やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年下のキャラでも“さん付け”したくなる心理

 自分がネットで漫画やアニメの感想を書くようになって6~7年くらい経っていると思うのですが、最近になって気になり始めたことがあります。それは、「キャラの名前をどう記述すべきか」という問題。



 今季アニメのお気に入りは何といっても『とある科学の超電磁砲<レールガン>』で、mixi日記の方にチラホラと感想なんざをメモらせてもらっています。んで、その感想の中で半分くらいは意識して半分くらいは無意識なんですが……

 「御坂美琴」は“美琴”と、「白井黒子」は“黒子”と、「初春飾利」は“初春”と、「佐天涙子」は“佐天さん”と記述しています。“佐天さん”だけ“さん付け”をしてしまうのです。
 設定年齢は、黒子も初春も佐天さんも同じ学年ですよね?でも、どうしてか佐天さんだけ“さん付け”をしてしまうのです―――それは何故か?



 まー、一つの答えとして簡単なのは「作中でそう呼ばれているから」ですよね。
 メインキャラ4人がどう呼び合っているのかをまとめてみると、多分こんなカンジ。


・美琴→黒子、初春さん、佐天さん
・黒子→お姉様、初春、佐天さん
・初春→御坂さん、白井さん、佐天さん
・佐天さん→御坂さん、白井さん、初春


 佐天さん→黒子の呼び方がイマイチ自信ないな……間違っていたらゴメンなさい。
 それはさておき。初春は3人中2人から「初春」と呼び捨てにされているのに対して、佐天さんは3人全員から「佐天さん」と“さん付け”で呼ばれているワケです。なので、自分が感想を書く際には、「初春飾利」は“初春”と「佐天涙子」は“佐天さん”と記述してしまうのですね。



 ―――じゃあ、「美琴」のことは何故「美琴」と書いてしまうのだろう?
 今の理論で言えば、「御坂さん」と書くか、もしくは「お姉様」と書くべきじゃなかろうか。
 “べき”ってのも変な話ですし、『とある科学の超電磁砲<レールガン>』という作品が語っていることをなぞれば「理論を超越する感情が大事だよね!」みたいなことなのかも知れませんけど。その感情は一体どこから出てくるのか。


とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]

ジェネオン・ユニバーサル 2010-01-29
売り上げランキング : 27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この手の話、実は他の作品でも言えることで……
 ウチのブログで散々話題に出してきた『けいおん!』でも、自分は「唯」「澪」「律っちゃん」「紬」「梓」「憂」「和」「さわちゃん」―――と記述してきました。
 基本的には名前呼び捨てなのに、「律」だけ“律っちゃん”で、なのに作中ではほぼ全員から「ムギ」「ムギちゃん」「ムギ先輩」と呼ばれている「紬」は“紬”だという。確か憂だけは「紬さん」と呼んでいたと思うけど、別にそれに倣って“さん付け”でもないという。

 うーん……謎だ。
 「律」を“律っちゃん”と呼ぶのは“佐天さん”の理論と一緒ですよね。作中で「唯」「紬」「さわちゃん」から“律っちゃん”と呼ばれていたので、それに倣ってのことなんだろうと思います。
※ 正確には“りっちゃん”とひらがな表記。原作を後から読んだので「ひらがなだったのか!」と驚きました(笑)



 基本的には、男キャラでも女キャラでも「名前(ファーストネーム)呼び捨て」が基本で。
 作中で苗字で呼ばれることが多いキャラは「苗字呼び捨て」か「苗字さん付け」で、あだ名がある場合は「あだ名」で記述することが多いですかねー。
 自分は女のコに“ちゃん付け”って出来ないんですよ、これはリアルなクラスメイトとかにもそうでした。なんか、「うわー。俺馴れ馴れしいなー」ってなっちゃうんです。「名前呼び捨て」や「あだ名」は別に気にならないのに。“律っちゃん”とか“さわちゃん”は「あだ名」認識だから大丈夫なんですけど……

 あー、そうか。
 今書きながら思ったことなので、話が脇道に逸れますけど……自分が豊崎愛生さんのことを「豊崎さん」と記述しているのはそのためか。「あすみん」とか「キタエリ」とか「しゅがりん」とかは普通に書けるのに、「愛生ちゃん」と書くのはルール違反な気がするというか。



 話を元に戻しまして―――
 だから、『かんなぎ』の「ざんげちゃん」をどう記述するべきか、1年前の今くらいにすげー悩んでいました。
 アレはあだ名なような気がするし、作中のほぼ全員が「ざんげちゃん」と呼んでいたのだけど、ナギだけは「ざんげ」って呼んでいたんですよ。「えー、アレって本名なの!?」と戸惑いました。本名だったら“ちゃん付け”するワケにはいきませんから(笑)。


 『超電磁砲<レールガン>』の話で言うと……
 アニメ開始前から自分はWEBラジオを聴いていて、パーソナリティの二人が「佐天さんは…」と仰っていたのが大きいのかな。ラジオで呼ばれている呼び名に引っ張られるというか……言われてみれば、ラジオでは「美琴ちゃん」「黒子ちゃん」と呼ばれていたような気がするし。


 『ささめきこと』でも、WEBラジオでパーソナリティの二人が「純夏/純ちゃん」「風間」と呼んでいたから、自分が感想を書く際には「純夏」「風間」となった……と。意外にも、ノープランで記事を書きながら答えらしきものに辿り着いてしまったぞ!(威張ることでもない)



<結論を3行まとめ>
・“キャラの名前をどう記述するのか”は、作中でどう呼ばれているかに引っ張られる
・ただ、作中以外で呼ばれている呼び方にも引っ張られることがある
・友達同士の会話だとか、番組のラジオだとか



 ヲタク友達がいる人はまた違う気がしますね。友達がいなくてサーセン。
 「レールガン面白ええええ!」と思っても薦められる友達がいないからネットに書き込むくらいしか出来なくてサーセン。寂しくなんかないよ!ネットだけが僕の友達だからね!


かんなぎ ねんどろいど ざんげちゃん (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)かんなぎ ねんどろいど ざんげちゃん (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

グッドスマイルカンパニー 2009-07-17
売り上げランキング : 629

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:55 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あるいは作中でしっかり者のキャラだったり相対的に年上だったり、説教するポジションのキャラなんかもさん付けしてしまいますね。
作中での呼び方とは関係なく、自然と敬意?のようなものを持ってしまうというか。

そう、みんなのヒーロー上条さんです。

| ランプの廃人 | 2009/11/05 17:15 | URL |

まあ上条さんにさんづけした登場人物は上条さん本人だけだった気がしますが

| 55555 | 2009/11/05 22:02 | URL |

豊崎さんには「あいなま」という素晴らしいあだ名がありますよ!
使ってはいかかでしょう(笑

| ぬるぽ | 2009/11/06 10:55 | URL | ≫ EDIT

自分の考えでは誰目線でそのキャラを見ることが多いかだと感じました。
自分の場合も「美琴」「黒子」「初春」「佐天さん」ですね
御坂美琴は禁書で上条さんとよく絡み「御坂」の呼び方が中心です
しかし禁書目録中には御坂と呼べるようなキャラが父、母、御坂妹、打ち止め、等多数存在し区別することが必要となり「美琴」と呼ぶのが多くなった感じです
黒子は御坂のパートナー的な位置づけなので御坂の呼び方である「黒子」
同じく初春は黒子、佐天のパートナー的キャラで「初春」
佐天は主に初春の相方なので「佐天さん」
上条さんは自分で「上条さん」って言ってますしね

| ああああ | 2009/11/06 12:38 | URL |

タイトル見て真っ先に上条さんが浮かんだ

| ああああ | 2009/11/06 17:53 | URL |

大阪さんは無意識に大阪さんと呼んでまう

作中で一番好きなキャラであるというのは別のところに理由のあるきがする

|   | 2009/11/08 23:41 | URL |

やっぱ

ゴクウが死んで
苦労したトランクスは礼儀正しいな
ずっと子供のゴハンに
ゴハンさんだったもんなぁ

| 神ころ | 2009/11/09 20:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1025-fe913e6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT