もいらっしゃるでしょうし、そういう人には別に問題がないという気もします。個人的には「下手な頃に描いた絵も後で見返すと面白い」と思うので、PCなどにデータを移せる機能は重要だと思うんですけどね。



○ ユーザー数は「パッケージ>>>>>>>>>>DSiウェア」
 DSiウェアの認知度って、物凄く低いと思うんですよ。

 こないだの「ああ」の記事を書いた際にも、「DSiウェアなんてあったんだ」「こんなにソフトあるんだ」「こんなの買っている人いるんだ」って意見を頂きましたし。DSiウェアのソフトをイチイチチェックしている人って極少数だと思うんですよ。

 なので、これまでの情報だと「DSiウェア版で十分じゃん。どうしてパッケージ版を出すの?」と思うかも知れませんが、DSiウェアを購入できる環境にない人&DSiウェア購入に抵抗がある人に対してはパッケージ版を出す意味は大きいと思いますし、このソフトがどれだけ売れるのかにはそういう意味で注目しています。


 特にこのゲームを「面白そう!」と思える人は、DSをネットに繋いでいない人も多いでしょうしねぇ。


絵心教室DS絵心教室DS

任天堂 2010-06-19
売り上げランキング : 44

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 自分もずっと「絵が描けない」ことをコンプレックスに生きてきましたし、独学で描くようになった現在も「どうにか上手くなる方法はないかなぁ」と思っていますし―――この手のソフトを欲している人はそれなりにいると思うんですよ。


 実際に「絵が描けるようになる」かは、まだ僕はプレイしていないので何とも言えませんけど(笑)。
 絵は「描くきっかけ」とか「描く目的」があるか次第で、どうとでもなれると思うんで……このソフトをきっかけに絵を描き始めて「絵を描くのって楽しいね!」って人が出てきたらイイなぁと思います。


 あ、そうだ。
 人物画のレッスンはないそうです。

 もちろん自分で写真取り込んで自分で描くことは出来るんですけど、人物画のレッスンがないことで「パッケージ版よりも人物画のレッスンが入った続編が欲しかったなぁ」という意見も某所で読みましたし。「人物を描きたい!」って人は注意が必要かも。

 このゲームが大ヒットしたら、『萌え絵教室DS』をどこかの会社がパクって出さないかな。





 
○ 余談。
 自分が『絵心教室』と同じように「原稿が終わったらプレイしよう」と思っている任天堂のDSiウェアのソフトに、『フォトファイターX』があるんですが……こちらも「バージョンアップして続編を出して欲しい!」という声がある一方、『絵心教室』と違ってパッケージ版は出しづらいんですよね。


 あちらはカメラがないと遊びようがないゲームなので。
 DS&DS Liteしか持っていないユーザーが買って全く遊べませんでした、という事態を危惧してなのか。カメラ機能をフルに活かした「DSi専用パッケージソフト」は出しづらいんですよね。



 ということは、チャンスがあるとしたら“次世代機”ですよね。
 3DS(仮称)のロンチソフトとして、「3D写真を取り込んで格闘ゲームのキャラとして使うことが出来る」『フォトファイター3DS』が出るんじゃないかとE3直前なので妄想しております。ほら、そう考えると海外で期間限定無料配信していた理由も納得じゃないですか。

 まぁ……自信としては20~30%くらいの妄想ではありますが。
 3DS(仮称)のロンチソフトとしては現実的に「そこそこ実現できそう」で「そこそこインパクトがある」と思うんですよ。ゲームとして複雑な操作が必要なワケじゃないですしね。


ニンテンドーポイントプリペイドカード 1000ニンテンドーポイントプリペイドカード 1000

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 447

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

変態にだって興奮できないものがある

 「女のコの体はもちろん、女のコが身につけてたものにも興奮しますよねー」と言うと、大抵の場合は変態扱いされるものです。ウチのブログでも何度か話題にしてきたことです。

(関連記事:「パンツだけで興奮できる人は変態だ」とか言うけどさぁ……


 しかしです。
 一括りに「女のコが身につけてたもの」と言っても、興奮できるもの/興奮できないものに差があるよね。と、一歩踏み込んで考えると不思議なことに気が付くんです。変態にも興奮できないことがある。その線引きとは何なのか、もうちょっとアカデミックに語ってみても面白いんじゃないかと思ったのです。





 平沢唯の脱いだ黒タイツには健全な男子ならみな興奮しますよね。

 あたかも、このブログを読んでいる人が全員変態であるかのように語っているけど気にしないで下さい。「いやいや俺は興奮しないよ」と思った人は、「興奮する」男子になったつもりで考えてみて下さいな。ロールプレイング。「全員変態」って声に出したい四字熟語ですよね。そんな日本語ないけど。




 でも、平沢唯が貼っていた湿布には興奮出来ませんよね。

 ほら、おかしな話だと思いません?
 黒タイツも湿布も、“肌密着度”はほとんど変わりません。むしろ黒タイツは下にパンツとか履くから、湿布の方が“より美少女の肌に密着していた”はずなのにそこにエロスを感じるのは難しいじゃないですか。いや、湿布フェチの人もいるかも知れませんけどさ。





 もちろん、この「美少女が脱いだ黒タイツには興奮する/美少女が貼っていた湿布には興奮しない」というのは“僕の線引き”を一例として出しただけの話。多分、変態のみなさんそれぞれに「ここは興奮する/ここは興奮しない」という線引きがあると思うんですよ。


 そもそも、「変態」って「人と違うところにストライクゾーンがある」ということですものね。
 「どんな球でも打てる」ワケではありませんし、「変態」がみな共通のストライクゾーンを持っているワケでもないのです。

(関連記事:「他人とは違うところにエロを感じる」のは、個性なのか。変態なのか。




 しかし。
 何故、自分は“美少女が貼っていた湿布”に興奮できないんでしょう?

 においの問題?
 確かに、「湿布のにおい」が強くて「美少女のにおい」がかき消されてしまうというのは大きいような気がしますけど、でも別に「シャンプーのにおい」とかには文句を言わないワケですし。

 医療的なものにエロスを感じられない?
 確かに、(取った後の)包帯とか絆創膏にも興奮できない気がする。しかし、包帯や絆創膏はコスプレとしては興奮するのに、湿布姿はコスプレとしてもダメな気がする。そもそも俺、女のコが湿布を貼っている姿って見たことないかも知れん。二次元・三次元問わず。


figma けいおん!  平沢唯 制服verfigma けいおん! 平沢唯 制服ver

Max Factory 2010-01-30
売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |