FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「私が」ゲームな下手な理由

 正月はアクセス数がガクンと落ちるので、毎年(実質)1発目の記事は「普段だったら炎上が怖くて書けないようなことを書く」記事にしています。最近は正月以外もアクセス数が低いので気にするのもアレなんですけど、どうせなら普段書けないような記事にしようと、この話題にしました。


 どうしてこれが「普段書けない記事」なのか?
 これはあくまで個人の話なんだよと“「私が」ゲームな下手な理由”と書いても、これを何故だか勝手に“「ゲームが下手な人が」ゲームが下手な理由”と読み替えて「俺には当てはまらないぞ!」とか「そもそもアナタはゲームが下手な人ではないじゃないか!真にゲームが下手な人が傷つくのでやめてください!」みたいに怒り出す人がいるんですけど……
 正月から、そういう「勝手に読み替えて怒り出す人」のことなんか考えて書きたいことが書けないのも馬鹿らしいと思うんすよね。だからもう、そういう怒り出す人なんか気にせずに書こうと思います。


 ここから書くのは、あくまで「私の」話。
 一般論なんかではないし、アナタにも当てはまらないと思います。ただの「一個人」が、自分を顧みただけの話です。


◇ 「私が」得意なゲーム、「私が」不得意なゲーム
 「ゲームが上手い人」「ゲームが下手な人」と言っても、“ゲーム”というのは多種多様なジャンルがあるもので―――アクションゲームもシミュレーションゲームもボードゲームも全部“ゲーム”ですから、「ゲームが上手い人」にも得意なゲームと不得意なゲームがあって、「ゲームが下手な人」にも得意なゲームと不得意なゲームがあるんですよ。

 もちろん、「ゲームが下手な人」が得意なゲームで、「ゲームが上手い人」が不得意なゲームがたまたま同じものだったとして、その2人が対戦しても「ゲームが上手い人」が勝つことはあるとは思います。要は、その人の中の「得意/不得意」が、誰にでもあるって話ですね。




 んで、「ゲームが下手な人」を自称する私にも比較的「得意なゲーム」があるんですよ。

 2D『マリオ』シリーズなんかはそうですね。「アレで?」とか言わない!
 『ドンキーコング』『ドンキーコングJr.』『マリオブラザーズ』『スーパーマリオブラザーズ』『スーパーマリオブラザーズ3』『スーパーマリオワールド』『スーパーマリオコレクション』『Newスーパーマリオブラザーズ』『NewスーパーマリオブラザーズWii』『Newスーパーマリオブラザーズ2』『スーパーマリオラン』……とまぁ、クリアできた/できないはありますが、シリーズの8割くらいはプレイしていますからね。『Splatoon』的に言えば、ウデマエは上がっていなくても、ランクは上がっているのです。

 なので、2D『マリオ』的なゲームは比較的得意なので……『スペランカー』とか、『Celeste』なんかも(A面だけですが)頑張ればクリアできたのです。



 でも、この「得意なゲーム」の部分だけを見て、「『Celeste』がクリアできるということはゲームが下手ではないだろう!嘘つき!」とか言われてもフェアじゃないでしょう。「不得意なゲーム」はその百倍くらいあるんですよ。

 例えば、私『ロックマン』系のゲームは不得意です。
 『ロックマン』が難しいゲームかどうかは議論が起こりそうなので、『ロックマン』に限らない「敵を撃つ」要素のある2Dアクションゲームだと思ってください。『ガンヴォルト』とか『ケロブラスター』とかは分かりやすいでしょうし、『ロックマン』系というとアレなんですけど『メトロイド』とか『魂斗羅』とかも私の中ではまるっと「不得意なゲーム」ですし、何なら『ドラキュラ』とかも同じ理由で不得意です。

 恐らく「マリオもロックマンも同じようなゲームなのでは?」と思った人も多いんじゃないかと思います。例えば「3Dアクションゲームが不得意」と言ったら、「あーハイハイ。2Dの時代しか生きていないジジイなのね。もうさっさとゲーム引退して俳句でも読んでろ!」みたいに世代論にされそうですが、ちがうのです、同じファミコンの2Dアクションゲームの中にも「得意」と「不得意」があるのです。これは世代論とかではないのです。


 要は私、「敵を攻撃するゲーム」全般が不得意なのです。
 別にこれは博愛主義者だとかではなくてね……「敵を攻撃するゲーム」って「避ける」と「攻撃する」を両方やらなくちゃいけないじゃないですか。「避ける」時は攻撃が出来ないし、「攻撃する」時は避けることがおろそかになる―――今のタイミングで自分がするべきことは「避ける」なのか「攻撃する」なのかの一瞬の判断に失敗してしまうのです。


 『マリオ』や『スペランカー』や『Celeste』は、ボス戦を除けば「敵を攻撃する」ことは必須じゃなかったり出来なかったりするゲームです。常に「避ける」だけを考えればイイというか、「自分」を操って「地形」を攻略するゲームなので、二択を迫られることがないんですね。
 だから、一回でクリアできなかったとしても、反復練習をして指に動きを染みこませればそれなりに何とかなったのです。

 スポーツで例えるなら、『ロックマン』などの「敵を攻撃するゲーム」はサッカーとかバスケのように相手の動きに合わせるゲームで、『マリオ』や『スペランカー』や『Celeste』は陸上競技のように自分の理想の動きを極めるゲームというか……なので、『マリオ』の中でも「不規則な動きをする」ジュゲムとかは苦手なんですよねぇ。


 「え?でも、やまなしさん『スマブラ』好きじゃないですか。アレは攻撃も回避も両方やらなくちゃいけないゲームじゃないんですか?」と思った人は鋭い――――だから、私の『スマブラ』ってほぼ「攻撃」しかしないんです。しかも、基本相手に突っ込んでいってAボタンをガチャガチャ押すだけ。忘れたころに「そうだ、防御もしなきゃ」とやるくらいで、Bボタンや投げを使うのはすぐに忘れてしまいます。逆にリュカでPKファイアーを連発しているときは、それ以外のことを忘れてしまう(笑)

 あまり言うと手の内を晒すようでアレなんですけど……
 生配信でみんなでオンライン対戦をワイワイ遊んだとき、私も何回か1位を獲れたことがあって「ゲーム上手いじゃないですか」と言われたりするんですけど。アレはぶっちゃけ、スマッシュ攻撃を連発してダメージ蓄積している人に運よく当たってポイントが獲れたという―――「タイム制での4人大乱闘」だからこそのラッキーなんですよ。タイム制は吹っ飛ばした人にポイントが入るので攻撃をガンガンしていった方が漁夫の利が入って得なんです(ストック制だと、逆に「避ける」に徹した方が得になると思う)。

 だから、CPUとガチンコで戦う「勝ちあがり乱闘」とか全然勝てないし、アドベンチャーモードも「ボス戦」はすごく苦戦します。ドラキュラ倒すのに2時間近くかかりましたよ……アレはまぁ、使用キャラの「選択」を間違えたことが大きいんですが。



 閑話休題。
 ということで、私は「選択肢が多いゲームほど不得意」なんです。

 「避ける」に徹する一択なら、得意。
 「避ける」と「攻撃」の二択なら、不得意。
 その「攻撃」のブキがたくさんになったり、使うボタンが多くなったりしたらもうワケが分からない。

 3Dアクションゲームが2Dアクションゲームより更に不得意というのは、「選択肢」の多さが一つの理由だと思います。同じ避けるでも2Dアクションゲームなら「ジャンプして避ける」くらいしかないところ、3Dアクションゲームは「右に避ける」「左に割ける」「ジャンプして避ける」「後ろに下がる」「盾を構える」みたいに多彩なことが出来たりしますからね。その咄嗟の判断に失敗して「どうして敵のいる方に避ける!?」となってしまうのです。

 RPGも「レベルを上げて物理で殴る」とか「敵の弱点属性を突く」とか分かりやすいシステムならイイのですが、これが複雑になって多種多様な戦法がとれるようになると一気に不得意になりますし、キャラのカスタマイズの自由度とか本当に不得意です。「どうしてそっちを上げちゃうの?」というところにポイントを割り振って取り返しがつかなくなって積むことも多々あります。
 SRPGはともかく、シミュレーション系がクリア出来たことがないのも「いろんなことが出来る」自由度の高さのせいでしょうし、これは1回生配信で挑戦したいジャンルではあります。


 ちょっと話がズレますけど……
 「マリオが得意なゲームです」と言うと「アクションゲームが遊べるってことはゲームが下手じゃないじゃないですか!本当にゲームが下手な人を傷つけるのだから謝ってください!」とか言われるのに、「RPGやシミュレーションが不得意です」と言うと「知能が低いんですね」とか言われるの納得がいきません(本当にコメント欄で言われたことあるのよ)
 両方とも「ゲーム」なのに、何故だか「ゲームが下手」というと「アクションゲームが下手」なことだと思われて、「RPGやシミュレーションが下手」だと「頭が悪い」とか言われるんですよ!ひどくないですか?じゃあもうRPGやシミュレーションは「ゲームではない」ってことにします?



 お正月だからと普段は書けないことも堂々と書く記事になっているので……七草がゆを食べたらこの記事は削除しましょうか(笑)。

 レースゲームとかは「どこのラインを」「どのくらいのスピードで走るのか」の選択肢が無限の組み合わせであるので不得意ですし、リズムゲームはボタンが2コ以上になると「選択肢が多い!」と不得意になってしまいます。まぁ、そもそもリズム感がないことも原因ではありますが。
 アクションパズルゲームが得意というのは、実は最近のアクションパズルは「1面ごとに無限にコンティニューが出来る」ことが主流なため、全部の選択肢を試すことが出来るからだったりします。なので、『ソロモンの鍵』みたいにステージセレクトのない残機性のアクションパズルは不得意なのです。

 コマンド選択式のアドベンチャーゲームやノベルゲームも似たようなものですね。
 選択肢は多いけど、総当たりで良かったり、周回プレイで全部の選択肢を選んだりしますからね。


 ソーシャルゲーム……というと、「今はもうソーシャルゲームなんて言葉は使ってないんですよ、ププー」と笑われるので何と言ってイイのか分からないんですが。
 スマホなどで現在メインジャンルになっている「たくさんいるキャラをガチャで集めて、合成させたりして成長させて、そのキャラ達でチームを編成してゲームに挑む」ジャンルってあるじゃないですか。そのゲーム部分が、『パズドラ』だったらパズルだし、『デレステ』だったらリズムゲームみたいにちがうけれど、キャラ集めるのはどれも同じようなシステムのジャンルってあるじゃないですか。

 私、あのジャンルのゲームがすごく不得意なんですよ。ガチャを10連とか回して一度に10人とかの仲間が出てくるのに、ゲームに出せるのは数人とかだったりするんですもの。「どのキャラを使って育てるのか」を選ばなきゃいけない―――それがとても不得意だし、もっというと苦痛なのです。せっかく仲間になったキャラは全員使いたいと思ってしまうのです。

 この辺は『ポケモン』とかを通過してこなかった自分のゲーム歴が原因かもですねぇ。
 似たような見た目でも、『スマブラSP』のスピリッツは「全部のキャラに使用価値がある」し、「全部のキャラを99レベルにすることも出来る」のが好き。合成しないと呼び出せないキャラがいるのはちょっと好きくないところですが……



◇ 「不得意なゲーム」=「嫌いなゲーム」ではない
 既に論点があっちへ行ったりこっちに行ったりしているので、この記事を事前に書いておいて良かったなと思います。

 「嫌いなゲームかどうか」と「面白くないゲームかどうか」は別

 今日の記事で、「マリオ系は得意」「ロックマン系と3Dアクションゲームと、複雑なRPGとシミュレーションと、レースゲームとリズムゲームと、たくさんいるキャラをガチャで集めて合成させたりして成長させてそのキャラ達でチームを編成してゲームに挑むゲームが不得意」と書いたことで―――これを「ロックマン系と3Dアクションゲームと、複雑なRPGとシミュレーションと、レースゲームとリズムゲームと、たくさんいるキャラをガチャで集めて合成させたりして成長させてそのキャラ達でチームを編成してゲームに挑むゲームを批判した」と勝手に読み替える人がいるかも知れません。
 そして、また「やまなしがロックマン系と3Dアクションゲームと、複雑なRPGとシミュレーションと、レースゲームとリズムゲームと、たくさんいるキャラをガチャで集めて合成させたりして成長させてそのキャラ達でチームを編成してゲームに挑むゲームのことを批判したぞー!拡散して殺せー!」を火を付けまわる人がいるかも知れません。


 ですが、「大嫌いだけど面白いゲーム」があるように「不得意だけど大好きなゲーム」はありますし、得意/不得意は好き/嫌いにあまり関係しないと思います。

 例えば私、シミュレーションゲームはマトモにクリア出来たものなんてほとんどないですが、自分の好きなように街を作ったりチームを作ったりできる自由度は大好きです。
 出来ることなら、「自由度の高さを満喫してもクリアできるくらいの難易度」の方がありがたいと思いますが、それでクリアできなかったとしても楽しい思い出になるのが私にとってのシミュレーションゲームというジャンルです。


 『ロックマン』系のゲームで言えば『洞窟物語』は「得意」ではなかったけど大好きなゲームだし、レースゲームもリズムゲームも「クリアを目指さないくらいの遊び方」なら楽しく遊べます。
 たくさんいるキャラをガチャで集めて合成させたりして成長させてそのキャラ達でチームを編成してゲームに挑むゲームは、「不得意」な上に「そんなに好きではない」んですけど……このジャンルのゲームに誰か適切な名前を付けてくれないと、やたら文字数が長くて読みづらいことの方が気になります。もはやSNSと連動していないのだからソーシャルゲームではないだろうし、ガチャゲーだと揶揄の意味を含みそうですし、基本無料ゲームだと範囲が広すぎるし、誰か適切なジャンル名を付けてくれません?



◇ どうして私は「私の不得意なゲーム」が不得意なのか
 何だろう、この日本語……

 えーっと、ここまでの記事は「私には得意なゲームと不得意なゲームがある」「不得意なゲームは選択肢を咄嗟に判断しなくちゃいけないゲームだ!」って内容でした。この内容だと、今日の記事タイトルは「私が不得意なゲームはこれです」としなくちゃいけなくて、「記事タイトルと内容が合っていない!タイトル詐欺だ!」とまた怒られるのでここからちゃんとタイトル通りの話を書きます。

 ……

 ………別に、個人のブログ記事なんだから「記事タイトル」と「本文」が微妙にズレてても良くない?

 そんなことをイチイチ鬼の首を獲ったかのように言ってくるようなヤツには、一生鬼なんか倒せねえよって思いますよ!





 まぁ、要はここまでは「事象」しか書いていなかったので「原因」を考えようってことです。でも、これは別にみなさんに当てはまる話じゃなくて、私だけの「原因」なんで、これを書いたところでみなさんのプラスには一切ならないし、私は私でこの理由が自分には分かっているので今更文章化しても何も得るものはありません。
 正月早々こんなことに時間を割くくらいなら、積みゲーの1本でもクリアした方が良さそう!この記事はここで切り上げて『Firewatch』やります!さようなら!



 というワケにもいかないので、具体例を。
 これは9月に生配信をやった際に、物議になったシーンです。

 『Splatoon2』をやったことのない人もいらっしゃると思うので解説しますと、これは「サーモンラン」というプレイヤー4人vs.CPU軍団のモードです。別名バイト。このモードではプレイヤーがやられると浮き輪姿になるのだけど、味方に攻撃してもらえれば復活できるため、「4人全員が浮き輪になったらゲームオーバー」ということですね。浮き輪だと攻撃できないために誰も復活させられなくなるので。

 逆に言うと、浮き輪姿になってしまっても「生き残っている人に攻撃してもらえれば復活できる」ため、生き残っている人を探してその人に「ヘルプ!」を送って攻撃してもらうのがセオリーなのですが……


gameheta1.jpg
gameheta2.jpg
<画像はNintendo Switch用ソフト『Splatoon2』より引用>

 私も「誰だ誰だ、生きているのは誰だ」とカメラをグルグル回して探していたら、生きていたのは私だった―――という文章にすると本当にワケが分からないことをやってしまいました。


gameheta3.jpg
gameheta4.jpg
gameheta5.jpg
<画像はNintendo Switch用ソフト『Splatoon2』に手を加えました>

 簡潔に言うと、「カメラをグルグル回して周囲を探していたため、画面の中央は見ていなかった」ということなんですが―――これが典型的な「私がゲームが下手な理由」だと思うんですね。つまり、ゲーム画面の中から必要な情報を読み取れていない=視野が狭いんです。

 「画面のどこを見るか」の選択肢を間違えているとも言えますが、そもそもの「どの選択肢を選ぶのか」に必要な情報を画面内から受け取れていないんですね。
 例えば、『Splatoon』でよく言われる「マップを見ないから勝てないんだよ」って言葉があるじゃないですか。言う方は「それさえやれば勝てるのにどうしてやらないの」的に言ってくるんですが、ちがいますよ私だってマップは見ますよ。ただ、マップを開いてもそこに出てくる情報がサッパリ分からないのです。どこを見ればイイのかが分からず漠然と「ウチのチームが負けているっぽいなー」くらいしか分からないのです。

 恐らくですけど、「マップを見ないから勝てないんだよ」って言ってくる人は、ただ単にマップを見ろと言っているのではなく、味方が何人生き残ってどこにいるのかとか、敵インクの塗られ具合から敵がどの辺にいるのかとか、マップ全体の戦況とかを見ろと言っているんじゃないかと思うのですが……視野の狭い自分には、咄嗟にそれが分からないのです。

 そのため「マップから得た情報を活かした行動」が取れずに、選択肢を間違えて素っ頓狂なことをして戦犯となっていくという……



 マリオよりロックマンが不得意という話もこれに通じる話で、「避ける」だけのゲームは自キャラの周りだけを見ていればイイのですが、「避け」ながら「攻撃する」ゲームは自キャラと敵キャラを同時に両方見なきゃいけません。視野の狭い自分にはそれが難しいんですね。
 RPGとかシミュレーション系のゲームで数字がいっぱい書かれていてもどこを見てイイかが分からないし、レースゲームなんかは「目の前のコーナー」を見つつ「次のコーナー」も見ていなきゃいけないんでしょうし、リズムゲームも「ABXA」みたいに叩くボタンの順番を先の先まで見ておかなきゃいけないんでしょうけど……「複数のものを同時に見る」ってのが私には出来ないのです。それ故に選択肢を間違えてしまうという。


 これは突き詰めていくと視力の問題の話になってしまうのかも知れませんが(子供のころの事故のせいで私は片方の視力がほとんどありません)、どっちかというとシングルタスクかマルチタスクかという脳の問題な気がしますし……

 ということは、何だ。
 私がゲームが下手な理由は、「知能が低いから」という煽りコメントの通りだったってことか!?

 ヽ(`Д´#)ノ ムキーッ


| ゲーム雑記 | 17:50 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |