やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オレがモテナイのは天狗の仕業に違いない!そうに決まっている!

 自分が敬愛する伊集院光氏が、何年か前にラジオで話されていたこと。

「自分がモテナイのは“太っているせいだ”と思っていられるためにも、痩せるワケにはいかない。もし痩せて、それでもモテなかったとしたら……もう何の言い訳も出来なくなってしまう。」


 大まかにこんなカンジ。
 もちろんこれはフリートークの流れで話されていたことなので、「何が何でも痩せたくない」というワケではなく、その後も健康上の理由でダイエットをなさったりしていたようですが……こういう“自分への言い訳”にコンプレックスを使うことって、伊集院さんだけじゃなく自分もよくしているなーと当時衝撃を受けたのです。



 これは8割冗談で言っていることなんですけど……
 自分はこのブログでよく「オレがモテナイのは、オレのチ●コが超小さいからだ」と書いています。伊集院さんの「オレがモテナイのは、オレがデブだからだ(=デブじゃなかったらオレはモテるんだ)」と同じような“自分への言い訳”です。

 オレのチ●コが大きかったら――いや、せめて人並みだったら。いや、せめて平均より2~3cm小さい程度だったら、オレはきっとモテていたんだ!!




 んなワケないですよね(笑)。

 自分のモテなさ具合は「チ●コの大きさがバレる」以前の問題ですもの。
 いや……高校時代は、喋ったことのない女子から「あ、親指の人だ」と言われたことがあるんですけど。中学時代や大学時代、バイト先や合コン等のその他の状況においても、基本的には隠し通してきたのにも関わらずフラレキングだったワケで。

 原因は全く別のところにあるにも関わらず、責任をチ●コ1本に被せてしまっていたとしたら――チ●コだけに!それじゃ、状況はよくなりませんよ。




 今の例は分かりやすく「チ●コ」に喩えたから、「ねーよwww」とバカに出来る話だったと思いますが。
 身長だったり、容姿だったり、収入だったり、色んなセンスだったり、頭の良さだったり、エトセトラエトセトラ―――持ってるコンプレックスを逆手に取って、「自分がモテナイのは、自分が○○だからだ」とそこに責任を押し付けてしまうことってあるじゃないですか。オレのことなんですけど。


 確かに、「高身長の男と低身長の男」のどっちがイイかと多数決をとったら6:4とか7:3で前者が勝つだろうって思いますよ。でも、0じゃないワケですよ。率は下がっていくかも知れませんが、「別にそんなの気にしないけどなー」という異性だっているワケで。

 僕らの言う「モテナイ」レベルというのは、無人島に1万人の女性と自分1人の男性が生き残った場合、1万人の女性が“人類絶滅”を選ぶくらいのレベルのことなので―――「7:3」だったら「1万人の内の3千人も選んでくれるのかよ!」って、全然「モテナイ」レベルじゃないんですよ。



 “自分への言い訳”に使っているソレは、ちっとも言い訳として成立していない―――

 しかも、この言い訳に使われることって大抵「どんなに頑張ってもどうしようもないこと」なんですよね。成人を越えたら身長は急に伸びませんし、チ●コも大きくなるけど大きくなりませんし、収入だって努力だけでは限界がありますよね。
 そういうものに責任を押し付けて「だから仕方ないよね」と納得した気になるのって、「天狗の仕業だからしょうがないよね」と言っているのと一緒だったんじゃないでしょうか。



 反省。勿体なかったなぁ。
 人生をやり直したい―――と考えること自体が、“自分への言い訳”という気もする。


四畳半神話大系 第1巻(初回限定生産版)[Blu-ray]四畳半神話大系 第1巻(初回限定生産版)[Blu-ray]

東宝 2010-08-20
売り上げランキング : 210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 天狗をめぐる宗教戦争
 さーて……
 こういうことを書くから自分は嫌われるんだろうな、と分かっててここからの文章を書きます。伊達に「日本一モテナイ男」を名乗っちゃいねえぜ!



 ヒンヌー(貧乳)に悩んでいる女性っているじゃないですか。
 「世の中の男はみんな巨乳好きだ」「なのに私はヒンヌーだから不幸なんだ」と言われると、ヒンヌー教徒の自分としては「いやいや。男がみんな巨乳好きなんてウソですよ」「ヒンヌー好きの男だって結構いるんですよ」「例えば俺!キリッ」と言うのですが――――

 十中八九、逆ギレされて「そんなワケはない!!」「貧乳が好きな男なんているワケがない」「いたとしてもロリコンなヲタク野郎に決まっているからこっちから願い下げだ!」「巨乳好き以外の男は男として認めねえ!」と、まぁこんな風になるのです。



 でも、上の「天狗の仕業だ」話と照らし合わせると、そう言われるのもムリないって思いますよね。

 「私がモテナイのは、私の胸が小さいのが悪いんだ」と責任をヒンヌーのせいにしたい人―――
 いや、中には「私がモテナイのは、世の中の男がみんな巨乳好きなのが悪いんだ」と責任を“世の中の男”に押し付ける人もいます。

 そういう人に「ヒンヌー好きの男だって結構いるんですよ」と言っちゃうのって、「お前がモテナイのは胸のせいじゃない!それ以外の部分のせいだよ!例えば、そうやってすぐ自分以外の責任にする歪みきった性格とかなっ!!」と言っているのと一緒ですもの。


 僕がそう思っているワケじゃないですよ?そう誤解されても仕方なかったなって話です。
 ホントダヨ?




 これは今回の「モテナイ」話に限ったことじゃないです。
 「天狗の仕業だ!」と責任を“よく分からないもの”“自分の力じゃどうしようもないもの”に押し付けて納得した気になっている人間に(自分も含む)、「いやいやいや、天狗なんてこの世にはいないんですよ」と言って“本当の原因”を考えさせようとしても――――

 「天狗がいないだなんて言いやがる!」「けしからんヤツめ!」「天狗を信じない者は殺してしまえ!」と、“本当の原因”そっちのけで、“天狗を信じるかどうか”の争いになってしまうことがあります。
 だってほら、今まで全部「天狗の仕業だから仕方ないよね」としてきたものが「違うね!責任は人間達にあるんだね!」と言っちゃえばそりゃ村の秩序が守れませんもの。



 あ、そうそう。
 「ヒンヌー女性がみな性格が歪んでいる」みたいに誤読されたならゴメンなさい。

 僕が言っているのは、“「自分の不幸はヒンヌーのせいだ」と言っている人”に「ヒンヌーのせいじゃないですよ」と言うのって「てめえの性格が歪んでいるからだよ!」と言っているのと一緒だったなって話です。斜め読みされて「コイツはヒンヌー女性をバカにしてる」と思われたらイヤなので2度書きました。

 大多数のヒンヌー女性は「自分の不幸はヒンヌーのせいだ」なんて他人に言いませんもの。


暴れん坊天狗暴れん坊天狗

メルダック 1990-12-14
売り上げランキング : 25027

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ せめて人間らしく
 今日の記事を読んだだけで「何故やまなしがモテナイのか」が何となく分かったんじゃないかと思います。いやホント、こんなこと書かなきゃイイじゃんって話ですよね。「みんな薄々感づいていたけど空気読んで黙ってたのに、どうしてオマエは言うのかな」ってよく言われます。


 まー、別に僕がモテナイ話はどうでもイイんで。
 ここからが重要なことなんですけど。


 コンプレックスを持つことも、それを言い訳にするのも、人間らしい行為だと僕は思いますよ。
 僕がどんなに「ヒンヌー好きの男は結構いるよ」と言っても、例えば胸が小さいと似合わない服だとかがあって、それがイヤでコンプレックスになっていく―――というのは仕方がないことだと思います。そこを何とも思わない明るさは羨ましいけれど、みんながみんなそんな風には生きられないですよね。

(関連記事:貧乳コンプレックスが生まれる場所
(関連記事:男は男からの評価の中に生き、女は女からの評価の中で生きている



 冒頭の伊集院さんの喩え――
 冒頭では敢えて掘り下げなかったんですけど、伊集院さんの「オレがモテナイのは太っているからだ」って―――粗チ●とかヒンヌーとかと違って、比較的努力で何とかなるレベルのコンプレックスですよね。いや、ダイエットは大変なんでしょうし、自分は伊集院さんクラスのダイエットを想像出来ませんけど。

 伊集院さんの場合、「努力で何とかなるコンプレックス」を「何とか出来るのにそれを言い訳に使っているから何とかするワケにはいかない」と「“自覚した上で”オレって何てダメな人間なんだろう」と――――
 天狗なんて本当はいないことを承知の上で、でもそこから目を背けるために「天狗の仕業だ!天狗の…仕業……天狗の……」と言い続けている悲哀なのかも知れませんね。頭の良い人って、やっぱり不幸だなって。




 だから、「どうにもならないこと」だったらコンプレックスを持つことも、それを言い訳にすることも、精神衛生上大事なことだと思うんですよ。生きるためにはそれくらいしたってイイじゃないですか。それ自体が悪いワケじゃないです。
 ただ、それを根拠に他人を攻撃するのは違うよねって話。

 粗チ●な自分は「巨根の人はどれだけ恵まれているのだろう」とは思うけれど、それで巨根の人を恨んだり憎んだりしても仕方がない。巨根の人だって巨根の人なりの悩みがあるんだろうし、結局は「隣の芝生は青く見える」んですよ。

 “自分への言い訳”に使っているだけなら構わないけど、それを“他人”に押し付けちゃダメですよ。
 ましてや「天狗を信じない者は殺してしまえ!」とか言っちゃダメですよね―――と、最後に予防線を張っておく器の小ささも、きっと自分がモテナイ理由の一つなんだろうなぁ。


伊集院光のでぃーぶいでぃー 〜箱庭カウンセリングの巻 [DVD]伊集院光のでぃーぶいでぃー 〜箱庭カウンセリングの巻 [DVD]

ポニーキャニオン 2009-10-21
売り上げランキング : 16099

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 彼女はいません | 18:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やまなしさんの「モテナイ理由」拝見させて頂きました(苦笑)

>伊集院さん
あの人は昔ラジオの企画で体重130kgを(たった数ヶ月で)95.4kgにしたり、標準体型のゲストのTシャツを自分で無理矢理着ることでぼろぼろにしたりと、自分のデブ体型というコンプレックスを上手くお笑いに転化させていますよね(時折少々やり過ぎじゃないかと思うこともありますが(苦笑))
彼自身は自分のコンプレックスをそんな風にお笑いに利用していることに関して、「俺はダメ人間だー」のような発言をフリートークで何度か零していますが、コンプレックスを積極的に利用する姿勢自体は見習うべきものだと思います。

要は自身が持つコンプレックスを“他人に押し付ける(否定する)”のではなく、“自分の中でプラスに転化させていく(肯定する)”のが大切なんだ…ってことなんでしょうか。 とても難しいことなのかも知れませんが。

| じぇふ茶 | 2010/08/03 21:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1143-be7851c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT