FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アニメを「観るかどうか」決める際に、事前に知りたい情報は何ですか?

 今季のアニメでものっすごく推している『プリンセス・プリンシパル』について、Twitterのフォロワーさんと「自分のタイムラインには話題にしている人がほとんどいないんですよね……」というような話をしていました。

pripri7.jpg
<画像はテレビアニメ『プリンセス・プリンシパル』第7話より引用>


 私のタイムラインでこの作品の話を熱心にしているのは、私を除けば2人……くらい。特に話題にはしていないけど観ていることは明言している人が更にもう2人くらい。
 もちろん「観てはいるけどそれを明言していない人」とか「観たけどハマらずに脱落した人」もいるのかも知れませんが、それにしても母数が少なすぎです。こんなに面白い作品で、私は毎週大絶賛していて、少しでも観てくれる人が増えたらイイなとこんな記事も書いていて、それなのに観てくれる人が全然増えやしねえ!!


 いや、別に私と縁もゆかりもない人達に「面白いよ!」が届かないのは仕方がないんですよ。でも、このブログを読んでくれている人や私のTwitterをフォローしてくれている人というのはある程度は「私の発言」に興味があるという人だと思うんですよ。そういう人でも、私があんだけ頻繁に「『プリンセス・プリンシパル』超面白い!みんな観ようぜ!」と言っても観る気にならないというのは、ひょっとしてみんな「面白い作品」なんて求めていないのか……?


 みんな「アニメになんか興味がない」というワケでもなくて、『けものフレンズ』がリアルタイムに放送していた時は「こんなに話題になっているんだから面白いかどうかは分からないけどとりあえず観てみよう」と観始めた人が多かったので……「やまなしが面白いと言っている」よりも、「みんなが話題にしている」の方が100万倍効果があるんだと痛感させられます。




 まぁ……現在の私にそれだけの普及力というか布教力がないのは、もう現実なので受け入れるとして。私が考えるべきは、「これから」です。
 面白い作品を「面白い!」と言うことで、その作品に触れる人が増えて、そこで「面白い!」と思ってもらえたなら……世の中はもっと幸せになるんじゃないかと思って、私はブログやTwitterやゲーム実況をしてきました。しかし、「面白い!」と言うだけじゃ人はなかなか興味を持ってくれないんですね。


 私は3ヶ月に1回、新アニメが始まる前に必ず「自分が観てみようと思った作品」を7つ挙げるという記事を書いています。これは「アニメに触れる人がもっと増えて欲しい」という思いを込めて2013年からずっと続けている活動なんですが、『プリンセス・プリンシパル』もこの7本の中にしっかり入れていたんですね。

 でも、私のタイムラインでは4人しか観ていません。
 放送開始前からプッシュしていて、放送開始後は毎週のように大絶賛していて、一挙配信があるたびに「みんなも観るんだ!」と叫んでいて、ブログでも何度も話題にしているのですが……4人しか観ていません。

 逆に考えると、そういった記事に「自分も観てみようかな」と思わせるだけのプレゼン能力がなかったとも言えるんですね。放送開始前だから仕方がないんですけど、私が6月に書いた「7つ挙げる記事」の『プリンセス・プリンシパル』の部分を読み返しても、実際の『プリンセス・プリンシパル』の面白さの0.1%も伝えられていないと思いますもの!





 ということで、みなさん。
 “アニメを「観るかどうか」決める際に、事前に知りたい情報は何ですか?”

 もっと噛み砕いて言うと、何があれば「そのアニメを観よう」と考えてくれますか?
 今後私が「自分が観てみようと思った作品」を7つ挙げるという記事を書くときにも、面白いと思ったアニメを紹介しようとしたときにも、どこでプッシュすれば伝わるのかを知りたいのです。



1.「みんなの話題になっているから」そのアニメを観る
 先ほど挙げた『けものフレンズ』だけでなく、『まどか☆マギカ』だって『涼宮ハルヒ』だって、もっと昔に戻れば『エヴァ』だって、「みんなの話題になっているから」普段はアニメを観ない人も観て大ヒットになっていきました。別にアニメに限ったことじゃなくて、日本人は特に「みんなが話題にしていることを自分だけが知らない」ってのを嫌がりますもんね。

 これからは私一人が「私が面白いと思う!」と言うだけでなく、「これがこんな風に話題になっているよ!」「来季のアニメはこれが話題になると思うよ!」と書いていった方が注目はしてもらえるかなぁと思いました。


 しかし、それ……裏を返せば、私一人の力ではどうしようもないってことですよね。
 そして、最も重要なことに―――「既に話題になっているもの」は、別に私が「話題になっているよ!みんなも観てね!」と言わなくてもみんな観るでしょうから、特に私が書く必要もないんですよね。



2.「どこで観られるのか」が分かればそのアニメを観る
 「話題になっている作品なら観てもらえる」けれど、しかし悔しいことに『プリンセス・プリンシパル』はそれほど大きな話題にはなっていないと思われます。私のタイムラインで4人しか観ていないくらいなので。
 どうしてこんなに面白い『プリンセス・プリンシパル』がそれほど話題になっていないかというと……放送・配信に結構なタイムラグがあるというのが大きいのかなーと思います。

 公式サイトのオンエア情報から、初回の放送日時をコピペしてみます。

・TOKYO MX 7月9日より 毎週日曜日 23:00~
・KBS京都 7月9日より 毎週日曜日 23:30~
・サンテレビ 7月9日より 毎週日曜日 25:00~
・BS11 7月11日より 毎週火曜日 24:30~
・AT-X 7月14日より 毎週金曜日 20:00~
・ニコニコ生放送 7月16日より 毎週日曜日 22:30~


 「TOKYO MX」「KBS京都」「サンテレビ」は(ちょっと時間はズレていますが)同じ日に放送ですが、それらの局が映らない地域で観られる「BS11」は2日遅れ、熱心なアニメファンが多い「AT-X」は5日遅れ、無料で観られる唯一のネット配信である「ニコ生」は1週間遅れ―――と、放送されるタイミングにズレがあるので話題も分散しやすいんですね。
 特に「ニコ生」勢からすれば、「1話面白かった!」と感想を語りたいのに、自分が1話を観終わったタイミングで「TOKYO MX」勢は2話の実況を始めているワケで……

 『涼宮ハルヒ』や『まどか☆マギカ』の時代はこの「タイムラグ」がむしろプラス効果になっていて、「昨日チバテレビで放送された『涼宮ハルヒ』ってアニメがすごい話題みたいだから、今日のTVKの放送で自分も観てみよう」ということも起こったんですけど……最近は「全部の局で同時放送」とか「ネット配信もその日の内に行われる」みたいな作品の方が、Twitterなんかでは話題になりますよね。



 また、最近のネット配信のトレンドでもある「見放題」に入っていないと、「『プリンセス・プリンシパル』って超面白いアニメがあるらしいんだけど自分も観てみよう」と後から追いかけられないというのもあるのかと思います。


 そのために「一挙配信」なんてことをやっているのですけど、なかなかそれが認知されていないのが……
 明日(火曜日)までは7話まで「見放題」ですよ!「7話までなんて観る時間がないよー」という人は、とりあえず「5話」だけでも観てください!どうせ時間軸がシャッフルされているので、どこから観たってそんなに問題はない!大河内先生もそうおっしゃっていた!




 ちょっと私の「これから」の話に戻りますが……
 私が書いている「自分が観てみようと思った作品」を7つ挙げるという記事には、どこのネット配信で観られるのかを書いていないんですね。この理由はシンプルで、私がその記事を書くころにはまだ各ネット配信サイトが「どのアニメを配信するのか」を発表してくれていないからなんですが……

 「どこで観られるのか」が分からなければ、どんなに私が「面白いよ!」と叫んでいても、わざわざ自分で「どこで観られるのか」を調べる気にならないでしょうし――――せめて自分がプッシュしている作品だけでも、どこの配信サイトで観られるのかをまとめる記事を書いた方がイイかもなぁと思いました。昔、全作品を表にしていた時期もあるんですけど、あれは死ぬほど大変だった割に情報量が多すぎて使ってくれる人がいなくて辞めちゃったので。「自分がプッシュしている作品だけ」と限定して復活させるかなぁと。



3.「誰が作っているのか」が分かればそのアニメを観る
 私が「『プリンセス・プリンシパル』超面白い!みんな観ようぜ!」と言っても誰も観てくれない一方で、私と同じように『プリンセス・プリンシパル』が大好きな人が「『ガルパン』作ってたアクタスの新作ですよー」と言って「そうなんですか!面白そうですね!」と言われているのを見かけました。

 実際には『プリンセス・プリンシパル』はStudio 3Hzとアクタスの共同制作で、どのくらいの役割分担をしているのかは一ファンには分からないので私はあまり言及しなかったんですけど……「『○○』作ってた◇◇の新作ですよー」というのは、『○○』のファンにも届くでしょうし、『○○』って聞いたことはあるなって人にも届くでしょうし、もっと積極的に言っていけば良かったなと思います。


 『プリンセス・プリンシパル』のスタッフの過去作品はザッとこんなカンジ。

アニメーション制作:Studio 3Hz
 『天体のメソッド』
 『フリップフラッパーズ』
アニメーション制作:アクタス
 『ガールズ&パンツァー』
 『レガリア The Three Sacred Stars』
 『ろんぐらいだぁす!』
監督:橘正紀
 『東京マグニチュード8.0』
 『ばらかもん』
シリーズ構成・脚本:大河内一楼
 『OVERMANキングゲイナー』
 『あずまんが大王』
 『プラネテス』
 『コードギアス 反逆のルルーシュ』
 『甲鉄城のカバネリ』
キャラクター原案:黒星紅白
 ・小説『キノの旅』シリーズ・イラスト
 ・ゲーム『サモンナイト』シリーズ・キャラクターデザイン(飯塚武史名義)
 『世界征服~謀略のズヴィズダー~』
 『ポッピンQ』
音楽:梶浦由記
 ・Kalafinaのプロデュース
 ・ドラマ『花子とアン』
 『舞-HiME』
 『ツバサ・クロニクル』
 『空の境界』
 『魔法少女まどか☆マギカ』
 『Fate/Zero』
 『ソードアート・オンライン』
 『僕だけがいない街』


 敬称略。
 言うまでもなく「豪華スタッフ」だったワケですよ。
 しかし、「豪華スタッフ」を売りにしたアニメって当たり外れが激しいので、放送が始まるまではあまりそこに触れられませんでした。でも、一人でも多くの人の興味を引くためには「『ばらかもん』の監督の新作アニメだよ」とか「『コードギアス』の脚本書いていた人の新作アニメだよ」とか「『キノの旅』の人がキャラ原案やっているんだよ」とか言っておいた方がイメージがつかめたかもって思うんですね。

 「『ばらかもん』の監督の新作アニメだよ」で、『プリンセス・プリンシパル』が出てくるのはどうかと思うけど……(笑)。
 でも、小さい子どもの動きがかわいい。ロリコン的な意味じゃなくて―――というのは通じるものがあるか。あるか?7話の洗濯工場回の牧歌的な雰囲気は、一番『ばらかもん』っぽいかも知れない。『ばらかもん』好きだった人は、一挙配信をやっている間に「7話」だけでも観ましょう!



 後は、これは一長一短あると思うので悩むところですが……「声優さん」で推すというのも、詳しい人には興味を引くかも知れませんね。
 私はあんまり「声優さんで作品を選ぶ」ことはしないんですけど、最近の深夜アニメは「声優さんが番宣のためにラジオやニコ生をやる」「ブルーレイディスクに声優さんが出演する特別イベントの先行申し込み券が入っている」ことから分かるように、言っちゃえば作品の顔を「声優さん」が担っているところはありますからね。


プリンセス・プリンシパル I (特装限定版) [Blu-ray]プリンセス・プリンシパル I (特装限定版) [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2017-09-27
売り上げランキング : 41

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「アニメ」を薦めるのって、「漫画」や「ゲーム」を薦めるのに比べれば、放送・配信されている期間ならば「お金を払わなくても観ることが出来る」分だけ多くの人に届くかなとかつては思っていました。


 しかし、「やまなしさんが薦めていたんで観ましたよー・読みましたよー・遊びましたよー」と言ってもらえる率で言うと、最近では「漫画」>>>>「ゲーム」>>>「アニメ」くらいの比率になってきました。「アニメ」って、実は薦められたから自分も観てみようと考えるハードルが恐ろしく高いメディアなのかなと……

 毎週30分、1話ずつ放送なり配信なりに時間が拘束されるというのは―――それをライフサイクルにしている人にしか難しくて、そうでない人は「みんなが話題にしている」みたいな祭り感がないとする気にならなくて。
 逆にアニメを観ることをライフサイクルにしている人にとっては、「○○面白いよ!」と言われても「自分が観ている作品だけで手一杯でそんな時間ないよ!」と思われてしまって。



 そういや昔、「どんなに面白いと言われても、好きな漫画が原作のアニメ以外は観る気にならない」と言われたことがあって……それじゃあもう何をどう書いても無駄だよねと。冒頭に書いた“ひょっとしてみんな「面白い作品」なんて求めていないのか……?”というのは、当たらずも遠からずなんじゃないかなと。


 うーん……
 このまま「今まで通り」を続けても同じことの繰り返しだと思うので、とりあえず私が3ヶ月に1回書いている“新アニメが始まる前に「自分が観てみようと思った作品」を7つ挙げる記事”にどういう情報があったらうれしいのか意見をもらえるとありがたいです。


TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』EDテーマ「A Page of My Story」TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』EDテーマ「A Page of My Story」
Konnie Aoki プリンセス(関根明良),ドロシー(大地葉),ベアトリス(影山灯),ちせ(古木のぞみ) アンジェ(今村彩夏)

ランティス 2017-08-01
売り上げランキング : 420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:52 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |