やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「○○と喋っている時の△△」が好き!

 好きなものを「好き!」と言えるのって楽しいですよね。

 「一番好きなキャラはだれ?」症候群(情報元:ゴルゴ31さん)


 別に意識して決めているワケではないけれど……漫画でもアニメでも映画でも、自分もまず「好きなキャラ」が作品内に出来るどうかを真っ先に見ます。「好きなキャラ」が一人の時もあれば、「コイツとコイツとコイツは好きなキャラ」みたいにざっくり捉える時もあるし、「コイツと喋っている時のコイツが好きだなぁ」と思う時もあります。

 もちろん途中で、「やっぱコイツも良いなぁ!」と心変わりすることもあるのだけど……
 いずれにせよ自分の中に「コイツが好きだ」という線を一本通しておくと、その作品に俄然と興味が湧いてくるというか。「もっと出番ないかなー」、「いや、でも滅多に出番がないからイイんじゃないか!」と思えるのです。

 ぶっちゃけ『けいおん!』のスタートもそうでしたよ。
 「唯に妹いるみたいだから、妹にもっと出番ないかなー。姉妹でイチャイチャしてくれないかなー」と第1話の段階では思っていました。まさかその後にあんな姉妹フィーバーが起ころうとは思いもせず。


 逆に言うと、「好きになれるキャラ」が一人もいないと、どんなにストーリーが面白くてもなかなかテンションを上げられません。いや、面白いのは面白いんですけど、「面白い作品」と「好きな作品」は別のベクトルなんだと思うのです。
 あくまで自分の話ですけどね。以前こういうことをチラッと書いて「それはおかしい!」と言われたこともあるので、みんながみんなそうだとは思っていませんけど。とりあえず自分の中では、「好きな作品」になるかどうかは「好きなキャラ」がいるかどうかで決まっているんです。




 これは他の分野で考えた方が分かりやすいですかね。
 好きな選手がいるとスポーツを観るのが楽しくなるし、好きなパーソナリティがいるとラジオを聴きたくなるし、好きなタレントがいるとテレビを観たくなるし、好きなブログが1コあると「そろそろ更新しているかなー」とパソコンを立ち上げたくなるし。

 「○○が好き!」という感情は、取っ掛かりとして非常に大切なんだと思うのです。


 しかし、そう考えると「関係性萌え」ってそこから一歩踏み出した面白い嗜好ですよね。
 「○○が好き!」「○○は俺の嫁!」「○○の膝の裏をなめ回したい!」というのは分かりやすく、どストレートな欲求だと思うのですが。「△△と喋っている時の○○が好き!」って、ワンステップ経由しているワケじゃないですか。


 「阪神タイガースが好き!」というよりも、「巨人と戦っている時の阪神タイガースが好き!」みたいなカンジでしょうか。スポーツで“伝統の一戦”とか“ダービー”とか“クラシコ”とか名前を付けて煽るってのも、これに通じるものがあるのかも。
 「ハンカチ王子」単体よりも、「ハンカチ王子vsまーくん」の方が盛り上がるみたいなことで。


けいおん! 平沢唯 (1/10スケールPVC塗装済み完成品)けいおん! 平沢唯 (1/10スケールPVC塗装済み完成品)

Wave 2009-12-25
売り上げランキング : 469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 人間には色んな側面があります。
 高校の友達と一緒に歩いていたら、たまたまソイツの中学時代の友達にバッタリ会って、「コイツ、高校と中学じゃキャラ違うんだな」と思ったことってありますよね?ああいうことは誰にでもあることだと思うんです。「母ちゃん、電話の時だけ声が高くなるよな」みたいな。


 喩えば、平沢唯というキャラで言えば。
 澪の前で見せる顔、律の前で見せる顔、紬の前で見せる顔、梓の前で見せる顔、憂の前で見せる顔、和の前で見せる顔、さわちゃんの前で見せる顔―――それぞれ全部違うワケですよ。

 どの唯が好き?と聞かれて「全部好きです」と答えるとこの記事が成り立たないので(笑)、
 「憂と喋っている時の唯が好き!」と答えるとすると、これが唯憂姉妹萌えなんですよね。ものすごくシンプルに捉えると、そういうことだと思うのです。



 ここをどんどんどんどん突き詰めていくと「カップリング萌え」とかになるのでしょうけど……恋愛感情があるかとか一線を越えるかとかの議論よりももっと手前に、「○○にしか見せない△△の一面」が好きだというのが根本にあるのかも知れんぞと思ったのですよ。
 



 このブログで何度か話題になった「渚は俺の嫁」と思えるのか問題も、こう考えると分かりやすくて―――
 「古河渚は岡崎朋也の嫁」で、「自分は岡崎朋也ではない」のにも関わらず、「何故自分は古河渚が好きなんだろう?」という疑問の答えはシンプルで。自分は「朋也と喋っている時の渚」が好きだったんですよ。

(関連記事:ヒロインは誰のもの?




 この記事は軽い気持ちで書き始めたのだけど、意外に深い話かもですね。

 平沢唯が本当に「俺の嫁」になったとして―――という仮定はブッ飛びすぎていますが(笑)。
 喩えば『ラブプラス平沢唯バージョン』が出たとして―――そこで見せてくれる顔は、「自分の前で見せる顔」であって「憂の前で見せる顔」ではないワケです。それは果たして自分が好きな平沢唯なのか??と、考えてみたりするワケです。


 いや、さっき「どの唯が好き?」「全部好きです」とか書いちゃったから、自分でもこの例はどうかと思うのだけどね(笑)。読者目線・視聴者目線をどこに合わせるのかを考える上で、重要な話だと今更ながらに思ったのです。


TVアニメ「けいおん!」イメージソング 平沢憂TVアニメ「けいおん!」イメージソング 平沢憂
平沢憂(米澤円)

ポニーキャニオン 2009-10-21
売り上げランキング : 61

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ラブプラスにはDSを通信させる事によってヒロイン達同士で身の上話をしてくれる機能がありますよ。
プレイしてる人の中にはこのモードがたまらないという人も多いようで……ぬかりないですよコナミさんは。

| ああああ | 2009/10/17 04:28 | URL |

ボーイズラブって「○○と喋ってる△△が好き」というのを
最大限特化させた遊び(趣味趣向?)じゃないかという気がします。

よく腐女子叩きで「○○が好きなら自分とのエロでも考えてろよ!」って発言がありますけど、
自分のことを好きになった○○なんかに腐女子は興味ないんじゃないかと。
あくまで「△△と喋ってる○○」が好きだから組み合わせる、妄想するのであって、
その叩き方は的外れじゃないかなーとよく外野で見ていて思います。

ボーイズラブに非常によく似たファン層を確立しているのに「東方」があります。
あれも「○○と喋っているときの△△が好き」という組み合わせの人気が高く、
ふだん腐女子に「カップリングにムキになって争うとのかきめぇ」と言ってる男ですら
「○○には△△だろ!××との組み合わせとかありえねえ!!!」と激昂したりしています。

「○○と喋ってる△△が好き」というのは男女共通の萌えの形であり、
ある意味では一番オタク男女が寄り添える(共感できる)要素なのかもしれません。

| *** | 2009/10/18 07:01 | URL |

「△△と喋っている時の○○が好き!」というのはつまり、▲▲と●●が好きだけど△△と喋っている時ならば○○も好きだよってな具合に、△△と喋っていない時の○○はそこまで好きじゃないことなんだと思ってます。
キャラ萌えを語っている場にシチュエーション萌えを持ち込んだ
同志や相手との共通意見を探そうとして出来た概念なんじゃないかなと思います。
単純にカツもカレーも好きだからカツカレーが1番好き、というのもあるとは思いますが。

>>*** さん
>よく腐女子叩きで「○○が好きなら自分とのエロでも考えてろよ!」って発言がありますけど
それは単純に「同性きもいからやめろ自分との絡みなら理解できる」って意味では?
「ロリコンきもい2次だけにしとけよ」とか「痴漢とかバカじゃねーのAVで満足しておけよ」とか「牛乳にご飯とか頭おかしいパン出せよ」みたいな単純な嫌悪感からくる言葉ではないかと思われるので、別に勘違いしているとか的外れな事を言ってるってわけじゃないと思います。
共感し合える同志を見つけられるのは素敵なことだとは思いますが、女同士、男同士でも「同じ○○が好き同士だがこの趣味は分からない・分かってもらえない」ということがしょっちゅうあります。
こいつとは恐ろしく趣味が合うが、だからこそここがどうしても許せなくなるというのもあります。
オタクでいる限り、男女にかかわらず他者と寄り添える日なんて来ないんじゃないかなーと思います。
傍に立ってることぐらいならできそうですがw

| noname | 2009/10/18 21:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1017-bf2d776f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT