FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

“初心者向け”とは言えず。『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』紹介

『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』
 ニンテンドーDS用/ペンアクションアドベンチャー
 任天堂
 2007.6.23発売
 4800円
 セーブデータ数:2
 公式サイト

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

任天堂 2007-06-23
売り上げランキング : 1062

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『ゼルダの伝説』シリーズは、元来「たくさんのボタンを駆使するゲーム」でした。
 ファミコン時代の初代は、十字ボタンとABボタンにスタートボタンでアイテムを切替え、たまに2コンのマイクを使って(笑)。スーファミ時代の『神々のトライフォース』は十字ボタンとABYXボタン・スタート・セレクトにごく稀にLRボタンも使って多彩なアクションをするゲームでした。

 コントローラのほぼ全てのボタンを駆使して、多彩なアクションを実現するのが『ゼルダ』だったんですよね。少ないボタン数に限定している『マリオ』とは対照的に。

 Wiiの発売前にWiiリモコンについて訊かれた宮本さんが、「ぼくも、なんの相談もされずにいきなりこれを見せられたら、「『ゼルダ』をどうしてくれるんだ!」って思ったと思うし。」と話していたりなんかして。これはWiiリモコンを作った宮本さんが「ボタンを増やしていく進化はもうやめようよ」と提案したという文脈の話なんですけど、「それまでの『ゼルダ』はたくさんのボタンを駆使するゲームだったんだ」と宮本さんでも思っていたということで。


 この『夢幻の砂時計』は、そうした呪縛から解放されるべく作られた「ボタンを全く使わないゼルダ」です。
 操作は全てタッチペンです。ボタンは基本的に使えません。一部ショートカット機能に対応していますが、私はそれをすっかり忘れたままクリアしたくらいなので、ボタンを使わなくても問題なくクリア出来ます。

 移動もタッチペンで進みたい場所をタッチするだけ、攻撃もタッチペンで攻撃したい敵をタッチするだけ。こう書くとすごく単調なゲームに思えるかも知れませんし、正直最初は「単調だなぁ……」と思いながらプレイしていました。十字ボタンで出来た操作をタッチペンにムリヤリ置き換えただけだと。

 ですが、ゲームを進めてアイテムをどんどん入手していくと印象が変わります。
 そうか。このゲームは「DSとタッチペンでしか表現できなかった新しいゼルダ」なんだと。


↓ 以下、感想はクリックで。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム紹介 | 18:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |