FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

考察:エロ動画にエロ写真、エロイラストにエロ漫画にエロ小説、どれが好き?

 えっと……察しの良い人は気づいているかも知れませんが、ブログの毎日更新はそろそろ辞めようと思っています。こんなことを続けていても何にもならん!
 それで、辞める前には「今まで語っていなかったこと」を惜しまずに語っておこうと思いまして……この記事のコメント欄に書かれた興味深い話を語っておきます。その話とは、


 同じ「エロ本を買う」でも、二次元のものを買う人と、三次元のものを買う人の間には何よりも深い溝がある―――

 実はこの話、私が男友達と一緒にエロ本を買いに行くような年齢のころからずっと頭の中にあったことです。しかし、それを友達に言うと「人の趣味にケチを付ける」ことになりかねないので黙っていましたし、このブログ等でエロ話を書く際にも伏せてきました。
 要は、私の中の「差別心」みたいなものが垣間見えちゃうので、あまり言語化したくなかったんですね。


 私は当時「三次元派」でした。
 そして、一緒にエロ本を買いに行ったり、好きなエロ本の名前を言い合ったりする時に、「二次元」の雑誌を挙げる友達をちょっと見下していたところがありました。

 コメントを下さった人は「ヲタクかヲタクじゃないかで、二次元と三次元で好みが分かれるのでは」と仰っていましたが……私は当時から大の漫画好きで(アニメはあまり観ていなかったけど)、ヲタクと言えばヲタク側の人間でしたが「三次元派」で。友達はそこまでヲタクっぽくない人でも「二次元派」の人はいました。



 では、どうして当時の私は「二次元のエロ」―――「エロ漫画」雑誌を見下していたかというと、より現実の女性に近い方がエライという価値観があったのかなと思うのです。

 ピラミッドのトップ、これが「現実の女性」
 彼女のいるヤツはそれで充分なはずで、ぶっちゃけ彼女のいない寂しい人間がその代替物としてエロ本を読む――くらいの感覚でした。これはエロに目覚めたくらいの年齢ではそう思っていただけなんで、今ではそうではないと分かっていますけどね。

 次が「AV」、今で言う「エロ動画」か。
 「現実の女性」が動いてエロイことをやっちゃっている!すごい!
 でも、誰もがスマホを持ってインターネットにアクセスできるような時代でなかったため、「AV」ってなかなかハードルが高かったのですよ。「え? レンタルビデオ屋にでも行けばよかったんじゃないの?」って、それはその……ムリな事情がありましてね。ゴニョゴニョゴニョ。

 その次が「三次元のエロ本」、「エロ写真」がいっぱい載ってる雑誌ね。
 「エロ動画」に比べれば静止画なのだけど、それを見て動いている姿を想像して楽しんでいました。日本一モテないので彼女はできない、AVも借りに行けない、そんな私が手を出せる一番“現実の女性に近いエロ”がコレだったんですね。

 なので、「エロ漫画」はその下だと見下していたんです。
 「絵じゃん」と。現実には存在しない作り物の女性じゃん、と。
 エロ漫画をまったく読んだことがないワケではなくて、友達の家で読んだこともあるのですが、そのクオリティが低かった……というのも、私の「エロ漫画はしょぼい」という偏見を形作っていったのかも知れません。

 「エロイラスト」はさらに下。
 「エロ漫画」はまだ動きを感じさせるけど、イラストは動きもねえじゃん!くらいに思っていました。


 繰り返しますが、私は当時から大の漫画好きでたくさんの作品を読んでいました。漫画そのものを見下していたワケではなくて、「漫画でエロを描くこと」を見下していたところがあったのかも知れません。例えばジャンプやマガジンとかでも「お色気枠」と言える作品があったのですが、そういう作品は「エロに頼らない漫画」に比べて格下だと思っているところがありました。
 今は「格下」とまでは思っていませんが、(非エロの)漫画やアニメにおける「エロイ描写」は相変わらず好きじゃなくて「Not for me」だとは思っています。



 しかし、「エロは三次元に限る」と思っていた私の人生に転機が訪れます。
 インターネット時代の到来です。

 それまではお金を払って買うか、川原で拾うかでしか入手できなかったエロコンテンツが、インターネット時代だと「世界中のエロイラストレイターが描いた絵を自分のホームページにアップしている」ため、無料でエロイラストが見られてしまうのです!(あ、川原で拾うってのは自作『エロ本を買いにいこう!』のネタなんで、本当に川原でエロ本を拾ったことはないです)

 そこで、ピラミッドの底辺だと思っていた「エロイラスト」が、大富豪(大貧民)で革命を起こした後のようにひっくり返って頂点になるんですね。世の中には多種多様なエロの好みがあって、それぞれが自分の好きなエロを自由に表現している世界があるんだと衝撃を受けました。
 その中には「三次元では表現しづらいもの」もたくさんあって―――すごい分かりやすい一例をあげますと、この一例は分かりやすさを重視した例なんで別に私の好みとかじゃないんですけど、三次元で妊婦さんのエロを描くのって大変ですが、二次元なら妊婦さんの絵を描くだけなんで自由にできるみたいなことがたくさんあったんです。あとまぁ、シンプルに三次元で手を出すと逮捕されるような年齢のキャラも、二次元では描くことが出来たり(最近はここの規制も厳しくなりつつありますが)。


 「より現実の女性に近い方がエライ」という価値観を持っていた私ですが、そこで「現実の女性には出来ない(してはいけない)ことが出来るのが二次元なんだ」と世界が180度変わったのです。現実から遠いからこそ出来るエロがあるんです。

 そのままエロ漫画の世界にも足を踏み入れていくのですが、しかし、「エロイラスト」や「エロ漫画」にはどうしても越せられない壁が出てきてしまいます。それが「絵柄の好み」です。
 シチュエーション的には好みなんだけど、この絵は自分的にはエロイ気分になれないんだよなーという絵はどうしてもありますし。更に言うと「現実から遠いからこそ出来るエロ」が故に、エロ同人の世界ではとてつもない爆乳で描かれるような絵もあったりで、ヒンヌー教の自分にはそれだとシュンってなっちゃうんですね。


 んで、「絵柄のない世界」として「エロ小説」を読み漁っていくようになります。“現実には存在しない作り物の女性”どころか、今私が頭に思い浮かべている女性の顔は作者すら想像していない私好みの私だけのヒロイン! 最初のピラミッドの時には底辺にも入れられなかった「エロ小説」が、一番自由に楽しめるメディアなんだと思えるようになって今に至るという。



 『SLAM DUNK』の河田雅史が、山王工業に入学した時は身長が低かったため最初はガード、身長が伸びるにつれてフォワード→センターとポジションを変えていったことで「すべてのポジションのスキルを持った最強選手」になったように―――私のエロ遍歴は、「三次元のエロ」→「二次元のエロ」→「エロ小説」と変わっていったため、今ではどれでもイケるオールラウンドプレイヤーになったと言えます。

 我こそがエロ三刀流だっ!


 しかし、そんな私でも手を出していない世界があります。
 それが「エロ音声」です。

 DL Siteなんかではたくさん販売しているので興味があるのだけど、どの辺が定番作品なのか、どうやって楽しむものなのかがイマイチ分からずに手を出せていません。でも、ここまで来たら四刀流を目指して、エロマイスターになろうではないか!


 ということで、アドバイス(顔射)を求ム!
 DL Site等で購入できる、おすすめの「エロ音声」作品や、「エロ音声」作品の楽しみ方・極意なんかがあったら教えてください!


 
 ついでに、こういう記事タイトルにしたからにはアンケートでみなさんの好みを聞いてみることにしました。
 私みたいに「どれでもイケる」という人のために複数回答できるようにしましたが、「俺、エロ漫画が好きだから500票入れちゃおう」みたいな投票はやめてね。一人一項目一票まででお願いします。







※ リクエストがあったので、選択肢に「エロゲー」を追加しました

| ヒンヌー | 21:00 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |