FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アクションもパズルも好きな人は是非!『アクションパズル ラビ×ラビ』紹介

『アクションパズル ラビ×ラビ』
 DSi用/迷宮脱出アクションパズル
 シルバースタージャパン
 2010.9.1発売
 200円(DSiショップ専売)
 セーブデータ数:1
 公式サイト


ニンテンドーポイントプリペイドカード 1000ニンテンドーポイントプリペイドカード 1000

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 このゲームをクリアした後、僕はメーカー公式サイトのアンケートにこう書きました。

 「自分の人生で遊んだゲームの中で、間違いなくTOP10に入る大傑作でした。ありがとうございます。」

 「面クリア型アクションパズル」というジャンルのゲームは、かつて80年代中盤くらいまでは大メジャーなジャンルのゲームだったそうです。『ロードランナー』『ソロモンの鍵』『バベルの塔』などなど……ただ、このジャンルは「ステージを大量生産できない」という欠陥を抱えていたため、後に落ちモノパズル『テトリス』の登場と大量の後追い作品に市場が埋め尽くされていったことにより一気にマイナージャンルへとなってしまいます。「一度クリアすると中古屋へ」という問題もあったのかもですね。


 この辺は、僕が大大好きなブログ『不倒城』さんが以前に書かれていますので是非一読あれ。

 レトロゲーム万里を往く その47 テトリス『不倒城』さん)


 自分は『テトリス』以後のパズルゲームしか知らない世代なので、「面クリア型アクションパズル」というジャンルに耐性が出来ていなくて遊ぶ前はちょっと不安でした………が、遊んでみて、そんな不安は一瞬で吹き飛びました。



 「これ、俺の大好きな『ゼルダ』のダンジョン謎解きじゃないか」

 もちろん順番的には逆なんでしょうけどね(笑)。
 80年代中盤当時に人気だった「アクションパズル」の要素をRPGの世界に落とし込んで大人気シリーズになったのが『ゼルダの伝説』で、この『ラビ×ラビ』は「アクションパズル」の系譜を継ぐものなので直接的な繋がりはないと思うんですけど。


 遊ぶ側からすれば、「『ゼルダ』のダンジョン解きが好きな人は楽しいと思うよ!」と薦めやすいということなんです。
 『ゼルダ』と違って横視点のゲームで、『マリオ』的なジャンプアクション操作も要求されるのでアクションゲームが苦手という人には厳しいところがあるんですが……ものすごくキャッチーな表現をすれば「マリオのアクション要素」+「ゼルダの謎解き要素」が融合したゲームとも言えて。

 「アクション要素」も「パズル要素」も好きだって人には物凄い傑作なんで、是非オススメですよ!



↓ 以下、感想はクリックで。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム紹介 | 16:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |