やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考察:女性のパンティ、前から見るか?後ろから見るか?

 俺達が見たいのは、「パンツ」なのか「パンツの中」なのか――


 「パンチラ嬉しいよ」派vs「パンツはギリギリ見えない方がイイんだよ」派の仁義なき戦いについては以前に書きました。もうコレは「きのこの山vsたけのこの里」論争とか「犬派vs猫派」論争並に決着がつかない人類永遠のテーマなのだと思います。だから、そこに結論を出すつもりはありません。

(関連記事:見えないパンツにロマンを感じられるか



 今日はむしろコッチの話です。
 一口に「パンチラ」と言っても2種類ありますよね。

 「前からのパンチラ」「後ろからのパンチラ」



 Twitterにて指摘されて「ハッ!」と気付いたのですが、この2つの嗜好は異なるモチベーションによるものだと思うのです。「パンチラ嬉しいよ」派の人達も、実は一枚岩ではなかったのです。



 「前からのパンツ」
 トリンプ (Triumph) ランジェリー(天使のブラ セットショーツ) レディス

 前面というのはパンツの顔です。
 パンツというのは前方から見た際に、最も見栄えが良いようにデザインされています。

 だってほら!「下着姿を人に見られる時」も「下着姿を鏡に映して自分で見る時」も、圧倒的に前からのアングルが多いでしょ。なので、リボンとかは前方に付いていることが多いですよね。Amazonで「パンティ」を商品検索しても、圧倒的に前方からの画像が多かったです。
 言ってしまえば、「前からのパンツ」というのはパンツ本来の姿をそのまま見せられる姿なんです。




 「後ろからのパンツ」
 シェイキングヒップ ブルーストライプ

 Amazonで商品検索しても後ろからの画像が出てこなかったので、こんな商品の画像になってしまいました。「USBを刺し込むとお尻をフリフリしてくれる玩具です」って(笑)。僕が言うのもアレですが、日本は大丈夫なのでしょうか?


 「後ろからのパンツ」というのは「前からのパンツ」に比べてデザイン性に劣ることが多いです。前にリボンが付いているパンツは数あれど、後ろにリボンの付いているパンツはあまり見当たりませんよね?

 しかし!「後ろからのパンツ」は お尻の形状にフィットします。
 「前からのパンツ」は誰が履いても同じようなものにしか見えませんが、「後ろからのパンツ」は履いている人のお尻を投影させ、その人の個性を浮き彫りにします。「後ろからのパンチラ」を好む人は、パンツだけでなく、パンツ越しに存在するお尻の美しさ、及びその女性自身の美しさを感じるのです。



 「パンチラ」というのは「パンツが見える」だけの行為ではないのです。
 パンツが見たいだけなら下着屋さんに行くとか、下着メーカーさんのホームページを見るとかすればイイのです。僕たちが見たいのは「女性がパンツを履いている」姿なんです。


 その女性が「どんなパンツを履いているのか」が見たい人=「前からのパンチラ」を好む人
 その女性の「パンツ越しのお尻」に想いを馳せられる人=「後ろからのパンチラ」を好む人



 たかがパンチラ、されどパンチラ。
 パンチラ学の道は果てしなく長いのです。





 ちなみに僕は「下からのパンチラ」派です。


打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]
奥菜恵 REMEDIOS

ビデオメーカー 1999-08-07
売り上げランキング : 7065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 18:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かに下からのパンチラ最高ですね!

| たろう | 2010/12/06 13:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1191-bf9a270f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT