FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2016年6月の活動報告

 ブログを有料プランに変えて1か月が経過したのだけど、自分のやっていることは何も変わっていないので全く実感がないです。


<2016年6月の購入金額>
mediamarker2016-6-1.jpg

 先月のこの欄で、

<以下、引用>
 なので、今後は「一か月に使えるお金は8000円~15000円くらい」と幅を持たせて、ここに到達していなかった場合は「買っていなかったものを買っちゃおう!」としようかなと。

 じゃないと、貯金も増えないですしねぇ。貯金を増やしてiPad Proを買おう!

</ここまで>

 と書いた翌月に、さっそく上限を突破しているじゃないか!
 貯金を増やしてiPad Proを買う計画はどうした!?

 3DSのeShopの大型セールは正直そんな出費じゃなかったんですけど、その後にAmazonが『ゼルダ』シリーズのセールをやっていて……その出費が大きかったですね。「積みゲーは積むことに意義があるんだよ!」という人がたくさんいるのは分かるし、そういう人に支えられている業界だとは思うのですが、私は買ったゲームは必ずプレイしたいと思っているので、買ったからにはちゃんとプレイする時間を作らねば……


<2016年6月の購入本数>
◇ 本・雑誌(電子書籍も含む):23冊
 紙の本:1冊
 電子書籍:22冊
 電子書籍(無料の本):0冊

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):14本
 パッケージソフト(ダウンロード版含む):2本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):11本
 ダウンロード専売のゲーム:1本

 今月は大量に積みゲーが増えましたが、電子書籍も結構買っていて積み本も増えています。毎月の購入数平均は17~18冊くらいだったんですが、今月は23冊と多め。積んでいる本も今度ちゃんとカウントして、「買った本はちゃんと全部読む」クセを付けたいなぁと思っています。


<2016年6月の読了数>
mediamarker2016-6-2-2.jpg

◇ 本・漫画・雑誌(電子書籍も含む):21冊(再読10冊)
 紙の本:0冊(再読0冊)
 自炊した本:8冊(再読6冊)
 電子書籍:13冊(再読4冊)

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):2本
 パッケージソフト(のダウンロード版含む):0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):1本
 ダウンロード専売のゲーム:1本


 買ったゲーム、買った本の数が多いのは、別にイイことだと思うのですが……
 それらを全然プレイできていない・読めていないのはマズイ傾向ですね……今月はゲームも読書も「時間がかかるもの」に手間取ったというのはあるのですが、特に読書は「寝る前の読書時間が疲れて眠ってしまって確保できなかった」などの理由で時間が取れなかったのが大きかったです。

 来月は、夏だからこそガッツリ最初から読み返したい漫画があるのだけど……時間確保できるかなぁ。


【今月のピックアップ】
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書)
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書)

 今月のピックアップはKDPで出版された小説『文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい』です。
 仮想出版社『隙間社』から発売された電子書籍の第2弾で、「隙間社とは何ぞや?」と思って検索してみたら「隙間社設立のきっかけ」という記事で説明されていました。ちょっと長めになってしまいますが、引用させてください。

<以下、引用>
伊藤なむあひと弍杏は、私の感覚ではどちらもニッチな作品を書く作家です。このニッチというのは読み手を選ぶというよりも、既存の出版におけるカテゴライズに当て嵌まらない、という意味です。

例えば伊藤なむあひの『少女幻想譚』は、幻想小説でもないしSFでもファンタジーでもない。純文学というにはポップ過ぎる。

弍杏の『文中の( )にあてはまる文字を入れなさい』にしても、ラノベと括るには大雑把過ぎるし青春小説になることは作品が拒否している。

私から見ても文学賞にひっかかるような作風じゃありませんでした。でも本人たちは自分が書ける範囲で、開かれた、外側に届く小説を書こうとしていました。

本人たちはそれで暮らすことは出来なくても、いつか自分の本当に書きたいものを書いてお金を稼ぎたいと望んでいるようでした。それは私から見て非常にもどかしいものでした。極々一部の作家を除き、そんなことは理想でしかありえないのです。

でも私は彼らの手助けをしたかった。彼らが腐ってしまうのは避けたかった。それなら、本人たちにはマーケティングのことなど気にせず自分で書きたいものを自由に書いてもらい、私がその作品をパッケージングし、配信していけば良いと思ったのです。

</ここまで>
※ 強調は引用者が手を加えました


 この文章、KDPという市場で戦っている身としてすごくよく納得できる文章です。
 「KDPは素晴らしいよ!」という意味でも、「KDPは大変だよ……」という意味でも。

 私も漫画を描いて出版社に持ち込みをしていた頃は、「これはウチの雑誌には合わない」とまーよく言われました。もちろん「体よく追い返す際に使える文言」ということもあるのでしょうけど、漫画雑誌を作っている編集者さんからすれば「自分とこの雑誌にプラスになるのか」という目で持ち込まれた作品を見るのです。「ジャンルが読者層に合うか」「テーマが読者層に伝わるか」「今抱えている作家さんとタイプが被っていないか」

 つまり、雑誌に載る漫画を目指すのなら、「その雑誌に合った漫画を描かなくてはならない」んですね。


 でまぁ……事情を説明すると長くなるんで省きますが、今の私はもう出版社に持ち込みはせずにKDPという市場で一人で戦っているのですが。今の自分がやっていることは、『マンガは描ける!』もそうですし、制作中のブログまとめ本もそうですし、どこの出版社だってどこの雑誌だって受け付けてくれない本でしょう。

 そうしたものまで受け入れてくれる幅がKDP(というかセルフ出版)にはあるのだけど、でも自由に作って自由に販売できても「それを読者が手に取ってくれる」とは限らないので―――KDPという市場で読んでもらえるようにパッケージングとか宣伝とかを「プロデュース」してくれる存在が必要だろうということで、隙間社さんはあるみたいなんですね。


 実際、私がこの『文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい』を買って読んでみたのも、ポップな絵柄の表紙と目を引くタイトルだったからで―――まさに、隙間社さんのパッケージングの力によって手を取った一人だと言えます。

 物語は「憧れの先輩に誘われてバンドのボーカルになってしまった少女」と、「某雑誌に漫画を投稿して人生経験が足りないと酷評された少年」の二人の大学生の話が、交代交代で描かれます。冒頭からの一人称視点でとにかくガンガンに語りまくる文が小気味よいので、気になる人はとりあえずサンプルで冒頭部分だけ読んで肌に合うか確かめてみるのがイイかも。

 途中ちょっと戸惑うところもあるのだけど、二人の主人公の話が交互に進むのでダレずに読めるというのがイイですし、「読者の予想を裏切るエンターテイメント小説」として面白かったです。
 現在の価格が250円で、自分は40~50分くらいで読み終わったので、負担にならない価格で短い時間でサクッと読み終わって「あー、面白かった」と満足できる市場として、KDPの小説って結構大きいかもなーと思います。


<2016年6月のゲームプレイ時間>
WiiU_screenshot_GamePad_004C0_20160630004748179.jpg
mediamarker2016-6-3.jpg
mediamarker2016-6-4.jpg

 3DSのMiiverse起動は『ソリティ馬』のスクショを保存→ 後にそれをPCに保存してTwitterにアップするために起動していたんですが、それが積もり積もってこの起動時間とは「newじゃないノーマル3DS」なことが時間をドブに捨てている気分になりますね……NX(仮)の情報が出てきたら(例えば3DSソフトの互換機能がないことが確定したら)、new3DSを買おうかなぁ。それまで積みゲー崩しはWii U中心にしようかなぁ。


<2016年6月のブログ>
【お知らせ】
【大切なお知らせ】本家サイト『Cサイド』を閉鎖します

【創作】
【お知らせ】本家サイト閉鎖までの期間限定で『ちのしあわせ家族』一括DLを公開します
「電子書籍」と「紙の本」のカラーのちがい

【ヒンヌーカテゴリー】
考察:今更だが、私が何故メイドさんを好きなのかはっきりしておこう

【漫画】
「漫画紹介」「この漫画が面白い!」で紹介した作品リスト
漫画を「読むかどうか」決める際に、事前に知りたい情報は何ですか?

【アニメ】
自分が期待している2016年の夏アニメラインナップ
アニメ各話感想メモまとめを書いてきた作品リスト
アニメ『迷家-マヨイガ-』各話感想メモまとめ(1話~最終話)

【ゲーム】
7日間限定の3DSのeShopセール、みんなでオススメを紹介しよう!
「ゲーム紹介」「1stインプレッション」で紹介したゲーム一覧
スペランカーは本当にマリオに比べて貧弱なのか?

【ニコ生】
ゲームが下手ながら実況プレイで『スペランカー』クリアしました!【跡地】
ゲームが下手なので実況プレイでの『千年家族』挑戦はギブアップしました【跡地】

 先月までのこの欄は「どの記事がたくさん読まれたか」を記録していましたが、今月からは「どういう記事を書いていたか」を記録することにしました。
 アクセス数に関しては、正直もうウチのブログは「新しく書いた記事を読みに来てもらえる」道がほぼなくなってしまったのですが……幸いなことに「検索エンジンからやってくる人」は一定数いるんですね。過去に書いた記事にも少しずつアクセスしてもらえますし、「3DSのeShopセール」の記事みたいにタイムリーな話題は検索からやってきて読んでもらえることもあります。

 なので、今後は「瞬間瞬間のアクセス数」よりも「WEB上に残って検索からやってきて読んでくれる人がいる」ような記事を目指していこうかなと思っています。このタイミングで「ゲーム紹介」「漫画紹介」「アニメ感想まとめ」の目次を作ったのは、そうした過去に書いた記事も探しやすいようにしようという目論見です。
 「ゲーム紹介」はもう書く気はありませんが、「漫画紹介」や「アニメ感想まとめ」は(瞬間のアクセス数はほとんどないのだけど)大事に書いていこうかなと。


<2016年6月の創作活動報告>
・ブログをまとめた電子書籍、漫画10ページ完成
・ブログをまとめた電子書籍、イラスト24枚完成
・ブログをまとめた電子書籍、文章&ネームは7章まで終了
・『モテナイ4コマ』を紙の本にするプロジェクトは入稿完了

 「ブログをまとめた電子書籍」は最後までの道筋が見えてきたのでもう書いてしまいますけど、全10章になる予定です。文章&ネームは7章まで出来ていて、漫画やイラストの本描きは現在4章を制作中です。遅くとも7月末までには発売したいのだけど……間に合うかなぁ。

 紙の本にするプロジェクトはとりあえず一段落。
 あとは製本されたものが届くのを待つだけです。

 次は『春夏秋冬オクテット』を紙の本にしよう!という気持ちもあるのですが、とにかく作業量が膨大ですし、急いでやるものでもないので後回しにして……
 現実的にやらなければならないこととして、本家サイトを閉鎖することで読めなくなってしまう『Re:Survival』と『学園は今日もサッカー日和』をスキャン画像からサイズ調整してフリーフォントに変えて台詞入れ直しをしてパブーで読めるようにする作業があるのですが……申し訳ありませんが、そちらもちょっと後回しにして。

 それ以上に、今急いでやらなければならないことがあって……
 キンドル(KDP)以外のセルフ出版のサービスを調べてみようかなと考えています。
 『マンガは描ける!』はキンドル独占で出しているのですが、『春夏秋冬オクテット』やブログをまとめた本はWEBで公開しているものを編集+大幅追加したものなのでキンドル独占にはなりません。ならば、キンドル(KDP)以外のセルフ出版でも出してみてそういった市場の手ごたえも見てみようかなーと考えているんですね。

 既に出したことのあるパブーを除けば……KoboBWインディーズあたりですかねぇ……iBookstoreはアップル端末を持っていないのでよく分からんのです。「他にもココがイイよ!」「ココで出して!」みたいなのがあったら教えてくださるとありがたいです。
 理想を言えば、ブログをまとめた本は複数の電子書籍サービスで同時リリースしたいのだけど、さっき書いた通りスケジュール的にはかなりキッツイことになっているので……キンドル版を出してから考えることになるかも知れません。

| ひび雑記 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメ『迷家-マヨイガ-』各話感想メモまとめ(1話~最終話)

 作品リストも作ったことですし、アニメの各話感想のまとめやりますよ!Twitterに書いていたアニメ1話1話の感想をまとめる記事です。


 春アニメの1発目は『迷家-マヨイガ-』です!
 このアニメは「後から自分の感想を読み返す」のが、ものすごく面白いのです。「ということは、こういうことだな!」と書いた予想がことごとく当たっていないのが記録されていますからね。

<ルール>
・1話から最終話までの感想ツイートを貼り付け
・“最終話まで観終っている”現在の自分のコメントを補足
・なので、基本的に最終話までのネタバレを含みます
・「まとめ」という記事タイトルですけど、まとめるのは「私の感想」だけです。「みんなの感想」をまとめるのが目的の記事ではありません
・思うがままに書いた感想なので、ところどころに間違いがあったりするでしょうが優しく許して下さいな


 今回の記事も長くなることが予測されるので格納しました。
 続きは「続きを読む」を押してもらえれば表示されます。ではでは。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム紹介 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームが下手なので実況プレイでの『千年家族』挑戦はギブアップしました【跡地】

6月19日~6月25日、ニコニコ生放送でゲーム実況プレイを行い、『千年家族』を最初から最後までプレイしようと頑張ったのですがギブアップしました!



【ニコニコミュニティ】ゲームが下手な人が見ている世界の生放送



 この記事に『千年家族』の実況プレイ用のログを載せているので、Twitterに貼り付けたその後のプレイの様子もここに載せていこうと思います。



千年家族千年家族

任天堂 2005-03-10
売り上げランキング : 20191

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 動画のログは↓に格納しているので、トップページから読んでいる人は「続きを読む」をクリックしてください。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム実況 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメ各話感想メモまとめを書いてきた作品リスト

 このブログで書いてきたアニメ各話感想まとめに目次を作ることにしました。
 今後、「もっと興味を持ってもらえるように」改良していくかも知れません。

 基本的には、Twitterに書いているアニメ感想を全話(もしくは1クール)終わった時点でまとめ、その時の自分の感想を添えることで「この頃はよく分かっていなかったけどこの描写は後々に活きてきたねー」みたいに振り返る記事になっています。
 2016年現在は、視聴した全てのアニメにまとめ記事を書いているワケではなくて、全話(もしくは1クール)終わった時点で自分が振り返りたい作品や、リクエストがあった作品に限定して書いています。

 リストは年別に分けましたが、「完結した年」にまとめるようにしています。
 分割2クールや1期・2期などの場合も、一緒くたにしています。


【2018年】
『こみっくがーるず』1話~最終話(2018.7.2)
<Nexus/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント>
<監督:徳本善信/シリーズ構成:高橋ナツコ/キャラクターデザイン:齊藤佳子>
<放送時期:2018年4月~2018年6月/公式サイト
こみっくがーるず 第1巻 (初回生産限定) [Blu-ray] こみっくがーるず 第2巻 (初回生産限定) [Blu-ray] こみっくがーるず 第3巻 (初回生産限定) [Blu-ray]



『ゆるキャン△』1話~最終話(2018.3.27)
<C-Station/フリュー>
<監督:京極義昭/シリーズ構成:田中仁/キャラクターデザイン:佐々木睦美>
<放送時期:2018年1月~2018年3月/公式サイト
ゆるキャン△ 1 [Blu-ray] ゆるキャン△ 2 [Blu-ray]



【2017年】
『Just Because!』1話~最終話(2017.12.29)
<PINE JAM/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン>
<監督:小林敦/シリーズ構成:鴨志田一/キャラクターデザイン:比村奇石(原案)、吉井弘幸>
<放送時期:2017年10月~2017年12月/公式サイト
Just Because! 第1巻<初回限定版> [Blu-ray] Just Because! 第2巻<初回限定版> [Blu-ray] Just Because! 第3巻<初回限定版> [Blu-ray]






『プリンセス・プリンシパル』1話~最終話(2017.09.28)
<Studio 3Hz × アクタス/バンダイビジュアル>
<監督:橘正紀/シリーズ構成: 大河内一楼/キャラクターデザイン:黒星紅白(原案)、秋谷有紀恵>
<放送時期:2017年7月~2017年9月/公式サイト
プリンセス・プリンシパル I (特装限定版) [Blu-ray] プリンセス・プリンシパル II (特装限定版) [Blu-ray] プリンセス・プリンシパル III (特装限定版) [Blu-ray]




『エロマンガ先生』1話~最終話(2017.06.26)
<A-1 Pictures/アニプレックス>
<監督:竹下良平/シリーズ構成:髙橋龍也/キャラクターデザイン:織田広之>
<放送時期:2017年4月~2017年6月/公式サイト
エロマンガ先生 1(完全生産限定版) [Blu-ray] エロマンガ先生 2(完全生産限定版) [Blu-ray] エロマンガ先生 3(完全生産限定版) [Blu-ray]



『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』39話~最終話(2017.04.04)
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』26話~38話(2016.12.28)
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』14話~25話(2016.04.03)
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』1話~13話(2016.01.05)
<サンライズ/バンダイビジュアル>
<監督:長井龍雪/シリーズ構成:岡田麿里/キャラクターデザイン:伊藤悠(原案)、千葉道徳>
<放送時期:2016年10月~/公式サイト
<放送時期:2015年10月~2016年3月/公式サイト
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 1 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 2 (特装限定版) [Blu-ray]




【2016年】
『響け!ユーフォニアム2』1話~最終話(2017.01.06)
『響け!ユーフォニアム』1話~最終話(2015.07.02)
<京都アニメーション/ポニーキャニオン>
<監督:石原立也/シリーズ構成: 花田十輝/キャラクターデザイン:池田晶子>
<放送時期:2016年10月~2016年12月/公式サイト
<放送時期:2015年4月~2015年6月/公式サイト
響け!ユーフォニアム 1 [Blu-ray] 響け!ユーフォニアム 2 [Blu-ray] 響け!ユーフォニアム 3 [Blu-ray] 響け!ユーフォニアム 4 [Blu-ray]
響け!ユーフォニアム2 1巻 [Blu-ray] 響け!ユーフォニアム2 2巻 [Blu-ray] 響け!ユーフォニアム2 3巻 [Blu-ray]




『クロムクロ』14話~最終話(2016.10.04)
『クロムクロ』1話~13話(2016.07.04)
<P.A.WORKS/ポニーキャニオン>
<監督:岡村天斎/シリーズ構成:檜垣亮/キャラクターデザイン:石井百合子>
<放送時期:2016年4月~/公式サイト
クロムクロ ブルーレイ 第一集 [Blu-ray] クロムクロ ブルーレイ 第二集 [Blu-ray] クロムクロ ブルーレイ 第三集 [Blu-ray] クロムクロ ブルーレイ 第四集 [Blu-ray]




『うしおととら』27話~最終話(2016.07.01)
『うしおととら』14話~26話(2015.12.27)
『うしおととら』1話~13話(2015.09.28)
<MAPPA、VOLN/徳間ジャパンコミュニケーションズ>
<監督:西村聡/シリーズ構成:井上敏樹、藤田和日郎/キャラクターデザイン:森智子>
<放送時期:2015年7月~2015年12月、2016年4月~2016年6月/公式サイト
うしおととら 第1巻 [Blu-ray] うしおととら 第2巻 [Blu-ray] うしおととら 第3巻 [Blu-ray]



『迷家-マヨイガ-』1話~最終話(2016.06.27)
<ディオメディア/ポニーキャニオン>
<監督:水島努/シリーズ構成:岡田麿里/キャラクターデザイン:井出直美>
<放送時期:2016年4月~2016年6月/公式サイト
迷家-マヨイガ-1 [Blu-ray] 迷家-マヨイガ-2 [Blu-ray]



【2015年】
『アイドルマスターシンデレラガールズ』14話~最終話(2015.10.21)
『アイドルマスターシンデレラガールズ』1話~13話(2015.04.24)
<A-1 Pictures/アニプレックス>
<監督:高雄統子/シリーズ構成:高雄統子、髙橋龍也/キャラクターデザイン:杏仁豆腐(原案)、松尾祐輔>
<放送時期:2015年1月~2015年4月、2015年7月~2015年10月/公式サイト
アイドルマスター シンデレラガールズ 1【完全生産限定版】(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [Blu-ray] アイドルマスター シンデレラガールズ 2【完全生産限定版】 [Blu-ray] アイドルマスター シンデレラガールズ 3【完全生産限定版】 [Blu-ray]


『がっこうぐらし!』1話~最終話(2015.09.26)
<Lerche/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン>
<監督:安藤正臣/シリーズ構成:海法紀光/キャラクターデザイン:飯塚晴子>
<放送時期:2015年7月~2015年9月/公式サイト
がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray] がっこうぐらし!第2巻 (初回限定版) [Blu-ray] がっこうぐらし!第3巻 (初回限定版) [Blu-ray]


『俺物語!!』13話~最終話(2015.09.24)
『俺物語!!』1話~12話(2015.06.25)
<マッドハウス/バップ>
<監督:浅香守生/シリーズ構成: 高橋ナツコ/キャラクターデザイン:濱田邦彦>
<放送時期:2015年4月~2015年9月/公式サイト
俺物語!!  Vol.1 [Blu-ray] 俺物語!! Blu-ray  Vol.2 俺物語!! Blu-ray  Vol.3


『のんのんびより りぴーと』1話~最終話(2015.09.23)
<SILVER LINK./KADOKAWA メディアファクトリー>
<監督:川面真也/シリーズ構成: 吉田玲子/キャラクターデザイン:大塚舞>
<放送時期:2015年7月~2015年9月/公式サイト
のんのんびより りぴーと 第1巻 [Blu-ray] のんのんびより りぴーと 第2巻【 イベントチケット優先販売申込券付 】 [Blu-ray] のんのんびより りぴーと 第3巻 [Blu-ray]


『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』1話~最終話(2015.06.28)
<ヤオヨロズ/バップ>
<監督:石ダテ コー太郎→平間邦修/脚本:石ダテ コー太郎、山口正武、高橋聡之、平間邦修/キャラクターデザイン:毛玉伍長、マルイノ>
<放送時期:2015年4月~2015年6月/公式サイト
てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう Vol.1【イベントチケット優先販売申込券付】 [Blu-ray] てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう Vol.2 [Blu-ray] てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう Vol.3 [Blu-ray]


『パンチライン』1話~最終話(2015.06.26)
<MAPPA/アニプレックス>
<監督:上村泰/脚本:打越鋼太郎/キャラクターデザイン:岩崎将大>
<放送時期:2015年4月~2015年6月/公式サイト
パンチライン 1【完全生産限定版】(イベントチケット優先販売申込券昼の部封入) [Blu-ray] パンチライン 2 (完全生産限定版) [Blu-ray] パンチライン 3 (完全生産限定版) [Blu-ray] パンチライン 4 (完全生産限定版) [Blu-ray]


『ハロー!!きんいろモザイク』1話~最終話(2015.06.23)
<Studio五組/KADOKAWA メディアファクトリー>
<監督:天衝/シリーズ構成:綾奈ゆにこ/キャラクターデザイン:植田和幸>
<放送時期:2015年4月~2015年6月/公式サイト
ハロー!!きんいろモザイク Vol.1【イベントチケット優先販売申込券付】 [Blu-ray] ハロー!!きんいろモザイク Vol.2 [Blu-ray] ハロー!!きんいろモザイク Vol.3 [Blu-ray]


『純潔のマリア』1話~最終話(2015.04.03)
<Production I.G/バンダイビジュアル>
<監督:谷口悟朗/シリーズ構成:倉田英之/キャラクターデザイン:千羽由利子>
<放送時期:2015年1月~2015年3月/公式サイト
純潔のマリア I <特装限定版> [Blu-ray] 純潔のマリア II <特装限定版> [Blu-ray] 純潔のマリア III <特装限定版> [Blu-ray] 純潔のマリア IV <特装限定版> [Blu-ray]


『ガンダム Gのレコンギスタ』14話~最終話(2015.04.02)
『ガンダム Gのレコンギスタ』1話~13話(2014.12.21)
<サンライズ/バンダイビジュアル>
<監督、脚本:富野由悠季/キャラクターデザイン:吉田健一>
<放送時期:2014年10月~2015年3月/公式サイト
ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) [Blu-ray] ガンダム Gのレコンギスタ  2(特装限定版) [Blu-ray] ガンダム Gのレコンギスタ  7(特装限定版) [Blu-ray] ガンダム Gのレコンギスタ  8(特装限定版) [Blu-ray]


『アルドノア・ゼロ』13話~最終話(2015.03.29)
『アルドノア・ゼロ』1話~12話(2014.09.21)
<A-1 Pictures、TROYCA/アニプレックス>
<監督:あおきえい/シリーズ構成:高山カツヒコ/キャラクターデザイン:志村貴子(原案)、松本昌子>
<放送時期:2014年7月~2014年9月、2015年1月~2015年3月/公式サイト
アルドノア・ゼロ 1【完全生産限定版】 [Blu-ray] アルドノア・ゼロ 2(完全生産限定版) [Blu-ray] アルドノア・ゼロ 3【完全生産限定版】 [Blu-ray]


『SHIROBAKO』13話~最終話(2015.03.28)
『SHIROBAKO』1話~12話(2014.12.27)
<P.A.WORKS/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント>
<監督:水島努/シリーズ構成:横手美智子/キャラクターデザイン:ぽんかん⑧(原案)、関口可奈味>
<放送時期:2014年10月~2015年3月/公式サイト
SHIROBAKO 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray] SHIROBAKO 第2巻 (初回生産限定版) [Blu-ray] SHIROBAKO 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]


『四月は君の嘘』12話~最終話(2015.03.22)
『四月は君の嘘』1話~11話(2014.12.23)
<A-1 Pictures/アニプレックス>
<監督:イシグロキョウヘイ/シリーズ構成:吉岡たかを/キャラクターデザイン:愛敬由紀子>
<放送時期:2014年10月~2015年3月/公式サイト
四月は君の嘘 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 四月は君の嘘 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 四月は君の嘘 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]


【2014年】
『結城友奈は勇者である』1話~最終話(2014.12.28)
<Studio五組/ポニーキャニオン>
<監督:岸誠二/シリーズ構成:上江洲誠/キャラクターデザイン:BUNBUN(原案)、酒井孝裕>
<放送時期:2014年10月~2014年12月/公式サイト
結城友奈は勇者である 1 [Blu-ray] 結城友奈は勇者である 2 [Blu-ray] 結城友奈は勇者である 3 [Blu-ray]


『ヤマノススメ セカンドシーズン』13話~最終話(2014.12.25)
『ヤマノススメ セカンドシーズン』1話~12話(2014.09.25)
<エイトビット/アース・スター>
<監督、シリーズ構成:山本裕介/キャラクターデザイン:松尾祐輔>
<放送時期:2014年7月~2014年12月/公式サイト
ヤマノススメ セカンドシーズン1巻  (イベント参加優先購入抽選券付き) [Blu-ray] ヤマノススメ セカンドシーズン2巻 (イベント参加優先購入抽選券付き) [Blu-ray] ヤマノススメ セカンドシーズン3巻 [Blu-ray] ヤマノススメ セカンドシーズン4巻 [Blu-ray]


『残響のテロル』1話~最終話(2014.09.27)
<MAPPA/アニプレックス>
<監督、原案:渡辺信一郎/キャラクターデザイン:中澤一登>
<放送時期:2014年7月~2014年9月/公式サイト
残響のテロル 1【完全生産限定版】 [Blu-ray] 残響のテロル 2(初回仕様限定版) [Blu-ray] 残響のテロル 3【初回仕様限定版】 [Blu-ray]


『グラスリップ』1話~最終話(2014.09.27)
<P.A.WORKS/ポニーキャニオン>
<監督:西村純二/シリーズ構成:佐藤梨香、西村ジュンジ/キャラクターデザイン:竹下美紀>
<放送時期:2014年7月~2014年9月/公式サイト
グラスリップ 1 [Blu-ray] グラスリップ 2 [Blu-ray] グラスリップ 3 [Blu-ray] グラスリップ 4 [Blu-ray]


『ハナヤマタ』1話~最終話(2014.09.24)
<マッドハウス/エイベックス・ピクチャーズ>
<監督:いしづかあつこ/シリーズ構成:吉田玲子/キャラクターデザイン:渡辺敦子>
<放送時期:2014年7月~2014年9月/公式サイト
ハナヤマタ1 [初回生産限定盤][Blu-ray] ハナヤマタ2 [初回生産限定盤][Blu-ray] ハナヤマタ3 [初回生産限定盤][Blu-ray] ハナヤマタ4 [初回生産限定盤][Blu-ray]


『月刊少女野崎くん』1話~最終話(2014.09.23)
<動画工房/KADOKAWA メディアファクトリー>
<監督:山﨑みつえ/シリーズ構成:中村能子/キャラクターデザイン:谷口淳一郎>
<放送時期:2014年7月~2014年9月/公式サイト
月刊少女野崎くん Blu-ray BOX



【2011年】
『花咲くいろは』14話~26話(2011.09.28)
『花咲くいろは』1話~13話(2011.07.06)
<P.A.WORKS/ポニーキャニオン>
<監督:安藤真裕/シリーズ構成: 岡田麿里/キャラクターデザイン:岸田メル(原案)、関口可奈味>
<放送時期:2011年4月~2011年9月/公式サイト
TVシリーズ「花咲くいろは」 Blu-rayコンパクト・コレクション(初回限定生産)


『魔法少女まどか☆マギカ』1話~最終話(2011.04.26)
<シャフト/アニプレックス>
<監督:新房昭之/脚本:虚淵玄/キャラクターデザイン:蒼樹うめ(原案)、岸田隆宏>
<放送時期:2011年1月~2011年4月/公式サイト
魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)



【2010年】
『けいおん!!』14~26話(2010.10.09)
『けいおん!!』1~13話(2010.07.06)
<京都アニメーション/ポニーキャニオン>
<監督:山田尚子/シリーズ構成:吉田玲子/キャラクターデザイン:堀口悠紀子>
<放送時期:2010年4月~2010年9月/公式サイト
けいおん!! Blu-ray Box (初回限定生産)


『とある科学の超電磁砲<レールガン>』13~24話(2010.03.25)
『とある科学の超電磁砲<レールガン>』1~12話(2009.12.27)
<J.C.STAFF/ジェネオン・ユニバーサル>
<監督:長井龍雪/シリーズ構成:水上清資/キャラクターデザイン:灰村キヨタカ、田中雄一>
<放送時期:2009年10月~2010年3月/公式サイト
とある科学の超電磁砲 Blu-ray BOX〈初回限定生産〉

| アニメ雑記 | 20:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スペランカーは本当にマリオに比べて貧弱なのか?

 ニコニコ生放送で実況プレイをしていたファミコン版『スペランカー』は、5週間ほどかかりましたが先日ようやっとクリアしました!(ただし1周目だけ) たくさんの人が応援してくださったおかげです。本当にありがとうございました。

 ゲームが下手ながら実況プレイで『スペランカー』クリアしました!【跡地】


 さて、ファミコン版『スペランカー』の話です。
 数か月前までの私を含め、このゲームをプレイしたことがない・クリアしたことがない人にはこのゲームを誤解している人も多いんじゃないかと思います。「主人公がすぐ死ぬクソゲー」みたいな言い回しは極端だとしても、「主人公が貧弱」「ゲーム史上最弱の主人公」とはよく言われますし、ネットスラングでよく怪我をするスポーツ選手を「○○のスペランカー」と呼ぶこともありますし、とにかく「他のゲームに比べて主人公が弱い」と言われがちです。

 しかしです。
 例えば『スペランカー』でよく言われる「少しの段差で死ぬ」みたいな話はデマです。

supevsmario1.jpg
supevsmario2.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 もし本当に「少しの段差で死ぬ」のならば、階段から降りることすら出来ずにゲームを進めなくなってしまうことでしょう。このくらいの段差ならばスペランカーだって普通に歩いて降りることが出来るのです。「少しの段差で死ぬ」というのは、スペランカーをプレイしたことのない人がイメージで言っている偏見であって、正確な情報ではないのです。



supevsmario3.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 まぁ……ジャンプして、階段を一段飛ばしで降りようとすると死ぬんですけどね。




 ということで、『スペランカー』をようやくクリアした私が「本当の『スペランカー』」を伝えることで、この傑作に対する間違ったイメージを払拭していくこと―――そして、「どうして『スペランカー』だけが“主人公が貧弱”だと思われているのか」を考えていくことが今日の記事の目的です。


1.「スペランカーは少しの段差から落ちただけで死ぬ」は本当か?
 先ほどもうフライング的に「デマだ」と言ってしまいましたが、それでは実際にスペランカーはどの程度の高さからの落下まで耐えられるのかを見てみましょう。



supevsmario4.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 スペランカーの背丈はこのくらい。


supevsmario5.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 このくらいの高さからなら落下しても死にません。
 横にズレてロープから手を放しても大丈夫です。


supevsmario6.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 この高さでも大丈夫です。


supevsmario7.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 この高さだと死にます。



supevsmario8.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 これが大丈夫で……


supevsmario9.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 これがダメ。



 分かってしまえば分かりやすいですよね!
 Wikipediaには、自分の身長が16ドットに対して、15ドット以上の高さから落下したら死ぬと書かれていますね。


 「いやいや、それは分かりづらいだろう」と思われるかも知れませんが、実際にゲームを遊ぶと分かりやすく「最序盤の1段目」の階層でこのルールは提示されているのです。




supevsmario10.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 ゲーム開始直後。
 何の情報もなく「初めてゲームを遊ぶ人」は迷わず1段目の階層に進みますよね。


supevsmario11.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 「いやっほうううう!アイテムがいっぱいあるぜー!」と、とりあえずアイテムを回収していくことと思います。


supevsmario12.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 ですが、その帰り道。
 ちょうど「スペランカーが落ちたら死ぬ高さの段差」が待っているのです。

 何も知らずにここを歩いて降りようとするとあっさり死ぬので、「なるほど、このゲームはこの高さから落ちると死ぬのね」と分かることが出来るのです。降りるためには、一旦ロープに飛び移って、ロープで下に降りる必要があると分かるのです。



 「自分の背丈くらいの高さから落下すると死ぬ」スペランカーですが、これは別にスペランカーに限った話ではありません。


supevsmario13.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『ドンキーコング』より引用>

 ゲーム界のスーパースター:マリオさんは、スペランカーを語る際によく「マリオに比べてスペランカーはすぐ死ぬ」と引き合いに出されますが……デビュー作『ドンキーコング』を見れば、マリオも別に頑丈ではないんですね。


supevsmario14.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『ドンキーコング』より引用>

 例えば、これくらいの高さから降りようとすると……


supevsmario15.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『ドンキーコング』より引用>

 あっさり死にます!


supevsmario16.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『ドンキーコング』より引用>

 この画像はわざわざ高さを測るために右側のエレベーターから回り道をした画像ですが、スペランカー同様にマリオもまた「自分の背丈くらいの高さから落下すると死ぬ」ことが分かると思います。


 もちろん現在のマリオさんは雲の上から落下してもピンピンしているので、「昔はすぐ死んでいたが今はそうではない」のですが……では、いつからマリオさんは「自分の背丈くらいの高さから落下しても耐えられる」ようになったかというと、1983年の『マリオブラザーズ』からなんですね。

 『ドンキーコング』のアーケード版が1981年ですから、その2年の間に何があったか……というと。



supevsmario17.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『ドンキーコングJr.』より引用>

 マリオが敵のゲーム、『ドンキーコングJr.』が1982年にあるんですね。
 このゲームのラストで、マリオは高所から落下して……


supevsmario18.jpg
supevsmario19.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『ドンキーコングJr.』より引用>

 死んでしまいます。
 この時点ではまだ「高いところから落下すると死ぬ」んです、マリオさんも。

 ということで、恐らく1982年の『ドンキーコングJr.』のラストで高所から落下して死んでしまったマリオさんは、その反省から高所からの落下を克服すべく努力をした結果、今の「雲の上から落ちても死なないマリオさん」になったのだと思うのです。

 1983年の『マリオブラザーズ』はひょっとしたらその修行段階かも知れませんね。あのゲームの舞台は下水管の中なため、「高所」と言ってもたかが知れていますし、「敗北からのリベンジを志して、パワーアップのための修行がてら配管工のバイトをしていた」と考えると映画によくある修行シーンのようにも見えてきます。

 1984年はマリオにとって修行の年かも知れません。1月には『テニス』の審判をして動体視力を鍛え、8月には『レッキングクルー』でビルの解体工事をして体を鍛え、『パンチアウト!!』のアーケード版では観客として登場するので「生のボクシングを観て学ぼう!」と考えたのかも知れません。それが興じて、後に出るファミコン版の審判になったのかも知れませんが(笑)。

 ちなみに『レッキングクルー』でのマリオはジャンプできませんが、ビルの上の高いところから落ちても死にません。修行の成果が表れていると言えるかも知れませんね。



 このような修行の日々を経て、1985年の『スーパーマリオブラザーズ』が発売されます。

WiiU_screenshot_GamePad_0106C_201606211551321f2.jpg
<画像はファミリーコンピュータソフト『スーパーマリオブラザーズ』より引用>


 このソフトは全世界的に大ヒットしたソフトなので、この作品だけを見て「マリオは雲の上から落ちてもピンピンしている強靭な肉体の持ち主だ」と生まれつきの超人のように思ってしまう人もいるかも知れませんが、マリオだって最初はスペランカー同様に「自分の背丈くらいの高さから落下すると死ぬ」普通の人間だったのが、並々ならぬ努力の果てに強靭な肉体を手に入れただけなのです。

 マリオだって決して生まれながらのスーパースターではないのです!
 一方のスぺランカーも、シリーズを重ねたファミコン版の続編『スペランカーII 勇者への挑戦』や、アーケード版やアーケード版の続編『スペランカーⅡ 23の鍵』では頑丈になっていますからね。同一人物なのかどうかは微妙だけれど。


2.スペランカーはどうして「ちょっとのスキマ」に落ちて死ぬのか
 『スペランカー』というゲームをアクションゲームとしての特徴で分析すると、まず最初に先ほど述べた「自分の背丈くらいの高さから落下すると死ぬ」が挙がりますが、もう一つ重要なのは「空中で自分の体を動かすことが出来ない」というものがあります。

 『スペランカー』というゲームが「すぐに死ぬゲーム」と思われるのは、この二つの合わせ技なんですね。

supevsmario20.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 これはゲーム開始直後の場面です。
 『スーパーマリオブラザーズ』の1-1のクリボーが如何に世界中のマリオを殺してきたかと同様に、『スペランカー』もまた最初のここで多くのプレイヤーが死んできたことと思います。ゲーム実況のログを見てもらえば分かると思いますが、私もここで死にました。


supevsmario21.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 このスキマを歩いて通ろうとすると、即死亡です。



 「それは流石に貧弱すぎるだろう!」と思われた人もいるでしょうが、「空中で自分の体を動かすことが出来ない」というこのゲームの特徴を思い出してください。空中で自分の体を動かすことが出来ないのならば、少しでも足を踏み外したのなら……


supevsmario22.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』の画面を加工したものです>

 画面の下まで真っ逆さまに落ちていくしかありません。


 スペランカーの死因の上位に挙げられる「ロープから手を放して落っこちて死ぬ」も同じ理由です。スペランカーは空中で自分の体を動かすことが出来ないため、ロープが届かない位置に動いてしまったら後は真っ逆さまに落ちるしかありません。現実として考えれば全く普通のことですよ。



 ゲームの歴史から考えると、『スペランカー』は「ジャンプ中に空中制御が出来ない」タイプの2Dアクションゲームです。ジャンプボタンを押した後に、左右のボタンを押してもジャンプを調節できないんですね。
 そして、そういうゲームは決して『スペランカー』だけではありません。マリオさんも『ドンキーコング』『マリオブラザーズ』『レッキングクルー』では空中制御できませんでした。マリオさんが空中で動けるようになったのは『スーパーマリオブラザーズ』からです。

 『スーパーマリオブラザーズ』の「空中制御が出来るジャンプ」は『パックランド』のパクリだとよく言われるのですが、検索してみたら当時のゲームのジャンプについてものすごい研究をしている記事が出てきました。武者アヴェスタさんのブログ


 スーパーマリオジャンプ論(前編)
 スーパーマリオジャンプ論(中編)
 スーパーマリオジャンプ論(後編)
 スーパーマリオジャンプ論(後編・資料)


 SUGEEEEEEEEEEEE!
 資料としてもすごいし、分析も面白いですねぇ。

 『パックランド』は『ハイパーオリンピック』の系譜というのは、言われてみれば。
 とりあえず今日の記事に関係があるところだけ考えることにして、「ジャンプ中に空中制御ができるゲーム」は『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)以前に『パックランド』(1984年)しかなかったワケではなくて、『MAJOR HAVOC』(1983年)、『ボンジャック』(1984年)、そして『ジャンプバグ』(1981年)と……「ジャンプ」というよりかは「浮遊」のように思えるものありますが、実はまぁそれなりにあったんですね。


 しかし、数年前にマリオのジャンプについての記事を書いた私として書いておかなければならないのは、「『スーパーマリオブラザーズ』のジャンプが空中制御できる」のは「ゲームデザイン上、それが絶対に必要だから」です。


WiiU_screenshot_GamePad_0106C_201606211732599fa.jpg
<画像はファミリーコンピュータソフト『スーパーマリオブラザーズ』より引用>

 『スーパーマリオブラザーズ』がそれ以前の『マリオブラザーズ』等のゲームと違うのは「敵を上から踏んづけて倒せる」ということです。クリボーやノコノコ、果てはジュゲムやキラーなどといった動く敵を踏んづけて倒すためには、「空中で位置を調整する機能」が絶対に必要です。
 『ドンキーコング』や『マリオブラザーズ』のジャンプには「敵を踏んづけて倒す」機能がなかったため、「空中で位置を調整する機能」は特に必要がなかったんですね。『ドンキーコング』のジャンプは足場から足場に移動したり、タルを飛び越えたりするものですから。

 そう考えると……『スーパーマリオブラザーズ』の「ジャンプが空中制御できる」元ネタは、『バルーンファイト』(1984年)の更に元ネタの『ジャウスト』(1982年)じゃないかなぁと私は考えます。
 以前の記事のコメント欄で「『スーパーマリオブラザーズ』の“本来なら触れると死ぬ敵を踏んづけて倒せる”要素は、『パックランド』の“本来なら触れると死ぬ敵の上に乗れる”要素のパクリだ」という指摘があったのですが……1982年の『ジャウスト』がそのまんま“本来なら触れると死ぬ敵を踏んづけて倒せる”ゲームですし、元々は『ジャウスト』を移植しようとした『バルーンファイト』のアーケード版を開発したSRDが『スーパーマリオブラザーズ』の開発に関わっているのだから、元ネタとしては直接の系譜だと思いますしね。

WiiU_screenshot_GamePad_01087.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『バルーンファイト』より引用>



 ともかく。
 『スーパーマリオブラザーズ』で「ジャンプが空中制御できる」ようになったのは、ジャンプに「敵を攻撃して倒す機能」が追加されたからで、それはつまり当時のアクションゲームが多彩なアクションで多彩な敵と戦う複雑なゲームになっていた流れだと思うんですね。
 1980年代後半以降になると、2Dアクションゲームは「高速で動く足場に次々と飛び乗って進む」みたいなゲームが普通になっていきますが、ああいうゲームは「ジャンプが空中制御できない」のなら成り立ちません。


 さて、話を『スペランカー』に戻しましょう。
 『スペランカー』の発売はファミコン版が1985年ですが、シリーズの最初は1983年のアタリ版です。「落下に耐えられる高さ」などはファミコン版とちがいますが、「ジャンプが空中制御できない」のでロープからズレただけで死ぬなどはこの頃から一緒みたいです。

 つまり、『スペランカー』は『パックランド』も『スーパーマリオブラザーズ』もなかった時期に作られたゲームなんです。「ジャンプが空中制御できない」のが標準だった頃のゲームなんです。だから、特にスペランカーだけが能力が低いワケではないんです。
 そして、このゲーム……『スーパーマリオブラザーズ』のように動きまわる敵を踏んづけて倒したり、後の2Dアクションゲームのように動く足場から足場に飛び移って進むみたいな場面はありません。「ジャンプが空中制御できる」必要性もないんですね。その時代に作られたゲームですから。

 今の感覚でプレイすると「ジャンプが空中制御できないなんておかしい」と思われるかも知れませんが、それはゲームが生まれた時代背景を軽視した発言だと思います。それが標準だった時代に、それで問題なく遊べるようにデザインされたゲームなのですから。


3.スペランカーは本当に「すぐ」エネルギー切れで死んでしまうか?
supevsmario23.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』の画面を加工したものです>

 画面では分かりづらいかも知れませんが、黄色い四角で囲んだのがこのゲームの「エネルギーゲージ」です。左が「MIN」で右が「MAX」、時間が進むにつれて青色の▲が右から左に移動して、左端まで到達したら死んでしまいます。
 それを「貧弱」だと言われたなら、『スーパーマリオブラザーズ』だってTIMEが0になったら死ぬじゃねえかとか、『スペランカー』はアイテムでエネルギーを補給できるので「どのタイミングで補給するか」に戦略性があって面白いんじゃねえかとか、色々言えるのですが……

 単純にストップウォッチで測ってみて、マリオさんとスペランカーのどちらが長く戦えるのかの比較をしてみましょう。


supevsmario13.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『ドンキーコング』より引用>

 『ドンキーコング』は右上の「BONUS」がタイムゲージです。クリアした際にもらえるボーナススコアが5000から始まって徐々に少なくなり、0になるとマリオが死んでしまいます。1周目の1面でゲーム開始と同時にストップウォッチを起動して何秒耐えられるのか調べてみましょう。


WiiU_screenshot_GamePad_0107E.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『ドンキーコング』より引用>

 1分41秒325でした。





supevsmario20.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 では、次に『スぺランカー』。
 1周目の最序盤、エネルギーは補給せず、銃も使わないで何秒持つか測ってみます。



WiiU_screenshot_GamePad_01194.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 1分48秒278でした。



 思った以上の僅差でしたが……

 なんと!スぺランカーの方がマリオよりも長く生きられるのです!

 銃を使わなければ……ですけどね、銃を使わずにお化けから逃げ回るの大変でした。



4.コウモリのフンに当たって死ぬスペランカーは貧弱か?
 スペランカーの死因の一位は、「1」や「2」で語った落下死です。
 次にそこかしこから噴射されるガスによる死亡、あとはお化けに捕まる死……この辺についてはみなさんも特に「スペランカーは貧弱だ」とは思わないでしょう。我々だって有毒ガスを吸ったら死にますし、お化けに捕まったら呪い殺されますし、頻度は少ないですが自分でセットした爆弾の爆発で死ぬのもおかしくはないでしょう。


 「スペランカーは貧弱だ」という話でよく言われるのは、「コウモリのフンに当たって死ぬのはおかしい」というものです。

 確かに現実の我々は、(いい気分ではありませんが)コウモリのフンが直撃したからといって即死はしないでしょう。「スペランカーは貧弱だ」と言われても仕方ないかも知れません。
 しかし、それを言うとマリオさんだって『マリオブラザーズ』だとハエに触れただけで死ぬんですよ。カメに触ったら死ぬ、カニに触ったら死ぬ―――これらもどうかと思いますが、まあ譲歩しましょう。カメに噛まれたら痛そうですし、カニに挟まれたら痛そうです。しかし、ハエは……ハエに人間を殺す力があるとは到底思えません。コウモリのフンに当たって死ぬスペランカーが虚弱体質だというのなら、ハエに触っただけで死ぬマリオさんだって虚弱体質ではないんですか!?





supevsmario24.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『マリオブラザーズ』より引用>

 まぁ、『マリオブラザーズ』に出てくるハエは人間の肩くらいの大きさがあるので、実際に遭遇したら超怖いと思いますけどね。



 そもそも「コウモリのフンに当たって死ぬゲーム」は『スペランカー』だけではありません。
 『アトランチスの謎』だってコウモリのフンに当たれば死にますし、『ドンキーコングJr.』は鳥の卵に当たると死にます。「コウモリのフン」よりも「鳥の卵」の方が確かに固そうですが、ゴリラのくせに鳥の卵に当たって死ぬとはゴリラ界の中では最弱じゃないかと思うのです。


WiiU_screenshot_GamePad_01297.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『ドンキーコングJr.』より引用>


 世の中には「女のコから告白されると死ぬ」ゲームだってありますしね。ゲームの主人公はとにかく死にやすいものだと思うのです。『スペランカー』だけが特別ではないんですよ!!





WiiU_screenshot_GamePad_01194_20160622155623bc0.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 まぁ……『スペランカー』の「コウモリのフン」は、ドットが細かくてよく見えないというのは問題だと思いますけどね(笑)。


スペランカー [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]スペランカー [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

任天堂 2014-11-13
売り上げランキング : 42475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 では、これまでに出てきた情報を整理してみましょうか。
 ファミコン版『スペランカー』と、初期マリオさんの性能を比べてみましょう。


1.耐久力
 スペランカー:「自分の背丈くらいの高さから落ちたら死ぬ」
 マリオさん:「自分の背丈くらいの高さから落ちたら死ぬ」

2.ジャンプ性能
 スペランカー:「ジャンプ中に空中制御できない」
 マリオさん:「ジャンプ中に空中制御できない」

3.持久力
 スペランカー:「1分48秒278で死んだ」「エネルギーは補給できる」
 マリオさん:「1分41秒325で死んだ」「エネルギーは補給できない」

4.防御力
 スペランカー:「コウモリのフンに当たったら死ぬ」
 マリオさん:「ハエに当たったら死ぬ」
 ドンキーコングJr.:「鳥の卵に当たったら死ぬ」
 シャドウゲイトの主人公:「真っ暗になると転んで死ぬ」
 ドラゴンズレアの主人公:「閉じたドアに触ると白骨化して死ぬ」



 こう見ると、スペランカーの性能もマリオさんの性能もほぼ一緒ですよね。
 もちろんマリオさんは後のシリーズで強靭な肉体を手に入れるので「貧弱だった時期で比較するのはアンフェアだ」という意見もあるかと思いますが、それを言うとスペランカーだって後のシリーズでは「自分の背丈くらいの高さから落ちたら死ぬ」ことはなくなったという話です。ただ、スペランカーの場合“後のシリーズ”があまり売れなかったため知られていないだけです。

 しかし、何故に『スペランカー』だけが「主人公がすぐ死ぬ」と言われるのでしょうか?
 ほぼ同じキャラ性能のマリオさん主人公の『ドンキーコング』だって、今でもバーチャルコンソールで遊べますし、『ファミコンリミックス』等にも収録されているので、多くの人がプレイしたことがあるでしょう。『ドンキーコング』と『スペランカー』、遊んだことのある人はどちらが多いかを考えれば……『スペランカー』の圧勝ということはないと思います。
 マリオの知名度を考えると、「マリオってデビュー作の頃は自分の背丈くらいの高さから落ちただけで死ぬんだ!スペランカー並に貧弱だったんじゃん!」と話題になってもおかしくないのに、そんな話は聞いたことがありません。



 ここに、「どうして『スペランカー』だけが“主人公が貧弱”だと思われているのか」という真実が隠されているんじゃないかと思います。


1.スペランカーが弱いのではなく、スペランカーが挑む洞窟が凶悪なのではないか
 『ドンキーコング』におけるマリオさんと『スペランカー』のスペランカーがほぼ同じキャラ性能だということは、ここまでに散々書いてきました。マリオさんもスペランカー同様に「自分の背丈くらいの高さから落ちたら死ぬ」んです。


 しかし、『ドンキーコング』を普通にプレイしても「自分の背丈くらいの高さから落ちたら死ぬ」ことを意識はしないんじゃないかと思います。

 強いて意識するのは75mのエレベーターから飛び降りるところくらいで、ひょっとしたら『ドンキーコング』をプレイしたことのある人も「自分の背丈くらいの高さから落ちたら死ぬ」ことを知らないままプレイしていた人もいるんじゃないかと思うのです。知らないままでもフツーにクリア出来ますからね。



 一方の『スペランカー』はそういうワケにはいきません。
 最序盤の一段目から「自分の背丈くらいの高さから落ちたら死ぬ」ことを提示されますし、その後もエレベーター、小さな落とし穴、ロープ、ツタ、階段などなどなど……ありとあらゆる場面で常に「自分が落ちたら死ぬ高さ」と「落ちても死なない高さ」のギリギリのところでのプレイを要求されます。

 『ドンキーコング』のマリオさんが「自分の背丈くらいの高さから落ちたら死ぬ」ことを知らないままでもクリアできるのに対して、『スペランカー』は「自分の背丈くらいの高さから落ちたら死ぬ」ことを熟知した上で攻略しなければクリアできないのです。


 そうです。「マリオさんに比べてスペランカーは貧弱だ」ではないのです。
 ほぼ同じキャラ性能でありながら、マリオさんが挑む『ドンキーコング』のビルよりも、スペランカーが挑む『スペランカー』の洞窟の方が凶悪だから「スペランカーはすぐ死ぬ」「スペランカーはゲーム史上最弱の主人公だ」なんて言われているのです。



 『スペランカー』で頻発する「ロープからジャンプしようとしたらジャンプボタンを押すタイミングが遅くて落下死」は、とにかく「スペランカーはすぐ死ぬ」という印象を強めていることと思いますが……
 そもそも、『ドンキーコング』のマリオさんや、『ドンキーコングJr.』のドンキーコングJr.は、ハシゴやツタからジャンプすることが出来ません。その能力がありませんし、その能力がなくてもクリアできるステージ構成なんですね。

WiiU_screenshot_GamePad_01194_20160622155819e6f.jpg
<画像はファミリーコンピュータ版『スペランカー』より引用>

 しかし、『スペランカー』においては超超超超基本テクニックです。
 これが出来なければ1面どころか1段目すらクリアできません。

 必要がないから「ハシゴからのジャンプ」をしないマリオさんと、それが出来ないと全く進めないくらい凶悪な洞窟に挑んでいるからこそ「ロープからのジャンプ」を繰り返すスペランカー………それでもあなたは「スペランカーは貧弱だ」と思いますか?



 時間制限もそうです。
 『ドンキーコング』の1面あたりの広さはたかが知れています。少なくとも1周目のプレイで「時間切れで死んでしまう」人はほとんどいないでしょう。
 しかし、『スペランカー』は1面あたりの広さが広大で、どういう順番で攻略して、どこでエネルギーを補給するかを考えながらプレイしなければなりません。「後々のことを考えて、この段をクリアするまでここのエネルギーは温存しておこう」とした結果、それが間に合わずにエネルギー切れで死んでしまうこともあります。

 マリオさんに比べてスペランカーが貧弱だからすぐにエネルギー切れで死んでしまうのではないのです。単純なエネルギー切れまでの時間を比較したらスペランカーの方が長かったように、スペランカーは広大なステージを攻略しなければならないため、常にエネルギー切れのリスクと隣り合わせのプレイが求められるのです。



2.「すぐ死ぬ」のではなく、「すぐリトライできる」のではないか
 『スペランカー』というゲームは、意外かも知れませんが「残機がガンガン増えていくゲーム」です。
 ステージのクリア時に1機増えますし、「ミラクル」という何が出るのか分からないアイテムで1機増えることがありますし、各ステージに2か所ずつある「隠しアイテム」で1機増えることもあります。私の実況プレイでは最高で「残機7機」まで増えていましたね。

 『ドンキーコング』や『マリオブラザーズ』はこうはいきませんよね。
 ちょっと時間が足りなくなってしまったので調べる時間がありませんが、どちらも稼いだスコアによって1回だけ1機UPする仕様だったように記憶しています。

 要は、『スペランカー』は「残機がガンガン増えていくけど、その分だけガンガン死んでいくよ」というゲームなんですね。マリオシリーズで言えば『スーパーマリオギャラクシー』に近いです。死にやすさだけを見て比較するのは、そもそも間違っているのです。



 また、「リトライポイント」も大きくちがいます。
 『ドンキーコング』や『ドンキーコングJr.』は死んでしまったらその面の最初からやり直しです。『スーパーマリオブラザーズ』であっても、「その面の最初から」か「その面に1つだけある中間ポイントから」ですよね。中間ポイントの数は変化しますが、マリオシリーズは基本的にそういう仕様だと思います。


 『スペランカー』は死んでしまっても、「最後に取ったアイテム」から再開なんです。
 「最後に取ったアイテム」に「鍵」は含まれないとか、「エレベーター」も含まれるとか色々あって……例えば「鍵」以外のアイテムをわざと取らないようにすれば、帰り道の途中で死んでも階層の入り口までワープできるみたいな戦略性もあるのですが。そこはまぁ置いといて。
 
 普通にプレイしていると『スペランカー』は、死んだところのすぐ手前から再開になるんです。難しい局面の手前にアイテムが置いてありますからね。
 故に、「あ……しまった、死んだ…」→ 「もう1回だ!」→ 「あ……しまった、死んだ…」→ 「もう1回だ!」→ 「あ……しまった、死んだ…」と、同じ箇所で何度も死んで一気に残機を失うことになりがちです。


 マリオシリーズの作者である宮本さんはこれがあまり好きじゃないみたいなんですね。
 死んでしまった後すぐその場から再開すると、「難しい箇所」ばかり繰り返してプレイすることになるからつらくなってしまうだろうと、マリオシリーズは死んだ後「面の最初」のような「簡単な場所」からやり直させるのだとどこかで読んだことがあります。その言い分は私はあまり賛同できなかったのですが………


 『スペランカー』が「すぐ死ぬゲーム」と言われているのを見るに、宮本さんがマリオシリーズで「死んだところのすぐ手前から再開」をやりたがらないのも分からなくもないと思いました。
 『スペランカー』の「リトライポイント」は、“死んだところのすぐ手前から再開になる”か“敢えてアイテムを取らないことでずっと前に戻る”を選べるので私としてはものすごーーーーーく快適に遊べました。すぐ手前から再開できるから、「さっきのプレイの何が悪かったか」をすぐに修正して再挑戦できましたからね。この一点で言えば、私は全マリオシリーズよりも『スペランカー』の方が気に入っているくらいです。

 しかし、中には「何だよ!同じところで死んでばっかじゃねえかよ!」と怒り出す人がいて、『スペランカー』が「主人公がすぐ死ぬクソゲー」「主人公が貧弱」「ゲーム史上最弱の主人公」と言われるようになってしまったのだとすれば……快適にリトライできるゲームが必ずしもプレイヤーを快適に遊ばせてくれるワケではないのかなとも思いました。


ドンキーコング [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]ドンキーコング [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

任天堂 2014-10-30
売り上げランキング : 21302

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 恐らくここまで読んでくださった人や、途中で読むのをやめて結論だけ読んでいる人の中には……

・「スペランカーが貧弱だ」と言っているのはあくまでネタとして
・何、ネタにマジレスしてんの。バカじゃねーの
・ネタにしてあげているんだからスペランカーだって本望のはずだ
・むしろ公式だってネタにしているじゃねえか


 こんな風に思った人もいるかも知れません。
 「真実ではない」ことを分かった上で、面白として「ネタにしてみんなで笑っている」のに、空気読まずにマジレスしてんじゃねえよ!と怒っている人もいるかも知れません。


 しかし、最初はそれが真実ではないと分かっている人だけが「ネタとして楽しんでいる」ものが、その内に拡散されて事情を知らない人にまで届いて、事情を知らない人が「真実」だと誤解して、それがまた別の事情を知らない人に拡散される―――これを「デマ」と言わずに、何と呼べばイイのでしょう!



 ……

 ………と、何だか書いている間にヒートアップしてきて「俺は社会の巨悪と戦うんだ!」くらいのテンションになってきましたが、なんで私こんなことを熱く語っているのでしょう。私、別にスペランカーの保護者でもなんでもないのに。
 とりあえず『スペランカー』はとっても面白いゲームなんで、やったこともないのに知ったかぶりで「主人公がすぐ死ぬクソゲーなんでしょ?」なんて言おうものならゲラゲラ笑われますよとは言っておきまする。



 そういえば、『スペランカー』ってノベライズも出ているんですね。
 公式サイトのあらすじを見ると……

<以下、引用>
 数々の秘境や洞窟を制覇してきた冒険家・ジーン・フェロウズ。ドクターと呼ばれる彼の元に、ジャックという名の一人の青年が弟子入りを志願する。一度は断られたジャックであったが、ドクターの弟子・ロバートや愛娘・エマの口添えもあり、何とか弟子として認められるのであった!
 時は流れ、トレーニングに励みながら冒険をする日を待ち望むジャックのもとに、ロバートから幻の古代文明──スペランカー文明の遺跡情報がもたらされる。現代をも凌ぐ科学力を有しながらも滅びたとされる古代スペランカー文明。ジャックたちはその謎を解くため遺跡に挑むのだが、そこはコウモリやゴースト、数々のトラップに満ち溢れた遺跡であった!
 ジャックたちは遺跡を攻略できるのか? 遺跡に遺された秘宝とは? そして……ジャックたちの恋の行方はいったいどうなるの?

</ここまで>


 えっ……
 「古代スペランカー文明」……?


 スペランカーって主人公の名前じゃないの!?
 主人公の名前だと思って、ずっと「スペランカーは本当にマリオに比べて貧弱なのか?」とか書いてきたよ!


スペランカー(桜ノ杜ぶんこ)スペランカー(桜ノ杜ぶんこ)
宮村優 一二三書房

一二三書房 2013-10-05
売り上げランキング : 619304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 20:00 | comments:7 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

自分が期待している2016年の夏アニメラインナップ

※ 6月25日:『甘々と稲妻』の放送日程と、『魔法少女?なりあ☆がーるず』の放送日程とゲネプロ風景の映像を追加しました
※ 6月25日:『あまんちゅ!』『ベルセルク』『レガリア The Three Sacred Stars』の情報を追加しました
※ 7月2日:『モブサイコ100』の情報を追加しました



 またこの時期が来ましたよ!
 3ヶ月に1度、来月から始まる(主に)深夜アニメの中から、自分が「とりあえず第1話だけでも観てみよう」とした作品をリストアップするだけの記事です!アニメ初心者の人は「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」と絶望してしまうかも知れないので、その参考情報の一つになれればイイかなと思います。

 この文言(↑)、もう3年以上も使いまわしているのだけど……3年もアニメを観ていたらもう「アニメ上級者」を名乗って良いんじゃないか!?


 大豊作だった春アニメに比べると夏アニメは地味かなーと思ってラインナップを見てみたんですが、来季も面白そうな作品が多くて7作品に絞り込むためにいくつかの作品を泣く泣く諦めました。
 今季自分が観ているアニメで来季も続く作品は『クロムクロ』だけでしょうから、スケジュール的にはかなり余裕あるんで4~5本は観られるかなぁ……


(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの切り方”講座
(関連記事:初心者の自分が、インターネットの無料配信で深夜アニメを観てみました
(関連記事:たくさんあるアニメ作品を「食わず嫌い」すること

 来季始まるアニメを全部網羅したいという人は、『脳とアニメーション』さんの一覧記事『あにめも』さんのアニメチェックのページを見ると分かりやすいと思います。



◇ 『この美術部には問題がある!』
 <公式サイト
 <女男女男女

【キンドル本】
この美術部には問題がある!(1)<この美術部には問題がある!> (電撃コミックスNEXT) この美術部には問題がある!(2)<この美術部には問題がある!> (電撃コミックスNEXT) この美術部には問題がある!(3)<この美術部には問題がある!> (電撃コミックスNEXT) この美術部には問題がある!(4)<この美術部には問題がある!> (電撃コミックスNEXT) この美術部には問題がある!(5)<この美術部には問題がある!> (電撃コミックスNEXT)

 今季のプッシュ1枠目はコレ!
 自分でも意外なのだけど、PVを観て「これは…!」と思ってしまったのです!

 原作は電撃マオウで連載中の学園コメディ漫画です。
 中学校の美術部を舞台に、絵の才能がありながら「最強の二次元嫁を描き出すこと」にしか興味がない男子と、そんな男子に惹かれてしまう女子を主人公とした作品みたいですね。色彩・キャラデザともにポップでいながら突飛でもないいいバランスですし、何よりヒロインの女のコが私好みです!


 ……


 ………


 「まっすぐな青春学園生活もの」として楽しめそうですし、ヒロイン役の小澤亜李さんは「振り回される一途なヒロイン」はお手の物でしょうし、「私の好み」は置いといても安心して楽しめるアニメになるんじゃないかと思います。アニメーション制作はfeel.で、監督は及川啓さん、シリーズ構成が荒川稔久さん、キャラクターデザインが大塚舞さん。

 ふむ……feel.なのか……




 放送日程は、
 TBSでは7月7日~(木曜日深夜)
 CBCでは7月7日~(木曜日深夜)
 サンテレビでは7月8日~(金曜日夜)
 BS-TBSでは7月9日~(土曜日深夜)

【紙の本】
この美術部には問題がある! (1) (電撃コミックスNEXT) この美術部には問題がある! (2) (電撃コミックスNEXT) この美術部には問題がある! (3) (電撃コミックスNEXT) この美術部には問題がある! (4) (電撃コミックスNEXT) この美術部には問題がある! (5) (電撃コミックスNEXT) この美術部には問題がある! (6) (電撃コミックスNEXT)



◇ 『ラブライブ!サンシャイン!!』
 <公式サイト
 <女女女女女

君のこころは輝いてるかい?(Blu-ray Disc付) 恋になりたいAQUARIUM(Blu-ray Disc付)

 『ラブライブ!』シリーズの新展開!
 電撃G's magazine、サンライズ、ランティスの三社による合同プロジェクト『ラブライブ』は2010年から始まり、アニメは第1期が2013年、第2期が2014年、劇場版が2015年に放送・公開されました。劇場版でμ'sを主人公とするストーリーは一区切りとなっていて、「これからは新しい世代に引き継がれる」と締めくくられた通り……

 『ラブライブ!サンシャイン!!』は、キャラも舞台も一新された新しい物語になっているみたいです。
 PVを見ると「キャラが『ラブライブ!』とかぶっているような……」と思わなくもないのですが、『ラブライブ』が東京の都会どまんなかを舞台にしていたのに対して、『サンシャイン!!』は静岡県沼津市を舞台にしていて海などの美しい自然が描かれているのが魅力的ですね。

 アニメーション制作は言うまでもなくサンライズ。シリーズ構成の花田十輝さんは続投されていますが、監督は酒井和男さんに変わっていてどうなるか……




 放送日程は、
 TOKYO MXでは7月2日~(土曜日夜)
 サンテレビでは7月2日~(土曜日夜)
 KBS京都では7月2日~(土曜日夜)
 BS11では7月2日~(土曜日夜)
 テレビ愛知では7月2日~(土曜日深夜)
 静岡放送では7月4日~(月曜日深夜)
 テレビ北海道では7月5日~(火曜日深夜)
 TVQ九州放送では7月5日~(火曜日深夜)



◇ 『甘々と稲妻』
 <公式サイト
 <男女女女男

【キンドル本】
甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

 原作はgood!アフタヌーンで連載中のホームドラマ漫画です。
 半年前に妻を亡くした高校教師と、幼稚園児の娘と、料理研究家の母を持つ女子高生の3人が料理を通じて食卓で心を通わせていくというストーリーです。料理漫画なんだけど、3人とも料理ができないところから始まるというのが特色ですかね。

 私は原作は未読なんですが、原作者の雨隠ギドさんが描いた百合短編集『終電にはかえします』がすごく好きだったので、こちらの作品にも期待しています。
 アスミック・エース、トムス・エンタテインメント、シンエイ動画、ジェイアール東日本企画、住友商事の5社が共同で企画して立ち上げたアニメ放送枠「あにめのめ」の第1弾作品だそうです。なので、アニメーション制作はトムス・エンタテインメント。監督は岩崎太郎さん、シリーズ構成は広田光毅さん、キャラクターデザインは原田大基さんです。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは7月4日~(月曜日深夜)
 読売テレビでは7月4日~(月曜日深夜)
 BS11では7月5日~(火曜日深夜)
 AT-Xでは7月7日~(木曜日夜)

【紙の本】
甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンKC) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンKC) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンKC) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンKC) 甘々と稲妻(7) 通常版: アフタヌーン



◇ 『orange』
 <公式サイト ※音が出ます
 <女男男女女

【キンドル本】
orange : 1 (アクションコミックス) orange : 2 (アクションコミックス) orange : 3 (アクションコミックス) orange : 4 (アクションコミックス) orange : 5 (アクションコミックス)

 原作は別冊マーガレット→月刊アクションで連載されたSF青春漫画です(完結済み)。
 2015年には土屋太鳳さん主演で実写映画化されていて、主題歌がアニメと共通ですし、同じ東宝ですし、「実写映画」と「テレビアニメ」を同時に製作していたみたいですね。

 私はあまり少女漫画に詳しくないですし、ハマることもそんなにないため、この作品の原作も映画もノーチェックだったのですが……PVが、まぁ面白そうで!面白そうで!

 ストーリーは、16歳の少女の元に「10年後の自分」から手紙が届き、後悔しているという26歳の自分の願いを知った少女が行動していく―――というSFものです。『シュタインズゲート』のDメールっぽいけど、「Dメールを送る側」ではなくて「Dメールを受け取る側」という視点なのが面白そう!
 アニメーション制作はテレコム・アニメーションフィルム、監督は『シュタインズ・ゲート』の浜崎博嗣さん、脚本が柿原優子さん、キャラクターデザインが結城信輝さんです。




 放送日程は、
 TOKYO MXでは7月3日~(日曜日深夜)
 AT-Xでは7月3日~(日曜日深夜)
 BS11では7月3日~(日曜日深夜)
 テレビ愛知では7月3日~(日曜日深夜)
 朝日放送では7月6日~(水曜日深夜)
 テレビ信州では7月14日~(木曜日深夜)

【紙の本】
orange(1) (アクションコミックス) orange(2) (アクションコミックス) orange(3) (アクションコミックス(月刊アクション)) orange(4) (アクションコミックス(月刊アクション)) orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))



◇ 『魔法少女?なりあ☆がーるず』
 <公式サイト
 <女女女男>

 3か月に1回書いているこの「自分が期待しているアニメラインナップ」の順番には実はそれなりに意図があって、5枠目は割と「抑え」の枠なんですね。「大ハズレすることのない」「安定して楽しめそう」みたいな枠です。春アニメでは『クロムクロ』、冬アニメでは『グリムガル』をここに置いていましたから。

 んで、今季の「抑え」枠の5枠目に選んだのはコレです!
 石ダテコー太郎監督の新作、生アニメです!

 『gdgd妖精s』『直球表題ロボットアニメ』『てさぐれ!部活もの』など、3DCGとアドリブありのプレスコを活用した作品を作り続けてきた石ダテ監督の最新作で――――今回は「ユーザー参加型」生アニメということで、『みならいディーバ』に近いのかなぁと思います。Twitterなのかニコ生なのかは分かりませんが、ユーザーからコメントを募集してそれを拾ってリアルタイムに進行していくみたいなカンジになるのかなと。

 石ダテ監督は『てさプル』の時に監督降板ということをしていて、正直「えー」と思ったのですけど……やっぱり「なにかしてくれる」という期待感はありますし、今回のキャスト3人の中に深川芹亜さんがいらっしゃるのがまあ楽しみなのですよ!生アニメで大丈夫?やらかしません?むしろ、全くハジケなくて大人しくしちゃったりしない?




 放送日程は、
 ニコニコ生放送で7月1日~(毎週金曜日21時~)で生アニメ『なりあ☆がーるずの生でアニメをつくるさま』を配信。ここで挑戦したアドリブ劇を元に、テレビアニメ用に編集して……

 TOKYO MXでは7月6日~(水曜日深夜)
 サンテレビでは(月曜日深夜)

に『魔法少女?なりあ☆がーるず』を放送するみたいです。


◇ 『バッテリー』
 <公式サイト
 <男男男男男

【キンドル本】
バッテリー アニメカバー版<バッテリー アニメカバー版> (角川文庫) バッテリーII アニメカバー版<バッテリー アニメカバー版> (角川文庫) バッテリーIII アニメカバー版<バッテリー アニメカバー版> (角川文庫) バッテリーIV アニメカバー版<バッテリー アニメカバー版> (角川文庫) バッテリーV アニメカバー版<バッテリー アニメカバー版> (角川文庫) バッテリーVI アニメカバー版<バッテリー アニメカバー版> (角川文庫)

 今季のノイタミナ枠です!
 原作は1996年から刊行が始まった児童文学で(完結済み)、2000年には宮野真守さん主演でラジオドラマ化、2007年には林遣都さん主演で実写映画化、2008年には中山優馬さん主演で実写テレビドラマ化されてきましたが―――テレビアニメ化は今回は初めてですね。
 告知ページみたいなのは見つかりませんでしたが、アニメ化に合わせて原作のキンドル版は「アニメビジュアルのカバー」がついてくるみたいですね。「紙の本」は特に記述はないのですが、何故かAmazonの画像だと5巻と6巻だけ「アニメビジュアルのカバー」になっていて非常にアンバランスですし、中古でしか売っていない巻は「アニメビジュアルのカバー」はついていないんじゃないかなぁ……。


 内容は、中学の野球部を舞台に「飛びぬけた才能を持つピッチャー」と「彼とバッテリーを組むキャッチャー」の二人を主人公にした話だそうです。
 アニメーション制作はゼロジー。制作元請は今回が初めての会社みたいですね。監督・脚本が望月智充さん、キャラクター原案に志村貴子さん、キャラクターデザイン・総作画監督に草間英興さん。



 放送日程は、
 岩手めんこいテレビ7月14日~(木曜日深夜)
 さくらんぼテレビでは7月14日~(木曜日深夜)
 テレビ愛媛では7月14日~(木曜日深夜)
 フジテレビでは7月14日~(木曜日深夜)
 テレビ静岡では7月14日~(木曜日深夜)
 新潟総合テレビでは7月14日~(木曜日深夜)
 テレビ熊本では7月14日~(木曜日深夜)
 福島テレビでは7月14日~(木曜日深夜)
 関西テレビでは7月14日~(木曜日深夜)
 テレビ西日本では7月14日~(木曜日深夜)
 テレビ新広島では7月14日~(木曜日深夜)
 鹿児島テレビでは7月14日~(木曜日深夜)
 秋田テレビでは7月14日~(木曜日深夜)
 仙台放送では7月14日~(木曜日深夜)
 東海テレビでは7月14日~(木曜日深夜)
 サガテレビ7月15日~(金曜日深夜)
 岡山放送では7月24日~(日曜日深夜)

【紙の本】
バッテリー (角川文庫) バッテリー〈2〉 (角川文庫) バッテリー 3 (角川文庫) バッテリー〈4〉 (角川文庫) バッテリー〈5〉 (角川文庫) バッテリー〈6〉 (角川文庫)



◇ 『NEW GAME!』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
 NEW GAME! 1巻 (まんがタイムKRコミックス) NEW GAME! 2巻 (まんがタイムKRコミックス) NEW GAME! 3巻 (まんがタイムKRコミックス)

 今季の7枠目はこちら!
 原作はまんがタイムきららキャラットで連載中の4コマ漫画で、「今日も一日がんばるぞい!」という1コマが謎の流行をしたことで有名ですね。「今日も一日がんばるぞい!」は有名だけど作中で特に重要なフレーズというワケでもないので、PVとか公式サイトとかでは使われていないのがありがたい……こういう時に「数年前に流行ったものを連呼される」と恥ずかしくなっちゃいますからね……

 ストーリーは、芳文社お得意の「女のコだらけの日常4コマ」でありながら「舞台がゲーム会社」であって主人公達が社会人というのが特徴ですね。この「舞台がゲーム会社」というのが……ゲーム大好きな自分としては「しっかり描いてくれたらすごく嬉しい」一方、「テキトーに描かれていたらものすごくガッカリしてしまう」というのが不安なので。

 話題作ではあるんですが、自分の中では「怖い」というのが正直な気持ちで7枠目にしました。

 アニメーション制作は動画工房、監督は藤原佳幸さん、シリーズ構成は志茂文彦さん、キャラクターデザインは菊池愛さんと……『未確認で進行形』のメンバーですね。このメンツならばクオリティは保証されていると思いますが、果たして…!



 放送日程は、
 AT-Xでは7月4日~(月曜日夜)
 TOKYO MXでは7月5日~(火曜日深夜)
 テレビ愛知では7月5日~(火曜日深夜)
 MBSでは7月5日~(火曜日深夜)
 BS11では7月6日~(水曜日深夜)

【紙の本】
NEW GAME! (1) (まんがタイムKRコミックス) NEW GAME! (2) (まんがタイムKRコミックス) NEW GAME!  (3) (まんがタイムKRコミックス) NEW GAME!  (4) (まんがタイムKRコミックス) NEW GAME!  (5) -THE SPINOFF! - (まんがタイムKRコミックス)


 以上、7作品をチョイスしました。
 春アニメは「日曜」と「木曜」にものすごく集まっちゃって視聴が大変でしたが……来季はイイカンジに分散してくれているかなぁと思います。

 今回も他にオススメ作品があったら教えてください。
 ブログのコメント欄やTwitter等でオススメされた作品も追記で紹介していきます。ただ、数が多すぎると私の負担も大きくなっちゃうので、紹介するのはその中で「自分が観る気になったもの」に限らせていただきます。なので、気楽にオススメしてくださると助かります。

 それでは、よろしくお願いします。




--6月25日追記--
 ここからはコメント欄やTwitterなどでオススメされた作品を挙げていきます。
 私もとりあえず第1話は観てみようと思っています。


◆ 『あまんちゅ!』
 <公式サイト
 <女女女男女

【紙の本】
あまんちゅ! コミック 1-9巻セット (BLADE COMICS) あまんちゅ!  10 (BLADE COMICS)

 原作は『ARIA』の天野こずえ先生による青春漫画で、月刊コミックブレイドにて連載中。
 伊豆半島を舞台に、ダイビングが大好きな「ぴかり」と引っ込み思案な「てこ」という二人の女子高生を中心に、高校のダイビング部を描いた作品みたいです。

 総監督を『ARIA』アニメの佐藤順一さん、監督をカサヰケンイチさん、脚本を赤尾でこさん、キャラクターデザインを伊東葉子さん、アニメーション制作をJ.C.STAFFが担当されています。
 夏アニメなので海を舞台にした作品が今季は多いですね。海の中の描写がどうなるのか、楽しみです!



 放送日程は、
 AT-Xでは7月8日~(金曜日夜)
 TOKYO MXでは7月10日~(日曜日深夜)
 サンテレビでは7月11日~(月曜日夜)
 BS11では7月11日~(月曜日深夜)
 KBS京都では7月11日~(月曜日深夜)
 静岡放送では7月12日~(火曜日深夜)


◆ 『ベルセルク』
 <公式サイト ※音が鳴ります
 <男女?女男男

【キンドル本】
[まとめ買い] ベルセルク(ジェッツコミックス)

 自分は紹介する7作の中から外しましたが、「話題作」という意味では今季でもかなり上位の話題作だと思われます。原作はヤングアニマルで連載中の超人気ダークファンタジー漫画です。
 原作は1989年から続いていて、テレビアニメ化は1997年に一度されていて、アニメ映画としては2012年~2013年に三部作が作られ、今回の二度目のテレビアニメ化はWOWOWが先行プレミア放送をする「アニメプレミア」枠で行われるみたいですね。『迷家』の後枠。

 えっと……自分が何故に最初に紹介した7作から外したかというと。
 私、この作品を読んだことも観たことも一度もないんですね。これだけの有名&人気作なのに一切知らないというのは『うしおととら』と並ぶくらい私の中で気になっていた作品ではあるんですが……なので、このアニメから観始めてもイイものなのかが分からなくて、7作の中には入れていませんでした。「話、途中から始まってるじゃん!」みたいなことにならないかなと。

 でもまぁ、オススメされたので一応は観てみます。




 放送日程は、
 WOWOWでは7月1日~(金曜日夜)
 TBSでは7月8日~(金曜日深夜)
 MBSでは7月8日~(金曜日深夜)
 CBCでは7月8日~(金曜日深夜)
 BS-TBSでは7月9日~(土曜日深夜)

【紙の本】
ベルセルク コミック 1-37巻セット (ジェッツコミックス) ベルセルク 38 (ヤングアニマルコミックス)



◆ 『レガリア The Three Sacred Stars』
 <公式サイト
 <女女女女女

 『ガールズ&パンツァー』を手掛けたアクタスの新作オリジナルアニメーションです。
 そういや、『ガルパン』ってアレだけ大ヒットした超人気作品なのに、水島監督ばかりが注目されてアクタスについてはあまり言及されているのを見たことがないですね……

 キャラクター原案に『ガールフレンド(仮)』のQP:flapperさんを迎え、PVを見た感じだと「美少女たちを主人公としたロボットアニメ」みたいです。メインキャラに姉妹が二組もいるみたいなので楽しみです!



 放送日程は、
 AT-Xでは7月7日~(木曜日夜)
 TOKYO MXでは7月7日~(木曜日夜)
 サンテレビでは7月7日~(木曜日深夜)
 BSフジでは7月10日~(日曜日深夜)



◆ 『モブサイコ100』
 <公式サイト
 <男男男男男

【キンドル本】
[まとめ買い] モブサイコ100(少年サンデーコミックススペシャル)
[まとめ買い] モブサイコ100(少年サンデーコミックススペシャル)

 原作は『ワンパンマン』のONE先生による青春アクション漫画。
 こちらの主人公は超能力者で、超能力を使わない普通の生活を望む彼に次々と刺客が現れる―――といった作品みたいですね。自分は『ワンパンマン』が合わなかったのでこの作品も候補から外していたんですけど、オススメされたので「とりあえず1話だけでも」で観てみようと思います。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは7月11日~(月曜日深夜)
 読売テレビでは7月11日~(月曜日深夜)
 BSフジでは7月12日~(火曜日深夜)
 テレ朝チャンネル1では7月20日~(水曜日深夜)

【紙の本】
モブサイコ100 コミック 1-11巻セット (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 12 (裏少年サンデーコミックス)

| アニメ雑記 | 17:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「電子書籍」と「紙の本」のカラーのちがい

 今日の話、同人活動をしている人にとっては「常識」の話なのかも知れませんが……私は「紙の本」を作ったことがなかったため、今回初めて知ってどうしていいのか分からず、「こうしたらいいよ」みたいなアドバイスをいただけたらなと思って記事に書きます。


 電子書籍を「やっぱり紙の本で読みたい!」需要はどのくらいあるのか
 電子書籍のオンデマンド印刷に向けた判型の話

 次に出す電子書籍の漫画は、オンデマンド印刷を利用して「電子書籍」と「紙の本」の同時発売にしたいなーと考えていた話の続きです。

 事前にオンデマンド印刷をしてみて「サービスの品質はどうなのか」「こちらのファイルはこういう設定でいいのか」を確かめようと、販売するのではなく、まずは「自分用に1冊」注文してみようとしました。
 しかし、「電子書籍」と「紙の本」では用意する画像のサイズやdpiなどがちがっているため、「電子書籍」用に作った画像をそのままPDFファイルに並べてハイ完成とはいかないのです。スキャン画像からセリフ入れからカラーの表紙は色塗りまでやり直さなくてならないため、300ページ近くある『春夏秋冬オクテット』のファイルを用意するのはものすごい労力がかかります。

 なので、過去に描いた『モテナイ4コマ』を印刷用に並べなおして「全14ページの本」にして、これをオンデマンド印刷で注文してみようと思いました。


 製本直送.com

 利用するのはここのサイト。
 毎日ちょっとずつ作業をして、データも全部出来たので「あとは入稿するだけだー!」というところで「カラーモードはCMYKカラーで印刷されます」という表記がところどころにあることに気づきました。


 CMYKカラー……?

 自分も含め、同人活動をしていない人は「何だそれは」と思われたかもしれません。自分の使っているソフト『CLIP STUDIO』のページでとても分かりやすい解説が載っていたのでそこを参照しようと思います。


 CMYKデータを作る-カラープロファイル実践編-

 ザックリ解説すると……
 コンピュータ上の画像は赤・緑・青の光を合わせた「RGBカラー」で表示されていて、基本的にデジタル絵を保存すると「RGBカラー」で保存されます。私が電子書籍用に使ってきた画像も「RGBカラー」でした。
 しかし、印刷する際には光ではなくインクを合わせて色を表現するため、藍色(Cyan)、深紅色(Magenta)、黄色(Yellow)、黒(Keyplate)の4色の「CMYKカラー」で印刷されます。

 「RGB」に比べて「CMYK」は表現できる色の範囲が狭いため、「RGBカラー」で入稿すると「CMYKカラー」で表現できる“似た色”に変換されてしまって「思っていた色とちがう色で印刷された!」となってしまうのだとか。それは印刷所が悪いんじゃなくて、コンピュータとインクのちがいを理解していないこちら側が悪いってことなんですね。



 ほほう……そんな基本的なことも知らなかったため、危うく「RGBカラー」で入稿してしまうところでした。既に完成している「RGBカラー」の表紙を「CMYKカラー」で保存してみました。縮小した画像ですが、「RGBカラー」で保存したものと「CMYKカラー」で保存したものを比較してみましょう。



<RGBカラーで保存したもの>
motenaihyoushi1.jpg


<CMYKカラーで保存したもの>
motenaihyoushi2.jpg



 全っ然ちがうじゃねえかっ!!!

 いやね、「RGBカラー」と「CMYKカラー」では表現できる色がちがうよって話は、以前からどこかで読んだことがありました。しかし、「俺はカラー絵で魅せるほどの画力があるワケじゃないし、気にすることじゃないだろう」くらいに思っていました。でも、これはもう「青」が「紫」になるくらいちがうじゃないですか!これはさすがに気になってしまいますよ!!


 これ……何か変換などの設定がよくないんですかね。
 試しにカラースライダーパレットをCMYKにして塗ってみたんですが、CMYKカラーで保存したら同じように「紫」になってしまいました。これだと「紙の本」では「青」は印刷できないのか……?いや、でも我が家のプリンターなら普通に「青」は印刷できているような。

 それとも「カラー印刷とはこういうもの」だから、みんな「CMYKカラーを熟知して限られた色だけを使って塗っている」んでしょうか。「紙の本」を作ったことがないので、何をどうすればイイのかさっぱり分かりません。



 しかしこれ、「電子書籍」と「紙の本」の同時発売を目指す場合……「電子書籍」はRGBカラーで様々な色が使えるけど、「紙の本」はCMYKカラーの限られた色しか使えないということで。足並みをそろえて「紙の本」で使えるCMYKカラーだけで色を塗った場合、本来ならRGBカラーが使える「電子書籍」の方もCMYKカラーで塗らなくちゃならなくなって、脚を引っ張られることになりやしないでしょうか。

 同じゲームをPS3とPS4の同時発売にすると、PS3でも表現できるゲームにしなければならないため、「PS4のスペックだからこそ実現できたゲーム」にはできない―――みたいなことになっちゃうんじゃないかと思うのです。
 自分の場合「紙の本」は高額になってしまうため「紙の本」を選ぶ人は数人いるかどうかだと思いますし、そのために脚を引っ張られるのは本末転倒な気がしますし……





kyouko2.jpg

 今の率直な気持ち。



Help Me!Help Me!
稲川淳二 with r-e-i.com 稲川淳二

トライエム 2000-07-07
売り上げランキング : 443825

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画作成 | 17:56 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【お知らせ】本家サイト閉鎖までの期間限定で『ちのしあわせ家族』一括DLを公開します(終了しました)

※ 漫画の公開はホームページ閉鎖に伴い終了しました

 本家サイト『Cサイド』を7月中には閉鎖するので、Pixivやパブ―などに移していない漫画は公開終了となってしまうのですが……
 リクエストの多かった『Re:Survival』と『学園は今日もサッカー日和』は、画像サイズや台詞のフォントなどを調整しなおして、描きおろしの表紙を加えてパブ―で再公開しようと考えています。その分だけ時間がかかっちゃうので、サイト閉鎖~パブ―での再公開までに空白期間が生まれてしまうかも知れませんが。


 そうすると見られなくなる漫画は、1ページ漫画などのショートを除けば『ちのしあわせ家族』だけで……『ちのしあ』は公開になっているエピソードが8本あるためかなりの量な上、漫画を描き始めた初期の頃の作品のため作者としても直視しがたく、画像サイズや台詞のフォントなどを調整しなおす気は起りません。
 そもそも未完の作品ですしね……続きを描こうにしても、やっぱり初期の頃の「漫画を描き始めた時期の絵」から読んでもらうのは作者としてはつらいため。もし今後の人生で続きを描きたくなったとしても、最初から描き直すことになると思います。

 なので、『ちのしあわせ家族』はサイト閉鎖とともにWEB上から姿を消します。
 再公開もする気はありません。



 ただ、このまま永久に読めなくなっちゃうのは作品を好きでいてくれた人に申し訳ないですし、コメント欄で提案もしてもらったので、公開になっている「第1話~第7話」と「罰ゲームで描いたSide Story」の全8編を、サイト閉鎖までの期間限定で一括ダウンロードできるようにしました。


 『ちのしあわせ家族』第1~7話と番外編のダウンロード

 ZIPファイル、PDFファイル、MOBIファイルと3つの形を用意したので、お好きなかたちでどうぞ。

 ただし、それ用に調整している画像ではなく昔に作った画像をそのまま入れてあるので、画質が悪かったりサイズがあっていなかったりするのをご容赦ください。フォントも……まぁ、大目に見てください……

Screenshot_2016-06-12-15-57-36.png

 ZIPファイルPDFファイルならば、Perfect Viewerなどで読めます。見開きにももちろん対応。Perfect Viewerって何?って人は、昔に記事を書いているのでそちらを読んでくださいね。

(関連記事:初心者のための「Perfect Viewer」の使い方講座




Screenshot_2016-06-12-15-58-38.png
 MOBIファイルならばキンドル端末などで読むことが出来ます。多分。
 ただし、画像サイズが統一されていないため、上下に余白が生まれてしまっています。


Screenshot_2016-06-12-15-58-48.png
 しかし、がんばって目次機能には対応しました。
 また、MOBIファイルは「見開きで表示した時の右ページか左ページか」を区別してくれるので、見開きで読む人にとっては右と左がごっちゃにならなくてありがたいですね。


atashiwa.jpg
 ちなみに、『ちのしあ』の上記画像でイズと戦った女性が、『アタシハ許サレマスカ』で奏子としゃべっていた人の元ネタです。


春夏秋冬オクテット(春夏): やまなしレイ漫画短編集春夏秋冬オクテット(春夏): やまなしレイ漫画短編集
やまなしレイ

やまなしレイ 2014-05-09
売り上げランキング : 194428

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ちのしあわせ家族 | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームが下手ながら実況プレイで『スペランカー』クリアしました!【跡地】

5月15日~6月11日の間に、ニコニコ生放送でゲーム実況プレイを行い、『スぺランカー』を最初から最後までプレイしました!(1周目のみ)


【ニコニコミュニティ】ゲームが下手な人が見ている世界の生放送



<ルール>
・頑張ってクリアを目指す
・生放送の視聴者数が10人に達しなかったら、プレイヤーは「ギブアップ」出来る
・クリア出来ないまま3か月間が経過したら、プレイヤーは「ギブアップ」出来る

※ 少しルールを変えました


 この記事は「『スペランカー』の告知用の記事」でした。
 次のソフトからはまた別の記事を用意するつもりです。

スペランカー [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード] スペランカー [3DSで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

 動画のログは↓に格納しているので、トップページから読んでいる人は「続きを読む」をクリックしてください。
 思いっきりネタバレなマップも記事の最後に載せています。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム実況 | 20:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漫画を「読むかどうか」決める際に、事前に知りたい情報は何ですか?

 事の始まりは「本家サイトを閉鎖する」という話から、本家サイトのコンテンツの中で「残してほしいものはありますか?」という意見を募ったところからです。

 かなり熱心に読んでくださっている複数の方々から「ゲーム紹介の記事は消さないでください!」という意見をいただいてちょっと驚きました。というのも……ゲーム紹介の記事は「本家サイト」と「ブログ」の両方に同じ記事をコピペして載せているため、「本家サイト」の方を消しても「ブログ」には残るのです。「ブログ」の方にも載せていることが意外に知られていなかったのか!と。


 考えてみれば、「ブログ」の方には今まで書いた「ゲーム紹介の目次」がないため、今までにどんな作品を紹介してきたのかが分かりづらいです。なので、この機会に「ゲーム紹介およびゲームのファーストインプレッション」の記事の目次と、「漫画紹介およびこの漫画が面白い!」の記事の目次を作成することにしました。
 
 先に漫画のリストを作ってみてビックリ。
 『テレキネシス』の紹介記事、2回書いているのね……(笑)。過去に一度紹介記事を書いたことを忘れて、もう一回書いていたという。書いた本人すら過去にどの作品を紹介したのかを調べづらいんだから、読む人はもっと調べづらかったことでしょう。目次があればそれも解消できるでしょうし、そのきっかけになればなぁと思います。



 ただ、少し自分として気になることがありました……

 「漫画紹介」「この漫画が面白い!」で紹介した作品リスト

 あの……ちょっとお聞きしたいんですけど、このリストを見て「読んでみよう」って思いますかね?


 私は正直思いません。
 私が読者の立場だったら、このリストを眺めても「漫画」どころか「漫画を紹介した記事」も読まないんじゃないかと思います。読もうと思わせるための情報がちっとも足りていないと思うのです。


 2016年6月9日の時点で―――
 このリストには、「作品名」「全○巻、もしくは記事が書かれた時点での巻数」「記事を書いた日」「記事タイトルに付けたキャッチコピー」を載せたんですけど。なんだろう……これだけだと全然興味を惹かないと思うんですね。知っている作品がリストにあったなら、「あの作品をどんな風に紹介しているのかな?」と気になるかも知れませんが……全く知らない作品を、このリストから興味を持って読んでもらえるとは思えないのです。





 例えば、「ゲーム」のリストだったら「対応ハード」とか「ジャンル」とかで分類していると探しやすいと思うんです。「私は3DSを持っているから、3DSのゲームで何か面白そうなソフトないかな」とか、「私はRPG好きだから、RPGでオススメされているソフトないかな」と探す人が多いと思うんです。


 でも、「漫画」のリストはどう分類すればイイんでしょう。
 「出版社」で分類されても、漫画を読む人は特に「出版社」で作品を選びませんよね。「掲載された雑誌」もそうです。単行本を紹介された時に、「へぇ……この漫画はビジネスジャンプで連載されていたんだ。読んでみよう」なんて思いませんよね。

 ゲーム同様に「ジャンル」ごとに分類すればイイんじゃないかとも思ったのですが……「漫画のジャンル」って何?どう分類すればイイの?
 例えば『ヴォイニッチホテル』はどういうジャンルになるんです?Wikipediaを見たら「ギャグ漫画、人間ドラマ」と書いてあるのだけど、「面白いギャグ漫画ないかなー」と探している人に勧める漫画なのかな『ヴォイニッチホテル』。


 なので、みなさんの意見を聞きたいのです。

 漫画を「読むかどうか」決める際に、事前に知りたい情報は何ですか?

 「漫画」のリストにどんな情報が載っていたら、「その作品」および「その作品を紹介した記事」に興味を持ってもらえます?

 私の場合……最近はもう「キンドルでセールになっているからとりあえず買おう」とか「Twitterで絶賛している人がいたから買おう」とか「表紙の女の子が可愛いから買おう」とか、すっごい気軽にとりあえず1巻だけ買っちゃうことが多いんですけど。恐らく、大多数の人はもっと「知らない漫画を買う」ことのハードルが高いと思うんですね……

 そのハードルを越えてもらうためには、リストにどんな情報を書いておけば興味を持ってもらえるのでしょう?


 「表紙の絵」があると印象が変わるだろうから、Amazonの画像リンクをリストに載せるのも手かなと思ったのですが……そうするとあまりにアフィリエイト臭が強くなってしまうか。
 あとは、2014年の3月以降、私が漫画やゲームを紹介する際に「三つのオススメポイント」を書くようにしているので、これをリストの方にも書いてしまうとか。
 メディアマーカーに読み終わった作品を記録する際には、テキトーに自分が考えた自分だけの分類のタグを一つの作品にいくつもペタペタくっつけているので……「ジャンルとして一つのカテゴリーに入れる」のではなく、「タグをいくつも付ける」というのも手ですかね。「女主人公、超能力バトル、女子中学生、百合」みたいな……しかし、これはタグをつけるセンスも要りますよねぇ。


 この話……「好きなものを“好き”と紹介してもアクセス数を稼げない」問題にも通じる話だと思うんです。Twitterに「ブログ更新しました!」と、「作品名」「全○巻、もしくは記事が書かれた時点での巻数」「記事タイトルに付けたキャッチコピー」だけ載せてもほとんど読んでもらえていないのは、必要な情報が足りていなかったからだとも思うんですね。


 なので、みなさんの意見を聞かせてほしいです。
 漫画を「読むかどうか」決める際に、事前に知りたい情報は何ですか?


[まとめ買い] ヴォイニッチホテル(ヤングチャンピオン烈コミックス)[まとめ買い] ヴォイニッチホテル(ヤングチャンピオン烈コミックス)
道満晴明


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 17:55 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画紹介」「この漫画が面白い!」で紹介した作品リスト

 このブログで書いてきた漫画レビューに目次を作ることにしました。
 今後、「もっと興味を持ってもらえるように」改良していくかも知れません。

 基本的には、「完結した作品を全巻読んだ」上で書かれたのが『○○紹介』と記述してあって、「まだ連載中の作品をその当時の既刊全部を読んだ」上で書かれたのが『○○が面白い!』と記述してあるのですが……その分類をハッキリしていない頃に書いたものは、完結していなくても『○○紹介』となっているものもあります。



『アイドルマスター シンデレラガールズ U149』1~4巻が面白い!(2018.11.6)
<原作:バンダイナムコエンターテインメント、漫画:廾之/掲載誌:サイコミ/連載時期:2016年~>
・たくさんの「シンデレラガールズ」の中から「小学生」だけを集めた作品
・同じ「小学生」が集められたからこそ、際立つ一人一人の個性
・まだ何者にもなっていないコドモ達が、アイドルになっていく物語

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) (サイコミ) THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(2) (サイコミ) THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(3) (サイコミ) THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(4) (サイコミ)
サイコミで全話無料公開中



冨樫義博短編集『狼なんて怖くない!!』紹介(2018.9.12)
<作者:冨樫義博/掲載誌:WJ増刊 少年ジャンプ、週刊少年ジャンプ/作品の発表時期:1987~1989年>
・「王道」のように思われているかもだけど、実は「ちょい外し」こそが真骨頂
・スポーツ、推理、ラブコメ、オカルトなど多様なジャンルの「ちょい外し」が楽しめる
・天才が駆け出しだった頃に考えていたこと

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス)



『満ちても欠けても』全2巻紹介(2018.8.6)
<作者:水谷フーカ/掲載誌:KISS→Kiss PLUS/連載時期:~2014年>
・「一つのラジオ番組」を中心としたオムニバスのストーリー
・予算がなくても、華やかな場所じゃなくても、「ラジオ」が好きな人達が熱いんだ
・オムニバスだからこそ、不器用な二人をいろんな視点で眺めるのにニヤニヤする

満ちても欠けても(1) (Kissコミックス) 満ちても欠けても(2) (Kissコミックス)
Pixivコミックで第1~2話無料公開中



『うちのクラスの女子がヤバい』全3巻紹介(2018.2.12)
<作者:衿沢世衣子/掲載誌:少年マガジンエッジ/連載時期:2015年~2017年>
・「超能力」とは呼べない、心底しょーもない「無用力」のおかしさ
・主役が毎回変わることで、多角的に見えてくる「うちのクラス」
・「うちのクラス」と一緒にすごした1年間の果てに……

うちのクラスの女子がヤバい(1) (少年マガジンエッジコミックス) うちのクラスの女子がヤバい(2) (少年マガジンエッジコミックス) うちのクラスの女子がヤバい(3) (少年マガジンエッジコミックス)
Pixivコミックソク読みで第1~3話無料公開中



『兄の嫁と暮らしています。』1~3巻が面白い!(2017.8.2)
<作者:くずしろ/掲載誌:ヤングガンガン/連載時期:2015年~>
・「他人」だけど「家族」になって生きていく
・ヘビーな境遇を周りから支えてくれるサブキャラクター達
・本人にもまだ分からない「百合」なのか「家族愛」なのか微妙な感情

兄の嫁と暮らしています。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 兄の嫁と暮らしています。 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 兄の嫁と暮らしています。 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
公式サイトで第1~3話無料公開中



『百万畳ラビリンス』上下巻紹介(2017.5.27)
<作者:たかみち/掲載誌:ヤングコミックチェリー→ヤングコミック/連載時期:2013年~2015年>
・「見ていられない」けど、見ていたくなる主人公:礼香の魅力
・超人気イラストレーターの画力によって描かれた世界
・ミステリーでもあり、SFでもあり、大冒険でもあり

百万畳ラビリンス(上) (ヤングキングコミックス) 百万畳ラビリンス(下) (ヤングキングコミックス)
Pixivコミックで第1話無料公開中


『三ツ星カラーズ』1~3巻が面白い!(2017.2.2)
<作者:カツオ/掲載誌:月刊コミック電撃大王/連載時期:2014年~>
・上野の街を舞台に、女子小学生3人が走り回る!
・クソガキだけど、女子小学生ってやっぱりかわいい!
・大人たちも楽しそうでワクワクする!

三ツ星カラーズ1<三ツ星カラーズ> (電撃コミックスNEXT) 三ツ星カラーズ2<三ツ星カラーズ> (電撃コミックスNEXT) 三ツ星カラーズ3<三ツ星カラーズ> (電撃コミックスNEXT)
作者のPixivページで1~3話、10話・11話・14話が無料公開中



『かぐや様は告らせたい』1~3巻が面白い!(2016.12.11)
<作者:赤坂アカ/掲載誌:ミラクルジャンプ→週刊ヤングジャンプ/連載時期:2015年~>
・“恋愛”を描くからこそ、面白いネタが尽きない!
・「主人公がヒロインを好きすぎる」のも「ヒロインが主人公を好きすぎる」のも好きだ!
・天才、ボンボン、お嬢様だらけなのに、どうしてこんなにキャラが愛おしいのか

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
第1~5話が無料公開中(ページ中部)


『ダンジョン飯』1~3巻が面白い!(2016.09.28)
<作者:九井諒子/掲載誌:ハルタ/連載時期:2014年~>
・このファンタジー世界は「リアル」でなくても「リアリティ」がある!
・ファンタジー作品の有名モンスター達との“ザコ戦”にスポットライトをあてた作品!
・RPGの定番“4人パーティ”、一人一人のキャラがしっかり魅力的に描かれる!

ダンジョン飯 1巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) ダンジョン飯 2巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) ダンジョン飯 3巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ))
第1話無料公開中



『おおきく振りかぶって』1~27巻が面白い!(2016.07.27)
<作者:ひぐちアサ/掲載誌:月刊アフタヌーン/連載時期:2003年~>
・あたかも「もう一つの世界」があるかのような描写の細かさ
・野球漫画の面白さって「読者だけが全てを知っている」情報戦なんだ!
・描かれているのは実は「負け犬たちのワンスアゲイン」

[まとめ買い] おおきく振りかぶって(アフタヌーンコミックス)


『イチゴーイチハチ!』1~2巻が面白い!(2016.05.11)
<作者:相田裕/掲載誌:ビッグコミックスピリッツ/連載時期:2014年~>
・「高校入学」から始まる、ど真ん中な学園青春物語!
・「実際にこの高校があるんじゃないのか」と思わせる圧倒的な実在感
・“夢に敗れた者”だからこそ、高校生活では負けずに楽しむ!

イチゴーイチハチ!(1) (ビッグコミックス) イチゴーイチハチ!(2) (ビッグコミックス)
第1話無料公開中


『ひとりぼっちの○○生活』1~2巻が面白い!(2016.03.06)
<作者:カツヲ/掲載誌:コミック電撃だいおうじ/連載時期:2013年(?)~>
・超コミュ障だからこそ、主人公は「友達」を否定しないのがイイ!
・「友達」になろうとするからこそ見えてくるクラスメイト達の色んな一面
・侮れない画力!構成力!

ひとりぼっちの○○生活(1)<ひとりぼっちの○○生活> (電撃コミックスNEXT) ひとりぼっちの○○生活(2)<ひとりぼっちの○○生活> (電撃コミックスNEXT)
第1~3話無料公開中


『ヴォイニッチホテル』全3巻紹介(2015.07.14)
<作者:道満晴明/掲載誌:ヤングチャンピオン烈/連載時期:2006年~2015年>
・南国のホテルを舞台に、様々な登場人物が躍動する群像劇
・本当ならグロイはずなのに、コミカルな作風ゆえに、爽やかさまで感じられる
・風刺と、パロディと、テンポの良さが光るテキスト

ヴォイニッチホテル(1) (ヤングチャンピオン烈コミックス) ヴォイニッチホテル(2) (ヤングチャンピオン烈コミックス) ヴォイニッチホテル(3) (ヤングチャンピオン烈コミックス)
第1話無料公開中


『P.S.すりーさん』1~4巻紹介(2015.05.13)
<作者:IKa/掲載サイト:作者のブログ等/連載時期:2006年~2012年>
・激動だった2006年~2012年のゲーム業界を切り取った作品
・擬人化したからこそ、彼女達の健気さに心を打たれる
・変なキャラ達と、4コマ漫画としての上手さ

P.S.すりーさん (マイクロマガジン・コミックス) P.S.すりーさん・に (マイクロマガジン・コミックス) P.S.すりーさん・さん (マイクロマガジン・コミックス) P.S.すりーさん・よん (マイクロマガジン・コミックス)


『星川銀座四丁目』全3巻紹介(2014.11.08)
<作者:玄鉄絢/掲載誌:コミックアンソロジー「つぼみ」/連載時期:2009年~2012年>
・これぞ文句なしの「禁断の愛」
・一緒にゴハンを食べて、お風呂に入って、寝る―――同棲だから描けるもの
・金髪・碧眼のスーパー美少女・乙女ちゃんが心底かわいい

星川銀座四丁目 (1) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ) 星川銀座四丁目 (2) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ) 星川銀座四丁目 (3) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)


『テレキネシス 山手テレビキネマ室』全4巻紹介(2014.10.15)
『テレキネシス山手テレビキネマ室』全4巻(2007.07.11)
<原作:東周斎雅楽、作画:芳崎せいむ/掲載誌:ビッグコミックスピリッツ/連載時期:2004年~2007年>
・「昔の映画」を題材にした、「昔の映画」に詳しくない人に向けた漫画
・クリエイターでもあり、サラリーマンでもある「テレビ局の社員」の物語
・1話完結で読みやすい、けど大きな流れもある漫画

テレキネシス 001―山手テレビキネマ室 (ビッグコミックス) テレキネシス 002―山手テレビキネマ室 (ビッグコミックス) テレキネシス 003―山手テレビキネマ室 (ビッグコミックス) テレキネシス 004―山手テレビキネマ室 (ビッグコミックス)


『銀河パトロール ジャコ』全1巻紹介(2014.04.19)
<作者:鳥山明/掲載誌:週刊少年ジャンプ/連載時期:2013年>
・「これぞ鳥山明の漫画!」という世界観
・過去を変えようとする主人公「大盛博士」が何を意味するのか
・徹頭徹尾ムダのない“完成度の高いエンターテイメント作品”

銀河パトロール ジャコ (ジャンプコミックスDIGITAL)


『機動戦士クロスボーン・ガンダム』全6巻紹介(2014.03.04)
<原作:富野由悠季、作画:長谷川裕一/掲載誌:月刊少年エース/連載時期:1994年~1997年>
・「ガンダム」シリーズを知らない人でも大丈夫
・「ガンダム」生みの親である富野由悠季監督が漫画原作を担当した貴重な作品
・「人間」とは何か、「ニュータイプ」とは何だったのか

[まとめ買い] 機動戦士クロスボーン・ガンダム(角川コミックス・エース)


『おっとり捜査』全10巻紹介(2014.02.12)
<作者:小手川ゆあ/掲載誌:週刊ヤングジャンプ増刊・漫革等/連載時期:1995年~2000年>
…犯罪者はどこから生まれるのか―――
[まとめ買い] おっとり捜査(角川コミックス・エース)


『鋼の錬金術師』全27巻紹介(2013.09.01)
<作者:荒川弘/掲載誌:月刊少年ガンガン/連載時期:2001年~2010年>
…今ならばラストまで一気に読める幸せ。
[まとめ買い] 鋼の錬金術師(デジタル版ガンガンコミックス)


『この世界の片隅に』全3巻紹介(2013.08.12)
<作者:こうの史代/掲載誌:漫画アクション/連載時期:2006年~2009年>
…この国の70年前に生きていた人達の物語。
この世界の片隅に : 上 (アクションコミックス) この世界の片隅に : 中 (アクションコミックス) この世界の片隅に : 下 (アクションコミックス)


『けいおん!college』『けいおん!highscool』(2012.11.05)
<作者:かきふらい/掲載誌:まんがタイムきらら・まんがタイムきららキャラット/連載時期:2011年~2012年>
…終わった物語の“その後の話”―――
けいおん!college (まんがタイムKRコミックス) けいおん!highschool (まんがタイムKRコミックス)


『とめはねっ!』1~4巻紹介(2009.03.28)
<作者:河合克敏/掲載誌:週刊ヤングサンデー→ビッグコミックスピリッツ/連載時期:2007年~2014年>
…『帯ギュ』が好きだった人にこそ読んで欲しい
とめはねっ! 鈴里高校書道部(1) (ヤングサンデーコミックス) とめはねっ! 鈴里高校書道部(2) (ヤングサンデーコミックス) とめはねっ! 鈴里高校書道部(3) (ヤングサンデーコミックス) とめはねっ! 鈴里高校書道部(4) (ヤングサンデーコミックス)


『ONE OUTS』全19巻(2007.08.07)
<作者:甲斐谷忍/掲載誌:ビジネスジャンプ/連載時期:1998年~2006年>
※ アニメ化に伴い、2008年~2009年に外伝が短期集中連載されて20巻が発売されました
…スポーツ漫画の到達点
[まとめ買い] ONE OUTS(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


『ルナハイツ』全4巻(2007.04.10)
<作者:星里もちる/掲載誌:ビッグコミックスペリオール/連載時期:2003年~2004年>
ルナハイツ(1) (ビッグコミックス) ルナハイツ(2) (ビッグコミックス) ルナハイツ(3) (ビッグコミックス) ルナハイツ(4) (ビッグコミックス)

| 漫画読み雑記 | 17:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7日間限定の3DSのeShopセール、みんなでオススメを紹介しよう!

 任天堂は、ニンテンドー3DSのeShopが始まってから5周年記念として「6月7日(火曜日)の10時~6月13日(月曜日)の23時59分」の間に記念セールを行うと発表しました。この記事がアップされる頃にはすでに始まっていることと思います。

 ニンテンドーeショップ 5周年記念セール

 対象ソフトは100タイトル。
 パッケージソフトのDL版、DL専用ソフト、バーチャルコンソールなど様々ですし、割引率もソフトによって異なります。


【パッケージソフトのダウンロード版】
1.大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS [任天堂]
 5616円→ 3650円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 3285円(41.5%オフ)

2.ファイアーエムブレムif [任天堂]
 5076円→ 3299円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2969円(41.5%オフ)

3.マリオカート7 [任天堂]
 4937円→ 3209円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2888円(41.5%オフ)

4.どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー [任天堂]
 4320円→ 3024円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2721円(37%オフ)

5.リズム天国 ザ・ベスト+ [任天堂]
 5076円→ 3299円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2969円(41.5%オフ)

6.ドラゴンクエスト VⅢ 空と海と大地と呪われし姫君 [スクウェア・エニックス]
 6458円→ 4198円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 3778円(41.5%オフ)

7.世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神 [アトラス]
 3218円→ 2574円(20%オフ)

8.ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス [アトラス]
 6980円→ 4537円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 4083円(41.5%オフ)

9.METAL GEAR SOLID SNAKE EATER 3D [KONAMI]
 4500円→ 2925円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2632円(41.5%オフ)

10.シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール [スクウェア・エニックス]
 4800円→ 3120円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2808円(41.5%オフ)

11.STELLA GLOW [セガゲームス]
 6469円→ 4205円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 3784円(41.5%オフ)

12.進撃の巨人~人類最後の翼~CHAIN [スパイク・チュンソフト]
 5378円→ 3495円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 3145円(41.5%オフ)

13.新・光神話 パルテナの鏡 [任天堂]
 4927円→ 3202円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2881円(41.5%オフ)

14.スーパーマリオ 3Dランド [任天堂]
 4937円→ 3209円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2888円(41.5%オフ)

15.スターフォックス64 3D [任天堂]
 4937円→ 3209円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2888円(41.5%オフ)

16.ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 [任天堂]
 4937円→ 3209円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2888円(41.5%オフ)

17.ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D [任天堂]
 4937円→ 3209円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2888円(41.5%オフ)

18.New スーパーマリオブラザーズ 2 [任天堂]
 4937円→ 3209円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2888円(41.5%オフ)

19.ポケットサッカーリーグ カルチョビット [任天堂]
 4937円→ 3209円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2888円(41.5%オフ)

20.プロ野球 ファミスタ リターンズ [バンダイナムコエンターテインメント]
 6145円→ 3994円(35%オフ)

21.ファンタジーライフ LINK! [レベルファイブ]
 5122円→ 3329円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2996円(41.5%オフ)


【ダウンロード専用ソフト】
22.ハコボーイ! [任天堂]
 680円→ 476円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 428円(37%オフ)

23.BATTLEMINER [スターサイン]
 500円→ 350円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 315円(37%オフ)

24.とびだす!にゃんこ大戦争 [ポノス]
 777円→ 466円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 419円(46%オフ)

25.ハコボーイ!もうひとハコ [任天堂]
 680円→ 476円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 428円(37%オフ)

26.大開拓時代 ~街をつくろう~ [アークシステムワークス]
 800円→ 480円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 432円(46%オフ)

27.IRONFALL -Invasion- [アガツマ・エンタテインメント]
 1500円→ 900円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 810円(46%オフ)

28.蒼き雷霆 ガンヴォルト [インティ・クリエイツ]
 1960円→ 1110円(43.4%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 999円(49%オフ)

29.メゾン・ド・魔王 [甲南電機製作所]
 864円→ 518円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 466円(46%オフ)

30.CHAIN BLASTER [ジースタイル]
 700円→ 420円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 378円(46%オフ)

31.超チャリ走 あつめて! 超獣ハンター [スパイシーソフト]
 680円→ 408円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 367円(46%オフ)

32.行列ナゲループ [任天堂]
 720円→ 504円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 453円(37%オフ)

33.ぐるっとスプラッシュ! [任天堂]
 1234円→ 863円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 776円(37%オフ)

34.ザ・ローリング・ウエスタン [任天堂]
 1028円→ 719円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 647円(37%オフ)

35.ザ・ローリング・ウエスタン 最後の用心棒 [任天堂]
 2057円→ 1542円(25%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 1387円(32.5%オフ)

36.疾走すりぬけ アナトウス [任天堂]
 823円→ 576円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 518円(37%オフ)

37.実写でちびロボ! [任天堂]
 1543円→ 1080円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 972円(37%オフ)

38.Dr. MARIO ギャクテン!特効薬 & 細菌撲滅 [任天堂]
 950円→ 475円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 427円(55%オフ)

39.引ク押ス [任天堂]
 720円→ 504円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 453円(37%オフ)

40.引ク落ツ [任天堂]
 720円→ 504円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 453円(37%オフ)

41.ひらり 桜侍 [任天堂]
 720円→ 504円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 453円(37%オフ)

42.マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル [任天堂]
 1234円→ 617円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 555円(55%オフ)

43.リズムハンター ハーモナイト [任天堂]
 1851円→ 1295円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 1165円(37%オフ)

44.魔女と勇者 [フライハイワークス]
 400円→ 240円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 216円(46%オフ)

45.EDGE [レイニーフロッグ]
 400円→ 240円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 216円(46%オフ)


【バーチャルコンソール】
46.スーパーマリオランド2 6つの金貨 [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

47.【Newニンテンドー3DS専用】F-ZERO [任天堂]
 823円→ 493円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 443円(46%オフ)

48.【Newニンテンドー3DS専用】スーパーマリオワールド [任天堂]
 823円→ 493円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 443円(46%オフ)

49.【Newニンテンドー3DS専用】ゼルダの伝説 神々のトライフォース [任天堂]
 926円→ 555円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 499円(46%オフ)

50.【Newニンテンドー3DS専用】MOTHER2 ギーグの逆襲 [任天堂]
 926円→ 555円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 499円(46%オフ)

51.ぷよぷよ通 [セガゲームス]
 411円→ 287円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 258円(37%オフ)

52.ダウンタウンスペシャル くにおくんの時代劇だよ全員集合! [アークシステムワークス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

53.ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 [アークシステムワークス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

54.ダウンタウン熱血物語 [アークシステムワークス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

55.熱血高校ドッジボール部 [アークシステムワークス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

56.熱血高校ドッジボール部 サッカー編 [アークシステムワークス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

57.いっき [サンソフト]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

58.アトランチスの謎 [サンソフト]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

59.ELEVATOR ACTION [スクウェア・エニックス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

60.半熟英雄 [スクウェア・エニックス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

61.キングスナイト [スクウェア・エニックス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

62.ファイナルファンタジー [スクウェア・エニックス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

63.ファイナルファンタジーⅡ  [スクウェア・エニックス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

64.ファイナルファンタジーⅢ [スクウェア・エニックス]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

65.スぺランカー [Tozai Games]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

66.忍者じゃじゃ丸くん [ハムスター]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

67.燃えろ!!プロ野球 [ハムスター]
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

68.真・女神転生デビルチルドレン 黒の書 [アトラス]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

69.真・女神転生デビルチルドレン 赤の書 [アトラス]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

70.ロックマンX サイバーミッション [カプコン]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

71.ロックマンX2 ソウルイレイザー [カプコン]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

72.ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章 [任天堂]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

73.ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章 [任天堂]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

74.ゼルダの伝説 夢をみる島DX [任天堂]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

75.トレード&バトル カードヒーロー [任天堂]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

76.マリオゴルフGB [任天堂]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

77.マリオテニスGB [任天堂]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

78.ロックマンワールド [カプコン]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

79.ロックマンワールド2 [カプコン]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

80.ロックマンワールド3 [カプコン]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

81.ロックマンワールド4 [カプコン]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

82.ロックマンワールド5 [カプコン]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

83.カービィのきらきらきっず [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

84.カービィのピンボール [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

85.カービィのブロックボール [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

86.カエルの為に鐘は鳴る [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

87.Kid Icarus: Of Myths and Monsters [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

88.ゲームボーイギャラリー [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

89.ゲームボーイギャラリー2 [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

90.スーパーマリオランド [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

91.スーパーマリオランド3 ワリオランド [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

92.星のカービィ [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

93.星のカービィ 2 [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

94.マリオのピクロス [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

95.ピクロス2 [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

96.ヨッシーのパネポン [任天堂]
 411円→ 205円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 184円(55%オフ)

97.ワリオランド3 不思議なオルゴール [任天堂]
 617円→ 308円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 277円(55%オフ)

98.【Newニンテンドー3DS専用】カービィボウル [任天堂]
 823円→ 658円(20%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 592円(28%オフ)

99.【Newニンテンドー3DS専用】スーパーストリートファイターⅡ ザ ニューチャレンジャーズ [カプコン]
 823円→ 493円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 443円(46%オフ)

100.【Newニンテンドー3DS専用】がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 [KONAMI]
 823円→ 493円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定→ 443円(46%オフ)


 ご覧のように割引率はソフトによって異なります。
 基本的には、昔に発売されたものほど割引率が高い傾向があるため、3DSの初期に配信されることの多かったゲームボーイ・ゲームボーイカラー・ファミコンのバーチャルコンソールはニンテンドーアカウントと連携させていれば55%オフという超お買い得価格になっていますね。

 「3DSのバーチャルコンソールは次世代に引き継げるのか微妙だからなぁ……」と買っていなかったソフトも、この機会にまとめて買ってしまおうかなと私は思っています。『夢をみる島DX』『カードヒーロー』『カービィのピンボール』『ゲームボーイギャラリー』『ゲームボーイギャラリー2』『ワリオランド』『ワリオランド3』『星のカービィ』『星のカービィ2』―――これだけ買っても1935円とは!「いつ遊ぶの?」なんて気にするな!



 さてさて。
 ゲームのダウンロード販売とか電子書籍とか、この手の大型セールがあるたびに「なんだよ!せっかくのセールだって言うのに、欲しいソフトは全部持っているよ!」と嘆く声を目にします。そりゃ欲しいソフトは既に買っている確率が高くなるだろうとは思うのですが、逆に考えれば“欲しいソフトは全部持っている”貴方にはそれらのソフトの中からオススメ作品を紹介することで好きなゲームをみんなに普及させられる力があるとも言えるのです。

 先ほどの私を見ても分かるように、セールとなると財布の紐も緩くなるものです。普段貴方がどんだけ勧めても興味を持たなかった人も、「セール価格ならちょっと買ってみるかなぁ」と思ってくれたりするのです。ブログをやっている人だったり、Twitterをやっている人だったりは、積極的にオススメ作品を紹介していきましょう!



 ということで、私も書きます。
 100タイトルの中から私が大好きな5作品を選んでオススメをするので、興味を持った人には是非この機会に手に取ってもらいたいですし、「自分もブログやTwitterでオススメ作品を紹介しよう」という人が出てくれたらうれしいです。


『スペランカー』
 514円→ 257円(50%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 231円(55%オフ)

spelunker1.jpg
<画像はWii Uバーチャルコンソール版『スペランカー』より引用>
 
 はい、まずはこれです。
 現在私が週末のニコニコ生放送で挑戦中のゲームで、私がプレイしているのはWii Uバーチャルコンソール版ですが3DSバーチャルコンソール版がセールになっていますね。中身は全く一緒のファミコン版(1985年発売)です。

 このゲームをプレイしたことがない人は「すぐ主人公が死ぬクソゲー」と思っているかもしれませんが、それは誤解です。このゲームは「一定の高さ(※1)から落下すると死ぬ」「ジャンプ中の空中制御ができない」だけなんです。それゆえにロープから横にずれたり、エレベーターから足を踏み外したりすると死んでしまうんです。

(※1:14ドット以上の高さだと死ぬ、とコメントに流れていましたね)

 このルール自体は昔のゲームでは珍しくはなかったはずです。1981年の『ドンキーコング』も、マリオは自分の背丈以上の高さから落ちると死んでしまいましたし、ジャンプ中の空中制御も出来ませんでした。マリオシリーズでそれらが変わるのは1983年の『マリオブラザーズ』からで、横井さんから「もっと高いところからピョンと落ちられてもいいのになあ」と言われた当時の宮本さんは「そんなことしたらゲームにならへん」と思ったらしいですからね(社長が訊く参照)。


 つまり……
 『スペランカー』は、マリオシリーズ以上に初期マリオの魂を受け継いでいる作品と言って過言ではないのです!

 話が飛躍しすぎている気もするけど……(笑)。
 『ドンキーコング』のエレベーターなどのギミック、『ドンキーコングJr.』のツタなどのアクションといったカンジに、「敵と戦う」のではなく「アスレチックな地形を攻略する」楽しさは『スペランカー』もかなり共通していますし。『ドンキーコング』が上へ上へとビルを昇っていったのと逆に、『スペランカー』は下へ下へと潜っていく構成で、ステージとステージが繋がっているのも一緒です。

 絶妙なレベルデザインで「自分が先週より上手くなっている」ことが分かるのに、お化けの出現や、効果が分からないミラクルや隠しアイテムなどの存在で「プレイするたびにいろんなことが起こる」のも面白いところ。オススメです!







『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』
 4937円→ 3209円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2888円(41.5%オフ)

kamitora2-1.jpg
<画像はニンテンドー3DSソフト『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』より引用>

 パッケージソフトのダウンロード版です。パッケージ版は一時期新品でも値崩れしてしまっていたように思うのですが、今見たらAmazonの新品価格が3690円になっているので「新品のパッケージ版を今買うよりも安い価格でダウンロード版が買える」とも言えますね。中古を利用する人には関係のない話かもしれませんが(そもそも中古を利用する人はダウンロード版を率先して買わないか……)。



 『神々のトライフォース2』という名前が付いているので「1をやっていないと楽しめないんじゃないの…?」と思われるかも知れませんが、前作から100年後とかの話なのでストーリー的なつながりはほとんどないです。マップを再現しているくらい。new3DS専用ですが『1』もセールになっているので、どうしても気になる人は両方買っちゃえばイイと思いますけど(笑)。

 操作はファミコン、スーファミ、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスの「ゼルダ」と同じ2D操作でありながら、「壁画リンク」によってダンジョンを立体的に攻略する必要があって―――2Dゼルダと3Dゼルダのいいとこどりのようなゲームになっているのが特徴です。

 また、一本道なストーリーではなく「好きなダンジョンから選んで攻略してね」とダンジョンに番号も振らなければアイテムもレンタル屋で好きなものを借りるという「非常に自由度の高い」ゲームになっていたり、相棒がいないことで自分一人で世界を冒険する感覚が味わえたり、今までの「ゼルダの文法」を見直して再構築した“新たなゼルダ”となっています。

 『ゼルダ』未経験の人にも入門ソフトとしてオススメ出来るし、『ゼルダ』に飽きて最近のはプレイしていないという人にもマンネリを打破した新たなシリーズとしてオススメ出来る作品です。オススメです!

(関連記事:これぞ新生ゼルダ!『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』1stインプレッション





『ハコボーイ!』
 680円→ 476円(30%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 428円(37%オフ)

hakoboy1.jpg
<画像は3DSダウンロードソフト『ハコボーイ!』より引用>

 スーパーシンプルなグラフィックながら、細かく動くキャラが可愛くて着せ替えまで出来て、実際にプレイすると「グラフィックにこだわったゲームってこういうもののことを言うんじゃないだろうか」と思ってしまう侮れないゲームです。

 アクションパズルゲームが大好きな私としては、『ラビ×ラビ』シリーズと双璧をなす3DSで遊べるアクションパズルだと思っているのですが……『ラビ×ラビ』がアクションもパズルも高いものを要求していてそれを乗り越える喜びを味わえるゲームだとすれば、こちらは誰にでも楽しめて「アクションパズルの魅力」を伝えるエントリー的なタイトルになっていると思います。

 「Yボタンで箱を出す」「Bボタンでジャンプ」と覚える操作は少ないのに、WORLDごとに特徴的なギミックがあって全く飽きさせません。各WORLDは大体5~7ステージで、一つのギミックを一つのWORLDで入門・発展・応用・仕上げと様々な楽しさを提供してくれるのが良かったです。私が特に好きだったのは、WORLD13の「テトリスみたいに一列つなげたら消えるギミック」かなぁ。

 一つのWORLDは「詰まる」ことがなければ10~15分くらいでクリア出来るので、ちょっとした空き時間にプレイしやすいですし。キュービィが死んだり、LR同時押しでクイックリトライしたりしても、すぐその場からやり直しになるので「またステージの最初からかー」みたいな憂鬱さがなく気軽に遊べるのがイイです。
 『ラビ×ラビ』みたいに一つのステージにうんうん唸らせて数日かけて「ようやく解けた!」というカタルシスを味わわせるんじゃなくて、ポンポン解いていけて時たま悩むくらいの難易度と言えるかなと思います。

 クリア後に出てくるステージは歯ごたえ十分でしたし、「チャレンジ」みたいなやりこみ要素もありますけど。
 私が唯一好きじゃなかったのは全ワールドのクリア後に今までのプレイが査定されること。せっかく「やったー!全ステージをクリアしたぞー!」と喜びたかったのに、出てきた表示は「オマエのプレイはD評価だ!」だったこちらの気持ちを考えてくれ!模試を受けてるんじゃねえんだぞ!そこを除けばオススメです!

 続編の『ハコボーイ!もうひとハコ』もセールになっていて、私はまだこちらはプレイしていないのでこの機会に買っておこうと思います。たかだかD判定の私ごときが続編をプレイして良いのか悩むところですけどね!





『【Newニンテンドー3DS専用】MOTHER2 ギーグの逆襲』
 926円→ 555円(40%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 499円(46%オフ)

mother2-2.jpg
mother2-1.jpg
<画像はWii Uバーチャルコンソール版『MOTHER2 ギーグの逆襲』より引用>

 自分がプレイしたのはWii Uのバーチャルコンソールだけど、Newニンテンドー3DS専用のバーチャルコンソールから1本オススメを選んでコレ!人生トップ10に入るくらい大好きなゲーム―――がスーパーファミコンのゲームにはたくさんあるのだけど、その中でもコレを選びますよ!


 1994年発売のゲームということを差し引いてもクラシカルでオーソドックスなRPGのように見えて。でも、非常に人間臭く、遊び心に満ちていて、新しい場所に向かうワクワク感と切なさをしっかり持った唯一無二のゲームとなっています。
 ゲームデザインは糸井重里さんで、難航しまくった開発の終盤に当時HAL研究所の社長だった岩田聡さんが参加して見事に完成させたという逸話もありますし。「宗教団体の村」や「マイクロソフトとアップルの対立」とか「精神世界」とか1990年代を象徴する出来事が先駆けて詰め込まれているなど、あらゆる意味で伝説のゲームだと言えます。

 でも、やっぱりこのゲーム……RPGとして非常に遊びやすいというのは忘れちゃいけないと思います。
 簡単すぎないけどやることをしっかりやれば突破できる難易度と緊張感で。次から次へと色んなことが起こって。リアルとか緻密ではないけれどポップで美しいグラフィック。レベルの低い雑魚敵は逃げていくシンボルエンカウントとか、大ダメージを喰らってもカウンターが回りきる前に回復すればやりすごせるなど、分かりやすいけど独特なシステムなどなど……語り始めればキリがないくらいです。

 本当に大好きなゲーム!オススメです!

(関連記事:『MOTHER2』の足は遅くなくてはならない
(関連記事:この「イヤなヤツ」は俺だ。『MOTHER2 ギーグの逆襲』紹介





『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』
 4937円→ 3209円(35%オフ)
 ニンテンドーアカウント限定 2888円(41.5%オフ)



 懐かしいな、カルチョビットWEB!
 まだ再生できるのか……

 『ベストプレープロ野球』や『ダービースタリオン』の作者である薗部博之さんが手がけたシミュレーションゲームで、サッカーチームの監督となって選手を育てていくゲームです!
 しかし、シミュレーションゲームとしては経営要素などの難しい部分はほとんどなく、最初にチーム設定と方針を決めたら、後は「カードを使って特訓」→「試合中に選手交代と指示を出す」ことくらいしかやることがないゲームです。なのに、ちゃんと自分だけのチームになるし、選手達がちゃんと個性を持って動くのです。

 少し前に薗部さんと、『ソリティ馬』のスタッフのインタビューが掲載されていましたけど、薗部さんはとにかく「少ないパラメータで色んなことが起こるようにすれば底知れないゲームになる」と考えられているそうです。

 『カルチョビット』も恐らくそうで、例えば『ウイニングイレブン』みたいなサッカーゲームに比べると選手の能力を表すパラメータの種類は少ないんですけど、しっかりとそれぞれの選手が「生きている」ように見える―――そして、このシンプルなデザインのキャラクターも、それを体現しているかのように思えてきます。


 また、このゲームを買った当時の私は、このゲームを「男の子版『トモダチコレクション』」と評していてすごく納得する表現だなと思いました。
 『トモダチコレクション』もそれほど多くないパラメータでトモダチを再現して、それらのキャラを組み合わせることで色んなことが起こる楽しさを生んだゲームでした。『カルチョビット』も選手の名前を自由に設定できるので、リアル友達とか、好きなアイドルとか、好きな漫画のキャラとか、もちろん好きなサッカー選手の名前なんかを付けて、自分だけのオリジナルチームを作って、そしたら選手達が勝手に動き出すワケです。この楽しさは『トモダチコレクション』に通ずるものがあります。

 自分はシミュレーションゲームが得意ではないので結局クリア出来ないまま終えてしまったのですが、この文を書きながら「今度はクリアを目指して最初からやり直そうかな」なんて考えて始めてしまいました。それくらいオススメです!

(関連記事:最小の手で最大の効果を。『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』ファーストインプレッション
(関連記事:ユーザーが勝手に宣伝してくれるゲーム





 以上、5本を紹介しました。
 興味を持たれましたら、是非このセールの機会に!

 セールは「6月13日(月曜日)の23時59分まで」と、それほど時間がないので要注意。当然のことながらセール期間が終わったら通常価格に戻るでしょうから、それ以降に購入して「安くなっていなかった!」と言われてもどうにもならないので、購入前に価格を確認してくださいね。


 この機会にいろんな人がオススメ作品を紹介する流れになったらうれしいので、「自分もブログに書いてみました!」という人がいらしたらトラックバックでも送ってくださいな。コメント欄に書いてもらってもイイですけど、ウチのコメント欄は私以外に読んでいる人はほとんどいないので、効果は薄いでしょうからね……

ニンテンドープリペイド番号 500円 [オンラインコード]ニンテンドープリペイド番号 500円 [オンラインコード]

任天堂 2015-07-10
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ニンテンドープリペイド番号 1000円 [オンラインコード]ニンテンドープリペイド番号 1000円 [オンラインコード]

任天堂 2015-04-17
売り上げランキング : 38

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ニンテンドープリペイド番号 2000円 [オンラインコード]ニンテンドープリペイド番号 2000円 [オンラインコード]

任天堂 2015-04-17
売り上げランキング : 68

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ニンテンドープリペイド番号 3000円 [オンラインコード]ニンテンドープリペイド番号 3000円 [オンラインコード]

任天堂 2015-04-17
売り上げランキング : 45

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ニンテンドープリペイド番号 5000円 [オンラインコード]ニンテンドープリペイド番号 5000円 [オンラインコード]

任天堂 2015-04-17
売り上げランキング : 28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ニンテンドープリペイド番号 9000円 [オンラインコード]ニンテンドープリペイド番号 9000円 [オンラインコード]

任天堂 2015-07-10
売り上げランキング : 142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:58 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

考察:今更だが、私が何故メイドさんを好きなのかはっきりしておこう

 このブログも10年近く続けてきて、ブログを始めた当初にあった「どこにも出していなかった魂の叫び」みたいなネタはもう枯渇してしまったかな―――と思ったのですが、3月に書いたこの記事で「原点回帰」というか「意外にまだ言語化していなかった魂の叫びがあったな」と気付きました。

 考察:女子高生が好きなんじゃない!女子高生の制服が好きなんだ!

 ということで、私の好きなもの語り第2弾です。
 あまりに好きなことがフツーすぎて真剣に語ってこなかったことを語ろうと思います。


 「俺はメイドさんが好きだああああああああ!」

図解 メイド (F-Files)図解 メイド (F-Files)
池上 良太

新紀元社 2006-04-25
売り上げランキング : 181567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.まずは、メイド服の「清楚さ」が好きだ!
 メイドさんの定義を考えれば「家庭内労働を行う女性の使用人」であって、日本における「女中さん」や「お手伝いさん」と大差はないし、現代においては介護などでお世話になる「ホームヘルパーさん」なんかも女性ならメイドさんの定義に当てはまるのかも知れないのですが……しかしである、私は「メイドさんが好き」以前に「メイド服を着た女性が好き」なのです!

 メイド服を着ていないメイドさんなど、仮にやっている仕事が(私達の思い浮かべる)メイドさんと変わらなかったとしても、豚肉の入っていない豚汁のようなものだ!それはもはや別のメニューだ!



 しかし、「何故メイド服を好きなのか」という理由を、私は今まで碌に語ってきませんでした。それこそ「何故女子高生の制服を好きなのか」を語ってこなかったのと同様に、あまりに好きなことがフツーすぎて真剣に語ってこなかったなと思うのです。

 女子高生の制服の魅力は「清楚な上半身」と「チラリズム性の高い下半身」のギャップにこそあるという話を以前の記事で書きました。メイド服はそこから考えると「全身が清楚さで包まれている」ことに魅力があると思うのです。

 『けいおん!!』とか『俺妹』とか『ラブライブ!』とか『ごちうさ』とか、女のコがたくさん出てくるアニメには定番のように「メイド服を着る回」が出てきます。アニメのキャラに着せるコスプレ衣装としてメイド服はそこそこの位置にあるんじゃないかと思いますが―――例えば「水着」なんかに比べると、「メイド服」って単純な露出度はほとんどなくてエロス的なサービス度は低いんですね。でも、多くのアニメで定番として登場します。

 それはやっぱり、「女のコに清楚な服を着てもらいたい」という欲だと思うのです。
 白いエプロン!少しの汚れも許されない清潔感!
 きっちりとしながら体のラインは見せないワンピース!
 中を想像させるふわふわとしたスカート!

 この記事を書くにあたって『シャーリー』1~2巻を読み返したのですが、森薫先生が「メイド服のスカートはエプロン→スカート→ペチコートというミルフィーユのような重なりが魅力的」と書かれていて、非常にうなずきました。白・黒・白と連なっている層は「その奥」を想像させるので、和服でいえばうなじから中の体を想像させられるみたいな話で、ほとんど露出度のない服でありながら中を想像させるエロスがミルフィーユにはあるのだと思うのです。


 「メイド服はロングスカートしか認めないよ」派と「メイド服はミニスカートこそが現代風でイイんだよ」派の骨肉の争いも、この「清楚さ」と「ギャップ」の話で考えれば分かりやすいです。
 ロングスカート派は極限まで「清楚さ」を突き詰めたからこそ、その奥にあるエロさにギャップを見出し。
 ミニスカート派は「女子高生の制服」と同様に、「清楚な上半身」と「チラリズム性の高い下半身」のギャップにエロさを見出しているのだと思います。

 ちなみに私は露出度は極限までなくしたいのでロングスカート派です。
 それでもまぁ、「ミニスカート」くらいならまだ許せるのですが、メイドもののAVとかだと「ほぼ下着にフリルが付いているだけ」でメイド衣装だと言い張っているのとかあるので、そういうのに当たると「貴様らはこれをメイド服だと思っているのかああああっ!!」と武器を取って戦う覚悟が生まれます。


↓ こういうのね。商品は18禁です。
子作りはご奉仕の一環 妊娠OK美少女メイド 麻倉憂 ワンズファクトリー [DVD]

 コスプレもののAVは「脱がすとコスプレの意味がなくなる」けど「脱がさないと裸が見せられない」という矛盾を抱えていて大変だとは思うのだけど、コレだけはどうしても許すことが出来ません。裸が見たいのならメイドもののAVなんて選びませんよ!メイド服が見たいから私達はメイドもののAVを選ぶんですよ!!



2.敬語萌え
 これは当然「ジャパニーズメイド萌え文化」の話ですが。
 メイドさんキャラは基本的に敬語をしゃべります。仕えている主人だけでなく……例えば『鉄血のオルフェンズ』のフミタンはクーデリアに仕えていますが、鉄華団のメンバーにも敬語でしゃべりますよね。敬語には知性と品格があるので、「1.」で述べた「清楚さ」とも相まって更に魅力を高めているのかなぁと思います。

 メイドさんから話が逸れてしまうので余談ですが。
 私はアニメ・漫画のキャラでも「礼儀正しいキャラ」とか「後輩キャラ」とか「おどおど系」とか、敬語でしゃべるキャラが好きです。『ごちうさ』で言えばリぜ先輩には敬語を使うけど同い年の千夜やココアの前ではリラックスしているシャロみたいな、「相手によって口調が変わる」ギャップも好きです。これは男のキャラもそうで、同級生にはぶっきらぼうな態度のキャラが先輩には敬語を使うとかも好きなのです。

(関連記事:敬語萌え


 しかし、こういう話をしていると必ずといっていいほど「貴方は漫画やアニメの中でだけでも女性に対して優位に立ちたいんですね」みたいなツッコミを入れてくる人が現れるのですが、どんなに真剣に考えても意味がよく分かりません。敬語をしゃべる対象は「私相手」ではなくてあくまで「作中のキャラ相手」であって、私は鉄華団のメンバーでもなければリゼ先輩でもないのだけど……ひょっとして私のこと、リゼ先輩だと思っています?

300ピース ジグソーパズル ご注文はうさぎですか? ご注文はリゼですか?(26x38cm)
300ピース ジグソーパズル ご注文はうさぎですか? ご注文はリゼですか?(26x38cm)



3.主従と信頼
 現実的には「メイドさん」と「主人」の関係は、「労働者」と「雇用主」に過ぎないと思うのですが―――漫画・アニメ・ゲームなどに登場する「メイドさん」のキャラは、主人に忠誠を誓っていて、主人のために身を削って(別にエロイことに限った話ではなく)、それでいて万能にいろんなことをこなすスーパーウーマン的に描かれることが多いと思います。
 「ドジっこメイド」というのは、逆説的に「メイドとは本来はドジではない(のに、このコはドジ)」ということですからね。


 私達日本人が思い浮かべる「西洋の騎士」のイメージが、歴史的に存在した実際の「西洋の騎士」とは違うみたいな話で。「メイドさん」も、私達がヨーロッパの歴史文化を都合よく・分かりやすく・シンボリックに解釈したイメージ像でしかないと思うのですが。


 でも、『ニンジャスレイヤー』に出てくるニンジャかっけえ!みたいな話で、それが偏ったイメージだったとしても、主人のために身を粉にして奔走するメイドさんという姿はやっぱりグッと来てしまうのです。「清楚さ」「品格」に続く第3のキーワードを考えると「一途さ」というか。
 恋愛感情とはちがって、「恩義」とか「信頼」とか「尊敬」といった感情が根底にあるのだと思いますが、私にとっては「ヒロインを一途に好きな主人公」を好きなのに近いのかも知れません。

(関連記事:主人公がヒロインを好きすぎる作品、が好きです


 それはもちろん「主人=男」「メイドさん=女」という関係に限った話ではなく、「主人=女」「メイドさん=女」もイイですよね。百合風味であってもイイし、同性の年上の女性に対する「尊敬」みたいなものでもイイですし。
 『シャーリー』読み返していて思ったけど、この二人の関係は「年上で美人で仕事も出来るけど、家ではがさつな女主人」と「まだ子どもでかわいくて社会的な地位はないけれど、家事全般を見事にこなすメイドさん」という、お互いがお互いに足りないものを補いつつ、お互いに劣等感を覚える相手……という関係性なのがとてもイイなと思うのです。

 あと、逆に「幼いお嬢様(お姫様)」を「年上のメイドさん」がお世話しているのとかもイイですね!クーデリアとフミタンも良かったけれど、『舞-乙HiME』のマシロとアオイの関係が好きでした。疑似姉妹っぽいカンジとかね!百合じゃなくてもイイし、百合であってもイイですね!どっちでもOK!




 もちろん「主人=男」「メイドさん=女」もイイのですけど、肝は「1対1の替えのない関係性」なので、メイドもののAVでよくある「今日は友人を招待したんだ」とか言い出して「メイドさん・主人・友人」の3人で3Pを始めるのとか「全然分かってねえな!!」と思ってしまいます。
 軽い「NTR」じゃないですか!メイドさんの魅力の根本である「一途さ」という魅力を思いっきりぶんなげているじゃないですか!いいかげんにしてくださいよ!!この記事はメイドさんの魅力を書く記事というか、メイドもののAVに対する不満をぶつけている記事になっていませんか!


[まとめ買い] シャーリー(ビームコミックス(ハルタ))[まとめ買い] シャーリー(ビームコミックス(ハルタ))
森 薫


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 17:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【大切なお知らせ】本家サイト『Cサイド』を閉鎖します

 何故だか自分の環境では出ないために今まで気にしていなかったのですが、このブログをスマホから閲覧する際に「オーバーレイ広告」と呼ばれる「画面の上を動いたり消えたり現れたりする広告」が厄介だという指摘がありました。

 色々な人から話を聞いてみたところ、これはこのブログを置いているFC2ブログの広告で、「この広告だけは消しても規約違反にならない」という説もあれば「規約が変更になったため広告を消すと規約違反になる」という説もあってよく分からなかったため―――広告を消すために、このブログも有料プランに入ることにしました。

 有料プランというのは「ブログを読んでいるみなさんにお金を払ってもらう」のではなく、「ブログを書いている私がFC2にお金を払う」ということです。これをしている人は広告を消しても構わないよーということになっているので、現在は「オーバーレイ広告」は出ていないはずです。ですよね?出ていませんよね?自分の環境だと前から起こらなかったため、消えたかどうかの確認も出来ないのです……


 広告についての指摘をしてくださった人が「自分のせいでお金を払わせてしまった」と心を痛めたらイヤなので包み隠さず書いておきますと……ぶっちゃけた話このブログのアクセス数はどんどん下がる一方で、1記事あたりのアクセス数は全盛期の100分の1くらいになってしまっています。
 「全盛期」って何だよ!このブログは今が一番面白くなるように頑張ってんだよ!という話は置いといて……

 このままではもう流石に更新しても意味がないなというところの一歩手前までは来てしまっているので、今のうちに出来ることは全部やって足掻くだけ足掻いておこうと思ったのです。これでスマホからの閲覧者が増えてくれたらイイデスネ。
 あと、まぁ……世間の評判はともかく、自分は随分とFC2にはお世話になったなぁと感謝もしていますし、FC2に潰れられたらイヤだなぁと思っているのでお金を払うのもやぶさかではありませんし。正直、月額料金もさほど高いものじゃないですしね。


 ただ、「広告を消す」以外に碌なメリットないな、有料プラン!!とは思っていますよ。
 今までは1日に投稿できる記事が30件だけだったけど、これからは1日に100件も投稿できるぞー!って、そんなに投稿できません(笑)。画像ファイルも、10年近く使ってきてまだ使用率3%だったので、何年使えば「10GB以上も画像が使えるなんてありがたいな」って思えるんでしょう。



 さて、ここからが本題。
 このブログ『やまなしなひび』の方に月額いくらでお金を払うため……2005年から続けてきた本家サイト『Cサイド』は閉鎖しようと思います。「思います」じゃないな、閉鎖します。
 よほどのことがない限り……例えば、「そんな!閉鎖しないでください!私の体を捧げますからどうか閉鎖しないでください!」と村一番の美少女に嘆願でもされたら考え直すかも知れませんが、そうでもない限りは閉鎖しようと思います。村二番でも……村三番でも……村十二番くらいでも……考え直すかも知れませんので、そこはもう写真付きの書類審査で決めましょう!


 そもそもの話なんですけど、本家サイトを作った頃にはまだPixivもなかったし、ニコニコ静画どころかニコニコ動画もなかった時期で―――漫画を描いてそれをWEB上にアップする場所というのが「自分のサイト」を立ち上げるしかなかったのです。それで、広告を付けたくなかったためにサーバーと契約して独自ドメインを取ってとかやっていて、これを今も月額いくらでお金を払っていたのですが……

 「本家サイト」と「ブログ」の両方にお金を払うのはしんどいというのもありますし。
 今はもう漫画を描いて公開するのなら「自分のサイト」よりもよっぽど読んでもらえる場所があるし、今の自分の主戦場は電子書籍だと思っているし、本家サイトをがんばって維持するメリットってほとんどないんですね。



 だから、このタイミングを良い機会だと思って本家サイトを閉鎖します。
 今日とか明日とかに閉鎖するのではなく、「7月中」を目途に引き払おうと思います。

 『ゼルダ』の攻略マップみたいなのはブログでは出来ないので、ああいうことをやりたい場合はどうするかは今後考えていかなくちゃならないとは思いますが……逆に言うと、それ(=表を作る)くらいなんですよね、出来なくなって困ることって。


 過去に書いたものがWEB上から姿を消すというのはつらいものもありますし、つい先日も2006年に書いた『ひぐらし』のアニメの感想についての感想をもらって「長く続けているとこんなことが起こるんだなぁ」と思ったのですが……正直、過去の自分が書いたものを本人はさほど見たくないというか、こっぱずかしいところもありますからね。

 漫画もそうですね。『朝が来る』以降の漫画はPixivに載せてあって、それ以前の作品はもう読めなくなってしまうのですが、作者としては恥ずかしくて今となってはあまり見せたくないと思っていますんでね……


 で、ですね。
 本家サイト『Cサイド』のコンテンツ―――漫画でも、何かの感想でも、日記でも、企画記事でも、もし「コレをWEB上から消してしまうのはあんまりだ!残してください!」というものがあったら今の内に言ってください。漫画だったらPixivとかパブ―とか、何かの感想だったらブログに移して残すということが出来ますからね。これは別に村一番の美少女じゃなくてもイイし、書類審査も要りませんし、体を捧げてくれなくて結構です。

 現時点で「フリゲの感想は残して欲しい」という意見をもらっているので、フリゲの感想はブログに移すつもりです。というか、これらのフリゲ自体がもうダウンロードできないものも多いような……(笑)。

 そんなカンジで、他にも残して欲しいものがあったなら完全閉鎖する7月までに言ってくださいな。全部に応えられるかは分かりませんが、善処します。ではでは。

| ひび雑記 | 17:56 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |