FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

一次創作をしていて地味に悩む、“キャラクターの名付け”について

 現在、LINEノベルにて公開する予定の小説のプロットを大急ぎで作っています。
 無事に8月だけで10万文字を書くことが出来たなら9月1日から毎日1話ずつ公開する予定ですが、7月も終わるというのにまだプロットがまだ終わっていない!LINEノベルの賞の期限が9月30日なので、これは9月29日あたりに「1時間ごとに1話ずつ公開します」みたいな状況になるかも知れない!


 さて、そんな小説制作で地味に悩んでいるのが「キャラクターの名前」です。
 「いやいや、そこを考えるのが一番楽しいんじゃないですか」という人もいらっしゃるでしょうし、確かにキャラクターに「名前」が入ったときの「新しい命が生まれた」感覚は創作活動ならではの喜びだと思うんですが……私の場合、漫画も小説も短編を中心にものすごい数を書いているので、自分でも過去にキャラクターに付けた名前かどうか忘れちゃっているんですね。

 いや、流石に主人公とかヒロイン級のキャラの名前なら覚えていますよ? 5分くらいかければ思い出すと思いますよ? イザとなった押し入れに資料があるはずですし!
 でも、例えば「『ちのしあ』の海ちゃんのお父さんの名前は何だったっけ?」と訊かれても全然思い出せません。それを忘れたまま例えば新作の主人公に同じ名前を付けちゃったら、「これはまさか!『ちのしあ』の海ちゃんのお父さんが若かった頃を描いたスピンオフ作品なのか!渋いとこ持ってきたな!」と勘違いされてしまうかも知れないのです。


 得てして、「作者より読者の方がよく覚えている」もので。
 『吠えろペン』にもそういうネタがありましたね。素性を隠して漫画カルトクイズの番組に出たら、自分の作品についての問題だけ答えられなかった―――みたいな回。

 というのも、“キャラクターの名前”って最初に付けたもののまま行かないで、世に出す前に変更することも多いので、決定稿よりも第1稿の方を覚えているってことがあるんですよ。『絵のない世界』の「ミリアム」は最初「サッシャ」という名前だったし、『Re:Survival』の死神の名前は最終的に「チナリー」と「チナミー」のどっちにしたのか記憶が曖昧だし。


 また、作中には出てこない「設定だけの名前」を作っていることも多いので、例えば『サッカー日和』なんかは登場する全部のキャラのフルネームを考えていたんですね。でも、キャラ数が多すぎてそれは作中では出てこないのです(その設定があったので、それを流用して書いたのが『オレは貧乳が好きなんだ』だったりするのですが)。
 そういう「設定だけの名前」であっても、被るのはイヤなんです!ろくに覚えていなくても、もしふと思い出して「あー、新作の主人公の名前は『サッカー日和』で相撲部だったヤツと同じ名前じゃないかー」ってなったらショックじゃないですか!私しか気が付かなかったとしてもイヤなんです!

 さらにさらに厄介な話だと、「構想はしたけど描かなかった作品」とかもあって、そうした作品のキャラとも名前が被ったらイヤなんです!だって、いつか描く機会があるかも知れないじゃないですか!
 『コマンド?→A/B/C』の登場人物の名前は1月から3月までをモチーフにした名前でしたが、その続きをいつか描けたらイイなと4月から12月までのキャラクターも考えてあったのですよ!いつかまた描く機会があるかも知れないから、これも使いたくない!ちなみに私のお気に入りは6月のコでした!


 流石に今はもう時間がないんですが、この小説が書きあがったら「今まで自分が描いた漫画・小説の全キャラクターの名前」をリスト化しておこうかな……自分が気付いていないだけで、実はすでに被っている名前とかありそう。



 そしてそして、これを気にするのは私だけなのか、一次創作をしている人に是非訊いてみたいんですけど……「有名人」とか「有名な漫画・アニメ・ゲームなどのキャラクター」とか「好きな漫画・アニメ・ゲームなどのキャラクター」と名前が被らないようにって気を付けません?

 例えば、「まどか」って名前の女のコを出したら、どうしたって魔法少女のあのコを連想してしまうじゃないですか。
 「よくある苗字」「よくある名前」ならしょうがないけど、その響きで連想される人物が限りなく少ない場合は特に避けたいと思うんですね。分かりやすい例を挙げると、「江頭」って苗字はお笑い芸人のあの人を連想してしまうから、ヒロインの苗字に付けづらいみたいなことです。

 あ……そんなことを言いつつ、『サッカー日和』の岸くんとか、『モテ学』の南野さんは、野球選手とかサッカー選手から付けてたわ(笑)。でもまぁ、元ネタの彼らはイケメンなんで、主人公やヒロイン格に付けてもイメージが損なわれることはないかなぁ。



 あと、自分や家族はもちろん、友達とか、「昔好きだった女のコ」の名前とかも使うのは抵抗がありますね。
 だってほら、「昔好きだった女のコと同じ名前のキャラ」と主人公が結婚する話とか描いていたら、なんかヤバイヤツなカンジしませんか(笑)。万が一同級生とかに知られたら「やまなしって自分の漫画の中で○○さんと結婚したらしいぜ」「ストーカーよりも怖いわ」って陰口叩かれそうじゃないですか!

 あと、1回付けた名前が「どうにもどこかで聞いたことある響きな気がする……」と考えたら、自分の娘の名前だった(『トモダチコレクション』での)ので没にしたこともあります。だってほら、自分の娘と同じ名前をヒロインに付けて主人公と結婚する話とか描いたら、ド変態野郎だと思われかねないじゃないですか!



 そう言えば、『海猿』の主人公の名前は「作者の弟の名前」で、ヒロインの名前は「作者の姉の名前」と1巻のカバーに書かれてて、この2人が後にセックスするシーンとか出てくるんですけど、弟と姉(と同じ名前のキャラ)がセックスするシーンなんてよく描けるなぁと思ったことがあります。


 あ……でも、これ面白いネタかも知れない。
 ものすごい良いアイディアが降ってきたので、ここには書かずに、今後の小説で使うかも!(笑)


| 小説創作 | 17:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |