やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

WEB漫画『200vs1×1』をアップしました

『200vs1×1』トップページへ

 自作漫画『200vs1×1』(全40ページ)を公開しました。

 Pixivで読む

 昨年の3~6月に描いていた作品です。
 200vs1x1color.jpeg

 読んでもらう前に色々言うのは自分の好みじゃないので、詳しい話は「あとがき」にでも。
 ではでは。

| それ以前の短編漫画 | 18:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ここ最近の短編はストーリー的に「?」と思う事が多かったのですが、今回のはおもしろかったです。
はっとするような台詞もありましたし、やっぱり誰かの成長を眺めるのはいいものですね。

ただ、ルウェルのバックボーンが語られないために、トムとうまく対比させられていないように感じました。
トムを成長させる(=物語を進める)ためだけの存在に見える、といったらいいでしょうか。
「トムはこういう事があったからこうだったけど、ルウェルはこうだったからこうだった」となっていたらよかったのにな、と思いました。

あと、ちょっと序盤で読み続けるのがつらかったのは、トムが村人の企みに気付くまでは「物語の動機付けを放棄した超王道のファンタジー」展開だったからかと思います。(有名どころではハルヒもそうですけど)
ルウェルの強さも作品の世界でどのくらいのランクに属するのかも分からない上に、その強さの理由も結局分からないので、ご都合主義っぽく見えてしまう原因かもしれません。
このあたり、簡単にでも設定を匂わせたりしていればなと思いました。

絵的にも、動きがわかりにくいところが多いのが気になりました。
戦闘シーンに限らず、書かれているポーズはかっこいいのに、どういう体勢からそうなってどういう体勢になっていくのかがわかりにくかったです。
アクションシーンでは、四階までのジャンプや壁走りが敵の台詞で説明されないと何が何やらだったので、そういうところは特に絵的に楽しませてほしかったところでした。

・・・なんて書いていて思いましたが、一年近く前の作品ですし、こういう批評ってもう色々な人にされているんですよね。
批評しても「それは取り込んで次の作品を書いているので大丈夫です」といわれたらしょんぼりですしね・・・。
4コマの時は現在進行形っぽかったので、何も考えないで感想を書けたんですけど。
まあ書いたのを消すのも何なので、投稿しますね。

| 通りすがり | 2011/04/11 20:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1228-3bfbcedc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT