やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「中古ゲームは利用しない」宣言から1年半が経った

 この話を書くと反発を受けるのだろうけど、書かないのはもっと無責任だとも思うので今日はこの話題にしました。2008年秋に書いたこれらの記事の“その後”について語ろうと思います。


 「新品を買えばゲーム会社にお金が入る」という固定概念を疑ってみる
 「中古ゲームを買うな」よりも「中古にゲームを売るな」の方がキツイと思う


 ネット上ではよく中古ゲームが「悪だ」みたいに語られているけど本当にそうかな?という疑問を1年半前に書きまして、賛否両論轟々な末に、当時の僕は「じゃあ分かった!とりあえずオイラは中古ゲームは買わないし、中古にゲームも売らないよ!」と半ば逆ギレのように宣言したのですが……


 そこから1年半が経ちまして、この1年半がどうだったかと申しますと





 パッケージソフトを1本も買っておりません。


 母が『街へいこうよ どうぶつの森』と『Wii Fit Plus』を買いましたし、ダウンロードソフトはチョコチョコ買っていますし、以前に買っておいた『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』をクリアしたとかあったので、ゲームに触れる時間自体がなくなったワケではありませんが……

 気付けば、1年半もの間1本足りともパッケージソフトを買っていなかったという。新品も中古も。
 僕は元々「中古ゲームを買う」習慣がありませんでしたから、「中古ゲームを買う」の部分はあまり関係がなく、「中古にゲームを売る」のを封じられただけでこうなったという。まー、漫画描くのが忙しかった(&楽しかった)というのも大きいんですけど。



 「面白いゲームが出ていないんだろ?Wiiは特になっ!」みたいなゲハな話にしたくないので、一応断っておきますと。僕はPS3も持っていますよ。そして、別に「面白そうなゲームが出ていない」ワケではないです。「買おうかなー、どうしようかなー」と迷った挙句に買っていないというだけです。



 新品で買うとパッケージソフトは5000~6000円するじゃないですか。
 「買ってみたら超つまんなかった」としても、5000~6000円の出費は消えないのです。
 もし「中古にゲームを売る」という選択肢があったのなら、即効で売りさばいて、2000円で売れたとしたら3000~4000円の出費で済むんですけど。その選択肢を自ら封じてしまったために、「面白いか分からないけどとりあえず買ってみよう」という一歩が踏めなくなりました。
 あと、実際に封じてみて思ったのですが、「つまんなかったら中古に売ればイイや」というスタンスだった頃は中古への売値が下がらない内に「面白いかどうか」を確かめなきゃならないから、発売日と同時に買っていたんですよ。それがなくなると、「後回しでもイイかな」になってしまうという。

 お金の問題だけじゃないです。
 「中古に売れない」ということは、その「超つまんないゲーム」がずっと家に残るワケです。鳥避けに使ったりしない限り。せっかく買ったゲームだから、最初は「超つまんない」けど20時間越えたところから神ゲーになるかも知れないし……と、ムリして遊んで時間を費やすことにもなりかねません。いや、神ゲーになってくれれば良いんですけど、大抵の場合は……ねぇ?



 そんな脳内シミュレーションを、ソフトの発売日前に行った結果。
 「発売後の評判を聞いてからにしよう」と思ったソフトが10本くらいあります。

 で、評判が悪かったソフトに対しては「買わなくてセーフ!」と思い、
 評判が良かったソフトに対しては、「でももう発売から随分と時間が経っているから値下がりするかもな…」と思ってしまい、買うタイミングを逸してしまうという。



・つまんないかも知れないから様子見
→ 根下がりするかも知れないから様子見
→ 廉価版が出るかも知れないから様子見
→ 廉価版が出たということは続編が出るかも知れないな様子見



 何このチキンレース(笑)。
 ちなみにPS3の場合は体験版があるのでまたちょっと違って、体験版を遊んで「自分の肌には合わないな」と確認した上で買っていません。



 
 世の中の人みんなが僕みたいだとは思っていませんよ。
 多数派・少数派で分けていけば、僕は常に少数派に属す人間だと思っています。だから自分のケースがみんなに当てはまるとは思いません。僕みたいにネガティブで後ろ向きで消極的で卑屈で根暗でチ●コが小さくて理屈っぽくて日本一モテない短小包茎野郎だから、1年半もウダウダしていたのだと自分でも分かっています。

 そもそも、こんな記事を今の段階で書いているということは、「2年は持たないな」と思ったからですしね。こんな僕ですら今年の年末までにはパッケージソフトを買うだろうなと思ったので、今の段階で記事にしたのですし。



 だから。言いたいことは、1年半前にも挙げたこの文章について。

 (中古ゲーム市場の否定は)「売れるソフトと売れないソフトの差が大きくなっている」という問題をますます促進することになるんじゃないでしょうか?


 喩えば、仮説として「ゲーム人口の拡大」で入ってきたような層は“中古にゲームを売らない”のだとしたら……1本5000~6000円もするソフトを気軽に購入することが出来ず、数ヶ月に1本とかのペースで「確実に面白いソフト」を選んでいくと思うんですよ。『Newマリオ』のような人気ゲームの続編ソフトや、『Wii Fit』のような話題になっているソフト、みたいなカンジで。


 そんな状況を「ライトゲーマーはコアゲームを買わない!」と非難している人が、普通に“中古にゲームを売っている”のをブログとかで知ると。そりゃ中古ゲーム利用したら色んなゲーム買えるよねと思ってしまうんですよ。
 ほら、僕は自ら封印を宣言したから「羨ましいぞ!」と思うのですよ(笑)。



 仮説ですからね。実際に“中古にゲームを売らない”層がどのくらいいるのかは分かりませんが……
 実験的なソフトとか、意欲的なソフト、シリーズソフトじゃないソフト、「遊んでみるまで面白いかどうか分からない」ソフトをもっともっと売っていきたいのなら、遊んでみてつまんなかったゲームは中古屋さんに売っちゃえばイイじゃん!と周知させていけばイイと思うんですよ。そうすれば一か八かで手にとってもらえる確率が上がります。


 でも、ゲームメーカーは言いませんよね。
 中古に売られると中古で買われる確率が上がるので、新品で売れない=利益が下がると思うから。

 ゲーム雑誌も言いませんよね。
 大手ゲームメーカーから広告費をもらって成り立っているビジネスですから。

 ゲームライターは……言っている人もいますよね。
 田下さんなんかは結構積極的に「ゲームを売りに行こうよ!」と仰っている。これは「どこで仕事をしているのか」に依るのかも。




 「出せば売れる」ソフトを抱えている大手メーカーは、中古ゲーム市場がなくなっても困らないと思うんですよ。「売れるソフトと売れないソフトの差が大きくなっている」と言っても、売れるソフトの方を抱えていればイイんですから。

 問題はそうではない小さなメーカー達。意欲的なソフトを出しても手にとってもらえない。「ダウンロードソフトなら価格を下げられるから意欲的なソフトを出せるよ?」と言われても、ゲーム機のネット接続率は全然上がりませんし。
 そもそもWiiウェアの人気ランキングとかを見れば、シリーズソフトが上位独占状態なことを知れるだろうって思うのです。ネットで話題になった非シリーズソフトが頑張ることもあるけど、長くランキングに留まれるのはシリーズソフトばかりなんですよ。


 色んな立場があるから、もちろん「中古ゲームを肯定すれば全てが上手くいく」なんて思いませんよ。
 「売れるソフトと売れないソフトの差が大きくなっている」原因には色んなものがあって、中古ゲームの問題はその中の1つでしかないと思っていますよ(もっと深刻なのは1ソフト辺りのプレイ時間が昔に比べて長くなったことだと思うのだけど、それはまた今度)。


 でも、「つまんなかったら中古に売って構わないから買ってみてよ」と言うのも手だと思うんです。
 特に非シリーズソフトは。




 そうすると「中古ゲーム屋さんにはつまんないゲームばっかり並ぶ」ことになるんですけど(笑)。
 何をもって「面白い」と思うかは人それぞれですし、自分の肌に合わないソフトを買っちゃったら潔く中古ゲーム屋さんに売っちゃえばイイと広めていけば、とりあえず買ってみようって人が増えるんじゃないかと思うんですけどねー。



 ちなみに僕は、もう少し「中古ゲームは買わないし中古にゲームは売らない」を続けるつもりです。
 別に今回の記事を書いたことで中古ゲーム反対派の人たちから袋叩きに合うだろうからではありません(笑)。


 こんな記事を書いといてアレなんですけど、「中古ゲーム市場が悪だ!」と言う人の気持ちも分からなくはないからです。


斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ)(特典無し)斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ)(特典無し)

任天堂 2010-02-11
売り上げランキング : 177

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 批判を恐れて「どっちの意見も尤もだ」とかビビッているワケじゃないですよ……多分。


 「中古にゲームが売られる&中古でゲームが買われる」ことによって打撃を受けるジャンルのソフトは確かにありますもの。1度クリアしたら満足のゲーム、ストーリーを追うタイプのゲーム―――RPGとかアドベンチャーは、発売と同時にクリアされてすぐに中古に売られるなんてケースが想定されます。

 そうしたジャンルのゲームにキラータイトルを抱えているメーカー、及びそうしたジャンルのゲームが好きで「もっと売れて欲しい」と願っているユーザーは、「中古ゲームなんかなくなってしまえばイイんだ!」と思っても仕方ないって思うのです。


 『ドラクエ9』はストーリーを追うゲームではなく、キャラクターを延々と育てる方向に進みましたし。
 ここ数年のヒットソフト、『どうぶつの森』も『モンハン』も『トモコレ』も“1度クリアして終わり”ってゲームではないですもんね。Wiiで「みんなで遊ぶゲーム」が売れるのは、“1度クリアして終わり”ってゲームではないからですもんね。


 そうしたゲームが好きではなく、“1度クリアして終わり”ってゲームが好きだって人達が文句を言うのは当然だと思うのです。僕だって“1度クリアして終わり”な『ゼルダ』がもっと売れて欲しいですもの。



 思えば……『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』が現在の地位を築いた初期の頃って、1年に1本とかのペースで発売されていたワケですよ。『ドラクエ』に関しては社会現象化した稀有な例なので置いといて、『FF』が右肩上がりで売り上げを伸ばしていたのって、中古ゲーム市場の存在も大きかったんじゃないかって今振り返ると思うのです。

 例えば、中古で『FF4』を買った人が「FFって面白いな」と思って、今度出る『FF5』を発売日に新品で買う――みたいなケースが多かったと思うんですよ。1年ちょっとのペースで続編を出せていた頃って、そういうサイクルが機能していたと思うんです(1作品辺りのプレイ時間が短かったのもありますが)。

 中古ゲーム市場が、新品ゲームの良い宣伝媒体になっていたと言いますか。



 現在のゲーム市場でも、
 『龍が如く』とか『レイトン教授』とか『イナズマイレブン』とかは、1年くらいの短いサイクルで続編を出してシリーズブランドを確立させましたよね。特に『龍が如く』の場合は廉価版の投入が「あ、こんな面白いゲームがあるんだ」と新作の宣伝になったと言われています。


 でも、みんながみんなそういうペースで発売出来るワケじゃないですよね。
 特に現在の据置機でRPGを作ろうとした場合、軽く2~3年くらいかかってしまって、開発費はかかるわ、中古に流れた分は取り返せないわ、時流にあったゲームなんかなかなか出せないわ。何年もかけてようやく発売に漕ぎ着けたゲームが、1円の利益にもならない中古屋さんで買われたのなら文句の一つも言いたくなるとも思うのです。



 だから、僕自身はもう少し「中古ゲームは買わないし中古にゲームは売らない」を続けるつもりです。
 でも、その結果としてパッケージソフトを買う本数が激減したことはちゃんと書いておかなきゃなって思ったのです。ゲームメーカーにとっても“最適解”なんてないんです。何かを選べば、何かが落ちるんです。


龍が如く4 伝説を継ぐもの龍が如く4 伝説を継ぐもの

セガ 2010-03-18
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/28 11:26 | |

>「管理人のみ閲覧できます」さん

 読みました。
 確かに「中古ゲーム反対派」の人達からは反発を受けるとは思うんですが、自分もほぼ同意見ですし、反発を覚悟した上でなら公開してもイイと思いますよ。僕の方で「未公開」を「公開」にする方法はないので、お任せします。僕個人の意見を言うと、「僕は面白かったけど、反対派の人は怒るだろうなー(笑)」とは思いました(笑)。


 あと一つ。これは他の人に向けて。
 某所で「ウジウジ言い訳してんじゃねえ!」的なこと(超意訳)を言われていますが、この記事の後半部分は「言い訳」とはちょっと違っていて。

 「中古ゲームないと困るメーカーもあるじゃん?」と、
 「中古ゲームあると困るメーカーあるじゃん」の2つ両方が言えるだろうってことが言いたかったのです(メーカーの部分はソフトに置き換えても可)。

 どのメーカー(ソフト)に感情移入するかで意見も変わるだろうと。
 だから別に八方美人をしているワケじゃなくて、「世の中を敵と味方に分けると真実が見えなくなる」から、僕の中の両方の意見をどっちも書いた(どっちも僕の意見です)だけで。雑な例を挙げるなら『レギンレイブ』を応援するなら前者の立場、『ゼルダ』を応援するなら後者の立場ってカンジです(中古の戻り率とかを知っているワケじゃないので何となくだと思って下さい)。

 それが伝わらなかったのなら申し訳ないです。
 これも言い訳に読めるのかな。自分としては「伝わっていなかったのなら“解説”しなきゃ」と思うだけなんだけど。

| やまなし(管理人) | 2010/03/28 13:17 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/28 23:46 | |

1件目のコメントをした者です。
…ごめんなさい。管理者閲覧にすると編集できないんですね。原文も消しちゃったのでやまなしさんにコピペをお願いするしか公開させてもらう方法がなさそうです。
いや、後悔とか変換するなマイパソ。そんなに反対派の人に怒られるのかコレw
さておき、申し訳ないですがコピペをお願いできないでしょうか。お手間をかけて申し訳ありません。

| 愛藤 | 2010/03/29 01:43 | URL | ≫ EDIT

>愛藤さん

 了解しましたー。
 個人的には「ゲームが物凄く好き」と「中古ゲーム市場を利用しない」の2つはあまり関係がないと思っています。月に10本とかゲームを買っている人ほど積極的に中古に売っている気がしますもの。じゃないとすぐに部屋がいっぱいになってしまうのでw

 あと、一つ指摘をしますと……
 (分かっていて書いていらっしゃるのかも知れませんが一応)「中古でゲームソフトを買う」場合は、ゲームメーカーにはお金が入りません。そのお金は100%お店の取り分です。もっと言うと「新品でゲームソフトを買う」場合も100%お店の取り分です。ただ、新品が売れると追加発注なんかがされてその分の売り上げがメーカー側に入るということで。それで続編が作られるケースが多いとかなんちゃら。

 やっぱりコレはケースバイケースな気がしますよね……
 昔の任天堂なんかはヒットしたソフトも続編作らなかったりしますし。


【ここからが愛藤さんの最初のコメント】
既出意見かもしれませんが…そもそも商品は買った人の自由なのは常識だと思うんですが。中古売買禁止が市場のためになるかどうかわかんないのにそういう常識外をを主張するのは勇み足じゃないかと。
正直な話中古売買禁止ってコアなユーザーだけの立場しか考えてない意見だと思います。
そも中古売買だってメーカーの利益に関与してると思います。

コアなユーザーがソフトを支持したいから新品を買う、さらに支持の意味を込めて限定版で買う。それは個人の自由ですが、それをほかの人に押し付けるのも自分の好きなゲームが売れないのは中古のせいだって憤るのも許されるラインを踏み越えてると思います。

買ったものを売ろうとしたら「ちょっと待ってくれそれは君のだけど君のものじゃないから売っちゃダメだそれを売られると僕らが困るから法律で禁止されてるんだ」…ってことになりますよね。仮に法でストップをかければ。
これをしろって言うのは…一言で言うとずうずうしくないですか?

中古売買を現実的に規制するなら…
①ゲームソフトの所有権を売った側の方にとどめておく→つまりゲームソフトはメーカー直轄のレンタルのみになる。
②中古品として売買できない仕様として売っていることをあらかじめ明記しておく。説明した上で売ればそりゃ問題ない。
思いつく限りこうなります。詳しくは後でまとめて書いてあります。長くなりすぎてるんで。ごめんなさい。

で、①は僕もダメだと思うんですが、②が仮に浸透したとします。
ゲームが中古で売れないものとなる→ユーザーにとってはゲームを買う価値が下がる→今まで2ヵ月後に2千円で売ることを前提に6千円で買ってた人が、4千円になるまで買わなくなる。
つまり今回のやまなしさんのケースですね。決してこれごく一部の反応じゃなくて、ゲーム以外にもお金を使う、ゲームには限られたお金しか使えない人間にとっては普通だと思います。

ゲームメーカーに利益を上げたいからとかの動機は置いといても、新品のほぼ定価のゲームだけで自分に必要なゲームを買えるのは、それだけゲームに対する愛が深い層。もしくはその出費を痛いと思わない余裕のある人ですよね。
中古売買禁止ってゲーム買う人をそういう人だけにしようって言ってるんじゃないでしょうか。
仮に禁止にしたら、今はみんなゲームするから中古に入れる分のお金が新品に流れると思います。でもそれはゲームを買うハードルが上がってるから結局市場が縮小することにならないかなと。中古に流れない分だけメーカーが価格を安く設定できるとは思いますが、逆に言えば中古買取価格分の"価値"をメーカーが値下げで対応してるだけ。なのでは?
縮小云々はゲーム市場全体に流れるお金がどれだけ減るかがわかんないわけですから、ゲーム市場の新品に使われるお金の比率が100パーセントになったとして、縮小したとしてもメーカーにとっては得かもしれません。中古売買禁止を謳う人はそう考えていると思います。

中古だってメーカーの利益に関与してると思いますけどね。2ヵ月後に2千円で売れるのは中古屋で3千円で買ってもいいと考える層がいるからですし、中古買取分の価値を支えてるわけです。もちろん新品で買うよりもメーカーに流れる利益は低いわけですが、そのかわり発売から時間がたってしか買えない、中古品しか買えないというデメリットを背負っているわけで。それはもう個人の自由じゃないかと。

そもそも中古売買禁止でメーカーの利益を温室的に保護しないと今現在のゲーム業界が成り立たないという過程をすると(もちろんそれで成り立たないメーカーはつぶれてるだけだと思いますが)…そりゃ入ってくるお金以上に製作にお金かけてるのが悪いんじゃね? とか思うんですが。
これでは一部の大メーカー以外生き残れない! とか製作にお金をかけなかったらもなにも超お金をかけたキラータイトル以外が売れないんだよ! って言われても…自由経済ってそういうもんですよとしかいえないですね。40万本売れると見込めるソフトは40万本分の利益を開発に注ぎこめるわけで、1万本ならそりゃ1万本分でしょって言う。

①ゲームソフトはメーカー直轄のレンタルのみになる。
小売店にレンタル用で卸すこともしない。なぜなら小売店で不要になった場合に中古品として売るのも防ぐため。(レンタルって言っても期限ありの物に限らず。持ち主が不要になったと思ったときに中古屋に売るとして、そのとき中古で買い取られるときよりも高い値でメーカーが買い取ると保証すればこれはこれで無期限のリースみたいなものじゃないでしょうか)
うん、どう考えても現実的じゃないし浸透したとしてもよくなりそうにはないですね。「みんなゲームを買わずにレンタルするようになったからメーカーの利益が下がってだめになった」言われそう。

②中古品として売買できない仕様
・カセット方式ならセーブデータが消去できない仕様になってるとか。
・パソコンソフトみたいにシリアルナンバー製にするとか。たやすく複製ができないゲーム機のディスクなら有効かなと。
・CDRみたく情報が書き込める仕様になってて、ゲーム機のシリアルナンバーが記録されてそのゲームでしか起動できなくなる。もうちょっと進めて、ゲーム機に指紋認証機能がついてて、新品のゲームを起動するとディスクに指紋データが焼きこまれるから持ち主以外に使用できなくなる。持ち主は友達の家にソフトを持ってって自分の以外のハードで遊ぶこともできる。
・もしくは他のもっと低コストで実現可能な新技術が出てきたらそれを採用する。コストがかかりすぎる例だけ出してこの説をつぶそうとしてるわけじゃないんで、これでハードに100円で装備可能なそういうシステムができたっつー過程で考えてもらってもいいです。

| やまなし(管理人) | 2010/03/29 02:40 | URL | ≫ EDIT

初回特典目当てにゲームを買うことが3割を占めます。
その場合のゲーム自体は、該当ハードを持っていればやるかも知れませんが持ってなければ未開封積みゲーです。
売れるかな?と考えることもありますが、店だと身分証だの登録だのがあり、オークションだとやり取りの面倒くささが先行してそのままです。
手元からなくなるのは、身近に欲しがっている人がいてあげた時くらい。
記事を読んでいて「中古ゲーム屋ってそんなに敷居が低いんだ」と不思議に思いました。
中古市場はゲームに限らず、店舗からネットへ大移動している印象があったので、ネットをしない層からは衰退、ネット利用層からは買いやすいけど売りにくい状態なのでは?と思っていました。

| dta | 2010/03/29 03:40 | URL |

ここ5年近く中古は一切使ってないけど
事前に自分で調べた情報と体験版で発売日買いして
決定的に外した!って経験は殆どないけどねえ

最近は話題作なら体験版があるのが当然、
そうでなくてもプレイ動画やゲーム画面を含むトレイラーが何本も出るのが当たり前なので
その辺、慣れてる人なら割と自分を信じて選んでいけると思うのですが

|   | 2010/03/31 00:56 | URL |

子供の頃は中古をよく買っていたけれど、大人になったら新品も買うようになったなぁ。
子供の頃はとにかくお金が無かったですからね。買っていたのはほとんど中古だった。好きなタイトルが発売されて一年くらい経ったら中古屋に足を運んでいました。
大人になったらお金に少し余裕が出てきたから、新品でも買うようになった。今では新品を発売日周辺で買う事の方が多いくらい。
中古市場があったからこそ子供の頃からのゲーム趣味が育まれて、大人になった今でもゲームを続けている自分が居ると思っています。

| kami | 2010/03/31 21:04 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ。1年半前に発言したものです。
何気なしにちょっと久しぶりに覗いてみたんですが、
まさかの長編になっていて驚きました。
なんで、中古不買宣言みたいなことになっているのかは前後の事情がよくわかりませんが、そんなことまでしなくても…と思います。正直なところ。

この問題ってたしか管理人さんの仰るとおり
某ブログが「釣って話題になるのを狙っている」程度の認識で発言したのが事の起こりになっていたんじゃなかったかな、、
そんなふざけたことにマジメにつきあうことはないと思いますよ。ハタからみていて。

私は自他共に認めるゲーム好きですが、かといってゲーム中古買売も頻繁にはやらないですね。月10本購入は流石にないですね。メインはオンラインゲームなどを中心に1タイトルを、長いと1年以上のスパンで遊びたおすかんじです。勿論それ以外のケースで即売り飛ばすときもあります。そこらへんは色々です。

けど、一つ言えるたしかなことは、ああいったゲームブログは覗かないことしています(ブロックワード機能)。どうせ時間を使うならゲームの薀蓄云々とか抜かすより、単純にゲームプレイに時間を使いたい、ということです。

中古ショップが撲滅すればいい、という意見は正直理解はできないんですが、そもそも本当にやってしまったならどうなるのか・・・・なんて専門家でもわからないぐらい深いテーマなんじゃないでしょうか。

例えば未来予測という別の話、いわゆるゲーム機の本体戦争前夜、専門家がどれだけ現在の流れを読みきっていたでしょうか?専門家ですらこうなのです。まして素人のゲームブログ程度の薀蓄に、なんでこうも振り回される人が出てくるのか理解に苦しみます。

それを踏まえての、中古ショップの撲滅した未来を語るなら
私はゲームを発売日に新品購入するときは事前に下調べをするのですが、その判断基準の中に中古市場での値段の相場(会社全体の傾向、シリーズ物なら前作の)というものも入っていますので、判断基準を一つ失うことにはなると思います。
だだし、続編が出て欲しいから新品で購入するという判断基準はないです。単純に値段分の対価が得られるかという、オーバーに言えばある意味真剣な勝負です。私にとっては。

| 名無しさん | 2010/04/01 03:11 | URL | ≫ EDIT

ちょっとニュアンスが別の意味にもとれそうなので自己レスです。

>まして素人のゲームブログ程度の薀蓄に、なんでこうも振り回される人が出てくるのか理解に苦しみます。

これは、管理人さんのことを主に非難しているわけではないです。こういった議題を熱く語ること自体は無意味とは思っていないので。ここでいう振り回されている人というのは、ああいったネガティブなネタでヒット数を稼いでいる類いのブログがどうも人気らしい(たしかブログ会社の専用カテゴリでトップになったとか・・・)という事実に対してのことです。
いわゆる釣られている人に言いたいですが、ああいった記事に対してこそメディアリテラシーを意識するべきだと思います。

| 名無しさん | 2010/04/01 10:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1099-ace36318

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT