やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『スマブラ』次回作に出てきそうなキャラを考える

 未来の話。
 だけど、未来は“現在”と地続きだという話です。


 任天堂の人気タイトル『スマッシュブラザーズ』の作者である桜井正博さんは、現在「スマブラではない特命案件」に取り掛かっているそうですし。恐らく現行世代機(DSとWii)に『スマブラ』の続編はもう出ないと思われます。桜井さん自身、「毎回これが最後のつもりで作っている」と仰っていますしね。
 かと言って、桜井さん以外の人に『スマッシュブラザーズ』のディレクターをさせるつもりはないと任天堂社長の岩田さんは考えているようですし(『スマブラX』開発の経緯より)――


 だから、『スマブラ』の続編はもう出ないかも知れませんし。
 出たとしても、次世代機が登場する数年後の未来の話だと思うんです。



 だがしかし。
 『スマブラX』(2008年1月発売)に参戦したキャラクター達の中で“比較的最近作られたキャラクター”をリストアップしていくと……

・オリマー&ピクミン(『ピクミン』、ゲームキューブ/2001年)
・トゥーンリンク(『ゼルダの伝説 風のタクト』、ゲームキューブ/2002年)
・アイク(『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』、ゲームキューブ/2005年)
・リュカ(『MOTHER3』、ゲームボーイアドバンス/2006年)
・ルカリオ(『ポケットモンスターダイヤモンド・パール』、ニンテンドーDS/2006年)



 こんなカンジにWiiから見て前世代機(GBAやGC)の時代に出てきたキャラが多いんです。
 リンクやゼルダもゲームキューブ用に開発されていた『トワイライトプリンセス』モデルですし、ワリオもゲームボーイアドバンスの『メイドインワリオ』のコスチュームですし(衣装チェンジできるけど)、マリオもゲームキューブの『マリオサンシャイン』の技を使いますし。

 桜井さんという人は「構想段階から完成形が見えている」と岩田さんから評されていましたが、恐らくは『スマブラX』の開発に取り掛かり始めた2005年後半の時点でほとんどの要素は決まっていたんじゃないかと思われます。
 ソニックだけは2007年の初めに参戦が決まって大変だったという話を聞いたことがありますが(なのでアドベンチャーモードの登場が唐突)、逆に言うとそれ以外の要素はそれ以前にほとんど決まっていたってことなんだと思うのです。



 ということで、もし次世代機で出る『スマブラ』の次回作に登場するキャラクターを考えるなら。
 今世代機(DSやWii)でのヒット作から登場する率が高いんじゃないかと思うのです。



 何とまぁ、せっかちな予想。
 でも、そういう夢を語りたくなる魅力が『スマッシュブラザーズ』シリーズにはあるのです。





1キャラ目.ポッチャマ
 <初登場:『ポケットモンスターダイヤモンド・パール』、ニンテンドーDS/2006年>
 <版権:ポケモン>
 現実度:★★★★
 熱望度:★★★

ポケットモンスター ポーズでいっぱいおしゃべりポッチャマ

 ガチです。
 初登場は2006年だけど、今やもうピカチュウとともに『ポケモン』の顔となった人気キャラクター。可愛いのう可愛いのう。『スマブラX』にもポケモンボールのキャラとして登場したけど、今度は操作キャラクターとして使えるようになるのではないか?って予想します。当然、海外での知名度も高いですしね。


 ただ、ピカチュウ・カービィ・プリンといった“マスコットキャラクター”が既に『スマブラ』の常連として存在していますし、あまりに可愛いキャラばかりになりすぎるのもゲームとしてはどうかって話ですよね。『スマブラX』にポッチャマではなくルカリオが出たのもそういう理由なのかと推測されますし。なので8割くらいの現実度として予想しておきます。



2キャラ目.レイトン教授
 <初登場:『レイトン教授と不思議な町』、ニンテンドーDS/2007年>
 <版権:レベルファイブ>
 現実度:★★★
 熱望度:★★★★★

リボルテックヤマグチ No.086 レイトン教授

 サードメーカー枠。
 海外では任天堂がパブリッシャーを担当し、『脳トレ』の次の1本として超ヒットを飛ばしました。おかげで海外での認知度も高いですし、日本でも映画やバラエティ番組などで幅広く知られていることでしょう。もし彼がピカチュウと殴り合っている絵をCMで流したらインパクトはデカいことデカいこと!(苦情も出るかも知れんけど)


 レベルファイブの日野社長も『スマブラ』の続編にレイトン教授を出して下さいよと仰っているそうで。
 こういう話は冗談のようですけど、日本でも海外でもこれだけお茶の間知名度のあるキャラは最近なかなか出ていませんし。戦闘要員ではないレイトン教授が操作キャラになるのはどうだろう?と言い始めたらピーチ姫はどうなんだってことになりますし。ありえない話ではないんじゃないかなーって予想しています。



3キャラ目.アシュレイ・ミズキ・ロビンズ
 <初登場:『アナザーコード 2つの記憶』、ニンテンドーDS/2005年>
 <版権:CING>
 現実度:
 熱望度:★★★★★

アナザーコード 2つの記憶

 カイル・ハイド(『ウィッシュルーム』)とどっちにしようか迷ったのだけど、女のコのキャラが増えた方が僕は嬉しいのでこっちにしました。13歳バージョンだと海外では色々ありそうだから、16歳バージョンの方がイイかな!僕のストライクゾーン的にも!

 まぁ……可能性はないでしょうけどね……
 日本でも海外でもそれほど知名度があるワケじゃなく、CINGは破産手続き中で続編が出るかもアレな状況で。そもそも戦闘要員でもないですし。むしろ参戦した方が「えっ」と思いますよね……でも、女性キャラには増えてもらいたいですし、任天堂の女性キャラって『エムブレム』くらいしかいないからなぁ。



 ミカヤ(『ファイアーエムブレム 暁の女神』、Wii/2007年)を出せばイイか(笑)。
 でも、『エムブレム』の女性キャラの知名度って旧作の方が高そうな気もするんですよね。ペガサスナイト三姉妹とか。



4キャラ目.フォトファイター
 <初登場:『写真で格闘!フォトファイターX』、ニンテンドーDSi/2009年>
 現実度:
 熱望度:★★★★★★★★★★


 任天堂が久々に出した格闘ゲームと言えばコレでしょう!
 何ぞこれ?とご存知ない方は公式サイトをどうぞ
 DSiのカメラを使って撮影したキャラクターを格闘ゲームに使うことが出来るという、言ってしまえば馬鹿ゲー。これが『スマブラ』に参戦しないワケがない!


 ちょっと話を戻しまして……
 『スマブラX』の「社長が訊く」にて、Wiiの“ユーザー拡大路線”とは違う方向に舵を取ることにしたと桜井さんは仰っていて。「Miiの使用などは考えていなかった」とのことなんです。これが当時の僕は驚きでした。

 『スマブラ』って“何でもあり”だと思っていましたから。

 スネークとピーチ姫が本気で戦うことが許されるのが『スマブラ』なんだから、キャラクターの一人としてMiiが使えたとしてもさほど違和感がなかったんです。でも、桜井さんはそうしなかった。
 言われてみれば、Miiを使えるようにしてしまえば『Wii Sports』のように自分のMiiしか使うことが許されなくなる気もしますし。自分の操作するマリオで自分のMiiと戦うとか、ワケ分からないですしね(笑)。


 ということで、フォトファイターも可能性はほとんどないと思います。
 ただ、自分は見てみたいんですよ。『スマブラ』の操作キャラを自由に作れる未来が。

 あ、そうそう。「カメラはどうするんだ?」って話ですが――
 次の『スマブラ』が作られるハードにはデフォルトでカメラが付いていると、僕は予想しています。



5キャラ目.ウィーボ
 <初登場:『Wii Fit』、Wii/2007年>
 現実度:★★
 熱望度:★★

Wiiフィット プラス(バランスWiiボードセット)

 全世界で2000万本以上売り上げた超ヒットソフトで、
 そのゲームを遊んだ人は誰もが見たことのあるキャラクターで、
 しかも、一発で「アイツだ!」と分かる特徴的なデザインで―――これだけ聞くと「スマブラに出ない方がおかしい」んですけどね(笑)

 『スマブラX』ではロボットを登場させた桜井さんですから、ウィーボ君だってありえなくはないと思うんですけど。攻撃方法が分かりにくい上に、ちょっとカービィと動きが被っている心配があって。そして恐らく『スマブラ』好きな層からは「こんなもん出すなよ!」と文句が出てきそうという。


 まぁ……操作キャラとしては厳しくても、アイテムとしては出るかも知れませんよね。
 ボードの上に乗っちゃうと「じっとしてください」と怒られるとか(笑)。




○ 「妄想記事って楽しいね!」の後で
 この手の妄想記事は書いていて本当に楽しいです。
 サードメーカー枠には色んな期待があるでしょうが、「海外で認知されている作品でないとならない」ですから条件としては厳しいと思われます。自分としては以前から書いているように『ドラクエ』の参戦を期待しているんですけど、『9』が海外で売れるかどうか次第ですかねー。



 さて、もうちょっと「現在に近い未来」の話。
 今年の6月に開催されるE3にて発表される予定のニンテンドー3DS(仮称)について、非公式な噂ですが「アナログ入力が付くのでは?」と予想されています。据置ゲーム機には標準装備されているアナログスティックの代わりに、PSPのようなアナログパッドのようなものを付けるのでは?なんて噂があって、二画面+折りたたみ形状ならばそれが妥当な選択だと思うのですが。


 アナログパッドだと『スマブラ』ってやりにくそうじゃない?

 スマッシュ攻撃は「はじく」操作なんですが、僕なんかは文字通りアナログスティックを思いっきり吹っ飛ばす勢いではじくため、パッドだったらちょっとやりにくいなーと思っています。ただ、アナログスティックよりアナログパッドの方が“使えない人”の抵抗感は少ないかなどうかな。


 別に、次の『スマブラ』は携帯機だ!と断言するつもりはないんですけど……
 「3DSではバーチャルコンソールが遊べるようにして欲しい」という期待もありますし、アナログ入力をどうするかはなかなかに重要な要素になりそうです。その前に通信をどうするかって話か。バーチャルコンソール対応しても複数人プレイが出来なきゃ話になりませんしね。




 そんなこんなで“次の『スマブラ』”が出るかどうかも楽しみですし、6月のE3で3DSの仕様が明らかになることを楽しみにしています。それ以前に、E3で現在桜井さんが作っているソフトも発表されるかも知れないか(笑)。その作品のキャラこそ『スマブラ』に出そうな気がします。よほど大コケしない限り。


大乱闘スマッシュブラザーズX大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂 2008-01-31
売り上げランキング : 160

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「NHK紅白クイズ合戦」より鈴木健二アナウンサー参戦とかしたら最高なんだけどw

さすがにありえないけど、スマブラは、
本命タイプよりネタキャラの方が気になります。

フォトファイターはありだと思いますw
Mr.G&W式であんまりアニメさせず、
色変えで、桜井さんとか、岩田さんとか、宮本さんとかに変わるとかね

| sou | 2010/04/08 19:08 | URL |

スマブラの次回作を妄想するって楽しいですよね!!
ウィーボ君、世界的に有名すぎるので、出てくるかもしれませんね!
ボードと連動した操作とかあると面白いかも。

コメント欄ではありますが私も勝手に妄想させていただきますと、
任天堂キャラ候補1:チンクル
 そろそろプレイヤーキャラとして扱っても良いかなぁと思うのですが。
 プリンと最弱を競ってほしい!↑必殺技は風船で浮かぶ。そして割られる(笑)

任天堂キャラ候補2:ドットマリオ
 トゥーンゼルダが有りなら、ドットマリオも有りでは!?
 マリオの色違いでドットマリオが紛れ込んでるだけでも良いかも。

他社キャラ候補1:ロックマン
 世界的に有名なキャラといえば、ロックマンもそうかなと思います。
 えっ、サムスともろかぶり・・・?そうですよね。。。

他社キャラ候補2:ハンター(モンハン3より)
 日本ではWiiで一番売れた他社ソフトの主人公!
 大きな武器でなぎ払ってほしいですね。

ステージ:ウーフーアイランド
 宮本さんの描いたアイランド構想をスマブラでも実現!!
 スマブラXのマリオサンシャインステージみたいに、ウーフーアイランドの
 色んな地点にステージが飛んでいくイメージ。
 背景で自分のWiiの中のMiiがチャンバラしてたりランニングしてたりしてると
 盛り上がること間違いないと思います!

長々とすみません!でもやっぱり楽しかったです♪

| Oldam | 2010/04/09 18:22 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/28 07:58 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1104-6b8028ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT