FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

思いついた斬新なアイディアが、既に世に出ていると知った際の絶望感よ

 サラッと書きますが、LINEノベルの賞に投稿していた『カカない』はダメでした。
 うーむ、残念。「続きが読みたい」と言ってくださった人達の気持ちも分かるのですが、ぶっちゃけ最後まで読んだ人が数人しかいない小説の続編を書くのはモチベーション上がらないので……時間が出来たら、LINEノベルではない小説投稿サイトに同じものを投稿しようかなと考えています。そこの反応を見て、今後を考えるつもり。



 さて、「賞に受からなかった」くらいで落ち込んでいたら漫画や小説なんて書いていられません。「次に書くアイディア」なんてたくさん考えてあって、その中からイケそうなものを絞っていくものなんですが……最近パッと思いついたアイディアで、「これはどうにでも面白くなるぞ」というものがありました。

 そのジャンルは「異世界転生モノ」。

 腐るほどあふれている「異世界転生モノ」の中で、まだ掘り下げられていないネタはないかなと考えて……これは「異世界転生モノ」でしか書けないし、同じ「異世界転生モノ」の中でも他の作品とは全然ちがう魅力を持った作品になってくれそうだぞと、アイディアを詰めていったのですが。



 検索したら、既に似たようなアイディアの作品がありやがりました。

 ぎゃーーーーーー。
 いや、正確に言うと「バドミントン」と「バレーボール」くらいちがうものなんですけど、中身を読まずに設定だけ見た人から「同じネットプレイのスポーツじゃないか!パクリだ!パクリ!」と叩かれそうなのでボツにしようと思いました。

 「異世界モノ」はこれ以前にも思いついたものがあったのですが、その後Twitterでバズっている作品が「うわ、似たようなアイディアの話だ」と被っていることに気付いてボツにした経験があって……「異世界モノ」という人気のジャンルで、「斬新なアイディア」を考えようとすると、どうしても被っちゃうのかなぁと。



 じゃあ、「誰も思いつきそうにない斬新なアイディアの作品を描こう」とするとあまりに尖りすぎてて見向きもされないというパターンですよ。『モテ学』とか『モテ学』とか『モテ学』とか『モテ学』とかな!




 「斬新なアイディア」なんか目指さないで「王道」を突き進む方がイイのかなと思わなくもない。

 『スーパーマリオ』は『パックランド』のパクリだと言う人が後を絶たたないのは「あの当時に横スクロールジャンプアクションをやろうとしたゲームが少なかったから」で、でもその『パックランド』が『ドンキーコング』や『マリオブラザーズ』のパクリだとは言われないのは「アクションゲームでジャンプすることは当たり前になっていたから」だと思うんですね。


 つまり、「斬新なアイディア」が被るとパクリと言われるけど、「当たり前になっていること」ならパクリとは言われないんです!
 もう王道要素だけをかき集めて、自分のアイディアなぞ1ミリも入っていない作品を目指した方がイイのかも知れない。




 ブログ記事も、自分の頭で必死こいて考えて書いたものが「同じようなことを○○さんも書いてましたよ」とか言われて、じゃあもう書かなきゃよかったよ!と後悔することばかりなので……当たり前なことだけ書いていくことにしましょう。「冬は寒い」とか「よく寝ると元気になる」みたいな記事だけ書き続けよう、そうしよう。

| 小説創作 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |