やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2D『スーパーマリオブラザーズ』シリーズが苦手な人達へ

 2D『スーパーマリオ』シリーズと言えば、ファミコン時代の初代『スーパーマリオブラザーズ』が国内だけで681万本、DS版『Newスーパーマリオブラザーズ』が600万本以上、Wii版『NewスーパーマリオブラザーズWii』も400万本以上を売り上げている怪物ゲームです。


 トータル数で言えば、間違いなく日本で最も「売れた」アクションゲームですし。
 同時に、日本で最も「挫折した人が多かった」アクションゲームなんじゃないかと思っています。


 アクションゲームが苦手な人が「自分はマリオすらマトモにクリア出来ないくらいアクションゲームが苦手なんです」と言っているのをよく目にします。マリオというのは決して“誰でもクリア出来る”簡単なゲームではないのですが、あまりに売れ過ぎているため「アクションゲームが苦手かどうか」の指標になってしまっているということですね。




 そんなことを以前から考えていたのですが……
 つい最近Twitterでとある女性フォロワーさんと話していたら、衝撃の発言が。
 toggeterとかでまとめておけば良かったのですけど、流れてしまったのでうろ覚えでこんなカンジ。

 2Dの『スーパーマリオ』シリーズが苦手だという話をされていたので、よくよく訊いてみると……


 「自分は反射神経がないのでBダッシュを使ったことがないです」と言われたのです。



 えっ?『スーパーマリオ』ってBダッシュを使わないと逆に難しいですよ。


 動きの俊敏さもそうなんですが、特に大事なのはジャンプ力。
 学生時代にやったであろう体育の「走り幅跳び」と「立ち幅跳び」の記録を比較してもらえば分かると思うのですが、走りながらジャンプした方が「高く」「長く」飛べるものなのです。マリオもそうなんです。


 Bダッシュしながらジャンプをすると飛躍的にジャンプ力が増すので、遠い足場にも難なく着きますし。クリボーやノコノコなどの敵も踏みやすくなります(加えてアドバイスをするなら、初心者の内は敵は「踏んづけて倒す」んじゃなくて「飛び越えて知らんぷりする」方が安全です)。


 「Bダッシュを使わない」というのは『スーパーマリオ』を極めきっちゃって「もう全部の面を余裕でクリア出来ちゃうなー」って人が、敢えて自分にハンデを課して遊ぶ“縛りプレイ”なんですよ。セルフSMの世界なんです。

 試しに僕も「Bダッシュ禁止」でスーパーファミコンの『スーパーマリオワールド』を遊んでみました。このゲームだとBボタンじゃなくてYボタンでダッシュですけどね。ちなみに僕はこのゲームは隠しコースまで全部自力でクリアしております。

 最初の面「ヨースター島コース1」……ふむ。調子に乗って穴に1回落ちたけど難なくクリア。
 次の面「ヨースター島コース2」……ヨッシー無双で難なくクリア。
 次の面「ヨースター島コース3」……地獄。



 昔、ファミコン版かDS版かWii版か忘れてしまったのですが、『スーパーマリオ』シリーズを作ったスタッフの人がインタビューで「このゲームはBダッシュを使わなくてもギリギリクリアできるようにコースを作ってあります」と言っていたのを読んだことがあります。

 確かにそう。
 この「ヨースター島コース3」もBダッシュを使わなくてもギリギリ届く距離になっています。しかし、本当にギリギリなんです。回転する足場からベストなタイミングとベストな踏み切り位置で飛んでギリギリの位置で着くようになっているんです。1ミスでまっさかさま。

 ムジーッヽ(`Д´#)ノ


 残機2機まで追い詰められたところで何とかこのコースをクリアし、この後はヒョイヒョイと進んだんですが……「ドーナツ平野コース1」で土管に入ってしまい、「ダッシュしないと登れない壁」の前で詰みました(笑)。そもそもダッシュできないとマントマリオの意味ないしね!!




 ということで、2D『スーパーマリオ』が苦手だからBダッシュを使っていないという人へ。
 「難しいからBダッシュを使えない」んじゃなくて、「Bダッシュを使わないから難しい」んですよ!!まずはBダッシュとBダッシュジャンプを覚えましょう。

 こういうのって誰かが教えてくれないと知らないままなんですよね。
 2D『スーパーマリオ』を遊ぶ場合、Bボタンはほぼ押しっぱなしだと思って良いです。右手親指の先端でBボタンを押した状態で固定、親指の第一関節あたりでAボタンを押すという感覚です。

 BボタンとAボタンを1コずつ押すんじゃなくて、両方を同時に押す、って説明した方が伝わりますかねぇ。実際にコントローラを握ったところを誰かに見せてもらうのが一番なんですけど、そういう人がいないから教わらないワケですしねぇ(笑)。

 飲み会で同席した男性に「マリオとか詳しくなくてぇ~!ずっとBダッシュジャンプを練習してるんですけどぉ~!上手くできないいんですぅ~!ぷんぷくり~ん(怒)」と言えば教えてくれるんじゃないですかね。女性の場合は気になる男性に、男性の場合も気になる男性に聞けば、距離を縮めるチャンスですよ!!



 アクションゲームなので、そりゃもちろん「向き/不向き」はあります。
 でも、「指が思ったように動かせないからマリオ苦手なんですー」と言った女のコが、ピアノを弾かせると華麗な指さばきを見せたりするじゃないですか。
 「誰でも全ての面がクリアできる」とまでは言いませんけど、「何度やっても最初の面すらクリアできません」って人はゲームの基礎知識を誰にも教わらずに挑んでいるからなんじゃないかって思うのですよ。

 それはその人が悪いというワケじゃなくて……600万本も売れているゲームだから、そういう基礎知識を「みんな知っているでしょ」で押し切っているせいでもあると思うんですよ。説明書を読まなくても遊べるゲームを出している任天堂にしては珍しく、2D『マリオ』っていきなり面が始まりますもんね。


New スーパーマリオブラザーズ WiiNew スーパーマリオブラザーズ Wii

任天堂 2009-12-03
売り上げランキング : 201

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 『スーパーマリオブラザーズ』は社会現象だった
 この時点で持論を言っちゃいます。

 600万本以上売れたファミコン時代の『スーパーマリオブラザーズ』って、今で言う『モンハン』なんだと思うんですよ。


 『モンハン』シリーズは自分プレイしたことないんで聞きかじった話で申し訳ないのですが(何故か攻略本だけは持っています・笑)、『モンハン』というゲームは複雑で覚えることが多いため、初心者が最初に通るチュートリアルも覚えることが多くて頭に入りにくいらしいんですね。だから本来「初心者にはハードルの高いゲーム」なんですが……
 PSPを持ち寄って遊べる協力プレイならば、上級者の人に導いてもらえて、チュートリアルに当たる内容を必要な分だけ教えてもらいながら実戦プレイから始められるそうな。

 ゲームのチュートリアルモードって楽しくない割に沢山のことを一度に覚えなきゃならないから、重要なことを忘れがちで、忘れてしまったら本編でそのせいでゲームオーバーになっちゃったりで。憂鬱の原因の象徴ですよ。「チュートリアルの内容を全部覚えたら楽しくなるよ」って言われても、それが出来ねえんじゃボケエ!


 『モンハン』の社会現象って、従来の“複雑なゲーム”が抱えていたハードルの高さを取っ払う効果があったんだと思います。1本のソフトでドカーンと売れたんじゃなくて、新作と廉価版を途切れなく出して徐々にセールスを伸ばしたというのも意味が大きかったんでしょうね。




 ファミコン時代の『スーパーマリオブラザーズ』も似たようなところがあったんですよ。
 社会現象になったファミコンと『スーパーマリオ』は、1台のファミコンと1つのソフトと1台のテレビで、近所の子どもが何人もで集まって「すげーすげー」と遊んだものでした。そこでコントローラを回して順番に遊んだり、上手い人のプレイを眺めたりしたんです。

 そういや、自分は『スーパーマリオ』の説明書って読んだことがないです。
 当時のゲームなんで、もちろんチュートリアルモードもありませんでした。

 でも、Bダッシュの仕方とか、クリボーは踏んづけて倒せるけどパックンフラワーは倒せないとか、キノコを取ると大きくなるとか、ここに隠しブロックがあって1UPキノコがあるとか、ここにワープ土管があるとか、1マス分のスキマならBダッシュで駆け抜けられるとか、8-4をクリアすると二周目が始まるとか――――全部知っていました。

 恐らく兄貴が教えてくれたとか、その兄貴は兄貴の友達から聞いたとか、その友達はその友達の兄貴から聞いたとかだってことなんだと思います。当時は社会現象にもなったのでゲーム雑誌以外の「小学○年生」とかにも画面付きで攻略記事が載っていたりしていて、それが情報源になったのかもですね。

 みんな、どこかから聞いてきたんですよ。
 「そんなことはない!俺は一人でしかゲームやってなかったし友達とゲームの話なんかしたことないぞ!」って人は……まぁ、強く生きてくれ。




 これは別に『スーパーマリオ』だけが特別なワケではなくて。
 それ以前にアーケードゲームでヒットした『ゼビウス』や『ドルアーガの塔』はユーザー同士が情報交換していましたし、これ以後にヒットする『ゼルダの伝説』や『ドラゴンクエスト』シリーズも「ノーヒントでクリアするには厳しい」「ユーザー同士が情報交換して攻略して欲しい」と作ってあるところがありました。

 それが当時のトレンドだったんですよね。




 んで、そういう経験がない人が今「みんながやっているんだから自分も出来て当然だろう」と知識ゼロで『スーパーマリオ』をプレイすると、そりゃ難しいと思うんですよ。初めて自動車を見た人が自動車免許の運転試験を受けるような話で。

 そういう時に「あぁ、自分には才能がないんだ……」と落ち込む必要はなくて、「みんなが知っていることを自分は知らないだけ」「それさえ知れば自分だって出来るんだ」と思った方がイイと思うのです。「自分にはとてつもない才能があるんだけど敢えて本気を出していないだけ」理論です(笑)。



 まぁ……確かに「向き/不向き」があるのは確かなんですけどね。
 『スーパーマリオ』というのは「死んで学習するゲーム」なんで、今の失敗は何が悪かったから次は何に気をつければ良いのかを自己分析することが大事で。理屈っぽい人ほど上手いんじゃないかなと自分は思っています。ここで「頭の良い人ほど上手い」とは言わない辺りが、自分の気の小さいところだな!






 とまぁ、こんな記事を書きながら……
 Wii版が同時プレイ対応になったのも当然の展開だったのかもなーと思いました。
 初心者と上級者が一緒にプレイできる。その結果、テクニックだったりワープの場所だったりを学ぶことが出来る―――
 この理屈で言えば、『ゼルダ』とかも4人同時プレイ対応にすればイイんじゃないのか!?というか、WiiとDSでどうして出さなかったのかな『4つの剣』……


New スーパーマリオブラザーズNew スーパーマリオブラザーズ

任天堂 2006-05-25
売り上げランキング : 149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 16:27 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スーパーマリオは操作や攻略法がわかっていてもクリアできないゲームなんだが。
タイミング合わせが難すぎる。
スーパーマリオワールドでマントで無限に飛び続けるなんて無理だよ。

| 太田拓也 | 2011/05/19 06:08 | URL | ≫ EDIT

>太田拓也さん

>タイミング合わせが難すぎる。
 この状態を「操作がわかっていない状態」と言う気もするんですが……(笑)

 隠しコースまで全部クリアしている自分もマントマリオで永遠に飛び続けることは出来ませんし、出来なくてもノーマルのクリアは出来ますよ。任天堂が公開したスーパープレイ集とか見ると「同じゲームやっているとは思えねえ!」な動きをされていますけど、あれこそまさに「誰かに教えてもらわないとムリ」な領域ですもの。


 ただ一つ。
 頂いたコメントを読んで「そういやスーパーマリオワールドって異質なゲームかもなぁ」と思ったところもあるので、もし太田拓也さんが宜しければこのコメントを受けて別の記事で補足(反論と受け取ってもらっても結構です)しようかなと思うのでしょうが如何でしょうか。

| やまなしレイ(管理人) | 2011/05/20 00:05 | URL | ≫ EDIT

いや、「操作がわかっている」というのは、「電車でGO」でマスコンやブレーキの動かし方、信号表示の見方(「はくたか」のダブルグリーン信号など)を理解するレベルです。しかし実際にプレイするとなると速度制限がどこにあってどの地点でブレーキかけないと間に合わないとかしゃっくりでタイミング外してオーバーランとか相当な神経と技術を要求されます。

そりゃセイラさんだってガンダムの基本操作はできますよ。しかし実際に戦おうとすると・・・

| 太田拓也 | 2011/05/20 07:46 | URL | ≫ EDIT

ついでに言いますと、私はドラクエ7の大灯台の浮遊床でしょっちゅう足を踏み外しています。
これは「操作がわかっていない状態」だからなのでしょうか?

ドラクエ4でもボンモールの牢屋で兵士の目をかわせないわけじゃないけど
かなり神経を消耗します。
老体のすぎやまこういち氏が今プレイしたら詰まるかも。
(既に同級生の青島前知事が召されている年頃ですから…)

| 太田拓也 | 2011/05/20 08:03 | URL | ≫ EDIT

「反射神経がないからアクションゲームは向いてない」というのは、何故上手くなれないかを自分で理解できてないからそういう言い訳をするのでしょう。
反射神経があった方が有利なのは流石に否定しませんが、無いからといって上達しない理由にはならない。
自分はマリオ2もマリオ3もクリアした経験があります(無限増殖はしましたがワープは一切使ってません)が、反応速度は0.3秒です。普通の人より鈍いです。

宮本さんが社長が訊くで述べている通り、伸び悩んでいる人は正しい攻略法を知らないというケースが多いです。
そのため、「おてほんプレイ」を導入したのは良かったと思います。
攻略法を自力で見つけなくてもわかるようになりましたから。
ただ「見ただけでクリア」という機能は余計でした。クリアは自分ですべきものでしょう。

>太田拓也さん
「操作法がわかる」というのは、「知っている操作法を実際の場面でどう使うか」がわかってない状態の事でしょう。
数学の解放知識は知っていても実際の問題を解けないのと同じように。

| モヤシ | 2011/05/20 22:48 | URL |

間違えました。
×操作法がわかる
○操作法がわかってない

| モヤシ | 2011/05/20 22:49 | URL |

いまさらですけど4つの剣の無料配信が決定しましたね

| ああああ | 2011/07/09 10:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1241-19681cfa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT