やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セーブデータを1つしか作れないDSiウェアって何なの?

 我が家が4月末にDSiLLを購入して4ヶ月が経過しました。
 最初から入っている『ちょっと脳トレ 文系編』『ちょっと脳トレ 理系編』『楽引辞典』、母にプレゼントした『ちょっとパネルでポン』、自分用に購入した『甘口!大籠城』『フォトファイター』『絵心教室(前期)』とプレイをしてきて、現在は『ピクダン』をプレイ中です。まさにDSiウェア三昧。

 『ピクダン』の感想については……Twitterで散々愚痴っているのでココには書かない方がイイかな。
 自分のつぶやきの中から「ピクダン」で検索してみると、毎日のようにエンカウント率について文句を言っていたことが判明しました(笑)。

 ただまぁ、こんな風に僕はあまり楽しんでいない『ピクダン』ですけど、「超楽しい!」と言っている人もいるので、この辺りはランダムエンカウントをどう捉えるか次第なのかなと思います。自分はもうランダムエンカウントに耐えられない体になってしまったのかも知れぬ……!




 話変わって―――DSiウェアについて。
 「実験的なソフト」が大好きな自分にとっては、Wiiウェアよりも更に低予算で変なゲームが出ているDSiウェアは夢のようなプラットフォームです。その分、当たり外れも激しいんですけど、だからこそ情報交換したり、「これは自分に合うゲームかな?」と迷ったりするのも楽しいワケで。基本的には文句がありませんでした。

 あ、DSiショップのクソ酷いインターフェースは別ね。
 面白そうなゲームがいっぱいあるからこそ、それを買いにくいDSiショップが許せんのです。

(関連記事:あぁ…DSiウェアのタイトルが酷い) 




 しかしです。
 最近、新たにもう1つ不満点が出てきました。




 DSiウェアってセーブデータが1つしか作れないゲームばかりなのね。

 とりあえず自分がやったゲームは全部そうでした。

 例えば、『脳トレ』。パッケージ版の『脳トレ』『もっと脳トレ』は4つまでセーブデータを作ることが出来て、家族と一緒に遊ぶと楽しい仕掛けが用意されていました。家族の脳年齢が分かるとか、家族の描いた絵が出てくるとかね。

 しかし、DSiウェア版『ちょっと脳トレ』はセーブデータを1つしか作れません。
 家族や友人にお試しをやらせるモードはあるのですが、セーブデータとして残すことは出来ません。


 例えば『絵心教室』。
 DSiウェア版は「レッスン」「フリーペイント」1枚ずつしか描きかけの絵を記録出来ませんが、パッケージ版は「レッスン」「フリーペイント」3枚ずつの描きかけの絵を記録出来るようになったそうです(これは『脳トレ』のケースと違ってバージョンアップという気もしますけど)。




 これはDSiのコンセプトを考えれば、ある程度は納得できます。
 DSiというのは「自分専用のDSを持ってもらう」ことがコンセプトでしたからね。カメラやサウンド機能を付けたのもそのコンセプトゆえ。「自分専用のDS」だから、DSiウェアのセーブデータが1つしか作れないというのはある程度は納得です。


 じゃあDSiLLはどうなんだよとは思うんだけどなっ!!
 リビングに置いてもらうDSiというコンセプトならば、DSiウェアが1つしかセーブデータが作れないというのは思いっきり欠陥じゃないですか?そりゃDSiウェアが立ち上がった時にDSiLLが出るなんて思いもしなかったからソフトに責任はないんですけどさ、何か場当たり的なハード戦略の歪みが出てきた一例だと思うワケですよ。


 セーブデータが1つしか作れない場合、2人家族のどちらかはガマンしなきゃなりません。
 「うっせーよ貧乏人、文句があるならもう1台DSi買って2本ソフト買えよ」と言われるのなら、DSi1台買うだけでどれだけのDSiウェアのソフトが買えると思いますよ?本気でDSiウェアを買ってもらいたい(&DSiウェアにソフトを投入してもらいたい)のなら、そういうところに気を使わないとならんでしょ!


 Wiiウェアの『レッツキャッチ』を見て下さいよ。
 100人分もセーブデータ作れるんですぜ?いや、そんなに家族いないけどさ(笑)。全然ありがたくはないけどさ。少なくとも自分は『レッツキャッチ』の心意気を買いたいです。



 携帯ゲーム機=外に持ち歩くゲーム機という認識を持っている人もいるでしょうが、
 携帯ゲーム機は家でのみ遊ぶという人も多いですし、1台のDSを家族で共有しているって人も多いでしょう。そういう家庭にとって「DSiウェアは1つしかセーブデータが作れない」仕様は、「何だかなー」とボディブローのように後々効いてくると思いますよ。

(関連記事:据置ゲーム機のメリットって何なんだろう?



 いや、本音を言いましょう。
 DSi&DSiLLのDSiウェアはある程度仕方ないと思っています。次世代に向けた実験的なサービスとして始めたんでしょうし、そんなに責めるのは可哀想だと思っています。でも、だからこそ言いたい。



 3DSでは同じ徹を踏まないで下さい、と。
 3DSでも「DSiウェアを発展させたダウンロード販売のソフト」を充実させてくるでしょうが、DSiウェアと同じように「セーブデータは1つしか作れない仕様」にはしないで欲しいです。

 「すれ違い通信」の仕様なんかを聞くと3DSもDSiと同様にを個人専用のゲーム機として売り出されるように思えるのですが……リビングにずっと置いて、家族共有で使う家庭もいるでしょう。兄弟で1台の3DSを共有するってお子さんもいるでしょう。

 そういう人達のことも忘れないで下さい、と。


ニンテンドーDSi LL ダークブラウンニンテンドーDSi LL ダークブラウン

任天堂 2009-11-21
売り上げランキング : 133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

基本は個人専用として販売するのだから仕方のない所ではないでしょうか。
セーブデータの数を増やすとその分の容量も割かなければならなくなって、他のゲームをダウンロードできる数も減ってしまうのでは。

| ああああ | 2010/09/16 09:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1160-468f9705

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT