やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011年1月のまとめ

 PSP後継機、コードネーム「NGP(ネクストジェネレーションポータブル)」についてはmixiの日記の方に書いていると思うので……(この文章を書いている時点ではまだノータッチなんですが、きっと明日の自分は書いていると思うので)ここでは触れずに。


 発売まで1ヶ月を切った「ニンテンドー3DS」について。
 本体と同時発売のソフトや、3月までの発売予定ソフトなんかを見ても……


 ニンテンドーDSにおける『脳トレ』とか、Wiiにおける『Wii Sports』のように、“そのハードを象徴するようなソフト”はありませんでした。『脳トレ』はロンチじゃなかったんですけどね。でも、「脳トレの位置に来るようなソフト」には僕も含めて多くの人が注目していたと思います。「次は任天堂、何で驚かせてくれるんだろう?」と。

 なのに、シリーズソフトばっかりじゃねえか!と。
 今まであったゲームを立体視にしただけで「どう?新しいでしょ?」とか言ってんじゃねえよ!と。



 自分は前に散々それを批判していましたが、先日の任天堂の決算説明会でそうした不満に対する回答のようなものが言われました。なので、ちょっと引用させていただきます。


<以下、引用>
 ニンテンドー3DSには、『ニンテンドー3DSカメラ』『ARゲームズ』『顔シューティング』など、多くの内蔵ソフトが用意されています。
 これらの内蔵ソフトは、お客様ご自身でお楽しみいただけるのはもちろんですが、ニンテンドー3DSを持ち歩いていただいたお客様が、周囲の方々と一緒にニンテンドー3DSを楽しんでいただけるような内容になるように仕上げたつもりです。
 これによって、実際に体験しないとわからない裸眼立体視の魅力も自然に伝わっていくことを、私たちは期待しています。「本体発売と同時期に発売されるソフトの中に、幅広いお客様にアピールするソフトが足らないのではないか」という声があることも耳にしておりますが、私たちは、それらを最初に実現するソフトを本体に内蔵させて全員にお渡しすることで、ニンテンドー3DSを自然と、周囲の方と一緒に楽しんでいただける流れを生み出すということを目指しています。
</ここまで>

※ 改行、強調は引用者の手で行いました


 つまり……海外版のWiiには『Wii Sports』が同梱されたとか、海外版のファミコン(NES)には『スーパーマリオブラザーズ』が同梱されたみたいな話で。一番遊んで欲しいソフトは本体に最初から入れちゃいましたよ、ということだそうです。

 日本でもニンテンドーDSiLLには最初から『ちょっと脳トレ』や『楽引辞典』が内蔵されていましたものね。
 『Wii Sports』の価格も「Wiiを買った人全員に遊んで欲しいのでなるべく安くした」みたいなことも言っていたように記憶していますし、“ソフトでハードを売る”任天堂の戦略なんだろうなあと思います。


 実際、3DSの体験会に行かれた人のレポートだとこれらの内蔵ソフトの評判は良かったですし。
 ステージイベントで『ARゲームズ』が遊ばれる様子を見せたり、公式サイトでも「はじめからソフトが入っています」とアピールしていたり。実は“ここ推し”なんだろうなぁと思います。

 恐らく、3DS本体の発売が近づいたらコレらの内蔵ソフトも含めたTVCMが始まるんじゃないですかね。嵐のみなさんの「顔シューティング」とか、インパクトが凄そうですw




 えーっと……あれだけ「自分には関係のないゲーム機」と言っていましたが、
 ぶっちゃけ欲しくなってきました(笑)。

 フレンドリストの仕様とか、ゲームを一時中断してインターネットブラウザを起動出来るとか、「Wiiに抱いていた不満点」を解消しているところもポイントが高いです。
 ただまぁ、立体視の問題もありますし、5月末までダウンロード販売ソフトのサービスが始まらないそうなので、「急いで買わなくてもイイかなぁ」というスタンスは変わりないです。待っていれば新色も出そうですしねぇ。


nintendogs + cats 柴 & Newフレンズnintendogs + cats 柴 & Newフレンズ

任天堂 2011-02-26
売り上げランキング : 164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「2011年1月のまとめ」は私事・創作活動の報告などが大半なので、今月も読みたい人だけ「続きを読む」か「記事URL」をクリックして下さいな。




<創作活動>
・投稿用漫画、下描き終了
・ペン入れが終わったページは現在41枚
・もう流石に疲労困憊……ゴールはまだか……


 本当なら、このタイミングで全ページのペン入れを終わらせたかったんですけどね。
 半端ない物量でノックアウト中です。60ページはやっぱりシャレにならん。次回作は絶対にページ数を短くするんだ…


 ブログの方もまた休止期間に入りそうです。ごめんなさい。



<ブログ・ホームページ>
・1月はほぼ休止してて申し訳ないです
・そして、2月もほぼ休止になりそうで申し訳ないです
・あまり更新していない中で、「ダウンロード専用販売のゲーム」の話は反響大きかったですね


 ここ数ヶ月はブログに時間を割けそうになくて心苦しい限りです。
 しかし、そんな中でも「ダウンロード販売のゲーム」と「電子書籍」について書いておきたかったのは、これはこれから数年間の“娯楽”を考えるに重要なターニングポイントになると思ったからです。これらは「ニッチな需要」の受け皿になれると思いますし、これまでは「ニッチだから」と切り捨てられていた需要に応えられるようになることで、ユーザー拡大に繋がると自分は思っていて。

 これは実は、インターネットラジオとかインターネットを通じて配信される動画番組とかにも繋がる話なんで……これから数年間、“娯楽”がどう生き残っていくのかのポイントになるんじゃないかと踏んでいます。


 そうそう。音楽業界も、苦しんでいるのはレコード会社とレコード販売店だけで、業界全体としてはむしろ好調だみたいな説もありますよね。「業界全体が危ないんだ!」と言っているのは、実は誰なのか…という話。




<娯楽>
・サッカー日本代表、アジアカップ優勝に歓喜していました
・今季アニメは『禁書II』『まどか☆マギカ』『放浪息子』の3本でいきます
・ゲームは『ペンギン生活』→『ファイナルファンタジーV』
・積みゲーがちょっとシャレにならなくなってきました



 サッカーについては下で触れます。


 アニメは、今季は3本。
 『とある魔術の禁書目録<インデックス>II』は、大覇星祭編が本当にしんどかったのですが……2クール目に入ってからのイタリア編は普通に面白かったと思います。やっぱりテンポ大事。この作品は細かいツッコミどころとか全部吹っ飛ばして、勢いで押し切っちゃった時の方が面白いです。


 今季からの注目作品は『魔法少女まどか☆マギカ』
 まー、何というかTwitterでも賛否両論あるなーという印象ですし、全ての人がこれを面白いと思うワケではないと思いますけど、“娯楽”ってのは賛否両論分かれてナンボなんですよ!「何これつまんない」と言う人がいても、自分が面白ければそれでOK!

 個人的には、OPが一番エロくてイイと思います。


 あと、実は「これは安定株だろうな」と思っていたのが『放浪息子』
 先週放送分(3話)はまだ観ていないのですが、2話までで心わしづかみにされました。キャラクターは『青い花』よりもこっちの方が好きだなー。今のところ、お姉ちゃんが一番好きです。



 ゲームは「ゲーム紹介」にも書いた『ペンギン生活』クリア後、バーチャルコンソールで『ファイナルファンタジーV』を購入してチマチマ遊んでいます。バーチャルコンソールはどこでも中断が出来るので、ちょっと10分とか進めて、セーブポイントまで行けなくてもそこで中断が出来るのがありがたい。

 実は某氏から『マッドセクタ』をプレゼントしてもらったり、Amazonで何故だか一時的に安かった『レギンレイヴ』を購入したりしているのですが……ペン入れ中に遊ぶには右腕が持たなさそうなので積み上げています。3DS買うよりもまずはこっちをだね。


魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

アニプレックス 2011-03-30
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ サッカーについて。
 アジアカップ優勝で世間的にも盛り上がっているサッカー日本代表。
 「サッカーなんて昔は盛り上がったけどね」なんて言われていた一年前からすると今の盛り上がりは夢のようなんですが、この灯を消さないように“次”に繋げなくては――――と思っています。ということで、日本サッカーのこれからのスケジュールを。



 まずは3月5日。Jリーグの開幕です。
 今回の日本代表、スタメンのほとんどがヨーロッパ組ではあったんですが……遠藤(ガンバ大阪)、今野(FC東京)、前田(ジュビロ磐田)はJリーグの選手。控えから登場して活躍した岩政(鹿島アントラーズ)、伊野波(鹿島アントラーズ)、李(サンフレッチェ広島)などといった選手もJリーグの選手です。こういった選手に注目するのもイイかもですね。

 サッカー好きな人は、「まず好きなチームを作りなよ」と言う人が多いと思うのですが。
 「好きなチーム」は作ろうとして作るものではないので、まずは「知っている選手が活躍しているか」をチェックするくらいでイイと僕は思います。


 あとは、未来の日本代表に選ばれそうな若い選手に注目するとかですね。
 今年は特に「22歳以下の日本人選手」に注目すると面白いですよ。何故かはこっちで↓


 6月19日。22歳以下日本代表の、ロンドン五輪を目指すアジア予選が始まります。
 2012年のロンドン五輪は23歳以下代表で戦うため、今年は22歳以下代表でアジア予選を戦います。
 今回アジアカップを戦った日本代表の多くが「五輪代表」や「五輪代表候補」を経験しています。年齢制限のある大会に出るために、同世代の選手と競い合って鍛えられた選手達が日本代表に残っていくのです。

 なので、今年の段階で「22歳以下の日本人選手」はこのロンドン五輪を目指す代表に選ばれる候補ですし、その中から2014年のW杯を戦う選手が出てきます。出てこないと強いチームにはなりません。なので、こういう目線でJリーグを見ると面白くなるかもですね。



 7月2日。その(年齢制限のない)日本代表は南米選手権に招待国として出場します。
 南米1位を決める大会ですが、南米のチームは10カ国しかないので、今回は日本とメキシコという招待国を加えて12カ国で大会を開きます。12カ国を3グループに分けてグループリーグ→上位8カ国で決勝トーナメントという流れです。

 日本の戦う相手は「コロンビア・ボリビア・アルゼンチン」です。
 日本の目標は決勝トーナメント進出です。アジアカップ優勝の余韻に浸っている中、冷や水を浴びせてしまうかも知れませんが……南米のレベルはアジアの比じゃないですし、日本は南米での試合に慣れていませんし、南米のチームを苦手としています。

 2014年のW杯はブラジル開催。
 この南米選手権はアルゼンチンでの開催ですが、3年後を見据えて「本気の南米勢と南米で戦える貴重な機会」です。コテンパンにやられる試合もあるでしょうが、その中で如何に収穫を得るかが2014年に活きてきます。



 ということで、今年もサッカーが面白い1年になりそうです。
 ウチのブログでもなるべく、この盛り上がりを“次”につなげられるような記事を書けたらなと思います。

| ひび雑記 | 18:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

知人が体験会でニンテンドックス&キャッツで犬猫と戯れてきたそうですが、二~三分ほどで眉間がぴきぴきして、やめてしまったそうです。
体調が悪かったわけでもなく、3D映画も私と一緒によく見に行く人なので、意外でした。
動きの激しいアクションゲームをプレイしたらどうなるか、悪い想像が働いてしまいます。

ただ立体視はスライダーでコントロールできますし、ウリの一つでしかありません。
長時間では多くの人が立体視で疲れるでしょうし、オフにしたままプレイを続ける人も少なくないでしょう。
視力の問題で関係ないといってしまうのはもったいないと思います。
……と思っていたら、心変わりしそうなのですね、安心しましたw
そのまま購入することをお勧めしますw

| 通りすがり | 2011/01/31 21:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1212-79d35ef7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT