やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋山澪に学ぶ「モテ/非モテ」学

 久々に「彼女はいません」カテゴリーの記事です。


 可愛い女のコが出てくる系のアニメでは、よく「モブの女のコまで可愛い」ことがあります。
 そのためにちょっと不思議な現象が起きたりしますよね。


 何故、『けいおん』秋山澪は“スター”に成り得たのか?

 澪は確かに美人だし、人気があるのも分かります。ファンクラブがあるというのも納得です。
 しかし、そのファンクラブの会員である曽我部先輩や佐々木さんだって十分に美人ですよね。キャーキャー言われている澪は美人、キャーキャー言っているファンのコ達も美人。この歪みは何なのか。澪と佐々木さんの差を分けたのは何だったのか―――と、佐々木さんファンの自分は考えていました。



 僕はこれを「現実的ではない」「リアリティがない」とは思いません。
 “可愛い女のコが出てくる系のアニメ”でしか起こらないことだとも思いません。


 現実の「モテ」も実はこういうことだと思うんですよ。



 澪は顔が良い。そしてモテモテである。
 佐々木さんも顔が良い。しかし(少なくとも作中では)モテている様子はない。


 現実でもこういう現象はそこら中で起こっていると思うのです。
 「モテ=美形、非モテ=ブサイク」という単純な構図ではないんです。

 そんな単純な式で「モテ/非モテ」は語れません。
 「モテ/非モテ」って「人が人に何を求めるのか」という統計学的な話なので、マジメに分析し始めると一学問が出来てしまうんじゃないかと思います。

 ひょっとしたら既にどこかにあるんだろうか、「モテ」学。
 何だか「モテるようになりたい学生」が集まってきそうな学問ですね。


TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ  「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪
秋山澪(CV:日笠陽子)

ポニーキャニオン 2010-09-21
売り上げランキング : 311

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 「秋山澪ファンクラブ」が出来た理由
 『けいおん!』原作もしくはアニメ1期を観ている人にとっては今更なことでしょうけど、2期からアニメを観たという人もいますし、『けいおん』観たことないけどこの記事を読んでくれているという人もいらっしゃるでしょうから解説します。


 澪って多分、小学校・中学校の頃は目立たないように目立たないように生きてきたんだと思います。
 初期の言動からはそうした過去が垣間見えていましたし、ベースを選んだのも「ギターに比べて目立たなくてイイから」でしたもんね(笑)。

 でも、1年目の文化祭ではボーカル候補の唯がノドを痛めてしまったため、“仕方なく”ボーカルとして最前線に出て行くハメになって。結果、その文化祭での大成功とほかほかごはんによって、澪は一躍校内の有名人になり、ファンクラブが出来たのです。



梓「これって、一昨年の学園祭のDVD……」
律「そう!一昨年のライブと言えば…」
ムギ「澪ちゃんを一躍スターダムに押し上げた、あの…」
律&ムギ「伝説の」
澪「思い出させるなっ!」



 2期25話「企画会議!」での会話。
 澪がスターになったのはあのライブがあったからで、逆に言うとあのライブがなければ澪は(それまで通りに)平穏な日々を送れていたはずなんです。おのれ、唯め!グッジョブ!



 たった1日でスターになった澪ですけど、当然「文化祭の前の日」と「文化祭の後の日」で劇的に何かが変わったワケではありません。(もちろん内面は成長しましたけど)以前から美人で、以後も美人なんです。でも澪を取り巻く環境は劇的に変わりました。




 当たり前のことを敢えて大文字で書きます。



 「モテているかどうか」を決めるのは、本人ではなくて周りなんですよ。

 キャーキャー言われている澪でなく、
 キャーキャー言っているファンクラブの人達がいてこそ「澪はモテている」と言えるんです。


 ハンカチ王子だってスターになったのは4年前の甲子園があったからですが、当然それ以前から彼は美少年でした。美少年なだけではスターにはならず、スターになったのには“何をしたか”の方が重要だったのだと思います。
 もちろんそこに“素材”の要素が全く影響していないとは言いませんけど、“素材”だけではスターになれませんし、功績次第では時として“素材”を補うスターになったりするのです。名指しするのは失礼なのでしませんけど、5打席敬遠された人とか……ゴニョゴニョ



 『けいおん』に話を戻します。
 面白かったのは2期になってから登場してきた1年生達の反応。
 恐らく彼女らは2年前の文化祭なんて知らないのですが、曽我部先輩が残した「澪ファンクラブ」によって、2年前を知らない1年生達にとっても澪は“スター”なんですよ。評価が更なる評価を生む、言っちゃえば、桜高時代の澪は「バブル」状態なんです。

 もちろん澪は最初から美人だし、それなりの評価を受けても不思議はないし、実際にその後に功績を残しているのだけど(ロミオとか)―――澪への評価の止まらなさ具合は、女子高という閉鎖空間独特の「一人歩き」感を覚えなくもなかったりします。




 ぶっちゃけた話……
 現実世界でキャーキャー言われているアイドルとか俳優さんとかでも、「顔だけだったらそんなじゃね?」って人もいますよね。「顔だけならこっちのコの方が可愛いのになぁ」的な。でも、“スター”になるかどうかはそういうことではないんだと思うのです。

 “本人”がどうというよりも、周りがそこに価値を見出すことによって「評価が膨れ上がっていく」感覚。閉鎖的なファンコミュニティほどそういうことが起こりやすいと思うんですけど……別に、今、俺、どこの業界がどうとかそういう話はしていないよ!マジで!深読みすんな!


けいおん! 1/8 秋山澪 学園祭Ver.けいおん! 1/8 秋山澪 学園祭Ver.

アルター 2010-10-01
売り上げランキング : 192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 「俺がモテナイのは俺のせいじゃない!俺の魅力に気付かない女どもが悪いんだ!」
 「魅力に気付かない」うんぬんはさておき、「マーケットのせい」というのは実は結構あるよなーと思うのです。小学校・中学校時代は目立たないように生きていた澪が、高校時代にバブル状態のスーパーモテエリートになったように―――モテるかどうかは周りの環境によって変わるのです。

 まぁ、澪はあの連中と仲良くしている限り、大学でも同じような目に合いそうですけど(笑)。



 これ、男女ともに当てはまる話ね。
 中学校の頃には「非モテ」だった人が、高校に入ったら「モテ」になっていた―――みたいな話は。もちろん本人の努力もあるのかも知れませんが、「マーケットが変わった」ことでフラットな位置で評価されて改めて魅力に気付かれるってことなんだと思うのです。

 ぶっちゃけた話……中学校レベルだと、“どのグループに属しているか”がモテ度に直結したりしますからね。顔だけならそこそこ格好イイor可愛い人でも、異性と交流のない暗めの友達グループにいると、なかなか声をかけづらかったりで。潜在的には隠れファンがいるのに、実績としては非モテになっているみたいなことがあります。


 そういや、オイラの中学のクラスメイトにもそういうコがいたのだけど、たまたまそのコの高校の文化祭で会ってすげー明るくなっていてビックリしたことがあったっけ。
 見た目はそのまんまだったんですけど、積極的に話しかけられて「え?半年前とキャラ違ってね?」と驚いたのです。環境が変わると、人は変わるんだなーと思ったものでした。きっと高校ではモテているんだろうなーと。




 ウチの地元は、小学校→中学校が同じメンツだったので。
 「一つのマーケット」で完結しちゃっていたので、そこで評価されないことで、本来モテ側のポテンシャルを持っているにも関わらず「私はモテないんだ……」と思い込んでしまっていたのかも。中学生くらいだと自分のモテポテンシャルなんて分かりませんものねー。


 中学校・高校・大学・社会人、その間でもバイト先とか趣味の交友関係とか、色んなところに進出すると……それまでモテなかった人が、「あれ?ここでは自分はモテ側なんだ?」となることが結構あるんですよ。周りを見ていると、「あ、コイツあっち側に行っちゃったな」と思う瞬間というか(笑)。


 なので、今現在「モテナイ」と自分のことを思っていらっしゃる人も―――
 なるべく色んなマーケットに進出してみると、何かが変わるかもって思うのです。


 どこかにアナタが「モテる」場所があるかも知れませんよ!!






 それでもどこにもなかった時は、「ようこそ!こちら側へ」と仲間として迎え入れてあげるよ!!(笑)


ラブプラス+ラブプラス+

コナミデジタルエンタテインメント 2010-06-24
売り上げランキング : 220

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 彼女はいません | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1180-7f5ad3dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT