やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『FF5』のストーリーは『FF10』の半分のボリュームだったか

 「社長が訊く」を読んでいて気になるページがあったので、ちょっと反応します。
 一部引用だけだと文脈が伝わらないかも知れないので、出来れば原文を読んでもらった方がイイかもです。


<以下、引用>
坂口「最近、RPGを最後までプレイしない方も多いですよね。」

岩田「そうですね。メディア容量が増えて、すごい物量が入るようになりましたよね。
 だからつくり手としては、たくさんつめ込んだほうがお客さんは嬉しいと考えるのかな、と思うんです。
 でも、たとえるなら毎日美味しいフランス料理を食べつづけていたら、やがては食べ飽きてしまうのといっしょで、同じ手法でゲーム容量ばかり増やしても、やがて飽きられてしまうように思います。
 だから、どうしたら最後までプレイしてもらえるか・・・途中で料理を食べ飽きないためにはどうするべきかが大切なんでしょうね。」

坂口「そうですね。」
</ここまで>

※ 改行は引用者の手で行いました。


 坂口さんというのは『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親で、現在『ラストストーリー』を制作中の坂口博信さんです。岩田さんというのは任天堂の社長の岩田聡さんです。
 「社長が訊く」という媒体の特性上、「最近のゲームってつまんねえよな!」みたいな話は出来ないでしょうから100%の本音ではない部分もあると思うんですが……とりあえず岩田さんの見解に、自分は異論があるなと思って今日は記事を書きます。



 増えた部分は何だったか?


 スーパーファミコンの『ファイナルファンタジー5』は、自分は20~30時間くらいでクリアしたのを覚えています。とりあえずエンディングまでは。
 PS2の『ファイナルファンタジー10』は、自分は50時間前後でクリアしました。これもとりあえずはエンディングまでの話。


 プレイ時間はおよそ倍。
 しかし、「ストーリー」に限定すれば「『FF10』が『FF5』の倍のボリュームのストーリーだった」とは思いません。好き嫌いは置いといて、体感の「お話の長さ」としては同じくらいかむしろ『5』の方が長い物語だったように思い出せます。

 『FF10』にあって『FF5』にないものは、そりゃ沢山ありました。
 ムービーがあって、ボイスがあって、3Dの美しいグラフィックに豪華な音楽、ブリッツボールのようなミニゲーム……などなど。


 しかし、ストーリーに関しては「同じくらいの長さのお話」を、50時間かけて味わうのと20~30時間かけて味わうのとでは、前者は薄味・後者は濃味に思えますよね。同じ「原作漫画2冊分」を「27話」にするのか「14話」にするのか、みたいな話で。
 むしろ50時間の方は、ムービーやらボイスやら3Dのグラフィックなどで水増しされて、味の薄くなったカルピスのようなストーリーに思えてしまうのです。


 あれ……この例えをすると、あたかも自分が『FF10』を嫌いなようじゃないか。
 そんなことはないのです。自分がやった『FF』シリーズの中では『5』も『10』も同じように上位に好きなタイトルだから例に挙げただけです。ただ、昔に比べて「引き伸ばされている」感は確実にありました。
 自分が一番最近遊んだ3DのRPGが2001年の『FF10』という辺りに、「RPGってのはとにかく時間のかかるゲームだなぁ」という自分の気持ちが反映されているのだろうなと思うのです。



 坂口さんは「最近、RPGを最後までプレイしない方も多いですよね。」と仰っていましたけど、そういう人はまだマシな方で、「最近のRPGは時間がかかるから買わないし遊ばない」って人の方が多いんじゃないかと僕は思っています。

 『ドラクエ』『FF』『ポケモン』以外のRPGが苦戦している&新規のRPGのヒット作が随分と出ていないというのは、その三作品以外の“RPG市場”が縮小しきってしまったということなんだと思うんです。


ラストストーリー 特典 エレメント オブ ザ ラストストーリー(サントラCD+ビジュアルブック)付きラストストーリー 特典 エレメント オブ ザ ラストストーリー(サントラCD+ビジュアルブック)付き

任天堂 2011-01-27
売り上げランキング : 63

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ RPGとストーリー
 ということで、RPGにおける「ストーリー」の役割は昔と随分変わったんだろうなぁと思います。
 かつては「ゲームでストーリーを表現したいならRPG」という時代がありましたけど、RPGが3Dになって、開発期間が長くなって、(中古対策もあって)プレイ時間過多になって、その割にはストーリー自体の長さはさほど変わらないから密度が薄くなって。

 その間にノベルゲームの隆盛や2Dアドベンチャーゲームの復活、3Dのアクションアドベンチャー系が強くなり。
 今では「RPGで体感するストーリー」に、ユーザーが魅力を感じていないんじゃないかなぁと思うのです。もちろん根強いRPG人気というものを否定はしませんけど、『ドラクエ』『FF』『ポケモン』を除けば30~40万本付近に上限がある市場になりつつあると思いますもの。



 動画共有サイトの問題も、自分はあまり詳しくないんで何万人くらいが「動画共有サイトでイイやー」と思っているのかは分かりませんけど……「動画共有サイトのせいでゲームの売上げが落ちている!」というのが本当ならば、RPGの場合「ストーリーは見たい」「でもそれ以外の部分が長くなり過ぎていて面倒」って人が動画共有サイトでストーリーの部分だけ見ているんじゃないのかなぁ。

 スーファミ時代は20~30時間で体感できたストーリーが、最近のゲームは50時間とかかかっちゃうから、動画共有サイトでストーリー以外の部分は早送りして10時間で楽しめた―――みたいなカンジで。
 自分は動画共有サイトをほとんど使わないんで憶測ですけど、使う立場の人を考えるとこういう思考なのかなーと思います。もちろん違法コピーは違法コピーなんでそれが正しいなんて言うつもりはありませんけどね。

 「お金がない」だけじゃないと思うんですよ。
 「RPGで体感するストーリー」の方に限界があるんじゃないかなと思うのですよ。




 でも、『ラストストーリー』含めて、「どうです!新しい要素を足しましたよ」「コレとコレとコレ!」「こんなに色んなことが出来るんですよ!」「物凄くたくさん楽しめますよ!」「すごいでしょ!」と言ってくるRPGがほとんどで……それでは、「最近のRPGは時間がかかるからやりたくないなぁ」という人は戻ってこないと思うんですけどね。

 どうすんのかなぁ、コレ……
 開発費を高騰させて「すごいゲーム」を作り続けているゲーム会社と、「そこまでは求めてなかったのにな…」というユーザーとの差が広がっていることが原因だと自分は思っているんですけど。DSが3DSになって、PSPがPSP2になったら、もっと深刻な問題になるんじゃないかなぁ。


二ノ国 漆黒の魔導士(魔法指南書 マジックマスター 同梱)二ノ国 漆黒の魔導士(魔法指南書 マジックマスター 同梱)

レベルファイブ 2010-12-09
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:55 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

同感です!
RPGではないですが、ゼルダの「時のオカリナ」を「面白いんだけどもうちょっと短くならない?」と思いながらやったくちです。
個人的には携帯ゲームくらいのボリュームでいいなと。
今時のRPGなんて、手にとることさえありません。時間泥棒すぎるので。
1時間かそこらで飽きるけど次の日にまたやりたくなる、しかも長続きするゲームはないか?と思っていたらありました。
…同人ゲームの東方シリーズでした。

| electron | 2010/12/21 22:11 | URL |

私の文章理解度が低いのか、初めの問題提起と導き出される結論がうまくつながってないような印象を受けました。そのせいで何を中心に主張したい文章なのか、見えてきませんでした。

| ああああ | 2010/12/21 23:07 | URL | ≫ EDIT

イベントシーン、バトル演出、ロード時間等。
最近のRPGは「プレイ時間」が長いんじゃなく、「プレイ出来ない時間」が長いんですよね


オリジナルよりプレイ時間が短くなった!ということをウリにしたリメイクを見てみたい。勿論オリジナルの要素は一切削らずに、演出やレスポンス部分を限界まできりつめて、「元の面白さのまま」より短い時間で終了するなんてことが達成できたら素晴らしいじゃないですか。

| あわれ | 2010/12/22 03:00 | URL | ≫ EDIT

個人的には据え置きでゆっくりとしたいタイプなのですがPSPやNintendoDSの
ゲームの方が据え置きより売れているのはやはりゲームしやすい環境なんでしょうね。
私にとってRPGはシナリオを楽しむADVのような感覚でPlayしています。
ですので戦闘がめんどくさくあまり長くPlayしなければならないゲームはやはり躊躇しますね。
バランス良いなぁと思ったのがアルトネリコ3で一定の回数戦闘をすると
MAPに敵が出てこなくなるので別MAP移動も一度行ければ短縮移動できるように
なりましたし非常にサクサク進んでシナリオを進めやすかったですね。
2周目以降レベル引継ぎとシナリオ分岐点からの再スタート可能で無駄が省けてましたし。

| zzz | 2010/12/22 10:17 | URL |

RPGに限った話じゃありませんよね。
無駄なエフェクト、ムービー、イベント、そういう物でゲームが薄まるのは、中古販売が存在する限り仕方ないんじゃないかな。
最初の一週間でゲームの売り上げが全て決まってしまう状況だから、作り手は嫌でもそうせざるをえません。
中古屋がなければ「発売後一週間だけは中古屋に売らせないための仕組み」は必要ないんです。

皆が任天堂のようにジワ売れするようなゲームを作ればいいんですよね。
でも中古屋と経営陣がそれを許さない。

| ああああ | 2010/12/22 22:34 | URL |

天外魔境2のころ既に「RPGは60時間」な世界だった気がしますが…
当時は「どうにかして長い時間プレイさせろ。プレイ時間の長さ=大作だ」みたいな風潮がゲーム業界にはあったそうですよ。
だから戦闘で水増ししたりしてたとかなんか読んだ覚えがあります。

まぁ、実際最近のRPGは長いですよね。
かなりムダに。
あとクリアしない人の中には「終わっちゃうのがなんか勿体無い」な人もいるでしょうがこの手の人たちは無理に終わらせなくても良いんじゃないんでしょうか。
結構満足してる人たちですし。(私なんかはもうおなかいっぱいで終盤に投げるのが多い)

終盤だれてぷれいしなくなっちゃうのはナントカした方がいいんでしょうけど
ポケモンは一応殿堂入りが目標ですけど、ゴールはもっと先だから終わっちゃう感がないんでさくさくいけちゃうのかもですねー

| ああああ | 2010/12/29 07:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1201-1ddfa171

TRACKBACK

PSP「FINAL FANTASY IV Complete Collection」トレイラー

もともとWiiのDLCで配信されたFF4アフターイヤーズがFF4本編とセットでPSPでパッケージ化 そしてこのゲームのクオリティが低いと話題になってて 字などをよく見ると ”マザーポム”や”ぱくはつするーーー!” といって誤表記がされている事が判明している Wii版は…

| 買い捲リンク | 2010/12/21 18:00 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT