FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

実際に視聴して自分が面白かった2018年の夏アニメ(第3週)

 そろそろみなさん、「どれを視聴するのか」が固まってきたんじゃないか思われる3週目です!私はまだ固まっていません!今季も面白い作品が多すぎます!!


 新アニメが始まる前に「面白そうな作品」を紹介するだけではなかなか興味を持ってもらえない!ということで、新アニメが始まる前に「すべての作品」を紹介して、みんなで注目作品を語り合う配信もやって、その中から自分が選んで観た作品の中で「実際に面白かった作品」を毎週紹介していきます。

 特徴は……
 「ストーリーのネタバレは書かない」ということと。
 「この記事で初めて興味を持った作品も追いかけられるように、ネット配信をしているサイトを記載する」ということです。

 「ネタバレ度は30くらい」のつもりで書くので、それも知りたくないという人は冒頭に「どの作品が面白かったから感想を書く」と記すんでそこだけ読んで引き返してください。

 今回紹介するのは『はねバド!』第3話『天狼 Sirius the Jaeger』第2話『プラネット・ウィズ』第2話、の3作品です。


◇ 『はねバド!』第3話紹介
 <公式サイト

 3週連続の紹介で、すっかり今季の推しアニメです。
 しかし、こればっかりはしょうがないです。今週はこの作品を紹介しないワケにはいきません!

hanebado3-1.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第3話より引用>

hanebado3-2.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第3話より引用>

hanebado3-3.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第3話より引用>

 第3話はエレナ視点の話なのです!
 しかも、幼少期からの「ずっと綾乃のことを見てきたエレナ」の話です。

 つまり……幼馴染百合っ!
 これは推さないワケにはいかないでしょうがっ!!!


 ……

 ………

 マジメな話をしますと、この作品は「あるキャラクター」を描く際に、「そのキャラクター本人」の感情を描くだけではなくて「そのキャラクターを見ているキャラクター」の視点からも描く作品です。
 例えば、第2話は「荒垣なぎさ」の話でしたが「荒垣なぎさ」のモノローグだけで話を進めるのではなく、「海老名悠」の視点からも話を進めてきました。「才能」か「努力」か―――「悠」と「なぎさ」ではちがうところと、「悠」と「なぎさ」に共通するところを描くことで、お話が「荒垣なぎさ」だけの話ではなく「みんな」の話になったんですね。

 「なぎさ」と「悠」とその他のキャラクターの視点から描かれたことで多角的になって、視聴者にも「あぁ……自分も、こういう岐路に立ったことがあった」と思わせる話になったんです。


 それと同じように、第3話は「藤沢エレナ」の話でありながら、「羽咲綾乃」の話なんです。
 「エレナ」と「綾乃」ではちがうところと、「エレナ」と「綾乃」に共通するところとは何なのか―――「百合」かどうかは置いといて、同性の幼馴染の描き方としてこれ以上ないものを見せてもらったし、視聴者にとっても「登場人物の誰か」には感情移入できる話になったんじゃないかと思います。私は「綾乃」よりも「エレナ」の方に感情移入して観ていました。


hanebado3-4.jpg
<画像はアニメ版『はねバド!』第3話より引用>

 ロリエレナ、すげえ可愛かったし!


【今からでも第3話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
AbemaTV
 (7/17 24時30分~)
GyaO!
 (7/17~?)

<有料会員は全話見放題>
Hulu
 (7/17 24時~?)
Amazonプライムビデオ
 (7/17 24時~?)
dTV
 (7/18 12時~)
dアニメストア
 (7/18 12時~)
FOD
 (7/18 12時~)




◇ 『天狼 Sirius the Jaeger』第2話紹介
 <公式サイト

 P.A.WORKSの新作オリジナルアニメ『天狼』、第1話は「絵はむっちゃキレイだけど、ストーリーは普通でキャラクターはあんまり魅力的じゃないかなぁ」という手応えだったのですが、第2話はむちゃくちゃ面白かったです!1話切りしなくて良かった!

sirius2-1.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第2話より引用>

 というのも、第2話から幼女が出てきたからです!



 ……

 ………

 マジメな話をしますと、この作品のメインキャラクター5人は“最初から関係が出来上がっている”状態で第1話が始まっています。全員初めましてな視聴者を置いてけぼりにして、顔馴染みなキャラクター達だけで視聴者には分からない話をバンバンやってしまっていたんですね。「視聴者視点のキャラ」が不在のまま始まっていたというか、涼子お嬢様あたりがその役割にあたっておかしくなかったのにユーリィに拒絶されてしまってたし。

 しかし、第2話に出てきたこの幼女のことは流石のユーリィも拒絶できなかったし、幼女は幼女で「どうして?どうして?」と空気を読まないでどんどん質問してくるからユーリィの生い立ちとかフィリップがどうしてユーリィに冷たく当たるのかとかが見えてきました。彼女が「視聴者視点のキャラ」として機能してくれたおかげで、第1話では「魅力的じゃない」と思ったキャラクターの内面が見えて、魅力的に思えてきたんですね。

 これぞ『YOUJO理論』か!
 何でもかんでもアルファベットにすればイイってものではない。


 思えば、同じようにP.A.WORKS制作でNetflix独占配信だった『クロムクロ』も、得体の知れない主人公だけど幼女が懐いているから悪い人ではないみたいな序盤でしたし……世界に向けて展開していく作品には幼女は欠かせないとP.A.は考えているのかも知れませんね!



sirius2-2.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第2話より引用>

 P.A.作品にはどれもそういう傾向がありますけど、この作品も「キャラクターが多い」!
 特にこの作品は、メインは「狩人」と「ヴァンパイア」の戦いですけど、そのどちらにも属さない「日本人」が色んな勢力に分かれて登場するので見分けが付きません。まぁ、海外からやってきた主人公達からすれば「日本人みんな同じ顔に見えるよー」ってことなのかも知れませんが。


sirius2-4.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第2話より引用>

 例えば、第2話に出てきたこの「多田」という男―――
 月刊実録犯罪という雑誌の記者だそうで、「マスコミ」サイドのキャラクターなのですが……


sirius2-5.jpg
sirius2-6.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第1話より引用>

 第1話に登場した伊庭少佐という「陸軍」サイドのキャラクターにそっくりで見分けがつかないよと思っていたら、公式サイトによると同じ人だとか。


 同じ人かよっ!
 どうりで見分けがつかないワケだ。


 つまり、伊庭という男は「陸軍」サイドでありながら「マスコミ」サイドの力も持っていて、主人公達「V海運」を疑っているということですね。「V海運」は内務省や警察とコネクションがあって、「アルマ商会」は軍とつながりがあるという話が第2話にありました。メインは「狩人」と「ヴァンパイア」の戦いですけど、日本人の中でも勢力争いが起こっているというのがこの作品の特徴なんですね。

 「和」と「洋」が折衷する曖昧な時代に、何が敵で何が味方なのかも曖昧な戦いが行われているというか。


sirius2-3.jpg
<画像は『天狼 Sirius the Jaeger』第2話より引用>

 んで、第1話で「視聴者視点のキャラ」になるかと思ったらならなかった涼子お嬢様は、日本人だけどさあ今後どう動かしてくるのかなというのが今後の楽しみです。

 キャラが把握できないと何が何やらでしたが、キャラの勢力図が見えてくるとちょっとした群像劇っぽいところもあって俄然面白くなりました。アクション描写もすさまじいですし、オリジナルアニメとして応援していきたいです。


【今からでも第2話が観られる配信サイト(仮)】
<有料会員は全話見放題>
Netflix
 (7/20~)

 日本でのインターネット配信はNetflix独占です。




◇ 『プラネット・ウィズ』第2話紹介
 <公式サイト

 「虎井がやられたようだな……」
 「だが、ヤツは我ら7人の中で最弱」

plawith2-1.jpg
<画像は『プラネット・ウィズ』第2話より引用>

 「虎井さん、測定値は7人中トップです」
 「なんじゃ……最強が最初にやられたってことかい」


 四天王テンプレネタに笑った。

 しかし、いきなり最強キャラがやられてしまう辺り、敵であるはずの「グランドパラディン」側が主人公側っぽい立ち回りなんですよね。謎の敵に1人1人撃破されていく様は『鉄腕アトム』の「地上最大のロボット」っぽいですし、この『プラネット・ウィズ』という作品はそれをアトム側ではなくプルートゥ側を主人公にして描いているというか。


plawith2-2.jpg
<画像は『プラネット・ウィズ』第2話より引用>

 ということで、主人公:黒井宗矢が「グランドパラディン」の7人を撃破しようとするのと同時に、「グランドパラディン」側も自分達を襲っている敵(黒井宗矢)を捜すという展開に。そして、「グランドパラディン」側の人達は基本的にいいひと達で、この虎井さんなんかは特に「これぞ正義の味方!」という好青年なんですよね。

 宗矢くんが、自分が戦っている人達がこんないいひと達なことに気付いていく……という展開になるのか。こんないいひと達でも、宗矢くんは許せない復讐の対象なのか。両陣営が並行して描かれるからこその面白さが出てきそうです。


plawith2-3.jpg
<画像は『プラネット・ウィズ』第2話より引用>

 そして、この2人が百合っぽい……
 しかも、幼馴染同士で、CV.が大和田仁美さん……!

 何だ、この既視感は……!


【今からでも第2話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話2日無料>
ニコニコ動画
 (第1話は多分しばらく無料、第2話以降は金曜正午~土曜夜まで無料)

<有料会員は全話見放題>
Amazonプライムビデオ
 (7/20 12時~)
dアニメストア
 (7/20 12時~)
バンダイチャンネル
 (7/20 12時~)
Hulu
 (7/20 12時~)
 他

 ニコニコの無料配信、「日曜夜まで」だと思ったら「土曜夜まで」ですって。
 すっげせわしない!この記事を読み終わったらすぐに観に行くんだ!


 以上で「実際に視聴して自分が面白かった2018年の夏アニメ」の記事を終わります。
 今季も面白い作品が多くて、どれを視聴していくのか悩みますね……自分の場合、今季は「ずっと観続けてきた作品」の3期が2作品、前季から引き続きの2クール目が2作品あって、視聴スケジュールが大変です。来週までには何を残すのか決めなくては。

 ではでは。お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。


ふたりの羽根(アニメ盤) TVアニメ『はねバド! 』OPテーマふたりの羽根(アニメ盤) TVアニメ『はねバド! 』OPテーマ
水野良樹 YURiKA

東宝 2018-08-15
売り上げランキング : 7919

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

岸田教団&THE 明星ロケッツ/「シリウス」(アーティスト盤/2枚組)岸田教団&THE 明星ロケッツ/「シリウス」(アーティスト盤/2枚組)
岸田教団&THE 明星ロケッツ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2018-08-22
売り上げランキング : 1103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TVアニメ『プラネット・ウィズ』OP主題歌 (通常盤) (特典なし)TVアニメ『プラネット・ウィズ』OP主題歌 (通常盤) (特典なし)
Minami

バンダイナムコアーツ 2018-07-25
売り上げランキング : 1469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |