やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“ゲーム機をインターネットに繋がない人”のためのニンテンドー3DS

 そろそろ3DSについて語ろうか。
 mixiの方には、感情に任せて批判的・否定的なことを書き連ねましたが……流石に時間が経って冷静になってきましたので、まずは冷静に批判的・否定的なことを書こうと思います。自分が気に食わないのは、シンプルに考えるとこの3つだけなんですよ。


1.“個人専用”という方針の割には2万5千円という高価格
2.現在発表されているソフトラインナップのほとんどが続編・移植・リメイク
3.自分は立体視が出来ないし、高解像度のグラフィックにも興味がない



 要は「俺が好きだった路線とは違う方向に進んでしまった」ということなんですけど。

 今後のWiiソフトの発売予定ラインナップを見ると「サードメーカーがソフトを出さないゲーム機がどうなるのか」が痛いほど分かりますし、3DSがサードメーカーにすり寄った方向に舵を取ったのも頷けます。僕が気に食わない上の3つも、言ってしまえば「サードメーカーにすり寄った結果」と言えますしねぇ。


 ただ、どっちにしろ自分は現在のソフトラインナップには興味がありませんし。発売日に買うことはないだろうってのは変わりません。DS&Wiiと違って「ウチの両親でも遊べそうなゲーム」が『nintendogs』と『レイトン教授』と『どうぶつの森』くらいですしねぇ(そして親子ともども続編を遊びたいとは思わない人)。
 現在持っているゲーム機でも、「遊びたいけど時間がなくて遊べていないソフト」が沢山ありますし、別に新しいゲーム機を買わなくても楽しいゲームライフは送れますものね。




 さて……そんなカンジに3DSに対しては距離を取っている自分ですが、先日の任天堂カンファレンスで興味深かったのは“通信”についての施策でした。WiiとDSiの反省点を活かして、両者の良い所をブラッシュアップして、より裾野を広げようという意志を感じました。

 もちろんそれが活かせるかどうかはソフト(コンテンツ)次第ですし、Wiiの時だって僕らは夢を見ていたのだけど現実には「んー、こんなものか」と思ったのですし、蓋を開けてみるまでは分かりませんが……上手くいけば、WiiやDSが抱えていた問題点を解決してくれるのかもと思いました。



【本日書く内容】
1.インターネットを使った“いつの間に通信”
2.インターネットを使わない“すれちがい通信”
3.そのどちらとも違う新しい方法



リボルテックヤマグチ No.086 レイトン教授リボルテックヤマグチ No.086 レイトン教授

海洋堂 2010-03-13
売り上げランキング : 69

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.インターネットを使った“いつの間に通信”
 岩田社長の説明はこの辺のページですかね。

 3DS本体の電源を切ることなく“スリープモード”にしておくことによって、自分の知らない間に「様々な情報やコンテンツを自動的に送受信します。」とのことです。
 ぶっちゃけWiiの“WiiConnect24”ですよね。Wii本体の電源を切ることなく“スタンバイモード”にしておくことによって、「ユーザーが眠っている間、外に出かけている間にもコンテンツを届ける」とWiiの公式サイトには書かれていました。


 ただ……Wiiを持っている人は分かると思いますが、WiiConnect24というのは「ラベル」は受信してくれたけど「コンテンツ」を受信してくれなかったんですよね。
 例えば『みんなで投票チャンネル』の場合、「今出ている最新のお題」はWiiConnect24で送られてWiiメニュー上から確認できますが、実際に起動すると「今までの結果」などを受信するために待ち時間がかかってしまうという。常時インターネットに繋がっているんなら、それくらい受信しておいてくれよ!!と、素人目には思ってしまうのです。

 多分ですけど、Wii伝言板への手紙なんかも「手紙が届いた」という情報だけ受信して、手紙そのものの受信は起動後にやっていますよね。結構待ち時間喰らいますもの。



 ―――Wiiは据置ゲーム機だったので、それでもまぁ別に「絶対に許せない!」というほどではないんですけど。
 3DSは携帯ゲーム機なので、同じようには行きませんよね。寝ている間に「いつの間に通信」で「手紙が来たよー」という情報を受信して、電車の中で手紙の中身を確認しようとしたら「インターネットに繋いで下さい」と言われてもどうしようもないですからね(笑)。

 ということで、3DSの「いつの間に通信」はWiiの「WiiConnect24」を更に発展させ、「コンテンツ」も寝ている間にダウンロードしてくれる――――みたいなものなのかなと思います。ちょっと推測と願望も混じっていますけど。
 「それがどうした?」と思うかも知れませんが、例えば『ニュースチャンネル』『占いチャンネル』『テレビの友チャンネル』なんかのコンテンツはWiiで自宅のテレビで観るよりも、3DSで電車の中なんかで観た方が有用なワケですよ。テレビ局と提携した3D映像の配信なんかもそうですが、「いつの間に通信」だからこそ出来ることは沢山あると思います。


 じゃあ自宅にインターネットがない人はどうするの?的な話は「3」でするので、そちらに続きます。



2.インターネットを使わない“すれちがい通信”
 岩田社長の説明はこの辺のページですね。

 DSソフトのインターネット接続率はなかなか3割を超えない、なんて話もありますように……
 「ゲーム機をインターネットに繋ぐとこんなに面白くなるよ!」とアピールしても、なかなか上手くいかないワケですよ。むしろ「インターネットに繋いでいない俺は面白さが半減するんだ。買うのやめよう……」と思う人が多いワケですよ。

(関連記事:ニンテンドーDSのWi-Fi対応ソフトのWi-Fi接続率は、ほとんどが2割台


 ということで、ゲーム機をネットに繋いでいない人でも楽しめる「すれちがい通信」に力を入れてあるのがこの3DSとなるのです。
 今の段階では「ソフトがどういう使い方をするのか」はほぼ未知数ですし、『スパ4』の「フィギュアが勝手に対戦をする!」とか、『すれちがいMii広場』の「すれちがった人の最後に遊んだソフトは何かが分かる」とか、それって面白いの?としか言いようがないんですけど……面白い使い方をするソフトが出てくると信じたいですね。


 『スパ4』の周辺にいる人と対戦出来る機能というのは、凄く面白そう。
 どこでもゲームセンター気分。でも、リアルストリートファイトにならないか怖い。

 DSiサウンドに該当するものが3DSにも引き継がれるそうでですから、すれちがった人が再生している曲が何か分かるみたいな使い方は面白いんじゃないかなぁ。「俺以外にもこの電車のなかに『けいおん』厨がいる!」とか、「今日どこかで伊集院ファンとすれちがっている!」とか、妄想するだけで楽しそうです。だけど、みんなそんなにDSiサウンド使っていないみたいだから喜ばれないのかなぁ。

 「撮った立体写真がすれちがい通信で交換出来る」とかも実現したら楽しそうなんですけど、そうすると「自分の男性器を3Dカメラで撮って女子校の前をウロウロする」変態とか出てくるでしょうし……その辺の制限は厳しそうですね。


 お、俺のことじゃないよ!!



3.そのどちらとも違う新しい方法
 さて、ここからが今日の本題です。

 上の2つは任天堂カンファレンスの前から情報が出ていたり、推測されていたりしたことで―――僕が今回の情報で一番「おぉ…!」と思ったのはこのページのこの部分です。


<以下、引用>
 こちらは、MiiからQRコードをつくる流れです。QRコードやMiiの画像は、一般的な形式でSDカードに出力されますので、ホームページに貼り付けるなど、様々な形で利用していただくことが可能です。

 QRコードになったMiiを読み込む手順は、ご覧のようになります。
ご覧のように非常に簡単に使えますので、Miiを配布するための手段として、広く活用していきたいと考えています。
</ここまで>


 Miiを作って自分のブログなどで公開&配布している人は、この意味が分かると思います。
 これって「ゲーム機をインターネットに繋がない人」のための仕様なんですよね。


【Miiの配布・Wii編】
● 作る側
 Wiiの『似顔絵チャンネル』で作る
→Wiiをインターネットに繋いで『Miiコンテストチャンネル』を起動
→「Miiを投稿」し、出てきた番号をメモに取る
→ブログなどにその番号を記載、写真などは自分で撮って貼り付けるしかない

● 受け取る側
 ブログなどで気に入ったMiiを見つける
→番号をメモに取る
→Wiiをインターネットチャンネルに繋いで『Miiコンテストチャンネル』を起動
→コードを入力し、出てきたMiiを広場に持ち帰る


 「作る側」「受け取る側」ともに、Wiiをインターネットに繋いでいないとならないんですよね。
 Wiiのネット接続率は4割とかなのに。


【Miiの配布・3DS編】
● 作る側
 3DSの『Miiスタジオ』でMiiを作る
→MiiからQRコードを作ってSDカードに出力
→その画像をブログなどに貼り付ける

● 受け取る側
 ブログなどで気に入ったMiiを見つける
→3DSの『Miiスタジオ』を起動
→QRコードを3DSカメラで撮影して終了


 21世紀にもなってパスワードのメモと入力が必須だったWiiに比べると、非常にスマートでエレガントな方法になっただけでなく。これならば「作る側」「受け取る側」が3DSをインターネットに繋いでいなくても構わないんですよね。



 「え?ブログを観るためにはインターネットがないとダメじゃね?」と思う人がいるかも知れませんけど、PCや携帯電話はネットに繋いでいるけどWiiやDSはネットに繋いでいないって人は沢山いるんですよ。そういう人にとってもQRコード出力は悪くない手だと思います。
 あるいは、もっとアナログな手法で……冊子などに載せて配布するというのも手ですよね。コミックスとか同人誌とかに自分のキャラのQRコードを載せるとか。

 絵を描けないし絵を描いてくれる人のツテもない同人小説書きの人は、MiiをQRコードに出力して「こんな顔をイメージしてますよぉ」と最初に載せるとか――――全員デフォルメ顔になっちゃうので、エロ小説とかには向きませんね(笑)。


 いや、むしろアリなのか………?




 もちろんコレは一例なんですけど……
 「どうにかしてインターネットに繋いでくれる人を増やそう」と頑張っていたWiiと比較して、「インターネットに繋がなくても楽しめるようにしよう」という方向に3DSは向かっているんだろうと思いました。現状のDSのネット接続率を考えれば、非常に現実的な施策だと思います。

 「1」で書いた「いつの間に通信」も、自宅に無線LAN環境がある人しか楽しめないようにするのではなく、様々な企業と提携して全国に展開している「ニンテンドーゾーン」での接続も可能にするそうです。これもインターネットを使うけれど「ネットに繋がない人も楽しめる」ようにという方向性ですよね。



 多分、このブログを読んでいる人は、一般の統計よりも「ゲーム機をインターネットに繋いでいる人」の割合が高いと思います。僕もWiiもDSもPS3もネットに繋いでいます。そういう人からすると「別に俺は繋いでいるから嬉しくねーな」という仕様に思われるかも知れません。

 でも、ゲーム機をインターネットに繋がない人は沢山いて(現世代機では過半数以上)、そのために「ネットに繋ぐとこんなに面白いことになるよ!」というゲームや、「ネットに繋ぐことで安く買えるんだよ!」というダウンロード販売はあまり盛んになっていません。

 そうした現実をこの数年間で何度も突きつけられた身としては、この「インターネットに繋がなくても楽しいようにする」方向性は支持したいです。



 まぁ、それでも「大事なのはソフト」なのは変わりませんし、現在発表されているラインナップはどちらかというと「ゲーム機をインターネットに繋いでいる人」に向けたソフトという気もするんですけどね(笑)。


トモダチコレクショントモダチコレクション

任天堂 2009-06-18
売り上げランキング : 161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<余談>
 しかし、ガチで使ってくれるなら3DSで一番楽しみなのは「SDカードスロット」が搭載されていることかも知れんと思いました。スロットも搭載されているし、SDカードも同梱するって話ですし。

 DSiにもSDカードスロットはあるんですけど……多分、内蔵ソフトの「DSiカメラ」と「DSiサウンド」以外ではSDカードを使ったソフトってありませんよね?『絵心教室』ですら描いた絵をSDカードに直接保存することは出来ないワケですし、技術的な壁があるのかもです。


 3DSは、最初からSDカードありきで作られたゲーム機なので―――
 Wiiのように『どうぶつの森』のスクリーンショットをブログに貼り付けられるだけでなく、例えば『エキサイトバイク』で作ったコースをQRコードに変換してブログに載せて配布出来るとか、『Wii Music』で作ったミュージックビデオを動画ファイルで残せるとか、色んなことが出来るよなぁ、夢が広がるなぁと思います。


 ま、同じようなことをWii発売前夜にも言っていた気もするんですが……

| ゲーム雑記 | 18:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どちらかというとサードパーティのタイトルを多くプレイするので、3Dも含めてありがたいです。
ロックマンDASH3で購入は確定ですしw
ですが、任天堂の勢いがないなと思うのは同感ですね。
気になるのはゼルダくらいですが、64でやりこんでいますから、単純なリメイクなら見送りそうです。

でもまあ、現時点では夢を見てもいいんじゃないですかね。
WiiもPS3も理想まで進めませんでしたけど、各々それなりのところまでいけたわけで。
「1番じゃなきゃいけないんですか」発言で色々いわれたように、全力で夢を見なければそこにいける可能性は〇なんですから。
3DSもそれなりのところまで勧めればいいと思います。

| 通りすがり | 2010/10/14 16:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1172-3ba02369

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT