やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

電子書籍は「試し読み」で化ける

 今年は「電子書籍元年」と言われていて、来年には「日本版キンドルが始まるのでは?」なんて憶測が言われたりしていて。何か、毎年毎年「来年には…」と言われている気がするんですけど、電子書籍というものがそう珍しくない未来が近づいているんだろうなと思います。


 自分は、正直よく分かっていません。
 色んな会社が競合して端末を出していることでどれを買ってイイか分かりませんし、そんな面倒な先行投資をするくらいなら「紙の本で良いやー」という気分ですし、もし読みたい本が「紙の本では出しません!電子書籍しか出しません」と言っていたら「じゃあ読まなくて良いやー」としか思わないくらいに面倒です。


 いや、まぁ……日本版キンドルが始まって「誰でも気軽に出版が出来る」未来になったのなら、自分だって電子書籍を出したいなーなんて漠然と思ってはいるのですが。僕レベルの人が分かるくらいに「これ買っておけば大丈夫!」な端末が安価で出ない限りは厳しいんじゃないかと思います。

 漫画は特に、ある程度の画面サイズが必要ですしね……うーん。





 とまぁ、それくらいの知識しかない自分が。
 “読む側”の立場で、「こんな機能があったら魅力的なのになぁ」と思うことを書いておきます。

 「電子書籍だと安くなりますよ」ってだけじゃ普及しないと思うんですよ。端末にお金払うワケですし。
 「電子書籍だと置き場所が要りませんよ」ってだけじゃ普及しないと思うんですよ。紙の本だって、読み終わったらブックオフかネットオークションに売り払っちゃう人が大勢いるんですから。


 ずばり、自分が欲しいのは「試し読み」機能です。
 調べてみたところ、キンドルは「ほぼ全ての書籍が最初の1章分を無償で読める。」らしいですね。じゃあ「欲しい」じゃなくて「強化して欲しい」「プッシュして欲しい」に言い換えておきます(笑)。


 でも、個人的には「どこまでを無償にするのか」は著作者が決められるようにした方が、物凄く可能性が広がると思うんです。「サンプルを試し読みする」→「面白かったからそのまま購入して続きを読む」の流れを定着させることこそが電子書籍の強みになると思うのです。


電子書籍の基本からカラクリまでわかる本 (洋泉社MOOK)電子書籍の基本からカラクリまでわかる本 (洋泉社MOOK)

洋泉社 2010-05-26
売り上げランキング : 27756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 「全部読める」か「全部読めない」しかなかった“立ち読み”
 “紙の本”にも一応「試し読み」をする方法がありました。それが“立ち読み”です。
 しかし、この立ち読み―――漫画なんかではビニールがかかっているなどで「全く開けることが出来ない」か。普通の本や雑誌、ブックオフなどの新古書店なんかで「最初から最後まで読むことが出来る」の2通りしかなかったんです。



 これって、作り手側からするとジレンマだと思います。

 手にとって欲しい、中を見て欲しい、中を見てもらったら気に入ってもらえる自信がある。
 でも、“立ち読み”で全部読まれちゃうこともあるんです。

 自分は小心者なので出来ませんけど、小説を全部“立ち読み”で読んでしまう知り合いがいますし、ブックオフで漫画全巻を読んだって人もいますし、漫画雑誌は“立ち読み”で済ませてしまうって人は多いでしょう。

 かと言って、「買ってみるまで中身が全く分からない」と読者は手を出しにくいし、作り手側からしても「手を出してもらえば気に入ってもらえる自信があるのになぁ」というジレンマに苦しむんじゃないかと思います。



 なので、電子書籍で「試し読み」出来る部分を予め作り手が決められればイイと思うんですよ。
 ここまで読んでもらえれば残りは買ってもらえる自信がある、というところを作り手側が設定すればイイし。読む側からしても「そこまで読んだけど面白くないということは肌に合わないんだな」と分かると思うんです。


 漫画だったら一番「この作品の魅力が伝わる」と思う回をタダで読めるようにすればイイし。
 推理小説だったら「犯人が分かる最終章」以外全部無料で読めるようにしちゃってもイイと思います。
 「試し読み」では湯気で見えにくかったところが、購入して読むと湯気が消えるとかもイイか(笑)。


 “紙の本”では出来なかった売り方があると思いますし、“電子書籍”ならではの面白い試みって沢山あると思うんです。ただ“紙の本”を安くして置き場所に困りませんよーとしただけじゃ“電子書籍”なんて面倒なものは普及しないと思いますよ。




○ どこででも「試し読み」出来るメリット
 ここまではどちらかと言うと「作る側」のメリットで、「読む側」のメリットはないんじゃないか?と思った人もいると思いますんで解説します。自分としてはむしろこっちのメリットが欲しいです。

 当然のことながら、“立ち読み”は本屋さんでしか出来ませんよね。
 本屋さん以外で“立ち読み”をしていたらそれは万引きです。


 でも、持ち歩き出来る端末に「試し読み」のサンプルを保存して世界中の何処ででも読めるのなら、布団の中でも電車の中でも待ち合わせの間でも退屈な授業の間でも読むことが出来ます。授業はちゃんと受けなきゃダメだよ!

 で、3Gならその場で「面白いから続きを買おうっと」と出来るワケっすよ。
 世界中の何処もが本屋!世界中…?世界中なのか、自分「3G」がよく分かっていないんで、「日本中」にしておきますか(笑)。日本の何処に行ってもアナタの手のひらが本屋になる!



 しゃらくさい言葉を使うのならば、これは「ライフスタイル」の変化なんだと思います。
 人と本との向き合い方が変わってしまうくらいの革命なんだと思います。


 そのためには「サンプルはPCから読めます」とかじゃ全然ダメですし、携帯できる端末でサンプル版を読んでいて「続きを読みたいな」と購入ボタンを押したら十秒後にはその場で製品版にデータが替わっているくらいのことをしてくれなきゃダメだと思います。



 電子書籍の普及には“コンテンツ”より“サービス”の方が重要じゃないかなと僕は思っていますし、この「試し読み」は一つの例です。「電子書籍ならではのサービス」で、本を読むことが劇的に楽しくなる―――くらいじゃないと、普及はしないと思っています。

 いや、こういう機能が「実際に実装されているかどうか」もよく分かっていない僕が言うのもアレなんですけどね(笑)。技術的には何の難しいところもないでしょうし、「1章」と言わずに、「作り手の好きなように」出来ると売り方も楽しみ方も幅が広がるんだけどなーと思うのです。


電子書籍の作り方、売り方 iPad/Kindle/PDF対応版電子書籍の作り方、売り方 iPad/Kindle/PDF対応版
加藤雅士(FLOP DESIGN)

MdN 2010-10-22
売り上げランキング : 2173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 余談
 端末の話ですけど……
 iPadは価格が高くて、3DSは画面サイズと解像度が低くて、端末としてのキンドルは「専用端末」ゆえに物凄く興味がある人にしか手に取ってもらえないだろうって思ってしまいます。携帯電話はスマートフォン含めて、画面サイズに難があって(漫画を読むには)。


 一般に普及するためには、どれも「痒いところに手が届かない」印象です。




 で、何気に自分が期待というか、ダークホースとして妄想しているのが「PSP2」です。
 「出るの?」というところから怪しい存在なんですけど、これが大画面携帯ゲーム機路線に進んでくれると自分は嬉しいなと思っています。iPadよりはちょっと画面小さめで価格も安くて、ゲームがメインだからボタンももちろん付いていて、様々なメディアに対応している内の一つに「電子書籍」がある、みたいな妄想。


 ライバルである3DSが立体視の方向に進んだので、どうしたって現時点ではコストの問題で大画面には対応出来ませんでしたから―――「自宅で携帯ゲーム機を遊ぶ層」には、PSP2が大画面で行きますよー!と進んだら受け皿になると思うんですよ。

 まぁ、今の段階で噂されている「PSP2」の仕様はこっちの方向ではないっぽいんですが……
 そんなこんなで、ここからの半年~一年は「電子書籍」がどうなるかの期間になるかもですね。来年の今頃には「電子書籍?そんなものもあったねえ」と言ってるやも知れぬ(笑)。

| 漫画読み雑記 | 18:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

エロ漫画の電子書籍しか流行らない気がする

| ああああ | 2010/12/02 19:52 | URL |

初めてコメントします

本棚に綺麗に並ぶ背表紙が好きな自分は いかに便利で メリットがあっても 電子書籍は一般化してほしくはないですね…

エロマンガは本棚に綺麗に並べる度胸は無いんで やはり 電子書籍の生きる道はエロマンガに…

| ほりあゆ | 2010/12/03 05:33 | URL |

学生の立場からすると、専門書は電子化されればいいのにと常々思います。
教科書やら参考書やらが安くても3000円、下手するとうん万円もするのですから。
現在は図書館で借りて、200ページ丸ごとコピーなんてことをして凌いでいます。

| 学生1 | 2010/12/03 23:42 | URL |

確か昔、筒井康隆さんが、「残像に口紅を」という本で、
後半を袋閉じにする形の本を作って、
ここまで読んで面白くなかったという方は
この本を送り返してください。代金を返します
という形式の本を出版した、なお文庫版は、その限りではない。
少なくとも、立ち読みでは、前半しか読めない事は確かである。

| ああああ | 2012/09/10 16:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1194-2397e5ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT