やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2016年3月の活動報告

 「記録をつける」ことは続けてこそ意味があるんだと実感する月でした。

<2016年3月の購入金額>
mediamarker2016-3-1.jpg

 今月は中盤(20日頃)まであまりお金を使っていなかったため、先月のこの欄に書いた通りに終盤に先月との差額分だけ「Amazonのほしいものリスト」に入れたまま買っていなかった本を一気に購入しようとしたら……このタイミングでキンドルの20%~50%ポイント還元キャンペーンが行われて、むしろお金が足りなくなっちゃう状況でした。

 ポイント還元は、購入金額からポイント分を差し引いた額を記録しています。Amazonのポイントなんてすぐに使っちゃいますしね。



<2016年3月の購入本数>
◇ 本・雑誌(電子書籍も含む):66冊
 紙の本:7冊
 電子書籍:43冊
 電子書籍(無料の本):16冊

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):2本
 ダウンロード専売のゲーム:2本

 ( ゚д゚)

 先月の「本・雑誌」が17冊だったのに対して、今月は66冊。
 また、今月は「キンドルアーカイブ」という国立国会図書館が所蔵し公開している画像データのキンドル本の無料配布が行われていたので(現在は有料に戻っている模様)、とりあえず『資本論』とか無料ダウンロードしておいたのですが、いつ読むんですか私!こうやって「積み本」は増えていくのですよ!



<2016年3月の読了数>
mediamarker2016-3-2-2.jpg

◇ 本・漫画・雑誌(電子書籍も含む):30冊(再読11冊)
 紙の本:0冊(再読0冊)
 自炊した本:10冊(再読10冊)
 電子書籍:20冊(再読1冊)

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):1本
 ダウンロード専売のゲーム:1本

 ということで、月の後半はとにかく「積み本」を減らそうと読了数を増やしていったのですが……66冊購入で30冊読了では「積み本」が36冊増えている計算なんですよね。その内再読が11冊だということを考えると、47冊増えているのか……そりゃ永久に「積み本」がなくならないワケですわ。

 あと、地味に「積みゲー」も増えているのですが、2本購入で1本プレイ完了ならば「積みゲー」は1本しか増えていない!と考えるから「積みゲー」もなくならないワケですわ。


【今月のピックアップ】
あなたへ Blu-ray(2枚組)
あなたへ Blu-ray(2枚組)

 毎月、私が読了した「本」「電子書籍」「ゲーム」「映画」「音楽」の中からジャンル問わずオススメしたい作品を1つだけピックアップするコーナーです。

 今月は2012年の映画『あなたへ』です。
 高倉健さんの遺作となった映画で、高倉健さんが亡くなった直後の2014年11月23日にテレビ放送されたものを録画しておいたのをようやく今月に観ました。「積み本」や「積みゲー」だけでなく、私のテレビに繋いであるハードディスクにはこんな風に「積み映画」がたくさん録画されているので、それらをガンガン観て感想をメモっておこうというのがメディアマーカーを始めた理由の一つだったりします。

 さて、この『あなたへ』という映画……同じように高倉健さん主演の名作『幸福の黄色いハンカチ』(1977年)の合わせ鏡のような作品になっていて。
 『幸福の黄色いハンカチ』は刑務所から出所した高倉健さんが、若者二人とともに、待っているかも分からない妻の元へと向かう北海道を舞台にしたロードムービーだったのに対して。
 『あなたへ』は刑務所で指導教官を務めていた高倉健さんが、一人で、亡くなった妻の遺言に従って富山から長崎へと向かう西日本を舞台にしたロードムービーになっていました。

 描かれているテーマも、『幸福の黄色いハンカチ』よりももっと先の人生で直面する「大切な人を亡くした後も人生は続く」というもので、高倉健さんが富山から長崎までの旅の中で様々な人に出会い、それぞれのキャラクターがその「大切な人を亡くした後」を生きていて……何より、高倉健さんが亡くなった後にこれを観ているというのが深く心が締め付けられる作品となっていました。
 私は特にラストシーンが好きです。「語りたいこと」がしっかりしつつ、それでいて「説明的すぎる」こともなく、観終わった後にすんと心に残るものがあるラストでした。



<2016年3月のゲームプレイ時間>
WiiU_screenshot_GamePad_004C0_20160330222442ab5.jpg
mediamarker2016-3-3.jpg
mediamarker2016-3-4.jpg

 今月はWii Uのゲーム実況を始めたということもあって、実況に使った『ゼルダ』や『脳トレ』がランクインしました。ニコニコ生放送は1枠30分なのですが、事前にWii Uを起動して、始められる画面にして、それをパソコンに出力して、キャプチャーソフトを起動して―――とするのでプレイ時間は実際に配信した時間よりも長めになります。

 その一方、『Wii Fit』をする時間が削られて、今月はなかなかに不健康な日々を過ごしておりました。テスト配信も一段落して『ゼルダ』に集中できる環境になったので、4月はまた『Wii Fit』で健康にならねば……



<2016年3月のブログ>
俺より強い奴…に会いに行くと勝てそうにないし、弱い奴に会いに行っても盛り上がらないので、適当に俺と同じくらいの実力の奴に会いに行く
mediamarker2016-3-5.jpg

 今月はなかなかブログの記事が公開できなくて申し訳ありませんでした。
 忙しかったとか、やる気がなくなったとかではなくて、実際にパソコンに向かって記事も書いていたのですが「これはダメだな……」と没にした記事が多かっただけです。「もう何を書けばいいのか分からない」のだから、より問題は深刻とも言えるのですが。

 そんな中、今月書いた記事のアクセス数トップはこちらでした。
 アクセス数のリンク元は、ほぼ「はてなブックマーク」です。Twitterでは話題にならず、ニュースサイトさんにも捕捉されなかったので、「はてなブックマーク」がアクセス数の生命線になっているところがあります。

 この記事に関してはみんなも語りたいことが多かったらしく、「はてなブックマーク」のコメント欄も面白い意見が集まっていますね。
 『QMA』は私はDS版しかやったことがありませんが、『Splatoon』同様にランクを行ったり来たりしているところで飽きて辞めてしまいました。でも、あれは「対戦」とは違う挫折感だったような気もします……他の方が仰っている「高校に入ったら途端に授業についていけなくなった」感覚というか。問題の難易度が上がって対戦相手どころの話じゃなくなったというか。



Wii UのバーチャルコンソールはWiiよりもこんなに進化している!
mediamarker2016-3-6.jpg

 過去に書いた記事の中でのアクセス数トップは先月に引き続きこちら!V2!
 こちらはほぼ「検索エンジン」からのアクセスとなっています。こう見ると週末のアクセス数が若干多くて、「このゲームはWii Uで遊べるのだろうか」と検索してこの記事にたどり着く人もいるみたいですね。「Wii Uをこれから買うか悩んでいる人」だけじゃなくて、「週末にWii Uで遊べるゲームを探している人」もいるのかなと思います。



「きちんと終わるアニメ」を観たいのならオリジナルアニメを観よう!
mediamarker2016-3-7.jpg

 今月の「アクセス数はイマイチだったけど、自分としてはとても愛着のある記事なのでここで紹介して読んでいない人にも読んでもらいたい記事」はこちら。

 正直なところ、今月の記事はどれもアクセス数が低調だったのでこの記事はかなりマシな方なんですけどね。この記事をここに選んだのは、「アニメに詳しくない人でもアニメを観て楽しもう!」という記事を2012年から書き続けてきた自分にとって今まで書いてこなかった話だったので一人でも多くの人に読んで欲しいと思ったからです。
 アニメを毎週数本観ている人でさえも「好きな原作のアニメ化しか観ません」とか「オリジナルアニメは面白いかどうかが事前に分からないので観ません」といったカンジに、オリジナルアニメを軽視する傾向もあって……『まどか☆マギカ』のような例外もありますが、基本的にはDVD&ブルーレイの売上もオリジナルアニメは苦戦しがちなのですが。

 あの記事に書いた通り、オリジナルアニメは「アニメだけで話が完結する」という魅力があるのでもっともっと注目してもらいたいなぁと思っています。




<2016年3月の創作活動報告>
・電子書籍用の漫画第3話、下描き26ページ目まで終了(8ページ進みました)
・電子書籍用の漫画第3話、ペン入れ26ページ目まで終了(10ページ進みました)
・電子書籍用の漫画第3話、仕上げ作業10ページ目まで終了
・小説、1行も進んでいません

 漫画は、今月中に仕上げ作業まで全部終わらせたかったのですが間に合いませんでした。ちょっと疲れが溜まっていてペースが保てないのと、話の後半になるほど線数を増やそうとする自分のクセが出て、希望スケジュール通りには行きませんでした。まぁ、でも妥協するよりは良かったのだと思うことにします。

 小説は、実は「最初に思いついた話」よりも「書きやすそう」で「キャッチー」で「話題になりそう」なネタを1本思いついたのでこれをササッと書いてしまおうかと考えたのですが……書き始める直前に検索してみたら、既に「同じタイトルの小説」があったので没にしました。
 私はその小説を読んでいませんし、何巻も出ているので読む時間もないのですが、絶対パクリだって言われるし、タイトルだけ変えたところでネタが一緒だったらパクリだって言われるでしょうし。

 創作するのって大変なんだなーと今更ながらに考えてしまいました。

| ひび雑記 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年4月~2016年3月に観たアニメの中でお気に入りTOP5

 またこの季節になりましたね。
 昨年までは「○月のまとめ」のついでに書いていたのですが、そちらを「○月の活動報告」とリニューアルしたので、今年からは独立した記事に書くことにします。

 毎年の年度末に書いている「今年度観たアニメの中でお気に入りTOP5」を、今年も書きます。「面白かった」順でも「素晴らしかった」順でもなく、「好きな作品」順だということと。あくまで“この1年間で自分が「最終回まで観たアニメ」”が対象なので、アニメ業界全般を総括するつもりだとかそういうことではありません。

(関連記事:「好きな作品」と「面白い作品」と「素晴らしい作品」は別


 過去6年間のTOP5はこんなカンジ。ということは今年で7年目なんですね……

【2009年度】
1位:『とある科学の超電磁砲<レールガン>』 175点(ジェネオン/J.C.STAFF)
2位:『けいおん!』 160点(ポニーキャニオン/京都アニメーション)
3位:『かなめも』 75点(スターチャイルド/feel.)
4位:『青い花』 65点(メディアファクトリー/J.C.STAFF)
5位:『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』 60点(アニプレックス/A-1 Pictures)


【2010年度】
1位:『魔法少女まどか☆マギカ』 145点(アニプレックス/シャフト)
2位:『けいおん!!』 90点(ポニーキャニオン/京都アニメーション)
3位:『四畳半神話大系』 85点(東宝/マッドハウス)
4位:『放浪息子』 70点(アニプレックス/AIC Classic)
5位:『屍鬼』 55点(アニプレックス/童夢)


【2011年度】
1位:『ちはやふる』 150点(バップ/マッドハウス)
2位:『花咲くいろは』 75点(ポニーキャニオン/P.A.WORKS)
3位:『あの夏で待ってる』 70点(ジェネオン/J.C.STAFF)
4位:『シュタインズ・ゲート』 60点(メディアファクトリー/WHITE FOX)
5位:『テルマエ・ロマエ』 55点(東宝/DLE)


【2012年度】
1位:『TARI TARI』 95点(ポニーキャニオン/P.A.WORKS)
2位:『たまこまーけっと』 92点(ポニーキャニオン/京都アニメーション)
3位:『琴浦さん』 80点(フライングドッグ/AIC Classic)
4位:『氷菓』 75点(角川書店/京都アニメーション)
5位:『まおゆう魔王勇者』 50点(ポニーキャニオン/アームス)


【2013年度】
1位:『銀の匙 Silver Spoon』155点(アニプレックス/A-1 Pictures)
2位:『境界の彼方』120点(ポニーキャニオン/京都アニメーション)
3位:『ガンダムビルドファイターズ』85点(バンダイビジュアル/サンライズ)
4位:『未確認で進行形』80点(東宝/動画工房)
5位:『進撃の巨人』65点(ポニーキャニオン/WIT STUDIO)


【2014年度】
1位:『SHIROBAKO』195点(ワーナー・ブラザース/P.A.WORKS)
2位:『結城友奈は勇者である』130点(ポニーキャニオン/Studio 五組)
3位:『四月は君の嘘』125点(アニプレックス/A-1 Pictures)
4位:『アルドノア・ゼロ』91点(アニプレックス/A-1 Pictures + TROYCA)
5位:『ハナヤマタ』73点(エイベックス・ピクチャーズ/マッドハウス)

 自分でも「どうしてこの作品がこの点数なんですかね……」と思うところもあるのだけど、それも含めて「当時の自分のテンション」なのだと今は思っています。



 さて、今年。
 今年“最終話まで観た作品”を数えてみたところ、16作品となりました。この16作品の中からTOP5を決める―――という限定したランキングなのですね。ちなみに昨年の“最終話まで観た作品”は12作品だったので、随分と増えました。
 「分割2クールなどでまだ完結していない作品」はカウントしていません。具体名を挙げると『うしおととら』『コンクリート・レボルティオ』『鉄血のオルフェンズ』の3作品です。これらの作品は「まだ話の途中までしか観ていない」ということでランキングには入れませんでした。


 なお、各作品評には多少のネタバレが含まれることを御了承下さい。




 5位『のんのんびより りぴーと』。74点。
 まさかの。
 私はあまり「2期モノ」「3期モノ」が好きではないんですが、今年はそういうめぐり合わせなのか「2期モノ」「3期モノ」を結構観ていました。“最終話まで観た”16作品の内の5作品が「2期モノ」「3期モノ」でしたからね。

 んで、その中でもこの『のんのんびより りぴーと』は私にとってとても革命的で。私が今まであまり「2期モノ」「3期モノ」を好きでなかった「1期を成長物語として描いてしまうと、どうしても2期・3期は成長要素がなくなってつまらなくなってしまう」問題を上手く解決した作品となっていました。
 「2期」を1期よりも前から始まる「1期では描かなかったスキマの話」と構成することで、各キャラクターをまた成長前から描き始めることが出来たし、成長していくカタルシスが生まれたし、1期以上にのんびりとした日々を描くことが出来たし……私は1期以上に2期が大好きでした。

 原作はこんな風にはなっていないんですね。
 原作はサザエさん時空というか、季節が何巡してもキャラクターは年齢を取らないし、成長の描写もそんなにありません。それを2期として構成する際に大胆にアレンジして、原作とは違う季節に起こった出来事にしたり、エピソードの順番を変えたりといった工夫で、また新たな一年間に組み立てられていたのが良かったです。

(関連記事:アニメ『のんのんびより りぴーと』各話感想メモまとめ(1話~最終話)


 
 4位『灰と幻想のグリムガル』。83点。
 アニメが終わったばかりなのでまだ原作は読んでいないんですけど、原作は結構な巻数が出ているのにアニメで描いたのは2巻までみたいなんですね。“原作のエピソードをなるべく詰め込んで1巻でも多く消化しよう”なんてしていたら、恐らく私はこんなに好きにはなっていなかったと思います。

 「ゴブリン1匹倒すのに2週かかった」というのも良かったですが、それ以上に私が好きだったのは「初めてゴブリンを倒した後」の彼らの日常を描くのにBパートまるまる使っていたことです。尺の決まっている漫画とかアニメとかではすっとばされがちな部分ですけど、でも間違いなく「彼らが変わった瞬間」でしたし、それを丁寧に描いているのがとても好きでした。
 その後もストーリーには何度も山場がありましたが、「山場」以上に「山場の後の彼らがどんな日常を送っているのか」を描いているのがとても良かったです。日常が描かれていたからこそバトルの緊張感にもなっていましたしね。ちなみに私はユメ派です。



 3位『アイドルマスター シンデレラガールズ』。91点。
 点数は刻む刻む。
 『シンデレラガールズ』は「大好きな回」と「そうでもない回」の落差が自分の中では結構大きくて、果たして自分はこのアニメを好きだったのだろうかと自分自身ですらよく分からないのですが……やっぱり「大好きな回」でもらった感動は全てを凌駕するよなぁと上位に選びました。

 私は2クール目の方が好きです。
 1クール目で確固たるアイドルとしての彼女らを見せた分だけ、それが揺るがされた2クール目で彼女らのアイデンティティが見せられたと思っています。卯月の話ももちろん良かったけど、自分はみりあちゃんと城ヶ崎姉妹の17話がとても好きでした。今思い出しても震えが来るくらい、あの回は感動しまくりました。

(関連記事:『アイドルマスターシンデレラガールズ』各話感想メモまとめ(14話~最終話)



 2位『がっこうぐらし!』92点。
 ネタバレなしで感想書くにはどうしたらイイのでしょう!(笑)

 いや、でも「楽しませてもらった」という意味では一年間で一番のアニメでした。何度も何度もブログの記事にしましたし、その度に「みんなどう思った?」「どうだった?」と感想を言い合っていましたし、ネタバレ喰らうのに脅えながらネタバレしないように脅えながら……『魔法少女まどか☆マギカ』以来の「みんなで一斉に観て意見を言い合うのが楽しいソーシャルアニメ」というお祭り的な楽しみ方を私はしていました。

 それでいて、そういうソーシャル要素が薄れた終盤はまっすぐに感動させられました。私はやっぱり最終話のあの一連の台詞が大好きでね……それまでの全ての描写があの台詞に繋がっているのがグッときました。
 原作は(恐らくアニメでやったところまで)買っているのですが、なかなか読むのが怖くて読めずに半年経ってしまったので……そろそろ読み始めるかなぁと、この文を書きながら思いました。

(関連記事:アニメ『がっこうぐらし!』各話感想メモまとめ(1話~最終話)




 1位『響け!ユーフォニアム』。153点。
 えーっと……恐らくみなさんにとっては「どうでもいいわ!」ということを今から書くんですけど、この「アニメのTOP5」を書き始めたのは2009年度からでした。2007年~2008年くらいの私はアニメを観てもあまり楽しめなくて、心が病み気味で、「もうアニメを観るのを辞めようかな」と思っていました。
 そういう状況だった2009年4月に『けいおん!』が始まって、「そうだ。アニメの楽しみ方ってこれでイイんだ」と救われて、そこから再びアニメを観るのが楽しくなって「アニメのTOP5」なんてものも書くようになったのですが……

 実は京都アニメーションの作品を1位にしたことは一度もなかったんですね。
 京アニの『けいおん!』によってアニメ好きに戻ってきたのに、その『けいおん!』も『たまこ』も『境界の彼方』も2位でした。

 「そんなのオマエの匙加減じゃねえか」と言われればそれまでなんですけど……自分が年間1位に選んだ歴代作品を並べて見ると「どれくらいクオリティが高いか」とか「どれくらいキャラが好きか」ではなくて「どれくらい自分の魂が揺さぶられたのか」で1位の作品は選ばれているように思えます。
 んで、じゃあ私の魂はどういう時に揺さぶられるのかと言えば……泥だらけになっても、這いつくばっても、それでもめげずに立ち上がって前に進もうとする作品を年間1位に選んでいるように思えるので、それが私の好みだし私の魂の好みなんだと思うのです。

 京アニ作品はムチャクチャクオリティ高いし、キャラも可愛いし、減点法で考えたら悪いところなんて何もないのだけど、そういう泥臭さを感じることがなかったので、これまでの自分は1位に選んでこなかったのかなーと思うのです。


 ということで、初めて私が年間1位に選んだ京アニ作品が『響け!ユーフォニアム』でした。クオリティはムチャクチャ高いし、キャラも可愛い、シナリオも練りこまれていて、演出も抜群―――でも、自分がこの作品を好きなのは「何事にも冷めていた久美子」が「上手くなりたい」と涙を流せるくらいに、泥にまみれて這いつくばってでも一生懸命になれるようになった姿を描いたからです。
 それは原作を容赦なく改編した結果とも言えるし、原作は原作で味わい深いのだけど、私が魂を揺さぶられるくらいに好きなのは「王道の熱血青春モノ」として作られていたアニメ版でした。様々なキャラの生き様が、しっかりとちゃんとその物語に活きていたのも良かったです。“新たな京アニ作品の境地”になったと私は思っています。


(関連記事:アニメ『響け!ユーフォニアム』各話感想メモまとめ(1話~最終話)
(関連記事:『響け!ユーフォニアム』アニメが描いていたものを原作小説から読み解く





1位:『響け!ユーフォニアム』153点(ポニーキャニオン/京都アニメーション)
2位:『がっこうぐらし!』92点(NBCユニバーサル/Lerche)
3位:『アイドルマスター シンデレラガールズ』91点(アニプレックス/A-1 Pictures)
4位:『灰と幻想のグリムガル』83点(東宝/A-1 Pictures)
5位:『のんのんびより りぴーと』74点(メディアファクトリー/SILVER LINK.)

 以上、「今年度観たアニメの中でお気に入りTOP5」でしたー。


響け!ユーフォニアム 1 [Blu-ray]響け!ユーフォニアム 1 [Blu-ray]

ポニーキャニオン 2015-06-17
売り上げランキング : 4558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-09-26
売り上げランキング : 28455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アイドルマスター シンデレラガールズ 1【完全生産限定版】(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [Blu-ray]アイドルマスター シンデレラガールズ 1【完全生産限定版】(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [Blu-ray]

アニプレックス 2015
売り上げランキング : 1754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

灰と幻想のグリムガル Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]灰と幻想のグリムガル Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]

東宝 2016-03-16
売り上げランキング : 114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

のんのんびより りぴーと 第1巻 [Blu-ray]のんのんびより りぴーと 第1巻 [Blu-ray]

KADOKAWA メディアファクトリー 2015-09-18
売り上げランキング : 19062

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 18:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

俺より強い奴…に会いに行くと勝てそうにないし、弱い奴に会いに行っても盛り上がらないので、適当に俺と同じくらいの実力の奴に会いに行く

 Twitterで話題になっていて、とても考えさせられた話でした。








 自分は『スト5(ストリートファイターV)』はプレイしていませんけど、過去にプレイしていたオンライン対戦のゲームを思い出すに
・「最初は自分の実力に合ったマッチングがされないので連勝か連敗が続く」
→「自分の実力に合ったマッチングになると勝率が5割近辺で収まる」
=「連勝すると明らかに自分より格上の相手と対戦させられてボコボコにされるし、連敗すると明らかに自分より格下の相手と対戦させられて勝ち負けがとんとんくらいになる」
→「飽きる」

という経緯をどれも辿っているので、私もその“友人”さんに似ているように思いました。


 例えば『Splatoon』のガチマッチも、「C-」→「C」→「C+」あたりの“ウデマエ”の時はガンガン上のランクに上がれて楽しかったのだけど、「B」くらいになると自分と同じくらいの実力の人との対戦になったので勝率5割くらいの戦いになって、それでも頑張って上手くなろうとした結果「B+」になんとか上がれたのだけどここでは勝率2~3割くらいで再び「B」に落ちて、「B」と「B+」を行ったり来たりしている間にやる気がなくなってしまいました。



 ゲームに限らず“競技”というものは「勝者」と「敗者」に分かれるのだから、全ユーザーの勝ち負けを合わせて計算したら勝率は5割になります。
 しかし、狭いコミュニティの中では「強い人vs.弱い人」の対戦も起こるので、「勝率9割」の人もいれば「勝率1割」の人もいました。かくいう私だって、今でこそ「ゲームが下手な人」を自称していますが、友達コミュニティの中では「ゲームが上手い方」だったので、どんなゲームも友達相手には「勝率7~8割」でした(なのでハンデを付ける)。

 しかし、オンライン対戦で「自分と同じくらいの実力の人との対戦」が組まれるようにマッチングされると、狭いコミュニティの中では「勝率9割」だった人も「勝率5割」くらいになりますし、「勝率1割」だった人も「勝率5割」くらいになるのです。
 そして、また厄介なことに……「じゃあ上手くなるぞ!」と猛特訓して上手くなっても、今度はまた「上手くなった自分と同じくらいの実力の人との対戦」がマッチングされるので、結局「勝率5割」くらいになるのです。どんなに足掻いても私達は「勝率5割」の渦の中から抜け出せないのです。



 これは、「そんなゲームはけしからん」ということではなくて。
 「勝率5割」に納得できない人はオンライン対戦に向いていないってことなんだろうなと思うのです。なので、その“友人”さんがゲームのせいにするのではなく「自分に適性がない」と表現したのは、人間が出来ていると思いますし頭が良いと思います。

 そういう時に「なんだこのゲーム!ふざけんな!」とゲームの方に責任転嫁して文句言っている人がいますもんね。私のことですけどね。



 例えば「自分と同じくらいの実力の人との対戦」にはならない、本当にランダムのオンライン対戦ゲームならば楽しいのかというと―――それはそれで大味になっちゃって楽しくないというのは、『Splatoon』のフェスで痛いほど身に染みました。「自分と同じくらいの実力の人との対戦」でないと、圧勝か完敗になってしまってそれはそれでつまらないのです。
 そういうこともあってか、現在の『Splatoon』のフェスは3月9日の更新によって「自分と同じくらいの実力の人との対戦」になるように変わったそうです。その結果「今までのフェスで一番楽しかった!」という声が自分のタイムラインでは多かったのですが、中には「今までみたいに何十連勝とか出来なくなったからつまらない」と言っている人もいて―――みんなが納得するシステムにはなかなかならないもんだなぁと思いました。


Splatoon (スプラトゥーン)Splatoon (スプラトゥーン)

任天堂 2015-05-28
売り上げランキング : 21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「何十連勝したい!」という意見は置いておいて……
 「勝率5割に納得できない人」でも「自分と同じくらいの実力の人との対戦」になるマッチングシステムを楽しめる方法はないかと考えてみたところ、「勝率5割」をキープするだけでも自分は上手くなっているんだと思わせてくれる要素があるとまた違うのかなぁと思いました。
 それこそ『Splatoon』の例で言うと、「ガチマッチ」は勝率5割だと現状の“ウデマエ”を維持することしか出来なくて「上手くなっている」とは思えないのですが、「ナワバリバトル(レギュラーバトル)」は勝率5割でもランクがどんどん上がっていくので、(ゲームを始めたばかりの頃は)勝率5割でもどんどん新しいブキが買えるようになっていって「強くなっている」ように思えましたからね。どっちも勝率5割なのに(笑)。


 コップの水が「まだ半分ある」と思えるか「もう半分しかない」と思ってしまうかの違いみたいな話で、「勝率5割」をネガティブではなくポジティブに受け止められる仕様だったらまた違うかも知れないですね。


【飲料】災害・非常用・長期保存用 天然水 ナチュラルミネラルウオーター 超軟水10mg/L 備蓄水 5年保存水 500ml×24本(1ケース) 超軟水10mg/L【飲料】災害・非常用・長期保存用 天然水 ナチュラルミネラルウオーター 超軟水10mg/L 備蓄水 5年保存水 500ml×24本(1ケース) 超軟水10mg/L

ソーケンビバレッジ
売り上げランキング : 149950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ大きな画面のタブレット端末を買おうかと悩んでいます

 私は2013年から7インチのタブレット端末:キンドルファイアHDを使ってきたのですが、そろそろ一回り大きいサイズのタブレット端末を買おうかなと考えています。


 丸3年使い続けたこともあってか私のキンドルファイアHDは動作が不安定になってしまって、一度初期化するハメになって初期化した後は快適に動くようになったのですが、そこから2ヶ月経ったらまた不安定になってしまって、現在は1日に2度は再起動している状況です。

 そのキンドルファイアHDは最小限のものしか入れない「外に持ち歩く用」にして、もう一つ「家でのみ使う大画面のタブレット端末」が欲しいなぁと……キンドル本や自炊した本を大量に読んでいる自分としては思っているのと。

 キンドルファイアHDはAndroidOSをベースにしているので、次買うのはiOSのiPadがイイかなぁなんてキンドルファイアHDを買う時から考えていたのと。

 キンドルファイアHDはAmazonから発売されているタブレット端末なため、AndroidOSでありながらGoogle Playでのアプリ購入ができなくて、任天堂が出したアプリ『Miitomo』も現在のところダウンロード出来ません。App StoreかGoogle Playが使えるタブレット端末が欲しいのです!



 パソコンなんかでもよくあることですが、こういうデジタル機器は「今使っているものでも不便がないと新しいものに買い換えるタイミングが分からない」ものです。ですが、割と今の自分は「買い換えるべきタイミング」が重なっているように思えますし、たまたまこのタイミングで自分の欲しいサイズのiPadの新型が発表されたのです。


 Apple Pencilに対応:9.7型iPad Pro登場、6万6800円から
 iPad Air 2が約1万円の値下げ。iPhone SE / 9.7型iPad Pro発表の裏で
 iPad Pro 9.7インチと12インチ、iPad Air 2 詳細比較。どう変わった?

 ざっくり言うと、9.7インチの新型iPad(iPad 9.7インチ)が3月31日に発売され、それまで9.7インチのiPadだったiPad Air 2が値下げになるということです。自分がiPadですることと言えば「大きな画面で漫画を読みたい」「大きな画面でエロ動画を観たい」「Miitomoをしたい」の3つなので、一世代前の型落ちしたiPad Air 2でも良さそうなのだけど……

 値下げしても高い!
 iPad Air 2の最も安い16GBのWi-Fiモデルで4万4800円ですよ。XboxOneと同じくらいの価格帯ですよ。ちくしょー、XboxOneで『Miitomo』が遊べたらいいのに!(もはや何がなんやら)


 ということで……安くない買い物ですからじっくり考えようと、各社から発売されている「7インチより大きなサイズのタブレット端末」を調べて自分の用途に必要なものは何かを見つめ直そうかなと思います。私よりもこういうデジタル機器に詳しい人はたくさんいらっしゃるでしょうから何かアドバイスがありましたら教えてもらいたいのと、私よりも詳しくない人がいたら何かの参考になればイイかなと思います。

 価格等のデータは2016年3月22日現在のものです。恐らく全て税別価格。
 この記事に書いたデータを更新していくつもりはないのでご容赦ください。


iPad Pro 12.9インチ
 12.9インチ Retina
Wi-Fiモデル
 32GB:94800円
 128GB:112800円
 256GB:130800円
Wi-Fi + Cellularモデル
 128GB:128800円
 256GB:146800円


 現行では最も大きいiPad。
 大きいということは携帯には不向きとも言えるのだけど、自分の場合は自宅でしか使わない予定(10万円もする板を持ち運びするのは引ったくりや置き忘れが超怖い)なので32GBのWi-Fiモデルで良さそう。となると、94800円か…うーん。考えるまでもなく高い。
 私がWii Uを3年間遊んでかかった本体+ソフト+周辺機器の合計金額が89724円なので、3年間ゲーム機もゲームソフトも1本も買わなければ問題なく買える価格とも言えます!『Miitomo』のために!NX(仮)を諦める覚悟が私にあるのか!

 あと、12.9インチは昨年11月に発売されたものなので、画面の大きさを除けば新型のiPad Pro9.1インチの方が性能が上みたいなんですね。私の使う用途にはあんまり関係なさそうな話ですけど、こんだけ高いお金を出しても性能的には一つ前というのは心理的なハードルを感じます。


iPad Pro 9.7インチ
 9.7インチ Retina
Wi-Fiモデル
 32GB:66800円
 128GB:84800円
 256GB:102800円
Wi-Fi + Cellularモデル
 32GB:82800円
 128GB:10800円
 256GB:118800円

 今回発表された新型iPad。
 12.9インチの価格を見た後だと「とてもお求め安い価格ですね、おほほほほ」とか考えてしまいそうだけど、一番安いモデルでも66800円です。れれれれれれ冷静になりましょう。PS3が最初の価格発表の際に「安くしすぎたかも」と言った価格が20GBで62790円ですよ。それよりも高いのか。ちなみに実際に発売されたPS3の20GBは49980円でした。

 しかしまぁ、「小型のパソコン」と考えるのなら妥当な値段ではあるのか。私がそれに見合った使い方をしそうにもないというのが問題なだけで。66800円に見合ったiPadの使い方って何?何をすれば「おー、66800円も出した甲斐があったなぁ」と思えるものなの?



iPad Air 2
 9.7インチ Retina
Wi‑Fi
 16GB:44800円
 64GB:55800円
Wi-Fi + Cellular
 16GB:58800円
 64GB:69800円

 iPad Pro 9.7インチの登場によって、押し出されるように値下げされた旧機種。この流れだと随分安くなったような気がするけど、それでも最安のバージョンでも4万円以上のお値段じゃないか!
 あと、深刻な話として「内部容量が16GB」で「拡張できない」のは結構ギリギリなんですよね。何故なら私が3年間使っていたキンドルファイアHDがそうだったから身に染みているのです。キンドル本は今から読むものだけダウンロードして、音楽はダウンロードしないようにして、動画もストリーミングで観るようにして……と容量を節約する日々でした。iPadを買う目的が「任天堂が出すアプリを遊びたい」のならば、『Miitomo』だけでなく今後出てくるアプリを全部入れられる容量の方が良いでしょうし、16GBはかなり厳しい数字じゃないかと思うのです。

 そうすると64GBの55800円が現実的に必要な値段か?と考えると、じゃあ66800円を出して32GBのiPad Pro 9.7インチを買った方がイイんじゃないかと考え始めて、あぁ!もう面倒くさいから死のう!!となるのです。死ねばこんなことに悩む必要もなくなるのです。あぁ、あぁ。


Nexus 9
 8.9インチ IPS LCD
Wi-Fi
 16GB:39900円
 32GB:45900円
Wi-Fi+LTE
 32GB:5万9900円

 他社から出ているものも比較してみようということで、Googleから2014年11月に発売されたNexus 9を持ってきました。Nexus 10やNexus 7は今はもう新品では扱っていないんですね。Googleのサイトにも名前が載っていませんでした。タブレット端末の世界も生まれて消えてが激しいものなんですね。

 8.9インチということで、9.7インチのiPadに比べれば一回り小さいですね。価格も一回り安いのだけど値段相応というか、iPad Air 2が値下げした分だけ特に割安感はないかなぁと思ってしまいました。


Fire HD 10
 10.1インチ
 16GB:29980円
 32GB:32980円

 ついでなので、Amazonが出しているタブレット端末も比較として並べることにしました。私が買った頃は「キンドルファイア」という名前だったのですが、今は「ファイア」になっているんですね。これはその中でも画面が一番大きい型です。

 10.1インチということでiPad Air 2などよりも大きな画面でありながら価格がとても安い。iPad Air 2は値下げしてもXboxOneくらいの価格でしたが、Fire HD 10はWii Uくらいの価格です。その上microSDカードが使えるので、自炊した本などのデータは拡張が可能です(キンドル本は本体容量にしか保存できません)。

 なんだよ、安いしデカイし拡張もできるなんて最高かよ!とはいかないのが世の中の難しいところです。

 山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ Amazon「Fire HD 10」

 この機種が発売になった頃に書かれた記事なのですが、「Fire HD 10」は画面のサイズは大きいのに解像度は低い(1280×800ドット 149ppi)ため値段相応の画面になっているという話です。ゲームファンに分かりやすく例えると、恐らくDSの画面を引き伸ばした「DSiLL」みたいなカンジじゃないかなぁと思います。
 ちなみにiPad Air2は2048×1536ドットで264ppiで、縦横の比率の違いによって固定レイアウトの本は9.7インチながら10.1インチの「Fire HD 10」よりも大きく表示されるそうな。うーん。単純にインチの差で優劣は語られないんですね。


 まぁ、そもそも「Amazonのタブレットじゃ『Miitomo』できねーや」という問題があるんですけどね。



LAVIE Tab E TE510/BAL
 10.1インチ LED IPS
 16GB:33800円

 2015年夏に発売されたNECのタブレット端末。
 AndroidOSで、microSDカードスロットも付いているそうです。Amazonの「Fire HD 10」ほどではないけど安価な大型タブレット端末で、1920×1200ドットなので「Fire HD 10」よりか解像度が高いですね。
 公式サイトのアプリ欄には「電子書籍を読む:ebi Reader(イーブックジャパン)」としか書いていないんですけど、AndroidOSだからGoogle Playもキンドルアプリも普通に使えますよね…?検索しても当たり前なことだからなのか何も出てこないのですが。

 ちょっと触ってレビューを書いている人がいたので読んでみると、割と好感触みたいですね。値下げした「iPad Air 2」より更に1万円以上安いというのは魅力的なのだけど、「こんなに安いということは何か落とし穴があるんじゃないのか」と思ってしまう辺りがどうも……


Xperia Tablet
 約10.1インチ TFT LED液晶
Z2 Tablet
 16GB:オープン価格(ソニーストアで現在45380円)
 32GB:オープン価格(ソニーストアで現在46880円)
Z4 Tablet
 32GB:オープン価格(ソニーストアで現在68880円→入荷終了?)

 項目を分けると大変なのでソニーのタブレットは一まとめにしました。
 Z2は2014年5月に発売されたもので、Z4は2015年6月に発売されたものです。ということはあと数ヶ月待てば新モデルが出て今の機種が安くなるんでねーのと思いきや、Z4は販売終了になっていて、後継機種の発表もされていないとのことです。マジかよ、ついさっきこの機種のことを知って検索したら「Z4は究極のタブレットだ!」なんて絶賛レビューが出てきたばかりなのに!

 でも、Z2の方はまだソニーストアで買えるんですね。しかも、32GBモデルでもなかなか安い上にmicroSDカード対応のAndroidOSで解像度は1920×1200。薄くて軽くて防水で、ソニー製の家電と連携するし、PS4と繋げてリモートプレイもできるそうな。まぁ、私PS4持っていないんですけどね!



ASUS ZenPad 10‏(Z300CL)
 10.1インチ IPS液晶
 16GB:33800円(?)

 台湾の会社ASUSのタブレット端末。この機種はこの価格でSIMフリーなのが魅力みたいなのだけど、私は自宅以外で使う気がないのでそこはあまり関係ないかな……画面サイズや価格は「LAVIE Tab E TE510/BAL」に近いのだけど、解像度が1280×800ドットとこっちの方が低いです。

 検索したら詳細レビューが出てきましたが、「格安」「SIMフリー」なことが長所であって「解像度」が短所になってしまっているみたいですね。ふーむ。


カラフルお絵かきボードカラフルお絵かきボード

ハック
売り上げランキング : 14680

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今回10インチ付近のタブレット端末を中心に調べてみましたが、この世界も生まれて消えてのスピードがものすごく早くて、レビューを読んで「これ良さそうじゃん」と思った機種も既に市場にないなんてことがザラでした。

 プロジェクタ内蔵の大画面Androidタブレット「YOGA Tablet 2 Pro」レビュー

 13.3インチで2560×1440ドット、内部容量32GBでmicroSDカードが使えて、グリップ部分からプロジェクタを投影させられるという機能も搭載で実売6万円弱と、何このドリームが詰まった機器は―――と思ったら、もう新品は売っていないそうです。残念。



 こうして並べてみると、「iPad Air 2」を値下げ後に買うというのも悪くない選択かなぁと思えてきました。対抗としては「LAVIE Tab E」。価格差が1万1千円くらいなのだけど、価格差よりも「iPad Air 2はSDカード使えなくて16GBだと容量がキツくないか?」というのが心配です。キンドルファイアHDは3年間これで大丈夫だったと言えなくもないのですが……うーん、悩む。

 この記事を読んでいる人で「ここに挙げられている以外で○○がオススメだよ」とか、「ここに挙げられている△△を使っているのだけど、この機能が便利だよorこの機能が使えなくて不便だよ」みたいなことがあったらコメント欄にでも書きこんでくださればありがたいです。


トヨダプロダクツ ご意見箱 GB-1W ホワイトトヨダプロダクツ ご意見箱 GB-1W ホワイト

トヨダプロダクツ
売り上げランキング : 196364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:56 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「きちんと終わるアニメ」を観たいのならオリジナルアニメを観よう!

 はてな匿名ダイアリーでこんな話を読みました。

 作品をきちんと終わらせるということを放棄しているアニメ業界

 とりあえずウチの記事では「テレビアニメ」に限定して考えることにします。具体的な作品名を出してもらっていないので、リンク先の文章だけではどういう作品が嫌なのかがイマイチよく分からなくて……
 例えば『がっこうぐらし!』とか『響け!ユーフォニアム』みたいに「原作が一区切りしているところまでアニメ化して、そこを最終回として終わらせている作品」ならば良いのか、それとも「原作の最終回まできっちり責任をとってアニメ化」しないと許せないのかで話が変わってきます。前者だったら作り手の意識でどうにかなる話ですが、後者だったらもうどうしようもないので原作が連載中の作品のアニメ化には期待しない方がイイと思います。


 原作が連載中にアニメ化されて、その後に原作の最終回まできっちりアニメ化された作品―――って、恐らくアニメ全体の5%もないんじゃないですかね。
 例えば、かの名作『スラムダンク』ですら原作の最後まではアニメ化されていません。『タッチ』も「原作の方が引き伸ばされたのでアニメ版の最終回こそが原作者が描きたかったラスト」という説がありますが、とりあえず原作漫画の終盤はアニメ化されていません。


 最近の深夜アニメの例を言うと、『四月は君の嘘』とか、あとどうやら『暗殺教室』もそうなるみたいですが「まだ連載中の原作のラストを事前に打ち合わせておいて、原作の最終回に合わせたタイミングでアニメも同じラストまでをやる」作品も多くなってきたと思います。『ハチクロ』もそうだったか。

 しかし、例えば『けいおん!』なんかは原作のラストまでをアニメ化したと言っても、アニメの終盤はアニメオリジナル展開なので、原作の終盤はアニメ化されていません。私はまだ原作を読んでいないのでTwitterのタイムラインで話題になっているのを見て知ったくらいなのですが、現在テレビアニメ放送中の『僕だけがいない街』も終盤は原作と異なる展開に入ったそうですね。

 こういうのは「原作の最後までアニメ化していない」となるのか、それとも「例えオリジナル展開だったとしてもきちんと終わらせる意思を見せるドラマの方がまだ好感持てるわ」理論で許せるのか―――
 そもそも『けいおん!』はアニメがヒットして劇場版が作られた影響で原作版も「大学編」と「後輩編」という続編が作られていてアニメ化されていないけど、それは「原作の最後までアニメ化していない」とはならないのか―――匿名ダイアリーを書いた人に、どれが許せてどれが許せないのかヒアリングしたいです。



 私個人はどうなのかというと……私は「原作が一区切りしているところまでアニメ化して、そこを最終回として終わらせている作品」ならば良いと思っています。それこそ『がっこうぐらし!』とか『響け!ユーフォニアム』はアニメ(1期)で完結していても別に不満はありませんでした。『ユーフォ』はアニメ2期が決まっていますけど、どちらの作品も「原作のラストまでをアニメ化できない」としても私は別にそれでイイと思っています。アニメはアニメとしての最終回を用意してくれれば構いません。


 人気の原作は「どこがアニメ化をするのか」の奪い合いになるので「原作が完結してからアニメ化しよう」なんて悠長なことを言っていたら他に抑えられてしまいますし、「2期・3期と続けて原作のラストまでアニメ化してくれ!」と言われてもブルーレイ&DVDが売れなかったら予算なんて生まれませんし。
 なので、『ジョジョ』とか『寄生獣』とか『うしおととら』みたいな「90年代に完結した漫画」が今更アニメ化されたりするのでしょう(※ 1)。原作が完結しているから最後まできっちりアニメ化できますからね。「原作終わってから全話映像化すればいいじゃん」と言うのなら、アナタも「原作が完結してからアニメ化される作品を観ればいいじゃん」ですよ!来季は『ジョジョ第四部』も始まりますよ!

(※ 1:『ジョジョ』は「第○部が完結した」って意味ね)





 しかし、「原作が完結してからアニメ化される作品」は数が少ないのも確か。
 また、どうしても「古い作品のアニメ化」になってしまうため、若者にとっては「なんだか古臭い」と敬遠する人がいるかも知れません。『ジョジョ第四部』も「1999年が舞台ってすげー昔だな!戦前?」という子どももいるかも知れません。当時は未来だったんですけどね(第四部の連載は1992年~1995年)。





 ということで、ここからが本題です。
 「きちんと完結しているテレビアニメ」が良いけれど、「昔の作品のアニメ化」は古臭いからイヤだ!というそんなアナタには、「原作のないオリジナルアニメを観よう!」とオススメしたいです。

 もちろんオリジナルアニメの中には大人気になった結果、「2期」が作られたり、「劇場版」が作られたりする作品もありますが……あくまで最初は「1期のテレビアニメだけで完結している作品」だったものがほとんどだと思われます。
 「人気が出たら2期も作れるように設定の余地を残しておこう」としているものもなくはないですが、それくらいは許してくださいな……

【オリジナルアニメの良いところ】
・きちんと終わる(ことが多い)
・“原作を既に読んでいる人”がいないので、原作派からのネタバレを喰らう心配がない
・なので、毎週毎週みんなでストーリーの予想なんかをして盛り上がることが出来る
・監督や脚本家の“作家性”が出やすい
・ロボットものなど「漫画には向かないけどアニメには向いているジャンル」が強い
・なので「アニメならでは」の作品も多くなる


 ほら!良いところばかりですよ!
 逆に悪いところを考えるのなら、「固定ファンが付いていないので売れない時はホント売れない」とか「どれが面白い作品になるのか事前に知ることが出来ない」とかがありますが……視聴者側にはそれほど不利益になるものでもないと思います。まぁ、あまりに売れなさすぎて途中で打ち切りになっちゃうものだと困るかも知れませんが。


 「アニメはどれもきちんと終わらせようとしない」という記事を書くくらいの人だったら、ひょっとしたらオリジナルアニメを1本も観たことがなくて「オリジナルアニメなんて全部下らないんだろう」なんて思っているのかも知れませんが……
 アニメを語る際にオリジナルアニメは無視できないというくらいにたくさん作られていますし、アニメファンもオリジナルアニメに注目していますし、例えば私が注目している来季のアニメとしてリストアップした7本のアニメの内4本はオリジナルアニメでした。

 『脳とアニメーション』さんの来季始まるアニメの一覧を見てみると……3月17日夜の時点で全部で「49作品」あるみたいです(2期モノや2クールモノも含む)。

【オリジナルアニメ(非シリーズ作品)】
・『甲鉄城のカバネリ』
・『迷家‐マヨヒガ‐』
・『はいふり』 (※ アニメが原作のコミカライズ版あり)
・『キズナイーバー』
・『クロムクロ』
・『エンドライド』(※ アニメとゲームのメディアミックスプロジェクト)
・『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG』(※ 分割2クールの2クール目)
・『宇宙パトロールルル子』
・『美少女遊戯ユニット クレーンゲール』
・『カミワザ・ワンダ』(※ 小学館の各雑誌でのコミカライズ版あり)

【オリジナルアニメ(シリーズ作品)】
・『マクロスΔ(デルタ)』


 その内の11作品が「原作なしのオリジナルアニメ」と言えることが出来ます。これらを全部観るのには相当な時間が必要です。「原作付きアニメはきちんと終わらないから観る気がしない!」という人でも、原作なしのオリジナルアニメだけでも11本あるので、全然事足りてしまうのです。ジャンルもシリアスなものから日常っぽいものからショートアニメやキッズアニメなど幅広く揃っています。


 また、アニメファンの注目度からしても……
 『甲鉄城のカバネリ』は、『進撃の巨人』の荒木哲郎監督&WIT STUDIO制作作品。
 『迷家‐マヨヒガ‐』は、『ガールズ&パンツァー』『SHIROBAKO』の水島努監督作品。
 『はいふり』は、『のんのんびより』のあっと先生がキャラクター原案の作品。
 『キズナイーバー』は、『キルラキル』のTRIGGER制作作品。
 『クロムクロ』は、『SHIROBAKO』『Charlotte』のP.A.WORKS制作作品。

 ……といったカンジに既にヒット作を何本も飛ばしている「監督」や「制作会社」がオリジナルアニメに挑戦しているので、「監督」や「制作会社」で観る作品を選ぶアニメファンは「あの監督の最新作!」「あの会社の最新作!」とオリジナルアニメに注目しているのです。



 前回の記事と被っているものもありますが、幾つかPV貼っておきます。『甲鉄城のカバネリ』の新PVはすごいですね……度肝抜かれるレベルです。






















 ほらほら、幅広いラインナップが揃っているでしょう?
 「原作が読みたいワケではない」「漫画ではなくアニメというコンテンツを視聴しているんだ」と言うのならば、アニメとして生まれ、アニメとして完結するオリジナルアニメを観ない手はありませんよ!

 自分はとりあえず『コンクリート・レボルティオ』の2クール目と、『甲鉄城のカバネリ』と『迷家‐マヨヒガ‐』と『クロムクロ』と『マクロスΔ(デルタ)』はチェックする予定です。


ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2016-05-27
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分が期待している2016年の春アニメラインナップ

※ 3月26日:『甲鉄城のカバネリ』と『クロムクロ』の放送日程を修正しました
※ 3月26日:『ふらいんぐうぃっち』の紹介を追記しました
※ 4月3日:『三者三葉』の紹介を追記しました



 またこの時期が来ましたよ!
 3ヶ月に1度、来月から始まる(主に)深夜アニメの中から、自分が「とりあえず第1話だけでも観てみよう」とした作品をリストアップするだけの記事です!アニメ初心者の人は「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」と絶望してしまうかも知れないので、その参考情報の一つになれればイイかなと思います。

 春アニメ、やばいっすね!洒落にならないっすね!
 何も考えずに「これ面白そう!」と思った作品をリストアップしていったら、気付けば15本となってしまいました。2期モノとか、分割2クールの2クール目などの作品は除いて、4月に第1話から始まるアニメだけで15本ですよ。
 流石に週に15本アニメを観るのは時間的にも脳のキャパシティ的にも厳しいですし、何より「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」という人に「僕のオススメはこの15本だよ!」と提示したところで何の参考にもならないでしょうし(笑)。


 血の涙を流しながら、その中から7本を選びました!
 「アレが入っていないじゃないか!やり直せ!」とお怒りの方は、「アナタのオススメ作品」としてコメント欄にでも書きこんでくださればありがたいです。

(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの切り方”講座
(関連記事:初心者の自分が、インターネットの無料配信で深夜アニメを観てみました
(関連記事:たくさんあるアニメ作品を「食わず嫌い」すること

 来季始まるアニメを全部網羅したいという人は、『脳とアニメーション』さんの一覧記事『あにめも』さんのアニメチェックのページを見ると分かりやすいと思います。


◇ 『迷家‐マヨヒガ‐』
 <公式サイト
 <男女男女男

TVアニメ「迷家ーマヨイガー」スターターブック~納鳴村ツアーガイド~ (ぽにきゃんBOOKS)
TVアニメ「迷家ーマヨイガー」スターターブック~納鳴村ツアーガイド~ (ぽにきゃんBOOKS)

 今季の一枠目に選んだのはコレだっ!
 以前から原作付きアニメを原作ファンにも納得の形でアニメ化することに定評のあったところ、『ガールズ&パンツァー』『SHIROBAKO』とオリジナルアニメを連続でヒットさせたことで、恐らく現在最も期待されている日本のアニメ監督であろう水島努監督の最新オリジナルアニメです!

 ストーリーは「心に傷や闇を抱えた30人の若き男女が、“納鳴村(ななきむら)”という無人の集落に集められた」というもの。この出だしだと「デスゲームもの」っぽいのだけど、どうなんでしょうね。「メインキャラが30人いる」って普通だったら破綻しないワケのない設定ですが、大人数のキャラをしっかり見せた『ガールズ&パンツァー』『SHIROBAKO』の水島監督ならば大丈夫でしょう。
 この素材を水島監督がどう調理するのかが楽しみですし、シリーズ構成が「ギスギスした人間関係を描くなら任せろ!」な岡田麿里さんなのも楽しみです。この素材ならこの料理人しかいないという二人が揃いましたね。

 アニメーション制作はディオメディア。
 4月から新設されるWOWOWプライムのアニメ枠『アニメプレミア』の第1号作品で、地上波よりもWOWOWが1週間先行で放送されるそうです。ネタバレが致命傷になりそうな作品なので、これがどっちに出るか……



 放送日程は、
 WOWOWでは4月1日~(金曜日夜)
 TBSでは4月8日~(金曜日深夜)
 MBSでは4月8日~(金曜日深夜)
 CBCでは4月8日~(金曜日深夜)
 BS-TBSでは4月9日~(土曜日深夜)


◇ 『僕のヒーローアカデミア』
 <公式サイト
 <男男男女男

【キンドル本】
僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 4 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 6 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 7 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 原作は週刊少年ジャンプに大人気連載中の漫画で、MBS/TBS系列の"日曜の夕方5時"枠での放送です!現在『鉄血のオルフェンズ』が放送されている枠ですね。
 
 「世界の人口の八割が特異体質で何らかの力を持っていて、それを悪用する犯罪者も、犯罪者に立ち向かうヒーローもいる中―――主人公は残り二割の、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれだけどヒーローを目指す!」って、もうこの設定とPVだけで熱くたぎってくるストーリーじゃないですか!
 そして、監督が長崎健司さん、シリーズ構成が黒田洋介さんということで、『ガンダムビルドファイターズ』のコンビですよ!あの作品も「ガンプラは作れるけど操縦はまるで出来ない主人公」の物語でしたもんね。

 アニメーション制作はボンズ。「外れるワケがない」と期待していますよ!



 放送日程は、
 MBS/TBS系列の全国28局ネットで4月3日~(日曜日夕方)

【紙の本】
僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 2 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 3 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 4 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 6 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 7 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 8 (ジャンプコミックス)



◇ 『甲鉄城のカバネリ』
 <公式サイト
 <男女女男男

 今季の“ノイタミナ枠”です。
 『進撃の巨人』の荒木哲郎監督&WIT STUDIO制作、シリーズ構成は『プラネテス』や『コードギアス』の大河内一楼さん、キャラクターデザイン原案に『マクロス』や『ガンダム0080』の美樹本晴彦さん、音楽に『ガンダムUC』や『進撃の巨人』『アルドノア・ゼロ』などアニメに限らず幅広い活動をなさっている澤野弘之さん―――と、超豪華スタッフによるオリジナルアニメとなっています。

 スチームパンク風の世界観の日本で、「不死の怪物カバネから生き延びるために“駅”と呼ばれる要塞の中に人々は閉じこもり、装甲蒸気機関車だけが唯一“駅”を行き来できていたのだけど……」ということで、世界観を変えた『進撃の巨人』っぽい雰囲気ですね。敵は巨人ではなくゾンビみたいですけど。

 今季は設定が重めのオリジナルアニメが幾つもあるのでどれを視聴するのか悩ましいところなんですが、世界観もキャラクターデザインも魅力的だと思ったので選びました。



 放送日程は、
 フジテレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 岩手めんこいテレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 さくらんぼテレビではでは4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ愛媛では4月7日~(木曜日深夜)
 秋田テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ静岡では4月7日~(木曜日深夜)
 新潟総合テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ熊本では4月7日~(木曜日深夜)
 福島テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 関西テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ西日本では4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ新広島では4月7日~(木曜日深夜)
 鹿児島テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 仙台放送では4月7日~(木曜日深夜)
 東海テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 サガテレビでは4月8日~(金曜日深夜)
 北海道文化放送では4月10日~(日曜日深夜)
 長野放送では4月19日~(火曜日深夜)



◇ 『くまみこ』
 <公式サイト
 <女男男女

【キンドル本】
くまみこ 1<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 2<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 3<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 4<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 5<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 6<くまみこ> (コミックフラッパー)

 原作は月刊コミックフラッパーにて連載中のコメディ漫画です。
 山奥の熊を奉る神社に巫女としてつかえている中学生:まちと、クマだけど人と会話が出来るナツを中心に、田舎暮らしを描くファンタジー漫画というカンジみたい。アニメーション制作はキネマシトラスとEMTスクエアードが共同だそうで、キネマシトラスは『ばらかもん』を作っていた会社ですね。
 メインスタッフの方々はあまり名前を知らない人が多いのだけど、PVはかなり期待できそうですし、今季はいつもにも増してシリアスな作品が多いのでこういうほっと出来そうな作品を1本くらい入れておきたいと選びました。



 放送日程は、
 AT-Xでは4月3日~(日曜日夜)
 TOKYO MXでは4月3日~(日曜日深夜)
 サンテレビでは4月3日~(日曜日深夜)
 新潟放送では4月3日~(日曜日深夜)
 BS11では4月4日~(月曜日深夜)
 KBS京都では4月5日~(火曜日深夜)
 KHB東日本放送では第1話のみ4月5日~(第2話以降は月曜日深夜)

【紙の本】
くまみこ 1 (MFコミックス) くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ) くまみこ 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ) くまみこ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ) くまみこ (5) (MFコミックス フラッパーシリーズ) くまみこ (6) (MFコミックス フラッパーシリーズ)


◇ 『クロムクロ』
 <公式サイト
 <男女女女男

 悩んだけれど、やはりウチとしてはこの作品は入れねばなるまい!
 P.A.WORKS15周年記念作品で、今度はなんとロボットアニメですよ!P.A.WORKSがアクションものを手がけるのも久しぶりなのに(『Charlotte』はアクション扱いしなくてもイイですよね…?)、それがなんとロボットアニメとは。監督は『DARKER THAN BLACK』や『青の祓魔師』の岡村天斎さん、シリーズ構成は『Another』の檜垣亮さん。ということで、P.A.作品の中でもかなりシリアス目な話になりそうですね。

 P.A.作品と言えば「舞台」がどこかというのが気になるところですが……『true tears』が富山、『花咲くいろは』が石川、『グラスリップ』が福井とまわってきて、『クロムクロ』はまた富山に戻ってきました!P.A.WORKSは富山の会社なので、15周年記念作品でまた富山を舞台にするというのと、「黒部ダムを作ろうと地面掘っていたらなんだかロボが出てきた」という設定みたいなので(多分)、これは面白そうだぞと(笑)。

 それと富山出身の期待の若手女性声優:上田麗奈さんがとうとうP.A.作品に出演するというのも楽しみにしています!



 放送日程は、
 AT-Xでは4月7日~(木曜日夜)
 TOKYO MXでは4月7日~(木曜日夜)
 BS11では4月7日~(木曜日深夜)
 サンテレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 KBS京都では4月7日~(木曜日深夜)
 チューリップテレビでは第1話のみ4月7日~(第2話以降は土曜日深夜)



◇ 『あんハピ♪』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
あんハピ♪ 1巻 (まんがタイムKRコミックス) あんハピ♪ 2巻 (まんがタイムKRコミックス) あんハピ♪ 3巻 (まんがタイムKRコミックス) あんハピ♪ 4巻 (まんがタイムKRコミックス)

 今季も「登場人物が女のコばかりの日常系っぽいアニメ」がたくさんあって、もはや一番の激戦ジャンルとなっているのですが、小一時間悩んだ末にこちらを選びました!
 原作はまんがタイムきららフォワードに連載中の漫画で、きららフォワードからのアニメ化作品と言えば……昨年の『がっこうぐらし!』、一昨年の『ハナヤマタ』と、自分としては“当たり”が続いています。なので、『あんハピ♪』にも期待していますよ!

 とは言え、一癖も二癖もあった昨年・一昨年とは異なり、今回は割と真っ当に「日常系」っぽいですけどね。「不幸体質や方向音痴など、不憫な少女ばかりが集められた1年7組を舞台にした学園コメディ」だそうです。アニメーション制作はSILVER LINK.です。『のんのんびより』のところですね。



 放送日程は、
 AT-Xでは4月7日~(木曜日夜)
 TOKYO MXでは4月7日~(木曜日夜)
 KBS京都では4月7日~(木曜日深夜)(木)
 サンテレビでは4月7日~~(木曜日深夜)
 BSフジでは4月10日~(日曜日深夜)

【紙の本】
あんハピ♪ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) あんハピ♪ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) あんハピ♪ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) あんハピ♪ (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) あんハピ♪ (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)



◇ 『マクロスΔ(デルタ)』
 <公式サイト
 <男女女女女

 今季は本当にラインナップが豪華なので悩んだのですが、7枠目は毎回「自分一人だったら選ばなかったけど、世間の注目度は高いし、ブログで話題にするからには食わず嫌いをせずに幅を広げてみよう」枠としているので、そこからブレないようにこちらを選びました。

 1982年に第1作が放送開始された大人気SFアニメ「マクロス」シリーズの最新作です!
 今回の舞台は『超時空要塞マクロス』から約60年後で『マクロスF』から8年後、『マクロスF』が2008年のアニメですからちょうど同じだけ時間が経ったという設定みたいですね。

 ということで……世間での注目度は今季の中でもかなり高い作品だと思うのですが、私個人の話をすると「マクロス、あんまり観ていないんだよなぁ……」なんです。観たのは1作目の『超時空要塞マクロス』の途中までで、それ以降の作品は完全ノータッチで『マクロスF』も全く観ていません。いつかネット配信で過去作を一挙に観たいなぁと思っていたのですが、それが叶う前に新作が始まってしまいました。

 とは言え、です。
 例えば「ガンダム」シリーズの最新作が始まる時には、私は「過去作品を全く知らなくてもイイからこの作品からでも観始めて!」と言っています。「マクロス」だって過去作品を全く知らなくてもこの作品からでも楽しめるんじゃないかと期待できますし、とりあえず第1話だけでも観てみることにしました。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは4月3日~(日曜日夜)
 TVQ九州放送では4月4日~(月曜日深夜)
 BS11では4月5日~(火曜日深夜)
 毎日放送では4月5日~(火曜日深夜)
 テレビ愛知では4月6日~(水曜日深夜)
 テレビ北海道では4月6日~(水曜日深夜)
 以上、7作品をチョイスしました。
 しかし、この7作品だと関東では「日曜」と「木曜」にものすごく集まっちゃっているんですね……全作品リアルタイムで観るのは難しいので、分散させて観ることになりそうです。


 今回も他にオススメ作品があったら教えてください。
 ブログのコメント欄やTwitter等でオススメされた作品も追記で紹介していきます。ただ、数が多すぎると私の負担も大きくなっちゃうので、紹介するのはその中で「自分が観る気になったもの」に限らせていただきます。なので、気楽にオススメしてくださると助かります。

 それでは、よろしくお願いします。



--3月26日追記--
 ここからはコメント欄やTwitterなどでオススメされた作品を挙げていきます。
 私もとりあえず第1話は観てみようと思っています。


◆ 『ふらいんぐうぃっち』
 <公式サイト
 <女女女男女

【キンドル本】
ふらいんぐうぃっち(1) (週刊少年マガジンコミックス) ふらいんぐうぃっち(2) (週刊少年マガジンコミックス) ふらいんぐうぃっち(3) (週刊少年マガジンコミックス) ふらいんぐうぃっち(4) (週刊少年マガジンコミックス)

 原作は別冊少年マガジンにて連載中の漫画で、黒髪ロングストレートのヒロインが一人前の魔女になるために青森の親戚の家にやってくるというお話だそうです。PVを観る限り、美麗な風景とキレイな作画とで、激しいというよりかはゆったりと楽しめるタイプの作品かなぁと思います。

 今季はシリアスな作品が多いので、こういう作品を視聴ラインナップに一つ加えたいところではありますね。




 放送日程は、
 日本テレビでは4月9日~(土曜日深夜)
 サンテレビでは4月13日~(水曜日深夜)
 青森放送では4月15日~(金曜日深夜)
 BS日テレでは4月19日~(火曜日深夜)

【紙の本】
ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス) ふらいんぐうぃっち(2) (講談社コミックス) ふらいんぐうぃっち(3) (講談社コミックス)ふらいんぐうぃっち(4) (講談社コミックス)




--4月3日追記--
◆ 『三者三葉』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
三者三葉 1巻 三者三葉 2巻 三者三葉 3巻 三者三葉 4巻 三者三葉 5巻 三者三葉 6巻 三者三葉 7巻 三者三葉 8巻 三者三葉 9巻 三者三葉 10巻 三者三葉 11巻 三者三葉 12巻

 原作は4コマ漫画の名手・荒井チェリー先生の代表作で、動画工房のアニメーション制作でのアニメ化ということで、『未確認で進行形』と同じ組み合わせですね。
 私は実は原作を序盤だけ既に読んでいるのですが……メインは女子高生3人だけど、百合百合しているというワケでもなく、キャラを立たせてギャグを重ねていて、男キャラも一応は出てて、という作品なので、受ける層としても『未確認で進行形』に割と近いかなぁと思っています。

 監督やメインキャスト陣もキャリアの浅い人が揃っているみたいで、未知数だけど楽しみです。『未確認で進行形』もメインキャスト3人は当時全然知らなかったのだけど、今や3人とも色んなところで見かけるようになりましたもんね。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは4月10日~(日曜日深夜)より 毎週日曜日24:00~
 AT-Xでは4月10日~(日曜日深夜)より 毎週日曜日24:00~
 BS11では4月10日~(日曜日深夜)より 毎週日曜日24:30~
 サンテレビでは4月11日~(月曜日深夜)より 毎週月曜日25:00~
 KBS京都では4月11日~(月曜日深夜)より 毎週月曜日25:00~

【紙の本】
三者三葉 (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムきららコミックス) 三者三葉 (2) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (3) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (4) (まんがタイムきららコミックス) 三者三葉 (5) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (6) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (7) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムきららコミックス) 三者三葉 (8) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (9) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (10) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (11) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (12) (まんがタイムKRコミックス)

| アニメ雑記 | 17:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「読書にかかる時間」を可視化できたら面白そう

 作品名は出しませんが、キンドル(電子書籍)で「全十数巻が一冊にまとめられている合本版の小説」を読み始めました。
 紙の本だったらものすごく分厚い本になってしまって、ページをめくるのが大変だったでしょうね。ものすごいページ数の本でも発売できるというのは電子書籍ならではの利点ですが、2015年3月からキンドルでも「まとめ買い」が出来るようになったので、今となっては1冊ずつ分けられていても別に困らない気もします(笑)。


 その作品自体は「名前すら聞いたことがない」ちょっと前のライトノベルだったのですが、セールになっている時に「人生で一番好きな作品」と言っている人をタイムラインで見かけたので、じゃーちょっと読んでみるかとポチリとしたワケです。こういうことをしているから積み本が増えるのですな。

 内容に対する感想はまだ読み始めたところなので何もありませんが……
 「この本を読み終えるまで:56時間08分」という表示が出て、ひええええええええと慄いています。

 キンドルで活字の本を読むと、「全体の文字数」と「今まで読んだ文字数」と「それにかかった時間」から計算して「この章を読み終えるまでの時間」と「この本を読み終えるまでの時間」が表示される機能があります。もちろん読むスピードは場面によって前後しますから、これらの時間も前後します。本を読み始めた初日は「残り53時間20分」だったのに、今日確認してみたら「残り56時間08分」でした。増えとるやないかい!



 元々は紙の本で発売されていた小説の十数冊分ですから、最後まで読み終えるのに56時間もかかるんですね。もちろんコレは「私の読書スピード」なので、もっと読むのが速い人もいれば、もっと読むのが遅い人もいるかと思いますが。「十数冊の小説全巻を読むのに56時間」というのは、なかなか面白いサンプルの数字だとも思うのです。


 56時間もあれば、2時間の映画なら28本も観ることが出来ます。
 28本の映画がどのくらいなのかと言えば、『スター・ウォーズ』シリーズなら「エピソード1」~「エピソード7」までを4周も出来るのです。流石にそれは長い。

 テレビアニメで考えれば、1話はおよそ25分くらいですから「3360分/25分=134.4話」となるので……1クール12話のアニメなら11本も観ることが出来ます。私は同時並行で観ているアニメが毎季4~6本くらいなので、半年分ですね。半年分のアニメ視聴にかけている時間を全て費やさなければ全巻を読み終わらない、と考えると途方もないです。

 しかし、ゲームで考えると56時間なんて割とあっという間ですよね。
 私が1ヶ月かけてクリアした『幻影異聞録 #FE』のプレイ時間は71時間半でした。ゲームで考えると、56時間なんて「パッケージソフト1本分」で「1ヶ月でクリアできる」くらいの感覚なので……1ヶ月もあれば全巻読破できてしまうような気もしますし、逆にいえばゲームを買う人は「これを買うと小説数十冊分=映画28本分=テレビアニメ半年分の時間が吸い取られる」という覚悟がいるんだなぁと改めて思ったりもします。



 ちなみに私……ラジオは録音したものやインターネットラジオなども全部含めれば、週に50時間くらいは聴いているはずなので。小説も音声で読み上げてくれるのを聴くようにすれば1週間ちょっとで全巻読み終わる(聴き終わる)と理論上は言えるのかも知れません。全然頭に入らないような気もしますけど(笑)。

 電子書籍に音声が付けられれば、読書の概念が変わる

 これは電子書籍なんて触ったこともなかった頃の自分が2011年に書いた記事です。本を読む時間がない人であっても、音声で読み上げてくれるサービスがあれば読書を楽しめるかも知れないし、電子書籍ならばそれが出来る―――といった記事でした。
 実際Amazonは2008年にAudibleという会社を傘下に加えて、日本でも2015年7月から「月額1500円で全作品が聴き放題」というサービスを始めています。

 Audible

 「対応している本が少ない」のと、自分が希望していた「読む本と聴く本がリンクして読んだところの続きから聴く、みたいなことが出来る」ワケではないのと、何よりキンドルファイア端末からは利用できないそうなので、私はまだ使っていませんが……ラインナップが増えていくと面白そうですよね。

 というか、Amazonで出している端末からは利用できないって何だよそれ!(笑)
 そこはむしろ優遇するところじゃないのかよ!(笑)


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]
ジョージ・ルーカス

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015-11-13
売り上げランキング : 307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 それにしても、「読書」にかかる時間なんてこれまであまり考えてきませんでしたが、「たくさんの娯楽」で「限られた余暇時間」を奪い合う現代において“必要な時間が可視化されていない読書という行為”はかなり不利な娯楽のように思えます。


 映画だったら、何時に終わるのかが予め分かった状態で観始められます。
 テレビ番組も放送終了時間が分かった上で観始めることが多いでしょうし、毎週放送されるテレビドラマやテレビアニメなども例えば「3月に最終回が来る」ことが分かっているのでそこから逆算して必要な時間が計算できます。
 YouTubeやニコニコ動画などで動画を観る際にも、多くの人が「この動画は何分で終わるのか」を確認した上で最後まで観るかを考えるんじゃないかと思います。


 ゲームは最近は「終わりのないゲーム」「延々と遊び続けられるゲーム」が主流になっていますが、和製RPGが人気だった時代は「プレイ時間」が表示されていて「このゲームはクリアまでには○時間が必要」とレビューに書かれていたりしましたね。
 ゲーム機によってはソフトごとのプレイ時間を確認できる機能があるので、例えば私が「10時間以内にクリアできる3DSのゲーム教えて」と書くと、たくさんの人が自分のプレイ時間を確認してオススメのゲームを教えてくれて……それで始めたゲームもたくさんあります。

 まぁ、ゲームの場合は力量によってプレイ時間が大きく変わるので、「10時間以内にクリア出来ますよ!」とオススメされたゲームが自分には全然10時間じゃ終わらないこともあるんですけどね(笑)。
 いやぁ……本当申し訳ない。どうも3本連続で「10時間以内にはクリア出来なかった」オチになりそうで……せっかくオススメしてもらったのに……



 話を戻します。
 冒頭で書いたように、キンドルでは現在も「この本を読み終わるまでの残り時間」を計算して表示してくれる機能があるんですが……もう一歩踏み込んで、本を読み終わった時に「この本を読み終わるまでにかかった時間」を計測してくれる機能があったらイイなぁと思います。
 現在のキンドルは漫画などでは「この本を読み終わるまでの時間」を計算できません。これは“文字数”で読書スピードを計算できる活字の本と違って、1ページにどれだけの“コマ数”があるのかが作品によって違う漫画は「この本を読み終わるまでの時間」を計算できないということだと思うのですが……「この本を読み終わるまでにかかった時間」ならば、その本を開いている時間を計測するだけなんで活字の本だろうが漫画だろうが雑誌だろうがそんなに難しくないと思うのです。

 例えば、同じように“漫画1冊”であっても『バガボンド』と『MASTERキートン』では「読み終わるまでにかかった時間」は違うでしょうし、そうしたものが可視化できたらすごく面白いんじゃないかと思うのです(※1)

(※1:何周も読む場合はどうするんだという問題はあるのだけど、「初めて最後のページまで読み進めた時間」だけ記録するとかならちゃんとした記録になると思います)


 これを応用すれば――――例えば活字の本だったら「自分は1分で100文字のペースで読める」とか、漫画だったら「自分は1分で5ページのペースで読める」といったカンジに、自分の読書スピードを計測して、今から買おうか悩んでいる本を読み終わるまでに何時間何分かかるのかを表示してくれたら便利そうだなぁと思います。正確な数字にはならなくても、そのズレもそれはそれで面白いでしょうし。

 あとは、読み終えた人の「かかった時間」を集計して、平均値を計算して、商品ページのところに「この本は全国平均で読み終わるまでに1時間半がかかっています」と表示するとか。まぁ、「この本は全国平均で読み終わるまでに56時間がかかっています」と表示されたら恐ろしくて誰も手に取れなくなっちゃうか(笑)。



 ただ、この「読書スピードに関するデータ」は個人情報扱いなのか、キンドルのヘルプページには「読書の速度に関するデータは、端末上にのみ保存されます。Amazonのサーバーに保存されることはありません。」と書かれているんですね。
 全国平均を集計して表示したりするには「データ収集への同意」みたいのをしてもらわないといけないのなら、実現させるにはちょっと面倒かも知れません。任天堂はWiiの時に似たようなことをやっていたのですが、3DSにもWii Uにも引き継がれませんでしたものね。「みんなの平均プレイ時間」を表示する機能、結構好きだったのでなくなっちゃったのは残念でした。

 この「読書スピードに関するデータ」も活用次第では、電子書籍ならではの面白いことが出来そうなのになーと思っています。


Fire タブレット 8GB、ブラックFire タブレット 8GB、ブラック

Amazon 2015-09-30
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ひとりぼっちの○○生活』1~2巻が面白い!/作れ!友達ハーレム!

 この記事に書いた「まだ完結していない漫画でも面白かったらどんどんオススメしていこう!」という記事を書き始めます!第1弾は2巻が超面白かったこの作品だー!

 タイトル表記としては、「既に完結している漫画」を紹介する場合は「『○○』紹介」という記事タイトルにして、「まだ完結していない漫画」を紹介する場合は「『○○』が面白い!」という記事タイトルにして区別することにします。

【三つのオススメポイント】
・超コミュ障だからこそ、主人公は「友達」を否定しないのがイイ!
・「友達」になろうとするからこそ見えてくるクラスメイト達の色んな一面
・侮れない画力!構成力!


【紙の本】
ひとりぼっちの○○生活 (1) (電撃コミックスNEXT) ひとりぼっちの○○生活 (2) (電撃コミックスNEXT)

【キンドル本】
ひとりぼっちの○○生活(1)<ひとりぼっちの○○生活> (電撃コミックスNEXT) ひとりぼっちの○○生活(2)<ひとりぼっちの○○生活> (電撃コミックスNEXT)

【苦手な人もいそうなNG項目の有無】
この記事に書いたNG項目があるかないかを、実験的にリスト化しました。ネタバレ防止のため、それぞれ気になるところを読みたい人だけ反転させて読んでください。
※ 記号は「◎」が一番「その要素がある」で、「○」「△」と続いて、「×」が「その要素はない」です。

・シリアス展開:△(ギャグ風に描かれているので深刻ではないけど)
・恥をかく&嘲笑シーン:○(恥はしょっちゅうかいているけど嘲笑はない)
・寝取られ:×
・極端な男性蔑視・女性蔑視:×
・動物が死ぬ:×
・人体欠損などのグロ描写:×
・人が食われるグロ描写:×
・グロ表現としての虫:×
・百合要素:△(女のコ同士でイチャイチャしてるけどあくまで友達として)
・BL要素:×(そもそも男キャラがほとんど出ない)
・ラッキースケベ:×
・セックスシーン:×


◇ 超コミュ障だからこそ、主人公は「友達」を否定しないのがイイ!
 この作品は、『月刊コミック電撃大王』の増刊として「可愛い女の子×ショートギャグ&4コマ漫画」というコンセプトで創刊された『コミック電撃だいおうじ』に連載中の4コマ漫画です。

 ニコニコ静画Pixivでは『ひとりぼっちの○○生活』第一話から第三話までが無料公開されています。
 「《毎日更新》ひとりぼっちの○○生活」の方はコミックスにも収録されていない前日譚なのだけど、「エピソード0」的な外伝なのでコミックスを読んでからの方がイイかも。


 「女のコだらけの4コマ漫画」ということで、分類するのなら「萌え4コマ」とか「日常4コマ」といったカテゴリーに入るのかと思いますが……その中では、ボケツッコミがしっかりしている「ギャグ寄り」の4コマ漫画かなぁと思います。「1.笑える、2.じーんとする、3.可愛い」、こんなカンジ。


 ストーリーは、友達が一人しかいない主人公「一里ぼっち」が、その唯一の友達と別の中学に進む際に「中学を卒業するまでにクラス全員と友達にならないと絶交する」と言われ、クラスメイトである28人全員と友達になることを目指す話です。

 「主人公がコミュ障で友達がいない」という作品はたくさんあると思うのですが、割と私はそういう作品が苦手だったりします。自分を見ているようで直視しがたいんですね。
 しかし、この作品の主人公「ぼっち」ちゃんは、コミュ障の部分がデフォルメされていて「ギャグとして受け止められる」けど「ちょっと共感できる」くらいの絶妙なバランスに収まっていて―――そして何より、「友達が欲しいな」「友達が出来たらこんなことをしたいな」と、友達という存在を全肯定している主人公なのが気持ち良いんです。

 コミュ障で友達のいないキャラを作ろうとすると「友達なんて邪魔なだけだ」「人間は一人でも生きていける」みたいなことを言う斜に構えたひねくれたキャラにしてしまいがちなのですが、「ぼっち」ちゃんは絶対にそんなことを言わないし、友達の悪口も言いません。「友達と一緒に下校できるなんて夢のよう」なんて言ってしまうコなのです。



 漫画やアニメでは、「お金持ちの家に生まれたお嬢様がファーストフード店などの庶民の暮らしに感動する」みたいに“読者が何気なく経験してきたことに感動するキャラクターを描くことで、その良さを読者に再認識させる”といった描写がよくあります。例えば『よつばと!』は我々が普段生きている世界も「よつばから見るとこんなに輝いているんだ」と再確認させられる作品ですよね。
 『ひとりぼっちの○○生活』で描かれる日常も本当に些細なものなんだけど、「友達がいるのってこんなに楽しいことなんだ」「友達ってイイもんだなぁ」と思い出させてくれる作品なんです。それもこれも「一里ぼっち」という“友達という存在を全肯定している主人公”の力だと思います。



◇ 「友達」になろうとするからこそ見えてくるクラスメイト達の色んな一面
 ストーリーの流れとしては「超コミュ障の主人公がクラスメイトと友達になろうとする」→「なんやかんやある」→「友達になる」→「超コミュ障の主人公がまた別のクラスメイトと友達になろうとする」→「なんやかんやある」→「友達になる」→……といったカンジに友達を一人ずつ増やしていくのがベースとなります。

 ということで、やっていることは実は「ハーレムアニメ」に近いんですよね(笑)。
 「主人公とヒロインAは最初はそんなに親密な関係ではない」→「ヒロインAの悩みを解決する」→「ヒロインAが主人公に落ちる」→「また次のヒロインBの攻略に向かう」……という「ハーレムアニメ」とやっていることは変わらないんです。
 この作品は主人公も女のコですし、「恋愛」ではなく「友達」になることが目的なのですが、以前に書いた「ハーレムアニメと日常アニメは実は近い」なんて話もありますからね。


 さて、そうなると「攻略対象」となるヒロイン達=クラスメイト達はどういうキャラが揃っているのかが重要になると言えます。
 しかし、「どういうキャラがいるのか」を語ってしまうと一番美味しいところをネタバレしてしまうので、もう少し捻ったことを書こうと思います。この作品は「友達になる」ということに重きを置いているため、どのキャラも「友達になる前」と「友達になった後」で違う印象を受けると思います。友達になって初めて見えるその人の一面をしっかり描いているんですね。

 また、ストーリーが進めば進むほど「友達」は増えていきますから、「友達グループ」の中で「既に友達になったキャラ」が「新しく友達になったキャラ」に新たな一面を見せる場面もあります。「友達」を増やすことでぼっちちゃんが成長するように、「友達」達もぼっちと「友達」になったことで成長して変わっていく部分もあります。


 人間が持っている「多面性」を、友達という視点から多角的に描いていて……可愛い絵柄とテンポの良いギャグに隠れていますが、「友達が出来るということはどういうことなのか」に真剣に取り組んでいて、意外にストーリーの構成もしっかりしている作品なのです。
 ちなみに、私が好きなキャラは「本庄アル」ちゃんです!このコは特に「友達になる前」と「友達になった後」で印象が全く違うキャラですし、友達になった後でも「それぞれのキャラ相手に見せる印象」が全然違うキャラですし、色んな側面と表情が見られるのが可愛いです。「なこ×アル」は鉄板よね。



◇ 侮れない画力!構成力!
 「女のコばかりが登場する4コマ漫画」というカテゴリーだと、ひょっとしたら「絵柄が萌え系ならば誰にだって描ける」とか「画力がなくても描ける」とか「ストーリーがテキトーでもヲタクに買ってもらえる」みたいな偏見を持っている人もいるかも知れません。何とは言いませんけど、確かにそういう作品もありますもんね。

 しかし、私がこの『ひとりぼっちの○○生活』を読み始めて最初に思ったのが「絵、上手いなー」ということでした。4コマ漫画なんだけどカメラを上下に動かして角度つけたアングルから描いていたり、背景も表情演出もデフォルメも技術が非常に高かったり。そもそも「28人のクラスメイトと友達になる」という作品ですからキャラの描き分けも大事ですし、画力があるからこそ成り立っている作品じゃないかなーと思います。


 同じ作者さんが『電撃大王』の方で連載している『三ツ星カラーズ』も、第1話~第3話までニコニコ静画Pixivで試し読みできるのですが、こちらは4コマ漫画ではない普通のコマ割の漫画で背景の描き込みもものすごいです。同じ雑誌の『よつばと!』とか『苺ましまろ』を彷彿とさせるクオリティ。


 ということで、「普通のコマ割の漫画」でもクオリティ高いものを描く漫画家さんが描いている「4コマ漫画」が『ひとりぼっちの○○生活』なんですね。というか、両方描けるってすごいですね……「4コマ漫画」と「普通のコマ割の漫画」は別物だと私は思っているので、野球で言えばピッチャーもバッターもやる大谷翔平みたいなイメージですよ。


 また、ストーリーの構成力も侮れなくて、2巻を読んだ時は昂ぶりすぎてしまって「(外出先じゃなくて)家で読んで良かった!」と思ったくらいです。「女のコばかりが登場する4コマ漫画」が嫌いでない人ならば、是非オススメです!



 自分は同じ作者さんの『三ツ星カラーズ』はこの記事を書いている最中に知ったので、余裕が出来たら買って読もうと思います。こちらも楽しみ!

【紙の本】
 三ツ星カラーズ (1) (電撃コミックスNEXT) 三ツ星カラーズ (2) (電撃コミックスNEXT)

【キンドル本】
 三ツ星カラーズ1<三ツ星カラーズ> (電撃コミックスNEXT) 三ツ星カラーズ2<三ツ星カラーズ> (電撃コミックスNEXT)

| この漫画が面白い! | 17:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

考察:女子高生が好きなんじゃない!女子高生の制服が好きなんだ!

 没記事からの復活記事その2。
 リクエストがあったので再構成して書き直してみます。


 俺達は女子高生が好きなんじゃない!女子高生の制服が好きなんだ!

 これまた2008年5月に書き始めて、早々に書くのを辞めてお蔵入りになった記事のタイトルです。読み返してみると、この時期にどうも「児童ポルノ」の規制に関する何かがあったみたいで、そこに対する怒りを文章にしようとしていたみたいですね。「こんな方法で被害者児童を減らせると思っているのか」みたいな論調でした。

 しかし、正直……自分で読んでみてもあまり面白い記事ではありませんでした。「性嗜好の話」「普通と変態の境の話とその差別意識」「表現規制の話」「描き分けの難しさの話」「これからの日本社会の話」……語りたいことが多方面に渡りすぎていて、まとまりがなかったんです。



 だから、2016年の今。
 この記事を再構成して書き直すのならば、話したいことを一点にしぼってそれだけを語るべきだと思うんですね。差別がどうとか社会がどうとかにまで手を伸ばすと収拾が付かないと思うのです。


 「俺は女子高生の制服が好きだああああああああ!」

 今日はコレだけを語ろうと思います。


2016年入試用 有名私立女子校&共学校(首都圏版) (中学・高校受験案内)2016年入試用 有名私立女子校&共学校(首都圏版) (中学・高校受験案内)
学研教育出版

学研教育出版 2015-04-07
売り上げランキング : 33150

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 エロビデオの世界では、昔も今も「女子校生」というジャンルが人気です。
 流石にアダルトページなのでリンクは貼りませんが、DMMのエロ動画のジャンル一覧から各ジャンルの作品数を検索してみたところ……

 「女子校生」は18041作品がヒットしました。
 「女子大生」は3954作品、「看護婦・ナース」は4021作品、「メイド」は1675作品、「OL」は7047作品でした。作品数=人気と言い切ることは出来ないかも知れませんが、需要がなければ作品は作られないと思うので、エロビデオ業界において「女子校生」は1位・2位を争う鉄板ジャンルだとは言えると思います。

 ちなみに、「人妻」は36912作品なんですけどね(笑)。
 1位「人妻」、2位「女子校生」の間がWスコアというのは意外な結果でした。

 ※ 数字は2016年2月26日夜の時点での数字です。


 まぁ……1位のことは置いておいて、「女子校生」が堂々の2位ということでひょっとしたら世の女性達は「男はみんな女子高生好きなんだ」「男はみんなロリコンなんだ」と憤慨しているかも知れません。しかし、それは大きな間違いです。

 「女子校生」モノのエロビデオに出演している女優さんは、「18歳以上」でかつ基本的に「高校を卒業しているor通っていない」人なのです。裏ビデオの世界は私は詳しくないのでノーコメントにしておきますが、少なくともDMMで買えるエロ動画に出演している人はみな「女子高生ではない」はずです。たまーに17歳だけど出ちゃっていましたということが発覚するとニュースになって問題になるくらいですからね。

 「女子大生」モノのエロビデオに出演している女優さんの中には「本当は女子大生ではない」人もいるかも知れないとか、「人妻」モノのエロビデオに出演している女優さんの中には「本当は人妻ではない」人もいるかも知れない―――みたいな確率の話ではありません。「女子校生」モノのエロビデオに出演している女優さんには「本当に女子高生」な人はいないのです。



 「女子校生」モノのエロビデオを観ている男性はそれを承知で観ています。
 芸歴の長い女優さんの中には、デビューから5年が経過してもまだ「女子校生」モノに出演しているような人もいますからね。何年間「女子高生」なんだよ!井上喜久子さん(17歳)の娘さんが18歳になったみたいに、ファンは時空の歪みを許容して楽しんでいるのです。

 ということもあって……この記事では「女子校生」と「女子高生」の表記を分けて記述しています。エロビデオ業界では「この女優さんは女子高生=18歳未満ではありませんよ」という注意書きのために「女子高生」ではなく「女子校生」という表記を使っているんですね(Wikipediaによると1999年から自主規制として使われたそうなので、使わない作品もあるのだとか)。

 “「女子校」に通っている人”には申し訳ない表記ですけどね。



 「女子高生」が出ていないことを重々承知で「女子校生」モノのエロビデオが観られているということは―――もはや「女子高生かどうか」は重要ではないのだと思います。

 では、「女子校生」モノのエロビデオにとって重要なのは何か?
 それは「女子高生の制服」を着ていることですから―――つまり、「女子校生」モノのエロビデオの価値は「女子高生の制服」にこそあるのであって、我々は「女子高生」ではなく「女子高生の制服」を目当てに「女子校生」モノのエロビデオを観ていると言っても過言ではないのです!


 「俺は女子高生の制服が好きだああああああああ!」

卑屈の国の格言録卑屈の国の格言録
小明 高橋 健一

サイゾー 2014-12-04
売り上げランキング : 5131

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 では、どうして数多ある服の中で“女子高生の制服”が特に人気なのでしょう。「女子高生が着ているかどうか」に関係がないのならば、“服”そのものに純粋な魅力があるとしか説明がつきません。「女子高生の制服」が持つ純粋な魅力とは何なのか考えてみましょう。


1.白い
 赤い字で「白い」って書かれると『脳トレ』感ある。

 例外は確かにありますが、女子高生の制服は「白い」部分があります。
 ブレザーだったらブラウスが「白い」ですし、セーラー服だったら夏服は「白い」ものが多いですし冬服でも「白い」ものもあります。セーラーの部分が「白」かったり、リボンの部分が「白」かったりというものもありますね。白黒のコントラストを付けやすいので、白黒の漫画を描く際には本当に重宝するんですセーラー服って。

 考えてみれば、「女子高生の制服」に限らず「男性が女性に着て欲しいコスプレ服」には大抵「白い」部分が含まれています。OLだって客室乗務員だって婦人警官だってブラウスは白いですし、メイド服はエプロンが白いですし、巫女さんなんか上半身が全部白いです。ナース服に至っては頭から足元まで全部白いです。もちろん例外はありますけど、コスプレの定番としては「白い」ことが多いかなと思います。
 「白さ」には「清潔感」や「正装感」がありますからね。きっちり着こなしていると、それだけで清潔な人に見えてしまうのでしょう。

 しかし、逆に考えると……「女子高生の制服が好きだ」なんて叫んでいる我々だって、全然洗っていなくて袖のところが茶色くなっちゃっているとか、ソースとかケチャップが垂れてそのまま染みになっちゃっているとか、ご飯粒がくっついててカピカピになっちゃっている制服だったら、叫ぶほど大好きだった「女子高生の制服」だとしてもガッカリしてしまうワケで。

 私達が「女子高生の制服」のどこにグッと来ているかと考えるのなら、「白さ=清潔感」なんだと思うのです!!



2.躍動感
 しかし、その説明だけならば「女子高生の制服に限った話じゃなくない?」となってしまいます。極端な話をすれば、「清潔感」だけならもっと徹底して「清潔感」のある服はありますからね。



白衣 ドクター 手術衣 オペ着 アプロン M-3L 医療 135
白衣 ドクター 手術衣 オペ着 アプロン M-3L 医療 135

 ほら、これなんてとてつもない「清潔感」ですよ。少しの汚れもあってはならない服です。
 しかし、長くエロビデオを観てきた私ですら手術衣のコスプレをしたエロビデオは観たことがありませんし、「彼女に手術衣のコスプレをして欲しい」と言っている男を見たこともありません。「彼女にガスマスクを付けて欲しいと頼んだ男」の話は聞いたことあるのに。

 まぁ、これは「極端な話」すぎるとは思いますが。
 全身「白い」ナース服や、「白い」エプロンが印象的なメイド服と比較しても、女子高生の制服の「白い」部分の比率は高くないように思えます。むしろ女子高生の制服の「白い」部分は上半身だけで、下半身は白くないどころか太ももあたりでスカートがひらひらしててストレートに「エロイ」ように思えます。


 結論のようなものをここで書いてしまいますが……
 「女子高生の制服」の魅力は、「清潔感」と「清楚さ」の意味合いの強い上半身と、妙に「肉感的」でかつ「チラリズム」性の強い下半身という、相反する方向性のデザインを統合しているギャップではないかと思うのです。

 「女子高生の制服」と一言で言っても様々なものがありますし、スカートの長さに関しては男どもの意見も「短いのがイイんだ!」という人もいれば「ちょっと長めで野暮ったいのがイイんだ!」という人もいて激論は避けられないのですが……スカートの形状だけを見ると、「ひだ」の付いたプリーツスカートなど、ひらひらとしたものが多いと思います。

 前項で私は“「男性が女性に着て欲しいコスプレ服」には大抵「白い」部分が含まれています。”と書きましたが、そこで例としてあげた他の服を見ていくと……ナース服やOL・客室乗務員・婦人警官はタイト気味のぴったりとしたスカートですし、巫女服に関しては足元までの袴です。メイド服は、こちらも「短いのがイイんだ」派か「長いのがイイんだ」派で激論になりそうですが、ロングスカートならばそれほどひらひらしたりはしないと思います。


 「女子高生の制服」だけが、やたらとスカートがひらひらしているのです。
 この魅力はただ単に「パンツが見えそうでエロイ」みたいなことだけではなく、「動きやすさ」や「動きの分かりやすさ」なんかもあると思います。走る、スカートがたなびく、つまりは「躍動感」。そして、「パンツが見えそう」!やっぱり「パンツが見えそう」!あと、太もも!太もも!太もも!



 (*゜∀゜)=3


ふともも写真館 制服写真部ふともも写真館 制服写真部
ゆりあ

一迅社 2015-01-29
売り上げランキング : 14782

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【とてもよくまとまっている3行まとめ】
・「女子高生の制服」の需要に「女子高生が着てるかどうか」はもはや関係がない
・きっちりとした上半身と、チラリズム性の塊のような下半身のギャップこそが魅力
・アラサーの女性声優さんが制服のコスプレを着てくるとすっげえ興奮するよね



 ということで、「女子高生の制服」が何故にこうまで人気なのかが分かりましたね。
 「上半身」と「下半身」の組み合わせのギャップこそが魅力なので、「上半身」だけ似ているスーツ姿とか、「下半身」だけ似ているテニスウェアとかでは代替できないんですね。「女子高生の制服」は「女子高生の制服」の他にはない唯一無二の服なのです!

 これが分かっていないエロビデオは、半脱ぎをさせる時に「上半身が真っ裸で下半身はスカートを穿いたまま」とかにするんですよ!それじゃダメでしょう!「上半身はきっちりと着たままで、下半身だけ脱ぐ!」こうじゃないとギャップにはならないでしょう!とか言い出すと激論が始まりそうなのでこの辺で。

| ヒンヌー | 17:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |