やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年7月の活動報告

 この話、どこかに書いたか書いていないか記憶があやふやなので、改めて整理して書いておこうと思います。

 今月ニコニコ生放送で、PS1のゲーム『SIMPLE1500シリーズ Vol.88 THE ギャル麻雀 LoveSongs アイドルはハイレート』をクリアまで実況したのですが……どうも自分のPCとキャプチャーボードの環境のせいで「音ズレ」が起こっていたみたいです。アマレコに映像を映し始めた直後は問題がないのだけど、放送時間が経つに連れてアマレコに表示される映像が徐々に遅れてくるというか。そのせいで見づらい配信&録画になって申し訳ありませんでした。

 自分の使っているキャプチャーボード『AVT-C875』という製品はHDMI出力に対応していて、Wii UやNintendo Switch、友達が遊びに来た回のレトロフリークなんかはコレで接続していたのですが……PS3の場合はコンポーネント端子による接続をしなくちゃいけないんですね(詳しくはゲーム実況Wiki参照)。
 『THEギャル麻雀』と同様にPS3からの配信だった『トゥルーラブストーリー』の時にも「音ズレ」の話は出ていたので、どうも自分のPCの環境だと「コンポーネント端子による接続=PS3からの配信」では音ズレが起こっちゃうみたいなんですね。


 PCをもっと高性能なものに買い替えるか、間にはさむスプリッターを買うか(詳しくはゲーム実況Wiki参照)、もしくは小まめにアマレコを再起動して音ズレを元に戻すか……
 今後のゲーム挑戦の予定を考えると……8月からWii Uのバーチャルコンソールで『Newスーパーマリオブラザーズ』を始めて、その後にPS3を使ってPS1の『俺の屍を越えてゆけ』に挑む予定なので。『俺屍』の配信は15分ごとにアマレコを再起動することで乗り切ろうと思います。

 だって、お金ないし……
 『俺屍』はアクションゲームじゃないので、15分ごとにインターバルをはさんでもそこまで問題じゃないと思いますし……


 んで、恐らく『俺屍』の配信はかなりの長丁場になると思われますから、それを無事にクリア出来たなら「自分への御褒美」としてPCを高性能なものに買い替えようかなと思います。高性能PCならば今後ゲームアーカイブスのようなPS1のソフトを実況するのも、PS3ソフトの福袋を買ってそこから出てきたソフトを実況するのも、「音ズレ」なく配信できるんじゃないかと期待して―――

 ということでですね、私が言いたいのは「半年後くらいに新しいPCを買う予定なので、どういうPCを買えばイイのか相談する記事を書くかも知れないからその時は詳しい人はアドバイスをください」ということです(笑)。



<2017年7月の購入金額>
2017-7-1.jpg

 今月はパッケージソフトを1本買った上に、キンドルの大型セールもあったので出費がちょっと増えましたね。まぁ、それでも例年の夏休みの時期に行われる電子書籍・ダウンロードソフト・エロ動画等の大型セールに比べれば今年はそこまででもないというか、来月あたりにドカッと来たりするのかな。

 ちなみにメディアマーカーだと「2016年8月に買ったゲームソフト」みたいな絞り込みも簡単に出来るので調べてみたところ、昨年夏のセールで買った電子書籍もダウンロードソフトもエロ動画も半分くらい積んだままでした!!



<2017年7月の購入本数>
◇ 本・雑誌(電子書籍も含む):18冊
 紙の本:1冊
 電子書籍:16冊
 電子書籍(無料の本):1冊

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):1本
 パッケージソフト(ダウンロード版含む):1本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):0本
 ダウンロード専売のゲーム:0本
 スマートデバイス用ゲーム:0本

 今月は私、お誕生日だったことで……ブログの読者さんからキンドル本のプレゼントをいただきました。Amazonの「ほしいものリスト」ではキンドル本は贈れないんですけど、Amazonのギフト番号をDMで贈ってもらい、「○○という漫画がオススメです」と教えてもらうことで間接的にキンドル本をプレゼントすることが出来るという逆転の発想!

 この方法を使えば、iTunesカードの番号を贈って「オススメの曲があるのでDLしてください」とか、ニンテンドープリペイドカードの番号を贈って「オススメの3DSダウンロードソフトがあるのでDLしてください」とか、DMMプリペイドカードの番号を贈って「オススメのエロ動画があるのでDLしてください」みたいなプレゼントの贈り方も出来るってことですよね。
 いや、別に催促しているワケじゃないんですけど(笑)、Amazonの「ほしいものリスト」では贈れない電子書籍やダウンロードソフトをプレゼントする方法として、これは面白いなーと思いました。



<2017年7月の読了数>
2017-7-2.jpg

◇ 本・漫画・雑誌(電子書籍も含む):28冊(再読2冊)
 紙の本:0冊(再読0冊)
 自炊した本:4冊(再読0冊)
 電子書籍:24冊(再読2冊)

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):8本
 パッケージソフト(のダウンロード版含む):2本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):4本
 ダウンロード専売のゲーム:2本
 スマートデバイス用ゲーム:0本

<積み電子書籍:漫画208冊、小説23冊、その他4冊
 → 積み電子書籍の合計は現在235冊です>
<積みゲー:Switchが2本、Wii U&Wiiが23本+7本、3DS&DSが14本+3本、PSが6本、PCが8本、アプリが2本→ 積みゲーの合計は現在65本です>


 先月の記事によると「先月の積み電子書籍の合計は240冊」「先月の積みゲーの合計は72本」ということで、どちらも順調に減らすことが出来ました。
 とは言え、この記事に書いたように「積み」というのは「今後の楽しみ」でもあるので、こういうリストを作っている目的は「積み」をゼロにすることではなくて「何を積んでいるのか」を把握して「今自分に最も合ったもの」を崩して楽しむことなのかなと最近は考えるようになりました。


 今月中盤くらいは割と落ち込むことが多かったため、随分前に買って「楽しみに積んでいた」3DSダウンロードソフト『不思議の国の冒険酒場』をプレイすることにしました。このゲームは、ジャンル的にも、過去に体験版をプレイした時の手ごたえでも、「絶対に自分にはハマる」と確信していたため……このゲームを遊んで元気を出そうという狙いがあったんですね。

 予想通り、すごく楽しんで落ち込んでいた気持ちもどこかに吹き飛んでしまったくらいなのですが……困ったことに、意外にボリュームがあって2週間かけてもクリアまで行けず、『Splatoon2』が発売になってしまったために遊ぶ時間がなくなってしまったという。
 というか、『Splatoon2』を遊んでいると他のゲームを起動する余裕がなくなるので、積みゲーは増える一方なんですよね。いくら「今後の楽しみ」と言っても、永遠に増え続けられても困りますし……さて、どうするかな。



【今月のピックアップ】
原始乙女と神の塔
原始乙女と神の塔

 Amazonのプライム会員だと対象作品を月1冊無料で読める「キンドルオーナーライブラリー」で読みました。昨年12月から月1冊ずつ「キンドルオーナーライブラリー」で面白い本がないか探しまくってきましたが、今まで読んだ「キンドルオーナーライブラリー」の本の中で一番面白かったです!(あ、私の本も『マンガは描ける!』と『貧乳が好きなんだ!』は「キンドルオーナーライブラリー」対象なんでよろしくお願いしますね)

 原始時代を舞台に、「神の塔には願いを叶えるオタカラが眠る」という伝説を目指して少女たちが冒険をする漫画です。同じ舞台設定で、主人公のちがう3つの話が入っているオムニバス集となっています。
 表紙の絵からして女のコの肌色多めでセクシーな話なのかなと思うかもしれませんが、原始時代だから身にまとう服が私達のそれとはちがうだけでお色気漫画ではありません。絵は抜群に上手いので「女体をじっくりながめる」人にはそういう楽しみ方もできるかも知れませんが、それ以上にやっぱりこの作品の魅力は「ダメダメな少女達が一発大逆転を賭けて神の塔を目指す」という熱さですよ!

 メインキャラはみんな女のコですが、やっていることは熱血アクション漫画で、鬱積した気持ちを晴らしてくれるカタルシスにその魅力があるのです。特に最初の1編は構成が本当によく出来ていて、オススメです!



<2017年7月のブログ>
【表現の自由問題】
自分の嫌いな作品が「あってもイイ」という考え方
そもそも「18歳未満はエロ本を読んではいけない」というゾーニングに僕は賛成できない

【アニメ】
深夜アニメと、劇場版アニメと

【ゲーム】
ニンテンドークラシックミニから読み取るバーチャルコンソールの今後
まだバーチャルコンソールに出ていない任天堂ソフトまとめ(2017年・夏)
続:ボタンがごっちゃになってしまう病
「家電になんかならなくてイイ」と呪縛から解放されたゲーム機:Nintendo Switch
『Splatoon2』でちっとも勝てない人に向けた「塗り」講座

【ゲーム実況】
「ゲームが下手」を看板に掲げてきたことについて
『Splatoon2』配信等告知用記事

【その他】
この積みは明日への希望!
「恥をかいたキャラなどいない」のに感じる「共感性羞恥」問題
RTする前にパクツイかどうかを見極めよう!


 今月のTwitterでの告知ツイートの「RT数1位」はこちら。


 次に、「付いたコメント数1位」は――――
 まだバーチャルコンソールに出ていない任天堂ソフトまとめ(2017年・夏)でした。
 付いたコメント数は9。

 続いて、「はてなブックマーク数1位」は――――
 『Splatoon2』でちっとも勝てない人に向けた「塗り」講座でした。
 付いたブックマーク数は、7月30日夜の時点210。


 そして、堂々のアクセス数1位は――――
 『Splatoon2』でちっとも勝てない人に向けた「塗り」講座でしたっ!


 今月は最後に書いた記事がRT数1位、ブックマーク数1位、アクセス数1位をかっさらっていきました。恐るべし『Splatoon2』人気よ。あの記事は自分で書いてても「そうか、ここを気を付ければいいのか」と発見するところも多くて、あの記事に書いたことを参考にしたら勝率が上がったので、自分でも良い記事だと思います!(笑)

 他の記事だと、「自分の嫌いな作品が「あってもイイ」という考え方」「家電になんかならなくてイイ」と呪縛から解放されたゲーム機:Nintendo Switchあたりが反響が大きかったですね。

 割と堅めの記事が多かった月なので、来月はもっとくだけたおっぱいの話とか可愛い女のコの話とかお尻の話とかを書けたらいいなと思います!



<2017年7月の創作活動報告>
・電子書籍用新作漫画番外編1、下描きは11ページ目まで終了
・電子書籍用新作漫画番外編1、ペン入れは9ページ目まで終了
・7月のカラー絵練習は『Splatoon2』の絵を描きましたー

 今月の漫画描きは、落ち込むくらいに進みませんでした……
 それもこれも全部『Splatoon2』のせいだ!
 というのは、単に原稿サボってゲームをしていたというだけでなく(それもありますけど)。




 この絵がかなーりの時間泥棒だったのが大きいのです。
 ここ最近のカラー絵は「キャラを描いてから背景を埋める」みたいな描き方をしていたのですが、今回の絵は「ちゃんと三点透視図法を使って背景を描いて、その上にキャラを載せる」という描き方をしようと考えて。


sannten.jpg

 まず、三点透視で背景のラフを描いて――――


sannten2.jpg

 その上に、「ロブの車」のラフと、「キャラのコンテ」を描いて――――


DEvZb4aVwAAxTFt.jpg

 その3枚をトレース台で合成させるように線画を描いて――――
 スキャンして色塗ってようやく完成です。



 ものすごーーーく労力がかかって出来上がった1枚なのですが、これだけ頑張ってもPixivでの評価は、昨年の貧乳キャラ練習企画の1発目に半日で描いた平沢唯の半分くらいというのが落ち込むところです。

 


AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875

AVERMEDIA
売り上げランキング : 556

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『Splatoon2』でちっとも勝てない人に向けた「塗り」講座

 こういう記事を書くのは勇気が要るんですけどね。
 私も「下手くそ」な部類だと思いますし、そんな自分のアドバイスが役に立つ「私より下手な人」がどれだけいるのかと思うのですが……「下手くそ」な人にしか分からない「下手くそな人が詰まるポイント」もあると思ったので、書くことにしました。

 ゲームが上手い人がくれるアドバイスって「下手くそ」な人間からすると、それはもうちょっと先に進まないと意味がないものだってことがあります。
 こっちはレベル1で「たけざお」と「こんぼう」のどっちを買うか悩んでいるって言うのに、「○○にロトの剣がありますよ」みたいなことを言ってこられても!みたいな話で、アクションゲームでも「そのアドバイスはもうちょっと俺の腕が上がらないと意味ないんだよなぁ」ということがありますからね。

 だから今日は、本当にレベル1の人のため―――「たけざお」よりも「こんぼう」がオススメだよ!みたいなことを書いていけたらイイなと思います。

(関連記事:『ドラゴンクエスト1』のレベル1→レベル2→レベル3の「強くなった」感は半端ない



 『Splatoon』の『1』の頃からあったことなんですが……
 『Splatoon』は「4人vs.4人」のチーム戦なため、「下手くそな人」がいるとその人のせいで負けたと思って、それをついついSNSなどで愚痴っちゃう人が結構いるんですね。そのことについての是非は置いといて、そういう時によく「相手を倒すほどの腕がないのなら、せめて塗ってくれ」「敵に突っ込んでいって死にまくるとか何考えてんの」と言われているのを読んで私は驚くのです。


 「上手い人」というのは、どうして「下手な人」がそういう動きをするのかが分からないのか……と。


 2014年のE3で『Splatoon』の1作目の映像が初公開された頃から、武器が「インクの銃」なことから「このゲームは人を狙い撃つ技術がなくても床を塗ることで貢献できるゲームなんだろう」と推測されてきました。確かにそれは部分的には合っているのですが、『Splatoon』というゲームは別に「撃ち合い」と「塗り」が分かれているゲームではありません。

 「相手を倒すほどの腕がないのなら、せめて塗ってくれ」という言葉をそのまま鵜呑みにすると、上手い人が敵と撃ち合っている間、下手な人は誰もいないところをせっせと塗っておいてくれ―――と受け取ると思うのですが、このゲームには「誰もいないところ」なんてないんですよ。


nuri1-2.jpg
<画像はNintendoSwitch用ソフト『Splatoon2』のものを一部加工しました>

 これ、ナワバリバトルが始まって50秒後のマップです。
 私が特に「自陣を塗る」プレイスタイルだからそういう人とマッチングするのかも知れませんが、ほぼ自陣は塗り終わっちゃっていることが分かると思います。試合が始まった直後ならともかく、50秒も経てばマップ上のほとんどのところは「自陣のインク」か「敵陣のインク」のどちらかで塗られてしまうのですよ。

 この状況で「相手を倒すほどの腕がないのなら、せめて塗ってくれ」と言われても、塗れるところと言ったら「敵陣のインク」しかありませんよね。ということで、「敵陣のインク」を塗りに行くと、そこは言ってしまえば戦闘の最前線なワケです。アドバイス通りに「敵を倒すほど上手くないから塗りに行こうっと」とノコノコ出て行っても、相手はこっちの事情なんて知らないからあっという間に撃ち殺されるのです。

 もちろんゲームが下手な人もバカじゃありませんから、わざわざ敵が固まっているところに単独でツッコむケースばかりではないでしょう。「敵陣のインク」で塗られているけど「敵がいないところ」を狙って塗りに行くこともあると思います。
 しかし、このゲーム……「敵陣のインク」で塗られているところは敵が自由に隠れられるんで、「誰もいないー!塗り放題だー」と突っ込んだらそこに潜んでいた敵に殺されるとか。あと、こっちのインクで塗っていることはマップを見れば一目瞭然なので、「あ、あそこに敵がいる」とバレてあっという間に追い詰められて殺されるとか。


 「相手を倒すほどの腕がないのなら、せめて塗ってくれ」と言うのは、相手を倒すほどの腕もない&敵がどこにいるかも分からない素人を丸腰で敵陣のど真ん中に飛び込ませるようなものなので、そりゃー集中砲火を浴びまくって死にまくって当然ですよ!



 そもそもこのゲーム、「敵と撃ち合うこと」と「床を塗ること」は別のことではありません。
 「敵を倒す&敵に倒されないためには床を塗る必要がある」し、「安全に床を塗るためには敵を倒す必要がある」のです。その2つが別のことではなくて、相互に作用しているからこそ『Splatoon』は面白いのです。

 「自陣のインク」で塗られた場所は、味方の進路にも退路にもなりますし、味方の動きを自由にさせて敵の動きを制限させます。
 私もそうですが、自分で敵と撃ち合って勝つ自信のない人は「味方が敵を倒す&味方が敵に倒されないためにサポートとして床を塗る」意識を持つのがイイんじゃないかと思います。RPGで言えば、全員が戦士や武闘家を目指す必要はなく、「味方の攻撃力を上げる」「敵の動きを鈍らせる」「相手を毒状態にする」みたいな補助魔法を使う魔法使いや僧侶だって大事ですよね。


 ということで、今日は『Splatoon2』でちっとも勝てない人に向けた「塗り」講座です!



1.逃げ道を確保しておく
 次の項で説明しますが、基本的にはこのゲーム「なるべく死なない」ことが大事です。
 「敵と撃ち合って勝つ自信のない人」は、敵に狙われたらまず逃げることを意識しましょう。


 しかし、何も考えていないと「ヤバイ!逃げなきゃ!」と思った時に、逃げ道がないということもあります。


 これは「さんぽ」モードで歩いたフジツボスポーツクラブの動画です。
 逃げ道の確保に大切なことは「床をしっかり自陣のインクに塗っておくこと」「段差や塗れないカベを覚えておくこと」です。この動画の場所のように、いったん降りてしまうと引き返せない場所がどのステージにもあって、こういうところに降りたタイミングで敵に狙われたらもう逃げ場がないんですね。

 こっちとしては「よーし!塗るぞー!」というテンションでも、あっちからすると「わざわざ追い詰めやすい場所に降りてきたヤツがいるぞ」なのです。


 もちろん、じゃーそこは降りちゃダメだし塗らなくてイイのかというとそうでもなくて、敵がいないことを確かめられたら降りて塗ってイイのですが……重要なのは、「さんぽ」モードでステージの壁を塗れるか塗れないかを調べておいて、敵に追い詰められた際に「どっちに逃げられるのか」を予め考えておくことなのです。



2.「敵を倒す」こと以上に、「生き延びる」ことを優先する

 執拗にチャージャーを殺そうと何度も攻め込んでいるのは、私は前世でチャージャーだったため世界中のチャージャーを駆逐しないとならない業(カルマ)を背負っているだけなんでそこは参考にしないでください(笑)。
 この動画のポイントとしては、上の項の「逃げ道を確保しておく」を踏まえた上で、「敵わなさそうだったらすぐに退く」「敵の侵攻をなるべく食い止める」ことに徹しているところです。


 上級者のガチマッチともなるとまたちがうのかも知れませんが、少なくとも自分くらいのレベルのナワバリバトルの場合「生き延びること」がとても重要です。RPGで言えば、戦士や武闘家が死んでしまってもまだ生き返らせれば挽回できますが、回復役の僧侶が死ぬと一気に崩れかねませんからね。

【「生き延びる」ことのここがすごい!】
・復活→ スタート地点まで戻らされるタイムロスがない
・その間、ずっと塗っていられる
・生きているだけで敵を引き付けられたり、敵を食い止められたりもする
・味方がスーパージャンプで飛んでくるポイントになるので、味方の活動時間が増える
・塗り時間が増えて、ゲージも減らされないから、スペシャルを使える回数が増える
・スペシャルを使うとインク残量がフル回復するので、その分また塗れる


 3分間のナワバリバトルで1回も死なないというのは現実的ではありませんが、例えば現在平均して6~7回殺されているのならそれを3~4回に減らすことをまずは目指してみましょう。



3.仲間と連携して敵を倒すための「塗り」

 サムライとかガンマンの世界では「1人vs.1人」が鉄則でしょうし、『Splatoon』も上手い人ならば「1人vs.1人」で相手を撃ち負かすことに誇りを持っている人もいるかも知れませんが……こちとらゲームが下手な人ですよ!「1人vs.1人」では敵わないから、「塗り」で貢献しようとしているのですよ!

 で、この“「塗り」で貢献”の部分ですけど……
 『Splatoon』における「塗り」というのは、単に試合終了時にたくさん塗っていた方が勝つというスコア的な意味だけでなく。「1人vs.1人」で撃ち合っている敵味方の足元を塗ることで、相手の動きを封じる、味方の動きを自由にするという効果があるんですね。

 上の動画で言うと、私はボムを投げて1人目を倒すのにインクを使いきっているので、やってきた2人目を仕留めるほどのインクがありませんでした。ですが、敵の足元を塗っていくことで敵が前にしか進めなくなり、追い詰められた敵を味方が仕留めてくれたんですね。
 「1.」の項で「逃げ道を確保しておく」ことが大事だと書きましたが、逆に言えば「敵の逃げ道を潰す」ことが敵にとっては脅威になりますし、味方への強力なサポートになるのです。


 なので、『Splatoon』は基本的に「味方多数vs.敵1人」のシチュエーションを作って各個撃破していくのが大事です。上の動画を「私以外の味方の動き」に注目して観返してもらえれば分かると思うのですが、私以外の味方も味方のサポートに動き回っているんですね。だから、常に数的優位の状況を作れて局地戦に勝てているという。


 ただし、だからと言って常に味方と一緒に固まって動けというワケではありません。
 固まっている味方は敵からすればまとめて攻撃しやすいマトになってしまいますから、敵が同時に攻撃できないように横や後ろから回り込むように攻撃するのが良いと思います。
 あとは、上からとかね。私はもう他のブキを使っているんでチャージャーの勘はなくなっちゃいましたけど、前作でチャージャーを好んで使っていたのは、上からの射撃で敵の動きを封じて味方に仕留めさせるのが「戦場を制圧している」みたいで楽しかったからです。『ラストストーリー』のギャザリングみたいな。



4.「安全圏から遠距離攻撃で塗る」のか「危険を顧みず敵陣で塗る」のか
 「安全圏」というのは、「逃げ道が確保されている」自陣のインクのことです。
 敵から狙われたとしてもいつでも逃げられるようにしていて、それ以上の侵攻を食い止められる位置から遠距離攻撃で塗るというのも一つの手だと思います。「2.」の項に書いた「なるべく生き延びる」ためには一番確実な方法です。

 ですが、それだけでは勝てません。
 SRPGで例えれば、「防御力は高いけれど攻撃力はそんなにない」アーマーナイトを壁役にして耐え続けても、アーマーナイトのHPが減り続けるだけでジリ貧です。どこかのタイミングで攻撃力の高い魔導士や傭兵の連続攻撃で攻勢に出なければ、ナワバリバトルの3分間は終わってしまうのです。


 「敵を倒す自信はないけれど、塗りで貢献したい」という人には、この「安全圏から遠距離攻撃で塗る」時と「危険を顧みず敵陣で塗る」時の切り替えこそが一番大事なポイントかなと思います。


 今日の記事に載せている動画、「全然ゲームが下手じゃないじゃん」と思われるかも知れませんが、それはもちろんブログの記事に使えるように「ちゃんと自分が活躍している部分」のみを切り取っているだけですからね!

 ですが、チャージャーとローラーに関しては碌に「ちゃんと自分が活躍している部分」がなかったため、しっかりと「ゲームが下手な人だ!」と分かる動画になっております(笑)。



 失敗している動画もまぁ、それはそれで反面教師になってくれると思うんですけど……
 要は「どのタイミングで攻め込むのか」が大事で、そこを正しく判断できるかで勝敗は決するということが言いたかったのです。



 こちらの動画は発売から1週間が経った中で「自分が一番理想的に立ち回れた最後の1分間」です。

 まず「味方と撃ち合っている敵を横から撃破」、その後は「安全な位置からキッチリ塗っている」のだけど味方のローラーが来たので何かあっても味方が骨を拾ってくれるだろうと下に降ります。たまたま運が良くて敵を二人連続で撃破、スペシャル発動して一気に自陣のインクを広げたところで「今近くに敵はいないな」と判断して高架下の敵陣インクを塗りにいきます。
 自陣のインクを広げたところで敵がやってきたので、今度は敵の侵攻を食い止める動きに切り替えました。ボムを投げて牽制したところでマルチミサイルが飛んできたので退避しつつインク回復、味方が健在なことを確認して橋上の敵を倒しに、インクアーマーを使われてるとは思ってなかった(笑)。自陣のインクがそこそこ塗れていたことで動き回れて相手も倒せて、残り数秒はひたすら塗りまくれー!で、逆転です。


 敵を倒せたのはただの運で、ポイントとしては「敵がいないと判断して塗りに行ったタイミング」と、「自陣のインクを広げたと判断して敵の侵攻を食い止める動きに切り替えた」ところだと思います。


 前者は「敵が3人死んで守りが崩れたことで敵陣を塗りに行けた」のだし、後者は「自分が生き延びることで自陣を塗られることを食い止めた」のだし、いずれにせよ「2.」に書いた「生き延びること」の重要性が分かると思いますし。「撃ち合い」と「塗り」は無関係でないことも分かってもらえるんじゃないかと思います。



5.オススメのブキは?
 プレイスタイルやステージ、味方の立ち回りなんかで“合っているブキ”は変わるので……自分が使いやすいブキや、デザインが気に入ったブキとか、そういうものを使い込んでいくのが一番だと思います。
 私達はみんながみんな世界大会での優勝を目指しているワケじゃありませんからね。「そのブキ、全然人気なくて誰も使っていませんよー」なんて言われても、「うるせえ!俺は気に入ってんだよ!」とぶん殴ってやればイイんですよ。『ストII』で私が使っていたのはザンギエフだし、『ストIIターボ』ではバイソンでした。だって、気に入っていたんですもの!

 私が今作で気に入っているのは、今のところ「プロモデラーMG」「N-ZAP85」「わかばシューター」あたりかなぁ。
 前作で使っていたチャージャーは、「チャージャー以外を使うとチャージャーの動きが出来なくなる」と前作で私が言っていた通りになって全く勝てなくなっちゃいました。カーボンローラーも前作とはスペシャルウェポンが変わったせいか、あまり勝てなくなりましたねー。


 「好きなものを使えばイイ」と言われても何の目安にもなりませんから、一つブキを選ぶ際の参考になればイイと思って書いておくと……「スペシャルウェポンで選ぶ」のがイイかなぁと思います。必殺の切り札のはずのスペシャルウェポンですが、自分の腕によって使いやすい・使いづらいがあって、せっかくのスペシャルなのにほとんど意味がないみたいなことがありますからね。

 私はハイパープレッサーやジェットパックは苦手です。
 上手く立ち回れず、敵のマトになってしまいます。サーモンランだと活躍してくれるんですけどね。

 逆に、インクアーマーは「敵を狙い撃つみたいな難しい操作は要らず、味方を補助してくれるのでありがたく使っています。使うタイミングを考えるのは大事ですけど。アメフラシやボムピッチャーも「局面を変える」のに有効だから好きかな。チャクチはどう使うのがイイのか分からん。


Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版

任天堂 2017-07-20
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 あと、これは前作でも最初は気付かなかったことで今作にも言えることだと思うのですが……
 『Splatoon』の「ナワバリバトル」は自分と同じような実力・似たようなプレイスタイルの人とマッチングされることが多いです。下手は下手なりに同じような人の部屋に入れてもらえるんですけど、「フレンドとの合流」をするorされると自分とは全然ちがう実力・全然ちがうプレイスタイルの人と同じ部屋になるので、あれ?俺、突然下手になった!?みたいなことも起こるんですね。

 「下手・上手い」だけじゃなくて、プレイスタイルも変わってくるので……「フレンドとの合流」先のマッチングだと、「俺以外は誰も自陣を塗ってねえ!」とか「待ち伏せ暗殺上等!」とか普段と全然ちがうゲームへと変わって、友達の友達はヤンキーばっかみたいな新鮮な気持ちにもなったりもしますが(笑)。


 ということで……あまりに勝てないことが続く人は、「その部屋が自分の実力に見合っていない」んじゃないかと疑ってみてください。


 とは言いつつ、私のフレンドの人は気にせず合流してきてくださってイイですよ。あまりにレベルがちがったらサクッと抜ければイイだけなんで。
 まぁ、でもアレか……「やまなしに合流すれば、周りみんな下手くそどもだから思う存分虐殺ができるぜー」みたいなシリアルキラーな人は困るか……と思ったけど、そういう人がどんどん合流して来れば私以外全員シリアルキラーという地獄の果てみたいな部屋になるからそれはそれで面白そうか(笑)。


任天堂公式ガイドブック Splatoon2 (ワンダーライフスペシャル)任天堂公式ガイドブック Splatoon2 (ワンダーライフスペシャル)
任天堂

小学館 2017-08-04
売り上げランキング : 725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スプラトゥーン2 コウリャク&イカ研究白書スプラトゥーン2 コウリャク&イカ研究白書
週刊ファミ通編集部

KADOKAWA 2017-08-04
売り上げランキング : 139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スプラトゥーン2 ザ・コンプリートガイドスプラトゥーン2 ザ・コンプリートガイド
電撃ゲーム書籍編集部

KADOKAWA 2017-08-04
売り上げランキング : 119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲームプレイ日記 | 17:54 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RTする前にパクツイかどうかを見極めよう!

 気になったので、こんなアンケートを取ってみました。


 パクツイというのは「パクリなツイート」、他人の文章や他人の画像・動画をあたかも「自分のですよ」と出典も表記せずにパクッてツイートすることです。

 実数を計算してみると……

・パクツイだとしても気にせずRTする 1人
・パクツイかは気になるが調べる手段がないのでRTする 7人
・パクツイなのか調べられる限り調べてからRTする 8人
・面倒くさくなってもうRTしない 22人



 回答数が38だと大したデータとは言えないかも知れませんが、1人を除けば「パクツイをRTするのは悪いこと」という意識が大勢なんだなと少し安心しました。これで「パクツイの何が悪いんだ!」とか「面白いツイートをRTしてやってるんだから、それがパクツイだって構わないだろう!」という人が大多数だったら、インターネットで何かを発信する時代ももう終わりでしょうからね。


 ちょっと見方を変えて、「パクツイをRTするのは悪いこと」という意識の元で、「でもどうしようもないからRTしちゃうんだよな」という7人と「面倒くさいからもうRTしなくてイイや」という22人を足せば29人で76%にも及びます。4分の3以上ですよ!4分の3以上の人が、「パクツイは悪いことだけど調べる方法が分からないor調べるのが面倒くさい」と考えているということですよ。

 ということで、今日は「その面白ツイートがパクツイかどうか」を見極める方法を書いていこうと思います。



1.ツイートしている人のアカウント名を見よう
 基本中の基本。
 アカウント名を見るだけだから手間もかかりません。

 Twitterのアカウント名に「実際の本名」を使っている人は有名人でもなければほとんどいないと思いますが、それでも「ハンドルネーム」とか「ペンネーム」とかそういうものを使うのが普通ですよね。私のアカウント名は「やまなしレイ」というハンドルネーム兼ペンネームを使っています。
 そうした「ハンドルネーム」を考えるときに、「よし!俺の名前は“かわいい動物画像集”にしよう」なんて考える人はいませんよね(笑)。斬新と言えば、斬新ですが。


 「かわいい動物画像」とか「面白写真」とか「心にしみる名言」とか……アカウント名からして、「ネット上から拾ってきたものを紹介しますよ!」的な堂々とパクツイだと宣言しているアカウントも結構あります。
 そんなものを誰がRTするんだ?それをRTするだなんてよっぽどモラルが崩壊しているのか?と思ってしまうかも知れませんが、Twitterって「誰かがRTしてきたツイート」は中身は見てもアカウント名って案外見ないもので……ついうっかりRTしてしまうことも結構あるんじゃないかなと思うのです。


 ということで、まずは「RTする前にアカウント名を見る」です!
 まぁ、「パクツイと分かるアカウント名は(ネタでない限り)100%パクツイ」ですけど、「パクツイとは分からないアカウント名は100%パクツイではない」とは言えないのが難しいんですけどね……普通のアカウントに見せかけているパクツイアカウントも多いので。




2.ツイートしている人のその他のツイートを見よう
 「たくさんRTされているそのツイート」だけでなく、普段その人が何をつぶやいているのかを調べてからRTしましょう。

 例えば、とってもかわいいにゃんこの写真がRTされてきた場合、「かわいい!これはRTしなきゃ!」とRTボタンを押す前に、その人の普段のツイートを見てみましょう。さっきとはちがうにゃんこ、わんこ、とり、ハムスター、フェレット……えとせとらえとせとら、アナタが住んでいる家はどんな動物王国なんですか?と言いたくなるくらいたくさんの動物が出てきたら、それらは全部拾ってきた写真という可能性が高いです。

 考えてみれば分かると思うんですが、普通に「ウチで飼っているにゃんこかわいいよー、写真見てよー」とペット自慢をしたくなる飼い主さんの場合、「同じにゃんこ」とか「同じわんこ」の写真を何枚も何枚も載せるでしょう。同じにゃんこの写真を1枚ずつしか載せないなんて、「本当に飼い主さんかな?」と疑わしいですよね。


 パクッているのが画像や動画ではなく、文章の場合も―――
 過去のツイートを見れば、「コイツ日常のことを何も呟いていないな」とか「ツイートによって文体とか、年齢とか、職業がバラバラだ」とか、その人の人間性が見えてこないアカウントはかなり怪しいです。もちろん中には「俺はたくさんRTされるために、プライベートなことは一切書かず、面白ツイートしかしないぞ!」みたいに決めている人もいるのかも知れませんから、100%の確信は持てませんが。

 とりあえず、「RTする前にその人の他のツイートを見る」のが大事です!




3.そのツイートに来ているリプライを見よう
 アナタのところにRTでまわってきたその面白ツイートが、既に何百・何千といったRT数になっていた場合……RTの数だけたくさんの人の目に止まっているので、それがパクツイだった場合にパクツイだと気付く人も多くなるのです。長年Twitterをやっていると、「このツイート既に何度か見ている気がするのだが、投稿されたの今日だな……」とか「またこのツイートがRTされてる!毎回ちがう人!」みたいなことがしょっちゅうありますからね。


 そういう場合、その「RTされまくっているツイートのリプライ欄」を見れば「黙れこのパクツイ野郎」「またパクツイか」「元のツイートはこちらですよね? → 以下URL」と指摘している人が既にいたりするのです。親切な人になると、パクられた方のツイートのURLを載せてくれている人もいるのでそちらをRTすることにしましょう。

 パクったものが何百・何千とRTされるのを見ると「インターネットというのは人間の愚かさだけが露呈する場所なんだな……」と絶望してしまいがちですが、たくさんRTされることによってちゃんと「パクツイだと気付く人」「それを咎める人」にもちゃんと届くという側面もあるのです。集合知をなめるな!


 まぁ、たまにパクツイでもないツイートに「パクツイですよね?」とリプして「ちがいますよ」と言われている人もいるので、「パクツイだと指摘されている」=「パクツイ確定」ではないのもややこしいのですが(笑)。でも、パクツイではないのにパクツイと指摘された場合は「ちがいますよ」と言うけど、パクツイでパクツイと指摘された場合は無視する人がほとんどなので、そこで見極めることも出来るとも言えますね。




4.そのツイートを検索してみよう!
 これはかなり面倒ではありますが……
 文章の場合は「全文」もしくは「一部」を検索、画像の場合は画像検索をしてみましょう。
 個人的には、イラストの検索はGoogleより「二次元画像詳細検索」の方がお気に入りです。これで作者のTwitterやPixivのアカウントに一発でたどり着けて、そのままフォローしたことが何度もあります。お世話になっています!

 こうして出てきたツイートやイラストの投稿日時を見て、今RTされてきたものの投稿日時と見比べれば……少なくとも新しい方のはパクリ確定です。Twitterは一度した投稿は削除はできても修正は出来ませんから、日付の古いものがオリジナルの可能性が絶対的に高いのです!

 ただ、何度もパクられているようなツイートの場合、検索で出てきたそれもパクツイだって可能性もあるんですけどね……「パクリなことを見極める」には高確率な方法ですが、「元ネタにたどり着ける」かはまた別だという。
 それと、つい最近話題になったツイートをパクっている場合は検索で元ネタが出てこなかったり、最近Twitterも力を入れている「動画」は検索が難しかったり、この方法ですべてのパクツイを暴けるワケでもないというのも確かですね。


森永 パックンチョ<ちょこ> 47g×10個森永 パックンチョ<ちょこ> 47g×10個

森永製菓
売り上げランキング : 5620

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◇ しかし、実際にこれらのこと全部をするのは難しいですよね……

 実は、ここからが本当に私が書きたかったことです。

 100%ではないにしても、上に書いたような方法を使えばある程度の割合で「パクツイをRTしてしまう」ことは防げると思います。しかし、それらを毎日ちゃんと実践するのは難しく、ついうっかりそうしたチェックを怠ってRTしてしまうこともあるんじゃないかとも思うのです。
 というのもですね……上に書いたような方法、PCからなら簡単に出来るのですが、スマホやタブレット端末からやろうとすると使っている機種やアプリによっては出来なかったり時間がかかったりしてしまうのです。みんながみんな高性能なスマホやタブレット端末を使っているワケじゃありませんしね……自分が以前使っていた初期型キンドルファイアHDは、Twitterアプリからブラウザに切り替えるのに2分くらいかかったし。

 「パクツイかどうかを調べる」のに時間と手間がかかればかかるほど、「調べなくても大丈夫だろー」とついうっかりRTしてしまうことも多くなると思うんですね。かくいう私も、PCでTwitterを見ている時は調べますが、そうでない時は「大丈夫だろー」とRTしてしまったり、「後でPCでパクツイか調べてからRTしよう」と思ったまま忘れたり。




 んで、私考えたんですけど……冒頭のアンケートで大多数の人が「パクツイをRTするのは悪いこと」という意識を持っているという結果も出たことですし、もし自分のフォロワーさんがパクツイをRTしていたら「それパクツイですよ」「そのアカウントはパクツイばっかやってるアカウントですよ」と指摘してもイイですかね?
 咎める気はないし、「ついうっかりやってしまう」のも分かるのだけど、それを今後繰り返さないためにも優しく教えるのはアリじゃないかと思うのだけど……どうですかね。

 ゲーム系迷惑サイトの記事について、「そのサイトの記事は有害なのでRTしない方がイイですよ」と指摘してブロックされたこともありましたけど……ゲーム系迷惑サイトの読者は「ゲーム系迷惑サイトのファン」だから指摘しても怒りを買うだけだったのに比べると、パクツイをRTしちゃうのは別に「パクツイアカウントのファン」ということでもなくて「ついうっかり」だと思うので、指摘されても怒りは買わないんじゃないかと思うのですが。


 今までは「カドが立つ」かなと思って、「パクツイ」ではなくて「元ネタのツイート」の方をRTしてそれとなく気づかせようとしたこともあるのですが、そんな回りくどい方法じゃ気づかれないよなーと最近思いまして(笑)。



 あと、今この文章を書きながら思ったんですけど、パクツイじゃなくて自分の「画像」や「動画」を投稿している人は「画像」にしろ「動画」にしろ投稿者の名前をサインのように入れておくのは重要かなと思いました。
 私も絵を描く身として「自分みたいな下手くそな絵をパクるヤツなんていないだろうに、名前を入れておくなんて自意識過剰だと思われないかな……」と考えちゃう気持ちは分かるんですけど、「画像」や「動画」の中に投稿者の名前が入っていれば「これはパクツイじゃない」というのが分かるので、見た人が気軽にRTしやすくなると思うんですね。

 まぁ、そうして入れた名前も、パクった人が加工して消しちゃってその上から別の名前を入れちゃうみたいな可能性もあるんですけど……


amiibo パックマン (大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)amiibo パックマン (大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

任天堂 2015-04-29
売り上げランキング : 2050

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「家電になんかならなくてイイ」と呪縛から解放されたゲーム機:Nintendo Switch

 待望の『Splatoon2』が発売されたことで、それが遊べる本体Nintendo Switchの争奪戦の苛烈さもピークを迎えているんじゃないかと思います。

 個人的な見解を述べると、今のNintendo Switchの品薄状態は「需要に供給が追い付いていない」だけで手放しに誉められたものではないと思いますし、同じようにスタートダッシュに成功しつつもサードメーカーがソフトを出さなくなって急失速したWiiというゲーム機を知っているので「同じ道を進まなきゃイイんだけど……」と思わなくもないのですが。

 まぁ、でも「こんなに売れるとは思わなかった」と任天堂ファンですら言っているくらいなので、需要に追いつけるほどの出荷量を用意できなかった任天堂や、ソフトを出さないサードメーカーのことも、責められないかなとも思っています。東京ゲームショウあたりで日本のサードメーカーからソフトが発表されるとイイんですけどね。



 思い返すにNintendo SwitchがNXと呼ばれていたほんの10ヶ月くらい前までは、「ゲームなんてスマホで遊べるんだから今更ゲーム機を買うようなヤツはそうそういない」とか「本当のゲーム好きはPCで遊ぶからゲーム機なんて見向きもしない」といったゲーム機不要論がネット上では大勢を占めていました。

 任天堂がどうこうではなく、「もはやゲーム機の時代ではない」

 もちろん、そうは言っても海外市場を見ればPS4はバカ売れしていたのですが、「PS4が売れているからNintendo Switchも売れるはずだ」なんて考える人はいなくて「PS4が売れているからもうNintendo Switchに売れる余地は残っていないのでは」と考えるのがフツーですから……
 Nintendo Switchは発表前から大逆風が吹き荒れていたんですね。



 しかし、発売してみたらずーっと品薄状態。
 PS4も売れた、Nintendo Switchも売れた、そう言えばニンテンドークラシックミニだって売れていた―――そう考えると、スマホがあればPCがあればなんてネット上での意見なんて関係なく、「ゲーム機でゲームを遊びたいという需要」がちゃんとあったってことなんですよね。

 逆に、Nintendo Switchは「みんなもうスマホを持っているはず」「詳しい人はPCも持っているはず」と割り切って、スマホで出来ること・PCで出来ることはそちらに任せているのが特徴です。
 ボイスチャットはスマホ用アプリで行いますし、任天堂が近年許可をし始めて大きな成果をあげているユーザーの動画配信も「PCを持っている人が勝手にやってね」と任天堂自身はサポートしませんし、Twitterなどの既存SNSでつながっている人をオンライン対戦に招待したり出来る仕組みもそもそもNintendo Switchにはインターネットブラウザがないので「みんなスマホかPCでSNSをやっているよね?」という前提の仕様なんですね。


 これ、地味なようですけど……
 「PCに取って替わる存在になりたい」とか「スマホの進出を防ぎたい」みたいな意識だったらこういう仕様にはならなかったと思いますし、Nintendo SwitchがWiiや3DSと決定的にちがうところだと思うのです。

 ということで、今日は「ゲーム機」における「ゲーム以外の機能」についてのお話です。




◇ リビングに置いてもらえるゲーム機を目指して
 確かWii発売前後の2006年~2007年あたりだったと思うんですけど、任天堂の宮本茂さんが前世代機ゲームキューブ(2001年発売)の敗因の一つに「DVDが観られなかったこと」を挙げていて驚いたことがありました。
 私の周囲に「DVDが観られないからゲームキューブは買わない」なんて言っている人は一人もいませんでした。「PS2が勝った理由」にはなっても「ゲームキューブが負けた理由」にはならないだろうに、任天堂はそういう意識だったのかと驚いたのです。



 振り返ってみると、1993~1994年発売の3DO REAL、1994年発売のプレイディア、1996年発売のピピンアットマーク辺りの時期は「マルチメディア」という言葉がもてはやされていて、「ゲームが出来るだけに留まらないゲーム機」「ゲーム機を超えた機械」みたいなものが次々と現れました。
 ゲーム機として成功したプレイステーションやセガサターン(ともに1994年発売)にもCD再生機能がついていましたし、セガサターンは周辺機器があればフォトCDやビデオCDが再生できたんですよね確か(プレステでも非公式な機器を用いれば観られたはず)。

 検索したらTwitterで相互フォローをさせてもらっている大沢与一さんのブログで詳しい記事が出てきました!2015年にもなってセガサターンのフォトCDについて記事を書いている人がいるのか、と思ったら知っている人だった!

 【フォトCDオペレーター】フォトCDの儚い時代

 今にして思えば、初期のセガサターンは18禁のゲームなんかもありましたし、「色んなことが出来るゲーム機」という「マルチメディアプラットフォーム」の位置を最も確立していたのはセガサターンだったのかも知れません。電子ブックまで出していたのは私も知らんかった。

 セガサターンに続いてセガが1998年に発売したドリームキャストが、「デフォルトでインターネット接続機能を備えている」「メールやチャットも出来る」「末期には通信カラオケソフトも発売される」といったオーパーツ仕様だったのも、その流れから考えると分からなくはないですね。



 しかし、市場を制したのは2000年発売のプレイステーション2でした。
 インターネット接続機能は後回しで、PS2の売りは「DVDが観られる」というものでした。PS2の1年目はハッキリ言って話題になったゲームソフトは大してなかったのですが、DVDプレイヤーが10万円近くしていた当時に4万円前後でDVDも再生できるゲーム機が出てきたインパクトはトンデモありませんでした。当時「PS2最大のキラーソフトは『マトリックス』のDVD」なんて言われてましたもんね。

 3DO REALやら何やらが散っていった1990年代は「ゲームとマルチメディアの融合」みたいなワケの分からないフレーズは半笑いで語られていたのに、2000年代になってPS2が初めて「ゲーム以外の機能」で覇権を取ってしまったのです。言ってしまえば、史上最も成功したマルチメディアプラットフォーム機とも言えて、その意味ではPS2は3DO REALやセガサターンの後継機と言えなくもないのです!

 ナ ナンダッテー!!
 Ω ΩΩ

 続くソニー(SCE)のプレイステーション3は2006年に発売されて、今度はDVDだけでなくブルーレイディスクの再生にも対応していました。かくいう私も、『けいおん!』のブルーレイディスクを観るためと、その年のE3で発表された『人喰いの大鷲トリコ』が遊びたくて2009年にPS3を買いましたからね。
 あれ?おかしいな、それから8年も経つのにPS3用ソフトとして『人喰いの大鷲トリコ』が発売されていないぞ……どうした?新手のスタンド攻撃か?おかげで我が家のPS3はほぼ「ブルーレイディスクを再生する家電」として使われてきました。





 ゲームキューブが発売された2001年というのは、PS2の1年半後でした。
 前述したように「DVD目当てでPS2を買った人」がたくさんいた時期でしたから、「DVDが観られればゲームキューブも売れたかも知れない」と思ってしまうのかも知れませんが……2001年は、そうして「DVD目当てでPS2を買った人」という圧倒的な普及率を持ってPS2に『鬼武者』や『ファイナルファンタジーX』といったミリオンセラータイトルが出ていた時期です。この状況でゲームキューブにDVD再生機能があろうがなかろうが、既に時遅しだと私は思っていたんですが。

 任天堂はこの「DVDが再生できる機能」を重視していたのか、ゲームキューブから3ヶ月遅れで「DVDも再生できるゲームキューブ」であるQがパナソニックから発売されましたし(※1)。結局発売はされませんでしたが、Wiiにも「DVDが再生できるモデル」が発売される予定だと当初はアナウンスされていました。

(※1:価格は大体4万円だったけど、1年半早く発売したPS2は約3万円に値下げされていたので、その点でもQは不利でした。それはそうと、当時のGAME Watchのインプレッション記事を読むと「ゲームを遊んでいる時間が設定した分を超えるとブザーが鳴る」という機能があって、まさにNintendoSwitchのみまもりスイッチじゃねえか!と驚きました)



 ゲームキューブに続く任天堂の据置ゲーム機は2006年発売のWiiでしたが、このゲーム機は開発コンセプトからして「リビングに置いてもらえるゲーム機」「インターネットにつないでもらうゲーム機」を目指していました。DVD再生機能は結局つかなかったのですが、ゲームに興味がない家族にも触ってもらえるようにと任天堂のゲーム機の中では「ゲーム以外の機能」を数多く持っているゲーム機でした。
 本体に標準搭載されている機能が、他のWiiから送ってもらった写真やSDカードに入っている写真をみんなで見られる『写真チャンネル』ですからね。本体発売前から予告されていた無料配信ソフトが、世界中の天気を見ることが出来る『お天気チャンネル』、世界中のニュースを見ることが出来る『ニュースチャンネル』でしたからね。

 スマホやタブレット端末が普及した現在では「なんでそんなものをわざわざ任天堂が作ったんだ……?」と思われるかも知れませんが。当時インターネットにつながる端末と言えば、デスクトップ型パソコンは個人の部屋に置かれてリビングに置かれるケースは少なく、ノートパソコンや携帯電話は家族みんなでのぞき込むには画面が小さいという弱点がありました。
 そう考えるとWiiのそれらの機能は、リビングに置いてもらえる&インターネットにつながる端末として、それなりに理に適っていたんですよ。

 映像配信ソフト、出前が取れるソフト、カラオケができるソフト……任天堂が出したものもあればサードメーカーが出したものもありますが、ゲームにさほど興味がない家族にも受け入れられてもらうための「ゲーム以外の機能」が充実していて。「DVDが観られるから」とゲームにさほど興味がない人にも買われたPS2よりも更に、家電としての側面が強化されたように思えます。


 それにしても、写真が見られる、映像が見られる、電子ブックはちょっとしか出ませんでしたが……インターネットももちろん出来るし、カラオケソフトも発売された――――こう考えると、真の意味でセガサターンやドリームキャストの遺志を受け継いだマルチメディアプラットフォームはWiiだったのかも知れません!


 ナ ナンダッテー!!
 Ω ΩΩ




 しかし、そうして「家電のようなゲーム機」としてリビングに置かれることの多かったWiiは、家族みんなで遊べるゲームソフトは売れるのだけど一人用のゲームソフトが売れないという問題を抱えてしまいました。
 2012年に発売したWii Uはその反省から、リビングに置いてもらって家族がテレビを観ている時も「Wii Uゲームパッドでゲームが遊べるよ」とゲーマーにアピールするゲーム機になっていました。しかし、それでもリビングに置いてもらって家族で使ってもらうために「ゲーム以外の機能」も充実させるしかなく……2画面を用いたカラオケが本体に標準搭載されている上、本体発売と同時にYoutube・ニコニコ・Huluがダウンロード開始になるなど映像配信ソフトが充実していて、発売2ヶ月後にはWii Uゲームパッドを使った『Wii Street U powerd by Google』なんかも配信されていましたね。

 ゲーマー向けでありながら、ファミリー向けの路線も捨てきれなかった。
 スマホやタブレット端末とガチで戦いに行ってしまった。

 それなのに肝腎のゲームソフトが初期には全然出てこなくて、ゴールデンウィーク前には仕方なくカラオケのTVCMを流すような状況で。2010年代にもなって、「マルチメディアを謳っていろんなことが出来るよとアピールしたのはイイのだけど肝腎のゲームソフトが出なかった」とか言われてしまうとは……その意味ではWii Uは3DO REALやピピンアットマークの精神的後継機と言えるのかも知れないっ!!!


 ナ ナンダッテー!!
 Ω ΩΩ


 まぁ、Wii Uの資産があったから『ブレスオブ ザ ワイルド』も『マリオカート8DX』も『Splatoon2』も生まれたんで、Nintendo Switchの成功は8割くらいWii Uのおかげだと言っちゃってもイイと思いますし、Wii Uに存在価値がなかったとは決して思わないんですけど。




 こうして「ゲーム機」と「ゲーム以外の機能」の歴史を振り返ると、Nintendo Switch(2017年発売)の割り切り方ってすごいと思うんですよ。ゲームしか出来ない。ゲーム以外の機能がほとんどないんですもの。
 インターネットブラウザもなければ、見られる写真はスクショだけで、映像配信ソフトも最近ようやく『ニコニコ』が出たばかりです。プレイ履歴を見るのもスマホ経由ですし、マイクが付いていないのでボイスチャットもスマホ用アプリを使います。WiiやWii Uが標準的に備えていた機能がばっさりカットされているのです。

 それでも別に問題なく売れているという。
 Wiiの時代とちがって、現在はスマホやタブレット端末が大きく普及しましたから……わざわざゲーム機でインターネットを見なくてもイイやって考えてそうなったんじゃないかと思います。まぁ、映像配信ソフトは出てくれたらありがたいと正直思うんですけど(笑)、ゲーム機に求められているのはあくまで「面白いゲームが遊べること」なんだと、スマホやタブレット端末が普及したことで明確になったのかなと思います。



catalog1.jpg
 たまたま、Wii UとNintendo Switchそれぞれの本体発売直前に配布されていたパンフレットが家にありました。


catalog2.jpg
 Wii Uのパンフレットは、リビング(居間)に置かれて家族や親戚が一緒になって遊ぶ写真がデカデカと載っているのですが。


catalog3.jpg
catalog4.jpg
 Nintendo Switchは「TVモード」「テーブルモード」「携帯モード」と様々な場所・シチュエーションで遊べるゲーム機をウリにしていることもあってか、WiiやWii Uの頃に多かった「リビングで家族一緒に遊ぶ」写真がパンフレットにはほとんど載っていないんです。『マリオカート8DX』を遊んでいるであろう1枚くらい。

 家で一人で『ゼルダ』を遊んでいたり、飛行機の中で遊んでいたり、友達の家に持ち寄って遊んでいたり、旅館みたいなところで遊んでいたり、パーティ会場みたいなところで遊んでいたり……


 Nintendo Switchは真なる意味でテレビに縛られない据置ゲーム機になりましたから、リビングに縛られることもなくなって、ゲームにさほど興味がない家族に受け入れられてもらうための「ゲーム以外の機能」を入れる必要もなくなって、家電的な側面が完全になくなりました。


 フォトCDが見られたり、ビデオCDが見られたり、CDが聴けたり、インターネットが見られたり、カラオケが出来たり、DVDが見られたり、写真が見られたり、お天気を調べられたり、ニュースを見られたり、出前を取れたり、映像が見られたり、ストリートビューが見られたり―――思えばゲーム機も色んな道をたどってきましたが、行き着くところはここだったのです。

 家電になんかならなくて良い。ゲーム機はゲームが出来ればイイんだ。




◇ 多機能端末であろうとし続けてきた携帯ゲーム機
 もういいかげん長文にも程があるので、今日の記事はここで終わりにしたかったんですが……「携帯ゲーム機の話はしないのかよ!」というクレームも来そうなので軽く書きます。


 こないだバーチャルコンソールについての記事を書いて、改めて思ったんですけど……
 2005年~2007年辺りの大ブームの頃のニンテンドーDSって、今でいうスマホみたいな立ち位置の多機能端末だったんですよね。

 ゲームが出来るのと、『脳トレ』や『えいご漬け』のような勉強ゲームが出来るのはもちろんなのですが……2006年には『ニンテンドーDSブラウザー』を発売してインターネットが見られるようになったり、2007年には『ワンセグ受信アダプタ DSテレビ』を発売してテレビが見られるようになったり、辞書だったり、文庫本だったり、外国語会話のサポートだったり……ソフトを差し替えることで色んなことが出来る端末だったんです。



 これは別にニンテンドーDSだけが画期的だったということではなくて、先ほどまで敢えて書かないようにしてきたのですが実はファミリーコンピュータの頃からずっと任天堂はそうだったんですね。ソフトを差し替えたり、周辺機器を付けたりすれば、ベーシックも打てる、株式取引も出来る、光線銃も繋げられるし、ロボットも動かせる―――そういう“コンピュータ”だったんですね。
 『スーパーマリオブラザーズ』以前だと、父親にファミコン本体を買わせる殺し文句の一つに「麻雀もできるんだよ」というのがあったって話ですしね。ゲームに興味がない人にもDVDを見るためにPS2が買われたり、ゲームに興味がない家族を巻き込むためにWiiでお天気が見られたりするように、ゲームに興味がない父親に買ってもらうために『麻雀』がキラーコンテンツになっていたという。

 続くスーパーファミコンでも、『マリオペイント』でお絵描きしたり作曲したり、サテラビューで色んな番組が観られたり(そのハードルは恐ろしく高かったので自分含めて周りに持っていた友達は一人もいませんでしたが……)。
 NINTENDO64も、64DDは3DCGをイジッたり、パラパラ漫画を作ったり、作品をアップロード・ダウンロード出来たり―――こう見ると、ファミコン~64時代の任天堂の据置ゲーム機は「パソコンを買えない(パソコンが難しい)子ども」にパソコンみたいなことが出来る面白さを提供するという側面もあったんですね。んで、WiiやWii Uの時代になると、その対象が「子ども」ではなく「お母さん」とか「おじいちゃん・おばあちゃん」になるという。Wiiだけが突然変異でそうなったワケではないという。



 話を戻します。
 ということで、「マルチメディア」だなんだって騒がれる以前から、ゲーム機はずっと「ゲーム以外の機能」を(別売りではあるけど)提供していて、ゲーム機には「色んなことが出来る端末」という側面がファミコンの時代からあったんですね。

 先ほどの項では触れなかった携帯ゲーム機の「ゲーム以外の機能」ですが……
 1990年発売のセガのゲームギアには、TVチューナーパックというテレビが観られる周辺機器がありましたし(ということは、ニンテンドーDSは精神的にはゲームギアの後継機だと言えるのではないだろうか!ナ、ナンダッテー)。
 同じく1990年発売のNECのPCエンジンGTもTVチューナーが出ていました(ちょっと話がズレますがPCエンジンGTは据置ゲーム機PCエンジンのソフトがそのまま携帯機で遊べるというゲーム機で、これぞまさしくNintendo Switchの以下略)

 1989年発売のゲームボーイにはTVチューナーなどはありませんでしたが、1998年にポケットカメラを発売していますね。携帯電話に初めてカメラが付いたのが1999年らしいので、実は携帯ゲーム機の方が先にカメラ機能を備えていたのです!

 1999年発売のバンダイのワンダースワンは、企画に横井軍平さんが入っていたことの影響なのか―――ロボットの動きをプログラミングできる『ワンダーボーグ』、ワンダースワンのゲームが自作できる『ワンダーウィッチ』など、冗談抜きでファミコンの精神的後継機と言えるんじゃないのかワンダースワンと言いたくなるゲーム機でした。


 ニンテンドーDSと同期の2004年発売プレイステーション・ポータブルの「ゲーム以外の機能」と言えば、ユニバーサル・メディア・ディスク(UMD)の再生機能でした。DVD目当てでPS2が買われた成果に倣ってなのか、ゲームに留まらずにアニメや映画などの映像ソフトにもなるUMD規格を作ってそれを再生できるようにしたんですね。
 まぁ、UMD自体は失敗した規格となってしまいましたが、PSPはメディアプレイヤーとして活用されることもありましたし……発売された周辺機器を見るとGPSを付けてカーナビになったり、カメラを付けたり、ワンセグチューナーでTVが見られたり。DSとはちがった方向性の多機能端末になっていたんですね。



 DSやPSPの時代になるとゲーム機同士のシェア争いもありましたが、それ以上に「誰もが携帯電話を持っている時代」になっていて(スマホじゃなくてガラケーね)、そうした携帯電話でゲームも遊ぶことも出来たため「みんなが持っている携帯電話でゲームが遊べるんだから携帯ゲーム機なんて誰も買わなくなるのでは」みたいな声も大きかったのです。
 そのためDSやPSPはそれぞれ多機能端末化していって、「ゲーム以外の機能」によって常に持ち歩いてもらえるポジションを確保しようとしたのでしょう。実際、DSやPSPの時代は「ゲーム機なんてもう要らないよね」とは言わせず、「色んなことができるゲーム機」のポジションを確立させていたと思います。



 が、黒船がやってきます。
 2007年アメリカでiPhoneが発売され、2008年に日本に上陸。
 ライバルとなるAndroid OSが搭載された機種は2008年にアメリカで発売され、2009年には日本でも発売されます。一気にスマートフォンの時代の幕開けです。

 2005年~2007年辺りに大ブームを起こして圧倒的な普及率を誇っていたニンテンドーDSですが、2008年にバージョンアップ版とも言えるニンテンドーDSiを投入します。このDSiはカメラ機能やサウンド再生機能を持っているだけでなく、インターネットブラウザも無料配信され、当時Wiiでも行われていた「ソフトのダウンロード販売」機能を採用しているのが特徴です。
 その「ソフトのダウンロード販売」機能ではもちろんゲームソフトも販売されましたが、「時計」とか「電卓」とか「路線図」「クロスワードパズル」「るるぶ」「メトロノーム」「楽器チューナー」「めざまし時計」といった実用アプリも多数販売されました。パッケージソフトしか売っていなかった旧DSではどうしてもソフトが数千円する規模のものしか出せませんでしたが、ダウンロードソフトも売れるようになったDSiでは数百円の実用アプリをたくさん投入して「ゲーム以外の機能」を更に充実させたんですね。

 それは、恐らく「多機能端末」としてのポジションをスマートフォンから死守するため。


 ニンテンドーDSの後継機ニンテンドー3DS(2011年発売)は、DSiのこの路線を更に推し進め、カメラ機能・サウンド機能・インターネットブラウザ機能はもちろん標準搭載、3D映像が配信される無料アプリや、フレンドと交換日記ができるソフトなども配信されました。
 「ゲーム以外の機能」を充実させてガチでスマホと殴り合う気満々マンみたいな機種になっていて、実際スマホをまだ買ってもらえない年頃の子どもなんかはスマホ代わりに3DSで写真を撮ったり、ニコニコ動画やYoutubeを観たり、『みんなのおしゃべりチャット』という無料チャットや無料通話ができるダウンロードソフトが密かにヒットしたりしていました。




 この流れを見ると、2017年発売のNintendo Switchの割り切り方はビックリします。
 カメラ機能はありません、マイクも付いていません、サウンド再生機能やインターネットブラウザなども少なくとも現在はありません、フレンドにメッセージを送るようなことも出来ませんし、実用アプリと言えるものは最近『ニコニコ』が配信されたくらいです。ほぼゲームしか出来ません。

 外に持ち歩いて、友達と一緒に「おすそ分けプレイ」をしてもらいたい……って発想なら、外に持ち歩きたくなるような様々な「ゲーム以外の機能」を付けてしまいそうなのですが、そういうものは一切ないのです。確かに、スマホが既に普及した前提でゲーム機を作るのなら、「そういうのはスマホでやればイイでしょ」と任せた方がイイってことなんだと思います。

 私としては、カメラ機能を活かしたゲーム―――『写真で格闘!フォトファイターX』みたいなゲームはもう出てこないのかなとちょっと寂しいんですけどね。まぁ、ゲーム機にカメラを付けると碌なことにならないと、3DSで痛い目を見たというのもあるのでしょうが……ごにょごにょごにょ。



 こう考えていくと、Nintendo Switchというゲーム機は、家電のようにリビングに置かれなくてはならない&携帯電話のように常に持ち歩いてもらわなければならないという呪縛で「ゲーム以外の機能」がどんどんどんどん追加されていったゲーム機の歴史の中で。
 「そういうのは全部スマホに任せちゃえばイイんだよ!」と、全部切り捨てて「ゲーム」にのみ特化したゲーム機になれた幸運な存在なのかなーと思いました。


 西武ライオンズのファンの人だけに分かりやすい例えをすると、長年レギュラーが固定できなかったショートのポジションに新人の源田壮亮が固定されたことで、内野手だった外崎修汰を外野手に転向させたらこっちも見事にハマってレギュラーに定着できたみたいな話です。源田壮亮がスマホで、外崎修汰がゲーム機ですね。とっても分かりやすい!


BBM2017/1st■レギュラーカード■105/源田 壮亮/西武≪ベースボールカード≫BBM2017/1st■レギュラーカード■105/源田 壮亮/西武≪ベースボールカード≫

ベースボールマガジン
売り上げランキング : 194524

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2016カルビープロ野球カード第2弾■レギュラーカード■095/外崎修汰/西武2016カルビープロ野球カード第2弾■レギュラーカード■095/外崎修汰/西武

カルビー
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:51 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そもそも「18歳未満はエロ本を読んではいけない」というゾーニングに僕は賛成できない

※ 「エロ本」というアイテムが今の時代に即していないと思った方は、「エロ動画」でも「エロサイト」でも「エロ漫画」でも「エロ小説」でも「エロGIF画像」でも、みなさんのお好きなワードに置き換えて読んでください。



 「表現の自由」と「ゾーニング」は現在では切り離せない関係にあって、「表現の自由」を大事にする人達にも「ゾーニング」があるから「表現の自由」は守られるんだという考えの人は多いです。エロにしてもグロにしても「こっちは全年齢向け」「こっちは18歳以上の人だけを対象に」と棲み分けるからこそ、振り切った表現が許されるという考え方ですね。

 私も、「見たくない人には見せない」というゾーニングには大賛成です。
 この記事に書いたことにも通じますが、「色んな作品があってもイイ」と思えるのは「見なくてイイ自由」が担保されているからだと思うんですね。



 しかし、18歳になっているかどうかという年齢だけで区切って「見たい人にも見せない」というゾーニングは、私は昔から疑問でした。
 「なんでこんな制度なの?」かが分かりません。大昔に誰かが決めたルールに「慣例だから……」と従うだけで現実をまるで見ていないんじゃないかと思いますし、この「18歳未満はエロ本を読んではいけない」というワケの分からないルールを前提にして「ゾーニング」うんぬんを語っても大事なことが抜け落ちているんじゃないかと思ってしまうのです(※1)

(※1:あ、「俺は18歳になる前からエロ本を読んでたぜ」とか「そんなルール律儀に守っているヤツいないだろ」みたいなことを言いたくなる人もいるかも知れませんが、それこそ「年齢によるゾーニングは機能していない」ってことになっちゃうし、引いては「ゾーニング」によって守られている「表現の自由」も脅かす発言なんで黙っててください)




 私の体感で言うと、人生で一番性欲が強かったのは13~17歳くらいの時期でした。中学生~高校生くらいですね。多少の個人差はあるかと思いますが、「10代のころが一番性欲が強かった」というのは(少なくとも男性の間では)あるある話としてよく言われます。
 つまり、一番性欲が強くて「エロ本が読みたい!」「エロ本が読みたい!」「エロ本が読みたい!」とムラムラしている時期にこそ、「エロ本を読んではならない!」と規制しているのが現在の年齢によるゾーニングなんですよ。



 私はその時期のことを今でも明確に覚えていますが……
 「性欲」と「エロ本」がどっちが先だったかというと、間違いなく「性欲」が先でした。
 「エロ本を読んだから性欲に目覚めた」のではなく、「性欲に目覚めてしまったからエロ本というものを読みたくなった」のです。

 男子の場合、第二次性徴が起こるのは10代の前半で、精通の時期は平均して中学生くらいです。現在の年齢によるゾーニングでは18歳未満ではエロ本は読んではいけませんから、「エロ本を読んだから性欲に目覚めた」のではなく「性欲に目覚めてしまったからエロ本というものを読みたくなった」というのも割と一般的な話かと思います。


 性欲は高まる、ムラムラする、何もしていなくても陰茎が勃起する―――
 しかし、年齢によるゾーニングによってエロ本は読んではいけないし、エロ本も読んだことがないからセックスというものがどういうものなのかも分からない―――



 こういう状況で、中学生だか高校生だかひょっとしたら小学生がムラムラしまくってどうするかと言えば……妄想をオカズにオナニーするしかないのです。

 だって、エロ本は読んじゃいけないって言うんだから、最終的にはそれしかないんですよ。脳内だけは誰にも規制されないし、他人にゾーニングされることなんてない!



 最近Twitterのタイムラインで毎日のように見かけるんですけど……
 「アダルトビデオを観て、これが正しいセックスのやり方なんだと誤解する男がいる」とか、「エロ漫画みたいにすぐに気持ちよくなる女なんて現実にはいないのにヲタクはそれを鵜呑みにしている」とか、挙句の果てには少年ジャンプの漫画について「女性キャラが恥ずかしがって頬を染めるのはセクハラ」「こういうものを読んで育った男子は歪んだ女性観を持ってしまう」みたいに――――フィクションが現実とはかけ離れていることで、男性にとっての女性観やセックス観が歪んでしまうんだという話題がひっきりなしに出てくるんですが。


 エロ本が読めなかった年頃に、妄想のみをオカズにオナニーしていた自分からすると「ちゃんちゃらおかしいぜ!」ですよ。
 アダルトビデオにしろ、エロ漫画にしろ、他人が作ったものは「自分の理想通りにはなりません」し、商業作品の場合は特に「ある程度の数を売るために“欲しい人がそこそこいる”作品にしなければならない」という制約があります。そこにはある程度のブレーキがあるんですね。しかし、自分の妄想というのは、100%「自分の理想通り」なものですし、他人に見せるものでもありませんから恥や体裁なども気にしません。こっちにはブレーキなんかないのです。

 しかも、セックスがどういうものなのかも分からないし、エロ本も読んだことがなかった年頃の妄想だと――――アダルトビデオやエロ漫画なんかとは比較できないくらい、現実とは大きくかけ離れて、相手への気遣いなど欠片もない自分勝手なものを想像してオナニーするしかないんですよ!



 ちなみに、私が中学1年生くらいの頃によくお世話になっていたエロ妄想は、「自分」と「女のコ」が密着してしまうくらいの狭いスペースしかない「棺桶」に一緒に入れられて、絶対に中から開けられないように封印されて地中奥深くに埋められる―――というものでした。


 ……

 ………


 ……………


 「何を言ってんの?」と思われるかも知れませんが、しょうがないじゃないですか。
 セックスがどういうものなのかも知らないし、エロ本も読んだことがない、でもムラムラが抑えきれない当時の自分がありったけの妄想力を駆使して考えついた最強のエロシチュエーションがコレだったんですから!
 その数年後、初めてアダルトビデオを観てセックスというものを知った時の私の感想は「俺が妄想していたヤツよりエロくない!」ですよ!「棺桶も出さないでエロイと思ってんの?」ですよ!正直ガッカリしましたよ!


 まぁ、「棺桶に封印されて地中奥深くに埋められる」妄想はぶっとびすぎかも知れませんが、「性欲に目覚めた」けど「セックスがどういうものなのか知るより前」は、みんなある程度こういうワケの分からない妄想をして発散させていたんじゃないかと思いますよ。第二次性徴の時期と、エロ本が読めるようになる時期には4~6年のタイムラグがあるワケですからね。



 性欲に目覚めている中学生や高校生からエロを遠ざけて、「ウチの子どもは健全に育っている」と思われても、エロ本を読んでいなくたってムラムラはするワケですから、ひょっとしたらアナタの子どもも「棺桶に封印されて地中奥深くに埋められる」妄想でしかオナニー出来なくなっているかも知れませんよ!
 それをアナタは健全だと言うのですか!大人になった今でも、棺桶(和のものより、どちらかというとドラキュラが入っていそうな洋なものが好みでした)を見るとちょっと興奮するような私みたいな大人にしたいのですか!



 だから、私はアダルトビデオやエロ漫画だけが人間を歪めるとは思いません。
 むしろ、自分一人で、自分に都合のいい妄想ばかりしている方が歪みは大きいんじゃないかと思います。

 「18歳未満はエロ本を読んではいけない」というゾーニングは、(少なくとも男性にとっては)人生で一番性欲が高まっている時期を、「自分に都合のいい妄想」のみのオナニーで乗りきれと言っているようなものなので、私は全く賛成できません。


棺桶型 小物入れ 鏡付き 十字架 JB-094 棺おけ アクセサリーケース ジュエリーケース コスメケース ピルケース棺桶型 小物入れ 鏡付き 十字架 JB-094 棺おけ アクセサリーケース ジュエリーケース コスメケース ピルケース

デイコレクション
売り上げランキング : 282952

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 どうして「18歳未満はエロ本を読んではいけない」のでしょうか?

 例えば、ご両親に扶養してもらっている中学生・高校生の時期に、そういうものにお小遣いを使うのはけしからん!という親御さんもいらっしゃるかも知れません。なら、完全無料のエロサイトを立ち上げて、「無料だから18歳未満の人でも観られるエロサイトだよ!」と言えばOKなのでしょうか?多分ダメですよね。



 あとは、割とよく聞く意見としては「18歳未満の人はまだ分別がついていないので、エロ本の中のことが正しいと思い込んでしまうかも知れない」というものがあります。
 18歳以上なら分別がつくの?とは思いますが……一番性欲が強い時期だからこそ、強姦ものとか痴漢ものとかを観ちゃって「自分もやってみよう」みたいに歯止めが効かなくなるかも知れないと考えると、一理あるようにも思えます。性欲を溜めこんだ男ほど何するか分からん生き物はいませんからね(だからこそ、エロ本などで発散させる必要があるのですが)。

 では、あまりこういう方針は私の好みではありませんが……「現実に即した」「相手を傷つけず」「法にも触れず」「衛生面や避妊なども気を付けた」セックスを学べて、なおかつちゃんと「オナニーのオカズ」に使えるエロ本やエロ動画を作ったら18歳未満にも見せてイイのでしょうか?多分ダメですよね。
 「正しい性知識を学ぶ」だけの本ならばそれこそ保健体育の教科書だってもちろん中学生・高校生が読んでイイわけですし、たくさん出ている「正しいセックスのやり方」的なハウツー本なんかは全年齢向け対象です。同じように「裸」が描かれても芸術的なものなら中学生・高校生でも読むことが許されるのですが。「オナニーのオカズ」に使えるとなった途端に18歳未満は読んではダメとなるのなら、「18歳未満はオナニーが禁止されている」のか「18歳未満は妄想でのオナニーが推奨されている」のかのどちらかだってことだと思うんです。

 そんなにみんな、中高生に棺桶で埋められる妄想をしてもらいたいのか!
 そんなのを中高生に押しつける大人こそが、よっぽどのド変態じゃないのか!?




 発想を切り替えて、禁止したいのは「オナニー」ではなくて「セックス」の方だという考えも出来るかも知れません。
 エロ本を読んだことがなかった中学1年生の頃の私が棺桶で埋められる妄想をしていたように、エロ本さえ読まなければセックスのやり方が分からないから中学生・高校生が後先考えずにセックスしたりはしないはずだ!みたいな考え方です。経済力のない中学生・高校生の時期に子どもが出来てしまったりしたら大変ですし、一番性欲の強い時期だからこそ歯止めが効かなくなるものです。セックスのやり方を知らなければセックスしないはず、というコロンブスの卵的な逆転の発想もありえるかも知れません。

 ただ、それだと「棺桶で埋められる妄想」をする中高生を量産するだけですよ!
 棺桶は冗談だとしても、間違った性知識が暴走していくことは逆に危険だとも思います。それこそ避妊のこととか感染症予防のこととか、セックスをする前に知っておかなければならないことはたくさんあるのに、そっちだけ知らないでセックスをしちゃうという可能性もありますからね。それならば最初から「セックスはこうやるんだ」「絶対にコレだけは守れ」と教えた方が良いような気もします。
 その役割がエロ本であるべきなのかはよく分かりませんが(笑)。
 しかし、強姦もののアダルトビデオなどでも、強姦するような男なのにしっかりコンドームを付けて射精も外に出しているのを見ると「外道な割にこういうところはしっかりしてるんだな……」と思ったりもしますけど(何の話)。



 自分の通ってた学校だけなのかも知れませんけど、私が中学1年生の頃、まだエロ本も読んだことがなければセックスのやり方も知らなかった頃に、学校で体育館に集められて性感染症になるとこんなことになるんだ的なビデオを見せられたことがありました。セックスのやり方も知らないし、感染症予防の方法も教えられず(※2)、ただただ性感染症の恐ろしさだけを見せつけられました。
 保健体育の授業で、男女の体のしくみを教わって「どういう流れで子どもが生まれるのか」を何となく知ったのは確か中学3年生の頃だったと思います。避妊具について教わったのは高校1年生でした。

(※2:教えられた可能性もありますが、当時の自分はセックスのやり方も知らなかったので理解できなかったのかも知れません)

 順番が無茶苦茶じゃない?と、今でも思いますが……
 性欲が高まって高まって仕方がない中学1年生にまず性感染症の恐ろしさを見せつける学校の目論見は、見事に成功したとも言えますかね。ほら、そこで「どうやるのか分からないけどセックスというのは怖いんだ、迂闊にやってはいけないんだ」と学んだ私は、その後ずっとセックスに縁のない青春時代を送るワケで……









 死にたい。



 筆者が死にたくなってしまったのでそろそろ記事もまとめますけど、「18歳未満はエロ本を読んではいけない」というゾーニングは「18歳未満には性欲が存在しない」みたいな間違った認識に基づいたルールになってしまっていますし、その結果そのルールを厳密に守っている人ほど「棺桶に封印されて地中奥深くに埋められる」みたいな現実から大きく離れたセックス観を形成していってしまうワケで。

 私には、このルールによって「何が守られているのか」がサッパリ分かりません。
 例えば20歳未満がタバコを吸っちゃいけないというのは、体が成熟する前の体を守るためとか。未成年者はギャンブルしちゃダメというのは、分別がつかないせいで取り返しがつかない損害を出してしまわないようにとか。理由が何となく分かるんですけど。「18歳未満はエロ本を読んではいけない」というゾーニングで、誰の何が守られているのか私には分かりません。

 18歳を超えた大人は、自分が18歳未満の頃に性欲があって毎日ムラムラしていたということを忘れてしまうからこういうルールにしているのでしょうか。もしくは「俺だって毎日ムラムラしてたけどエロ本を読まずに我慢して妄想でオナニーしていたんだから、お前らも我慢して妄想でオナニーしろ!」的なことなんでしょうか。


 だから私、「表現の自由」うんぬんを語る際に「18歳未満はエロはダメだよね」というゾーニングが前提にされている時点で、「なんで?」と思ってしまうのです。
 もちろんエロを見たくない人に見せないとか、それこそもっと小さい子ども(小学校低学年とか)はエロが何だかわかっていないだろうからうっかり見ちゃったりしないようにするのは「義務」だと思うんですけど……エロが見たくて見たくて仕方がない人に見せちゃいけないルールって、何のためにあるんですかね。


完全実用版 おんなのこのからだのひみつ (一迅社ブックスDF)完全実用版 おんなのこのからだのひみつ (一迅社ブックスDF)
ポストメディア編集部・編

一迅社 2017-05-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マンガでわかる男が知るべき女のカラダ 本当に正しい知識で女性を理解する (サイエンス・アイ新書)マンガでわかる男が知るべき女のカラダ 本当に正しい知識で女性を理解する (サイエンス・アイ新書)
河野 美香

SBクリエイティブ 2012-10-15
売り上げランキング : 28687

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サンワムック 本当に正しいセックス 基本編サンワムック 本当に正しいセックス 基本編
鳥山仁 bee

三和出版 2011-12-17
売り上げランキング : 1821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サンワムック 本当に正しいセックス 覚醒編サンワムック 本当に正しいセックス 覚醒編
鳥山仁 bee

三和出版 2012-05-31
売り上げランキング : 6730

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サンワムック 本当に正しいセックス 複数プレイ編サンワムック 本当に正しいセックス 複数プレイ編
代田弘 紫月秋夜

三和出版 2013-05-28
売り上げランキング : 12229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

身体も心もボクのもの はじめてのSMガイド (一迅社ブックスDF)身体も心もボクのもの はじめてのSMガイド (一迅社ブックスDF)
三葉

一迅社 2013-05-18
売り上げランキング : 7900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

はじめてのスローセックス イラスト図解でコツを伝授 (クラップ・まとめ文庫)はじめてのスローセックス イラスト図解でコツを伝授 (クラップ・まとめ文庫)
アダム 徳永

CLAP 2013-07-11
売り上げランキング : 1629

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ゲームが下手」を看板に掲げてきたことについて

 「ゼルダとかスペランカーとかをクリアできる人が“ゲームが下手”とか名乗っていいんですか?」と言われたので、こんな映像をYoutubeにアップしました。




 1年前のニコ生での『ゼルダの伝説』実況プレイを、死亡シーンを中心にまとめました。「クリアできる」とか、結果だけを取り上げるんじゃないよ!過程をちゃんと見なさいよ!序盤はマイク音がエコーしていたり、途中音量が小さかったりしていますが、初めてのニコ生でのプレイだったので大目に見てください!



 「ゲームが下手」に関しては、確かに「日本一モテナイ」のがガチで本当に「日本一モテナイ」なのに比べれば、私よりも「ゲームが下手」な人はいるでしょうし「言うほど下手ではないじゃん」と思われても仕方がないとは自分でも思っています。もっとゲラゲラ笑えるくらいのエンタメ性の高い下手くそっぷりだったら良かったのにと思う時もあります。

 そもそも「何故ゲームが下手を看板にしたのか?」というと、実況プレイを始める前にこの記事に書いたように「ゲームが上手い人には決して見えない、ゲームが下手な人が見ている世界」をドキュメンタリーのように記録したかったからという理由が一つと。
 あと一つは、ニコ生に作った「ゲームが下手な人が見ている世界」というコミュニティは私以外の人でも自由に動画投稿も生放送もできるように設定してあるので、「やまなしなんかよりも俺の方が下手だぞ!」という人が参加してくれるかなと期待したという理由もありました。

 そのため、「やまなしさんの実況コミュニティ」みたいな名前じゃなくて「ゲームが下手な人が見ている世界」という名前にして、「初心者のための実況プレイ講座」の記事を基本編応用編と二度に渡って書いたのです。


 そしたら「ゲームが下手な人が動画を残そうなんて思うわけがない」「生配信をやろうだなんて考える時点でアナタは下手じゃない」と言われておしまい。
 なーんだ、自分にないのは「ゲームの腕」じゃなくて「人望」だったのかーということで当初の目論見から大きく外れてしまって現在に至るのでした。


 アハハハ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
 アハハハ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
 アハハハ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
 アハハハ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \




 (´・ω・`)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/
  \/   /
     ̄ ̄ ̄

 (´・ω・`)
_( つ ミ  バタンッ
  \ ̄ ̄ ̄\ミ
     ̄ ̄ ̄ ̄

 (´・ω・`)
_(   )
  \ ̄ ̄ ̄\
     ̄ ̄ ̄ ̄


     △
    (´・ω・)
     ( ∪∪)
     )ノ
     (

 z
  z   
  z
 <⌒/ヽ-、___
/<_/____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 ということで、「ゲームが下手」の看板ももう外しちゃってもイイかなと思うのですけど、そうすると今度は番組名や動画名に使っていた肩書が何もなくなってしまうという問題がががが。
 「人望がない人が実況で挑戦する『リンクの冒険』」とか、「ゲームが下手そうで下手でない少し下手な人による『スペランカー』実況」とかだと、もう何が何やらですし……「ゲームが下手」の看板を外したら外したで、今度は初見の人から「下手くそですね」って言われるのは間違いないですし(笑)。

 「ゲームが下手」とも言えない、「ゲームが下手じゃない」とも言えない!
 何もない!俺には何もないんだ!
 そうだ!俺は無だ!無がゲームをしているんだ!「無が実況で挑戦する『リンクの冒険』」みたいな番組名にすればイイか!ユーザー名も「無」で、コミュニティ名も「無」でイイよもう!





        i!               ,
        !i    ヽ   i!   ,  i!
        { ヽ-、   lヽー ー、ノ  / l,
        l  O ヽ  }ヽヽ,,,,,,,lヽ/ Ol
      ,ィ'、    >'ヽ ヽ,,,,,_  l 、  ヽ、
      l   ヽ-- '、,,__,ヽ   } i! { `ー--i、
  /|   |ヾ、        ヽー' l Ll ヽ l ヽ`ー、___
  | l  {ニニ=ー-、ヽ、      l H!   i l"´,ィュ、三ノ , '
  { .|  |     l  ヽニ=ー---ー'ニiーv/ トーイ、三三lー'
.  ヾ `ー.i、-ー‐‐イ' }ゝー-、コ__,,,,ニニ、ヒ / l, l , l i l '、
   ヽ、  l、__, -ヽノl  }ーニトー--ー-イ{   l, { l_l_l_lノ
    ヽ、      丶、__  l、_ i! i! i!|  l`i,,コi!
      lヽー-、__   ミソ`ーーニニ= l i、,,| .l l {
      |  | i `iーミ    ,-i     l l i!l |i  l
       l  li lrー'、__   ノ/.l    l' !l li  }
     |  |ー-ミ、____}   l l i    |  li |}  l
     l  l l ソ _       l | l    l  il lヽ l
     |  | イ l´     | l l    | i l |ノ/l
     l  l .i |      l | i    l | l l ',  .l
     |  l l l      | l  l    ! .i | | ',  l
.     l  l | |      l |  l    l l l l   l  l
     l   ! ヽニー-、_  .l l  |   ,イ_ノ | l  l  l
    |   l.  i`ー--、ニ二'___,i、-ー' l'  l  |   l  l
    /   l  {    l     i   .l    l  l  l  l
   /    l   l   ./    ,イ_  ,イ   l  .l  l .l
.  〈    l  /ー、,イ_    |`l l"´ ヽ、.  l  .l  l l
  ヽ,    l  }  ソ,イ    ヽ、ヾ、ュニー'ヽ, ヽ  l  l l
   く   /,ィ'ニ=/ iノ       `ー、______二コ`ー゙.  l l
    ヽ,/./'ー-、,,、'                     li
       `ー‐ '



 まぁ、私が「ゲームが下手」なのかどうかは置いといて。
 どのゲームも「ガチ勢ではない」というのは恐らく誰にも納得してもらえるんじゃないかと思います。得意なゲームとか、自信のあるゲームとか、物心ついた頃からゲームしているのに未だに一つもありませんし。

 だから、何というか……今後は「エンジョイ勢ならではの楽しみ方」みたいのを模索する方向に行こうかなぁと思います。
 『Splatoon2』は、前作の頃はまだ録画環境や配信環境を整えていなかったのでプライベートマッチでオリジナルルールで遊ぶみたいなことを全部文字で説明しなくちゃならないというのが分かりづらかったと思うのですが(かくれんぼ射的の募集書き込みを参照してください)、今作は映像で説明もできるし録画も残せるし生配信で喋りながらも出来ますしボイスチャットもありますし、「ガチマッチ」で最上位を目指す以外の色んな遊びも提案していけたらななんて思います。

 また、8月から挑戦する予定の『Newスーパーマリオブラザーズ』の実況プレイは、「アクションゲームが苦手な人にマリオをやらせるとBダッシュをしないのだけど、果たしてBダッシュをしない方が簡単なのか?」を検証する予定です。実機でクリアしているゲームなのですが、3年前に初代『スーパーマリオ』で試したように「ダッシュ禁止」でプレイし直して、アクションゲームが苦手だという人が「Bダッシュなしでも問題なくクリアできるかどうか」を調べてみるつもりです。



 「ゲームが下手」の看板を外すかどうかはまだ考え中ですけど、「ガチ勢」とはちがう、「エンジョイ勢」もゲームを楽しめばイイんだ的な配信が今後は出来たらなと思っています。


Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版

任天堂 2017-07-20
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:49 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深夜アニメと、劇場版アニメと

 大好きなP.A.WORKSから、こんなニュースが飛び込んできました。



 お、岡田麿里さんの初監督作品……!?
 と思ったのですが、チーフディレクターは篠原俊哉さんということで実質的には『凪のあすから』コンビですね。キャラクターデザイン・総作画監督も『凪あす』と同じ石井百合子さんですし、美術監督も東地和生さんです。
 キャラクター原案は……吉田明彦さん!?『タクティクスオウガ』とかの?意外な大物が来たけど、特報PVでチラッと映った女のコを見た限りは「今の深夜アニメの主流」とはちょっとちがう絵柄でイイカンジじゃないかと思います。


 P.A.WORKSの映画作品はコレが初めてではなく、2009年の『レイトン教授と永遠の歌姫』と、2013年の『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』があります。

 『レイトン教授』は言うまでもなく、当時ニンテンドーDSでミリオンセラーを達成していたレベルファイブのゲームを原作とした映画で。
 『花咲くいろは』は2011年に「P.A.WORKS 10周年記念アニメーション作品」として作られたテレビアニメの劇場版アニメでした。「テレビアニメの後の話」ではなく、「テレビアニメの最終回よりちょっと前の話」として描かれた親子三代の話で、「テレビ版は観たけど劇場版は観ていないなー」という人には是非観て欲しい作品です!

 『花咲くいろは』は、現在(2017年7月14日)はAmazonのプライムビデオでテレビ版も劇場版も全部観られるみたいなんで、是非どうぞ!





 ということで……P.A.WORKSのここ最近の制作ペースとしてはこんなカンジになるんですね。

【2012年】
 冬アニメ:『Another』
 春アニメ:なし
 夏アニメ:『TARI TARI』
 秋アニメ:なし
【2013年】
 冬アニメ:なし
 ※ 3月:『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』公開
 春アニメ:『RDG レッドデータガール』
 夏アニメ:『有頂天家族』
 秋アニメ:『凪のあすから』(1クール目)
【2014年】
 冬アニメ:『凪のあすから』(2クール目)
 春アニメ:なし
 夏アニメ:『グラスリップ』
 秋アニメ:『SHIROBAKO』(1クール目)
【2015年】
 冬アニメ:『SHIROBAKO』(2クール目)
 春アニメ:なし
 夏アニメ:『Charlotte』
 秋アニメ:なし
【2016年】
 冬アニメ:『ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~』
 春アニメ:『クロムクロ』(1クール目)
 夏アニメ:『クロムクロ』(2クール目)
 秋アニメ:なし
【2017年】
 冬アニメ:なし
 春アニメ:『有頂天家族2』、『サクラクエスト』(1クール目)
 夏アニメ:『サクラクエスト』(2クール目)
 秋アニメ:なし
【2018年】
 冬アニメ:なし?
 ※ 2月『さよならの朝に約束の花をかざろう』公開


 基本的にはテレビアニメを1作品ずつ制作という形ですが、2クール作品の後には流石に何も放送しない時期が1クール来ることが多く、劇場版アニメ公開の前はもちろんそちらの制作にとりかかることでテレビアニメは休むというサイクルになっているのかなと思います。

 しかし、『花咲くいろは』のように「テレビアニメが人気だったから劇場版アニメを製作する」ということではなく、『さよならの朝に約束の花をかざろう』は原作もなければテレビ版もない、完全新作オリジナル作品をいきなりの劇場版でやろうって言うんですね。公式サイトによれば、「1人の作家の100%をさらけ出した作品」を目指しているのだからそうなるのは当然なのですが、興業的にはかなりのバクチですよねぇ。

 例えば同じように岡田さん脚本のオリジナル劇場版アニメのヒット作『心が叫びたがってるんだ。』は、『あの花』のスタッフによる作品というプロモーションで、それに絡んだメディア展開とかもされてて、フジテレビも製作委員会に入っていて、主題歌を乃木坂46が担当して―――と、プロモーションもものすごかったと思うんですけど。

 『さよならの朝に約束の花をかざろう』の場合、『凪あす』のスタッフが再結集!と言われて「おー!」と思う人がどれだけいるのだろうと思いますしね……



 話変わって。
 ちょっと気になったので、同じように「テレビアニメを1作品ずつのペースで制作」してきた京都アニメーションのここ最近の制作ペースをまとめてみました。

【2012年】
 冬アニメ:なし
 春アニメ:『氷菓』(1クール目)
 夏アニメ:『氷菓』(2クール目)
 秋アニメ:『中二病でも恋がしたい!』
【2013年】
 冬アニメ:『たまこまーけっと』
 春アニメ:なし
 夏アニメ:『Free!』
 ※ 9月『小鳥遊六花・改~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』公開
 秋アニメ:『境界の彼方』
【2014年】
 冬アニメ:『中二病でも恋がしたい!戀』
 春アニメ:なし
 ※ 4月『たまこラブストーリー』公開
 夏アニメ:『Free!-Eternal Summer-』
 秋アニメ:『甘城ブリリアントパーク』
【2015年】
 冬アニメ:なし
 ※ 3月『劇場版 境界の彼方-I'LL BE HERE- 過去篇』公開
 春アニメ:『響け! ユーフォニアム』
 ※ 4月『劇場版 境界の彼方-I'LL BE HERE- 未来篇』公開
 夏アニメ:なし
 秋アニメ:なし
 ※ 12月『映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』公開
【2016年】
 冬アニメ:『無彩限のファントム・ワールド』
 春アニメ:なし
 ※ 4月『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』公開
 夏アニメ:なし
 ※ 9月『映画 聲の形』公開
 秋アニメ:『響け! ユーフォニアム2』
【2017年】
 冬アニメ:『小林さんちのメイドラゴン』
 春アニメ:なし
 ※ 4月『劇場版 Free! -Timeless Medley-絆』公開
 夏アニメ:なし
 ※ 7月『劇場版 Free! -Timeless Medley-約束』公開
 秋アニメ:なし
 ※ 9月『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』公開
 ※ 10月『特別版 Free!-Take Your Marks-』公開
【2018年】
 冬アニメ:『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
 ※ 1月『映画 中二病でも恋がしたい!-Take On Me-』

 ※ 2018年内『響け!ユーフォニアム 完全新作映画』1作目が公開予定
 ※ 2018年内『響け!ユーフォニアム 完全新作映画』2作目も公開予定



 総集編の映画は色を紫色にして区別しました
 京アニの場合、総集編でもアフレコをし直したり、新作映像も追加したりもするんですけどね……

 見てもらえれば分かると思いますが、2015年以降はテレビアニメの数が激減して「年に1本」か「年に2本」のペースになっています。その分だけ劇場版アニメが増えて、総集編ではない劇場版アニメを2014年以降は必ず1本は公開していて、2018年にいたっては(現時点での予定ですが)3本の新作劇場版アニメが公開予定という……

 『聲の形』を除けば、全て「テレビアニメが人気だったから劇場版アニメを製作する」形だとも言えんですけど……「テレビアニメ」よりも「劇場版アニメ」を中心にした会社にシフトしつつあるのかなーなんて思いますね。




 10年くらい前は「深夜アニメ」と「劇場版アニメ」は今よりもっと別の文化だったように思うんですけど、『涼宮ハルヒ』(テレビ版は2006年と2009年、劇場版は2010年)辺りから「深夜アニメ」で人気になって「劇場版アニメ」に進出して大ヒットという形が本当に多くなりましたよね。
 『けいおん!』(テレビ版は2009年と2010年、劇場版は2011年)、『まどか☆マギカ』(テレビ版は2011年、総集編劇場版が2012年、完全新作劇場版が2013年)、『タイバニ』(テレビ版は2011年、劇場版は2012年と2014年)、『アイマス』(テレビ版は2011年、劇場版は2014年)、『ラブライブ!』(テレビ版は2013年と2014年、劇場版は2015年)、『ガルパン』(テレビ版は2012年~2013年、劇場版は2015年、その後の新作劇場版も製作中)とまぁ……列挙するのも大変なくらい、今では「深夜アニメ→ 劇場版アニメ」というコースが当たり前になりました。

 あまりにたくさんあるので「○○が入っていない!」みたいに怒らんでね。




 しかし、最近ではさらに一歩進んで、深夜アニメ発ではないけれど深夜アニメで有名なスタッフを掲げた新作劇場版アニメというのも増えてきたと思います。

 先ほどもチラッと名前を出した『心が叫びたがってるんだ。』(2015年)は、テレビアニメ『あの花』(2011年)のスタッフが再結集して同じ町を舞台にしたオリジナルアニメでした。
 同じノイタミナムービーで言えば、今年公開された『夜は短し歩けよ乙女』(2017年)は、テレビアニメ『四畳半神話大系』(2010年)のスタッフが再結集した同じ原作者の作品の劇場版アニメでしたし。

 京アニ作品でも『聲の形』(2016年)は、『けいおん!』(2009~2011年)、『たまこ』(2013年~2014年)の山田尚子監督と脚本:吉田玲子さんで話題の漫画を劇場版アニメにしましたし。

 それこそ冒頭で紹介した『さよならの朝に約束の花をかざろう』も、『あの花』や『ここさけ』の脚本家である岡田麿里さんの初監督作品ですよ!と謳っているワケですし。そこで同じP.A.作品である『true tears』とか『花咲くいろは』とか『凪のあすから』の名前を出さない辺りが悲しいけれど!




 深夜アニメの「ブルーレイ・DVDを売ることが全て」というビジネスモデルは、「テレビで1回観たもの(録画もできる)がそんなに売れるの……?」と以前から思っていましたが、最近はネットでの(公式な)映像配信も多くなりましたし、「ブルーレイ・DVDを売ることが全て」と言いつつそれに色んな特典を付けて売っている現状で。
 それに比べると劇場版アニメは、まず映画館でお金を払ってもらえる、特典商法で何度も来てもらえる、その後にブルーレイ・DVDも販売する、テレビで放送しなければ録画もされない―――と、もちろん映画館に来てもらえるほどの人気か話題性があることが大前提ですけど、深夜アニメよりはマトモなビジネスモデルのように思えます。


 そう考えると、今後は「作品」も「それを作る人達」も、深夜アニメを足掛かりに劇場版アニメに進出していく流れがますます強くなっていくのかなぁと思いました。
 私個人の話をすると、テレビアニメの放送から数年経ってから劇場版アニメをやられても内容を覚えていなくて、「じゃあテレビ版を観返してからにしよう」としたまま一向に観返す時間がなくて何年も放置してしまうのが慣例になっているんですけどね……未だに『まどか☆マギカ』の劇場版を観ていないという。


学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで
岡田 麿里

文藝春秋 2017-04-12
売り上げランキング : 14157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続:ボタンがごっちゃになってしまう病

 まずはこの動画をご覧ください。



 以前に開封した「Wiiソフト福袋」から出てきた『モンスターハンターG』を、ニコ生で初めてプレイした際の動画です。シリーズほぼ初体験です。私のモンハン歴は、3DSの『モンスターハンター3G』の体験版をプレイしたことがあるくらいでした。

 見てもらえれば分かると思いますが、敵に攻撃しようと敵の懐に飛び込んで、突然肉を焼き始めています。「何やってんだコイツ、頭おかしいんじゃねえの」と思われるかも知れませんし、プレイ中の自分も「どうして自分がこんな動きをしているのか」がサッパリ分かっていなかったんですけど、後々に調べてよく分かりました。



 『モンスターハンターG』の「片手剣」の操作方法は大体こんな感じです。

・攻撃:Xボタンで抜刀して、AボタンかXボタンで攻撃
・ガード:抜刀している状態でRボタン
・ダッシュ:納刀している状態でRボタン
・アイテム使用:Yボタン(抜刀している状態だとYボタンで納刀する)
・段差を登る:納刀している状態でAボタン


 もちろん私は「説明書」や「チュートリアル」を読んで、これらが分かった状態でプレイしています。しかし、攻撃しようと思った際、XボタンやAボタンを押しているつもりでYボタンを押してしまっていることが多発していたのです。


 何故なら、先月までプレイしていた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の操作方法がこんなカンジだったからです。

・攻撃:Yボタン
・ガード:ZLボタン(同時に敵に注目する)
・ダッシュ:Bボタン(抜刀している状態だとBボタンで納刀する)
・アイテム使用:Lボタン
・ジャンプ(崖を登る):Xボタン
・マップを開く:-ボタン


 左スティックで「移動」、右スティックで「カメラ操作」というのは一緒ですし、同じような「3Dアクション」というジャンルのゲームですが、操作に割り振られているボタンはものの見事に全部ちがうのです。そのため、『ブレス オブ ザ ワイルド』で「攻撃はYボタン」としみこまれていた私は、『モンスターハンターG』でも敵に攻撃するつもりで敵の懐に踏み込んで「Yボタン=アイテム使用=携帯肉焼きセットの使用」を繰り返してしまったのです。

 『モンスターハンターG』のこの後のプレイでは、「段差を登る」操作をしようとしてXボタンを押して抜刀していたりもしましたしね(笑)。どうにも『ブレス オブ ザ ワイルド』の操作が指から抜けていないみたいです。


 ちなみに、今週末に前夜祭が行われて来週とうとう発売される『Splatoon2』の操作方法はこんなカンジです。

・攻撃:ZRボタン
・ガード:なし(ガード可能な新ブキもアップデートで出てくる予定)
・ダッシュ:ZLボタン(イカ状態になって)
・サブウェポン使用:Rボタン
・ジャンプ(壁を登る):Bボタン
・マップを開く:Xボタン


 流石に攻撃ボタンがごっちゃになることはないと思うのですが(『ブレス オブ ザ ワイルド』も弓矢はZRボタンで撃っていたので)、ジャンプボタンが『ブレス オブ ザ ワイルド』の「Xボタン」ではなくて「Bボタン」なので、これはごっちゃになってしまいそうです。しかもしかも、前作『Splatoon』の操作方法はこんなカンジでした。

・攻撃:ZRボタン
・ガード:なし
・ダッシュ:ZLボタン(イカ状態になって)
・サブウェポン使用:Rボタン
・ジャンプ(壁を登る):Xボタン


 Wii UとNintendoSwitchでは右スティックの位置がちがう関係で、ジャンプボタンが「Xボタン」→「Bボタン」に変更になったのです。それだけならまだ「そんなものか」と思える話なのですが、NintendoSwitchで100時間近く『ブレス オブ ザ ワイルド』を遊んだ私からすると同じNintendoSwitchの『ブレス オブ ザ ワイルド』はジャンプが「Xボタン」だったんだから、『Splatoon2』のジャンプも「Xボタン」のままで良かったのに!と思ってしまいます(笑)。

 まず間違いなく私は、「ジャンプ」しようと思ってXボタンを押して画面上に「マップが出ている」という事態を頻発させると思いますよ!前夜祭のプレイはYoutube Liveで生配信してログにも残す予定なので、やまなしが何回間違えるか数えてみると楽しいかもしれませんね!!


Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版

任天堂 2017-07-20
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 随分前にこんな記事を書いていました。

 ボタンがごっちゃになってしまう病

 この頃の私はまだ「自分がゲームが下手なこと」を自覚していなかったので、ついボタンをごっちゃにして間違えてしまう母を「アクションゲームが下手な人はこうなっちゃうんですねー」なんて言っていたんですけど、まさか自分もそうなるとは……(笑)。



 上の記事を読み返して思い出したことがあります。
 ファミコンの『スーパーマリオブラザーズ』が大ヒットした後、セガはマークIII用に『アレックスキッドのミラクルワールド』というゲームを発売してします。開発者へのインタビューを読むと、面白いことに……

<以下、引用>
オサール「当時は『スーパーマリオ』がヒットしていて、いかに『スーパーマリオ』と“差別化”するかということで、いろんなことを考えたというわけです。」

―― 具体的には、どんな“差別化”をしたんですか?

オサール「例えば、マリオは上にパンチするでしょ。
 だからアレクは横にパンチでいいんじゃないの、みたいな(笑)。

 それから、ジャンプボタンがマリオと逆なんですね。

(※ 『スーパーマリオブラザーズ』はBボタンがダッシュ/攻撃、Aボタンがジャンプ
 『アレックスキッドのミラクルワールド』は左のボタンがジャンプ、右のボタンがパンチ)

 当時は“これが差別化だ”なんていう認識でやっていたんですが、……それは間違いですね。今、考えればナンセンス。ちょっとやりにくいですよね(笑)。

</ここまで>
※ 改行や強調など引用者が一部手を加えました


 マリオと差別化を図るために使うボタンを逆にしたら操作しづらくなってしまった―――この話、「ゲーム」と「操作方法」を考える上で面白い事例だと思います。

 「左のボタンが攻撃、右のボタンがジャンプ」というゲームは恐らく『スーパーマリオブラザーズ』が元祖というワケではなく、それ以前からあったと思います。『スーパーマリオブラザーズ』より8ヶ月前の『アイスクライマー』がそうですからね。
 どのゲームが元祖なのかは正直分かりません。アーケードゲームの情報は今からだとなかなか調べづらいですし、研究している人が誰かいないのかなと検索してみましたがヒットしませんでした。……ただ、『ドンキーコング』や『マリオブラザーズ』をファミコンに移植した際に「2つ並んだボタンは右側の方が押しやすい」ということで右側が「Aボタン(最初のボタン)」になって「ジャンプ」を割り振られたことで……『アイスクライマー』などの以後の任天堂ゲームは「Aボタンでジャンプ」「余ったBボタンをゲームによっては攻撃に使う」と振り分けられたのかなとは推測できます。


 『スーパーマリオブラザーズ』の時点では、企画書では「上ボタンでジャンプ」だったなんて話もありますし。
 『スーパーマリオブラザーズ』とほぼ同時期に発売されたハドソンのゲーム『チャレンジャー』は「Bボタンでジャンプ、Aボタンで攻撃」でした。敢えてマリオとの差別化を図った『アレックスキッドのミラクルワールド』とちがい、こちらは「まさか自分達とは逆の操作方法のゲームが大ヒットするだなんて……」という気分だったことでしょう。
 バンダイの『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』も、『スーパーマリオ』の3ヶ月後の発売でしたが「Bボタンでジャンプ、Aボタンで攻撃」でした。

 そう考えると、1985年の段階ではまだ「左のボタンが攻撃、右のボタンがジャンプ」というのはスタンダードではなかったとも言えますね……

 ともかく、現在では2Dアクションゲームでは圧倒的に「左のボタンが攻撃、右のボタンがジャンプ」がスタンダードですよね。つい最近、私がプレイした『ガンマンストーリー2』(2015年)も「Yボタンで攻撃、Bボタンでジャンプ」になっていました。
 そのジャンルの操作方法が確立されてしまえば、敢えてそこに逆行するメリットはなく、「どのゲームも同じように操作できる」方がごっちゃにならなくてイイですもんね。



 和製RPGの話で言うと、ファミコン時代は『ドラゴンクエスト』が一気にRPGを普及させたので、操作方法も『ドラゴンクエスト』方式が主流でした。Aボタンでウィンドウが開いて、その中から「はなす」とか「しらべる」を選ぶスタイルです。このウィンドウが複数出てきて重なって表示されるシステム自体が『ドラクエ』の発明だって話もありますよね。

 しかし、スーパーファミコン時代~プレイステーション時代になると『ファイナルファンタジー』が存在感を増していき、『ファイナルファンタジー』方式の操作方法を採用するゲームも多くなっていきました。Aボタンが「はなす」「しらべる」の役割で、Xボタンがメニュー画面への切り替えです。
 『ファイナルファンタジー』シリーズはファミコン時代から『ドラクエ』方式とはちがう操作方法を取っていましたが、ファミコン時代はスタートボタンに当てていた「メニュー画面への切り替え」をスーファミではXボタンに当てて、この「Xボタン=メニューを開く」という操作は今ではスタンダードになっていると思います。(※1)

 『ドラゴンクエスト』シリーズでも、スーファミの『V』の頃は「Aボタンでウィンドウを開く、Lボタン・Rボタン・Xボタンが「はなす」「しらべる」の役割」だったのですが……Wii Uでプレイした『X』は「Aボタンが「はなす」「しらべる」の役割で、Xボタンでウィンドウを開く」でした。どうやらDSでの展開あたりから『ドラクエ』も操作方法が変わって、、『ファイナルファンタジー』方式になっていったっぽいですね。

 私が今プレイしている3DS用ダウンロードソフト『不思議の国の冒険酒場』(2014年)も、Aボタンが「はなす」「しらべる」の役割で、Xボタンがメニュー画面への切り替えになっていました。初めてプレイするゲームでも戸惑わずに操作できるのはありがたいです。

(※1:ちなみに同じスクウェアの『ロマサガ1』はYボタンでメニューを開き、『ロマサガ2』『ロマサガ3』はセレクトボタンでメニューを開くみたいです。なんでやねん!)



 そう考えると、2Dアクションゲームや和製RPGとちがって。
 3Dアクションゲームって「これが定番!」という操作方法が確立されていなくて、ゲームによってまちまちで、イチイチ新しいゲームを始めるたびに覚えなおし&前のゲームの操作を忘れなおさないとならないジャンルなのかもなぁと思います。

 これには色んな理由があるんでしょうが……3Dアクションゲームがゲーム機で本格的に遊べるようになったプレステ・サターン・64の時代って、各機種でそれぞれコントローラの形もボタン数もちがっていて、「操作方法を統一する」みたいなことも出来なかったでしょうしやるメリットもなかったでしょうし。
 3Dアクションゲームと一言で言っても、FPSやTPSのようなシューティング系のゲームと、『ゼルダ』みたいなアクションアドベンチャーと、『マリオ』みたいなアスレチックアクションとでは「そこで何をやるゲームなのか」が全然ちがうというのも大きいのかなぁと思います。


 先ほど私、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の操作方法はこんなカンジだって書きましたよね。

・攻撃:Yボタン
・ガード:ZLボタン(同時に敵に注目する)
・ダッシュ:Bボタン(抜刀している状態だとBボタンで納刀する)
・アイテム使用:Lボタン
・ジャンプ(崖を登る):Xボタン
・マップを開く:-ボタン



 ですが、同じ『ゼルダ』でもWii Uで発売された『トワイライトプリンセスHD』の操作方法はこうなんですよ!

・攻撃:Bボタン
・ガード:ZLボタン(同時に敵に注目する)
・ダッシュ:なし(アナログスティックを倒す角度でスピードが変わる)
・アイテム使用:Yボタン、Xボタン、Rボタンにそれぞれ割り振れる
・ジャンプ:なし(オートジャンプ)
・マップを開く:上ボタン



 「同じ3Dアクションでも全然ちがう」どころか「同じゼルダでも全然ちがう」のですよ!

 ちなみに、同じWii Uの『風のタクトHD』や3DSの『時のオカリナ3D』の説明書を見てみたところ、「ガード」と「注目」が別のボタンに分けられているというちがいはあるみたいですが、基本的には『トワプリHD』と同じみたいですね。2Dである『神々のトライフォース2』も「注目」がなくて「ダッシュ」になっていることを除けば一緒みたい。
 『ブレス オブ ザ ワイルド』だけが特別というか、「ダッシュ」や「ジャンプ」が追加されたことでボタンの割り振りもガラッと変わったということですかね。



 「一つのゲームを集中的にプレイする人」は、まぁ数日かけてそのゲームの操作に慣れればイイだけだと思うんですけど。たくさんゲームを買って同時並行的に進める人は「どのゲームがどの操作なのか」ごっちゃにならんものなんですかね。
 それこそ、この夏にNintendo Switchを買ったって人の中には『ブレス オブ ザ ワイルド』と『Splatoon2』と『モンハンXX』を同時に遊ぶぞーって人がいそうですけど。時間があるのかとかお金があるのかとか以前に、全然操作のちがうゲームを同時並行に進められるものなのかなーと気になります。


モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.

カプコン 2017-08-25
売り上げランキング : 114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の嫌いな作品が「あってもイイ」という考え方

 表現規制の件がまた話題になっているので、改めて自分の考えを書いておきます。



 漫画もアニメもゲームも映画も小説も好きな私ですけど、そうした娯楽の中の「全ての作品」が好きというワケではありません。私にだって「嫌いな作品」はあります。「面白くない作品」とか、「世間で絶賛されているほどには自分が楽しめない作品」みたいなレヴェルではなく、「ひたすら不快になる作品」とか「触りたくも関わりたくもない作品」というものがあります。

 その中でも、特に「差別的な作品」とか「弱者を侮蔑するような作品」の場合は、それをゲラゲラ楽しんでいるような人達に対しても「アレを楽しめるような人とは仲良くなれないなぁ」と思うこともあります。


 ですが、そうした作品が「なくなればイイ」とは思いません。
 私にとっては「嫌いな作品」ですけど、それを「好きな作品」という人がいるかも知れません。
 中には、「その作品を楽しみに生きている」とか「その作品を生きがいにしているから日々の生活に耐えられている」という人がいるかも知れません。私にとっては「嫌いな作品」ですし「その人とは仲良くなれない」のかも知れませんが、そういう人が一人でもいる限りはその作品には存在する価値があるのです。


 「作品がなくなればイイ」と一つの作品を潰すことは、その向こうにいる「その作品のファン」に対して「オマエの楽しみなんてなくなればイイ」「オマエの生きがいなんてなくなればイイ」と潰していくことなんです。

 表現規制とは、言ってしまえば「人間の楽しみ」とか「人間の生きがい」を奪う行為なんですよ。





 抽象的な話だと分からないという人のために、小学生にも分かるように「身近な話」に置き換えて説明します。

 私は「マヨネーズ」が嫌いです。
 「美味しくない」とか「なくても困らない」みたいなレヴェルではなくて、「においを嗅いだだけで吐く」くらい苦手です。なるべく自分の人生には関わらせたくないと思っています。

 でも、世の中にはマヨネーズが大好きで、ご飯にまでマヨネーズをかけて食べる人が実在するそうです。申し訳ないですが、私はそういう人とは結婚できません。「マヨネーズのにおいを嗅いだだけで吐く人」と「何にでもマヨネーズをかけて食べる人」が、一つ屋根の下で暮らすのは難しいでしょう。


 ですが、マヨネーズが「なくなればイイ」とは思いません。
 私にとっては「吐くほど嫌い」ですけど、それを「大好き」な人がいるかも知れません。
 中には、「マヨネーズを楽しみに生きている」とか「マヨネーズを生きがいにしているから日々の生活に耐えられている」という人がいるかも知れません。私にとっては「吐くほど嫌い」ですし「そういう人とは結婚できない」のかも知れませんが、そういう人が一人でもいる限りはマヨネーズには存在する価値があるのです。


 「○○がなくなればイイ」と一つの何かを潰すことは、その向こうにいる「その○○のファン」に対して「オマエの楽しみなんてなくなればイイ」「オマエの生きがいなんてなくなればイイ」と潰していくことなんです。



 だから、私は「嫌いな作品」も「マヨネーズ」も世の中に「あってイイ」と思うのです。
 私は関わりたくないですけど、私の見えない場所で誰かを救っているのなら、ただ私が見なければイイだけの話なのです。


キユーピー マヨネーズ 450g×2個キユーピー マヨネーズ 450g×2個

キユーピー
売り上げランキング : 2715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ちょっと話がズレますが……
 「色んな考えの人間がいるから世の中は面白い」的なことを書くと、「そんなこと言っている割にはオマエ、人の意見に耳を貸さないじゃないか」と言ってくる人がいます。
 そりゃそうです。「色んな考えの人間がいるから世の中は面白い」というのは、「自分とは相容れない考えがあることを認める」だけであって「アナタの考えの言いなりになる」ワケではありません。

 「私の考え」「Aさんの考え」「Bさんの考え」「Cさんの考え」「Dさんの考え」「Eさんの考え」「Fさんの……と、人の数だけ考えはちがっていて、「私の考えはAさんの考えとはちがう」し「Aさんの考えは私の考えとはちがう」のが当然だし健全だというのが私の考えなのです。


 「たった一つの正解の考えがあって、すべての人間がその考えを持つべきで、そうでない人間は間違っている」的な考えの人とは、そもそもの世界の見方がちがうのです。でも、私はそういう「私とは相容れない考え」な人がいるのは当然だと思いますし、そういう人に私の考えを押し付ける気もないです。




 表現規制の件も、これと同じ話なのです。
 表現規制に反対している人は、必ずしもその作品が好きだから守ろうとしているワケではないのです。「自分の嫌いな作品」だって存在することが当然だし健全だという考えから、「自分の嫌いな作品」も守らなければならないというのが「表現を守ること」なのです。

 よく「表現の自由は大切だけど、流石にこういうのは目に余るから規制するべきだ」みたいなことを言っている人がいますが、それは「表現の自由」じゃないです。アナタの好き嫌いで「守るべき作品」と「守らなくてイイ作品」が決められるのだとしたら、それはアナタ基準の表現規制を訴えているだけです。




 つい最近、少年ジャンプのとある漫画が卑猥でけしからんという話がTwitterで話題になり、新聞などでも取り上げられる事態になっていました。
 私はその作品を読んでいないので好きも嫌いも論じることは出来ませんし、読んだ人が「私はこの作品が嫌いだ」と言うのも思うのも自由だと思うんですね。私だって「マヨネーズが嫌いだ」って書いていますしね。

 でも、「そういう作品を世の中からなくそう」って言い出されたら話は別です。私はその作品に何の思い入れもありませんが、「そういう作品を楽しみに生きている人」や「そういう作品を生きがいにしているから日々の生活に耐えられている人」から楽しみや生きがいを奪うことには反対です。誰にも迷惑をかけていない、ただ漫画を読んでいるだけの人から楽しみや生きがいを奪うんですよ!




 ということを書いたところで留めておけば……漫画好きな人から「そうだ!そうだ!やまなし、イイこと言った!」と思ってもらえて、人気者になって、来年のバレンタインにはAmazonの「ほしい物リスト」経由で女性からわんさかチョコが贈られてくること間違いなしなのですが。
 ですが、その少年ジャンプの話題が盛り上がるちょっと前のTwitterは、某テレビ番組で「旦那のガンプラを奥さんと娘が捨てる(捨てようとする?)シーン」のスクショを貼り付けて、「こんな番組はヒドイ!」「こんな番組を放送するテレビ局に抗議しよう!」って盛り上がっていたんですよ。

 私はその番組を観ていないからどういう前後の流れなのかを観ないと何とも言えませんが、ガンプラを捨てるという行為自体が旦那の楽しみや生きがいになっているものを奪おうとしている行為なのでややこしいですし、私もそういう番組は「観る気も起きない」くらい好きじゃないですけど……好きじゃないからってテレビ局に「こんな番組を放送するな!」と抗議するのって、立派な「表現規制」じゃないの?と思うんですよ。「そういう番組を楽しみに生きている人」や「そういう番組を生きがいにしているから日々の生活に耐えられている人」だっているかも知れないじゃないですか。


 ややこしいことに、「少年ジャンプのけしからん漫画」の件に対しては「けしからんと言って排除してしまうのは表現の自由への侵害だ!」と怒っていたのと同じ人が、「旦那のガンプラを捨てようとする番組」の件に対しては「こんな番組を放送するな!」と堂々と規制する側にまわって怒っていて―――結局そういう人の言っている「表現の自由」って、「自分の好きな作品だけは認めてやる自由」でしかないんだなと。

 もちろんそれを自覚してやっているのなら「そういう考えの人もいるんだな」と納得するんですけど、自覚せずに「守るべき作品」と「守らなくてイイ作品」を分別して表現の自由を主張するのなら気づいてほしいなと思うのです。それはアナタ基準の表現規制を訴えているだけですよ、と。





 私にだって「嫌いな作品」はあります。
 不快になる漫画、嫌悪するようなアニメ、イライラするゲーム、腹が立つ映画、破り捨てたくなるような小説、観ていると気持ち悪くなってしまうテレビ番組……においを嗅いだだけで吐いてしまうマヨネ-ズ、決して賛同できない意見、関わりたくない人、エトセトラエトセトラ。

 でも、そうしたものも「あってもイイ」と思っています。
 そうしたものは、ただ私が見なければイイのです。私の知らないところで誰かを楽しませているのなら、それでイイじゃないかと思うのです。インターネット&多チャンネル化の現代は「連載される漫画の枠」や「放送されるテレビ番組の枠」が決まっているような時代でもありませんし、「嫌いな作品」を潰したところで代わりに「好きな作品」が生まれてくるワケじゃありませんしね。

 それらを「嫌い」と言うのも別にイイと思います。
 私は炎上したくないからなるべく言いませんけど、どうしても許せない気持ちになったら声を挙げてしまうのも仕方がないでしょう。


 ですが、それらを「潰そう」とするのなら話は別です。
 アナタが「潰そう」としている作品の向こうにはたくさんのファンがいて、そうした人達の「楽しみ」や「生きがい」になっているのです。「楽しみ」や「生きがい」を奪われた人間がその後どうなるのか―――その責任をアナタは背負う覚悟はあるのですか?


禁じられた生きがい禁じられた生きがい
岡村靖幸

SMD 2012-02-14
売り上げランキング : 109792

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◇ 余談
 この話……本当は別の記事に書くつもりだったのですが、この流れで書いた方が伝わりやすいかなと思ったのでついでに書いてしまいます。

 「表現の自由」と「ヘイトスピーチ」について。
 「表現の自由」は「何を言ってもイイ」「何を書いてもイイ」のだから、「ヘイトスピーチ」のように差別的な表現や誰かを傷つける表現だってイイのか―――という議論があります。「表現の自由」を守ろうとすることと、「ヘイトスピーチ」を許せない気持ちは、矛盾している、みたいな。


 ですが、今日の記事に書いたことを踏まえると、「表現の自由」を守りながら「ヘイトスピーチ」が許せないことなんて別に矛盾していないと思うんですね。
 自分の嫌いな作品もあってもイイ「表現の自由」というのは、自分の嫌いな作品は「見なくてもイイという自由」とセットだから成り立つんですよ。

 不快になる漫画、嫌悪するようなアニメ、イライラするゲーム、腹が立つ映画、破り捨てたくなるような小説、観ていると気持ち悪くなってしまうテレビ番組、においを嗅いだだけで吐いてしまうマヨネ-ズ、決して賛同できない意見、関わりたくない人―――これらを私が「あってもイイ」と思えるのは、私に「それらを見なくてもイイ自由」が与えられているからです。

 私が大嫌いなマヨネーズを「あってもイイ」と思えるのは、私に「マヨネーズを食べなくてもイイ自由」があるからなんです。これがもし、秘密結社:全人類がマヨネーズを主食するべき機構みたいな人達の手によって、マヨネーズを食べなきゃ処刑されるみたいな世の中にされてしまったのなら、私はマヨネーズを撲滅するための抵抗運動を命がけで行わなければならなくなります。もうそこには「色んな人がいるから世の中は面白いよねー」なんて言ってる余裕はありません。


 不快になる漫画は読まない。
 嫌悪するようなアニメは切る。
 イライラするゲームはさっさとギブアップして中古屋に売る。
 腹が立つ映画は途中退席をする。
 破り捨てたくなるような小説は破り捨てる。
 観ていると気持ち悪くなってしまうテレビ番組はチャンネルを変える。
 においを嗅いだだけで吐いてしまうマヨネ-ズはそもそも買わない。
 決して賛同できない意見には賛同しない。
 関わりたくない人はブロックをする。

 こうした自由があるから「表現の自由」も守られるのです。
 「表現の自由」は、「関わらなくてもイイ自由」とワンセットなのです。


 んで、ということは……なんですが。
 嫌いな人が「関わらなくてもイイ自由」を守るためには、嫌いな人に届かせてはならないという「義務」が発生するとも思うのです。

 マヨネーズが嫌いな私が、マヨネーズを買わなくてイイ暮らしをしているから「私とは関係のないところにならあってもイイ」と思えているのに、そこにAmazonの「ほしい物リスト」経由で大量のマヨネーズを贈ってきたりはしてはならないのですよ。フリじゃなくて、マジで。贈られてきたら開封配信をゲロまみれにしかねない大参事になりますよ!

 そういや……ニコ生ってゲロ吐いたらBANされるんですかね?
 それは「ゲロ」に対する表現規制だ!ということではなく、「ゲロ」を見たくない人には「ゲロ」を見なくてイイ自由が与えられるべきだから、「ゲロ」を見たくない人には「ゲロ」を見せないようにしたり「ゲロ」を見せることを事前に告知してゲロを見るかどうかの選択をしてもらったりする義務が発生するということです。


 「ヘイトスピーチ」は、差別する対象にその「ヘイト」をぶつけようとする行為だから許されないんですよ。見たくない人に届かせてはならないという「義務」を無視して、見たくない人の「見なくてもイイ自由」を侵害する行為ですから、言ってしまえば「表現の自由」を脅かす行為でもあるんですね。


 分かりやすく説明すると……
 「このブログを書いているやまなしって奴、早く死ねよ」とみなさんが思ったとして、それを御自身のブログに書くのは好きにやればイイと思いますけど、わざわざこのブログのコメント欄に書いたらそりゃブロックするよって話です。実際、そういうコメントに嫌気がさしてコメント欄そのものを閉鎖して、自由に意見を書き込める場だったコメント欄がなくなったブログをいくつも見てきましたしね……


 この「見たくない人に届かせてはならないという義務」の話を突き詰めていくと、ゾーニングの話だったり、NG項目の話だったり、ナマモノの話だったり(※1)になっていくのですが。余談にそんなに時間をかけて語るくらいなら、また別の記事に書いた方がイイと思うので今日はこの辺で。

(※1:アニメのキャラを題材にエロ漫画を描いたとしても、それをアニメのキャラ本人に読まれることはないけれど。存命する実在の人物を題材にエロ漫画を描いた場合、それが本人に知られてしまって大きな問題になる可能性がある――――みたいな話)


ドラゴンボールヒーローズGM9弾/HG9-56/Dr.ゲロ SRドラゴンボールヒーローズGM9弾/HG9-56/Dr.ゲロ SR

バンダイ
売り上げランキング : 149582

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:53 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだバーチャルコンソールに出ていない任天堂ソフトまとめ(2017年・夏)

 バーチャルコンソールとは、任天堂が行っていた「昔のゲームソフトを最新機種でダウンロード購入して遊べるようにするよ」というサービスでした。
 しかし、この記事に書いたように、2006年のサービス開始から10年が経過して、ダウンロード販売ではない形の『ニンテンドークラシックミニ』が大ヒットしましたし、バーチャルコンソールもダウンロード販売ではない様々な方法を検討している第二段階に入りました。

 また、任天堂は昨今「任天堂IPに触れる人を増やす」ことを大事にしていて、『ニンテンドークラシックミニ』はまさに「任天堂のゲーム機を持っていない人にも任天堂IPに触れる機会を作る」商品ですし、バーチャルコンソールは「まだそのシリーズに触れたことのない人への入口」になれるサービスです。例えば3DSで『Hey!ピクミン』という新作が発売するちょっと前に、Wii Uで『ピクミン』『ピクミン2』がダウンロード販売開始されたりしますしね。


 ならばこのタイミングで今一度、「どのソフトがバーチャルコンソールで出ていて、どのソフトがまだバーチャルコンソールで出ていないのか」をまとめておこうと思いました。前回書いたのは2013年の9月なので、4年間で変わったところを見るのも面白そうですしね。



 2017年7月6日時点で発表されているリストです。
 それ以降に発表されたソフトを後から追加していくつもりはありません。
 人力でまとめているリストなんで、抜けがあった場合はコメント欄などで知らせてくださるとありがたいです。

 3DSかWii Uで配信済orクラシックミニに収録されるソフトは「★」、Wiiでのみ配信済のソフトは「○」、その作品は配信されていないけど移植やリメイク作品が配信済のソフトは「△」、まだどの機種でも配信されていないのは「×」と分類しました。
 配信済の機種は、Wiiが「W」、3DSが「3」、new3DS専用は「n」、Wii Uが「U」、ニンテンドークラシックミニに収録される作品は「ク」と記しておきます。リンクはそれぞれの公式ホームページです。


【ファミリーコンピュータ】
★ ドンキーコング…W3U
★ ドンキーコングJr.…W3U
× ポパイ※版権モノ
★ 五目ならべ 連珠…WU
× 麻雀
★ マリオブラザーズ…W3U
× ポパイの英語遊び ※版権モノ
★ ベースボール…WU
★ ドンキーコングJrの算数遊び…WU
★ テニス…WU
★ ピンボール…WU
★ ワイルドガンマン…U ※光線銃専用
★ ダックハント…U ※光線銃専用
★ ゴルフ…U
★ ホーガンズアレイ…U ※光線銃専用
× ファミリーベーシック
★ ドンキーコング3…W3U
★ デビルワールド…W3U
× 4人打ち麻雀
× F1レース

★ アーバンチャンピオン…W、3DSには3DクラシックスU
△ クルクルランド ※ディスクシステム版が配信されている
★ エキサイトバイク…W、3DSには3DクラシックスU
★ バルーンファイト…W3U
★ アイスクライマー…W3U
× ファミリーベーシックV3
★ サッカー…WU
★ レッキングクルー…W3U
× スパルタンX ※映画を題材にしている
× ブロックセット ※ロボット専用
× ジャイロセット ※ロボット専用

★ スーパーマリオブラザーズ…W3U
★ マッハライダー…W3U
★ ゼルダの伝説…W3U
※ WiiはGC版、3DSはROMカセット版、Wii Uはディスクシステム版を再現している
★ 謎の村雨城…W3U
★ スーパーマリオブラザーズ2…W3U
★ バレーボール…WU
★ メトロイド…W3U
× プロレス
★ 光神話 パルテナの鏡…W、3DSには3DクラシックスU
★ リンクの冒険…W3U
× ゴルフJAPANコース ※青ディスク
★ スマッシュピンポン…WU
× ゴルフUSコース ※青ディスク
× 夢工場ドキドキパニック ※メディアミックス商品、『マリオUSA』と同内容

★ ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島…W3U
× ファミコングランプリ F1レース ※青ディスク
△ マイクタイソン・パンチアウト!!
※ マイクタイソンが出ないバージョンが配信済(W3U

× 中山美穂のトキメキハイスクール ※タレントもの ※青ディスク
× 銀河の三人 ※元はエニックスのPCゲーム『地球戦士ライーザ』

★ アイスホッケー…WU
× ファミコングランプリII 3Dホットラリー ※青ディスク
★ ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者…W3U
★ ファミコンウォーズ…W3U
★ スーパーマリオブラザーズ3…W3U
× アイスクライマー(ディスクシステム版)※ アーケード版に準拠
× 帰ってきたマリオブラザーズ ※ゲーム内に広告が入っている

★ VS.エキサイトバイク…U
★ ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女…W3
★ MOTHER…U
× ふぁみこんむかし話 遊遊記
★ ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣…W3U
× ナイトムーブ
★ Dr.マリオ…U
× バックギャモン
× 新4人打ちマージャン 役満天国
× タイムツイスト 歴史のかたすみで…

★ マリオオープンゴルフ…W3U
★ ヨッシーのたまご…W3U
★ ファイアーエムブレム外伝…W3U
★ クルクルランド(ディスクシステム版)…W3U
★ スーパーマリオUSA…W3U
× ヨッシーのクッキー…W(※ 配信終了しています)
★ 星のカービィ 夢の泉の物語…W、3DSには3DクラシックスU
★ ジョイメカファイト…W3U
× テトリスフラッシュ
★ ワリオの森…W3U


 この4年間の変化と言えば、何といっても『ダックハント』『ワイルドガンマン』『ホーガンズアレイ』といった光線銃専用のソフトがWiiリモコンの操作に対応して配信されたことです。近年レトロフリークなどの互換機が人気で「互換機があればバーチャルコンソールなんて要らなくね?」みたいに言う人まで出てきたのですが、レトロフリークであっても現在では遊ぶ環境を用意するのが難しい光線銃専用のソフトを気軽に遊べるようにして配信してくれたのは驚きでした。

 それまでは「周辺機器が必要だったソフトはバーチャルコンソールには出ないだろう」と思っていましたからね。よーし、次はロボット専用ゲームを配信しよう!


 この4年の間に『MOTHER』も配信されましたし、後は待望されているソフトは『遊遊記』『タイムツイスト 歴史のかたすみで…』辺りですかね。『タイムツイスト』は特に「知る人ぞ知る名作」と言われているので、配信を期待したいところです。



【ゲームボーイ】
★ アレイウェイ…3
★ スーパーマリオランド…3
★ ベースボール…3
× 役満 ※任天堂は麻雀ソフトをVCには出していないので
★ テニス…3
× テトリス…3(※ 現在は配信終了しています)
★ ゴルフ…3
× ソーラーストライカー
★ クイックス…3
★ ドクターマリオ…3
★ 海戦ゲーム レーダーミッション…3
× F1レース ※版権モノ
× ゲームボーイウォーズ

△ ヨッシーのたまご ※ファミコン版が3DSでも配信済
★ メトロイドII RETURN OF SAMUS…3
★ 星のカービィ…3
× X(エックス)
★ カエルの為に鐘は鳴る…3
★ スーパーマリオランド2 6つの金貨…3
× ヨッシーのクッキー
△ ゼルダの伝説 夢をみる島 ※ゲームボーイカラー版が出ているので
★ カービィのピンボール…3
★ スーパーマリオランド3 ワリオランド…3
× テトリスフラッシュ
★ ドンキーコング…3
★ マリオのピクロス…3
★ 星のカービィ2…3
★ スーパードンキーコングGB…3
★ カービィのブロックボール…3
★ ポケットモンスター 赤…3
★ ポケットモンスター 緑…3
★ モグラ〜ニャ…3
★ ポケットモンスター 青…3
★ ピクロス2…3
★ ヨッシーのパネポン…3
★ ドンキーコングランド…3
★ カービィのきらきらきっず…3
★ ゲームボーイギャラリー…3
★ ゲームボーイギャラリー2…3
× ポケットカメラ ※今更出ないんじゃないかなぁ
★ ポケットモンスター ピカチュウ…3
× テトリスDX
★ ワリオランド2 盗まれた財宝…3
★ ゼルダの伝説 夢をみる島DX…3
★ ポケモンカードGB…3
× ゲームボーイギャラリー3 ※スマブラ・ポケモン 両方買うとプレゼント! キャンペーンで配布された
× ポケモンピンボール

★ マリオゴルフGB…3
☆ ポケットモンスター 金 ※9/22配信予定
☆ ポケットモンスター 銀 ※9/22配信予定
★ ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング…3
★ トレード&バトル カードヒーロー…3
★ ワリオランド3 不思議なオルゴール…3
★ バルーンファイトGB…3
× コロコロカービィ ※動きセンサー搭載ソフト
× とっとこハム太郎 ともだち大作戦でちゅ ※版権モノ
× ポケモンでパネポン
× 怪人ゾナー 版権モノ
★ マリオテニスGB…3
× モンスタータクティクス
× ポケットモンスター クリスタルバージョン
△ ドンキーコング2001 ※スーパーファミコン版の移植作
★ ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 ~時空の章~…3
★ ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 ~大地の章~…3
× とっとこハム太郎2 ハムちゃんず大集合でちゅ ※版権モノ
× モバイルゴルフ ※モバイルアダプタGB対応

★ Kid Icarus: Of Myths and Monsters…3 ※日本では未発売のソフト
× スーパーマリオブラザーズデラックス ※日本では書き換え専用のソフト ※ニンテンドーネットワークID 登録感謝キャンペーンで配布された


 この4年間の間での話題と言えば、何といっても『ポケットモンスター』シリーズのバーチャルコンソール配信が開始されたことです。4年前には「出ないでしょう」なんて言っていたのですが、「任天堂IPに触れる人を増やす施策」としてソフトが内蔵された2DSも発売されましたし、クラシックミニに似た展開だったと言えます。

 その他では主なソフトは軒並み配信済だと思うのですが、『テトリス』や『ヨッシーのクッキー』といった旧BPS案件は権利の問題で配信終了になったり配信できなかったりが目立ちますね。『テトリス』はまぁ、現在でもやろうと思えば色んな機種で出来るんですが、『ヨッシーのクッキー』は現行機種では遊べないので配信終了の心配がないクラシックミニなどで収録して欲しいところです。
 



【バーチャルボーイ】
× ギャラクティックピンボール
× テレロボクサー
× マリオズテニス
× マリオクラッシュ
× バーチャルボーイワリオランド アワゾンの秘宝



 一応リストにしておきました……(笑)
 私はバーチャルボーイが世に出来たときから「立体視」が出来なかったので差が分からないんですけど、バーチャルボーイのソフトって3DSだと再現できないもんなんですかね?3DSのバーチャルコンソールで出てくるのかなと思っていましたが、流石にもう可能性は低そうですね。

 『マリオクラッシュ』や『ワリオランド』は言うまでもなく現役の「任天堂IP」のソフトと言えるので、「シリーズ全作やっているのにコレだけやったことがない!」みたいな人もいそうですし、配信されたら配信されたで喜ぶ人も多そうですが……私は視力の問題で「立体視」が出来ないのでどっちでもイイです(笑)。



【スーパーファミコン】
★ スーパーマリオワールド…WnU、ク
★ F-ZERO…WnU、ク
★ パイロットウイングス…WnU
○ シムシティ…W
★ ゼルダの伝説 神々のトライフォース…WnU、ク
× マリオペイント ※マウス専用
★ スーパーマリオカート…WnU、ク
☆ スターフォックス…ク ※スーパーFXチップ使用
× スーパースコープ6 ※スーパースコープ専用
× スペースバズーカ ※スーパースコープ専用
× ヨッシーのクッキー
× ヨッシーのロードハンティング ※スーパースコープ専用
× スーパーマリオコレクション ※Wiiディスク版が出ている
× マリオとワリオ ※マウス専用

★ ファイアーエムブレム 紋章の謎…WnU、ク
★ スーパーメトロイド…WnU、ク
× ワイルドトラックス ※スーパーFXチップ使用
★ MOTHER2 ギーグの逆襲…nU
★ カービィボウル…WnU
★ スーパードンキーコング…Wn、ク
☆ スーパーマリオ ヨッシーアイランド…ク ※スーパーFXチップ使用
★ マリオのスーパーピクロス…WnU
★ パネルでポン…WnU、ク
★ スーパードンキーコング2 ディディー&ディクシー…WnU
★ スーパーマリオRPG…WU、ク
★ 星のカービィ スーパーデラックス…WU、ク
★ ファイアーエムブレム 聖戦の系譜…WnU
★ マーヴェラス~もう一つの宝島~…U
★ スーパードンキーコング3 謎のクレミス島…Wn
× 糸井重里のバス釣りNo.1 ※版権モノ?
★ 星のカービィ3…WU
★ 平成 新・鬼ヶ島…W()、U(
★ レッキングクルー'98…U
★ カービィのきらきらきっず…WnU
★ スーパーパンチアウト…WnU
★ ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女…WU
★ スーパーファミコンウォーズ…WnU
× ドクターマリオ
× Zooっと麻雀!

★ すってはっくん…WU
× ダービースタリオン98 ※版権モノ?
× POWERロードランナー
× POWER倉庫番
× ピクロスNP Vol.1
× ピクロスNP Vol.2

★ ファミコン文庫 はじまりの森…WU
× ピクロスNP Vol.3
★ ファイアーエムブレム トラキア776…WnU
× ピクロスNP Vol.4
× ピクロスNP Vol.5
× ピクロスNP Vol.6
× ピクロスNP Vol.7
× ピクロスNP Vol.8

★ メタルスレイダーグローリー ディレクターズカット…U

☆ スターフォックス2…ク ※ 未発売ソフト、スーパーFX2チップ使用


 スーパーファミコン用のトピックスと言えば、何といっても『ヨッシーアイランド』『スターフォックス』『スターフォックス2』といった「これまでバーチャルコンソール化が絶望的だと思われていたソフト」がニンテンドークラシックミニに収録されるということです。こう見ると『ワイルドトラックス』が可哀想だ!(笑)

 その他では、『MOTHER2』や『マーヴェラス』、『メタルスレイダーグローリー』なども既にバーチャルコンソール化されていて、バーチャルコンソール化が切望されるソフトももうあまりなさそうですね。
 ファミコンで『ダックハント』なんかが配信されたのだから、スーパースコープ用のソフトやマウス専用のソフトも配信されたら嬉しいんですけど……流石にそれは難しいかな。ファミコンの光線銃は海外では本体同梱されたりで、日本での認識以上に有名だって話なんですよね(だから、『スマブラ』にも参戦している)。

 個人的には、サテラビューを持っていなかったんで、インターネットを使ってサテラビューのソフトの復刻配信なんかをやってくれたら嬉しいんですけど……スーパースコープやマウス以上に難しそう(笑)。「ファミコン探偵倶楽部」シリーズ、サテラビューの3作目だけやっていないんですよねぇ……



【NINTENDO64】
★ スーパーマリオ64…WU
× パイロットウイングス64
★ ウェーブレース64…WU
★ マリオカート64…WU
× ブラストドーザー ※レア社開発、コントローラパック前提?
★ スターフォックス64…WU
× スター・ウォーズ 帝国の影 ※版権モノ
× ゴールデンアイ 007 ※版権モノ、レア社開発
× ディディーコングレーシング ※レア社開発

★ ヨッシーストーリー…WU
★ テン・エイティ スノーボーディング…WU
★ F-ZERO X…WU
× ポケモンスタジアム ※ゲームボーイとの連動作品
★ ゼルダの伝説 時のオカリナ…WU
× マリオのふぉとぴー
× バンジョーとカズーイの大冒険 ※レア社開発
× ピカチュウげんきでちゅう ※マイク必須
× F-1 World Grand Prix ※版権モノ
× マリオパーティ

○ ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ…W
★ ポケモンスナップ…WU
× ポケモンスタジアム2 ※ゲームボーイとの連動作品
★ マリオゴルフ64…WU
★ オウガバトル64…WU
× スター・ウォーズ エピソード1 レーサー ※版権モノ
× スター・ウォーズ 出撃!ローグ中隊 ※版権モノ
× スターツインズ ※レア社開発
× カスタムロボ

★ ドンキーコング64…U
× 巨人のドシン1 ※64DDソフト
× マリオアーティスト ペイントスタジオ ※64DDソフト

★ マリオパーティ2…WU
× シムシティー64 ※64DDソフト
× ランドネットディスク ※64DDソフト
× マリオアーティスト タレントスタジオ ※64DDソフト

★ 星のカービィ64…WU
× 糸井重里のバス釣りNo.1 決定版! ※版権モノ?
★ ゼルダの伝説 ムジュラの仮面…WU
× 巨人のドシン 解放戦線チビッコチッコ大集合 ※64DDソフト
★ エキサイトバイク64…U
× マリオアーティスト コミュニケーションキット ※64DDソフト
★ マリオテニス64…WU
★ マリオストーリー…WU
× マリオアーティスト ポリゴンスタジオ ※64DDソフト
× 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!
× パーフェクトダーク ※レア社開発

★ カスタムロボV2…WU
★ 罪と罰 ~地球の継承者~…WU
× バンジョーとカズーイの大冒険2 ※レア社開発
× マリオパーティ3
× ポケモンスタジアム金銀 ※ゲームボーイとの連動作品
× ミッキーのレーシングチャレンジUSA ※版権モノ
× どうぶつの森



 権利関係の問題で、『ドンキーコング』シリーズ以外のレア社開発のソフトはバーチャルコンソール化されていません。『バンジョーとカズーイ』なんかは期待している人も多そうですが、Xbox360でリメイク作品が出ていますので……

 『カスタムロボ』や『マリオパーティ』なんかはシリーズの中で一作だけ選んで配信しているみたいなのですが、意外なのが『パイロットウィングス64』がまだ配信されていないことです。バーチャルコンソールなどの展開ではスーファミ版はかなり優遇されていると思うのに、64版は何故か一度もバーチャルコンソール化されていないんですね。一応、当時の全世界規模ではミリオンセラータイトルなのに。何か権利的な問題でもあるのかしら。

 その他では、チュンソフト開発の『シレン2』は期待している人が多そうですね。
 『シレン』は1作目もWii Uのバーチャルコンソールでは配信されておらず、「まるごとバックアップ」のある機種には配信しないのかなと思うのですけど……どういう形にしろバーチャルコンソールで復活して欲しいタイトルですねぇ。「任天堂IP」とは言えませんけど、クラシックミニなどで「初めて触れる」ことでシリーズが復活できるかも知れませんし。




【ゲームボーイアドバンス】
 ※ 「ア」はニンテンドー3DS アンバサダー・プログラムで配布されたソフトです。

★ F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE…ア、U
★ くるくるくるりん…U
★ スーパーマリオアドバンス…U
★ ナポレオン…U
× タクティクスオウガ外伝 The Knight of Lodis ※今版権持っているのスクエニだろうけど
★ マリオカートアドバンス…ア、U
★ 黄金の太陽 開かれし封印…U
★ ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝…ア、U
× どこでも対局 役満アドバンス ※任天堂は麻雀ソフトをVCには出していないので
★ マジカルバケーション…U
★ スーパーマリオアドバンス2…U
★ トマトアドベンチャー…U
× どーもくんの不思議てれび ※版権モノ
× コロコロパズル ハッピィパネッチュ! ※動きセンサー搭載ソフト
★ ファイアーエムブレム 封印の剣…U
× とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ ※版権モノ
★ 黄金の太陽 失われし時代…U
× さくらももこのウキウキカーニバル ※これは版権モノか?
× カスタムロボGX
× ミッキーとミニーのマジカルクエスト ※版権モノ

★ 伝説のスタフィー…U
★ スーパーマリオアドバンス3…ア、U
★ 星のカービィ 夢の泉デラックス…U
× ポケットモンスター サファイア
× ポケットモンスター ルビー

★ くるりんパラダイス…U
★ メトロイドフュージョン…ア、U
△ ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣
※『神トラ』はスーファミの移植で、『4つの剣』はDSiウェアで出ていた

★ メイド イン ワリオ…ア、U
★ ファイアーエムブレム 烈火の剣…U
× とっとこハム太郎4 にじいろ大行進でちゅ ※版権モノ
△ MOTHER1+2 ※ファミコン版とスーファミ版の移植
★ スーパーマリオアドバンス4…U
★ ポケモンピンボール ルビー&サファイア…U
★ 伝説のスタフィー2…U
× オリエンタルブルー 青の天外 ※『天外魔境』シリーズの外伝
★ マリオ&ルイージRPG…U
★ F-ZERO ファルコン伝説…U
△ スーパードンキーコング ※スーパーファミコン版の移植
× ポケットモンスター ファイアレッド
× ポケットモンスター リーフグリーン

★ 星のカービィ 鏡の大迷宮…ア、U
★ マリオゴルフ GBAツアー…U
★ メトロイド ゼロミッション…U
★ マリオvs.ドンキーコング…ア、U
× スーパードンキーコング2 ※レア社開発
× とっとこハム太郎 ハムハムスポーツ ※版権モノ

★ 伝説のスタフィー3…U
★ スーパーマリオボール…U
× ポケットモンスター エメラルド
★ ファイアーエムブレム 聖魔の光石…ア、
× まわるメイド イン ワリオ ※回転センサー搭載ソフト
★ F-ZERO CLIMAX…U
★ ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし…ア、U
★ ゲームボーイウォーズアドバンス1+2…U
× ヨッシーの万有引力 ※傾きセンサー搭載ソフト
★ マリオパーティ アドバンス…U
★ 千年家族…U
× ザ・タワーSP
★ ぶらぶらドンキー…
× のののパズルちゃいリアン
△ ドクターマリオ&パネルでポン ※他機種でも出ているので……
★ マリオテニスアドバンス…U
★ スクリューブレイカー 轟振どりるれろ…U
★ 通勤ヒトフデ…U
★ ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊…U
△ スーパードンキーコング3 ※スーパーファミコン版のリメイク
× アイシールド21 DEVILBATS DEVILDAYS ※版権モノ
★ MOTHER3…U
× サッカーチーム育成シミュレーション カルチョビット
× bit Generations DIAL HEX
× bit Generations dotstream
× bit Generations BOUNDISH
× bit Generations ORBITAL
× bit Generations COLORIS
× bit Generations Soundvoyager
× bit Generations DIGIDRIVE
× リズム天国


★ ゲームボーイギャラリー4…U ※日本では未発売のソフト


 『リズム天国』や『カルチョビット』はやはりバーチャルコンソール化は難しいんですかね。

 『ポケモン』シリーズ以外は実は結構バーチャルコンソール化されているゲームボーイアドバンス用ソフトなのですが、ゲームボーイの『コロコロカービィ』を含めた「動きセンサー搭載ソフト」「回転センサー搭載ソフト」「傾きセンサー搭載ソフト」は現在のジャイロセンサーに対応して復活してくれないかなぁと思っています。光線銃シリーズがWiiリモコンで復活したんだから、これだって可能性がないワケではないと思うんですけどねぇ。

 そう言えば、先日の株主総会で「アンバサで配ったゲームボーイアドバンスのソフトは販売しないのか?」という質問がありましたが、アンバサのソフトはすべてWii Uで配信されていますね。




【ゲームキューブ】
× ウェーブレース ブルーストーム
× ルイージマンション

△ ピクミン ※ Wiiリメイク版がWii Uダウンロード版で配信
× 大乱闘スマッシュブラザーズDX
× どうぶつの森+
× 動物番長
× 巨人のドシン
× NBAコートサイド2002
× スーパーマリオサンシャイン
× ミッキーマウスの不思議な鏡
× スターフォックスアドベンチャー
× エターナルダークネス ~招かれた13人~
× マリオパーティ4
× ゼルダの伝説 風のタクト ※Wii Uでリメイク作品が発売
× ニンテンドーパズルコレクション
× メトロイドプライム ※Wiiでリメイク作品が発売
× GiFTPiA
× どうぶつの森e+
× カービィのエアライド
× F-ZERO GX
× ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル
× マリオゴルフ ファミリーツアー
× あつまれ!!メイドインワリオ
× マリオカート ダブルダッシュ!!
× マリオパーティ5
× ドンキーコンガ
× テン・エイティ シルバーストーム
× カスタムロボ バトルレボリューション
× ゼルダの伝説 4つの剣+

△ ピクミン2 ※ Wiiリメイク版がWii Uダウンロード版で配信
× ワリオワールド
× ドンキーコンガ2 ヒットソングパレード
× ペーパーマリオRPG
× くるりんスカッシュ!
× マリオテニスGC ※ Wiiでリメイク作品が発売
× マリオパーティ6

△ ドンキーコングジャングルビート ※ Wiiリメイク版がWii Uダウンロード版で配信
× スターフォックス アサルト
× ドンキーコンガ3 食べ放題!春もぎたて50曲
× ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
× メトロイドプライム2 ダークエコーズ ※ Wiiでリメイク作品が発売
× ちびロボ! ※Wiiでリメイク作品が発売
× Dance Dance Revolution with MARIO
× スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール
× 突撃!!ファミコンウォーズ
× マリオパーティ7
× 伝説のクイズ王決定戦
× スーパーマリオストライカーズ
× バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子
× 大玉
× ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス ※Wii Uでリメイク作品が発売



 Nintendo Switchがまだ「NX(仮)」と呼ばれていた頃、「ゲームキューブソフトのバーチャルコンソールが始まるのでは?」という予想がチラホラ聞こえていました。実際にはゲームキューブソフトのバーチャルコンソールどころかバーチャルコンソールそのものが始まっていないという……
 ゲームキューブはシェア争いという観点で見ると負けハードと言わざるを得ないのですが、「任天堂IP」としての位置づけを見ると『マリオ』も『スターフォックス』も『F-ZERO』も『どうぶつの森』も『カービィ』も『ドンキー』も『ワリオ』も『ファイアーエムブレム』もいたハードなんですよね。『ピクミン』『メトロイド』『ゼルダ』はリメイクなどでWii Uでも遊べますが、その他のシリーズもリメイクなどで復活させて欲しいとは思っちゃいますよね。

 『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』なんかは特に、Wiiの『暁の女神』とセットでどうにかして蘇らせて欲しいソフトではあります。アイクは『スマブラ』にも出てるし、『ファイアーエムブレムヒーローズ』にも出てくるシリーズですし。




【ニンテンドーDS】
★ さわるメイド イン ワリオ…U
★ スーパーマリオ64DS…U
× 大合奏!バンドブラザーズ
× 直感ヒトフデ
× ポケモンダッシュ

★ キャッチ!タッチ!ヨッシー!…U
× アナザーコード 2つの記憶
★ タッチ!カービィ…U
× 役満DS
× エレクトロプランクトン
× nintendogs 柴&フレンズ
× nintendogs ダックス&フレンズ
× nintendogs チワワ&フレンズ

★ 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング…U
× DS楽引辞典
★ ファミコンウォーズDS…U
★ やわらかあたま塾…U
× 押忍!闘え!応援団
× ジャンプスーパースターズ ※版権モノ
× スーパープリンセスピーチ
× ポケモントローゼ
× だれでもアソビ大全
× 大人のDSゴルフ
★ ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊…U
★ おいでよ どうぶつの森…U
× とっとこハム太郎 ナゾナゾQ 雲の上の?城 ※版権モノ
★ マリオカートDS…U
× 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング
★ マリオ&ルイージRPG2…U
× メトロイドプライム ピンボール
× 英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
× アイシールド21 MAX DEVILPOWER! ※版権モノ
× 瞬感パズループ

★ ポケモンレンジャー…U
× 漢字そのまま DS楽引辞典(任天堂)
× 伝説のスタフィー4(任天堂)
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ1 タイ
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ2 中国
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ3 韓国
× テトリスDS
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ4 アメリカ
× 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ5 ドイツ
× まわしてつなげる タッチパニック

★ New スーパーマリオブラザーズ…U
★ メトロイドプライム ハンターズ…U
× マジカルバケーション 5つの星がならぶとき
× プロジェクトハッカー 覚醒
× しゃべる!DSお料理ナビ
× ニンテンドーDSブラウザー(ニンテンドーDS用)
× ニンテンドーDSブラウザー(ニンテンドーDS Lite専用)

★ マリオバスケ 3on3…U
★ スターフォックス コマンド…U
× 超操縦メカ MG
× もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド
× Wi-Fi対応 役満DS
× ポケットモンスター ダイヤモンド
× ポケットモンスター パール
× 激闘! カスタムロボ
× 監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS

★ 星のカービィ 参上! ドロッチェ団…U
× マジック大全
× ジャンプアルティメットスターズ ※版権モノ
× 健康応援レシピ1000 DS献立全集
× タッチで楽しむ百人一首 DS時雨殿

★ 怪盗ワリオ・ザ・セブン…U
× ウィッシュルーム 天使の記憶
× ピクロスDS
× ジェットインパルス

★ ヨッシーアイランドDS…U
× 英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け
★ マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!…U
× Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全
× パネルでポンDS
× 燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2
× くりきん ナノアイランドストーリー
× 見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング
× 数陣タイセン

★ ゼルダの伝説 夢幻の砂時計…U
× 咲かせて!ちびロボ!
× がんばる私の家計ダイアリー
× スライドアドベンチャー マグキッド ※スライドコントローラ専用
× フェイスニングで表情豊かに印象アップ 大人のDS顔トレーニング ※フェイスニングスキャン専用

★ ドンキーコング ジャングルクライマー…U
× シータ
× ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊
× ポケモン不思議のダンジョン 闇の探検隊
× ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-
× タシテン たして10にする物語
× DS文学全集

★ マリオパーティDS…U
× 高速カードバトル カードヒーロー
× マリオ&ソニック AT 北京オリンピック
× ソーマブリンガー
× DS美文字トレーニング

★ ポケモンレンジャー バトナージ…U
× ぼくらはカセキホリダー
× ヘラクレスの栄光 魂の証明
× 大合奏!バンドブラザーズDX
× 伝説のスタフィー たいけつ!ダイール海賊団
× リズム天国ゴールド

★ ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣…U
× ポケットモンスター プラチナ
★ わがままファッション ガールズモード…U
× 歩いてわかる 生活リズムDS
× 星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
× 世界のごはん しゃべる!DS お料理ナビ
× DS占い生活
× マリオ&ルイージRPG3!!!

★ 立体ピクロス…U
★ ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊…U
× メイドイン俺
× トモダチコレクション
× おかえり!ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!
× いろづきチンクルの恋のバルーントリップ
× 日本経済新聞社監修 知らないままでは損をする「モノやお金のしくみ」DS
× ポケットモンスター ソウルシルバー
× ポケットモンスター ハートゴールド
× マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック

★ ゼルダの伝説 大地の汽笛…U
× ラストウィンドウ 真夜中の約束
× 大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション

★ ポケモンレンジャー 光の軌跡…U
× 絵心教室DS
× ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~
× ポケットモンスター ブラック
× ポケットモンスター ホワイト
× 黄金の太陽 漆黒なる夜明け
× スーパーカセキホリダー
× マリオvs.ドンキーコング 突撃!ミニランド
× えいごで旅する リトル・チャロ ※版権モノ
× バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS ※ニンテンドー ワイヤレスキーボード専用

★ あつめて!カービィ…U
× ポケモン+ノブナガの野望
× ポケットモンスター ブラック2
× ポケットモンスター ホワイト2


× ゲーム&ウオッチコレクション ※クラブニンテンドー特典
× ゲーム&ウオッチコレクション2 ※クラブニンテンドー特典
× チンクルのバルーンファイトDS ※クラブニンテンドー特典
× 絶叫戦士サケブレイン ※クラブニンテンドー特典



 ひょっとしたら、この記事を読んでいる人の中にも「ニンテンドーDSのソフトってバーチャルコンソールになっているの!?」と驚いた人もいるかも知れません。ほとんど話題になっているのを見かけませんし、私ですら「メトロイドプライム ハンターズとかスターフォックス コマンドとか、いつの間にバーチャルコンソールになっていたんだ!」と驚きました。

 んで、傾向として「どんなソフトがバーチャルコンソール化されているのか」を見ると、当時あれだけ隆盛を誇った“Touch!Generations”のソフトはほとんど選ばれていないのは言うまでもありませんが、「現役任天堂IPのソフト」がほとんどなのが分かってもらえるんじゃないでしょうか。
 マリオ、ゼルダ、ワリオ、カービィ、ヨッシー、ドンキー、どうぶつの森、メトロイド、スターフォックス、ファイアーエムブレム、ちょっとだけポケモン……ファミコンウォーズはちょっと微妙ですけど、どれも新作が作られたり作られそうだったりなソフトですよね。逆に、ゲームボーイアドバンス版はバーチャルコンソール化されている『スタフィー』なんかは選ばれていませんし、『チンクル』や『カスタムロボ』も選ばれていません。

 そう考えると、選ばれている『ガールズモード』は新作が仕込まれているのか?


 個人的には、そういう有名シリーズよりも単発で終わってしまったような作品こそバーチャルコンソールで再販売することで注目させてほしいんですけどね。『ソーマブリンガー』とか、『数陣タイセン』とか、『プロジェクトハッカー 覚醒』とか。CiNGのアドベンチャー3作なんかも、配信は難しいんですかねぇ。




【ニンテンドーDSiウェア】
× ニンテンドーDSiブラウザー
× うごくメモ帳
× 鳥とマメ
× 紙ヒコーキ
× ちょっとマジック大全 3つのシャッフルゲーム
× ちょっとマジック大全 ファニーフェイス
× ちょっとマジック大全 恐ろしい数字
× Art Styleシリーズ: AQUARIO
× Art Styleシリーズ: DECODE

△ ちょっとDr.MARIO ※ 色んな機種で出ていると言えば出ている…
× うつすメイド イン ワリオ
× ちょっとアソビ大全 おてがるトランプ
× 東北大学加齢医学研究所川島隆太教授監修 ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 文系編
× 東北大学加齢医学研究所川島隆太教授監修 ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 理系編
× ニンテンドーDSi時計 フォトスタンドタイプ
× ソリティアDSi 任天堂
× ほぼ日路線図 2009
× Art Styleシリーズ: PiCOPiCT
× Styleシリーズ: SOMNIUM
× ちょっとパネルでポン
× ちょっと数陣タイセン
× ちょっとアソビ大全 じっくりトランプ
× ニンテンドーDSi電卓 ファミコンマリオタイプ
× ニンテンドーDSi電卓 どうぶつの森タイプ
× Art Styleシリーズ: nalaku 任天堂
× Art Styleシリーズ: HACOLIFE
× ちょっとアソビ大全 おなじみテーブル
× ちょっとDS文学全集 世界の文学20
× 井出洋介の健康麻将DSi
× ニンテンドーDSi時計 ファミコンマリオタイプ
× ニンテンドーDSi時計 どうぶつの森タイプ
× ちょっとマジック大全 スキ・キライ発見器
× がんばる私のおさいふ応援団
× 囲んで消して ワクグミの時間
× くるくるアクション くるパチ6
× フォトスタンド付き バンブラDXラジオ
× ちょっとマジック大全 デート占い
× あつめる笑顔帳
× いつでもプリクラ☆キラデコプレミアム
× 東北大学加齢医学研究所川島隆太教授監修 ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 数独編
× どこでも Wiiの間
× ちょっとマジック大全 念写カメラ
× パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.1
× ポケットるるぶ東京
× ポケットるるぶ京都
× リズムで鍛える 新しいえいご漬け やさしい会話編
× できすぎチンクルパック
× リズムで鍛える 新しいえいご漬け ネイティブ会話編
× パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.2
× エレクトロプランクトン トレーピー
× エレクトロプランクトン ハネンボン
× エレクトロプランクトン ナノカープ
× エレクトロプランクトン ツリガネムシ
× ゲーム&ウオッチ ボール
× ゲーム&ウオッチ フラッグマン
× ゲーム&ウオッチ バーミン
× ゲーム&ウオッチ ジャッジ
× エレクトロプランクトン レックレック
× エレクトロプランクトン ヒカリノワ
× ゲーム&ウオッチ ヘルメット
× ゲーム&ウオッチ シェフ
× パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.3
× ポケットるるぶ北海道
× ポケットるるぶ沖縄
× カードヒーロー スピードバトルカスタム
× エレクトロプランクトン ルミナリアン
× エレクトロプランクトン タイヨウチョウ
× ゲーム&ウオッチ ドンキーコングJR.
× ゲーム&ウオッチ マリオズセメントファクトリー
× ゲーム&ウオッチ マンホール
× エレクトロプランクトン マリンスノー
× エレクトロプランクトン ボルボイス
× ニンテンドーDSiメトロノーム
× ニンテンドーDSi楽器チューナー
× あぁ無情 刹那
× 懸賞付 パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.4
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ1 すっきり小顔コース
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ2 ステキな笑顔コース
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ3 若々しい顔コース
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ4 目と口の健康コース
× 今日からはじめるフェイスニング 顔トレミニ5 顔のリフレッシュコース
× あそべる絵本 マインド テン
× 懸賞付 パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.5
× 睡眠記録 めざまし時計
× カメラもつかえる 日英仏独西伊まとめて単語翻訳辞典
× マリオvs.ドンキーコング ミニミニ再行進!
× ポケットるるぶ大阪 任天堂 123ブロック
× ポケットるるぶ横浜鎌倉
× 懸賞付 パズルいろいろ 月刊クロスワードハウス Vol.6
× Art Styleシリーズ: DIGIDRIVE
× パネル連結 3分ロケット
× わりと本格的 絵心教室 前期
× わりと本格的 絵心教室 後期
× 明鏡国語楽引辞典 任天堂
× あと何日? かぞえる ニンテンドーDSiカレンダー
× 回転イラストパズル ぐるぐるロジック
× かっぱ道
× 写真で格闘!フォトファイターX
× ポケットるるぶ神戸
× ポケットるるぶ名古屋
× ジーニアスパーソナル 英和楽引辞典
× ジーニアスパーソナル 和英楽引辞典
× リフレクトミサイル
× 燃やすパズル フレイムテイル
× ほぼ日路線図 2010 全国7エリア+新幹線マップ
× スターシップディフェンダー
× ポケットるるぶ箱根伊豆
× ポケットるるぶ信州
× 立体かくし絵 アッタコレダ
× 書いて覚える 英単語帳
× 書いて覚える 写真単語帳
× DSココロぬりえ
× ほぼ日の健康手帳
× つくってうたう さるバンド
× X-RETURNS
× カメラであそぶ 顔グライダー
× タッチで覚える百人一首 ちょっとDSi時雨殿
× スカイジャンパー ソル
× じぶんでつくる ニンテンドーDS ガイド
× ニンテンドー3DSへの引っ越し
× ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション

× 任天童子 ※クラブニンテンドー特典
× ファミコンウォーズDS 失われた光 ※クラブニンテンドー特典



 地獄のような時間だったぜ……(リストアップの手間という意味で)

 今このラインナップを見返すと「任天堂どうしたの?」と思われるかも知れませんが、ニンテンドーDSiの発売は2008年11月、iPhoneの日本上陸が2008年7月だということを踏まえると理由も分かってもらえるんじゃないでしょうか。

 ニンテンドーDSは当時世界中で大ヒットしている商品でしたから、普及台数から言えばスマホよりも上だったんですね。
 そのブランド力を活かして「スマホで出来ることはウチでも出来ますよ」と、実用的なアプリを次々と出していったのです。2017年の今そのラインナップを見ると「こんなのスマホでやればイイじゃん」と思われるかも知れませんが、2008年の段階ではまだ「スマホではなくDSiが天下を獲る未来」も十分にありえたんです。

 まぁ、そういう実用アプリを今バーチャルコンソールで出されても困りますが(笑)。
 実用アプリではないゲームに注目するとニンテンドーDSiウェアは数百円で遊べる傑作ぞろいの市場だったので、どうにかして次世代に引き継いでもらいたいなーと思っています。


【Wii】
※ 正確にはバーチャルコンソールではなく、Wii UのWii互換機能を使ったダウンロード販売なだけでバーチャルコンソールの機能は使えません。

× Wii Sports
★ おどるメイド イン ワリオ…U
× ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス ※Wii Uでリメイク作品が発売
× はじめてのWii
× ポケモンバトルレボリューション
× エキサイト トラック
× ファイアーエムブレム 暁の女神
× アイシールド21 フィールド最強の戦士たち ※ 版権モノ

★ スーパーペーパーマリオ…U
× Wiiでやわらかあたま塾
× ドンキーコング たるジェットレース
× マリオパーティ8
× FOREVER BLUE

★ マリオストライカーズ チャージド…U
★ スーパーマリオギャラクシー…U
× マリオ&ソニック AT 北京オリンピック
× Wii Fit
× 大乱闘スマッシュブラザーズX
× みんなの常識力テレビ
× メトロイドプライム3 コラプション
× マリオカートWii
× リンクのボウガントレーニング
× 突撃!!ファミコンウォーズVS

★ スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール…U
★ ワリオランドシェイク…U
× 零 月蝕の仮面
× キャプテン★レインボー
× DISASTER DAY OF CRISIS
× Wii Music
× 街へいこうよ どうぶつの森

★ Wiiであそぶ ドンキーコングジャングルビート…U
★ Wiiであそぶ ピクミン…U
× Wiiであそぶ マリオテニスGC
× アナザーコード: R 記憶の扉
× Wiiであそぶ メトロイドプライム

★ Wiiであそぶ ピクミン2…U
× タクトオブマジック
× Wiiであそぶ ちびロボ!
× Wiiであそぶ メトロイドプライム2 ダークエコーズ
× Wii Sports Resort

★ パンチアウト!!…U
× FOREVER BLUE 海の呼び声
× Wii Fit Plus

★ 罪と罰 宇宙の後継者…U
× マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック
★ New スーパーマリオブラザーズ Wii…U
★ ポケパークWii ~ピカチュウの大冒険~…U
× NHK紅白クイズ合戦
★ 斬撃のREGINLEIV…U
× 安藤ケンサク
★ スーパーマリオギャラクシー2…U
★ ゼノブレイド…U
× Wii Party
★ メトロイド アザーエム…U
★ 毛糸のカービィ…U
× スーパーマリオコレクション スペシャルパック
× たたいて弾む スーパースマッシュボール・プラス

★ MARIO SPORTS MIX…U
★ ドンキーコング リターンズ…U
× ラストストーリー
★ パンドラの塔 君のもとへ帰るまで…U
× ゴールデンアイ 007
× Wiiリモコンプラス バラエティパック

★ みんなのリズム天国…U
× ディズニー エピックミッキー ~ミッキーマウスと魔法の筆~
× JUST DANCE Wii

★ 星のカービィ Wii…U
× ポケパーク2 ~Beyond the World~
★ ゼルダの伝説 スカイウォードソード…U
× マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック
★ キキトリック…U
× マリオパーティ9
★ 零 眞紅の蝶…U
× 星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
× JUST DANCE Wii 2


★ エキサイト猛マシン…U


 Wii Uの「Wii互換機能」を使って遊ぶダウンロード版ですから、厳密にはバーチャルコンソールではありません。最近唐突に配信が始まったことで「Wii UじゃなくてNintendoSwitchで出せよ!」と言う人もいたんですけど、Wii Uは「Wii互換機能」があるから比較的簡単に出せるのに対して、NintendoSwitchだとリモコン操作からジョイコン操作に変える調整など“リメイク”が必要なんで同じようにはいかないと思います。

 こちらもラインナップを見てもらえれば分かりやすいですが、「現役任天堂IPのソフト」が中心ですね。『マリオカートWii』や『リンクのボウガントレーニング』が入っていないのは、コントローラに装着するタイプの周辺機器とセットで販売していたからですかね。
 残っている「現役任天堂IPのソフト」と言えば、『メトロイドプライム』シリーズは恐らく3DS版『メトロイド』の発売時期に合わせて展開されるのだと思いますし……『ポケパーク2』もその内に出そう。『Wiiであそぶ マリオテニスGC』も来そうかな、Wiiであそぶ マリオテニスGC(Wii Uダウンロード版)。『ファイアーエムブレム 暁の女神』はストーリーがつながっている前作が配信されていないからどうなるか……

 個人的には、『DISASTER DAY OF CRISIS』がニンテンドークリエイターズプログラム対象なので、配信されたら是非実況プレイで挑戦してみたいのですけど……配信されませんかねぇ。
 あと、『Wiiリモコンプラス バラエティパック』のゲームは複数のデベロッパーが競作という形で参加しているミニゲーム集なので当時気になっていたのだけど、もうリモコン買わなくてイイやという時期だからスルーしたんでした。安価にダウンロード販売してくれないかなぁ。



【Wiiウェア】
× Dr.MARIO & 細菌撲滅
× みんなのポケモン牧場
× みんなでパズループ
× 役満Wii 井出洋介の健康麻将
× 通信対局 早指将棋三段
× 通信対局 囲碁道場2700問
× 通信対局 ワールドチェス
× カタチのゲーム まるぼうしかく
× あそべる絵本 とびだスゴロク!
× きみとぼくと立体。

△ グーの惑星 ※フライハイワークスからNintendoSwitch版が発売されている
× あそぶメイドイン俺
× Art Style CUBELEO
× Art Style ORBITAL
× Art Style DIALHEX
× 乱戦!ポケモンスクランブル
× ポケモン不思議のダンジョン すすめ!炎の冒険団
× ポケモン不思議のダンジョン いくぞ!嵐の冒険団
× ポケモン不思議のダンジョン めざせ!光の冒険団
× ロックンロールクライマー
× 530エコシューター
× エキサイトバイク ワールドレース
× アクアリビング ~テレビでながめる魚たち~
× 盆栽バーバー
× ラインアタックヒーローズ
× すりぬけアナトウス
× ペンギン生活
× Art Styleシリーズ:Lightstream
× Art Styleシリーズ:PENTA TENTACLES

× Wiiでウルトラハンド ※クラブニンテンドー特典



 実用アプリも同じカテゴリで基本的に有料で販売していたDSiウェアとちがい、Wiiの場合は「実用ソフトはWiiチャンネル」「ゲームはWiiウェア」とカテゴリーを分けてくれていたので助かりました。Wiiチャンネルは……リスト化しなくてもイイですよね?再配信される可能性は限りなくゼロに近いですし。

 Wiiウェアが始まる前、どうしてこういうサービスを始めるのかの理由を当時の社長の岩田さんは「アイディア勝負の完全新作ソフト」が売れる土壌を作りたい―――と語っていました。なので、Wiiウェアって(ポケモンを除けば)任天堂IPのソフトが『Dr.マリオ』と『エキサイトバイク』くらいしか出ていないんですね。後はインターネット対戦対応のテーブルゲームか、完全新作ソフトか。

 Wiiが成し得なかった“革命”~その1.アイディア勝負のWiiウェア

 そういう理由でラインナップを見ても地味に見えるかも知れませんが、『きみとぼくと立体。』とか『あそべる絵本 とびだスゴロク!』とか、Nintendo Switchの「おすそ分けプレイ」に対応したら化けそうなソフトも結構あるんですよね。


ニンテンドープリペイド番号 5000円 [オンラインコード]ニンテンドープリペイド番号 5000円 [オンラインコード]

任天堂 2015-04-17
売り上げランキング : 42

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 リストは以上です。
 3DSやWii Uのソフトのリストはまだ作らなくてもイイですよね……?もうクッタクタなんで、これ以上続けたら死んでしまいます。


 次にリストを作るかも知れない4年後に向けたポイントを書いておくと……

・Nintendo Switchでバーチャルコンソールは始まらないのか?
・ニンテンドークラシックミニは第何弾まで出るのか?
・3DSの後継機(Nintendo Switchとは別のやつ)は出ているのか?
・Wii&Wii Uのダウンロード販売はまだ続いているのか?


 Wii Uもゲームキューブ同様シェア争いという視点で言えば「負けハード」なのは間違いないんですけど、Wii互換機能でWiiソフトはもちろんWii用バーチャルコンソールで販売されていたソフトが買って遊べるし、当然のことながらWii UソフトもWii U用バーチャルコンソールで販売されていたソフトも買って遊べるし……ソフトの数はむっちゃ多いんですよね。

 ただし、「ダウンロード販売のサービスが続いている限りは」って話ですが……
 Nintendo Switchでバーチャルコンソールが始まらない上に、WiiやWii Uのラインナップをそのまま持ってこられることもなさそうなことを考えると、なるべく長くWii&Wii Uのダウンロード販売のサービスが続いてほしいなぁと思います。これはPSのゲームアーカイブスもそうなんですけどね。「昔のゲームをいつでも買って遊べるサービス」が終わってしまったら、一つの文化が終わってしまうくらいの損失だと思うんですよ。


 あとは、ニンテンドークラシックミニがどうなっているのか。
 第1弾のファミコンが大ヒットして、第2弾のスーファミも反響は大きかったけれど、第3弾で素直に64に行くのか、もしくはまたファミコンを再販するのか(収録ソフトを変えた第3弾というのもありそう)、はたまたゲームボーイに行くのか、いっそのことゲーム&ウォッチに、いやいやアーケード時代の任天堂のソフトを集めるとか、もういっそのこと花札を売ろう!


任天堂 花札 都の花 黒任天堂 花札 都の花 黒

任天堂
売り上げランキング : 2039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:54 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームも麻雀も下手ながら『THEギャル麻雀』をクリアしました!【跡地】

6月24日~7月8日の間に、ニコニコ生放送でゲーム実況プレイを行い、『SIMPLE1500シリーズ Vol.88 THE ギャル麻雀 LoveSongs アイドルはハイレート』を最初から最後までプレイしました!




【現在、登録されている効果音コマンド】
・888888
・あはははははは!
・えい
・えー
・おおおおおお
・おめでとうございます
・お金が足りないよ
・がんばりましょう
・すごいすごい
・ドラゴン
・ひらめいた
・ファンファーレ
・ブザー
・ブブー
・ブラボー
・ホイッスル
・黄色い声
・歓声
・残念でした
・心臓
・誰か助けて
・爆発
・万歳


 ニコニコ生放送中にこれらの文字をコメントで打つと特殊効果音が鳴ります。効果音は無料効果音で遊ぼう!さんや効果音ラボさんで配布されているものを使わせてもらっています。


SIMPLE1500シリーズ Vol.88 THE ギャル麻雀~LoveSongs アイドルはハイレート~SIMPLE1500シリーズ Vol.88 THE ギャル麻雀~LoveSongs アイドルはハイレート~

D3PUBLISHER 2002-03-28
売り上げランキング : 32493

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この記事は「『THE ギャル麻雀』の告知用の記事」でした。

 ↓ログは格納しています。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム実況 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「恥をかいたキャラなどいない」のに感じる「共感性羞恥」問題

 ちょっと前の話になるんですけど……

 ニコニコ生放送で実況しながら『リンクの冒険』をプレイしている際、レベル上げの時間が暇だから「今季観ているアニメの話」をダラダラしていたことがありました。「今季」というのは、当時放送されていた春アニメのことです。そこでちょっと興味深いコメントがあって、それからしばらくそのことについて考えていました。


 『エロマンガ先生』のアニメ第1話で、「共感性羞恥」がつらくて視聴をやめてしまった―――

 こんなコメントでした。
 私は『エロマンガ先生』のアニメが大好きで、春アニメで一番好きだったくらいなのですが。私の好き嫌いを置いておいても、かなり意外だったんですね。
 『エロマンガ先生』ってものすごーーーーーくよく考えて「視聴者のストレスになること」を排除して作られている作品で、その意味では私は冬アニメの『けものフレンズ』と並び立つと思っているんですけど。その「居心地のイイ世界」が逆に耐えられなくてハマれないというのなら分かるんですが、「共感性羞恥」で耐えられなかったというのはすごい意外だったのです。


 「共感性羞恥」とは、
 昨年ネット上でも話題になりましたが、映画とかアニメとかで「キャラクターが恥をかくシーン」が耐えられない感情だそうです。

 例えば、同じ春アニメでも『月がきれい』第1話でファミレスで親同士が勝手に挨拶を始めちゃうシーンとか、第2話の運動会で失敗してしまうシーンとか……ああいうのはは「共感性羞恥」が発動されて「うわああああ」ってなってもしょうがないと思うんですね。
 『サクラクエスト』の序盤でも、主人公が飾りなだけの「国王」にさせられてどこに行っても邪険にされるのとか……「恥をかく」とはちょっとちがうかも知れませんが「耐えられない!」ってなってもおかしくはないと思うんですが。



 『エロマンガ先生』の場合はあんまりそういうことがないというか……
 そもそもあの作品のキャラ、基本的にずっと家にいるので「みんなの前で恥をかく」みたいのが起こらないと思ったのですが。第1話のニコ生のシーンが「共感性羞恥」としてつらかったそうなんですね。

 アニメ第1話のAパートまでの話なんで、ネタバレですけどまぁ内容は書いちゃおうと思います。気になる人は数行読み飛ばしてね。

・妹がニコニコ生放送(のようなもの)でお絵描き配信をしている
※ 顔はお面をかぶって隠している
→ 絵を描き終わって、配信を終了させたつもりが終了できていなかった
→ それに気がついていない妹は、カメラの前で着替えようと服を脱ぎ始める
→ それを見ていた兄は、「妹の裸が全世界に晒されてしまう!」と焦る
→ 急いで妹の部屋の前まで走って、ドアを叩いて、それに気づかせる
→ 無事に、全裸を晒すことなく配信を終了させる



 あれ?誰も「恥をかいて」いなくない?

 というのが、今日の記事のポイントです。
 妹は「危うく裸を全世界に晒すところ」でしたし、もしそのまま裸を晒していたのなら「恥をかく」どころか「公開羞恥プレイ」になっていましたが、兄のおかげですんでのところで食い止められました。
 “共感”ということで考えると、この段階での視聴者視点は兄の方にあるので、「このままじゃ妹の裸が全世界に晒されてしまう!」とあたふたする感情に共感してハラハラさせられる展開だと思うのですが……「ハラハラさせられる」のと「恥をかく」のとだとちょっと違うと思います。

 裸は見られていなくても、「ニコ生で失態をしてしまう」ことがそもそも恥なのだという考えもあるかも知れませんが……そもそもそのコメントを下さった人は私のゲーム実況を観ている人ですから、「下手すぎじゃね?」「どうして敵に当たりに行くの」「防御できるって知ってます?」みたいに言われまくる失態しかしていない私の放送に耐えられて、「配信を切り忘れる」くらいの失態が耐えられないとも思いませんし。


 ということで、思ったのです。
 「共感性羞恥」とは、「キャラクターが恥をかいているかどうか」と関係がないのでは??と。



 そう言えば、『エロマンガ先生』のアニメは(2017年7月5日現在)Amazonプライムビデオで全話配信されているので、この記事で興味を持った人はどうぞ!
 

 閑話休題。
 「共感性羞恥」について色々と検索してみたらこんな記事が出てきました。

 【いたたまれない気持ち】共感性羞恥はこっち側の問題でしかない

 「共感性羞恥」という言葉で広く知れ渡ってしまったけれど、最近では「観察者羞恥」と呼ぶことの方が多いといった記事は、この記事に限らずたくさん出てきました。その事例としてこの記事がすごく分かりやすかったので是非読んでほしいのですが、「共感性羞恥」という言葉だと「恥をかいている人に共感してしまう」と誤解してしまうのだけど、実際には「恥をかいている人」が存在しなくても起こるらしいんですね。

 それこそ、『エロマンガ先生』の例もそうです。
 当人達はアレをまったく「恥をかいた」とは思っていません。妹はその後もニコ生でお絵描き配信をしていますし、兄は「ファンと交流をとっててすごい!」とむしろ嬉しそうでした。

<以下、引用>
にもかかわらず、あなただけが恥ずかしくなったり、いたたまれなくなったりしていたのです。

共感しているつもりでも、実は共感なんて成立していないことが多いという事実を踏まえているのが、「観察者羞恥」です。

</ここまで>

 まさに観察者=私達の側が“勝手に”羞恥を覚えてしまう「観察者羞恥」ですよね。
 「共感性羞恥」という言葉だと「そんなに耐えられないようなシーンだったかなぁ」と思うのだけど、「観察者羞恥」という言葉なら「確かに人によってはアレが耐えられないのかも」と思えますし、どこから羞恥を覚えるのかという基準が人によってちがうことも納得できます。

 私は自分で配信する側なので、「ニコ生を切り忘れて家族に注意される」くらいは面白いハプニングだと思うのですが。視聴するだけの人なら、「ニコ生を切り忘れて家族に注意される」のはみっともない・いたたまれない・恥ずかしいことだ―――もっと言うと「もし自分がこんなことをしてしまったら耐えられない」みたいに考えてしまっても仕方がないと思うんですね。



 「何が耐えられないかは人それぞれだよねー」と言ってしまえば、元も子もないんですけど(笑)。
 難しいのはNG項目とちがって、「俺はコレが耐えられない!」というハッキリとした線引きが本人にも出来ないことなんですよね。「私は寝取られが耐えられない!」という人には、「この作品には寝取られがある/寝取られがない」と「0/1」で線引きが出来ますけど。
 「観察者羞恥」の場合は、その人が何に羞恥を感じるかは人それぞれなので線引きすることも出来ないというか。「この作品にはニコ生を切り忘れて家族に注意されるシーンがある/ない」と、いちいち挙げていくワケにもいきませんし(笑)。


パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)
井上 章一

朝日新聞社 2002-05-01
売り上げランキング : 196694

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:51 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニンテンドークラシックミニから読み取るバーチャルコンソールの今後

 任天堂は昨年の11月に発売した『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』(現在は一旦生産終了しています)に引き続いて、今年の10月に『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』を発売すると発表しました。

 ファミコンに続いて、スーパーファミコンが小さくなって再登場!

 この記事では『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』を「ミニファミコン」、『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』を「ミニスーファミ」と略させていただきます。ミニスーファミの収録作品は以下の21本です。

・『スーパーマリオワールド』
・『スーパーマリオカート』
・『スーパーマリオRPG』
・『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』
・『スーパーメトロイド』
・『星のカービィ スーパーデラックス』
・『スーパードンキーコング』
・『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』
・『F-ZERO』
・『スターフォックス』
・『スターフォックス2』
・『ファイアーエムブレム 紋章の謎』
・『パネルでポン』
・『ファイナルファンタジーVI』
・『聖剣伝説2』
・『超魔界村』
・『スーパーストリートファイターII』
・『ロックマンX』
・『魂斗羅スピリッツ』
・『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』
・『スーパーフォーメーションサッカー』


 ちなみに海外版だと『ファイアーエムブレム 紋章の謎』『パネルでポン』『スーパーストリートファイターII』『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』『スーパーフォーメーションサッカー』が収録されておらず、代わりに『カービィボウル』『MOTHER2 ギーグの逆襲』『スーパーパンチアウト!!』『ストリートファイターIIターボ』『悪魔城ドラキュラ』が収録されています。

 日本でしか発売されていない(海外向けにローカライズされていない)『紋章の謎』や、日本ではそんなにだけど海外では人気な『パンチアウト』などは分かるのだけど、それ以外は「なんであっちのが収録されていないんだ!」と揉めそうなラインナップですね。『ストII』のバージョンが違うのは何故なんでしょう?日本でのみキャミィの尻が人気だとか?



 さて、私は昨年の10月にこんな記事を書いていました。

 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が出た場合のラインナップを予想する!

 ミニファミコンが発表された段階で、スーパーファミコン版が出たらこんなカンジかなと予想した記事を書いていました。結論から言うとその予想はあまり当たっていなかったのですが、「外した部分」にこそ任天堂の狙いが見えるものなので、今日の記事はその「答え合わせ」と「そこから見える今後の予想」を語ろうと思います。



◇ ミニファミコンとミニスーファミの、戦略的な違い

 私の予想が当たらなかった根本的な理由なのですが……
 私は ミニファミコンと同じように「30タイトル」が収録されると想定してラインナップを選んでいました。ですが、実際のミニスーファミに収録されている作品は「21作品」です。作品数が違うのだから、当然ピタリと的中するワケがありませんよね。


 しかし、その「外した部分」にこそ鍵があるもので……
  ミニファミコンは30タイトル収録で、定価が5980円(税別)だったんですね。
 一方のミニスーファミは21タイトル収録で、定価が7980円(税別)です。


 収録タイトル数は減って、定価は上がっているのです。

 もちろんバーチャルコンソールで発売されているソフトであっても、ファミコンのソフトは大体500円でスーファミのソフトは大体800~900円ですから、スーファミのソフトの方が単価が高いのはおかしくはないのですが。
 ミニファミコンの1タイトルあたりの価格を計算してみると、5980/30=199.33333円。
 ミニスーファミの1タイトルあたりの価格を計算してみると、7980/21=380円。

 1タイトルあたりの価格が倍近くになっているのです。


 「何だよ、それじゃー今回はあまり売れないんじゃない?」と思われるかも知れませんが、逆に言えば「1タイトルあたりの価格を倍近くにしても売れる商品にする」ラインナップにしてきたとも言えます。それが“バーチャルコンソールでは販売していないソフト”達です。

 ミニファミコンの30タイトルは全て「Wiiや3DSやWii Uのバーチャルコンソールで配信済」のソフトでした。定番ソフトほど既にバーチャルコンソールに出ているものですし、恐らくですが移植にもそれほど手間がかからなかったんじゃないかと思います。
 だから、私はミニスーファミの収録タイトルも「バーチャルコンソールで配信済」のソフトばかりになるだろうと予想していたのですが……実際には『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』『スターフォックス』『スターフォックス2』『スーパーフォーメーションサッカー』という“バーチャルコンソールでは販売していないソフト”が収録されるそうです。

 その内、『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』『スターフォックス』『スターフォックス2』はROMカセットに特殊チップを搭載していた関係で、ダウンロード販売のバーチャルコンソールでは今まで出せなかったのですが、今回はその問題を解決させての収録になったそうです(ファミ通のインタビューによると特殊チップをそのまま搭載しているワケではないそうです。)
 しかも、『スターフォックス2』は当時スーパーファミコンでは発売されなかった幻のソフトです(※1)。「完成していたんかい!」というのもビックリなのですが、それを移植するというのは「既にバーチャルコンソールで出ているソフトの移植」よりも手間がかかりそうですから、定価も上がってしまいます。

(※1:詳しくは、3DS版『スターフォックス64 3D』の社長が訊くをお読みください。ちなみにここで宮本さんに「え?スターフォックス2知らんの?」と言われている天野さんが、後にディレクターとして『Splatoon』を作る人です)



 つまりですね。
 ミニファミコンは「安価なファンアイテム」として企画されたと思うんですね。宮本さんのインタビューを読むと、「フランスの開発会社からの企画」「最初は「こんなもの、いまさらやるの?」という感じからはじまった」「ファンアイテムとして、ゲーム機の形をそのまま再現することになった」「任天堂のゲーム機を持っていない人にも任天堂IPに触れてもらう戦略に合致した」といったカンジに商品化されたことが分かります。
 しかし、それが予想外の大ヒットになって、恐らく任天堂の中の人達も「いまさらこんなに売れるのか!」と驚いたことだと思います。需要に供給が追い付かないまま、生産終了になってしまいましたからね。この生産終了は「一旦」ということなのでいつかは再開するのかも知れませんが。

 それと比較するとミニスーファミは、「ある程度売れることを見越して」計画されていると思います。単なるファンアイテムでは収まらないようにバーチャルコンソールで配信されていないソフトも収録して、その分だけ定価も上がってしまうけれど、ミニファミコンの時よりも台数を揃えて発売日を迎えるということがファミ通のインタビューでも語られています。
 今回は任天堂にとって「利益が計算できる商品」「任天堂IPにとって重要な商品」として位置づけられて計画されているんじゃないかと思います。



◇ 重要なのは「任天堂IPに触れてもらうこと」

 それでは、昨年10月に私が予想した30タイトルの答え合わせをしようと思います。

【やまなしのTHE YOSOUした30本】
1.『スーパーマリオワールド』
→ ◎
2.『スーパーマリオカート』
→ ◎
3.『マリオのスーパーピクロス』
→ × 勝負に行って外しました
4.『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』
→ ◎
5.『スーパーメトロイド』
→ ◎
6.『星のカービィ スーパーデラックス』
→ ◎
7.『カービィボウル』
→ ○ 海外版に収録
8.『スーパードンキーコング』
→ ◎
9.『F-ZERO』
→ ◎
10.『ファイアーエムブレム 紋章の謎』
→ ◎
11.『MOTHER2 ギーグの逆襲』
→ ○ 海外版に収録
12.『パネルでポン』
→ ◎
13.『パイロットウィングス』
→ ×
14.『ファイナルファンタジーV』
→ △ FFシリーズで選ばれたのは『VI』でした
15.『聖剣伝説2』
→ ◎
16.『タクティクス・オウガ』
→ ×
17.『ダライアスツイン』
→ × シューティングゲーム枠はありませんでした
18.『かまいたちの夜』
→ × アドベンチャーゲーム枠はありませんでした
19.『真・女神転生』
→ ×
20.『超魔界村』
→ ◎
21.『ファイナルファイト2』
→ × カプコン枠の残りの1つは『ロックマンX』でした
22.『ストリートファイターII ターボ』
→ ○ 海外版に収録、日本版は『スーパーストII』でした
23.『悪魔城ドラキュラ』
→ ○ 海外版に収録
24.『魂斗羅スピリッツ』
→ ◎
25.『がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス』
→ △ ゴエモンシリーズで選ばれたのは『1』でした
26.『重装機兵ヴァルケン』
→ ×
27.『スーパーワギャンランド』
→ × バンナム作品は1つも収録されませんでしたね
28.『学校であった怖い話』
→ × アドベンチャーゲーム枠はありませんでした
29.『SUPER 信長の野望・全国版』
→ × シミュレーションゲーム枠はありませんでした
30.『くにおくんのドッジボールだよ全員集合!』
→ × スポーツゲーム枠は『スーパーフォーメーションサッカー』でした

 収録作品21作品の内、ピタリ的中したのは12作品、3作品が「シリーズの別作品」、予想できなかったのはバーチャルコンソールで配信されていない『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』『スターフォックス』『スターフォックス2』『スーパーフォーメーションサッカー』の4本と、『マリオRPG』と『ロックマンX』です。
 『超魔界村』か『ロックマンX』で悩んで『超魔界村』を選んだのですが、まさか両方入るとは……

 海外版に収録される5作品は、『パンチアウト』を除く4作品をピタリ的中。


 「バーチャルコンソールで配信されているソフトばかりが収録される」という予想は外しましたが、「任天堂IPを使ったソフトが多い」という予想は当たっていたと思います。マリオ、ゼルダ、カービィ、メトロイド、ドンキー、ファイアーエムブレム、F-ZERO、海外版にはMOTHER、パンチアウト……これらは全て『スマブラ』に参戦しているIPですし、予想外だったヨッシーやスターフォックスも『スマブラ』に参戦しているIPです。ストIIもそうですね(笑)。ロックマンは微妙だ……『X』も出てると言えば、出てるけど。

 「2人同時プレイ可能なソフトは重宝される」という予想も、サードメーカーのソフトはそういうソフトが選ばれている傾向がありました。日本版のサードメーカー作品8つの内、6作品が2人プレイが可能なゲームですから(『FFVI』を2人プレイ可能と言い切るのはアレですけど)。



 ミニファミコンにしろミニスーファミにしろ、この手の商品を買う動機づけは「昔遊んだ懐かしのあのゲームをもう一度遊びたい」だと思うんですが、「ついでにやったことのないソフトでも有名シリーズだからやってみよう」と初めて触れるきっかけにもなると思うんですね。
 『ブレスオブザワイルド』で初めてゼルダ遊んだけど、ミニスーファミ買ったきっかけに『神々のトライフォース』も遊んでみようかなとか。逆に、ミニスーファミで初めて『ヨッシーアイランド』を遊んだ人が、NintendoSwitchで出る『ヨッシー』最新作に興味を持つみたいなこともあるかも知れません。



 ちなみに、ミニスーファミに収録される任天堂ソフトのシリーズ最新作をチェックするとこんなカンジになります。

・マリオ
→ NintendoSwitchで10月に『スーパーマリオオデッセイ』が発売予定
・マリオカート
→ NintendoSwitchで5月に『マリオカート8DX』が発売
・マリオRPG
※ 直接的なシリーズというワケではないけれど
→ ニンテンドー3DSで秋に『マリオ&ルイージRPG1 DX』が発売予定
・ゼルダの伝説
→ NintendoSwitchで3月に『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』が発売
・メトロイド
→ ニンテンドー3DSで9月に『メトロイド サムスリターンズ』が発売予定
→ NintendoSwitchで『メトロイドプライム4』が発売予定
・星のカービィ
→ ニンテンドー3DSのDLソフトで7月に『カービィのすいこみ大作戦』が発売
→ Nintendo Switchで来年新作が発売予定
・ドンキーコング
→ Wii Uで2014年に『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が発売
※ 『マリオオデッセイ』にドンキーシリーズのキャラを彷彿とさせるネタが仕込まれているっぽい
・ヨッシー
→ Nintendo Switchで来年新作が発売予定
・F-ZERO
→ ゲームボーイアドバンスで2004年に『F-ZERO CLIMAX』が発売
・スターフォックス
→ Wii Uで2016年に『スターフォックス ゼロ』が発売
・ファイアーエムブレム
→ スマートデバイス用アプリで2月に『ファイアーエムブレムヒーローズ』が配信開始
→ Nintendo Switch/New3DSで9月に『ファイアーエムブレム無双』が発売予定
→ Nintendo Switchで来年新作が発売予定
・パネルでポン
→ ニンテンドーDSで2007年に『パネルでポンDS』が発売(機能限定のDSi版も配信)


 『F-ZERO』と『パネルでポン』を除けば、どれも現役のIPだと言えます。
 (海外版に収録されている『カービィボウル』『パンチアウト』『MOTHER』もしばらく新作の出ていないシリーズではありますが)


 過去作の利用は、「IPに触れてもらう」きっかけとしてはそれほどコストをかけずに出来る策です。
 最近Wii Uのダウンロード版でWiiのソフトが配信開始されて「なんで今更このタイミングで!?」と言われていましたが、ラインナップを見れば『ワリオ』『ドンキー』『ピクミン』『ピクミン2』と「現役IPの過去作」であることが分かります。『キキトリック』は知らん。この流れなら『メトロイド』も新作発売のタイミングで配信開始されると思われます。

 Wii Uのダウンロード版でWiiのソフト配信は、初期は『レギンレイヴ』や『罪と罰』『パンドラの塔』といった「売上的には成功しなかったゲーマー向けソフト」に陽の目を浴びせようというラインナップに思えましたが、後期は「人気IPを使ったソフト」がほとんどですからね。『FOREVER BLUE 海の呼び声』とか『DISASTER DAY OF CRISIS』とかも配信して欲しかったですけどね。


 特に『ピクミン』『ピクミン2』の配信は3DSで『Hey! ピクミン』が発売されるタイミングでの配信でしょうし、「ポイントの使い道がない!」と言われ続けているマイニンテンドーでも2014年に販売開始された『ピクミン ショートムービー』が比較的少ないポイント数で引き換えられるようになりました3DS版Wii U版)。
 先日の任天堂の株主総会・質疑応答でも、宮本さんがこの『ピクミン ショートムービー』を始めとして『スターフォックス』や『ヨッシー』のムービーに言及する場面があって(A7)、任天堂が意識している分野だと思うんですね。


 ミニスーファミのラインナップも、Wii Uのダウンロード版でのWiiのソフト配信も、マイニンテンドーでムービーを引き換えられるようになったのも、一貫して「過去作を利用して任天堂IPに触れる人を増やす」という戦略です。
 ということは……と、ようやく今日の本題である「バーチャルコンソールの今後」についてです。



◇ 「バーチャルコンソールの今後」はどうなる?

 ファミコンやスーファミなどの過去のゲーム機のソフトが最新機でダウンロード購入して遊べる「バーチャルコンソール」は、Wii、3DS、Wii Uと続いてきましたが……Nintendo Switchでは始まっていません。いつになったら始まるんだとやきもきして、私は「Nintendo Switchのバーチャルコンソールはいつ始まるのか」なんて記事を書いちゃったくらいなのですが。

 先ほども紹介した、任天堂の株主総会の質疑応答で見過ごせない話が出てきました。


<以下、引用>
Q9 「ニンテンドー3DS で、ゲームボーイアドバンス用ソフトのバーチャルコンソールが過去に配信されていたが、それらを一般販売することは考えていないのか。」

A9 上席執行役員 大和聡:
「ゲームボーイアドバンス用ソフトに限らず、バーチャルコンソールについては、当社でさまざまな活用方法を考えています。
(国内で 10 月に発売予定である)「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」もバーチャルコンソールの一種と考えていますし、これまでネットワークを使ってさまざまなプラットフォームで展開してきたソフトも同様です。
これらをパッケージやダウンロードカードで販売することも可能ですが、将来そのような商品を発売する場合にはビジネスモデルとして成立するか、十分な需要が存在するのかなど、そういう点の調査も含めた検討を進めて発売を決定していくべきものだと考えています。」

</ここまで>
※ 改行や強調など、一部引用者が手を加えました


 なんと!ミニスーファミもバーチャルコンソールだったのです!

 ここで気になるのは「ビジネスモデル」や「需要」についての言及があること。どうも今までの「1本ずつダウンロード販売」という形のバーチャルコンソールではあまり利益になっていないのかなぁという気がするんですね。
 ミニファミコン発売の際、私は「バーチャルコンソールで持ってるゲームが多いから買わなくてイイや」とスルーしたのですが、実際には大ヒットしましたし。ミニスーファミ発表の際、「『マリオRPG』懐かしい!買おう!」みたいな声を目にして、「WiiでもWii Uでもバーチャルコンソールで出ているのに……」と思いましたし。

 「1本ずつダウンロード販売」という形のバーチャルコンソールは10年以上続いてきましたが、まだまだそうしたサービスがあることを知らない人がいる&知っていても利用しない人がいる―――という象徴が、ミニファミコンやミニスーファミの反響なのかなと思うのです。

 これまで「1本ずつダウンロード販売」という形で道楽のように続いてきたバーチャルコンソールですが、任天堂が事業計画の中心として考えている「任天堂IPに触れる人を増やす」という戦略を考えると、これまでのように「知っている人だけが知っている」サービスに留まっていてはもったいないと考えて当然だと思うんですね。




 引用した部分で大和さんは「バーチャルコンソールをパッケージソフトとして展開する」ことに触れていますが、ゲームボーイアドバンスのファミコンミニを始めとして任天堂は過去に幾度かこうした商品を展開してきました。Wiiの時は『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』を発売して、収録作品は全てバーチャルコンソールで配信済のソフトに追加要素を加えたソフトでしたが20万本以上のヒットになっています。

 ソフトによっては「1本ずつダウンロード販売」するよりも、「まとめてパッケージソフトとして発売する」方が売れてしまうんじゃないかと思うのです。


 他社の商品で言えば、Wiiの『ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III』は40万本以上のヒットになりました。ファミコンとスーファミで発売したドラクエのロト三部作を5本収録した作品で、『ドラクエ』シリーズは権利料の関係でバーチャルコンソールに配信できないと言われていたのですが(※2)、500円のダウンロード販売は出来なくても5本セットにして4400円のパッケージソフトなら販売できたんですね。セットにしたパッケージ売りなら権利料も問題なくなるという。

(※2:『ドラクエ』シリーズはスマホでも販売されていますが、例えばスーファミ版がベースの『III』が1200円など全体的にバーチャルコンソールより価格が高めに設定されています。『I』だけは安いけど)

 商業的に成功したワケではありませんが、ファミコン・スーファミ時代のジャンプ作品のゲームを集めた3DSソフト『バンダイナムコゲームス PRESENTS Jレジェンド列伝』というソフトもありました。収録作品が9作品+1作品で、その内の5本が『ドラゴンボール』なら『ドラゴンボール列伝』という形で売れば良かったんじゃと思わなくもないですけど。

 版権もののソフトの場合、最新作に「過去作」を特典として付けて売るみたいな方法もありますよね。『ロストヒーローズ2』に『ヒーロー戦記』が付いてくるとか。これも権利料の問題で500円のダウンロード販売は出来ないのを、パッケージソフトにすれば大丈夫だったという例なのかなと。


 ミニスーファミに『ヨッシーアイランド』や『スターフォックス』や『スターフォックス2』が収録されるのも、これに似た話なんじゃないのかなと思うのです。こちらは権利料というよりも技術的な話ですが、800円のダウンロード販売はムリだったけど、7980円で本体ごと売るのならスーファミ用の特殊チップの再現も出来たからセットで売っちゃおうという。

 任天堂の公式発表では「バーチャルコンソールとは別」ということですが、Nintendo Switchのオンラインサービスを利用するために有料会員になった人だけが遊べる『クラシックゲームセレクション(仮称)』もコレに近いのかなと思います。
 オンライン対戦およびオンライン協力プレイを可能にしたら面白そうなソフトだけを集めて、それを有料会員の特典にする―――それを1本500円ずつのダウンロード販売にするより、セットにして特典にした方が触れる人が増えるだろうと。私としてはサードメーカーのソフトもチョイスして欲しかったですけど、「過去作を利用して任天堂IPに触れる人を増やす」という戦略を考えると任天堂IPのソフトが中心になるのかなと思いますね。




 これまで通りの「1本ずつダウンロード販売」という方法が完全になくなるかは分かりませんし、他の方法と併用する可能性は十分に高いと思うのですが……バーチャルコンソールも10年経って、従来通りの「1本ずつダウンロード販売」だけではない、次のビジネスモデルを模索する第二段階に入ったのかなと思います。

 それがミニファミコンだったりミニスーファミだったり、『クラシックゲームセレクション(仮称)』だったり、『ポケモン』みたいな大型タイトルだったらダウンロードカードも販売してTVCMもやってと大々的に取り上げることもあるでしょうが、とにかくこれまで通りの「1本ずつダウンロード販売」では届けられなかった人に届けるような展開をこれからはしていくことと思われます。


 バーチャルコンソールは「ドマイナーなソフトも同じ価格で1本ずつ売っている」ことに魅力があったと思うんで、「1本ずつダウンロード販売」の路線もなくしてほしくはないんですけどね。

 個人的には、オンライン対応した『クラシックゲームセレクション(仮称)』よりも、Nintendo Switchでおすそ分けプレイに向いた「2人対戦プレイ」「2人協力プレイ」可能なソフトだけを集めたソフトを「(アナログスティックではない)十字キーが使えるジョイコン」とセットで売って欲しいなぁと思います。収録作品は、『マリオブラザーズ』『バルーンファイト』『アイスクライマー』『ドクターマリオ』『マリオオープンゴルフ』『ダウンタウン熱血行進曲』『スーパーマリオカート』『星のカービィ スーパーデラックス』『カービィボウル』『スーパーストリートファイターII』『スーパーフォーメーションサッカー』……ミニファミコンやミニスーファミと被っちゃいますね(笑)。


大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

任天堂 2014-12-06
売り上げランキング : 233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:48 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この積みは明日への希望!

 ちょっと自分を見つめなおしたくなるツイートでした。


 私には、「買ったけどまだ読んでいない本」がたくさんあります。
 紙の本もたくさんありますし、電子書籍もたくさんありますし、紙の本を自炊して電子化したものもあります。紙の本の積み本はもう「どの本を読んで、どの本を読んでいないのか」さえも分からなくなっているので数えられませんが、積み電子書籍は現在240冊、自炊してまだ読んでいない本は現在29冊でした。

 私には「買ったけどクリアしていないゲーム」、積みゲーもたくさんあります。
 現在のところ69本です。一時期は80本を超えていたことを考えると、これでも随分減りました。

 「テレビで放送していたから録画しておいた映画」、積み映画もあります。
 これも一時期はハードディスクを圧迫していたのですが、『Wii Fit』をしながら観まくって現在は4本まで減りました。が、Amazonプライム会員になったことで「プライムビデオで観られる観たい映画」をリストアップし始めたらキリがなくて、これもある意味で積み映画と言えるのかも知れません。



 私はこれらを「早く読まなきゃ」「早く遊ばなきゃ」「早く観なきゃ」と、積み本・積みゲー・積み映画を「0にしなければならない」というプレッシャーの元に「作業のように消化している」感覚になってしまっていたところもあったのですが……椎名先生のツイートを読んで、ハッとしました。

 “「いつか作ることもできる」「その楽しい時間も詰まっている」箱”

 自分が本を買ったのも、ゲームを買ったのも、映画を録画したりリストアップしたりしたのも、「いつか読みたい」「いつか遊びたい」「いつか観たい」と思ったからなのです。その「いつか」は今すぐではないかも知れないけれど、それまでの間「楽しみだな」と思っていられるために買ったり録画したりリストアップしたりしたのです。


 言ってしまえば、
 「これからの自分」が、「いつかアレを読むために今を頑張ろう」と思える糧なのです。


 よく「そんなに積みゲーあっていつ遊ぶの?」「定年後にでも……」「その頃にはもっとすごいゲームがいっぱい出てるんじゃない?」みたいなネタがありますけど、「遊びたいゲームがある」からつらいつらい仕事も定年まで頑張れるのだし、そうした希望がなければ仕事なんて続けられないということだと思うんですね。

 「積み」とは、明日を生きようとする私達の希望なのです。



 なんだか、「現世でどんなにつらいことがあっても死後に私達は救済される」みたいな話になってきましたが……信じる神も信じる宗教もない人にとっては、「本を読む時間」や「ゲームを遊ぶ時間」こそが唯一無二の救済だったりするのだから、実は結構近いものなのかも知れませんね。

 そう言えば、「積み本」や「積みゲー」や「積み映画」を崩して読んだり遊んだり観たりする場合、“一番楽しみな作品”は敢えて後回しにしたりすることがあります。
 いや、もちろん積んでいる作品はどれも「楽しみ!」と思って積んでいるんですけど、その中にも期待値の差はあって、“一番楽しみな作品”がなくなっちゃうと「明日から何を楽しみに生きればイイんだろう」となってしまいます。だから、「絶対これは自分にハマるはず!」という作品は敢えて積んだままにするのです。


 アニメの最終回だけ観ない人とかもいますよね。
 すっごい大好きなアニメだったから、全部観るのがイヤで「最終回だけとっておく」人。

 私は「そんなことしたら内容忘れちゃうじゃん」と思うのですが(笑)。
 意味合いとしては、「“一番楽しみな作品”は敢えてとっておく」私のそれと一緒なんだと思います。



 しかし、制作者サイドからすれば「なんじゃそりゃ」って思われちゃいそうですよね。
 例えば何かの拍子に、私が“一番楽しみな作品”として積んでいる漫画や小説の作者さんに会うことがあったとして……

やま「○○先生!私、アナタの本を全巻持っています!」
○○「そうなんですか!どのシーンが好きでした?」
やま「いや、読んではいないんですよ」
○○「えっ」
やま「読んではいないんですけど、アナタの本を読むのを楽しみに生きています」
○○「えっ」
やま「アナタの本があるから私は生きていられるのです」
○○「読んだことないのに?」


 作者さんからすれば「さっさと読めよ!」と思われることでしょう(笑)。
 でも、「まだ読んでいない」からこその楽しさってあると思うんですね。


[まとめ買い] 絶対可憐チルドレン(少年サンデーコミックス)[まとめ買い] 絶対可憐チルドレン(少年サンデーコミックス)
椎名高志


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |