FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『舞-乙HiME Zwei』2話感想

第2話「ア・ラ・シの予感」

「お黙り!愚民ども!!」


舞-乙HiME Zwei スペシャルパッケージ 2 舞-乙HiME Zwei スペシャルパッケージ 2
吉野弘幸、久行宏和 他 (2007/02/23)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る



 脚本:吉野弘幸 絵コンテ:須永司・小原正和 演出:小原正和
 キャラ作画監督:久行宏和 メカ作画監督:大塚健


  限定版特典は、アリカのマイスター服姿のフィギュアでした。
 なるほど、このサイズに合わせるために1巻もムダにデカかったのか・・・ということは、3~4巻もフィギュア付きということ? 出来うるならばマシロたんのフィギュア希望!だってほら・・・バストの成長具合がちょうど良い塩梅に(以下略)


 しかし、正直なところアリカのフィギュアは微妙かも・・・僕はあんまりフィギュアの平均的な出来を知らんのですが、アリカっぽくないというかオマケっぽいというか。とりあえず箱の中にしまってあります。タイツよりもスカート&パンチラの方が良かったなー。



 ○ 今回はエアリーズ編です
 吉野弘幸の何が凄いって、冷静になってみたら「都合良すぎなんじゃない?」と思っても仕方ないストーリー展開のはずなのに、全く持ってそうは感じさせないところなのかも。

 ストーリーを盛り上げてキャラを引き立てるためには少々の御都合主義はあって当然だと思うし、実際にバスジャックが起こる話には“知ってるキャラが人質の中にいる”と俄然話が面白くなるのは間違いないです。でも、使い古された手段は視聴者の慣れを生むし、「都合良い展開だなー」と思われかねません。
 しかしまぁ、今回のバスジャックの見せ方―――サラの登場からアリカの見せ方、チエとハルカのやり方なんかの構成の上手さでポンポンと引き込んでいかれるのですよね。この技術は凄い・・・あと、「アリカが乗っていたから解決!」という黄金パターンからズレて、むしろ事態の悪化に繋げているのも面白い(最終的には「ミコトが乗っていたから・・・」と持ってくるんですけど)



 今回の舞台がエアリーズなのも、テレビ版の終盤の展開から見ればエアリーズにナギが収容されていておかしくないのだから、アリカがエアリーズに向かうのも納得だし(黒い谷での強制労働はどうした?とは思ったけど)。それをサラが追ってきて、念願のサラ&ハルカの姉妹漫才をやってくれるのも納得な上に嬉しいし。人気キャラのハルカちゃんを通して、ハルカ-ユキノのラインとアリカ-マシロのラインの比較にもなるし。恐らく現在最も頼りになるハルカを退場させることによって、危機感を募らせる効果もある―――

 何とまあ、ムダのなく、ムリのないストーリー展開だこと。惚れ惚れしてしまいます。


 あ・・・・・・でも、トモエの大統領候補立候補はさすがに御都合主義か(笑)
 それも石上先生と絡めてコメディチックに描いたから、文句言う気が起きないんだから凄いよなぁ・・・チエがトモエを「痛々しい」と表現したのには笑った。テレビ版の途中までは「チエがしっかりしていればトモエはこんなことにならなかったんでは?」とか思ってましたが、そんな領域はとっくに超えてますもんね。

 というか、テレビ版観ていて「なんでこの人だけ出番ないのー?」とぼやいていた石上先生が、こんなところで出てきたことに大笑いしてしまったよ!三木眞だったんだね、すっかり忘れていましたよ。「美術教師」が「似顔絵描き」にグレードダウン(?)してたのも面白かった。やるなぁ。




 ○ テレビ版では描ききれなかった関係と描きようもないバトル
 テレビ版終盤のサラの扱いや、ナオとニナのやり取りなんかに不満を覚えていた僕としてはOVAで補完してくれたのは嬉しい限り。というよりも、OVAが出ることが決まっていたからこそ、テレビ版では最低限の描写に留めておいたと考えるのが正解かな?

 持て余すチエ、上手くあしらうサラ……と、両者のハルカの扱い方を見せておいて、その後の“信頼し合っているユキノ”を際立たせるのも流石だなーと感心しています。もち、それがOVA版クライマックスにおけるアリカ-マシロに繋がってくるという期待もありますから、本当に無駄のない動かし方なのです。


 サラは元々『電童』のキャラなんですっけ?
 マスクは元ネタあるとは知っていますが、携帯とかスクーターとかステルス仕様の能力なんかも元ネタあるのかな?携帯をスクーターにセットしてからのマテリアライズの画面の流れは、やたらロボットアニメっぽかったですし。

 てゆうか、みゆきちの「マテリアライズ!!」が聴けたのが嬉しかったよ!
 現在『RED GARDEN』で演技を堪能させてもらっていますが、サラはサラで良いなぁ・・・石化光線を避けた時には、「良かった!まだ退場しなくて!」と思ってしまいました。ゴメンね、ハルカちゃん。



 黒い影はオトメだけを重点的に追いかけているみたいですが、デルタオトメには無反応でサラやハルカを追っていたみたいですね。サラのマテリアライズが解けたタイミングがアレだったんでよく分かりませんでしたが、やっぱり生身のオトメには興味がないということなのかな。単純なコピー能力なら、次に出てくる時はハルカちゃん仕様なんだろうが・・・はたして。


 一方のデルタオトメ。設定が良く分からないんですが、マスターがいなくて真祖様にも影響を受けないということはワルキューレ部隊と何が違うんだろうと思わなくもないです。チエの能力は地味だけど、やたら強くない?シルクハットで遠くからサクッと頚動脈を裂けば良いのだし(笑)




 ともかく。バスジャック撃破→チャイルド登場→黒い影登場と続いたバトルシーンは流石の迫力でした。作画の細かさももちろんなんですが、コンテが美しいですねぇ。サラが攻撃前にバイザー閉めるとことか、すげーカッチョ良かったです。このクオリティは確かにOVAならではで、見応え十分でした。凄かったのー。




 話の展開からすると、次はアルタイに行くのかな?
 個人的にはフロリンス組…ロザリーやシホも見てみたいです。そういや、メテオブレイクの時にシホじゃなくてロザリーが出撃していたのって理由がまだ描かれていませんものね。可能性がなくもない?

 というか、第1話ラストで出てきたニナ宅の様子からすると、住んでいるのはアルタイっぽくはなかったんだけどなぁ・・・

| 舞-HiMEプロジェクト | 16:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

デルタオトメのマスター

はじめまして。本編終了後、1年も経ってから「舞-乙HiME」にハマっている完全な時期はずれのファンです(私事都合で、一昨年末~昨年始め頃多忙で、とてもtvを見ているような精神的余裕がなかったので)。

>一方のデルタオトメ。設定が良く分からないんですが、マスターがいなくて真祖様にも影響を受けないということはワルキューレ部隊と何が違うんだろうと思わなくもないです。

本編冒頭で、ユキノ大統領に報告をする場面で、国家安全保障局のボーマン中将の指に4つのGEMがついた指輪がはめられているのがクローズアップされています。したがって、この描写を見る限り、チエ=ハラード大尉以下のデルタオトメ部隊4人は、ボーマン中将の乙HiMEということになっている、と推測されます。
無論、ボーマン氏個人に対してではなく、エアリーズ共和国そのもの(正確には、その「国家安全保障局」という国家機関)に対して忠誠を尽くす仕組みになっているものと思われます(乙HiMEはマスターという「個人」と契約する仕組みになっているため、方便として国家安全保障局の責任者であるボーマン中将と契約している、という建前になってるのでしょう)。

| 三河屋 | 2007/03/02 15:20 | URL | ≫ EDIT

>三河屋さん

はじめましてー。
僕も『舞-HiME』のアニメを観始めたのが、『舞-乙HiME』が半分終わった頃だったので共感するところがあります。すげー楽しんでいるのに、「すごいよね!」と言い合える人がいないというか(笑)

デルタオトメは、なるほど!気付きませんでした。
言われてみれば、チエがボーマン中将とGEM越しで会話していたのもそういうことなのかも知れませんね。デルタオトメ4人も同じ契約なので、GEM越しに通信できるから連携が取れる・・・と。相変わらず、面白い設定ですよね。

まぁ、よくよく考えてみるとボーマン一人を暗殺でもすれば国の戦力の大半を削れるのだから、防衛という面では不安も大きいのだけれど(笑)

| やまなし | 2007/03/02 17:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/119-33eb44ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT