FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

考察:「日本からモザイクが消える日」は来るのか?

 当時は『ポケモン』実況とかPC故障とか色々あってブログで取り上げられませんでしたが、昨年の11月にこんなことが話題になっていました。


 山田太郎がモザイク廃止の為に動いてる事が記事になり、外人オタクが大喜び!


 あくまで「調整中」「交渉中」の話であって、実現するのは苦難の道だと思いますが……
 「(モデルのいない)二次元キャラ」や「本人同意の実在人物」の、アダルト作品における「性器の無修正表現」が合法になることを目指しているそうです。記事タイトルには「モザイク」と書きましたが、実際には「白塗り」「黒塗り」「謎の光」などの様々な修正表現すべてが該当すると思われます。

 私、選挙権を得てからほぼ毎回投票に行っていますが、初めて「政治家がんばれ!」と思ったかも知れません(笑)。



 エロに詳しい方々ならばご存じかと思いますが、アメリカなどの欧米諸国では(全部かどうかは知らん)性器にモザイクをかけなくちゃいけないなんて決まりはなく、「日本ではAVにモザイクをかけるんすよー」と外国人に言うと「バッカじゃないのwwww」と大爆笑されるそうです。
 どうして日本だけが性器を修正しなくちゃいけないのかを言うと、「明治時代に作った決まりを誰も直そうとしないだけ」だそう。インターネットが普及して気軽に海外のサイトにアクセスできるようになった時代でもそれが続いているため、「日本人が出演しているAV」のモザイクなしバージョンが海外に流出してしまい、「日本でお金を払って合法で観るとモザイクが付いている」のに「海外の違法コピーならモザイクが付いていない」みたいな作品もあるそうです。それが結構な経済的な損失になっているから云々という話を、私は海外のポルノサイトには詳しくないので「そういう話を聞いたことがある」くらいの情報で申し訳ないですが、聞いたことがあります。



 さてさて、「果たして本当に実現できるのか」とか「経済的にはどれくらいのプラスを生むのか」といった難しい話はひとまず置いときまして、このブログを読んでいるエロイことが大好きなみなさんにちょっと聞いてみたいです。

 「性器」って無修正で見たいですか?

 これ、恐らくかな~~り意見が分かれるんじゃないかと思うんですね。



 私は「見たい」派です。
 エロ同人漫画をダウンロードで買う際、同じ商品のページをFANZA(元DMM)とDL Siteの両方で開いて、同じページのサンプル画像を見比べて「どちらの方がどのくらい修正が薄いか」を吟味して買っているくらい気にします。同じ男性器の絵をマジマジと見て「こっちの方が形が分かりやすい!」とかやっているの、冷静に考えると笑えますけどね。無修正の男性器が見たいなら、今すぐパンツ下ろせば見られるのに(そういう話ではない)。

 既に持っている作品を、新たに「修正なしバージョン」として新しく販売したなら買い直しても全然イイくらいです。というか、買い直させてください、お願いします、何でもしますから。


 でも、「見たくない」派もいるとは思うんです。
 見えないからこそ想像力を掻き立てられるんだよという人や、リアルな性器はグロくてちょっと……という人もいることでしょう。インターネット時代の今ならそういうケースも減ったと思いますが、20世紀のころは「無修正の性器」を見る手段がなかったため、初めて彼女が出来てSEXをする際に「思ってたのとちがう!」とか「俺が想像していたヤツの方が良かった!」と思った人もいたとかいないとか。

 「俺が想像していたヤツの方が良かった!」とか言われる女のコ、すごく不憫だと思わなくもない……(笑)




 あと、「見せたくない」派の人達の意見も気になるところ。
 今交渉されている方向だと、「本人同意の実在人物のみ無修正が許可される」とのことなんですが……無修正が全面解禁された際に、「こっちのAV女優さんは無修正」「こっちのAV女優さんはモザイクあり」と同じ棚に並んでいたら、私だったら無修正の方だけを買います。
 もし、私みたいな人がマジョリティだったら「モザイクありのAV」は売れなくなって、AVメーカーも事務所も「無修正に同意してくれる女優さん」しか契約しなくなりそうですし、AVには出たいけど無修正はイヤだという人は職を失いそうです。

 「そんな人いるの?」と思われるかもですが、無修正が流出したのがショックで引退してしまったAV女優さんとかもいますし……あと、ほら、モザイクがなくなるとウソが付けなくなっちゃう部分もあるじゃないですか。詳しくは言いませんけど、「○○○解禁!」とか言って全然解禁してないヤツな。アレな!ああいうのなくなって欲しいと思っているから、私的にはやっぱり無修正解禁されて欲しいです(笑)。





 しかし、もし「無修正が合法化」されたとして、そういった作品が世に出てくるかはまた別の話。
 先月書いた「FANZA(元DMMのエロ部門)で検索できなくなった言葉たち」という記事にも通じるのですが、合法の作品であっても配信サイトが「このワードでは検索できないようにしてある」みたいなこともありますし。

 こちらは教えてもらったページですが、PayPalではこれらのワードを含む作品は購入できない―――みたいなクレジットカード会社や決済サービスが独自に規制しているものもあります。
 そのためかは分かりませんが、FANZAで同人作品を出そうとしても「そのワードが入っている作品は出せません」と断られた人もいるそうです。

 国が認めても、特定企業のガイドラインにガチガチに規制されている現状―――
 未来はそこまで明るくないぞって思えてしまいます。


 逆に考えると、「ウチはエロを一切規制しませんよ!」というクレジットカード会社とか、「合法化したからウチは無修正でも問題ありませんよ!」という配信サイトが出てきたら、一気に天下を取る可能性もあるのかも。次代のエロ業界の覇権をとるのは一体どこだ!?戦国時代が幕を開ける!


   

| ヒンヌー | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |