やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』と、これからの展開にワクワクしています

 今年の9月から有料化されるNintendo Switchのオンラインサービスがとうとう発表されました。

 Nintendo Switch Online

 トピックスとしては「セーブデータをクラウドに保存してくれるっぽい」サービスが話題なのですが、私としてはついこないだ話題にしたこともあって「有料会員の期間中ずっと『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』を遊ぶことが出来る」というサービスに注目しました。


 このサービスは以前から『クラシックゲームセレクション(仮称)』という名前で予告されていたのですが、事前に告知されていた「ファミコンやスーパーファミコンなどのソフト」という情報や、ところどころのインタビューなどから推測されていた「ラインナップは定期的に入れ替わる」「ラインナップから外れたソフトも気に入ったソフトなら購入することが出来る」という形からはちょっと変わりましたね。

 「ラインナップは増え続ける」「有料会員である限りはずっと遊ぶことができる」ということは、ここだけ見たらプラス面しかないように見えるのですが……1ソフトごとに購入するバーチャルコンソールという形は行わないと最後通告を言われたみたいで、ちょっと寂しい気もします。
 もちろん『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』という名前ですから、スーファミ以降のソフトはバーチャルコンソールで販売することもあるかも知れませんし、何年も続いたら『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』というソフトを出してくる可能性もありますけど……その辺は恐らく市場の手応えを見て決めていくのかなぁと思います。



 さてさて、正式スタートの9月には20本が揃うらしいのですが、とりあえず発表されているのは以下の10本です。

・アイスクライマー
・サッカー
・スーパーマリオブラザーズ
・スーパーマリオブラザーズ3
・ゼルダの伝説
・テニス
・ドクターマリオ
・ドンキーコング
・バルーンファイト
・マリオブラザーズ

 「ほぼ持ってるわ!」という声が聞こえてきそうなラインナップですね(笑)。
 私も、バーチャルコンソールやROMカセット、Wiiウェア版なども含めると持っていないのは……『サッカー』と『テニス』だけかな。2018年にわざわざこの2本を一人で遊ぶ気はない!


 ただ、私が持っているバーチャルコンソールやROMカセット、Wiiウェア版は外に持ち運ぶことが出来ません。Nintendo Switchならもちろん本体をどこにでも持ち運べますから、例えばNintendo Switchのソフトを『ゼルダ』とか『Splatoon2』しか買っていなくて「おすそ分けプレイで友達と一緒に遊べるゲーム」を持っていない人でも、移動中とか行列待ちのときに友達と「ちょっとこれで時間つぶす?」と使えると考えるなら良いラインナップだと思います。
 わざわざファミコンの『サッカー』を500円出して買う気にはならないけど、有料会員のついでに付いてくるなら友達と「ちょっと遊ぶ」のに使えそうですし。


 また……今回の目玉に、「オンライン機能なんてなかったファミコンのゲームがオンラインで楽しめる」というものがあるのですが。単に2人協力プレイや2人対戦プレイがオンライン越しで遊べるだけではありません。

 このページの最後の文章によれば……

<以下、引用>
 フレンドとオンラインにつなげれば、画面を共有しながら対戦や協力プレイができます。
 1P/2Pを入れ替えることもでき、1人用のゲームでも、交代しながらプレイできます。
 また、スマートフォン向けアプリ「Nintendo Switch Online」を使用すればボイスチャットも。

<ここまで>
※ 改行や強調など引用者が一部手を加えました

 「ここの面、難しくてどうしてもクリアできない。代わりにクリアして」ということが出来るのです!
 PS4のシェアプレイみたいなカンジですね。PS4のシェアプレイってあんまり話題になっているのを見かけないんですけど、私はこれ神機能だと思うんですよ。なんせ、自分でクリアしなくてもフレンドの人にクリアしてもらえるのですよ!ゲームを自分でクリアしなければならない時代は終わったんだ!

 もしこの機能がもう数年早かったら……
 2年前にニコ生で挑戦した『ゼルダの伝説』では「誰か、俺の代わりにLEVEL6ダンジョンをクリアしてくれ!」とお願いできたろうし、1年前にニコ生で挑戦した『リンクの冒険』では「そんなにオメーら俺のこと下手下手言うなら代わりにやってみろよ!」とブチぎれてたろうし―――あれ?なくて良かったのかも知れない??



 また、今回発表された10本には入っていませんが……『エキサイトバイク』とか『レッキングクルー』みたいに「自分でステージを作れるゲーム」は、自分の作ったステージをオンライン経由でフレンドに遊んでもらうみたいなことも出来ますね。それを生配信とかしたらすごく盛り上がりそう。

 PS4みたいに本体にこの機能を盛り込むことは今からでは難しいとしても、Nintendo Switchも『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』だけでなくこの機能を他のソフトにもバシバシ採用してほしいです。ローカル対戦しかなかったゲーム……例えば『1-2-Switch』がオンライン越しに楽しめたら!白羽取りとか超難しそうだ!(笑)

 いや、でもこの機能だけで私は「バーチャルコンソールはなくてイイから『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』にどんどんソフトを増やして欲しいし、『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』や『NINTENDO64 Nintendo Switch Online』も出してほしい!」って思っちゃいます。
 『NINTENDO64 Nintendo Switch Online』というタイトルの収まりの悪さもすごい。



 まぁ、戯言はさておき。
 全体的に生配信とか動画配信とかと相性の良い機能だと思いますし、今回発表された10本はすべてNintendo Creators Programの利用可能タイトルです。『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』自体もNintendo Creators Programの利用可能タイトルにしてくるかも知れませんね。
 オンラインサービスが始まったら私も「フレンドと一緒にクリアを目指す『スーパーマリオ3』」みたいな配信をやろうかなぁ。実はクリアできたことがないゲームなので。毎週毎週合流してくれるフレンドを募って2人プレイで進んでいく配信とか、楽しそうですし。ボイスチャットを配信で載せるとなると、合流してくれる人は限られるかなぁやっぱり。



 とまぁ、こんな風に非常にワクワクするサービスが始まるなと思っているんですけど、どんなに機能が良くてもソフトが揃っていなければ意味がありません。9月に揃う「残り10本」と、その後も追加されていくラインナップがどんなソフトになるのかを考えてみましょうか。

 まずは、任天堂のファミコンのソフトで「バーチャルコンソールに出ていたもの」をリストアップしていきます。

 3DSかWii Uで配信済orクラシックミニに収録されたソフトは「★」、その作品は配信されていないけど移植やリメイク作品が配信済のソフトは「△」、まだどの機種でも配信されていないのは「×」と分類しました。
 配信済の機種は、Wiiが「W」、3DSが「3」、Wii Uが「U」、ニンテンドークラシックミニに収録された作品は「ク」と記しておきます。リンクはそれぞれの公式ホームページです。Nintendo Creators Programで利用可能なタイトルは太字にして、『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』への収録がすでに発表されている10本は1マスずらして表記しています。


【ファミリーコンピュータ】
 ★ ドンキーコングW3U
★ ドンキーコングJr.W3U
× ポパイ※版権モノ
★ 五目ならべ 連珠WU
× 麻雀
 ★ マリオブラザーズW3U
× ポパイの英語遊び ※版権モノ
★ ベースボールWU
★ ドンキーコングJrの算数遊びWU
 ★ テニスWU
★ ピンボールWU
★ ワイルドガンマン…U ※光線銃専用
★ ダックハントU ※光線銃専用
★ ゴルフU
★ ホーガンズアレイU ※光線銃専用
× ファミリーベーシック
★ ドンキーコング3W3U
★ デビルワールドW3U
× 4人打ち麻雀
× F1レース

★ アーバンチャンピオンW、3DSには3DクラシックスU
△ クルクルランド ※ディスクシステム版が配信されている
★ エキサイトバイクW、3DSには3DクラシックスU
 ★ バルーンファイトW3U
 ★ アイスクライマーW3U
× ファミリーベーシックV3
 ★ サッカーWU
★ レッキングクルーW3U
× スパルタンX ※映画を題材にしている
× ブロックセット ※ロボット専用
× ジャイロセット ※ロボット専用

 ★ スーパーマリオブラザーズW3U
★ マッハライダーW3U
 ★ ゼルダの伝説W3U
※ WiiはGC版、3DSはROMカセット版、Wii Uはディスクシステム版を再現している
★ 謎の村雨城W3U
★ スーパーマリオブラザーズ2W3U
★ バレーボール…WU
★ メトロイドW3U
× プロレス
★ 光神話 パルテナの鏡W、3DSには3DクラシックスU
★ リンクの冒険W3U
× ゴルフJAPANコース ※青ディスク
★ スマッシュピンポン…WU
× ゴルフUSコース ※青ディスク
× 夢工場ドキドキパニック ※メディアミックス商品、『マリオUSA』と同内容

★ ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島W3U
× ファミコングランプリ F1レース ※青ディスク
△ マイクタイソン・パンチアウト!!
※ マイクタイソンが出ないバージョンが配信済(W3U

× 中山美穂のトキメキハイスクール ※タレントもの ※青ディスク
× 銀河の三人 ※元はエニックスのPCゲーム『地球戦士ライーザ』

★ アイスホッケーWU
× ファミコングランプリII 3Dホットラリー ※青ディスク
★ ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者…W3U
★ ファミコンウォーズW3U
 ★ スーパーマリオブラザーズ3W3U
× アイスクライマー(ディスクシステム版)※ アーケード版に準拠
× 帰ってきたマリオブラザーズ ※ゲーム内に広告が入っている

★ VS.エキサイトバイクU
★ ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女…W3
★ MOTHER…U
× ふぁみこんむかし話 遊遊記
★ ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣…W3U
× ナイトムーブ
 ★ Dr.マリオU
× バックギャモン
× 新4人打ちマージャン 役満天国
× タイムツイスト 歴史のかたすみで…

★ マリオオープンゴルフW3U
★ ヨッシーのたまご…W3U
★ ファイアーエムブレム外伝…W3U
★ クルクルランド(ディスクシステム版)…W3U
★ スーパーマリオUSAW3U
× ヨッシーのクッキー…W(※ 配信終了しています)
★ 星のカービィ 夢の泉の物語W、3DSには3DクラシックスU
★ ジョイメカファイト…W3U
× テトリスフラッシュ
★ ワリオの森W3U

 こう見ると分かりやすいんですが、今回既に発表されている10本は前述したとおり「Nintendo Creators Programで利用可能なタイトル」です。これから収録されていくタイトルもこの基準に当てはまるとしたら、おすそ分けプレイが盛り上がりそうな『ヨッシーのたまご』とか『ジョイメカファイト』は入らないんですよね。
 そもそもその条件だと「任天堂以外のサードメーカーのタイトル」も配信できなくなっちゃうので、そういうソフトはこれから調整していくってカンジですかね。

 また、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータとは既に収録ラインナップが異なります。あちらは厳選されたタイトルでしたが、こちらは『テニス』や『サッカー』といったプリミティブなスポーツゲームも入っていて方針のちがいが分かりますね。この方針で考えるなら、『ベースボール』『ゴルフ』『アイスホッケー』なんかが来そうですね。国体でも始まりそうなラインナップ。


 『ゼルダ』が入っているのだから1人用ゲームがダメということではなく、「ここの面、難しくてどうしてもクリアできない。代わりにクリアして」みたいな遊び方を推奨するのなら高難度アクションゲームも順々に入れてきそうです。『メトロイド』『パルテナ』『リンクの冒険』……『スーパーマリオブラザーズ2』もありました!
 つか、『マリオUSA』や『カービィ』も絶対に来ますよね。さっきも話題にした『エキサイトバイク』と『レッキングクルー』も間違いなく来るでしょう!

 逆に、RPG(『MOTHER』)やアドベンチャー(『ファミコン探偵倶楽部』)、SRPG(『ファイアーエムブレム』)なんかは「Nintendo Creators Programで利用可能なタイトル」ではないし、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータにも入っていないのだけど、どうでしょうね……今遊ぶと考えると、ファミコンソフトではなかなか厳しいジャンルではあるのですが。



 さっきちらっと書きましたが、サードメーカーのタイトルも期待したいです。
 「Nintendo Creators Programで利用可能なタイトル」ではなくなるのが問題ではありますし、サードメーカーにはサードメーカーの方針もあるのが難しいところですけど。

 例えば、2人プレイが盛り上がるゲームの筆頭だった「くにおくん」シリーズですが……ファミコン時代のシリーズを中心に18作品を収録してオンラインプレイに対応した『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』が発売予定なんですよね。もし『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』にくにおくんシリーズを収録したら、『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』の売上の足を引っ張るでしょうし、望み薄かなぁと思います。
 そうすると、『ロックマン』シリーズも『ロックマン クラシックス コレクション』が今月Nintendo Switchでも発売予定ですし、こちらも望み薄か……ナムコのアーケードゲームからの移植もナムコミュージアムがあるし……とか言っていくと、メジャーどころがどんどん潰れていってしまうか。

 いや、でも正直「くにおくん」シリーズとか「ロックマン」シリーズみたいな超メジャーどころよりも、「単体で販売しても今ではあまり売れそうにないタイトル」の方がメーカーにとってもユーザーにとっても嬉しいという考え方も出来ますね。
 『魔界村』とか『忍者龍剣伝』みたいな超難しいゲームは、500円出して買うよりも、こういう「遊び放題」のサービスに入ってたらちょっとだけやってみて「1面もクリアできねえよ!ふざけんな!」と文句を言いながら遊ぶくらいが丁度いいかも知れませんね。その考えなら、是非『スペランカー』を入れてほしい!

 これはサードメーカーにとっても任天堂にとってもそうなんですが、「(有料会員は)無料で遊べる」ことによってシリーズの入口になるという考え方も出来ますよね。ということは、現在も続いているシリーズほど選ばれやすい?と考えると……『神宮寺三郎』シリーズとか?意外すぎるチョイス!



 でも、やっぱりこういう機能があると「スーファミ以降のソフトも……」と思っちゃいますねぇ。ファミコンのソフトを出しつくしたくらい後でもイイから、『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』も出してほしいです。
 『ストII』に代表される格闘ゲームは生配信で挑戦者を募集しながら遊んだら盛り上がりそうですし、『カービィ』『ドンキー』『ゴエモン』などなど2人同時プレイで遊べるアクションゲームも多いです。『聖剣2』もあるか、いや『ファイナルファンタジー』もこのころはキャラによって操作を割り振れたはずだ。あの機能、いったい何のための機能だったのだろう。

 スポーツゲームもファミコンの頃より表現力が上がっているし、落ちモノパズルが全盛期だし、『桃鉄』『いたスト』『ドカポン』とボードゲームも名作が揃っていたなぁ……



 とか考えていくと、「バーチャルコンソールがあると新作のダウンロードソフトが売れないからバーチャルコンソールを終わらせようとしているのでは?」という話になっちゃうんですよね。
 あまりに魅力的なラインナップを揃えたら、それはそれでNintendo Switch用の新作として発売してくれたダウンロードゲームから客を奪うことにもつながりかねない……この辺の舵取りは難しそう。


 今の段階だと、任天堂自身も「どのくらいの人数が有料会員になってくれるのか」分からないでしょうし、私も正直「スーパーマリオ3のためだけに年2400円払うのもなぁ」と思っているので、とりあえず1ヶ月だけ加入して様子見しようかと考えています。
 元々「オンライン対戦」にさほど興味がないので「無料で出来るならともかく有料なら別にイイや」という人間でしたし、セーブデータのクラウド保存も現状ではそこまでして残しておきたいデータもないし、会員限定の特典がどんななのかを見てから判断でイイかなぁ……と。


 しかし、発想を逆転すると9月以降のNintendo Switchソフトには「オンラインプレイ」が重要なタイトルが待ち構えているのかもとも考えられます。既に『スマッシュブラザーズ』の新作が発表されていますし、『ポケットモンスター』の新作もNintendo Switch用に発売されることがアナウンスされています。
 あと、任天堂のゲームで「オンラインプレイ」が重要なタイトルと言えば、『どうぶつの森』、『レギンレイヴ』、『リンカーンVSエイリアン』、『ゴールデンアイ 007』、『役満 鳳凰』……そして、オンライン対応が待望される『F-ZERO』!ラインナップが渋すぎる!

 『どうぶつの森』が出たら「オンライン対戦」にさほど興味がない私でも、流石に有料会員にならざるを得ません。こういうソフトを増やしてきそうですよね。

 サードメーカーのタイトルでも、結構前に発表されているのにその後に音沙汰がないソフトも結構あります。『モーフィーズ・ロウ』『Ultimate Chicken Horse』『Arena of Valor』『Dragon Marked For Death』……既に発売されているタイトルでも、『Stardew Valley』なんかがオンラインマルチ実装を計画しているそうなんですよねぇ。この辺はいつ出てくるのか。


 そういう意味でも、6月のE3(任天堂は日本時間の6月13日(水)1時~)や9月の東京ゲームショウが楽しみですね!(無難な締め)


ロックマン クラシックス コレクション 1+2 - Switch (【数量限定特典】ロックマン ボス78体の有効武器早見表 同梱)ロックマン クラシックス コレクション 1+2 - Switch (【数量限定特典】ロックマン ボス78体の有効武器早見表 同梱)

カプコン 2018-05-24
売り上げランキング : 170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |