やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

エロ同人誌を描いている人ってすごい!

 なんだか無性に、あーエロ同人誌を描いてみたいー、ただただ純粋にエロだけのためのエロ漫画を描きたいーと思うときがあります。大体そういう時は「自分の好み100%のエロ漫画がこの世にないのなら、俺自身の手で描き上げるべきだろ」みたいな時なのですが。

 自分の画力じゃなーとか、自分の絵柄じゃエロく見えないしなーとか、ぶっちゃけ需要もないだろうしなーとか、そもそも一次創作は厳しいだろうなーとか、そんな時間があるのなら他にしなきゃいけないことがたくさんあるよなーとか、色々考えて行動には移さないで終わってしまいます。


 逆に考えると、実際にエロ同人誌を作っている人達はこういうの全部飛び越えているってことですもんね。すげーなぁと思います。

 もちろんもちろん、エロに限らず創作活動なんて全部そうなのかも知れないとは思うんですね。でも、エロは更に一段階高いハードルがあるじゃないですか。「絵は自信ないからストーリーで勝負します」とか言えないし、絵柄が合わなかったら手に取ってももらえないし……何より「僕はこれがエロイと思います!」という、自分の一番大切な秘密をさらけ出さなきゃならんワケじゃないですか。


 「いやいや、やまなしさんがエロ同人誌を描くのなら興味ありますよ!どんな内容だって読みたいですよ!」と言ってくださる人もいらっしゃるかも知れませんが、本当に私が描きたいエロ同人誌―――例えば、女のコが気持ち悪い怪物に丸呑みにされた後、怪物の胃の中で少しずつ体が溶かされていることに悲鳴をあげて足掻くんだけど最後まで脱出することが出来ないのがエロイと思うから、そういうのを描きたいんだよねと私が言った場合―――みなさん、どん引きしない自信あります?

 どん引きされるとか、「それはちょっと買えませんね……」と言われるくらいならまだマシな方で。下手したら「女のコをそういう目に合わせて喜ぶだなんて女性をモノとしか見ていない差別主義者だ!」とか、「自分が怪物になって女性を殺害したいという願望を持った犯罪者予備軍だ!」とか、「今すぐカウンセリングを受けろ!」とか……
 「こんな作品は良くない!」じゃなくて「こんな作品を描く作者は良くない!」と、ただただ私の好感度が下がるだけの可能性もあるじゃないですか。それだったら他の活動にも支障が出てしまうワケで。



 ヲタクじゃない一般人の場合、男だけで集まってエロ話をする時の「好きなエロビデオのジャンル」とかでもなかなかさらけ出せずに無難なところを挙げたりするものですよ。本当は「女子校生のリアルな援交モノ」が好きだったとしても、「まぁ…髪の毛のキレイな女優さんだったらイイかな」みたいな曖昧なことを言ったりしやがるんですよ!

 一方、エロ同人誌を書いている人なんて「俺はこれが好きだ!」とカミングアウトするだけじゃなくて、「俺はこれが好きだからオマエらも見ろ!」と見せつけるために睡眠時間を削って作品を仕上げてくれる上に……コミケみたいな即売会に出る場合は、対面で頒布するワケじゃないですか。私が福袋開封する配信で使っているみたいな覆面は被っちゃいけないのでしょ。「怪物の胃の中で溶けていく女のコが好きな作者はこんな顔してるのか……」とバレてしまうワケでしょ。

 勇気と技術と根性とコミュ力が、全部ないと出来ないことだと思うんですね。


 同人活動をしていない人の中には、「儲かるからやるんでしょ?」みたいに思う人もいるかも知れません。確かに超大手の人達が「続ける理由」にはそれもあるかもですが……大多数の人達は「儲かるどころか」って話でしょうし、超大手の人達だって最初は小規模なところから始まったのでしょうし。


 例えば、これが商業エロ漫画だったらまたちょっとちがうと思うんですよ。
 雑誌のカラーだとか、読者の人気だとかを意識して、編集の意見なんかも反映されて、「商品」としてしっかりパッケージングされたものとして出てくるから「作者の好み」だけではないと思います。仮に「怪物の胃の中で溶けていく女のコ」が出てくるエロ漫画があっても、「そういう人に向けた雑誌だから作者もこれを描かされているんだな」と思えるじゃないですか。

 でも、同人は「作者の好み」じゃないですか。
 「怪物の胃の中で溶けていく女のコ」が出てくる漫画があったら、「作者がこういうのが好きでこういうのを描きたくて仕方ないんだな」と思われちゃうじゃないですか。言い訳できないんですよ。



 エロ同人誌を描いている人達って本当にすごいですし、感謝しなきゃなーって思いますね。「自分の好み100%のエロ漫画がこの世にない」とか文句言っちゃいけませんね。誰だ、そんな失礼なことを言っていたのは!

 あと、どうでもイイ話ですが、この記事がこのブログの2400記事目だそうです。区切りの記事がこれ。


デジタル同人誌の作り方―「本作りのノウハウ」から「イベントの作法」「配本のテクニック」まで (I・O BOOKS)デジタル同人誌の作り方―「本作りのノウハウ」から「イベントの作法」「配本のテクニック」まで (I・O BOOKS)
宮下 てるあき

工学社 2012-10-01
売り上げランキング : 177340

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:49 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |