やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ゲーム実況でMixerのテスト配信をやります!

 ニコニコ生放送、YouTube Liveと安住の地を求めて流浪している私のゲーム実況ですが……今週末からMixerというサイトでテスト配信をしていこうと思います!まだ「試す」段階で、正式にここでやっていくかはテスト配信の結果次第で考えていきます。


 Mixer

 「英語ばっかやん」と思われた人もいるかもですが、ログイン後に右上のアイコン→「ACCOUNT」→「Choose Site Language」で「日本語表記」に出来ます。詳しくはゲーム実況Wikiさんに書かれているので参照してください。アカウントはMicrosoftのアカウントの他、TwitterアカウントやDiscordアカウントでもログインできるそうです。

 ……ということだったのですが。
 自分の環境だと、どうしても「日本語表記」になりませんでした。


mixer1.jpg

 この画面で「日本語」を選ぶと……

mixer2.jpg

 この丸がクルクルと延々回り続けるだけです。
 30分とか放置しても何も起こらず、リロードするとまた英語の画面でトップに戻されます。


 うーん……?
 まさかテスト配信以前から躓くとは(笑)。

 まぁ、別にメニュー画面は簡単な英語ばかりだからこのまま続けても構わないのだけど「英語でしか表記できない」となると観てくれる人も増えなさそうだし、悩みますね。みなさんの環境だと「日本語表記」に出来ましたかね?

 PCだけでなくスマホやタブレットのブラウザで視聴することも出来ますが、アプリでの視聴も可能です。iOSAndroidOS。何故かこちらだと最初から日本語表記でした。ただ、機能があまりないというか、微妙に使いづらいというか。

 この辺は今後改善されていくことを期待していきましょう。



◇ “遅延”が少ないのがMixerのウリ

 Mixerの魅力は、「遅延が恐ろしく短い」上に「高画質」ということらしいです。

 ゲーム実況の生配信というのは、「私のゲーム機」から「私のPC」に画面が映り、それを配信ソフトと配信サイトを経由して「皆さんのPCとかスマホ」に画面を映すのだけどここで“遅延”が発生して、それを見ている皆さんがコメントを打ちこみ、それを「私のPC」のコメントビューアーが読み込んで棒読みちゃんが音声にしてくれる―――という流れのため。

 “遅延”が大きければ大きいほど、「みなさんの反応」が遅れてやってくるんです。
 「私」と「コメント」の会話のキャッチボールが、ちぐはぐになっちゃうんですね。


 例えば、こちらはニコニコ生放送のログです。
 私が溶岩に落ちてから「www」のコメントを読み上げるまで6~7秒くらいですね。コメントを打っている時間もあるとすれば、全体的な遅延は5~6秒といったところでしょうか。



 こちらはYouTube Liveのログです。
 ローラが真っ逆さまに落ちてから「www」のコメントを読み上げるまでこちらも6~7秒くらいですかね。こちらもコメントを打っている時間もあるとすれば、全体的な遅延は5~6秒といったところでしょうか。

 元々YouTube Liveはニコ生に比べて遅延があったのですが「超低遅延」というモードが出来てからは、画質やその他の機能を犠牲にして「遅延」が半減されました。昔のゲームなら画質が多少落ちても大した問題はなさそうですが、『Splatoon2』の実況とかだとちょっとキツイところがありますね……これは私のPCのスペックのせいかも知れないんですけど。





 Mixerは、この“遅延”がデフォルトで1秒未満というFTL配信ができるため。
 「私」と「コメント」の会話のキャッチボールがよりスムーズになることが期待される上に、画質も落ちることがなさそうと良いことづくめです。

 ただ、日本での利用者はまだまだ多くないため、“「コメント」の会話のキャッチボールがよりスムーズに”なることを狙ってMixerに移ったのに誰もコメントする人がいないという可能性もあります。ニコ生やYouTubeなら私のことを知らないで観に来る「初見さん」もいましたが、そういう人も期待できなさそうです。

 また、スマホからの視聴だと10秒くらいの遅延があるという噂もあります。それだとYouTube Liveの方が遅延が少なくないか……?
 一応、同じ番組を「PC」と「iPad」で同時視聴してみたところ、「iPad」のアプリで観た場合は「PC」とほぼ同時でしたが、「iPad」のブラウザで観た場合は「PC」から12秒遅れでした。アプリで観る分には問題がないようですが、視聴する端末のスペックにも左右されるかも知れません。

 その辺を確かめるためにもテスト配信をやってみたいというのが狙いです。




◇ 「ログ」を残すべきかという話
 ゲーム実況Wikiさんの、主な配信サイト6つを比較するページがものすごく分かりやすいです。

 私が重視する要素を見ていくと……「時間制限」は現在はツイキャス以外ではもうほとんど気にする必要がなくなりましたね。「利用料金」はニコ生だけ月額540円かかります。「遅延」については先ほど書いた通り、Mixerが群を抜いているみたいです。

 そして、「アーカイブ」―――生配信の「ログ」を後から観られるか。

 ニコ生で生配信をやっていたころは、ニコ生で「ログ」を観られるのは実質プレミアム会員のみ&1週間限定という厳しい制約があったため、その1週間以内に私が自分で再生してそれをデスクトップキャプチャーで録画→それを変換してニコニコ動画に投稿という超面倒なことをやっていました。
 YouTube Liveに移ったのは、YouTube Liveは生配信の内容を自動で「ログ」に変換して投稿してくれる上に後から編集もできるため―――毎日配信しないと終わりそうにない『俺屍』のためには、この機能が欲しかったからなんですね。

・OPENRECは無料会員はアーカイブ視聴できなくなったそうなので、私の選択肢からは真っ先に外れます。
・Twitchはアーカイブ期間は2週間(プライム会員なら2ヶ月)だそうですが、ダイジェストを作成すればずっと視聴できるそう。
・Mixerはアーカイブ期間が2週間で削除されるけど、その期間ならMP4形式でダウンロード可能(配信者だけ?)


 アーカイブ機能だけで比較するとこんなカンジですかねー。

 YouTube Live>Twitch>>(ログがずっと残るかの壁)>>Mixer>>(無料会員は視聴できない壁)>>OPENREC>ニコ生


 Mixerでも、例えば「ログ」を2週間以内に私がダウンロードして、それをそのままYouTubeにアップすればずっと残すことは出来るんですけど……

 そもそも「ログ」って必要ですか??
 必要だと思っていたから今まで残していましたが、昔の「ログ」なんてほとんど再生されていないみたいですし、YouTubeに残された「ログ」を片っ端から通報されて配信権限停止寸前まで追い詰められた(異議申し立てをしたら撤回された)身からすると……残して損することはあっても得することはないって気もするんですよね。

 まぁ、今日の記事では使いましたけど(笑)。




◇ 貧弱スペックのMyパソコンで何とかなります?
 Mixerはマイクロソフト傘下なため、豊富な資金力で多彩な機能がどんどん追加されているみたいです。例えばこれ。

 Mixer(BEAM)共同ストリーミング機能とは? 使い方をご紹介!

 複数の配信者が、画面分割で配信できるという機能です。
 例えば『Splatoon2』のチーム戦をこれで配信できたら、「私の画面」だけでなく「他の3人の画面」も一緒に映すということが可能なのです。『マリオカート』のローカル対戦みたいな画面で、オンライン対戦でも遊ぶことが出来るのです!

 すっごい面白そうだけど、問題は「他にMixerで配信をやっている知り合いがいない」ということだ!



 ただ、「共同ストリーミング機能」はもちろん「FTL配信」すら自分の貧弱なパソコンで出来るのかは不安なんですよねぇ。配信サイトが高機能&多機能になっていっても、こちらの環境がそれに追いつかないというか。それを確かめるためにもテスト配信をしたいので、また直前になったら告知記事を書きます。

 その前に画面の日本語化が出来るようにならないかな……


テスコム ミキサー  ホワイトTESCOM TM855-Wテスコム ミキサー  ホワイトTESCOM TM855-W

テスコム
売り上げランキング : 520

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム実況 | 17:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |