やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ライバルは過去の自分だ!~ハイスコア表示に工夫を~

 先月にDSiウェア『ラビ×ラビ』をクリアした直後、当時は原稿の追い込み時期だったので「新しいゲームの操作とか覚えられないなー、でもゲームしたいなー」という微妙な状態で。
 「慣れ親しんだゲームで」「毎日ちょっとだけ起動できるもの」ということで、DSiLLに最初からインストールされている『ちょっと脳トレ 理系編』をプレイしていました。昨日でちょうど30日目で全要素解放、プレイ終了。



 自分はこの『ちょっと○○』シリーズは好きではなくて、『ちょっと脳トレ』もパッケージソフト版を2種に分けて売るというあまり誉められた商法ではないと思っているのですが……それでも2006年以来久々に「計算20」や「計算100」をプレイすると燃えるものがありました(笑)。

 5年前は「計算20」で12秒がハイスコアだったんですが、今回は13秒台までしか出ませんでした。
 脳が衰えている……!



 ということで、超今更ですが『脳トレ』語りをします―――
 『脳トレ』って、言ってしまえばハイスコアを狙い続けるゲームだったんですよね。


 『メイドインワリオ』以降、任天堂は「複数のミニゲームをパッケージにして商品化する」という一つの路線を確立しました。
 『メイドインワリオ』は「1回数秒のプチゲーム」を、『脳トレ』は「脳を活性化するトレーニング」を、『はじめてのWii』は「Wiiリモコンを活かした対戦ゲーム」を、『Wii Fit』は「バランスボードを使ったミニゲームとトレーニング」を――――1つのパッケージソフトとして押し込んで商品化したのです。


 これらのソフトは各ミニゲームごとにハイスコアが表示されるのですが……
 他のソフトではスコアだけ表示されたりランキングが表示されたりというくらいなのに対して、『脳トレ』の場合はご丁寧に折れ線グラフにして昨日の自分・一昨日の自分・3日前の自分・4日前の自分……と比較できるようになっていたのです。

 『脳トレ』には明確なクリア目標はありません(『ちょっと脳トレ』には段位挑戦があるけど)。
 例えば、「計算20」で15秒を切ると新しいミニゲームが登場します!みたいなことはしないんです。でも、常に「昨日の自分」と比較されるのです。昨日より良かったら教授が誉めてくれて、悪かったら「もっと頑張りましょう」と言ってくるのです。



 アーケードゲームの場合はともかく、家庭用ゲームの「ハイスコア」狙いというのは常に自分との戦いです。ライバルは過去の自分なのです。
 その文化を利用して、「ハイスコア」狙いのゲームを「脳のトレーニング」に置き換えたというのは見事な発想だと思いますし、だから自分は『脳トレ』を「ゲームらしいゲーム」だなぁと思うのです。


東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング

任天堂 2005-12-29
売り上げランキング : 742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 俺が戦っているのは「数字」じゃない
 んで、この『脳トレ』の折れ線グラフを経験していると、他のゲームのハイスコア表示って「気が利いていないよなぁ」と思ってしまいます。折れ線グラフにしろとまでは言いませんけど、もう少し何とかならんのかなと思うのです。


 例えばDSiウェア『甘口!大籠城』を遊んだ際―――
 このゲームは200円で全4面とコンパクトなゲームなんですが、1つ1つの面がよく出来ていて、「クリア後もハイスコアを狙って何度も遊んでね!」というゲームで。まさにその通りで、同じ面を何度も遊びたくなるのですけど………

 この「ハイスコア」が数字しか表示されないため、昨日出したスコアなのか一昨日出したスコアなのか1週間前に出したスコアなのか分からないのです。
 日付だけでも記録してくれれば全然違うのに……オートで日付記録が難しいなら、昔のアーケードゲームみたいに3文字の英数字を入れられるようにしてくれれば……自分の戦っている「ハイスコア」がいつの自分なのかが分かって燃えられるのに。

 『甘口!大籠城』に限らず、こういうゲームは沢山あります。
 というか、「ハイスコア」がいつの自分なのか分かるゲームって『脳トレ』くらい??



 これ、別に「『脳トレ』は任天堂が作っているから特別」ってワケじゃないんですよ。
 『Wii Fit』だって、数字とプレイヤーがランキング形式で羅列されるだけですもの。だから、この最高記録を出したのかがいつの自分だか分かりません。
 『Wii Fit』はトレーニング数が膨大なので『脳トレ』のように折れ線グラフを付けられないのは確かです。でも、日付をつけるくらい頑張ってくれよと思うのです。TOP10記録をTOP5にしてもイイからさ。




 そうそう。
 日付の話からはちょっとズレますけど、「ハイスコア」もただ単に数字だけを残すゲームと、その「ハイスコア」によって「S/A/B/C/D」とか「プラチナ/金/銀/銅」といった具合にランク付けしてくれるゲームがありますよね。自分は後者の方が好きです。

 数字だけ更新しても「今回の自分がどの程度頑張ったのか」がよく分からないんですけど、今まで「C」だったものが「A」になったり今まで「銅」だったものが「金」になったりというのを見ると、「おー、俺すげー頑張ったじゃん」と思えるのです。
 『ラビ×ラビ』の全ステージのランク付けとか、何気に設定するのは大変なんだろうなーと思ったのですが。これがあるのとないのとではゲームの遊び方の幅が全然変わるので、頑張って設定しているゲームは応援したくなってしまいます。




 レースゲームのゴーストなんかも、「燃えられる工夫」の一例ですよね。
 ただ単に数字だけ見せられて「ハイ!この記録を超えて下さいね」と言われるだけじゃなくて、プレイヤーに燃える要素を与えて欲しいなぁと思います。



 『脳トレ』が証明したように、「過去の自分と戦わせる」のってゲーム経験の長さに関係なく多くの人が熱中出来ると思うんです。万人が楽しめる難易度調整は難しいし、対戦ゲームは「どんなに頑張っても勝てない人」が出てくる―――でも、「過去の自分との戦い」は誰もが平等に楽しめる。

 『脳トレ』のヒットって当時から「こんなんすぐに飽きられるよ」とバカにしている人が多かったけど、「どうしてヒットしたのか」の分析をすると他のゲームに活かせる要素は沢山あったんですけどね。もったいないもったいない。


風雲! 大籠城風雲! 大籠城

nn.システム 2009-04-23
売り上げランキング : 5551

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゲームではないですけど
タイピングソフトの「タイプウェル」は、評価の指標がやたらと細かいです。

最低ランクからJ,I,H,G,F,E,D,C,A,
その上に、SJ,SI,SH,SG,SF,SE,SD,SC,SB,SA,
その上にXJ,XI,XH,XG,XF,XE,XD,XC,XB,XA,XS,XX,
その上にZJ,ZI,ZH,ZG,ZF,ZE,ZD,ZC,ZB,ZA,ZS,ZZ~
人類には到達できない領域までレベル分けがされています。
(事実上、最高ランクは存在しません)

無印はアマチュア、Sだとプロフェッショナル、Xだとジーニアス
XA以上だとマシーン、などの呼び名がついています。
レベルはここまで速く打てるという指標になりますし
タイピングを趣味とする人達同士では、ある意味ステータスになっています。

数字としてもランキングは100位までなら出した日付と時間が残ります。
外部のソフトを使えば、今までの成長記録をグラフにしたりもできます。
昨日の自分と競えるのがタイプウェルのいいところ。
タイプウェルは、ゲーム的な演出は皆無ですが
脳トレと同じくゲームらしいゲームだと言えるんじゃないかと思います。

これと比べると、ほとんどのゲームのレベルとかランキングが
しょぼく見えて仕方ないです。
何でフリーソフトでできることを市販のゲームでできないのか……
ネットランキングのある格闘ゲームとかクイズゲームとかなら
細かいレベル分けされている存在しますが
脳トレ系というか、オフライン用のゲームはイマイチ。

一生遊べるゲームまではいかなくても、毎日ちょっとずつ遊べて
自分の成長を楽しめるゲームはあってもいいと思うんです。

メーカーはそのゲームばかりして他のゲームが売れなくなるのを避けたいの
かもしれませんけどね。(課金のあるネットゲームを除いて)

| 悠木 | 2011/03/25 23:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1222-45fa7106

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT