FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

どうしてゲーム会社は“エンカウント率”を高くする?

 同時に複数のゲームを進められない自分は、ここのところずっとDSiウェア『ピクダン』(公式サイト・音が出ます)をプレイしています。どうやら60階以上あるらしいのですが、1ヶ月以上プレイして現在43階。ボリュームあり過ぎ……『アルバートオデッセイ』までに終わるのだろうか。


 『ピクダン』の話をしても、皆さんあまり興味がないと思いますので。
 ササッと簡潔に、自分が思うこのゲームの不満点を書きます。


1.ランダムエンカウント率が高い(1~3マスごとに敵が出てくる)
2.なのに、エンカウント率が高くないことが前提のゲームデザイン



 全てはこの2行に集約されます。
 ギミックを解くためにダンジョンのあっちへ行ったりこっちへ行ったりが楽しいはずのゲームなのに、歩くたびにエンカウント。全マス踏破しないと絵が完成しないのに、歩くたびにエンカウント。歩くたびに敵が出てくるのに、その戦闘がゲージが溜まるのを待ったり、敵のガードが解かれるのを待ったりと、やたらと待ち時間がかかるという。
 しかも、エンカウントした敵を普通に倒しているとレベルが上がり過ぎて、敵がザコイことになってしまう。なのに、ゲージが溜まるのは待たなきゃならないから「緊張感はないのに時間はかかる」というダメダメな戦闘になってしまうのです。


 エンカウント率がこの3分の1くらいだったら、これらの不満点は全部解消されるのに…。
 しかしまぁ、ネットを見ているとエンカウント率も気にせずにこのゲームを普通に楽しんでいる人もいますので愚痴はこの辺にしまして―――このゲームを遊んでいて、ふと自分が思った疑問を書こうかなと思います。





 何の意図があってエンカウント率を高くするのか?

 レビューサイトなんかを見ていると、『ピクダン』のような3DダンジョンRPGに限らず、『メタルマックス3』なんかでも「エンカウント率が高いのが難点」とか書かれているじゃないですか。RPGで「ここさえ良ければみんなにオススメしやすいのになー」と言われがちなのがエンカウント率じゃないですか。

 でも、「エンカウント率が高くてサイコー!!」と言っている人ってあまりいないじゃないですか。少なくとも僕は見たことがないです。
 「エンカウント率が高いのが辛い」と言っている人や、「エンカウント率が高いのが騒がれているけど自分は気にしない」って言っている人はいるのに、「エンカウント率が高いのがサイコー!」って言っている人は見かけないじゃないですか。


 -100点を付ける人はいる。
 +も-も付けない人もいる。
 でも、+100点を付ける人は見かけない―――


 それが「エンカウント率が高いRPG」じゃないですか。
 なのに、どうして「エンカウント率が高いRPG」が作られるんですかね?

 ユーザーから嫌われたいマゾなの?それとも、ユーザーを苦しめたいサドなの?
 ユーザー目線からすれば「誰得なんだコレ」なこの仕様、実は隠された意図があるんじゃないかと考えてみたくなりました。


メタルマックス3(通常版)(特典なし)メタルマックス3(通常版)(特典なし)

角川ゲームス 2010-07-29
売り上げランキング : 352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.クリアまでの時間を長引かせるため
 ファミコン時代のRPGなんかにはよくあったことです。
 当時は容量の制限が厳しかったので、サクサク進めてしまうとあっという間にクリアできてしまい、「もう終わっちゃった」「物足りない」「金返せ」的なことも言われたでしょうし。ひょっとしたら“早期に中古に売られるのを防ぐため”という狙いもあったかも知れません。

 アクションゲームやシューティングゲームは、上達しないとクリア出来ませんでしたし、クリアした後もハイスコアを狙ったりして遊べましたが……「ゲームが下手な人でもクリア出来る」『ドラクエ』式RPGの場合は、クリアまでの時間を長引かせる必要があったんだろうと思います。だから当時のRPGはエンカウント率が高いものが多かったです。


 しかし、容量が増えた現代でエンカウント率を高くするのはどうよ?
 『ピクダン』の場合はダウンロード販売専用ソフトですから中古戻りも関係ありませんし、そもそも1ヶ月かかっても終わりが見えないボリュームがあるし……500円で売っているソフトなんだから爽快感優先で、サクッと終わらせて「あー、面白かった。続編出ないかな」と思わせるくらいで丁度イイと思うんですよ。この辺は作り手との遊び手の意識の違いなんですかね。



2.エンカウント率を下げるアイテムに価値を持たせる
 これは『ファイナルファンタジー5』のデフォルト移動速度が遅いのと同じ原理。

(関連記事:『ファイナルファンタジー5』と「ダッシュ」


 自分はやったことがないのですが、話に聞くと『ポケモン』がコレに該当するらしいですね。。
 エンカウント率は高い、移動速度は遅い。でも、エンカウント率を下げるアイテムがあるし、移動速度が上がるアイテムがある―――デフォルトの設定を厳しくすることで、それを軽減できるアイテムに価値が出てくるという狙いなんでしょう。


 『ピクダン』の場合はそういうアイテムがないので当てはまらないんですけどね。
 「戦闘が面倒くさいなら逃げればイイんじゃね?」と思われるかも知れませんが、「逃げる」も成功・失敗の判定にすげー時間がかかるので「こりゃ倒した方が早いや」となるんですよ。レベルが上がり過ぎているので、どうせノーダメージで倒せるし。



3.1歩ごとにセーブ&ロードをさせないため
 ファミコン時代に『ファイナルファンタジー』シリーズが出た頃、このシリーズはワールドマップ上ならばどこでもセーブが出来るので、命からがらダンジョンから抜け出てきた後は。1歩ごとにセーブ、敵が出なかったらセーブ、殺されたらやり直し――という手段を使っていました(笑)。

 まぁ、それでも『ファイナルファンタジー』シリーズはダンジョン内では(4以降のセーブポイントを除けば)セーブが出来ないのでバランスは保てていましたし。どこでもセーブ可能な『ロマサガ』はシンボルエンカウントでしたよね。この手段によって難易度が下がることもなかったのですが……


 『ピクダン』は全てのマスでセーブが可能です。
 HPが少なくなってピンチになったら、回復の泉まで、1歩ごとにセーブ、やられたらやり直し―――が出来てしまうから、それを防ぐためにエンカウント率を高くして「残念でした!!1歩ごとに敵が出てきますもんねえええ!!」としているのかも……いや、幾らエンカウント率が高くても1歩ごとに100%出るワケではないので、根気さえあればセーブ&ロードでたどり着く気がするか。


 自分はダンジョンRPG自体をほとんどやったことがないんですけど……
 フツーの見下ろし型のRPGと違って「戦闘終了後しばらくはエンカウントしない」みたいな仕様には出来ないんですかね。それこそセーブ&ロードで楽に進めてしまうから。

 だからってエンカウント率を上げて万事解決って話じゃないのですけど……



4.「このゲームを遊んでいる人は戦闘が楽しくて仕方ないはずだ!」と信じているから
 ありそう……(`;ω;´)

 ゲームを作っている人達というのは、基本的には「このゲームは面白い!」と思って作っているでしょうし、そうであって欲しいです。だから、「このゲームの戦闘って単調で飽きがくるのに時間ばっかりかかってつまらないな」とは思っていないんじゃないかと思うのです。

 ユーザーがどんなに思っていても。スタッフはそれに気付かない。
 いや、『ピクダン』の話じゃないですよ?一般論として。


 戦闘が面白いRPGは、戦闘を強いられても別に苦になりません。
 『グランディア』はシンボルエンカウントでしたけど、戦闘が楽しかったのでフロア中のザコ敵を根こそぎ殺してから先に進むという戦闘狂でしたオイラ。どっちが悪者か分からねえ。

 でも、戦闘のつまらないRPGはエンカウントが苦で苦で仕方ないのだけど……
 作っている人は「このゲームの戦闘はつまらない!!」とは思っていないのだろうから、「なるべく戦闘をいっぱいさせてあげよう!」と余計なお世話なことを考えるのではなかろうか。


 そう考えると……『ファイナルファンタジー』シリーズに「エンカウントなし」というアビリティがある(作品がある)のは、凄いことなのかも。



 現在のオイラの『ピクダン』、レベルが上がり過ぎて“次のレベル”まで3万の経験値が必要なんですが、1匹倒して30の経験値しかもらえなかったりで(笑)。1000匹倒さなきゃいけないから戦闘で勝っても楽しくないし、1階クリアするのに1000匹くらい余裕でエンカウントするし。

 このスタッフはよっぽどこの戦闘に自信があったのだろうか?と思ってしまう。
 回復魔法を使うヤツ以外は、エフェクトとタイミングが違うだけの同じような敵ばかりで。こっちの攻撃は1階からずっと「縦斬り」「横斬り」「突き」の3つしかなくて。これで飽きない方がすげえと思う。


グランディア PlayStation the Bestグランディア PlayStation the Best

ESP 1999-06-24
売り上げランキング : 7915

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 流石に『ピクダン』disり過ぎな気もしてきました(笑)。
 フォローじゃないですけど、ダンジョンの謎解きは面白いんですよ。じゃないと1ヶ月も続けていません。でもその面白い謎解きをジャマするエンカウント率の高さが腹立って仕方がないという話です。



 さて、『ピクダン』の話は置いといて、一般的なRPGについて。
 ランダムエンカウント自体が絶滅しつつあるという気もします。

 『ドラゴンクエスト』も『9』ではシンボルエンカウントが採用されていましたし、『ファイナルファンタジー』も『13』はシンボルエンカウントなんですよね?『ポケモン』を除く国内の主要RPGシリーズはシンボルエンカウントのものが多くなっている印象です。



 でも、「問題はそこじゃなくね?」と思うんです。
 ランダムエンカウントだろうがシンボルエンカウントだろうが、「プレイヤーがイラつかない程度の数」「飽きさせない戦闘」をさせられるかが重要なので、エンカウント前に敵の姿が見えるかどうかは大した問題じゃないと思うんです。

 極端な話、もし『ピクダン』がシンボルエンカウントになったとしても、「どうだい?この楽しい戦闘をいっぱい味合わせてあげるからね」と1マスごとに敵が湧いてくる仕様にされそうですもの(笑)。
 『MOTHER2』とか、『ドラクエ9』もそうなのかな、シンボルエンカウントで「弱い敵はこっちを追ってこない」仕様は、プレイヤーが戦いたい時に戦える素晴らしい仕様だと思うんですけど。別にランダムエンカウントでだってこれは出来るワケで、やたらとエンカウント率を高くする言い訳に「ランダムエンカウントだから」というのは納得がいかんなーと思うのです。


アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIX 星空の守り人アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIX 星空の守り人

スクウェア・エニックス 2010-03-04
売り上げランキング : 527

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |