やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オンライン要素はゲームの寿命を延ばすのか縮めるのか

 「ゲームの寿命」と言っても、「ゲームが遊ばれる寿命」「ゲームが売れる寿命」という2つの意味があると思うんですけどね。



 ここ数年の自分は「ゲームは必ずしも発売日に併せて買う必要はない」と主張しています。
 これには“遊びたい気分の時でないとそのゲームは楽しめない”―――アクションゲームを遊びたい時にシミュレーションゲームを発売されても楽しめないし、パズルゲームを遊びたい時にRPGを発売されても楽しめないからというのが一つ。


 そして、もう一つ。
 「ゲームというのは今日遊んでも10年後遊んでも同じように面白い普遍的な娯楽だ」と思っているからです。ファミコンのゲームだってスーファミのゲームだって今でも面白いですし、Wiiウェアのランキング上位に『ボンバーマン』『テトリス』『Dr.マリオ』が入っているというのは20年前のゲームが今でも通用する証明だと思います。

 「昔のゲームは良かったけど最近のゲームはダメだ」って話じゃないですよ?
 最近発売したゲームだって、10年後・20年後に同じように楽しんでもらえるゲームは沢山あるって話です。“10年後の子どもに遊んで欲しい今世代のゲーム”という切り口は面白そうですね。




 もちろん、小売店さんからすると「陳列できる商品は限られている」「在庫をそんなに置いておけない」という事情がありますので、売れるゲーム・発売直後のゲームをプッシュするのは当然です。発売からしばらく経ったゲームは新品だとなかなか入手できない、ということもかつては多かったと思います。

 ただ、現代にはインターネット通販というものがあるので、全国から在庫を取り寄せることで「発売から数年経ったゲーム」も新品で買えるようになりました。
 中には『コロぱた』みたいに出荷した分だけ売り切っちゃってプレミア化して定価以上の売値が付いているものもありますけど……以前に比べ、発売から3~4年くらいのソフトだったら「どこにも売っていない!」なんてケースは少なくなったと思います。

 加えて、(メーカーがサービスをやめない限り)無限に在庫がなくならないダウンロード販売のゲームというものも今ならありますものね。





 と、「発売から数年経ったゲームも同じように楽しめるぜー!」と思っていたのですが、最近……
 発売から数年経ったゲームを遊んでいて痛感したことがあるのです。




 オンラインモードに誰もいない。


コロぱたコロぱた

ラックプラス 2009-12-24
売り上げランキング : 3611

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 2年前に発売したWiiウェアソフト『マッドセクタ』、(イージーモードだけど)一人用のストーリーモードをクリアしたのでオンラインモードに挑戦しようとしたところ。ずーっと待ち時間。世界中の誰とでも協力プレイが出来るはずなのに、ずーっと待ち時間。誰ともマッチングしてくれません。あぁ、この世界で俺と協力してくれる人なんて一人もいないんだな……と気付き、そっと電源を切ったのでした。

 まーね。
 『マッドセクタ』は何十万本も売り上げたソフトでもないのでしょうからただ単に人が少ないということなのかなと思ったのですが、発売当時に作られた攻略Wikiに依ると、発売当時はやっぱり人が多かったそうです。

 「配信したばかりなのでWi-Fiに参加するなら今。お早めに。」


 これを発売から2年後に読んでも遅いのだよ!!




 もういっちょ。発売から3年が経っている『Dr.マリオ&細菌撲滅』
 こちらは「誰も人がいない」ということはないんですけど、「平日の昼間なら100%人がいるのだけど、金曜・土曜の夜には誰もいない」という分かりやすい客層だったりします(笑)。
 しかも、みなさん3年もやりこんでいらっしゃるのか、通算勝ち数が「9999」とかカウンターストップしている人もチラホラ。通算勝ち数8とかの俺が戦って瞬殺されるというドMプレイを強いられております。まぁ、レーティングが落ちてくるとマトモに戦える人ともマッチングされるようになりましたけどさ。



 「人がいるかどうか」もそうなんだけど、「みんな超やり込んでいる恐怖」もありますよね。
 久々に『スマブラX』起動したのでオンラインモードでもやろうかなと繋いだら「もう二度と繋がない……」とトラウマになるレベルでフルボッコにされたりとか。そりゃ発売から3年経ってもプレイしている人はつえーわ。





 ゲームのオンライン要素って「ゲームの寿命」を延ばす力があったと思うんです。
 「ゲームが遊ばれる寿命」は延びます。単純に考えてもモードが一つ増えるワケですからね。『レギンレイヴ』や『ラストストーリー』は、一人用のストーリーモードとは独立したオンラインモードがあって、「クリアした後はこっちで楽しんでね」とされています。

 「遊ばれる寿命」が延びるということは中古市場への戻りが遅くなるのでロングセラーになる可能性が上がり、「ゲームが売れる寿命」も延びます。というか、それを期待しているからオンラインモードを入れているゲームも多いでしょう。


 オンライン要素を否定したいワケじゃないです。
 自分も『Dr.マリオ』はオンライン対戦以外はやる気起きませんもの。コンピュータ対戦は「難易度ノーマルに勝てない!ムキーッ!もう辞めだー」と思うのだけど、オンライン対戦は誰と当たるか分からないので「今日の相手は強いかな?弱いかな?」と楽しみに出来ます。
 ただ、そうなると通算勝ち数10勝の人の後に通算勝ち数9999の人とぶつかったりするんですけど(笑)。スライムと戦ってレベル上げていたらキラーマシーンが出てきた、みたいなランダムエンカウントっぷりである(一応レーティング制度はあるんですけどね)。




 しかし、発売からしばらく経つとオンライン要素の価値が下がっていくのも確かだと思います。
 「誰もいない」とか「強い人しか残っていない」とかならまだまーしゃあないって話です。どうしてもオンラインプレイがしたいなら友達を誘うとかも手ですし、Xbox360のフレンドシステムとかなら発売からしばらく経ったゲームでもオンラインに誘いやすいって言われていますよね(3DSもコレに通ずるものがあるっぽい)。



 でも、オンラインサービス自体が終了してしまうとどうしようもないです。

 もちろん「永遠にオンラインサービスを続けろ」というのはメーカーに赤字を垂れ流せと言っていると一緒なので、「どこかで辞めなければならない」のは確かだと思うのですが。
 発売から1年前後でオンラインサービスが終了してしまうケースの話を聞くと……発売から2年経った『マッドセクタ』や、発売から3年経った『Dr.マリオ』や、発売から1年経った『レギンレイヴ』をプレイしている身としては「そんなに早く終わっちゃうの!!」とビビッてしまいます。


 PS3の『ダービータイムオンライン』は発売から7ヶ月
 DSの『クイズマジックアカデミーDS~二つの時空石~』は発売から1年2ヶ月でのサービス終了らしいです。



 当然これらの商品をサービス終了後に買ってもオンラインモードは遊べないワケで、不完全な商品になってしまうと言えますよね。「遊ばれる寿命」が短くなるから「売れる寿命」も短くなってしまう。
 「オンラインサービスが終わってから買うヤツがバカなんだろwww」と言う人がいるかも知れませんし、確かにユーザー目線からすればそうかも知れません。

 でも、その商品を抱えている小売店にとっては??
 仕入れた商品を長く売っていこうと思っていても、ある日メーカーから「オンラインサービスやめますんでー」と言われてしまうんだったら。新品を入荷して在庫を抱えたくはないですよね。結果、超初動型の売れ方しかしなくなってしまいます。




 以前、このブログのコメント欄にて「ゲームのオンライン要素に否定的な意見」が書き込まれまして、そのコメントへの反論コメントなんかが他の方から書き込まれていて、自分はコメント欄には干渉しないことを基本ルールにしているので傍観していたのですが………


 自分は「ゲームのオンライン要素に否定的」な気持ちは分かりますよ。

 いや、正確に言うと「メリットもあるけどデメリットも大きい」というカンジですかね。
 接続率は上がらない、ダウンロード販売は思ったように売れない(無料ならダウンロードされるのに)、楽しんでいる人と楽しんでいない人の間に深い溝が出来てしまっている、なのに問題を解消しないまま対応ソフトだけが増えていく、だから対応ソフトが売れない。


(関連記事:ゲーム内のダウンロードコンテンツに想う
(関連記事:ニンテンドーDSのWi-Fi対応ソフトのWi-Fi接続率は、ほとんどが2割台



 ゲームのダウンロード販売や電子書籍に希望を抱いている自分にとっては、オンラインコンテンツを享受できる人が増えるとイイなーと思っているのですが……現状は一部の「享受できる人」の中だけで楽しまれているだけで、ものすごく狭いシェアの中で争っているように思えてしまいます。


 「ゲーム+オンライン」の良い面ばかり見て、悪い面を無視していると……
 その内、大きなしっぺ返しを喰らうことにならないかって思いますよ。



クイズマジックアカデミーDS ~二つの時空石~クイズマジックアカデミーDS ~二つの時空石~

コナミデジタルエンタテインメント 2010-02-11
売り上げランキング : 725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1230-16daf223

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT