やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

好きなチーム・好きな作家・好きなシリーズを持てるかにかかっている

 Twitterでは日々垂れ流していますけど、ブログには最近書いていないので自己紹介します。

 僕は埼玉西武ライオンズのファンです。


 ライオンズの試合を毎日チェックしていますし、勝てばハッピー/負ければ哀しいという日々を過ごしています。
 「どうしてライオンズなんか好きなの?」と、数年前にジャイアンツファンの友達から言われました。
 ジャイアンツと違って子どもの頃からテレビで試合中継されていたワケではありませんでしたし、地元でもありませんし、かと言って「弱小球団が頑張っている」ワケでもありませんから(僕の世代では物心ついた時からライオンズは強かった)―――何一つ好きになる要素がないだろ、とまで言われました。無茶苦茶なことを言われているようですが、その意見も分からんでもないと思いました。



 理由なんか自分でも分かりませんもの。
 オレがライオンズを好きなんじゃない。ライオンズを好きなのがオレなんだ。

 それ以上の説明が出来ませんもの。好きに理由なんてないのです。
 ちなみに今の一文は「オレ」と「レオ」をかけた面白いヤツです。ここで笑って下さい。



 元々は多分、「清原が好きだった」とか「『かっとばせ!キヨハラくん』を読んでいた」とかなんでしょうけど……細かい順番は覚えていませんし、清原がFAでジャイアンツに移籍した後も変わらずライオンズファンなので、「清原が好きだからライオンズファンになった」のか「ライオンズファンだから清原が好きだった」のか自分には分かりません。

 喩えば、今現在「好きなプロ野球選手は誰ですか?」と訊かれれば
 現ライオンズのショートストップ中島裕之選手の名前を挙げますけど、「大好きなナカジがいるからライオンズが好き」なのか「大好きなライオンズの選手だからナカジが好き」なのかで言えば、恐らくは後者なんですよ。好きなチームありきで好きな選手が決まっているのだし、恐らく後付けで「ライオンズみたいな野球が好き」も決まっていくのかなと。


 もっと分かりやすい例で言うと――
 元ライオンズの選手で、他のチームに移籍してしまった選手。ドラゴンズの和田とか、オリックスの赤田・カブレラとか、ジャイアンツの豊田とか、タイガースのブラゼルとか、「みんな頑張ってくれ!」って思うんですよ。元ライオンズの選手が絶好調だと嬉しいんです。

 でも、もし仮に“和田みたいな選手”がドラゴンズの生え抜きにいたとしたら、“カブレラみたいな選手”をオリックスが獲ってきたとしたら――そうした選手を特別に応援するかって言うと、「別に」なんです。沢山いる他の選手と同じような扱いになると思うんです。



 「好きなチーム」って、それくらい色んなものを超越しているんです。
 「面白い」とか「素晴らしい」とかとはちょっと違う。理屈では説明できないものがあるんです。


(関連記事:「好きな作品」と「面白い作品」と「素晴らしい作品」は別


BBM ライオンズ・クラシックカードセット 2009 BOXBBM ライオンズ・クラシックカードセット 2009 BOX

ベースボールマガジン社 2009-08-25
売り上げランキング : 56463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 入り口で「好きな●●」を作れるか
 これに似たような話って、色んなことにも言えると思うんです。

 若者が本を読まない!って時に、じゃー本を読んでもらうためにはどうしたらイイかを考えて「本を読まないのは食わず嫌いと同じです」とか言うのって逆効果だと思うんですよ。「けしからん!」と言われて手を出したものが面白いワケがない。


 どーでもよくないことなんだけど、僕はあのラジオCMが大嫌いです。CMが流れる時間にはコンポの電源切るくらいに大嫌いです。
 「本を読まない食わず嫌いは良くない!」と言うからには、じゃあ貴方はスカトロもののAVとかガチロリ陵辱モノのエロゲーとか臓物を引きずって敵を殺すようなZ指定の洋ゲーとか全部食わず嫌いせずに手を出しているんだろうな!と言いたくなります。

 スカトロAVだって食ってみたら美味しいかも知れないじゃん!(スカトロだけに!)
 なのに、本は「食わず嫌いはヨクナイ!」と言い、エログロは「規制だ!」って納得いかねえよ。

 ちなみに僕は「人間は食わず嫌いをして当然」「食う前の印象が悪かったら食いたくない」と思っているので、スカトロも陵辱ゲーもZ指定ゲーも手を出したことはないですし出す予定もないです。だから、「食わず嫌いは良くない!」なんて言いません。(あと、ゾーニングは別の話なのでここでは割愛)




 話を戻します。
 なので「けしからん!」と説教するよりも、「こういう楽しみ方をするとイイよ」と薦めた方が建設的だと思うのですよ。ここからが「好きなチームがあると選手も好きになる」に繋がる話。

 「好きな作家」を作ってもらえれば、「この作家には興味があるから読んでみよう」というモチベーションで本は売れるワケですよ。テレビで人気の芸人さんが書いた本とかは今も昔もベストセラーになるじゃないですか。“本”は読むまで好きになれるか分からないけど、“人”が好きなら手を出してもらえるんです。
 「好きな作家」を作れれば、その作家が書く他の作品にも手を出してもらえる――小説でもノンフィクションでも漫画でもそうです。ラジオの場合はパーソナリティ(喋っている人)とか、映画だったら監督とか主演俳優とかで選ばれるワケじゃないですか。その分野に活力を求めるなら、「好きな○○」を作ってもらえるような仕掛けが大事だと思うんです。

 ゲームの場合は、作り手の“人”が見えづらくて話が長くなるのでちょっと置いときます。
 この辺は前にも書きましたしね…・・・

(関連記事:胸を張って「ゲームが好きだ!」と言える人が好きだ!



 んで、自分が思う一番重要なことはここから。
 市場にとっては「好きな○○」を作ってもらえるかが大事なのに、「素晴らしいかどうか」の評価ばかりが先行してしまうのって、互いに足引っ張りあって一緒に落ちていくだけじゃない?

 今の日本映画なんかはすげー分かりやすい状態だと思います。
 「売れる映画」は売るための手法を使った映画なので、評論家の人達からの評価はものすごく低い。その気持ちは分からなくはないです。「売るために作られた映画」なんて見る気が起きないというのは同意。“仕掛け”に対して賛否両論はあって当然。でも、それを楽しんでいる人が沢山いるなら、その人達をバカにしちゃいかんでしょ。

 そういうところを入り口にして「もっと色んな映画を観てみよう」と思わせられるかも知れないし、その手助けをするのが評論家の仕事じゃないですか!そこで「あんな映画を観ているヤツはガキだ」と言っちゃったら後に続かないじゃないですか。

 「好きな○○」を追いかける人も、「素晴らしい○○」を追いかける人も、両方いてイイと思うんです。
 価値基準は一つである必要はないのです。


(関連記事:「あんなのが売れるなんて理解できない」とか言っている評論家って何なの?



 映画に限らず、本に限らず、どんな分野だって――
 「売れているものを批判する」人というのは沢山います。単に「その方が玄人っぽく見えるから」やっている人もいますけど、「面白さ」の本質をしっかり考えて「面白いものがもっと売れたらイイのに」とやっている人もいますし、世間の認知度が高いものを攻撃した方が自分も注目を得やすいからって人もいますよね。


 それも一つの文化だと思いますし、みんながみんな「コレが面白いんだー」と口を揃える社会の方が恐ろしくて仕方ないのですが―――他の人が「私はコレが好き」と言うことを否定しちゃいけないというのは、大事なことだと思うのです。

 違いが分かるかなぁ……
 喩えば僕が「スカトロもののAVが好きだ!」と言った際に、「いやいやスカトロなんてありえないだろ。オレは嫌いだ」と返事するのはイイと思うんですよ。国民全員がスカトロ好きになる必要はない。でも、「スカトロが好きだ!」という僕に「スカトロが好きだなんてオマエはどうかしている。友達やめたい」と言うのはやっちゃいけないことだと思うのです。



 それって、
 「児童ポルノを見たいなんて人の発言は無視して構わない」と言っている人達と大して変わらんからね。人間の一側面だけでその人の全てを判断してしまう哀しい行為。


 色んな人の、色んな「好き」が存在して、それでイイじゃない。
 しかし、今日の記事、逆にスカトロをバカにしてるような気も……不快に思われたスカトロ好きの方がいらしたら申し訳ないです。


ゴッド・オブ・ウォー III【CEROレーティング「Z」】ゴッド・オブ・ウォー III【CEROレーティング「Z」】

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2010-03-25
売り上げランキング : 28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 18:07 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

好きな作品や、それを見てる自分が貶されるような分野じゃ
新規さんが増えず、先細りになっちゃいますよね。

この記事をよんで改めて、
作品の良い部分を評価して紹介できるようになりたいと思いました。
(でも、たまにはコッソリ毒吐いたり、ガス抜きしよう。コッソリと)

| ボーズ | 2010/04/20 22:36 | URL |

本来、評論家とはその分野を発展させるために動かなければいけない人たちだと
私は思うのです。
この作品はつまらないと言うのは誰でも出来ます。
売れてるものをこけ下ろすなんて人は何時の時代にもいます。
そうじゃなくて
「この作品を面白いと思った人には、○○も面白いと感じるはずですよ」
せっかく知識が豊富なんだから作品と作品を架け橋になって欲しいですよね

んーなんか話が変な方向にw
申し訳ないです
この記事を読んでふと思ったことを書いてみました

| エロタマ | 2010/04/22 11:11 | URL |

「僕は君の意見に反対だ。でも君の意見を言う権利は全力で守る」
よく言われる民主主義、言論の自由の根幹ですね

(例によって)鉄砲好きとして、そういう配慮もなく否定される痛みはよく分かります
最近だと八王子のサバイバルゲーム場反対騒動の時の反応が
「人を殺す銃で遊ぶような人間は異常者」と言わんばかりでした…

一方、玩具でも「鉄砲」というと危なそうだから手を出したくない、って人が多い日本でも
しっかり銃が好きな人がいるのはひとえに映画やドラマ、ゲーム等によるものでしょう

銃にうとい友人に「アメリカ軍で採用された拳銃で…」といきなり説明するよりも
先に「スネークが使ってたのと同じだよ」と言ってから説明した方が当然食い付きがいいので
描写がマニアックなのに一般層にも認知度の高いメタルギアはありがたかったですw

あと「かけ橋」といえばプラモデル業界(ガンダム以外)も人気が完成品中心になってしまい
厳しい状況が続いているそうで、アイマスや痛車等のコラボ商品で
まずプラモデル独特の作る楽しさに触れて貰おうと各社がんばってますね

| ななし | 2010/04/23 16:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1110-b1d471a7

TRACKBACK

好きなものに理由はない。あるのは共通点だ。

共通点を知ることが出来れば、自分の好きなものに 手っ取り早くたどり着くことができると思います。

| 僕はゆっくりブログを書きたい | 2010/04/24 16:34 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT